引越し見積もりの断り方と契約のキャンセルの方法

2019/08/29更新

断るポーズをとっている男性の写真

引越し業者を相見積もりしていた場合、実際に契約するのは1社だけなので、他の引越し会社は断ることになりますよね。
しかし、依頼者が断りの連絡を入れると、引越し会社も契約をとるために、しつこく理由を聞いたり営業トークをしたりすることがあります。
そういった状況の中、多くの引越し会社へ1社1社連絡して断りを入れるのは、とても骨の折れる作業です…。

このページでは、引越し会社へ断りの連絡をする場合の方法や、複数のキャンセル連絡を効率よく行うコツを紹介しています。
紹介する内容を元に、上手に断りの連絡を入れていきましょう。

引越しの一括見積もりを依頼する

引越し見積もりをキャンセルするには

複数の引越し業者に訪問見積もりを依頼して、すべての見積もりが終わる前に引越し業者を決めてしまった場合、その他の業者の訪問見積もりをキャンセルする必要があります。

訪問見積もりは無料ですが、引越し業者側からすると営業マンの人件費など費用が発生していますので、はやめに断りの連絡を入れましょう。

訪問見積もりのキャンセル方法

訪問見積もりのキャンセルの連絡方法も重要です。単純に「他社へ決めてしまった」と伝えると、引越し会社によっては見るだけでもなどと理由をつけて訪問し、営業をしようとする場合もあります。

そのため、引越し見積もりをキャンセルする際は、外的な要因で見積もりをキャンセルしたいと伝えましょう。具体的な例文をご紹介します。

  • 「引越しがキャンセルになってしまったので、引越し見積もりのキャンセルをお願いします」
  • 「引越しが延期になったので、改めてご連絡させていただきます」
  • 「転勤に伴う引越しで、会社指定の業者があったため、訪問見積もりはキャンセルでお願いします」

また、本契約をした業者へ相談すると、代理で断りの連絡を入れてもらえることがあります。
契約を決めてから他の引越し業者の見積もりをキャンセルする場合、まずは契約した引越し業者へ相談をしても良いでしょう。

引越し見積もり後の上手な断り方

続いて、すでに引越し見積もりが終わった引越し業者の断り方を紹介します。連絡の方法としては大きく2種類あります。

安くなれば契約する可能性がある引越し業者への断り方

少しでも見積もり料金が安くなれば契約してもよいと考えている引越し業者の場合は、訪問見積もりの担当者へ直接連絡を入れましょう。
この時に他社の見積もり料金や条件を伝えると、場合によってはさらに安い金額を提示してくれることもあります。

ただし100%安くなるわけではないので、見積もり担当者の営業トークを聞いても差し支えのない、時間的な余裕があるタイミングで連絡することをおすすめします。

契約する可能性がない引越し業者への見積もりの断り方

契約する可能性がない引越し業者を断る場合は、訪問見積もりの担当者へ連絡を入れるのではなく、引越し業者の代表電話へ連絡する方法があります。こうすることで、営業トークを聞く時間が省けます。

電話がどうしても嫌だという方はメールで断りの連絡をすることもできますが、メールをみて電話をしてくる担当者もいますし、マナーとしても電話で連絡することをおすすめします。

引越し会社の代表電話へ契約を断る連絡をする

引越し会社の代表へ断りの連絡をすると、電話受付の担当者が機械的に処理してくれることが多いので、キャンセルがスムーズに進みます。 
引越し会社の代表電話へ連絡する際は、なるべく9:00~17:00のコールセンターが開いている時間に電話をしましょう。
上記以外の時間で電話をすると、電話受付の担当者ではなく営業担当者が電話にでる可能性があるため、理由を聞かれたり、再び営業されたりと面倒になる恐れがあります。

メールで引越し業者に契約を断る連絡をする

どうしても電話をする時間がない場合などは、メールでもよいので断りの連絡を入れましょう。

メールで断りの連絡をする際の例文

「引越しの見積もりを依頼させていただいた○○ ○○と申します。先日は訪問見積もりのために足を運んでくださり、ありがとうございました。大変恐縮ですが、私が勤務する会社が指定する引越し業者へ依頼することになりましたのでキャンセルをお願いいたします。また引越しの機会がありましたら、その際はぜひよろしくお願いいたします。」

この時のコツは、見積もり料金や条件面で契約しないのではなく、「引越し予定が無くなった」や「会社指定の業者で引越しすることになった」などの、外的な要因を装って断りを入れることです。
そうすることで、しつこく営業されることなく見積もりのキャンセルができます。

引越しの本契約のキャンセル方法

カレンダーと砂時計の写真

引越しの本契約をキャンセルする場合は、速やかに引越し業者へ断りの連絡を入れましょう。
引越し業者側では、引越し当日のトラックや人員確保を行ってくれているので、キャンセルが遅くなると売上もコストも無駄になってしまいます。

なお、引越し予定日まで残り2日を切ってしまうと、契約をキャンセルをする場合にキャンセル料金が発生します。
引越しのキャンセル料金は国土交通省が定める引越し約款で規定されています。
引越し予定日の3日以上前であればキャンセル料がかからないので、やはり出来るだけ早めに、断りの連絡をするようにしましょう。

引っ越しをキャンセルした場合にかかる料金は?

引越し見積もりのキャンセルについてまとめ

引越しの見積もりや、引越し自体をキャンセルする場合は、速やかに引越し業者へ連絡を入れましょう。
仮に正式な契約が終わっていても、見積もりのキャンセルや引越し作業を断る場合には、きちんと連絡するのがマナーです。
今回ご紹介した方法で、効率よく断りの連絡を入れてください。

引越し見積もりが安い引越し業者を探せるでござる!

引っ越しの見積もり相場と料金は、以下のサービスから確認ができます。

  • 一括見積もり・・・複数の引越し業者にまとめて見積もりの依頼
  • 予約サービス・・・ネットから引越し業者の見積もり料金と相場を確認

どちらのサービスも、単身・家族どなたでも24時間無料で見積もりの依頼ができます。

また、引越し業者の選び方が分からない人は、料金や口コミ・評判を参考にしてください!サービスの利用後に「引っ越しの準備やることリスト」もプレゼントしています。

引越しの見積もりをまとめて依頼
複数の引越し業者に対してネットから一括で見積もりの依頼ができるサービスです。ご利用は完全無料。安い費用で引越ししたい方に、各社よりお電話かメールにて料金をお知らせいたします。
無料 最安値の業者を探すなら 引越し一括見積もり依頼
Pマーク

当社は、一般財団法人日本情報経済社会推進協会(JIPDEC)(旧: 財団法人日本情報処理開発協会)より「プライバシーマーク」の付与認定を受けています。

東証一部上場

株式会社エイチーム引越し侍は、株式会社エイチーム(東証一部上場)のグループ企業です。
証券コード:3662

ATEMA 引越し侍

運営会社:株式会社エイチーム引越し侍
〒450-6432 名古屋市中村区名駅三丁目28番12号 大名古屋ビルヂング32F

閉じる 4月の引越しが安い人気業者を探す

簡単入力&ご利用無料!引越しのお見積もりはこちらから