外壁塗装

外壁のコーキング補修の費用相場!補修が必要な劣化症状や寿命なども解説

外壁のコーキング補修の費用相場!補修が必要な劣化症状や寿命なども解説

外壁材の目地を埋めるために使用されている「コーキング(シーリング)」。
コーキングには外気の流入や雨漏りによる建物の劣化を予防する役割があります。

一般的な家庭で多いサイディング外壁の住宅では、築10年前後でコーキングの劣化が始まります。
ひび割れや縮みを目で確認できるようになったら注意が必要です。
大掛かりな補修工事をしなくても済むよう早めにリフォームを検討しましょう。

この記事では以下の内容を紹介します。

  • 補修が必要なコーキングの劣化症状
  • コーキングの補修方法である「打ち替え」「増し打ち」の違い
  • コーキング補修にかかる費用相場

修理前に知っておくと安心できる情報です。
外壁のコーキング補修で失敗しないためにも、ぜひ参考にしてみてください。

安藤孝彦

監修者:安藤 孝彦 アンドウ設計事務所

1978年 中部工業大学(現中部大学)建築学科卒業
1979年~1986年 住吉設計事務所に勤務
1985年 1級建築士取得
1987年 アンドウ設計事務所設立

ファインドプロなら当日対応も可能!
現地調査無料!品質保証5年間!追加費用なし!
外壁塗装の業者を探す
まずは無料でご相談・お問い合わせ!
お名前
電話番号

利用規約 および 個人情報の取り扱い に同意の上ご利用ください

※エリア、加盟店によっては対応できない場合がございます

外壁に必要な「コーキング」とは

コーキングとはサイディングやALCパネル・タイルといった外壁材を貼る際に、目地に充填されるものです。
外壁でコーキングが必要な理由は「外気の流入を防ぐため」と「雨漏りを防ぐため」の2つです。

コーキングは主にサイディングボードの目地や、窓のサッシ周辺、換気口周辺といった隙間を埋めるために利用します。
また地震や寒暖差等による変形や伸縮などに対しての動きに追随するために計画的な誘発目地にコーキングが行われます。

他にも、モルタル外壁の小さなひび割れを補修するためにも使われています。

コーキングとシーリングの違い

目地材のことを「コーキング」や「シーリング」と呼びますが、両者にはっきりとした違いはありません。
どちらも外壁などの繋ぎ目や隙間を充填するものとして使われています。

コーキングとシーリングは建築現場では同義語として使われる事が多く職人の年代や所属している会社などによって厳密には決まっているわけではありません。
ただ、公共の建築工事で使用される公共建築工事標準仕様書では第9章防水工事第6節でシーリングと規定されています。

そのため業者にリフォームをお願いする際は、コーキングとシーリング、どちらの言葉でも伝わります。
業者によって呼び方が異なるだけと考えて問題はありません。

シーリング材の種類によって寿命は異なる

コーキング(シーリング)材の耐用年数は10年前後ですが、詳しくいうと種類によって寿命は異なります。
シーリング材の寿命を左右するのは以下の2つです。

  • 1液型か2液型か
  • 主な素材や主成分の違い

1液型か2液型か

シーリング材には大きく分けて「1液型」「2液型」の2種類があります。

1液型
大気中の湿気と反応して硬化するタイプでそのまま使えるタイプのこと。
専用のカートリッジに充填されたものが多く流通していてホームセンターなどでも入手しやすく、簡単なため素人でも扱いやすい。
2液型
コーキング材である「主剤」と、コーキングを固めるための「硬化剤」の2液に分かれており、作業する際に専用の機械で混ぜあわせるタイプのこと。
施工・管理に手間はかかるが、価格が安く耐久性も高いため広範囲の工事に向いている。

現在では取り扱いが簡単な「1液型」を使う業者も多いです。
「1液型」「2液型」の使い分けは一般的には数量の多い広範囲な部分には2液型、補修箇所が1ヶ所程度など少ない箇所を行う場合は1液型を使うのが向いています。
ただ2液型は攪拌不足による効果不良に気を付けないといけないため、きちんとした業者にお願いするのが大切です。

主な素材や主成分の違い

外壁に使うコーキング材には、主に以下の3種類が使われます。
特徴が異なり、耐用年数の長さは「変性シリコン」>「ポリウレタン」>「水性アクリル」の順です。

変性シリコン
変性シリコンはシリコンとは異なり、上から塗装することができる特徴があります。
耐用年数は10年~15年ともっとも長く、寿命を気にする場合におすすめです。
ポリウレタン
ポリウレタンは弾力性と密着性に優れていて下地の動きに追従できるのでクラック補修やコンクリート目地などに使用されます。耐久性は高いが、紫外線に弱いなど耐候性に劣るため外壁で使用する際は上から塗装する必要があります。
耐用年数は環境や立地条件にもよりますが5年~10年ほどです。
水性アクリル
アクリルは水性で施工しやすく湿った箇所でも施工可能という特徴があります。
しかし紫外線に弱く、耐久性が低い、充填後痩せるというデメリットがあります。
耐用年数は10年ほどです。
安藤孝彦

監修者: 安藤孝彦 アンドウ設計事務所

1978年 中部工業大学(現中部大学)建築学科卒業
1979年~1986年 住吉設計事務所に勤務
1985年 1級建築士取得
1987年 アンドウ設計事務所設立

専門家の解説

外壁のコーキングは耐用年数によって必ず打替え等の改修が発生します。新築時に維持管理の中でそのことを計画しておくことが大切です。
10年~15年ごとに補修をすることで建物自体の劣化が防げるのでその方が将来的には建物全体の改修費用が少なくて済みます。
コーキングは種類と性質を分かったうえで適材適所に使い分けをするのがよいでしょう。
工事は金額だけではなくきちんとやっていただける業者さんを選ぶのが前提です。

外壁コーキングの補修をすべき3つの劣化症状

外壁コーキングをリフォームすべき劣化のサイン

外壁コーキングを補修すべき劣化症状は下記の3つです。

  • ひび割れ・破断
  • 剥がれ
  • 肉やせ

もし、上記の劣化サインに心当たりがある場合は、早急に外壁コーキングを補修しなければなりません。
ここからは、それぞれの劣化サインについて詳しく解説します。

ひび割れ・破断

地震による建物の揺れに追従できない場合や経年劣化によって、コーキング材にひび割れが起こるケースがあります。
ひび割れを放置してしまうと、「亀裂」「破断」といった状態に陥り、雨漏りの原因になります。
外壁コーキングにひび割れが発生したら、寿命が近いというサインなので早めに対処してください。

剥がれ

剥がれ・剥離は外壁材とコーキングの間に隙間ができ、コーキングが剥がれてしまう劣化症状です。
外壁のコーキングが剥離した状態を放置すると、コーキングが剥離した部分から雨水や外気が侵入してしまい内部の劣化が加速し、いずれは柱等の構造体が腐食するなど、建物に様々な悪影響を及ぼします。
外壁のコーキングは剥離する前の対処が重要ですが、もしコーキングが剥がれてしまったら、速やかに補修を行いましょう。

肉やせ

上述した、外壁コーキングの「剥離」の前段階として「肉やせ」といった症状があります。
外壁コーキングの肉やせとは、シーリング材に含まれる可塑剤が溶け出す劣化症状です。
肉やせが進行すると外壁材と「剥離」の状態になり隙間ができるため雨漏りの原因になります。

外壁コーキングの「肉やせ」を発見した場合は、剥離する前に対処するためにも、早めに業者に補修を相談しましょう。

安藤孝彦

監修者: 安藤孝彦 アンドウ設計事務所

1978年 中部工業大学(現中部大学)建築学科卒業
1979年~1986年 住吉設計事務所に勤務
1985年 1級建築士取得
1987年 アンドウ設計事務所設立

専門家の解説

コーキングの肉痩せや表面のヒビ割れの状態は隙間や破断を起こしているわけではないのでまだ経過観察でもよいのですが、劣化が進行していることは確かです。ですのでその際に業者に相談しておいて1年間隔ぐらいで経過観察をしながら補修のタイミングを検討するといいですね。

外壁コーキング(シーリング)の補修の方法

外壁コーキング(シーリング)の補修の方法

外壁コーキングの補修方法には以下の2種類の方法があります。

  • 既存のシーリング材を剥がして打ち直す「打ち替え」
  • 既存のシーリング材の上に足す「増し打ち」

特別な理由がない限りは「打ち替え」が耐久性・寿命も長いのでおすすめです。
まずは、それぞれの方法について詳しく解説します。

打ち替え(打ち直し)

外壁コーキングの補修方法として、おすすめなのが「打ち替え(打ち直し)」です。
既存のコーキング材を取り外して、新しく外壁コーキングを打つという方法です。

外壁コーキングを全て新しくするので、建物の耐久性を高めることにつながり、作業後のコーキングの耐用年数は新築時と同等ぐらいまで(10年前後)と長くなります。
また、外壁コーキングを打ち替えた場合劣化したシーリング材(欠陥部分)が無くなり目地底まで深く隙間なくしっかりとコーキング材を打つことができますので防水性もアップ(新築当時を再現)します。 

増し打ち

外壁コーキングの補修方法として、もう一つ挙げられるのが「増し打ち」です。
増し打ちは、既存のコーキングの上に新しいコーキングを打つという補修方法です。
施工方法が簡単ですので、費用自体は打ち替えよりも安いというメリットがあります。
しかし、増し打ちは打ち替えと比べると劣化が早く、耐用年数は4年前後となっています。

耐久性を考えると、コーキングの補修は「打ち替え」がオススメです。

安藤孝彦

監修者: 安藤孝彦 アンドウ設計事務所

1978年 中部工業大学(現中部大学)建築学科卒業
1979年~1986年 住吉設計事務所に勤務
1985年 1級建築士取得
1987年 アンドウ設計事務所設立

専門家の解説

補修方法は打ち替えが現実的です。既存を残した上に増し打ちするというのはほとんどの場合深さが取れないので打てたとしても薄くなってしまい、あまり耐用年数を期待できません。
少し割高でも補修するなら打ち替えの方をお勧めします。その時の負担が少し大きくても長い目で見れば確実に安く経済的だからです。

コーキング補修にかかる費用相場

外壁のコーキング費用相場

一般的な2階建ての家屋の場合、コーキング補修だけの費用相場は30万円です。
料金は依頼する外壁塗装の業者や補修範囲、住宅の状況によって変動します。

まず、外壁コーキングを業者に依頼した場合、主に以下4つの費用がかかります。

  • 「打ち替え」もしくは「増し打ち」作業の費用
  • 作業を行うための足場の設置・撤去費用
  • 諸経費(現場管理費など)
  • (外壁塗装も行う場合)養生費用

なかでも費用の金額を大きく左右するポイントは補修方法です。
耐久性が高く補修方法としてオススメな「打ち替え」の場合は別途、既存のコーキング材を壁から剥がす作業が発生するので、その作業料金が上乗せされます。

ここからは、コーキング補修の料金計算方法と「打ち替え」「増し打ち」にかかる費用相場を解説していきます。

外壁コーキング補修の料金を概算する計算式

外壁補修にかかる費用を計算する場合は、あらかじめ自宅の「外壁の面積」を把握が必要です。
外壁の面積は住宅の平米数のおよそ1.5倍がけで概算できます。

上記を踏まえて、コーキング補修にかかる費用を計算式にすると以下の通りです。
コーキング補修の概算費用 = 「住居の平米数」 × 1.5 × 「1mあたり作業料金」

※あくまで概算なので、正式な見積額とは乖離する場合があります。
それでは、この計算式も頭に入れつつ作業方法別の料金相場を見ていきましょう。

コーキングの「打ち替え」にかかる費用相場

「打ち替え」を選択した場合に発生する料金の内訳と相場は以下の通りです。

コーキングの「打ち替え」にかかる費用
作業と費用の内訳 料金相場
「打ち替え」作業の料金 1,000円/m~
足場の設置・撤去費用 700円/m~
外壁塗装を行う際の養生費用 200円/m~
諸経費(現場管理費など) 全体工賃の15%ほど

2階建で100㎡の住居のコーキングを「打ち替え」した場合、費用の見積もりは以下のようになります。

  • 「打ち替え」作業の費用:100㎡ × 1.5 × 1,000円 = 15万円です。
  • 足場の設置費用:100㎡ × 1.5 × 700円 = 10万5,000円。
  • 養生費用:100㎡ × 1.5 × 200円 = 3万円。
  • 諸経費:すべての費用の合計 28万5,000円 × 15% = 4万2,750円

合計金額の32万7,750円が打ち替えにかかる費用の概算です。

コーキングの「増し打ち」にかかる費用相場

「増し打ち」を選択した場合に発生する料金の内訳と相場は以下の通りです。

コーキングの「増し打ち」にかかる費用
作業と費用の内訳 料金相場
「増し打ち」作業の料金 700円/m~
足場の設置・撤去費用 700円/m~
外壁塗装を行う際の養生費用 200円/m~
諸経費(現場管理費など) 全体工賃の15%ほど

2階建で100㎡の住居のシーリングを「増し打ち」した際の費用の見積もりは以下のようになります。

  • 「増し打ち」作業の費用が:100㎡ × 1.5×700円 = 10万5,000円
  • 足場の設置費用:100㎡ × 1.5×700円 = 10万5,000円
  • 養生費用が:100㎡ × 1.5 × 200円 = 3万円
  • 諸経費:すべての費用の合計24万円の15% = 3万6,000円

合計金額の27万6,000円が増し打ちにかかる費用の概算です。
もちろん、正式な費用は業者によって異なりますので、見積もりを出してもらい確認しましょう。

安藤孝彦

監修者: 安藤孝彦 アンドウ設計事務所

1978年 中部工業大学(現中部大学)建築学科卒業
1979年~1986年 住吉設計事務所に勤務
1985年 1級建築士取得
1987年 アンドウ設計事務所設立

専門家の解説

補修費用は数社の信頼のおける業者へ見積もりを依頼して判断するのがいいですね。
一式見積もりではなくそれぞれの単価や数量がわかるように見積りの内容が詳細にきちんと書かれていることが第一です。会社によって経費の見方も違ってきます。そうすることで適正な価格がわかります。
施工や現場管理の方法等の説明を受けヒヤリングを行った上で、判断することが大切です。 ただ金額が安いからというだけの判断は危険です。

外壁コーキングを行うときの注意点

外壁コーキングを行うときの注意点

外壁コーキングの補修を行うときの注意点は以下の4つです。

  • コーキング補修のDIYは危険
  • 補修工事は信頼できる業者に依頼する
  • 寿命が長持ちする「打ち替え」がおすすめ
  • 雨の日の工事には注意する

それぞれ説明していきます。

注意1. コーキング補修のDIYは危険

外壁コーキング補修をDIYで行おうかと検討する方もいますが、危険なのでおすすめできません。
なぜなら外壁コーキングの補修は高所での作業となるため、うっかり足を滑らせてはしごから落下してしまうなど命の危険があるからです。
外壁コーキングの補修はDIYではなく、プロの業者に依頼する方が安全に施工できます。

注意2. 補修工事は信頼できる業者に依頼する

外壁のコーキング補修など、補修工事は信頼できる業者に依頼しましょう。
なぜなら外壁コーキングの補修を行う業者の中には、手抜き作業やぼったくりをするような悪質な業者もいるからです。
「見積もり時に費用の内訳を説明してくれる」「交通費の金額が明確」「施工方法や作業内容を丁寧に説明してくれる」など、費用面や施工について十分な説明がある業者を選ぶのが大切です。
訪問販売などで急いで決めず、しっかり業者を調べてから依頼するようにしましょう。

注意3. 寿命が長持ちする「打ち替え」がおすすめ

外壁のコーキング補修は「打ち増し」よりも「打ち替え」のほうがおすすめです。
打ち替えの場合、既存のコーキングを取り除いて新しくするので、コーキングが長持ちするからです。

注意4. 雨の日の工事には注意する

「工事当日の天気」にも注意しましょう。
なぜなら、雨が降ると外壁コーキングの補修を行うことができない場合や、やり直しになる可能性もあるからです。
工事当日が悪天候になってしまった場合は再度スケジュールを調整する必要があるので、業者と相談しておきましょう。

安藤孝彦

監修者: 安藤孝彦 アンドウ設計事務所

1978年 中部工業大学(現中部大学)建築学科卒業
1979年~1986年 住吉設計事務所に勤務
1985年 1級建築士取得
1987年 アンドウ設計事務所設立

専門家の解説

特にコーキング打ちは実際やっていただく職人さんの丁寧さに左右されやすい作業です。信頼のおける業者の信頼のおける職人さん、というのがキーワードです。やっていただく業者さんに対して金額だけで判断せず十分ヒヤリングを行って、納得したうえで依頼しましょう。

まとめ

「外壁のコーキング」についておさらいしましょう。

  • 外壁のコーキングは「外気の流入を防ぐため」「雨漏りを防ぐため」に必要
  • 外壁コーキングの寿命はコーキング材の種類によって異なる
  • 外壁コーキングにひび割れなどの劣化症状を発見したら経過観察の上早めの補修が大切
  • コーキング補修の方法は「打ち替え」「増し打ち」の2つ
  • 特別な理由がない限り寿命が長くなる「打ち替え」を行う
  • 外壁のコーキング打ち替え単価は1,000円/m~、増し打ち単価は700円/m~
  • 一般的な2階建て住宅の場合、コーキング費用の相場は30万円前後

ここまで、外壁コーキングの補修方法や費用相場、劣化のサイン、業者に依頼する際の注意点などについて解説しました。
外壁コーキングが劣化したら、速やかに最適な対処を行わないと建物に負担をかけてしまいます。
放置しておけば、確実に建物の寿命を短くしてしまいます。

また、外壁コーキング補修の費用相場や注意点について把握しておかないと、業者による詐欺被害に遭うといったリスクもあります。
外壁コーキングの劣化が気になっている方は、このページを参考にしながら、早めに信頼のおける業者に相談してください。
外壁塗装の具体的な費用相場については、下記の記事で詳しくご紹介しているので、あわせて参考にしてみてください。

【2022年版】外壁塗装の費用相場!坪別の適正価格や内訳を事例つきで紹介

監修者情報

安藤孝彦

監修者:安藤 孝彦 アンドウ設計事務所

1978年 中部工業大学(現中部大学)建築学科卒業
1979年~1986年 住吉設計事務所に勤務
1985年 1級建築士取得
1987年 アンドウ設計事務所設立

公式サイト アンドウ設計事務所
その他URL アンドウ設計事務所 リノベーションサイト
Facebook
専門・得意分野 建築全般の設計監理
住宅、動物病院、店舗、商業施設、事務所
住宅のリノベーション、耐震診断及び耐震補強
保有資格 一級建築士
既存住宅状況調査技術者
岐阜県木造住宅耐震相談士

ファインドプロは、地域に密着した業者を紹介しています。 被害状況のヒアリングをもとに、外壁塗装や工事などの作業にかかる費用をお電話口にて概算でお知らせ。 工事・施工前の無料見積もりも行っているため、安心して屋根修理業者を選ぶことが可能です。 また、様々な外壁・塗装方法に対応しており、サイディングやモルタル壁に適した補修を行います。 塗装を行うことで、劣化を防ぐだけでなく、防水や耐震の効果もあります。 さらに本サイトでは、外壁塗装の種類や方法などの知識から、悪徳業者に捕まらないポイント、保険適用の手段も紹介しています。 火災保険や補助金を使用して、お得に業者に依頼しましょう。

ファインドプロの2つのあんしん

ファインドプロでは困った人によりそい、安心を感じていただけるように信頼できるサービスを提供いたします。