auひかりの引越しにかかる移転費用

auひかりの移転費用を計算する女性

引っ越しで重要な作業のひとつが、インターネット回線の引越しです。
お金の必要な引っ越しです。
auひかりを引っ越し先でも使用したい場合、いくら費用が必要になるか不安ですよね。

auひかりの場合は、移転の時でも、手続き上では引越し前の契約を一度清算することになります。
このため、契約期間中のものに関しては、一度解約金などの支払い義務が発生してしまいます。
ですが移転の場合は、移転完了後に、支払った費用と同額に近いキャッシュバックを受け取ることができます。

auひかりは他社と比べて、初期費用や解約にかかる費用が高めです。
キャッシュバックを活用しないと、移転費用が高くなってしまうこともあるので気を付ける必要があります。

この記事では、auひかりを引っ越し先へ移転するときに必要な費用について紹介します。
キャッシュバックを確実に受け取り、安く移転手続きをしましょう。

auひかりの引越し手続きに必要な費用

auひかりの引越し移転手続きには次の費用が必要になります。

登録料 新規工事費用 工事費用の残債 合計
戸建て 800円 37,500円 0~37,500円 38,300円~75,800円
マンション 800円 30,000円 0~30,000円 30,800円~60,800円
※2018年9月現在

各費用についての詳細は次の通りです。

登録料800円
事務手数料になります。戸建てもマンションも一律料金です。
引越し先での新規工事費用
引っ越し先へauひかり回線を引くために必要になる工事費用です。
後述しますが、ほぼ全額キャッシュバックを利用できます。
初期工事費用の残債
初期工事費の残債とは、受け取るはずだったキャッシュバックの残金のことです。
auひかりは、初期工事費用のキャッシュバックを毎月の月額利用料金の割引で行っていますが、途中解約だと残金の支払い義務が生じます。
戸建てだと60か月、マンションだと24か月間以内の移転の場合、一度残債を支払う必要があります。
移転でも解約の場合でも、一旦は支払い義務が生じますが、移転の場合は引越し後、支払い分は割引などで還元されます。

初期工事費用無料キャンペーンでお得に引っ越しをする方法

auひかりは、キャッシュバックを活用することで、工事費の残債や移転先での新規工事費用を実質無料にすることができます。

auひかりを移転するときには、同時にプロバイダの移転手続きも行わなければなりません。
ですがその際に、プロバイダからの移転キャッシュバックを受けることができるためです。

auが運営するプロバイダ「au one net」の一例を紹介します。
auひかりでは、先述通り初期工事費用を、月額料金の割引でキャッシュバックしています。
キャッシュバックの期間と金額、割引の合計額は次のようになります。

月額割引 割引期間 割引合計
戸建て 625円 60か月 37,500円
マンション 1,250円 24か月 30,000円
※2018年9月現在

特典 | インターネット回線 | au

工事費用を全額還元することができます。
ただ、期間満了しないと、全額受け取ることができません。
期間途中での解約となると、受け取るはずだったキャッシュバックの金額分を、支払う必要が生じますので、気を付けてください。

期間途中での解約はデメリットが多いので、戸建てで5年、マンションだと2年以内に、再び引っ越しを控えている人などは注意が必要です。

長期で契約できる人は、実質負担金は手数料の800円で移転できる計算になります。

auひかりの場合、「解約新規」は注意が必要

移転費用を安く抑える方法の一つに、一度契約を解約して、引越し先で再度同じ回線を申し込む「解約新規」という方法があります。
費用を安く抑えるため「auひかりを解約新規で申し込みたい」という方も多いと思います。
しかし、auひかりの場合、解約新規はあまりお勧めできません。

auひかりでは、同一名義人での再契約ではキャッシュバックを認めていないからです。
新規契約のキャッシュバックを利用できないため、単純に移転手続きをした方が安く済む場合が多いです。

引越し後、家族など別名義で申し込む方法もありますが、解約費用分まではキャッシュバックを受けられない可能性があります。
上記の通り、移転手続きでは移転キャッシュバックを活用して、登録料の800円で手続きができるので、解約新規のメリットは薄いです。

手続きの手間も含めて考えると、auひかりの場合は解約新規よりも、移転手続きのほうがおすすめといえます。

auひかりを解約して、他社インターネット回線契約に乗り換える

安く費用を抑える方法として、乗り換えも手段の一つです。
その際は、解約にかかる費用と、新規契約する回線や代理店のキャッシュバックキャンペーンをしっかり見比べることが必要です。

キャッシュバック金額が解約費用よりも安くなってしまうと、乗り換えのメリットがなくなってしまいます。
auひかりの場合、とくに違約金に加え、工事費の残債が大きな負担となってしまいます。
解約する場合、工事費の残債がいくらあるか、違約金はいくらになるか、事前に確認しておきましょう。

例えば、ドコモ光の公式キャンペーンでは、キャッシュバックが新規工事費用とdポイント1万円分となっています。
一方で、ソフトバンク光は、新規工事費のほか、他社解約金や撤去工事費まで含んでキャッシュバックを受けることができます。

ただ、これは代理店で申し込むとキャッシュバックの内容が変わってくる場合があります。
このため、各社のキャンペーンを見比べる必要が出てきます。

そこで、引越し侍では、最適な回線事業者や代理店を探してくれる「らくらくネットサポート」というサービスも行っています。
引越し先の対応環境を専任のオペレータが調べ、安いプランを提案してくれます。
ぜひ活用して、安い乗り換え先を選んでください。

ここまで、auひかりの移転時にかかる費用を紹介しました。
紹介した通り、auひかりはキャッシュバック制度が他社と比べ特殊で、満額受け取るためには長期契約が必要となります。
引っ越しが頻繁にある人などは、解約費用が少ないタイミングで乗り換えすることもお勧めします。

フレッツ光やインターネットの引っ越し手続きの方法も紹介!

もしあなたがフレッツ光を現在利用しているのであれば、引っ越しをする前に移転手続きをしなければなりません。
フレッツ光の移転手続きを行わないと引っ越し先でインターネットが利用できなくなってしまうからです。
手続き忘れがないように気を付けましょう!

フレッツ光の移転手続き方法

このページをシェアする

引越し侍は引越しの一括見積りと予約サービスを提供している引越し料金比較サイトです。 ご利用はどちらも無料。一括見積りは全国275社から最大10社の引越し会社へ、メールや電話での見積りや訪問見積りの依頼ができるサービスです。 また、予約サービスはWeb上で複数社の見積り金額や口コミ・評価を比較して、条件にピッタリの引越し業者を選ぶことができるWeb完結のサービスです。 「 auひかりの引っ越し!継続手続きと工事費用を安くする方法」の他にも、引越しの相場や手続きなどお役立ち情報を紹介していますので、引越しの見積りをお考えの方はぜひご覧下さい。

QRコード

外出先でも、引越し侍!

スマートフォンや携帯電話から、24時間いつでもどこでも引越し見積もり!

Pマーク

当社は、一般財団法人日本情報経済社会推進協会(JIPDEC)(旧: 財団法人日本情報処理開発協会)より「プライバシーマーク」の付与認定を受けています。

東証一部上場

株式会社エイチーム引越し侍は、株式会社エイチーム(東証一部上場)のグループ企業です。
証券コード:3662