ドコモ光の引越し方法とは?移転・解約の手続きや工事について

自宅の机でインターネットを使用してパソコンを操作している様子

引っ越しのときに行うドコモ光の手続きは大きく以下の3つに分けられます。

  • ドコモ光を引越し先に移転する手続き
  • ドコモ光を一度解約し、引越し先で再度新規として契約する手続き(解約新規)
  • ドコモ光から別のインターネット回線に乗り換える手続き

インターネットの引っ越しと聞くと、まずは移転手続きを考える方が多いのではないでしょうか?
しかし、ドコモ光の引越し移転には、およそ1万円の移転工事費用がかかります!
解約新規や乗り換えなどでキャッシュバックキャンペーンを活用したほうが、インターネットの引っ越し費用をお得にできるかもしれません。

それでは、ドコモ光をお使いの方が最もお得に引っ越しをできるのは、どの方法なのでしょうか?
引越し侍のらくらくネットサポートでは、専任のオペレーターがあなたに合ったインターネットの引っ越し・乗り換え方法をご紹介します。
ご相談は無料です。ぜひお気軽にお問い合わせください!

ここからは、ドコモ光の引っ越し移転・解約・乗り換えの手続き方法を具体的に紹介していきます。
これからドコモ光の引っ越しを予定している方は、ぜひ参考にしてください!

ドコモ光の引越し移転手続きの方法

  • 電話
  • ドコモショップ

ドコモインフォメーションセンターへ電話すると、オペレーターと直接やりとりして移転手続きをすることができます。
電話番号は以下の通りです。

ドコモの携帯電話から 151
一般電話などから 0120-800-000

※お問い合わせ|NTT docomo
受付時間は9:00~17:00で年中無休です。

自宅の近くにドコモショップがある場合は、直接足を運ぶのもおすすめです。

移転手続きの流れを簡単にまとめると以下のとおりです。

ドコモ光の移転手続きの流れ
ネット回線の移転手続きの流れ

手続き時間は、契約内容などによってもことなりますが、およそ30~60分が目安なので、時間に余裕のあるときに行いましょう。

また、インターネットは手続きしてから工事が完了するまで時間がかかります。
そのため、引越し後、新居ですぐにインターネットを使いたいという人は、少なくとも1ヶ月前までには申し込みを済ませておきましょう。

ドコモ光の開通工事の流れ
インターネット工事の流れ

また、3月~4月は繁忙期のため、工事が遅れることがあります。
そのため、繁忙期に引越しをする人は、引越し日の2ヶ月前までには手続きを済ませておくのが理想的です。

ドコモ光の引越し手続きで必要なもの

引越しの手続きの際には、以下のものが必要です。

  • ネットワーク暗証番号(契約時に設定した4桁の暗証番号)
  • 手続き手数料2,000円

ネットワーク暗証番号とは、ドコモショップや「ドコモオンライン手続き」の注文時やオプションサービスの変更時に必要になる、4桁の暗証番号のことです。
忘れてしまった場合は、運転免許証などの本人確認書類を持って、ドコモショップへ来店する必要があります。

また、ネットワーク暗証番号の確認の他に、口頭などでの本人確認もありますが、その際本人確認書類は不要です。
ドコモの携帯電話契約がない人もしくは、ドコモ光のペア回線を設定していない人は、契約ID(お客様ID)等によって本人確認を行います。
契約IDは、NTT東日本もしくはNTT西日本から発行された「フレッツ光」の開通のご案内・請求書で確認することができます。

  • 「開通のご案内」の場合…「お客様情報」の欄
  • 請求書の場合…「請求内約等詳細」の欄

プロバイダの住所変更手続き

プロバイダとは、インターネットを利用するために必要な業者のことです。
インターネットを利用するためには、インターネット回線とプロバイダの2つの契約が必要になります。

そして、ドコモ光の引っ越し手続きのタイミングでは、プロバイダの住所変更手続きも行わなければなりません。
プロバイダ会社によっては、引っ越しによる移転手続きで料金が発生する場合があります。
早めにご契約のプロバイダ会社に問い合わせておくと良いでしょう。

また、プロバイダの提供会社によって利用可能地域は異なります。
もし引越し先の住所がプロバイダの利用エリア外だった場合には、別のプロバイダ会社に新規で申し込まなければなりません。
プロバイダを乗り換える場合の手続き方法は、「ドコモ光のプロバイダの引越し手続き方法」で詳しく紹介しているので参考にしてください。

新築へ引っ越す場合の手続き方法

ドコモ光を利用している人で、新築へ引越しをする場合は、上記の手続きに加えて「住所登録」という手続きが必要です。

ドコモ光を利用するためには、NTTに住所が登録されている必要があります。
しかし、新築物件では多くの場合、NTTに住所が登録されていません。
そのため、まずはNTTに住所を登録してもらう手続きを踏まなければいけなないのです。

新築への引越しで、ドコモ光を移転する手続きの流れは以下の通りです。

新築に引越しする場合のドコモ光の手続きの流れ
新築に引越しする場合のドコモ光の手続きの流れ

詳しくは、 「ドコモ光を新築へ引越し!工事の流れや移転手続きの方法を紹介」で説明していますので、ぜひ参考にしてみてください。

ドコモ光の引越し後の設定方法

ドコモ光の引越し工事が全て終わっても、すぐにインターネットを利用できるわけではありません。

  1. ルーターやモデムを正しい配線で設置する
  2. パソコンやスマホで初期設定を行う

以上の手順を踏んでから、インターネットの利用が開始できます。

機器の接続方法・インターネットの初期設定は、契約している内容や新居の設備条件などで変わります。
詳しい接続方法は、NTT東日本もしくはNTT西日本から送付される接続設定ガイドで確認することが可能です。
NTT東日本・NTT西日本のホームページでも確認できるので、事前にチェックしておくのがおすすめです。

ドコモ光の引っ越しにかかる費用

ドコモ光を利用中に引っ越しをするとき、かかる費用は以下のとおりです。

<ドコモ光の引っ越しにかかる費用>

手数料 2,000円
工事費(西日本エリア内または東日本エリア内の引っ越しの場合) 戸建てタイプ:9,000円
マンションタイプ:7,500円
プロバイダの解約金 0円~10,000円
合計 戸建てタイプ:11,000円~21,000円
マンションタイプ:9,500円~19,500円
※土日祝日に工事を行う場合は追加で3,000円が必要になります。
※プロバイダの解約金は契約しているプロバイダによって異なります。

上の図からもわかるとおり、ドコモ光の引っ越しにかかる料金は戸建てタイプ・マンションタイプによって異なります。 また、以下の2つの条件でも、ドコモ光の移転費用は変動する場合があります。

  • 引っ越し先のエリアが東日本エリア・西日本エリアの範囲を出るか出ないか
  • 派遣工事・配線工事が必要かどうか

ドコモ光の引っ越し費用が変わるパターンについて詳しく説明していきます。

ドコモ光の移転工事費が変わるパターン

ドコモ光の工事の費用は、下の図の条件1~3を組み合わせることで、工事費用が変わります。

ドコモ光の工事費用の条件
ドコモ光の工事費用の条件

東日本・西日本のエリア内での引っ越しで、新居が集合住宅タイプ、配線工事・派遣工事がある場合、工事費用は次の図のようになります。

ドコモ光の工事費用の例
ドコモ光の工事費用の例

また、上の工事例と同じ条件で、条件2を戸建てタイプに変更すると、工事費用は9,000円となります。
新居にフレッツ光回線が既に導入されている場合は、上の例よりも安くなることがあります。

また、ドコモ光電話やドコモ光オプションを契約している方は、さらに工事料が発生する可能性があります。
詳しくは、ドコモのインフォメーションセンターかドコモショップに問合せてみましょう。

ドコモ光の引越しでかかる移転工事費はいくら?

プロバイダによって解約金が発生することがある

引っ越しによって、プロバイダを変更する必要が出てきた場合には、現在利用中のプロバイダを解約しなければいけません。
その際に、プロバイダに対して解約金を支払わなければならないことがあります。
解約金が発生するかどうかは、契約していたプロバイダによって異なります。
解約金が発生しないプロバイダから、数千円の解約金が発生するプロバイダまでさまざまです。
自分の契約していたプロバイダの解約金はいくらかかるのか、事前に問い合わせて確認してみましょう。

引越しでドコモ光を解約する場合

新居でもドコモ光を継続して利用しない場合、ドコモ光を解約しなければいけません。
ドコモ光を解約する必要があるのは、以下のような人たちです。

  • 新居の規定でドコモ光を利用できない人
  • 引越しを機に別の回線へ乗り換えようと思っている人

引越し先によっては、大家さんや管理会社がドコモ光以外のインターネット回線を既に契約しているなどで、ドコモ光を利用できないことがあります。
物件契約時にドコモ光が利用できるか確認できなかった人は、大家さんか管理会社に連絡して確認しましょう。

また、前述のとおりドコモ光の引っ越し手続きには工事費用がかかります。
しかし、ドコモ光を解約して、新規でインターネット回線の申込をすると、キャッシュバックを受けられる場合があります。
その結果、インターネット回線の引っ越し費用をお得にすることができるのです。

ここからは、解約・乗り換えの方法について詳しく紹介していきます。

ドコモ光の解約手続き方法

ドコモ光を解約する際は、電話もしくはドコモショップで行います。
電話の際は、「ドコモ光の引越し移転手続きの方法」でも紹介したドコモインフォメーションセンターへ連絡しましょう。

手続きの際は、ネットワーク暗証番号(契約時に設定した4桁の暗証番号)がわかるようにしておきましょう。
口頭などでの本人確認もありますが、本人確認書類は不要です。

ただし、契約更新月以外に解約する場合には、解約違約金が発生する場合があります。
解約の手続きと違約金について詳しく知りたい方は、「引越し時にドコモ光を解約する5つの方法と違約金の仕組み」をご覧ください。

また、あなたのドコモ光の契約更新月を確認したい方は、「ドコモ光を引越し前に解約するときの更新月の調べ方」をご覧ください。

ドコモ光の解約新規でキャンペーンを受ける方法

ドコモ光では、前述の通り移転工事にはキャッシュパックなどのキャンペーンは適用されません。
しかし、新規契約の場合には、dポイント10,000円分のキャッシュバックを受けることができます。(※2018年8月29日時点)

そこで、キャッシュバックを受けるためにドコモ光を一度解約し、再度新規で申し込む方法があります。
これが、一般的に解約新規と呼ばれる方法です。

ドコモ光では解約時に違約金などがかかる場合があります。
しかし、新規で契約し直してキャッシュバックを受けることで、移転工事費を支払うよりも、結果的にお得にドコモ光を継続利用することができるのです。

ドコモ光のキャッシュバックについては、「ドコモ光の引越しをキャッシュバックでお得にする2つの方法」をご覧ください。

他社のインターネット回線に乗り換える場合

ドコモ光を解約して、別のインターネット回線に乗り換える場合、2つの手続きを同時に行う必要があります。

  • ドコモ光の解約手続き
  • 新しく契約する回線の新規契約手続き

インターネット回線の新規契約は、移転する場合と同様に、手続きから実際にインターネットが使えるようになるまで、時間がかかることがあります。
引越し後すぐにインターネットを使いたい人は、早めの手続きを心がけましょう。

また、「単独プラン」で契約している場合、プロバイダの解約・新規契約も自分で行わなければいけません。
「プロバイダがセットになったっプラン」を契約している場合は、プロバイダによって取り扱いが異なるので、ドコモインフォメーションセンターもしくは店舗に問合せてみましょう。

他社のインターネット回線に乗り換える場合にも、キャッシュバックキャンペーンが適用される場合はあります。

2018年8月29日時点での、他社のキャッシュバック内容をご紹介します。

Softbank光
  • 他社インターネット回線の解約でかかった違約金を全額キャッシュバック
  • 最大24,000円キャッシュバック
auひかり
他社からの乗り換えでかかった解約違約金相当額を還元

ドコモ光の引越しでよくある質問

インターネットの手続きは、複雑でわからないことがいっぱいです。
そこで、よくある質問をまとめてみました。

ドコモ光が引っ越し先で使えないことはある?

きちんとした手続きを踏んでも、引越し後すぐにインターネットが使えないことがあります。
その原因は以下の3つです。

ドコモ光が引越し先の住所に対応していない
ドコモ光は日本の48都道府県中、26の都道府県でサービスを提供しています。
そのため、引越し先がドコモ光の提供エリア外であった場合には、ドコモ光を継続して使うことはできません。
また、マンションによってはどこかの回線会社と専属契約をしており、入居者が個別にインターネット会社を選ぶことができない場合もあります。
詳しくは、「ドコモ光を引越し先へ移転可能か調べる方法」をご覧ください。
引越しまでにドコモ側での移転手続きが終了していない
通常、ドコモ光に移転の申し込みをしてから2~4週間の期間は手続きのためインターネットが利用できません。
新築へ引越しする場合は、手続きに通常の倍以上の時間がかかることもあるため、4週間~2ヶ月の手続き期間を必要とすることもあります。
そのため、引越し後すぐにインターネットを利用したい人は、早めの手続きを心がけましょう。
パソコンやスマホの設定ができていない
インターネット回線の工事が完了したら、パソコンをドコモ光に接続してみてください。
ドコモ光を引越し先で接続する方法は、「ドコモ光のインターネット回線を引っ越し先で接続する方法」をご覧ください。

通常、ドコモ光に移転の申し込みをしてから2~4週間の期間は手続きのためインターネットが利用できません。
新築へ引越しする場合は、手続きに通常の倍以上の時間がかかることもあるため、4週間~2ヶ月の手続き期間を必要とすることもあります。
そのため、引越し後すぐにインターネットを利用したい人は、早めの手続きを心がけましょう。

また、手続きが終了していてもインターネットが繋がらない場合、機器の接続に不備がある可能性があります。
その場合は次の1~3を順番に試してみましょう。

  1. パソコンやルーターなどの電源を切る
  2. 機器を繋ぐケーブルが緩んでいないか確認する
  3. パソコンやルーターなどの電源を入れなおす

参考:インターネットがつながらない|NTT docomo

上記を試してもインターネットが繋がらない場合は、ドコモに直接問合せてみましょう。

ネットトータルサポートセンター 0120-825-360

※受付時間は9:00~20:00で年中無休です。

引越しをしたら電話番号は変わるの?

ドコモ光と合わせてひかり電話(または、ドコモ光電話)を契約している方は、一部の方を除いて電話番号が変更になります。
電話番号が変わらない方の条件は以下の通りです。

  • 新居でNTTのひかり回線が開通できること
  • NTT東日本エリアもしくはNTT西日本エリア内で引越しをする人
  • 最初にその番号を取得した際に、NTTの一般加入電話番号で取得していること

NTT東日本エリア・NTT西日本エリアを跨いで引越しする人は、電話番号が変更になります。
例えば、北海道から福岡県へ引越する場合や、愛知県から神奈川県へ引越する場合が「エリアを跨いだ引越し」になります。

東日本から西日本へ引っ越す場合はどうなるの?

NTT東日本エリアからNTT西日本エリアに転居する場合、契約内容などについて変更になる場合があります。
また、NTT西日本エリアから東日本エリアに引越しをする場合も同様です。

詳しくは、「ドコモ光電話の引越し移転手続き」をご覧ください。

変更になる内容は次の3点です。

  • 契約ID
  • NTT東日本・NTT西日本がそれぞれ独自に用意しているオプション
  • NTT東日本・NTT西日本が提供する「ひかり電話」「フレッツ・テレビ」

契約IDは、NTT東日本もしくはNTT西日本から発行された「フレッツ光」の開通のご案内・請求書で確認することができます。
エリアを跨いだ引越しの場合、この契約IDは変更になります。

NTT東日本・NTT西日本がそれぞれ独自に用意しているオプションは、エリアを跨いで利用することができません。
そのため、東日本エリアから西日本エリアに引越しをする場合・西日本エリアから東日本エリアに引越しをする場合は、独自のオプションは廃止になります。
NTT西日本では「フレッツ光モバイルパックLTE」や「セキュリティ機能ライセンス・プラス」、NTT東日本では「フレッツ・ウイルスクリア」などが対象です。
利用しているサービスが引越し後も利用できるかどうかは、ドコモのインフォメーションセンターかドコモショップに問合せてみましょう。

また、NTT東日本・NTT西日本が提供する「ひかり電話」「フレッツ・テレビ」を利用している場合も、エリアを跨いで引越しする場合は廃止になります。
継続して利用したい人は、「ドコモ光電話」「ドコモ光テレビオプション」に新規加入する必要があります。

ひかり電話とフレッツ・テレビの引越し方法
ひかり電話とフレッツ・テレビの引越し方法

「ドコモ光電話/ドコモ光テレビオプション」の新規申し込みは、移転手数料とは別に、新規契約手数料2,000円が必要です。

東日本エリアと西日本エリアは以下の通りです。

東日本エリア 北海道、青森県、岩手県、秋田県、宮城県、山形県、福島県、新潟県、茨城県、埼玉県、群馬県、栃木県、千葉県、東京都、神奈川県、山梨県、長野県、富山県の一部エリア、静岡県の一部エリア
西日本エリア 長野県の一部エリア、富山県、石川県、福井県、岐阜県、静岡県、愛知県、三重県、滋賀県、京都府、大阪府、兵庫県、奈良県、和歌山県、鳥取県、島根県、岡山県、広島県、山口県、徳島県、香川県、愛媛県、高知県、福岡県、佐賀県、長崎県、熊本県、大分県、宮崎県、鹿児島県、沖縄県

引越し先の建物タイプが違う場合は何か変わる?

建物タイプとは、戸建てタイプと、マンション・アパートなどの集合住宅タイプに分けられます。
今住んでいる建物タイプと、引越し先の建物タイプが異なる場合、次のことに気をつける必要があります。

  • インターネットの速度の安定性が変わる可能性がある
  • 引越し先でドコモ光が利用できない可能性がある

引越し先の建物タイプが変わると、インターネットの速度や安定性が変わる場合があります。
戸建てタイプと集合住宅タイプでは、インターネット回線の繋ぎ方が変わるためです。
戸建てタイプでは、NTT東日本・NTT西日本から直接1本の光ファイバーケーブルで繋がっています。
ところが集合住宅タイプでは、建物内ではLANケーブルや既存の電話回線で繋がっていることがあるのです。
また、各部屋まで光ファーバーケーブルで繋がっている場合でも、1本の回線を他の入居者と共有することになります。
そのため、集合住宅タイプの物件では、戸建てタイプに比べてインターネットの速度が遅くなってしまうのです。

また、賃貸物件に引越しをする場合、引越し先でドコモ光が利用できるかどうかを確認する必要があります。
マンションやアパートによっては、契約する回線などが決まっている場合があるからです。
インターネット移転手続きをする前に、大家さんや管理会社に直接確認してみましょう。
契約するインターネット回線が決められていた場合、ドコモ光は解約し、指定されている回線に新規申し込みをする必要があります。

今使っている機器は返却する必要がある?

引越しによって、ドコモ宅内機器や無線LANルーターを撤去もしくは交換する必要が出てくることがあります。
その場合、レンタルしていた機器は返却しなければいけません。
ドコモ宅内機器や無線LANルーターを撤去もしくは交換する必要があるかどうかは、ドコモに確認します。

また、機器の返却が遅くなってしまうと、ドコモから機器相当額を請求されることがあるため要注意です。
ドコモから機器を返却して欲しいと連絡があった場合、できるだけ早く返却しましょう。

プロバイダってなに?

プロバイダとは、インターネットを利用するために必要な業者のことです。
インターネットを利用するためには、回線の他にプロバイダとも契約する必要があります。

独自で利用可能地域を設けているプロバイダを利用していた場合、引越し先によってはプロバイダが変更になります。
引越しによって現在利用しているプロバイダの利用可能地域から出てしまうと、別のプロバイダと改めて契約しなければいけないためです。
プロバイダを乗り換える場合の手続き方法は、「引っ越しでフレッツ光などのインターネット回線やプロバイダの解約・手続き方法まとめ」で詳しく紹介しているので参考にしてください。

またプロバイダによっては、引越による変更で、一部料金が発生する場合があるので注意が必要です。

まとめ

いかがでしたか?
インターネットの移転、解約・新規契約には、長いときで数ヶ月かかることがあります。
特に、3月~4月の繁忙期に引越しをする予定の人は、2ヶ月前までには手続きを済ませておくと安心です。

特に、NTT東日本エリアとNTT西日本エリアを跨いで引越しをする予定の人は、早めに手続きを行いましょう。

また、インターネットを移転するよりも、一度解約して別のインターネット回線に乗り換えをした方が安くなることがあります。
解約手数料や新規申し込みキャンペーンの内容、継続する場合の工事費などを比べて、よりお得な方を選びましょう。

フレッツ光やインターネットの引っ越し手続きの方法も紹介!

もしあなたがフレッツ光を現在利用しているのであれば、引っ越しをする前に移転手続きをしなければなりません。
フレッツ光の移転手続きを行わないと引っ越し先でインターネットが利用できなくなってしまうからです。
手続き忘れがないように気を付けましょう!

フレッツ光の移転手続き方法

このページをシェアする

引越し侍は引越しの一括見積りと予約サービスを提供している引越し料金比較サイトです。ご利用はどちらも無料。一括見積りは全国276社から最大10社の引越し会社へ、メールや電話での見積りや訪問見積りの依頼ができるサービスです。また、予約サービスはWeb上で複数社の見積り金額や口コミ・評価を比較して、条件にピッタリの引越し業者を選ぶことができるWeb完結のサービスです。「ドコモ光の引越し方法とは?移転・解約の手続きや工事について」の他にも、引越しの相場や手続きなどお役立ち情報を紹介していますので、引越しの見積りをお考えの方はぜひご覧下さい。

QRコード

外出先でも、引越し侍!

スマートフォンや携帯電話から、24時間いつでもどこでも引越し見積もり!

Pマーク

当社は、一般財団法人日本情報経済社会推進協会(JIPDEC)(旧: 財団法人日本情報処理開発協会)より「プライバシーマーク」の付与認定を受けています。

東証一部上場

株式会社エイチーム引越し侍は、株式会社エイチーム(東証一部上場)のグループ企業です。
証券コード:3662