外壁塗装

外壁塗装の配色を画像で解説|おしゃれに見せるポイント

外壁塗装の配色を画像で解説|おしゃれに見せるポイント

10年に一度が目安と言われる外壁塗装工事。
せっかく行うなら、他の家とは一味違うセンスのいい外壁にしたいですよね。
おしゃれな外壁にしたいと思っても、配色やデザインを決めるのは難しいものです。
このページでは、おしゃれな外壁にするための色選びやテクニックを画像付きでまとめました。
外壁におすすめの色や配色パターン、異なる素材の取り入れ方などがわかります。
紹介する実例画像を参考に、自分好みのおしゃれな外壁塗装を見つけてください。

ファインドプロなら当日対応も可能!
現地調査無料!品質保証5年間!追加費用なし!
外壁塗装の業者を探す
まずは無料でご相談・お問い合わせ!
お名前
電話番号

利用規約 および 個人情報の取り扱い に同意の上ご利用ください

※エリア、加盟店によっては対応できない場合がございます

シンプルでおしゃれな外壁塗装

一色で仕上げるシンプルな外壁塗装は、統一感があっておしゃれで、老若男女問わず人気があります。
無理なく、クールな印象や清潔感を演出できるので、色選びに自信がない方でも大丈夫です。
失敗することなく、おしゃれに仕上げられます。

清潔感のある白の外壁

清潔感のある白の外壁

白の外壁は、清潔感があり明るい印象に仕上がります。
屋根やサッシ、扉などにアクセントとして濃い色を入れると、見た目が引き締まり、センスがいいおしゃれな外壁になります。
ただし、白は汚れが目立ちやすいので、定期的なメンテナンスが欠かせません。
汚れが目立つことが気になる場合は、クリーム系やアイボリー系の色を選びましょう。

上品な印象のベージュの外壁

上品な印象のベージュの外壁

ベージュの外壁は、温かみがあり上品な印象に仕上がります。
和風洋風どちらの家でもよく馴染み、汚れが目立ちにくいので、外壁の定番カラーです。
ただし、ベージュだけでは個性が出しにくく、地味な印象になる場合もあります。
そこで、窓枠や屋根などに違う色を入れたり、一部にレンガ調のサイディングを施したりしてアクセントを入れると、さらにおしゃれになります。

シックな仕上がりのブラウンの外壁

シックな仕上がりのブラウンの外壁

ブラウンの外壁は、落ち着きがあり温かい印象に仕上がります。
汚れが目立ちにくく、飽きがこないブラウンは今も昔も人気のカラーです。
色味によって印象が大きく異なり、濃い茶色は重厚感のある印象に、明るくベージュに近い茶色は優しい印象がプラスされます。
ブラウンといっても濃さや色味がさまざまあるので、イメージしていた色と違ったと失敗するケースも。
そのため、ブラウンを選ぶ際は、色味やツヤ感、濃さなどを慎重に確認することが大切です。

落ち着いた印象のグレーの外壁

落ち着いた印象のグレーの外壁

グレーの外壁は、シャープでモダンな印象に仕上がります。
汚れがもっとも目立ちにくく、他の色とも合わせやすいグレーは、若い世代を中心に人気です。
グレーだけでは、地味で味気ない印象となってしまう恐れがありますが、他の色と組み合わせることで格段とおしゃれな印象に変わります。
ベージュや白のような明るい色と組み合わせると明るくモダンな印象に、黒をアクセントに入れると引き締まったスタイリッシュな印象になります。

スタイリッシュな黒の外壁

スタイリッシュな黒の外壁

黒の外壁は、上品で高級感がありスタイリッシュな印象に仕上がります。
一昔前は、暗い印象であまり選ばれませんでしたが、最近はデザイン性にこだわるおしゃれな方に人気のカラーです。
黒一色の外壁は、格好よく高級感のある見た目です。
一方で、黒×白や黒×茶色で組み合わせたり、木材やレンガなどの素材を取り入れたりすると、さらにおしゃれで雰囲気のある外観になります。

ツートンカラーのおしゃれな外壁塗装

「一色だけの外壁はおもしろみがない」「他とは一味違うおしゃれな外壁にしたい」という方には、ツートンカラーの外壁塗装がおすすめです。
2色を使うと手間が増えるので費用が高額になると思う人がいるかもしれませんが、実際はそれほど大きな差がありません。
多くの塗装業者は、1〜3色までは同料金で塗装します。
ただし、業者によっては5,000円〜1万円ほど高くなるケースもあるので、事前に確認してくださいね。
ツートンカラーの外壁は、色の組み合わせや色分けする場所によって雰囲気が大きく変わり、個性を出すことができます。
例えば、以下のような組み合わせがおすすめです。

  • 白×ベージュ
  • 白×赤
  • 黒×白

ツートンカラーでも失敗しない、おすすめの配色やコツを実例画像と一緒に見ていきましょう。

白×ベージュで優しい印象の外壁

白×ベージュで優しい印象の外壁

白×ベージュは、優しい印象になり、最も人気の組み合わせです。
白一色にするよりも落ち着いた印象で、周囲とも馴染みやすくなります。
失敗しない白×ベージュの塗り方は、次の通りです。

  • 白ベースにベージュを少し入れる
  • ベージュベースに白を差し色として入れる
  • 1階と2階で色分けする

ツートンカラーにしたいけど絶対に失敗したくない方は、白×ベージュや茶色×ベージュのように同系色を選ぶと、失敗せず家全体がまとまった印象になります。
また、白やグレーはどんな色とも合わせやすく、ツートンカラーに挑戦したい方におすすめです。

白×赤の洗練された外壁

白×赤の洗練された外壁

白×赤は、個性的で洗練されたおしゃれな印象です。
外壁に赤を取り入れたかったとしても、全体を赤にすると目立ちすぎて浮いてしまう恐れがあります。
そこで、白×赤のツートンカラーにすることで、おしゃれで個性的な外観に仕上げられます。
レンガ色のような茶色に近い赤であれば、1階と2階で分けた配色もおしゃれです。
一方で、明るい赤は、白ベースの外壁に差し色として窓枠や屋根に赤を取り入れるとおしゃれになります。
ツートンカラーで赤のような鮮やかな色を使用する場合は、白やグレーなどの調和しやすい色と組み合わせましょう。
なぜなら、2色とも鮮やかな色を使うと、派手で奇抜な印象を与えてしまうからです。
赤の色味や明るさによって、配色やバランスを考えることが大切です。

黒×白のモダンな外壁

黒×白のモダンな外壁

黒×白の組み合わせは、失敗が少なくおしゃれな外壁に仕上げやすい、おすすめの組み合わせです。
バランスよく配置すれば、モダンでセンスのいい外壁に仕上がります。
黒を多くすると落ち着いた印象に、反対に、白を多くすると洗練されたモダンな印象になります。
一方で、白黒を縦に分けた配色にすると、スタイリッシュな印象です。
このように、黒×白の配色は、色の比率や配色によって大きく印象が変わります。

ワンポイントカラーのおしゃれな外壁塗装

シンプルな外壁塗装でも、一部分だけ違う色を取り入れると、おしゃれさが際立つ外壁になります。
次は、ワンポイントカラーでおしゃれを際立たせるコツを画像付きで見ていきましょう。

窓やドアの色でアクセントをつける

窓やドアの色でアクセントをつける

シンプルな外壁塗装にアクセントとして窓枠やドアの色を変えると、センスのいいおしゃれな外観になります。
アクセントカラーには、風水カラーや家族が好きな色などを取り入れるのもおすすめです。
おしゃれになるだけではなく、家に対しての思い入れも増すでしょう。

黒のラインを入れる

黒のラインを入れる

シンプルな外壁やツートンカラーの外壁に黒のラインを適度に入れると、スタイリッシュで立体感のあるおしゃれな外観に仕上がります。
真っ白な外壁の家も、黒のラインを入れれば引き締まった印象に早変わり。
ベージュやグレーなど淡い色だけだとぼやけた印象になりがちですが、窓枠や雨樋を黒くすると引き締まった印象になります。

異なる素材でアクセントをつける外壁塗装

外壁塗装は色を塗るだけではなく、異なる素材のアイテムを使用することで、さらにおしゃれな外壁に生まれ変わります。
異なる素材を使用した外壁塗装を画像付きで見ていきましょう。

レンガやタイルを取り入れる

レンガやタイルを取り入れる

レンガやタイルを使用した外壁は、重厚感や高級感のある印象です。 とはいえ、現在の外壁を本物のレンガにするには、元の外壁を解体して一からつくり上げていくため、時間と費用がとてもかかります。
そのため、外壁にレンガを取り入れたい場合は、レンガ調のタイルやサイディングボードを使用するのが一般的です。
外壁全体をレンガ調にしたい場合はレンガ調のサイディングボードを、一部にレンガを取り入れたい場合はレンガ調のタイルを使用するのがおすすめです。
レンガやタイルは多く使えば重厚感がある印象に、部分的にアクセントとして使えばセンスのいいおしゃれな印象になります。
レンガやタイルは、ワンランク上のおしゃれな外観に仕上げたい方におすすめです。

木目柄の外壁材を取り入れる

木目柄の外壁材を取り入れる

木目柄の外壁材は、明るい色と暗い色のどちらにもよく合い、センスよく仕上がります。
白×木目柄は温かみのある仕上がりに、黒×木目柄は高級感のある仕上がりになるなど、ベースとなる色で印象が大きく変わります。
木ならではの経年変化を楽しみたい方は木質系サイディングを、耐久性を重視したい方は窯業系サイディングや金属系サイディングがおすすめです。

外壁塗装をおしゃれにする5つのポイント

外壁塗装の実例をたくさん見ると、かえって悩むこともあるでしょう。
勢いで外壁の色やデザインを決めて後悔しないために、おしゃれにする5つのポイントを紹介します。
5つのポイントを意識するだけでも、満足のいく外壁に仕上げられます。

カラーシュミレーションを参考にする

外壁塗装の色選びをするときは、カラーシュミレーションを使って完成イメージを確認しましょう。
色見本帳だけではイメージしにくいですが、カラーシュミレーションを使えば自分の家の写真を使って外壁の色合いや相性、配色などをイメージしやすくなります。
カラーシュミレーションは外壁塗装業者に相談する、もしくはiPadやパソコンのアプリをダウンロードすれば利用できます。
ただし、画面上の色は明るさによって見え方が変わることもあるので、あくまでも参考程度に考えてください。

色は多くても3色までにする

外壁塗装で使用する色は、2色が基本、多くても3色にしましょう。
外壁は、たくさんの色を使えばおしゃれになるものではありません。

  • メインとなるベースカラー
  • ポイントとして一部に入れるアクセントカラー
  • ベースカラーとアクセントカラーを調和させるアソートカラー

この3色に絞ることで、全体的にまとまりのある、センスのいい外観に仕上がります。

周辺環境と馴染みやすい外壁にする

外壁塗装は、周囲との調和も大切です。
どんなに自分の好みの色に仕上げても、周りとの調和がとれていないと浮いてしまいます。
例えば、淡い色合いの家ばかりあるところに、真っ黒の外壁の家は馴染みませんよね。
また、景観条例が厳しい地域の場合は、使用できる色が制限されていることもあるので、事前に使用できる色を確認しましょう。

汚れの目立ちやすさも考慮する

外壁塗装で人気の白や黒などハッキリした色は、汚れが目立ちやすい色です。
そのため、定期的なメンテナンスを行わないと、あっという間に見た目が悪くなってしまいます。
外壁につく汚れは砂埃やコケ、カビなどで、色は薄茶色や土色、薄緑のような中間色のものが多いため、グレーが最も汚れが目立ちません。
グレー以外にも、ベージュやアイボリーなどの淡い色は汚れが目立ちにくいので、経年劣化も気になりにくい色です。
汚れの目立ちやすさを考慮すると、メンテナンスが楽になり、経年劣化も気にならない外壁に仕上げられます。

試し塗りをして仕上がりイメージを確認する

だいたいの配色が決まったら、すぐに外壁塗装工事を開始するのではなく、自分の家の外壁に試し塗りをしてもらうといいでしょう。
外壁塗装工事で最も多い失敗は、思っていた仕上がりと違うと感じるケースです。
原因として、下記の3つが挙げられます。

  • 色の面積効果
  • 太陽の下と室内灯の下で見る色合いの違い
  • ツヤの有無による色のイメージの違い

色の面積効果とは、同じ色でも色の面積が大きい方が明るく見えて、小さいと暗く見える目の錯覚のことです。
外壁の色を決めるとき、ほとんどの方は色見本帳を参考に室内で選ぶため、実際の仕上がりと異なってしまうのです。
そこで、外壁に試し塗りをしてもらえば、実際の色を確認できるので失敗するリスクを回避できます。
試し塗りは実際の色を確認するために、できるだけ太陽が出ている晴れた日に行うといいでしょう。

まとめ

外壁塗装の色選びで失敗せずに、おしゃれに仕上げるポイントは5つです。

  • カラーシュミレーションを参考にする
  • 色は多くても3色までにする
  • 周辺環境と馴染みやすい外壁にする
  • 汚れの目立ちやすさも考慮する
  • 試し塗りをして仕上がりイメージを確認する

外壁塗装は色やデザインで、優しい印象にもスタイリッシュな印象にもなります。
周りと似たような外観でも、アクセントカラーを取り入れれば、おしゃれ度はぐんとアップします。
今回紹介した外壁塗装の色やデザインを参考にして、満足できる外壁を手に入れてくださいね。

ファインドプロは、地域に密着した業者を紹介しています。 被害状況のヒアリングをもとに、外壁塗装や工事などの作業にかかる費用をお電話口にて概算でお知らせ。 工事・施工前の無料見積もりも行っているため、安心して屋根修理業者を選ぶことが可能です。 また、様々な外壁・塗装方法に対応しており、サイディングやモルタル壁に適した補修を行います。 塗装を行うことで、劣化を防ぐだけでなく、防水や耐震の効果もあります。 さらに本サイトでは、外壁塗装の種類や方法などの知識から、悪徳業者に捕まらないポイント、保険適用の手段も紹介しています。 火災保険や補助金を使用して、お得に業者に依頼しましょう。

ファインドプロの2つのあんしん

ファインドプロでは困った人によりそい、安心を感じていただけるように信頼できるサービスを提供いたします。