外壁塗装

外壁の汚れを落とすには?DIYでかかる費用と方法を解説

外壁の汚れを落とすには?DIYでかかる費用と方法を解説

外壁についた汚れはDIYで落とせるのか気になっている方も多いはず。
結論をいうと、軽い程度の汚れなら自分で落とすことが可能です。
そこで今回は外壁の汚れの原因、外壁の汚れを落とす方法、汚れを落とす道具とかかる費用、洗浄のプロに頼む場合の相場などを解説します。
定期的に外壁の洗浄をおこなえば、外壁材の持ちが良くなりますよ。
ぜひこの記事を参考に外壁のメンテナンスをおこなってください。

ファインドプロなら当日対応も可能!
現地調査無料!品質保証5年間!追加費用なし!
外壁塗装の業者を探す
まずは無料でご相談・お問い合わせ!
お名前
電話番号

利用規約 および 個人情報の取り扱い に同意の上ご利用ください

※エリア、加盟店によっては対応できない場合がございます

外壁の汚れの原因・種類

外壁汚れの原因と対処法
外壁の汚れの原因 詳細 対処法
チリ・ホコリ
  • 家全体がくすんだような黒、灰色、茶色になる
  • 外壁の凸凹に付着しやすい
  • 黒っぽい外壁で目立つ
  • 気になったらすぐに高圧洗浄機やブラシで汚れを洗い流す
カビ
  • 黒っぽい汚れ
  • 日当たりが悪い、湿気が多い、汚れなどがあるところなどに増えやすい
  • 白っぽい外壁で目立つ
  • 水で濡らし、スポンジでこすって流水で流す
  • 優しい力でこする
藻・コケ
  • 緑っぽい汚れ
  • 劣化して防水性が落ちた外壁、川べりに面した家、林、森などが近くにある家、日当たり、風通しが悪い家などに増える
  • 白っぽい外壁で目立つ
  • 家庭用のコケ洗浄剤で落とす
  • 防藻・防コケ効果のある塗料で塗装する
サビ
  • もらいサビ、金属製の外壁の劣化により出現
  • スポンジやブラシでこする
  • サビ専用の洗剤で落とす
雨だれ
  • 黒い縦線の汚れ
  • 塗料の効果が薄れ、水や汚れをはじかなくなった壁に起こる
  • 白っぽい外壁で目立つ
  • スポンジにぬるま湯で薄めた中性洗剤をつけて優しくこすり、水で洗い流す
  • 外壁専用クリーナーを使う
  • 高圧洗浄機を使う
排気ガス
  • 排気ガスのなかのすすや油で黒く汚れる
  • 凸凹のある外壁につきやすい
  • ホースで水をかけ、スポンジでこすり落とす
塗料の変色
  • 紫外線で塗料が劣化すると起こる
  • 日当たりのいい部分に起こりやすい
  • 再塗装
  • 紫外線に強いラジカル塗料で塗装する

それぞれについて以下で詳しく解説します。

チリ・ホコリ

チリやホコリが外壁につくと家全体がくすんだような黒、灰色、茶色っぽく見えるようになります。
これらの汚れは外壁の細かな凸凹に引っかかって付着しやすいため、凸凹の多い外壁材などは注意が必要です。
特に黒っぽい外壁で目立つ傾向にあります。
また、これらの汚れは広い範囲に徐々に蓄積していくので住んでいても変化に気づかないことがあります。
なんとなく家全体がくすんできたなと思った場合は、チリやホコリである可能性が高いです。
掃除せず放置しておくと、色素沈着が起こり落ちにくくなってしまうため、気になったらすぐに高圧洗浄機やブラシなどで汚れを洗い流しましょう。

カビ

外壁に黒っぽい汚れを見つけたら、それはカビかもしれません。
空気中に浮いているカビの胞子が外壁に付着し、そこがカビの繁殖しやすい環境だった場合、カビの胞子が発芽してどんどん増殖していきます。

カビに適した環境とは具体的に下記などが挙げられます。

  • 日当たりが悪い
  • 湿気が多い
  • 汚れなどの有機物がある

凸凹のある外壁だと汚れが溜まりやすくカビが発生する可能性が高まります。
さらに白っぽい壁だとよりカビが目立ってしまいます。
カビをそのまま放っておくと見た目が悪いだけでなく、外壁の劣化を進めたり、ひどい場合はアレルギーを引き起こしたりするなど人体にも影響を与えかねません。
また放置期間が長いとカビが深く根を張り、完全に取り除くのが難しくなります。
カビを見つけたら、すぐに汚れている箇所を水で濡らし、スポンジでこすって流水で流しましょう。
壁を傷つけないように優しい力でこするのがおすすめです。

藻・コケ

緑っぽい汚れは藻やコケの可能性があります。
林や川べりから風に乗ってきた藻やコケの胞子が壁に付着すると、湿気を吸って成長していきます。
特に劣化して防水性が落ちた外壁など湿度が上がりやすい箇所は繁殖が早いです。
以下のような家は、藻やコケの胞子が飛んできやすかったり、湿度が高かったりと、藻・コケが発生しやすいので注意しましょう。

  • 川べりに面した家
  • 林、森などの樹木が近くにある家
  • 日当たりが悪い家
  • 風通しの悪い家

また、外壁に凸凹があると水が溜まりやすく、藻やコケが繁殖しやすいです。
特に白っぽい外壁で目立ちます。
藻・コケは保水性があるため、放置しておくと常に外壁が湿っている状態になり、壁面に水がしみこみ劣化の原因となります。
対処法としては、家庭用の藻・コケ洗浄剤を使用して落としたり、塗り替えの際に防藻・防コケ効果のある塗料を使用するという手段があります。

サビ

外壁にサビが発生する原因には主に以下の2つがあります。

  • もらいサビ
  • 金属製の外壁の劣化

もらいサビはその名の通りほかからサビをもらってしまうことです。
たとえば、外壁の近くにある雨どい、ベランダの手すり、門扉、シャッター、窓枠、自転車などのサビが、外壁に触れることで起こります。
サビは金属製の外壁にしか発生しないと思われますが、もらいサビの場合は金属以外の材質の外壁にも発生するため注意が必要です。

加えて、金属サイディングやトタンなど金属製の外壁が劣化した際もサビが起こります。
特に擦り傷などを放置すると、そこから劣化が進み、サビやすくなります。
外壁のサビは、発生してまもなければ洗い流すことで落ちますが、放置して進行してしまったサビは道具で研磨しないと落ちなくなります。

サビが進むと壁に穴が空き、雨水が住宅に侵入してしまう危険性もあります。
サビがさほど進行していないうちに、スポンジやブラシ等でこすったり、サビ専用の洗剤で落としたりすることをおすすめします。

雨だれ

外壁に黒い縦線の汚れがついていたら雨だれによる汚れかもしれません。
雨だれは窓に蓄積した汚れが雨の日に流れ、それが跡として残ったもので特に白っぽい壁で目立ちます。
塗装したての壁は水や汚れをはじいてくれるので雨だれは起きにくいですが、何年もたって塗料の効果が薄れてくると汚れが雨だれとして残ってしまいます。

雨だれ汚れの元は排気ガスや雨水の中の炭酸カルシウムです。
この汚れを落とすには、食器用洗剤や浴室用洗剤などの中性洗剤が効果的です。
強くこすると外壁を傷つけてしまうので、スポンジにぬるま湯で薄めた中性洗剤をつけて優しくこすり、しっかりと水で洗い流しましょう。
そのほか、外壁専用のクリーナーや高圧洗浄機も効果があります。
いずれにしろ放っておくと跡がついてしまうため、早めの対処が必要です。

排気ガス

建物の近くに車を停めている場合、車から排出される排気ガスによるすすや油で外壁が汚れることがあります。
特に凸凹のある外壁だと汚れがつきやすく、どんどん壁が黒くなっていきます。
この汚れは雨で落ちることが多いですが、車庫など雨が当たらない場所はそのまま汚れが蓄積していくため注意が必要です。
すすや油汚れを見つけたらホースで水をかけ、スポンジでこすり落としましょう。

塗料の変色

外壁が紫外線にさらされると塗料が劣化し、変色が起こり、汚れのようになります。
外壁のなかでも、西日の当たる西側など日当たりがいい部分は色あせしやすいです。

色あせの初期現象としてはまず塗膜を守る樹脂が劣化し塗装のツヤが落ちます。
そのあと塗料の中の顔料に影響が出て色あせ、変色が起こります。
その後放っておくと、顔料の劣化が進行し、劣化した顔料が粉状になり表面に浮き出てきます。
外壁を触ると粉がつくこの現象をチョーキングといいます。
この段階になると防水効果がなくなり、外壁に水分が含まれカビの繁殖やサビの発生につながってしまいます。
対処法としては、塗料の耐久年数を超えたらすぐに再塗装をしたり、塗装する際に紫外線に強いラジカル塗料などを塗装するなどがあります。

外壁の汚れを放置すると劣化が早まる

外壁がちょっと汚れたり黒ずんでいたくらいでは、ついつい放置してしまいがちです。
しかし、外壁の汚れを放置すると見た目が悪くなるだけでなく、外壁の劣化を早めてしまうことにもつながりかねません。
劣化が進行すると塗装が剥がれたり、最悪の場合ひび割れが起こり室内に雨水が入ってしまうことも。
せっかくのマイホームの寿命を縮めないために、外壁の汚れを見つけたらすぐに対処することが肝心です。

外壁の汚れの落とし方

外壁の汚れの範囲が狭い場合やちょっと気になる程度の汚れの場合は、自力で掃除できる場合も多くあります。
外壁の掃除のDIYで使う道具と価格を表にまとめてみました。

道具 価格
歯ブラシ 約100円~
ビニール手袋 約100円~
バケツ 約100円~
スポンジ 約500円~
ブラシ 約1,000円~
ホース 約1,000円~
高所用ブラシ 約2,000円~
総額 約4,800円~

高品質なものだと値段も高いですが、一番安いもので揃えればだいたい5,000円以下で外壁掃除ができることがわかります。

外壁洗浄剤で落とす

藻・コケ、雨だれ、排気ガス等の汚れで程度が軽い場合は外壁洗浄剤を使って自分で落とすことができます。
汚れの落とし方の手順は以下の通りです。

  1. 洗浄箇所に外壁洗浄剤を散布する
  2. スポンジやデッキブラシを使ってこする
  3. 細かい部分は歯ブラシ、高い部分は高所用ブラシなどを使う
  4. ホースを使い水で洗い流す

道具の価格は以下の通りです。

道具 価格
歯ブラシ 約100円~
ビニール手袋 約100円~
スポンジ 約500円~
外壁洗浄剤 約600円~
ブラシ 約1,000円~
ホース 約1,000円~
高所用ブラシ 約2,000円~
総額 約5,300円~

総額約5,000円で洗浄できることがわかります。

カビ取り剤で落とす

カビが発生している場合で程度が軽い場合は、市販のカビ取り剤で落とすことが可能です。
汚れの落とし方の手順は以下の通りです。

カビ取り剤を使った落とし方手順

  1. 洗浄箇所にホースを使い水を散布する
  2. カビに洗剤をかけてやわらかいスポンジを使ってこする
  3. 細かい部分は歯ブラシ、高い部分は高所用スポンジなどを使う
  4. ホースを使い水で洗い流す

道具の価格は以下を参考にしてみてください。

道具 価格
歯ブラシ 約100円~
ビニール手袋 約100円~
スポンジ 約500円~
カビ取り剤 約1,000円~
ホース 約1,000円~
高所用ブラシ 約1,000円~
総額 約3,700円~

すべて揃えても、だいたい4,000円以下でカビが落とせることがわかります。

高圧洗浄機で落とす

強力な圧力で水を吹きかけることで汚れを落とす高圧洗浄機。
汚かった外壁があっという間にきれいになる!というCMを見かけませんか?
高圧洗浄機を使えば、洗浄剤を使わなくても水だけで藻・コケ、カビ、雨だれ、排気ガスの汚れなどを落とすことができるんです。
高圧洗浄機を使った外壁の汚れの落とし方について以下で説明します。

高圧洗浄機を使った汚れの落とし方

  • 水がかかってはいけないところを、シートで覆う
  • バケツやタンクに水をためるか、蛇口からホースで高圧洗浄機に水をおくる
  • 水圧を調整しながら高圧洗浄をおこなう

しかし、高圧洗浄機は正しく使用しないと、塗装を剥がしてしまう可能性もあります。
以下のケースでは使用をやめましょう。

高圧洗浄機を使用してはいけないケース

  • 塗装面に粉がふいている
  • 塗装面がひび割れしている
  • 塗装が剥げている
  • シーリング部分が変形している、ひび割れている

高圧洗浄機で汚れを落とすときの注意点

また、高圧洗浄機で洗浄をする際は以下の点に注意しましょう。

  • 水圧が強く汚水が跳ね返ってくる可能性があるため、必ずカッパやゴーグルを着用する
  • 劣化が進んだ外壁やシーリング部分は繊細なため、弱い水圧で洗浄をおこなう
  • 噴射口と壁を近づけすぎると外壁を痛めるため、40~50cmほど放して行う
  • 同じ部分に水をあて続けない
  • 軒天にある通気口、バルコニーの裏側などに水をあてると、建物が浸水する危険があるので注意
  • 稼働音や、水の飛び散りなどが起こるため近隣へ配慮する

楽に掃除ができると思ってしまいがちですが、さまざま注意しなければならない点があることがわかります。

洗浄のプロに依頼する場合の価格相場

軽い汚れなら自分でも洗浄することが可能ですが、年月が経った汚れや、広範囲、高所の汚れの場合は、プロに頼んだ方が確実で安全です。
一般的な一戸建ての住宅の洗浄をプロに依頼する場合の費用相場は以下の通りです。

外壁の洗浄を業者に依頼した場合の価格相場
洗浄方法 外壁の洗浄費用 外壁と屋根の洗浄費用
高圧洗浄 200〜300円/㎡ 200〜300円/㎡+10〜20万円(足場代など)
バイオ高圧洗浄 700〜1000円/㎡ 700〜1000円/㎡+10〜20万円(足場代など)

バイオ高圧洗浄とは、薬品を使い、コケや藻・カビなどの細菌や植物類を取り除く洗浄方法です。

外壁の汚れを目立たないようにする方法

外壁塗装の塗料、色を工夫することで外壁の汚れを目立たないようにすることができます。
具体的には以下の方法があります。

  • 汚れがつきにくい塗料を使用する
  • 汚れが目立たない塗料で塗装する

以下で詳しく見ていきましょう。

汚れがつきにくい塗料を使用する

塗料の中には防カビ性のあるものが販売されています。
そのほか「高耐候性」「低汚染性」と表記された塗料は気候の変化や汚れに強い傾向があります。
塗装の際にこれらの塗料を活用するのもひとつの手です。
代表的な防カビ、高耐候、低汚染塗料の単価は以下の通りです。

汚れがつきにくい塗料と単価相場
塗料 単価
防カビ塗料 日本ペイント「水性ケンエース」 1,470〜1,880円/㎡
高耐候性塗料 日本ペイント「パーフェクトトップ」 2,200~2,700円/㎡
低汚染性塗料 アステックペイント「超低汚染リファインSi-IR」 2,400~2,800円/㎡

高性能の塗料はそれだけ単価も高くなることがわかります。
メンテナンスのしやすさを取るか、塗料自体の安さを取るか、よく検討してください。

汚れが目立たない色で塗装する

外壁塗装の際、汚れが目立たない色を選ぶという方法もおすすめです。
白や黒などコントラストのはっきりした色は汚れが目立ちやすくなります。
グレー、アイボリーなどは汚れが目立ちにくいのでおすすめです。

まとめ

それでは外壁の汚れの対処法についておさらいです。

  • 外壁の汚れの種類としては、チリ・ホコリ、排気ガス、カビ、藻・コケ、雨だれ、サビ、塗料の変色があり、それぞれの発生原因も違う
  • 外壁の汚れを放置すると劣化が早まるため、見つけたらすぐに対処しよう
  • 外壁の汚れの落とし方としては外壁洗浄剤で落とす、カビ取り剤で落とす、高圧洗浄機で落とすなどの方法がある
  • 洗浄のプロに依頼する場合の価格相場は、一般的な一戸建てで外壁のみを洗浄する場合、高圧洗浄が200〜300円/㎡、バイオ高圧洗浄が700~1000円/㎡
  • 外壁の汚れを目立たないようにする方法としては汚れがつきにくい塗料を使用する、汚れが目立たない色で塗装するなどがある

外壁の汚れは軽度なら自分で落とすことも可能です。
それぞれの汚れによって使う道具、洗剤、機械などが変わってくるので、今回の記事を参考にチャレンジしてみてください。
また、汚れがひどい場合は、無理せず業者に頼むのをおすすめします。

ファインドプロは、地域に密着した業者を紹介しています。 被害状況のヒアリングをもとに、外壁塗装や工事などの作業にかかる費用をお電話口にて概算でお知らせ。 工事・施工前の無料見積もりも行っているため、安心して屋根修理業者を選ぶことが可能です。 また、様々な外壁・塗装方法に対応しており、サイディングやモルタル壁に適した補修を行います。 塗装を行うことで、劣化を防ぐだけでなく、防水や耐震の効果もあります。 さらに本サイトでは、外壁塗装の種類や方法などの知識から、悪徳業者に捕まらないポイント、保険適用の手段も紹介しています。 火災保険や補助金を使用して、お得に業者に依頼しましょう。

ファインドプロの2つのあんしん

ファインドプロでは困った人によりそい、安心を感じていただけるように信頼できるサービスを提供いたします。