外壁塗装

ドローンを使った外壁調査とは?メリットや費用を解説

ドローンを使った外壁調査とは?メリットや費用を解説

外壁の劣化を調べる外壁調査。
人の手で調べる方法が今までは主流でしたが、最近ではドローンでの調査も増えています。
ドローンで外壁調査をおこなうと、従来よりも時短になったり、費用をおさえられたり、安全だったりとメリットがたくさんあります。
今回の記事ではドローンによる外壁調査のメリットや費用などを詳しく解説します。
外壁調査を検討している方は、ぜひドローンでの調査も検討してみてください。

鏑木芳彦

監修者:鏑木 芳彦 DPA認定マスターインストラクター

2017年11月〜ドローン操縦士回転翼3級インストラクター取得
ドローンインストラクターとして500人以上の卒業生は輩出し、またインストラクターの育成も担う。
同時に家屋調査や外壁点検をこれまで100件以上の現場を担当。

ファインドプロなら当日対応も可能!
現地調査無料!品質保証5年間!追加費用なし!
外壁塗装の業者を探す
まずは無料でご相談・お問い合わせ!
お名前
電話番号

利用規約 および 個人情報の取り扱い に同意の上ご利用ください

※エリア、加盟店によっては対応できない場合がございます

ドローンによる外壁調査とは

ドローンによる外壁調査とは、ドローンに搭載した可視光カメラや赤外線カメラを用いて、外壁を調査する方法です。>
従来、外壁の劣化を調べる外壁調査ではテストハンマーで壁を叩く「打診法」が一般的でした。
この方法は、専用のテストハンマーという道具で外壁を叩いて、その響く音によって外壁が今どんな状態なのかを判断する方法です。
しかし近年では高品質な空撮が可能なドローンを使用しての調査が低価格で調査精度も高いと話題になり、実用化がどんどん進んでいます。

鏑木芳彦

監修者:鏑木 芳彦 DPA認定マスターインストラクター

2017年11月〜ドローン操縦士回転翼3級インストラクター取得
ドローンインストラクターとして500人以上の卒業生は輩出し、またインストラクターの育成も担う。
同時に家屋調査や外壁点検をこれまで100件以上の現場を担当。

専門家の解説

ドローンに標準搭載されている可視光カメラを活用することで、外壁のクラックや破損などを確認する事ができます。
また、建物の外壁部分が太陽の日射・気温の気象変化を受けると、熱伝導率の違いにより表面温度に差が発生するため、ドローン搭載の赤外線カメラを活用すれば、表面の温度差を赤外線サーモグラフィによって計測ができ、表面温度分布から「浮き部」を検出することが可能になります。

ドローンによる外壁調査のメリット

ドローンで外壁調査をおこなうのは従来の方法と比べて以下のメリットがあります。

  • 調査コストを抑えられる
  • 短時間で調査できる
  • 目視では確認できない箇所の調査が可能

以下でこれらのメリットについて詳しく解説します。

調査コストを抑えられる

従来の打診法では、作業員がテストハンマーで叩いたり、目視や触診により確認する必要があるため、どうしても高所での作業には足場を組む必要があります。
足場を組む以外にも、屋上からロープやゴンドラで降りたり、地上からクレーン車で持ち上げてもらったりする必要がでてきます。
そのため、足場代やロープ、ゴンドラ、クレーン車などを用意する費用がどうしてもかかります。
一方ドローンによる調査の場合は、人が高いところへ行かなくても高所作業ができるため、これらの費用が削減できます。
また作業員の高所からの落下リスクがなくなる為、安全性が高まります。

短時間で調査できる

ドローンでの調査は調査時間を短縮できるというメリットもあります。
高所での作業に足場、ロープ、ゴンドラ、クレーン車を使わなくていいということは、それらを用意する時間も省けるということです。
作業員の拘束時間も少なくて済むので、人件費も削減できます。

目視では確認できない箇所の調査が可能

ドローンによる赤外線点検であれば、目視だけではわからない外壁内側の状況や変化も画像として認識できます。
また、画像データとして記録・保存できる為、長期的な変化の比較が可能になります。

鏑木芳彦

監修者:鏑木 芳彦 DPA認定マスターインストラクター

2017年11月〜ドローン操縦士回転翼3級インストラクター取得
ドローンインストラクターとして500人以上の卒業生は輩出し、またインストラクターの育成も担う。
同時に家屋調査や外壁点検をこれまで100件以上の現場を担当。

専門家の解説

ドローンによる調査では、通常の可視カメラだけではなく、赤外線カメラを用いて撮影した画像を解析して異常を探します。
赤外線画像では、これまで人の目では確認出来なかった修繕箇所を見つける事が出来るようになります。
また、ドローンならどの高さの壁でも外壁を様々な角度から撮影ができるため、高層部でも正確な監査が可能です。
撮影した画像を保存できるため、さまざまな人の目を通して多角的な調査ができるという利点もあります。
物件によっては足場を組む必要があるため工数とコストがかかるうえ、高所の作業で事故が起こるリスクもありました。

また、タワーマンションなどになると、そもそも打診検査が難しい場合もありました。こうしたマンションでは足場が組めないですし、ゴンドラを下ろしても、どうしても点検できない箇所が出てきてしまうためです。ドローンならそのようなシーンでも、問題なく点検が行えます。ドローンを活用すれば、工数やコスト、安全面などで多くのメリットがあります。

ドローンによる外壁調査のデメリット

ドローンによる外壁調査には以下のデメリットもあります。

  • 天候に左右されやすい
  • ドローンを飛ばせられない場所もある
  • 近隣の家へのプライバシーに関する配慮が必要

以下で詳しく解説します。

天候に左右されやすい

基本的に雨風があるときはドローンを飛ばすことができません。
国土交通省の飛行マニュアルでは、風速5m/sを超えた場合のドローン飛行を禁止しています。

地上では風速が弱くても、上空は風が強いという場合があるので、慎重な判断が必要です。
そのため、点検日程を決めていても天候次第では中止となってしまうこともあります。
このように、ドローン調査をおこなう場合は降水確率や風速なども事前に確認したうえで、最適な日程で組む事が求められます。
特に、梅雨や台風の多い時期などは点検日が制限されてしまいますので注意してください。

ドローンを飛ばせられない場所もある

ドローンは航空法により、飛行させられない場所や許可を受けなければ飛ばせない場所が決まっています。
具体的には以下の3つの場所では飛行に許可が必要になります。

  • 人口が密集している地域
  • 空港などの周辺
  • 地表から150m以上の高さ

なお、国の重要機関の周辺は飛行が禁止となっています。
また、高圧送電線など強い磁性干渉を受ける可能性がある場所は操作に支障がでるため、避けた方がよいとされています。

近隣の家へのプライバシーに関する配慮が必要

ドローンによる上空からの撮影は近隣の家のプライベートな場所も撮影してしまう危険があります。
そのためドローン点検の際は、近隣へのプライバシーを配慮しながらおこなう必要が出てきます。
建物が密集している場所などでの調査は、事前に近隣へのあいさつ回りをしておくなど、特に配慮する必要があることを覚えておきましょう。

鏑木芳彦

監修者:鏑木 芳彦 DPA認定マスターインストラクター

2017年11月〜ドローン操縦士回転翼3級インストラクター取得
ドローンインストラクターとして500人以上の卒業生は輩出し、またインストラクターの育成も担う。
同時に家屋調査や外壁点検をこれまで100件以上の現場を担当。

専門家の解説

ドローンは大型の機体になるほど対風性能は上がりますが、安全性が向上するわけでは無いので、ご注意ください。
晴天でも風が強い場合は飛行できないこともあるため、あらかじめ予備日を設定しておくことが重要です。
ドローンの飛行には、「小型無人機等禁止法」で国の重要な施設・外国公館等・防衛関係施設・空港・原子力事業所などで飛行禁止となっております。
この様な環境での飛行は飛行許可手続きに時間を割かれる事があり、早急な点検業務が難しい場合がありますので、事前の確認が必要です。
住居用マンションにおいて外壁点検を実施する場合は、点検中に家の中が写り込まないよう事前に理事会などを通じて住民への周知を必ず行う必要があります。

ドローンによる外壁調査の費用相場

ドローンによる外壁調査の費用相場は調査面積1㎡あたり120円~390円です。
これは基本的にはドローンでの撮影費用ですが、画像解析報告書を作成する料金が
含まれている場合もあります。
そのほか、別途で移動交通費等の実費が別途加算される場合もあります。
なお、1㎡あたりの単価は、調査内容総面積、建物の種類によっても異なります。

ドローンによる外壁調査の費用事例

  • 一般的な一戸建て:18,000円~
  • 9階建てのビジネスホテル(調査面積1,000㎡):270,000円~
  • 14階建てマンション(調査面積が2,500㎡): 575,000円~

ドローンによる外壁調査の費用はまだ相場が定まっていないのが現状です。
安さだけで選ばず、調査実績や調査の内容を考慮して選びましょう。

鏑木芳彦

監修者:鏑木 芳彦 DPA認定マスターインストラクター

2017年11月〜ドローン操縦士回転翼3級インストラクター取得
ドローンインストラクターとして500人以上の卒業生は輩出し、またインストラクターの育成も担う。
同時に家屋調査や外壁点検をこれまで100件以上の現場を担当。

専門家の解説

ドローン点検の費用に関しては人工もしくは㎡単位で計算されます。
点検時間の短縮はイコールコスト削減に直結します。
ドローンの業者によっては極端に安価な見積もりの場合がありますが、こちらは報告書作成がない場合やフォーマットが決まっており、撮りなおしや追加が出来ない場合がほとんどです。
この様な場合でも画像の精度や範囲が合意できており、自身でレポート作成をするなど行えれば問題ありませんが、全てのパッケージをご要望の場合はトラブルになる可能性があるのでご注意ください。

ドローンによる外壁調査の流れ

ドローンによる外壁調査の大まかな流れは以下のとおりです。

  1. ドローンを利用した外壁調査を行う業者に問い合わせ
  2. 事前調査・ヒアリング
  3. 見積もり
  4. 調査・画像解析
  5. 調査報告書の発行

それぞれ説明していきます。

1.ドローンを利用した外壁調査を行う業者に問い合わせ

まず、外壁調査をおこなう業者を探します。
すべての外壁調査業者がドローンを操作できるわけではないため、専用の業者を見つける必要があります。
インターネットで「ドローン 外壁診断・調査 (地域名)」などと検索すると、業者のホームページがヒットします。
なお、業者を選ぶときは、インターネットでの評判だけでなく、調査を依頼したい物件と同じような物件での調査実績があるかを確認しておきましょう。

2.事前調査・ヒアリング

業者が調査予定の建物を見て、調査面積や近隣の様子、周りの障害物の有無なども確認します。
正確な見積もりを出すために適宜、建物の所有者へのヒアリングもおこなっていきます。

業者のなかには突然訪問してきて「10分ほどですぐに見積もりをだせますよ」と言ってくる業者がいますが、そう言われたら警戒してください。
正確な見積もりを出すにはしっかりと事前調査をおこなう必要があります。
そのためすぐに見積もりが出せるなどと言ってくる業者は、いいかげんな見積もりを出してくる危険があるので注意です。

3.見積もり

事前調査やヒアリングの結果をもとに、業者はドローン調査の見積もりを出します。
その後点検日程や、実際の飛行エリアや調査計画なども立てていきます。
正当な価格で調査をしてもらうには、複数の業者から見積もりをとり、比較をすることをおすすめします。

4.調査・画像解析

ドローンの機動性を活かし、最適な角度から外壁面を撮影していきます。
物件の規模によりますが、一般住宅であれば半日、マンションでも1日で調査が完了します。
そしてその撮影した画像をもとに、劣化部分がないか解析していきます。

5.調査報告書の発行

解析が終了したら、調査結果がのった報告書が発行されます。
たとえば、ひび割れの箇所や、建物内に水が侵入して外壁躯体に浮きが生じているなど、劣化状況と劣化場所を事細かに報告されます。

鏑木芳彦

監修者:鏑木 芳彦 DPA認定マスターインストラクター

2017年11月〜ドローン操縦士回転翼3級インストラクター取得
ドローンインストラクターとして500人以上の卒業生は輩出し、またインストラクターの育成も担う。
同時に家屋調査や外壁点検をこれまで100件以上の現場を担当。

専門家の解説

都心部における外壁点検の場合は、ドローンを飛行させるにあたり、警察や消防など、場合によっては複数箇所に許可を取得しなければならないことがあります。また、現場においては電波環境の影響からGPS無しでの操縦を求められることもあり、ノウハウ、経験値が乏しい会社ですと正しい許可を得ずに飛行してしまったり、接触、落下事故などに繋がるリスクがあります。
さらにタワーマンションなど高さのある建物の場合は、安全性の観点から一つのドローンに対して操縦と撮影を別のスタッフが行うツーオペ体制が必要ですが、そのような場合は、個人のドローン操縦士ではなく、操縦士が複数名以上いる法人企業に依頼されることが良いでしょう。

ドローンを使った外壁調査でよくある質問

ドローンを使った外壁調査は初めての人が多く不安な点も多いかと思います。
たとえば、下記などがよくある質問です。

  • もし墜落したら補償はある?
  • ドローンが飛行できない場所はある?
  • 悪天候で調査できない場合は、どんな対応になる?

ひとつずつ詳しく見ていきましょう。

もし墜落したら補償はある?

ドローンを利用するにあたって怖いのが墜落です。
業者によっては、墜落し人や建物を破損させた際の保険に加入しているところがあります。
もちろん、ドローンを扱う業者は操作に慣れているプロなので墜落はまれです。
基本的には安心して大丈夫ですが、安全のため、保険に加入している業者にお願いしたほうがよいでしょう。

ドローンが飛行できない場所はある?

ドローンを空港周辺、人口密集地で飛ばす場合には許可が必要です。
そのほか、国の重要施設(国会議事堂周辺など)は飛行禁止になっています。
調査予定の建物でドローンが使えるかどうか、念のため事前調査でよく確認してもらいましょう。

悪天候で調査できない場合は、どんな対応になる?

風速5m/s以上の風、雨天の場合は国土交通省の飛行マニュアルにより調査ができません。
天気予報では天候は問題なかったとしても、実際調査当日になって急に天候が悪くなることもあります。
業者によって対応が異なりますが、その場合天候が変わるのを待つか後日再調査となります。
後日再調査の場合は、追加の費用が発生する場合もあるので、契約前に確認しておきましょう。
梅雨や台風の時期など、天候が不安定な時期は再調査の可能性も高まるため、できれば天候の安定している季節におこなうのがおすすめです。

鏑木芳彦

監修者:鏑木 芳彦 DPA認定マスターインストラクター

2017年11月〜ドローン操縦士回転翼3級インストラクター取得
ドローンインストラクターとして500人以上の卒業生は輩出し、またインストラクターの育成も担う。
同時に家屋調査や外壁点検をこれまで100件以上の現場を担当。

専門家の解説

航空法では人口集中地区(DID地区)の上空・空港など周辺地域の上空・緊急用務空域・150m以上での高さでの飛行、及び小型無人機等禁止法では国の重要な施設・外国公館等・防衛関係施設・空港・原子力事業所などで飛行禁止となっております。飛行に関して許可等が必要となります。 また、外壁点検の際は道路上を飛行させる可能性もありますのでその際は道路使用許可などの許可も必要となります。

ドローンによる調査は費用や時間の削減、安全性などメリットもいっぱい

それではドローンによる外壁調査についておさらいしましょう。

  • ドローンによる外壁調査とは、ドローンを飛ばして外壁の画像を撮影し、それを解析することによって外壁の状態を調べる調査方法
  • ドローンによる外壁調査のメリットとしては、調査コストを抑えられる、短時間で調査できる、調査精度が高いなどがある
  • ドローンによる外壁調査のデメリットとしては、天候に左右されやすい、ドローンを飛ばせられない場所もある、近隣の家へのプライバシーに関する配慮が必要など
  • ドローンによる外壁調査の費用は調査面積1㎡あたり390円ほど
  • ドローンによる外壁調査は業者に問い合わせ、事前調査・ヒアリング、見積もり、調査・画像解析、調査報告書の発行という流れで進んでいく
  • ドローンの調査中の墜落はまれだが、念のため保険に加入している業者に頼むと安心
  • ドローンは空港周辺、人口密集地で飛ばすときは許可がいる
  • 国の重要施設周辺で飛ばすのは禁止されている
  • 悪天候で調査できない場合は、再調査となり追加費用を取られることもある

ドローンでの調査にはメリットもありますが、デメリットもあります。
しかし、うまく活用することで正確な診断を低価格で迅速に受けられることにつながります。
ぜひ、外壁調査の際はドローンでの調査も検討してみてください。

監修者情報

鏑木芳彦

監修者:鏑木 芳彦 DPA認定マスターインストラクター

2017年11月〜ドローン操縦士回転翼3級インストラクター取得
ドローンインストラクターとして500人以上の卒業生は輩出し、またインストラクターの育成も担う。
同時に家屋調査や外壁点検をこれまで100件以上の現場を担当。

公式サイト ドローンスクール東京
公式SNS Facebook
Instagram
Youtube
Twitter
専門・得意分野 屋根点検・外壁点検
保有資格 ドローン操縦士回転翼三級マスターインストラクター
赤外線建物診断技能師

ファインドプロは、地域に密着した業者を紹介しています。 被害状況のヒアリングをもとに、外壁塗装や工事などの作業にかかる費用をお電話口にて概算でお知らせ。 工事・施工前の無料見積もりも行っているため、安心して屋根修理業者を選ぶことが可能です。 また、様々な外壁・塗装方法に対応しており、サイディングやモルタル壁に適した補修を行います。 塗装を行うことで、劣化を防ぐだけでなく、防水や耐震の効果もあります。 さらに本サイトでは、外壁塗装の種類や方法などの知識から、悪徳業者に捕まらないポイント、保険適用の手段も紹介しています。 火災保険や補助金を使用して、お得に業者に依頼しましょう。

ファインドプロの2つのあんしん

ファインドプロでは困った人によりそい、安心を感じていただけるように信頼できるサービスを提供いたします。