外壁塗装

外壁塗装は「断熱塗料」が長期的に見てお得!基礎知識やおすすめ商品をご紹介

外壁塗装は「断熱塗料」が長期的に見てお得!基礎知識やおすすめ商品をご紹介

「そろそろ外壁の塗り替えを」とお考えなら、外気温から家を守り室内の快適性を上げる「断熱塗料」がおすすめです。
今回は、断熱塗料の特徴をご紹介します。
メリット・デメリットや代表的な商品、よく似た言葉の「遮熱塗料」との違いなども併せてご覧ください。

ファインドプロなら当日対応も可能!
現地調査無料!品質保証5年間!追加費用なし!
外壁塗装の業者を探す
まずは無料でご相談・お問い合わせ!
お名前
電話番号

利用規約 および 個人情報の取り扱い に同意の上ご利用ください

※エリア、加盟店によっては対応できない場合がございます

断熱塗料の効果とは

断熱塗料とは、塗膜面が熱を伝えにくくする断熱効果を持つ機能性塗料です。
建物の外壁や屋根、屋上、ベランダの床などに塗布することで、夏の熱気や冬の冷気といった気温が室内に影響するのを防ぎます。

また、室内の熱も屋外に逃がさないので、エアコンの冷暖房によって作られた快適な室内温度を快適に保つこともできます。
例えば、外壁塗装の塗り替えのタイミングに断熱塗装を施せば、室内の快適性がアップします。

一年を通して外気温の影響を防げるので冷暖房の省エネにつながり、お財布にも体調にもやさしい住環境を作ることができるのです。

遮熱塗料との違い

断熱塗料と遮熱塗料の違い
特徴・効果 費用の目安 耐用年数
断熱塗料
  • 塗膜部分が熱伝導を抑える
  • 夏の高気温、冬の低気温が室内に影響するのを防ぐ
  • 冷暖房で作られた室内温度を逃がすことなく、一年中快適性を維持できる
外壁塗装の場合
約3,000〜4,000円/㎡
約15〜20年
遮熱塗料
  • 塗膜部分が光を反射し、熱の発生を抑える
  • 夏の太陽光をはね返し、室内を涼しく保つ
外壁塗装の場合
約2,000〜3,000円/㎡
約10〜15年

断熱塗料と同じく、夏の暑さから室内を守る塗料に「遮熱塗料」があります。
どちらも「熱」の字が入った名称ですが、暑さに対するメカニズムが異なります。

断熱塗料は熱を伝わりにくくする=「熱を断つ」機能で、気温の高低に関わらず外気温と室温が互いに影響するのを抑えることができます。
つまり、夏の暑さと冬の寒さのどちらにも効果を発揮します。

一方、遮熱塗料は光を反射して熱を発生させない=「熱を遮る」機能であり、太陽光による夏の暑さには有効ですが、冬の冷気を防ぐ機能はありません。
夏の暑さが厳しい地方なら遮熱塗料でも十分な効果が期待できますが、冬の寒さを補う機能はないため限定的な対策と言わざるを得ません。

遮熱効果も備えた断熱塗料もある

断熱塗料には熱を伝わりにくくする機能があると述べましたが、断熱塗料と謳う商品の多くが、光を反射する遮熱機能も持っています。

遮熱機能があれば、太陽光が建物に当たって熱を発生することがないため、表面温度が上昇せず、室内の温度上昇も防ぐことができます。 断熱と遮熱のダブルの効果で、室内環境をより快適にしてくれます。

塗料については、以下の記事も参考にしてください。
外壁塗装の塗料5種類を比較!特徴・価格・代表的な塗料を紹介

外壁塗装に断熱塗料を選ぶ3つのメリット

断熱塗料を使って外壁塗装をすると、主に下記の3つのメリットが得られます。

  1. 暑さだけでなく寒さからも守る
  2. 長期的に見てコスパがいい
  3. 結露も防ぎ、遮音効果も期待できる

それぞれ解説していきます。

1.暑さだけでなく寒さからも守る

断熱塗料は暑さだけでなく寒さの厳しい環境でも効果を発揮します。
一年を通して寒暖に強いというのは、遮熱塗料にはない独自のメリットです。
環境省では、冷房時の室温を28℃、暖房時の室温を20℃と設定するよう推奨していますが、地域によってはその設定温度ではとても快適とはいえないという場合もあるでしょう。

断熱塗装を施している建物なら、エアコンの設定温度を推奨値以上に強めなくても快適に過ごせるので、体や家計だけでなく、地球にもやさしい暮らしが送れるようになります。

出典:どうして「28℃」?/COOLBIZ|COOL CHOICE 未来のために、いま選ぼう。|環境省
出典:平成30年度「ウォームビズ」について|環境省

2.長期的に見てコスパがいい

一般的な塗料や遮熱塗料と比べて、断熱塗料は機能性が高いため塗料の単価が高くなってしまいます。
施工にも技術を要するので、施工費用についても値段が高く設定されている場合が多いでしょう。
平均して遮熱塗料よりも1,000円ほど費用相場が高いようです。

このように、初期費用が高いため採用を悩まれるかもしれませんが、断熱塗料は長期的に見てコスパがいいというメリットがあります。
例えば、断熱塗料の耐用年数が平均して15〜20年のところ、遮熱塗料は10〜15年と言われています。
耐用年数を超えると表面の劣化により断熱または遮熱効果が薄れるだけでなく、ヒビ割れなどが進めば躯体の劣化も進んでしまいます。

また、断熱塗料は、夏の冷房費だけでなく冬の暖房費も抑えられるので、年間の電気料金が大幅に節約できます。
施工時の費用だけで比べるよりも、塗り替えサイクルや節電効果による電気料金のカットといった側面も見て、検討すると良いでしょう。

3.結露も防ぎ、遮音効果も期待できる

断熱塗料には、熱を伝わりにくくする以外の効果もあります。
ひとつは、結露の発生を防ぐことです。
断熱塗料を塗っていれば壁面と室温の温度差が小さくなるので、結露が発生しにくくなり、冬の快適性がさらに期待できます。

また、音を小さくする効果もあります。
断熱塗料はセラミック層で覆うため、一般的な塗料や遮熱塗料よりも膜面が厚くなります。
そのため、屋外の車の走行音や雨音なといった騒音をはね返し、室内に伝わりにくくします。

外壁塗装に断熱塗料を選ぶ2つのデメリット

多くのメリットを持つ断熱塗料にもデメリットがあることを知っておきましょう。

  1. 費用が高い
  2. 断熱効果を実感しにくいこともある

それぞれ解説していきます。

1.費用が高い

断熱塗料は、一般の塗料や遮熱塗料と比べて高い機能性があり、耐久性と通年の省エネ効果が期待できるので長期的に見れば経済的です。

しかし、その分、材料単価や施工費用が高い傾向にあります。
例えば、一般的な塗料として代表的なシリコン塗料が約1,800〜2,500円/㎡かかるところ、断熱塗料は約2,400〜3,800円/㎡ほどになります。塗装時にまとまった費用がかかることをデメリットに感じることもあるでしょう。
初期投資として予算に見合うかどうかを事前に確認しておきましょう。

2.断熱効果を実感しにくいこともある

高機能な断熱塗料を壁面に使用しても、家の造りによっては断熱効果を実感しにくいこともあります。
例えば、もともと断熱性能が高い建材で建てられた家は、現状以上の断熱効果が期待できないかもしれません。

また、窓が大きく壁の面積が小さい家に断熱塗料を施しても、ガラスから伝わる熱量は減らせないので、外気の侵入や室内の冷気・暖気が漏れ出すのを防ぎきれないこともあります。
施工会社とよく相談し、断熱塗料に向いている家かどうかを検証してもらいましょう。

代表的な断熱塗料の商品をご紹介

断熱塗料として選択肢に上がる商品ブランドを4つご紹介します。

  • シェアの高い「ガイナ」
  • 耐久性が期待できる「キルコ」
  • リーズナブルな「断熱コートEX」
  • 美しさ長持ち「ロハスコート」

それぞれ解説していきます。

シェアの高い「ガイナ」

株式会社日進産業が提供する「ガイナ」は、断熱塗料としての高いシェアを持っているブランドです。
国立研究開発法人宇宙航空研究開発機構(JAXA)とのコラボレーションで生まれた商品で、ロケットに使用していた断熱技術を一般住宅に応用したことが話題となっています。

熱を伝わりにくくする断熱機能だけでなく、太陽光を反射して熱の発生を抑制する遮熱機能も兼ね備えているので、一年を通して消費電力を抑えることができます。
初期費用は比較的高めに設定されていますが、月々の電気料金の軽減や塗り替えサイクルを抑えたいと長期的視野で考える人におすすめです。

関連記事はこちらです。
ガイナ塗料の価格はいくら?性能とメリット・デメリットをご紹介

ブランド名 ガイナ
メーカー・販売元 株式会社日進産業
費用
  • 14kg:56,000円(ホワイト)
  • 14kg:58,000円(カラー)
耐用年数 15年〜
特徴・独自性
  • JAXAがロケットに使用していた塗料なので信頼性が高い
  • 遮熱機能に加えて断熱機能を持つので省エネ効果が高い
  • 高価だが、長期的に見ると高コスパが期待できる

耐久性が期待できる「キルコ」

「キルコ」は、株式会社シンマテリアル ワンの看板商品といえる人気の高いブランドです。
約90%もの太陽光を反射して熱の発生を防ぐだけでなく、中空ビーズ層を含む塗膜が熱を伝わりにくくするので、外気温の室内への影響を抑えます。
メーカーの発表では、キルコート施工により室内温度を2℃〜6℃も抑えることができ、年間の冷暖房費を最大40%削減できるといわれています。

また、伸縮性が200%と高いため、塗装面にすでにひび割れがある建物への再塗装や、ひび割れの発生しやすいモルタル外壁におすすめします。

ブランド名 キルコ(旧:キルコート)
メーカー・販売元 株式会社シンマテリアルワン
費用 キルコート主剤 12kg缶:46,000円
耐用年数 15年〜
特徴・独自性
  • 伸縮性が高く、ひび割れが起きにくいため、耐久性も高い
  • トップコートを上塗りする必要があるが、汚れにくい
  • 業界トップクラスの日反射性能

リーズナブルな「断熱コートEX」

東日本塗料株式会社の「断熱コートEX」の最大の特徴は、トップコート(仕上げ塗料)要らずで汚れにくいという点です。
トップコートを塗る工数を省くことができるので、塗装にかかる施工費用もその分不要になります。

また、塗料そのものの単価が比較的安価なので、塗装時にかかるコスト負担を小さく抑えることができます。

その分、耐用年数は他の断熱塗料に比べて長いとはいえませんが、予算は少ないけど断熱性がある程度欲しいという人にはおすすめです。

ブランド名 断熱コートEX
メーカー・販売元 東日本塗料株式会社
費用
  • 10kg:15,000円(白)
  • 10kg:18,000円(淡彩)
  • 10kg:20,000円(濃彩色)
耐用年数 8年〜12年
特徴・独自性
  • 防汚性能が高く、トップコートが不要
  • 塗料単価、施工費用ともに安価で抑えられる
  • 断熱塗料の中では、耐用年数が長いとはいえない

美しさ長持ち「ロハスコート」

「ロハスコート」という環境配慮を感じさせる商品名の断熱塗料は、株式会社 OKUTAが提供しています。
実験値では6〜7℃の断熱効果、日反射率90%の遮熱効果と公表されており、性能の高さを誇っています。

また、200%以上の伸縮率でひび割れしにくく、粘着性も優秀なため塗装対象を選びません。トップコートを塗れば塗装を長持ちさせることができます。
さらに、他ブランドと比較すると費用は安くありませんが耐用年数が長いため、長期的な効果を期待する人におすすめです。

ブランド名 LOHAS COAT(ロハスコート)
メーカー・販売元 株式会社OKUTA
費用
  • 16L:37,500円(クールホワイト)
  • 16L:41,250円(基準色)
耐用年数 15年〜20年以上
特徴・独自性
  • 伸縮性が高く、ひび割れが起きにくいため、耐久性も高い
  • トップコートを上塗りする必要がある
  • 費用は比較的高いが耐用年数が長い

断熱塗料の効果が得やすい家の特徴

家の構造や塗料のカラーといった条件によって断熱塗料の効果は異なります。
断熱塗料の効果を得やすい家はどんな家か、そして、効果を感じにくい家はどんな特徴があるかなどを事前に確認しておきましょう。

家の構造をチェック

断熱塗料の効果を得やすいかどうかは、家の構造が大きく作用します。
例えば、断熱材が入っていない壁面や、熱伝導性の高い金属壁面などに断熱塗料を塗ると、断熱効果を発揮しやすいでしょう。

一方、窓ガラスが大きい家や機密性が低い家は、外気の熱が室内に伝わりやすく、かつ、空調で作った空気が逃げやすいため、断熱効果を得にくいので注意が必要です。

色のトーンや仕上がりの質感をチェック

断熱塗料の効果を最大化するには、色選びも重要です。
「白い服よりも黒い服を着た方が暑さを感じやすい」といった現象からもわかるように、断熱塗料も例外ではなく、白に近い色の方が断熱効果を得やすいのです。

外壁の好みだけで色の選ぶと、望み通りに断熱効果を得られない場合があるので注意が必要です。
各ブランドから、塗料の色別に日反射率などの情報が公表されているので、外壁塗装の色選びの検討要素にしてみてください。

ガイナ日射反射率まとめ|株式会社快適環境
キルコ日射反射率試験|株式会社シンマテリアルワン
ロハスコートの性能 -断熱性- |株式会社OKUTA

まとめ

  • 断熱塗料は外気温を伝わりにくくし、室内温度の上昇・下降を防ぐ
  • 断熱塗装は夏だけでなく冬も快適な室温を保てるため、遮熱塗料よりも年間を通じた省エネ効果が期待できる
  • 外壁塗装に断熱塗料を使うと、静音性も高まり、結露もできにくくなる
  • 断熱塗料は、遮熱塗料と比べて初期費用が高くなるが塗り替えサイクルが遅い

断熱塗料は多機能性を誇ることから、塗料の単価や施工費用といった初期費用が比較的高価です。
しかし、その分、年間を通じて省エネ効果が期待できるので、お財布にも体にもやさしいといえます。

また、耐用年数も一般的な塗料よりも5年以上長いので、トータル的に考えるとコスパは決して悪くはありません。
ただし、家の造りによっては断熱効果を十分に得られない恐れもあるので、屋根や内壁といった外壁塗装以外の断熱対策も考える必要があります。

断熱塗料の特徴や効果を知って、より良い方法を検討してみてください。

ファインドプロは、地域に密着した業者を紹介しています。 被害状況のヒアリングをもとに、外壁塗装や工事などの作業にかかる費用をお電話口にて概算でお知らせ。 工事・施工前の無料見積もりも行っているため、安心して屋根修理業者を選ぶことが可能です。 また、様々な外壁・塗装方法に対応しており、サイディングやモルタル壁に適した補修を行います。 塗装を行うことで、劣化を防ぐだけでなく、防水や耐震の効果もあります。 さらに本サイトでは、外壁塗装の種類や方法などの知識から、悪徳業者に捕まらないポイント、保険適用の手段も紹介しています。 火災保険や補助金を使用して、お得に業者に依頼しましょう。

ファインドプロの2つのあんしん

ファインドプロでは困った人によりそい、安心を感じていただけるように信頼できるサービスを提供いたします。