2月〜4月は引越しの依頼が集中するため、お早めのお見積もり・ご予約をお願い致します

単身パックで引っ越しするメリット&デメリット

2017/11/28

単身パックのメリット&デメリット

一人暮らしで引っ越しを控えている方は、「単身パック」の利用をお考えではありませんか?

単身パックは日通やクロネコヤマトなどの引越し業者が提供する、単身者向けの格安サービス。
これを利用することで、通常の引っ越しにかかる費用を、数万円以上も安くできる場合があります。

ただし、値段が安いというだけで、安易に単身パックを選ぶのはおすすめできません。
単身パックの利用にはメリットもあればデメリットもあるのです。

そこで、このページでは、単身パックの仕様をお考えのみなさんのために、料金やサービスについての長所と短所を解説していきます。
単身向けパックについて正しく把握したうえで、実際の申し込みを進めていきましょう!

1分で複数社の単身引越し見積を比較&予約

  • 引越し内容を入力して対応可能な業者を検索
  • 各社の料金・口コミを比較 一番安い業者もわかる!
  • 空きカレンダーを見てかんたんネット予約!

見積もり比較&引越し予約

まずは


引越し侍のイラスト
希望日
  • カレンダー

人数

現住所の郵便番号

郵便番号検索

引越先の都道府県

見積もり比較&予約

引越し侍予約サービスの利用の流れを表したイラスト

単身パックは一人暮らしの引っ越し向け格安サービス

まず、単身パックとはどういったサービスなのか紹介します。

日本通運の単身パック専用コンテナボックス

単身パックとは「高さ170cm×横幅110cm×奥行き100cm」程度の滑車付きコンテナボックスに荷物を積み込み輸送する引越しサービスです。
サービスの呼称は日通では「単身パック」、クロネコヤマトでは「単身引越サービスパック」などと業者により様々ですが、一般的には「単身パック」で認知されています(以下、単身パックで統一)。

引用:単身パックの料金相場と一人暮らしを安く始める方法

単身パックの最大の特徴としては、「コンテナボックス」という特殊なカゴ車に荷物を載せて運搬することがあげられます。
これにより、以下で説明するようなメリットやデメリットが発生します。

単身パックのメリット

単身パックのメリット

単身パックはコンテナボックスを利用することで次の3つのメリットを生んでいます。

  • 訪問見積もりなし、追加料金なしで利用できる
  • コンテナボックスを混載することで格安で輸送できる
  • 運送時に荷物の破損・紛失するリスクが低い

それぞれについて、詳しく解説していきます。

訪問見積もりなし、追加料金なしで利用可能

引っ越し料金をコンテナボックスの大きさ毎に決め打ちしているので、訪問見積もりなしで依頼できます。
コンテナボックスに荷物が収まっている限りは追加料金が発生しません。

コンテナボックスを混載することで格安で輸送できる

コンテナボックスはトラックに何台も積み込まれるため、複数の依頼者の荷物を 混載することになります。
これにより「ドライバーの人件費」「運送費用」が割り勘されるため、 格安で引越しできるのです。

コンテナボックスを混載したトラック

運送時に荷物の破損・紛失するリスクが低い

発地から着地までコンテナボックスに入れて運ぶため人の手が触れる機会が少なく、荷物の破損・紛失リスクが軽減されます。
また、鉄製のコンテナボックスが荷物を保護する役割も果たすため、過度な梱包をする必要がなく環境にも優しい運送方法です。

単身パックのデメリット

単身パックのデメリット

単身パックはコンテナボックスで配送方法が制限されるため、以下のデメリットがあります。

  • コンテナボックスの中に荷物が入らないと割高
  • ダンボールの無料提供・回収がない
  • 運送できる荷物のサイズ(高さ・幅)が決められている

それぞれ内容を見てみましょう。

コンテナボックス1台の中に荷物が入らないと割高

単身パックはコンテナボックス1台にぴったりと入りきる荷物量で運送した場合、運送費用の追加がなくお得に引越しできます。

しかし、「荷物が入りきらない」ときは、積みきれない荷物を追加で依頼する必要があり、単身パックを利用しないほうが安く済む場合もあります。
加えて、「コンテナボックスが半分以上余ってしまう」場合では、宅配便など利用したほうが安く引っ越しができます。

荷物が少ない方が、単身パック以外の方法で安く引っ越しするには、以下のページを参考にしてください。

ダンボールの無料提供・回収がない

単身パックではダンボールの無料提供、回収サービスはありません。したがってダンボールは自分で調達、廃棄しなければなりません。
また、少しでも多くの荷物を積みたい場合はコンテナボックスに合わせたサイズのダンボールを用意することをおすすめします。

例えば、コンテナボックスの大きさが「幅108cm×奥行き74cm」の場合では80サイズと呼ばれる「幅37cm×奥行き27cm」のダンボールを利用すると隙間無く敷き詰められます。

ダンボールが隙間無く敷き詰められた図

なお、段ボール箱を調達する方法は、「引越し用ダンボールの梱包方法と無料で調達する方法」で詳しく紹介しています。

運送できる荷物のサイズ(高さ・幅・奥行き)が決められている

コンテナボックスより大きい荷物は運送できません。
例えば、2人掛けのソファーやベッドなど入りきらない荷物は別途で「家財専用便」を依頼して運送する必要があります。
自分の荷物が単身パックに積むことができるかを把握するには、以下のページを参考にしてください。

また、大物の荷物が複数あるような場合は、そもそも単身パックでの引っ越しが最適でない可能性があります。
引っ越し業者に運送方法を相談してみましょう。

まとめ

単身パックのメリットとデメリットをまとめると以下の通りです。

単身パックのメリット 単身パックのメリット
  • ・訪問見積もりなし、追加料金なしで利用できる
  • ・コンテナボックスを混載することで格安で輸送できる
  • ・運送時に荷物の破損・紛失するリスクが低い
  • ・コンテナボックスの中に荷物が入らないと割高
  • ・ダンボールの無料提供・回収がない
  • ・運送できる荷物のサイズ(高さ・幅)が決められている

これから単身パックの利用を考えている方には、以下のページもぜひ参考にしてください。

引っ越し見積もり費用の相場と引越し業者の料金を比較!

引越し侍では、引っ越し見積もり費用の相場と料金を比較できる2つのWebサービスを提供しています。

一括見積もり
複数の引越し業者から電話・メールで料金をお知らせ
予約サービス
ネットから引越し業者の見積もり料金と相場を確認

日通、佐川、アートなど大手引越し業者から中小の業者まで引っ越しをする人のニーズに合わせたパックやプランを用意しています。

一人暮らしの引っ越し相場の比較例

例えば、一人暮らしの荷物の少ない引っ越しに向けて「単身専用パック」があります。単身専用パックの特徴は、運べる荷物の量と料金があらかじめ設けられている点です。
料金の相場は1万円~3万円以内で運ぶ荷物の量と引越し業者により内容が異なります。

その他にも「らくらくパック」や「おまかせパック」「近距離プラン」など引越し業者の数だけプランやパックがあり料金・サービスの内容も異なります。

引越し侍の見積もりサービスでは各社のパックやサービスの内容と料金を比較できるため安いパック・プランの引越し業者を見つけられます。

引越し業者はどこがいいか選び方に迷ったら「料金」「口コミ・評判」「サービス内容」「満足度ランキング」をポイントにしましょう。
サービスの利用後には「引っ越しの準備・手続きやることリスト」もプレゼント特典や各種キャンペーンをご用意しています。

単身の小さな引っ越しから・家族やオフィスの移転まで24時間無料で簡単に見積もりの依頼ができます。
格安で引っ越しをしたい方は是非ご利用ください!

引っ越しの見積もりをする

QRコード

外出先でも、引越し侍!
スマートフォンや携帯電話から、24時間いつでもどこでも引越し見積もり!

Pマーク

当社は、一般財団法人日本情報経済社会推進協会(JIPDEC)(旧: 財団法人日本情報処理開発協会)より「プライバシーマーク」の付与認定を受けています。

東証一部上場

株式会社エイチーム引越し侍は、株式会社エイチーム(東証一部上場)のグループ企業です。
証券コード:3662

  • 引越し希望日

  • 現住所の郵便番号

  • 引越し先の都道府県

複数社の見積もりを比較