【保存版】一人暮らしの引っ越しにかかる初期費用を20万円安くする方法

2016/12/20更新

賃貸物件をPCで探している女性

引越しにかかる初期費用の一般的な相場は家賃6ヶ月分程度と言われています。
例えば家賃7万円の物件へ引っ越しする場合には、42万円程度が支払い総額の目安となります。

また、賃貸物件に引っ越しをする際の初期費用は大きく「物件」「引っ越し」「家具・家電」に分けることができます。
この3つの支払い費用の中で、物件関連への支払いに占める割合が最も高く、支払い総額の6割以上を占めています。

そこで今回は、料金の事例とそれを基に引っ越しにかかる初期費用を20万円安くする方法をはじめ、初期費用の内訳や賃貸物件の動向調査結果を紹介します。

見積もり比較&安い業者を探す

初期費用の内訳

初期費用の内訳は、以下のようになっています。

  • 敷金
  • 礼金
  • 仲介手数料
  • 前家賃
  • 日割り家賃
  • 管理費・共益費
  • 賃貸保証料
  • 鍵交換費用
  • 火災保険料
  • 消毒料
  • 引っ越し関連の費用
  • 家具・家電購入費用
  • 生活必需品

ひとつずつ詳しく見ていきましょう。

敷金

敷金とは、大家へ渡す「保証金/担保金」です。
例えば、家賃を滞納した場合や、退去時に借主の負担となる修繕費用など借主側に対しての請求が発生した際に、預けておいた敷金が使われます。支払いが発生しなかった場合や、修繕費などを差し引いた残りの金額は全額返金されます。
※一部、敷金が返金されない風習の地域もあります。

また、敷金は家賃の何ヶ月分といった形で表記されており(家賃1ヶ月分など)、人気の高い物件ほど料金が高くなる傾向にあります。
結論として、敷金は「先に支払うか」「後に支払うか」の違いで、最終的な支払い金額に変わりはありません。

礼金

お金と計算機

古くからの文化で、「大家さん、この度は部屋を貸してくれてありがとうございます」と感謝の気持ちを込めて借主が大家に支払うお礼金です。「敷金」は一時預かり金として何もなければ返金されますが、「礼金」は返金されません
礼金なしの物件には以下の3つのケースがあります。

大家が空室を埋めるため礼金無料

大家にとって長い期間にわたり空室を抱えることは、物件収入がなくなるため、大きな痛手となります。
空室として遊ばせておくより、礼金を無料にしてでも入居者を募りたい場合がそれにあたります。

実は家賃に礼金分を上乗せしている

月々の賃料に礼金を無料にした分の金額を上乗せしている物件が、少数ですが存在しているようです。

例)家賃12万円、礼金2か月物件の場合

礼金の合計金額24万円を賃貸契約期間2年(24ヶ月)で割った金額となる1万円を、毎月の家賃12万円に上乗せし「賃料13万円・礼金無料」として募集をかけている。

公的機関による住宅融資で建築した物件

公的融資(公庫融資、年金融資、財形融資、地方自治体融資など)を利用して建設した住宅は、決まりとして礼金の徴収ができません。
主に、UR賃貸住宅などの公的機関が貸主となる物件が対象です。

礼金のまとめ

借主側としては礼金なしの物件であることが望ましく、探せば簡単に見つかります。

特殊なものとしては家賃に礼金が上乗せされているケースですが、これはパッと見ただけでは住宅のプロでない限り気付けません。
大家と不動産屋が手を組んでいる場合もあるため、不動産屋の窓口では、正確な情報の確認はできません。
見分ける方法としては、同じ地域の似たような条件の物件と金額を比べてみて判断するのが良いでしょう。

ただし、こういった悪質な物件はひと握りであり、過度に神経質になる必要はありません。心の片隅に留めておく程度で良いでしょう。

仲介手数料

仲介業者を通して契約をした場合に、賃貸物件を仲介してくれた業者に対して支払う手数料です。
成功報酬となり、物件の紹介だけでは手数料は請求されません。契約を進めていた物件を途中で取りやめた場合も同様です。

仲介手数料の上限金額と原則

仲介手数料の上限については国土交通省の”宅地建物取引業者が宅地又は建物の売買等に関して受けることができる報酬の額”の第4項にて以下のように定められています。

宅地建物取引業者が宅地又は建物の貸借の媒介に関して依頼者の双方から受けることのできる報酬の額(当該媒介に係る消費税等相当額を含む。以下この規定において同じ。)の合計額は、当該宅地又は建物の借賃(当該貸借に係る消費税等相当額を含まないものとし、当該媒介が使用貸借に係るものである場合においては、当該宅地又は建物の通常の借賃をいう。以下同じ。)の 1 月分の 1.08 倍に相当する金額以内とする。
この場合において、居住の用に供する建物の賃貸借の媒介に関して依頼者の一方から受けることのできる報酬の額は、当該媒介の依頼を受けるに当たって当該依頼者の承諾を得ている場合を除き、借賃の 1 月分の 0.54 倍に相当する金額以内とする。

国土交通省宅地建物取引業者が宅地又は建物の売買等に関して受けることができる報酬の額 第四より

要約すると、仲介手数料の上限額は管理費・共益費を含まない家賃1か月分(税込)とされています。
ただし、上限額は借主が了承した場合となり、原則は家賃の0.5ヶ月分(税込)です。

仲介業者の担当者から「通常であれば1ヶ月分もらう仲介手数料を今回は半額に値引きしますよ!」と言われることがありますが、値引きされたわけではありませんので、浮かれて即決しないように注意しましょう。

仲介手数料が発生する契約フロー

実際にはもっと複雑な内容ですが、仲介手数料が「発生する場合」と「発生しない場合」を簡単な図にして、契約手順を紹介します。

簡易図に記載されている各業者の説明
貸主貸主
大家・家主
仲介業者仲介業者
仲介業者を通して契約すると手数料が発生する。テレビCMなどで良く見かける不動産屋が仲介業者にあたる場合が多い。
元付業者元付業者
貸主が借主を探す際の窓口となる業者。通常、複数の仲介業者へ借主の斡旋を依頼しており、契約が成立すると手数料を分け合う。知名度が低く、古くからある不動産屋などがそれにあたる場合が多い。
管理業務も行う元付業者管理業務も行う元付業者
元付業と物件の管理業務も行う会社で、管理費が収益の柱となるため、仲介手数料が無料になるケースが多い
貸主が直接出稿している不動産サイト貸主が直接出稿している不動産サイト
大家が不動産サイトに直接掲載を依頼している、仲介手数料が無料のサイト。
仲介手数料が発生する契約手順

元付業者と仲介業者とで仲介手数料を分け合います。

仲介手数料が発生する契約手順その1
仲介手数料が発生する契約手順その2
仲介手数料が発生しない契約手順
仲介手数料が発生しない契約手順その1
仲介手数料が発生しない契約手順その2
【お得情報】大家が直接物件情報を掲載しているサイト
ウチコミ!サイトロゴ

ウチコミ!

全物件、仲介手数料無料の大家が直接掲載しているサイト。
問い合わせ・細かい質問も直接大家が対応。

ノマドサイトロゴ

ノマド

入居者からのサービス利用料と貸主からの広告料で運営しています。
仲介手数料に頼らないサイト運営のため、全ての部屋の仲介手数料を格安にしています。

前家賃

翌月分の家賃を契約時にまとめて支払います。
入居後に一定期間の家賃が免除される「フリーレント物件」の場合は、前家賃が免除されます。

フリーレント物件とは

家賃が一定期間免除(無料)となる特約物件。フリーレントの期間は1ヶ月が最も多く、3ヶ月や半年もあるようです。

借主側のメリット

フリーレント期間が1ヶ月の場合、初期費用として支払いが必要な、前家賃が免除されます。

なぜフリーレント期間があるのか
空き家

空室を埋めたい場合に、フリーレント物件特約を設ける場合が多くあります。
理由は、家賃を下げてしまうと既に入居している住民との家賃に金額差が発生し、苦情や家賃の値下げ交渉に発展する場合があるため、フリーレント特約を設けます。

また、不動産会社としても、家賃が下がると仲介手数料も安くなるためフリーレントが好まれます。

注意点

「フリーレント期間3ヶ月の物件を見つけて引っ越しを繰り返せば、永久に家賃無料になるのでは!?」と思ってしまいますが、残念ながらそれはできません。
フリーレント物件は「最低居住期間」が定められており、中途解約した場合には違約金が発生します。

違約金は免除された分の料金を請求されることが多く、期間が長いほど料金は高くなります。
また、フリーレント期間中であっても管理費・共益費は発生しますので、払い忘れには注意しましょう。

フリーレント物件のまとめ

フリーレントは借主・貸主双方にメリットがあります。借り手側は初期費用を安くすることができるので、非常に良い制度です。

ただし、止むを得ない事情で退去する場合でも、最低居住期間内であれば違約金が発生します。免除期間の長い物件を避けることで万一のリスクを減らすことができます。

フリーレント物件に引っ越しをする場合、特約部分に目が向きますが、「最適居住期間」や「違約金」の記載内容に必ず目を通してから契約しましょう。

日割り家賃

入居日が月初めでない場合に、その月の「家賃」「管理費・共益費」を日割りで計算します。

日割り家賃の計算方法

例) 10月20日に家賃10万円(管理・共益費込み)の物件へ入居した場合
10万円÷31(10月は31日まで)×12(入居日数)=38,709円

つまり日割り家賃は入居日数が少ないほど安くすることができます
ただし、日割りの最少日数が定められている場合もあるので管理会社へ確認しましょう。

管理費・共益費

ネット検索イメージ

管理費と共益費に明確な境界線はなく、どちらも共有スペースや建物の維持・メンテナンス・修繕に使われる費用です。(以下、管理費に記述統一)

管理費が徴収されない物件は大家が賃貸料金の一部を費用としています。管理費は初期費用にも影響を与えます。

月々の物件費用の支払いは基本的に「家賃」+「管理費」の合計金額となります。
「敷金」「礼金」「仲介手数料」は家賃がベースとなるため、月々の支払い総額が同じでも、管理費の割合が大きいほど費用総額が安くなります。

支払い金額例

月々の支払い総額が65,000円の物件で敷金×1ヶ月分、礼金×1ヶ月分、仲介手数料×0.5ヶ月分の場合

家賃65,000円・管理費0円の場合
敷金 礼金 仲介手数料 合計金額
¥65,000 ¥65,000 ¥32,500 ¥162,500
家賃60,000円・管理費5,000円の場合
敷金 礼金 仲介手数料 合計金額
¥60,000 ¥60,000 ¥30,000 ¥150,000

月々の支払い総額が同じでも、管理費5,000円の徴収項目があることにより、12,500円安くなります。

賃貸保証料

「連帯保証人がいない」「保証人の支払いの能力が低い」または「連帯保証人不要」の物件などで必要な費用です。
具体的には、大家に対して「家賃の支払いを保証する会社」と契約することにより、借主が家賃を滞納した場合には保証会社が家賃を立て替えます。もちろん保証会社に対して、立て替えた金額を後日返済する必要があります。

大家にとって家賃を滞納されるリスクが軽減され、借主にとっては連帯保証人の必要がないことがメリットとなります。
逆に、連帯保証人がいる場合には無駄な支払い費用となります。
契約料金は「家賃の半月~1カ月分」や「2万円前後」まで様々で、2年毎の更新が一般的です。

鍵交換費用

鍵を新しいものに交換する任意の費用です。
ただし、鍵を交換しない場合は以前の借主と同じ鍵を利用することになりますので、基本的には交換をオススメします。
相場は通常の鍵で18,000円前後、オートロックマンションの場合は2~3万円程度と言われています。

火災保険料

火事や水回りのトラブルなどを対象とした損害保険です。賃貸契約と同時加入が一般的で、相場は2万円前後になります。
賃貸の契約期間と同じ2年契約で、賃貸契約を更新する際には損害保険の更新(支払い)が必要です。

消毒料

キッチンを拭き掃除しているところ

専門業者が入居前の部屋に消毒液を散布する作業費用です。虫や雑菌駆除の効果があり、相場は1~2万円程度となります。
作業は消毒液の噴霧が一般的で、ワンルームの作業時間は数10分です。
消毒作業と聞くと「部屋が綺麗になる」「クリーニングを依頼したような気持ち」になりますが、部屋の汚れはなくなりません。

賃貸契約の見積書に消毒料金が記載されていることが多くありますが、依頼は任意です。
まれに仲介する業者によって消毒料金を外せない場合がありますが、別の仲介業者から依頼することにより外すことができます。

自力で消毒を行う際におすすめのアイテム

バルサン プロEX ノンスモーク霧タイプ

バルサン プロEX ノンスモーク霧タイプ

嫌な臭いがなく、火災報知機に反応しない無煙タイプ。ゴキブリ、イエダニ、ノミ、トコジラミ(ナンキンムシ)、屋内塵性ダニ類を駆除

消毒用エタノール

消毒用エタノール

スプレー容器に入れてタオルに吹き付け、気になるところを拭き掃除。木製用品やフローリングなどに直接使うと、塗料が変色してしまう危険があるので注意。

引っ越し関連の費用

「引っ越し業者への支払い」「作業員へのチップ」「近隣住民への挨拶の際に渡す品物」「不用品の処分代金」「引っ越し先への交通費」などが必要です。
当サイトが提供している一括見積もりサービスを利用することにより、最大半額まで費用を安くすることができます。

家具・家電購入費用

初めての一人暮らしでは生活に必要な家具・家電製品を一式揃える必要があります。

初めての一人暮らしで揃えたい家具・家電購入リスト

最低限の暮らしをするために必要な購入リストです。
自炊や洗濯など最低限必要なものを揃えるだけで、最低10万円程度の用意は必要です。安く済ませたい場合は、アウトレットや中古品などを探してみると、掘り出し物が見つかる場合があります。

洗濯機 洗濯機 【SHARP】ES-GE45P-C
全自動洗濯機
選択容量:4.5kg
オープン価格
(参考価格:29,300円)
冷蔵庫 冷蔵庫 【SHARP】SJ-H12
直冷式冷蔵庫
定格内容積:118L
オープン価格
(参考価格:27,000円)
電子レンジ 電子レンジ 【ハイアール】JM-17E オープン価格
(参考価格:6,580円)
炊飯器 炊飯器 【Panasonic】SR-ML051 オープン価格
(参考価格:5,560円)
ローテーブル ローテーブル 【nissen】ローテーブル ¥6,675
収納ケース 収納ケース 【無印良品】収納ケース×6個 ¥7,200
ベッド 枕・掛け布団・敷布団 【nissen】脚付きマトレスベッド ¥10,681
枕・掛け布団・敷布団 テレビ 【BELLE MAISON】布団3点セット ¥17,269
カーテン カーテン 【nissen】カーテン ¥6,490

その他に買い揃えたい家具・家電リスト

過ごしやすい環境とするために追加で欲しいリストです。この他にもDVDプレイヤーや収納類を追加すると5万円程度は見ておいたほうが良いでしょう。

テレビ テレビ 【SHARP】AQUOS K20ライン19インチ オープン価格
(参考価格:26,800円)
テレビ台 テレビ台 【BELLE MAISON】テレビ台 ¥6,151
ドライヤー ドライヤー 【Panasonic】マイナスイオン シーンターボ イオニティEH5305P オープン価格
(参考価格:3,510円)
姿見 姿見 【BELLE MAISON】スダンドミラー ¥4,309
カーペット・ラグ カーペット・ラグ 【nissen】ラグ ¥9,990

【お得情報】予算不足の場合はレオパレス21

レオパレスは家具家電付きの賃貸物件を扱っている不動産会社。テレビ、洗濯機、冷蔵庫、ベッドなど生活に必要なものが部屋に設置されています。

賃料は家具・家電が設置されている分、通常の物件と比べて割高傾向ですが、初期費用は自社管理物件のため仲介手数料がなく、敷金ゼロの物件もあります。
短期の引っ越しや家具・家電の購入費用が用意できない方にオススメ。

生活必需品

家具・家電と同様に初めての一人暮らしでは生活必需品も買い揃える必要があります。

生活必需品の買い物リスト

洗濯用品 物干し竿、ハンガー、ハンガーピンチ、洗濯洗剤、柔軟剤
バス用品 ボディーソープ、シャンプー、リンス、ボディースポンジ、タオル、風呂用洗剤、風呂掃除用スポンジ
キッチン スポンジ、食器用洗剤、包丁、まな板、調味料、菜箸、フライ返し、フライパン、鍋、コップ、食器、箸、スプーン、フォーク、ナイフ、サランラップ、アルミホイル、ゴミ袋、タオルハンガー
洗面台まわり ハンドソープ、ハブラシ、歯磨き粉
生活用品 ティッシュペーパー、トイレットペーパー、ゴミ箱

ほとんどのものが「100円ショップ」で扱われており、安く購入することができます。

おすすめ100円ショップ

ダイソー

ダイソー

豊富な品揃えが特徴。色々なジャンルの商品を購入したいときにオススメ。

seria

seria

100円とは思えないようなオシャレな商品が多いことが特徴。リメイクやDIYが好きな人にオススメ。

一般的な初期費用の相場と料金事例

ページ冒頭でも述べましたが、引っ越しの初期費用の相場は6ヶ月程度と言われています。
国土交通省実施の「敷金」「礼金」の支払い実績調査結果と、引っ越しにかかる総額費用の事例を紹介します。

敷金の平均支払い月数

国土交通省の住宅市場動向調査では、敷金を支払った割合は全体の67%と半数以上の人が支払いをしたことになります。 また、支払い月数の割合では「1ヶ月分」が50.9%、「2ヶ月分」が29.8%となっています。

敷金/保証金の支払い実勢調査グラフ

敷金/保証金の平均支払い月数の動向調査グラフ

礼金の平均支払い月数

礼金を支払った割合は全体の43%となり、近年では減少傾向にあります。
また、礼金の支払い月数は「1ヶ月分」が69.9%と最も多く、近年では1ヶ月未満の割合が大きく下がっています。

礼金保証金の支払い実勢調査グラフ

礼金の平均支払い月数の動向調査グラフ

仲介手数料の有無

仲介手数料は半数以上となる53.9%の人が支払っており、全体の半数以上の借主が仲介業者を通して契約していることがわかります。
過去5年の推移では、仲介手数料の支払い割合に大きな変化はありません。

仲介手数料の支払い実勢調査グラフ

月額家賃の平均

入居した賃貸住宅の平均月額家賃は平成26年で71,382円となっています。
平成22年の平均額と比較してみると7,137円の減少、「5万円未満」の割合が増加したことが要因です。

賃貸家賃の平均額調査データ

管理費・共益費の平均

管理費の平均は3,466円。管理費は大家によって金額設定が異なりますが、賃料の5%~10%が相場と言われています。
26年度の家賃相場71,382円に対して5%の計算で3,569円となるため、相場に近い金額です。
管理費は賃料の5%で3,000円~4,000円の間であれば妥当であると判断して良いでしょう。

共益費の平均額動向調査グラフ

グラフデータ国土交通省:住宅市場動向調査報告書/民間賃貸住宅に関する結果より

支払い費用の事例

それではこれまでの調査データを基に、都内で単身の引っ越しをする人の総額費用を計算してみましょう。

引っ越しデータ

新居の賃料 ¥71,000
管理費 ¥3,500
旧住所 東京都練馬区向山4丁目
新住所 東京都杉並区浜田山2丁目
移動距離 9.6km

費用の内訳

物件費用 敷金 (1カ月分) 71,000円
礼金 (なし) 0円
仲介手数料 (0.5カ月分) 35,500円
前家賃 (管理費込み) 74,500円
日割り家賃 (15日分) 37,250円
火災保険料 20,000円
鍵交換代金 18,000円
消毒料 15,000円
引っ越し費用 業者への作業代金 31,000円
引っ越し先までの交通費 493円
チップ 作業員2名、1人1000円  2,000円
挨拶品 (洗剤×4) 1,024円
不用品処分代金 こたつ 300円
ストーブ 300円
家具費 カーテン 12,800円

支払い合計金額¥319,167

礼金なしの物件を選択したことにより、初期費用の相場と言われる家賃6か月分にあたる426,000円より106,833円安くなっています。
引っ越しの費用は平均的な相場金額で算出、粗大ゴミは旧住所の管轄となる練馬区の粗大ゴミ回収で処分した代金です。
カーテンについては新居の窓の規格が旧居と異なるため買い換えています。

各費用の割合

各支払い費用の割合グラフ

無駄な出費をなるべく抑えた事例で、物件関係の支払いが全体の85%を締めています。
このグラフから初期費用を大幅に下げたいのであれば、全体としての比率の高い賃貸料金を安くする必要があると読み取れます。

さあ、ここから20万円安くします!

これまで紹介した方法を駆使し、料金を安くすることのみにフォーカスして先程の事例を安くしていきます。

まずは敷金を無料にする

同じ物件でも、仲介してくれる会社によっては敷金を無料としている場合があります。
理由は、全ての物件ではありませんが、敷金・礼金の金額を仲介業者が決めても良い場合があるためです。したがって、気になる物件が見つかった際は複数の仲介業者に聴いてみましょう。

また、敷金は一時的な預かり金となるため退去する際には返還されます。大家の収入ではないため、空室を埋めたいと思っている場合は交渉に応じてくれる可能性が高い傾向にあります。

ちなみに、値下げ交渉が成功しやすい時期は賃貸物件の閑散期となる4月~9月です。
それでも交渉に難色を示している場合は「敷金をなしにしてくれたら即決する!」が切り札です。
仲介業者も大家に対して交渉しやすく、大家側も「これで決まるなら」と交渉に応じてもらいやすくなります。

今回の減額費用 ¥71,000

現在の減額費用-¥71,000

次は仲介手数料を無料にする

仲介手数料の説明で触れたように、無料にする方法は2つあります。

手数料を無料にする2つの方法

  • 仲介手数料無料のサイトで物件を探す
  • 管理会社と直接契約する(ただし全ての物件が無料になるわけではない)

仲介手数料無料のサイトで物件を探す

仲介手数料や、一部の手数料を無料としている物件を扱っているインターネットサイトは近年増えており、簡単に見つけることができます。

仲介業者が運営しているサイトでも、仲介手数料が無料の物件を扱っている場合があります。
これは大家側が入居者を募るために、本来であれば借主が仲介業者に支払うはずの手数料を肩代りしているためです。

管理会社と直接契約する

もうひとつの方法として、物件の管理業務を行っている元付業者と直接契約することにより、仲介手数料が無料となるケースがあります。

全ての物件が無料になるわけではありませんが、管理業務をメインとしている業者は大家からの物件管理手数料が収益の柱となるため、要望を聞き入れてくれる可能性が高くなります。
借りたい物件が見つかったら、物件の近くに店を構える地域密着型の不動産屋(お店の特徴としては古くからある佇まいの店)で物件の取り扱いがないかと、仲介手数料の有無を聞いてみましょう。

注意点としては、仲介業者に対して「仲介手数料を払いたくないので管理会社を探している」と伝えてしまうと、余計な面倒に発展する場合があるので注意しましょう。

その他にも、管理会社と契約すると大家や物件の情報を熟知しているため、家賃交渉や物件の細かな情報から近隣住民の情報まで教えてもらえるなどのメリットがあります。

今回の減額費用 ¥35,500

現在の減額費用¥-106,500

フリーレント1ヶ月分の物件で前家賃分を無料に

フリーレント1ヶ月分の物件にすることにより、家賃1ヵ月分にあたる71,000円の前家賃を浮かせることができます。
フリーレント物件の公開件数を調査するため、実際に不動産サイトを利用した結果を紹介します。

フリーレント物件の公開件数調査

新宿エリアの物件紹介数を調べたところ22,536件ヒットし、その中でフリーレント物件は562件と全体の2.4%の割合。
目黒エリアで検索した場合の物件紹介件数19,822件に対して、フリーレント物件が384件と全体の1.9%と、2つのエリアで2%近く掲載されています。

賃料は、4万円台の安いものから30万円台の高価格帯の物件まで、幅広く掲載されていました。
複数のサイトや不動産業者へ問い合わせをすれば、更に多くのフリーレント物件が見つかります。
※フリーレント特例で家賃が免除される際も管理費の支払いは必要。

今回の減額費用 ¥71,000

現在の減額費用¥-177,500

消毒作業を断る

消毒作業を断り、バルサンや消毒液を購入して自分で作業をします。
今回は消毒作業を断り、バルサン(1,380円)と消毒エタノール(1,330円)を購入。

今回の減額費用 ¥12,290

現在の減額費用¥-189,790

引っ越し費用を安くする

引っ越しの料金は、複数の業者の見積もりを取り寄せることにより、一番安い業者を見つけることができます。

値引きしてでも引っ越しの依頼を受けたい業者や、依頼が埋まっているため自社で作業をすることができないので提携業者に作業を依頼し、中間マージンが発生して割高となる業者など、各社の状況により見積もり金額に差が生じます。
今回の事例では、単身引っ越しの平均金額となる31,000円から、同条件で最安値となる18,400円の引っ越し業者を見つけることができたと仮定。

今回の減額費用 ¥12,600

現在の減額費用¥-202,390

最終的な支払い総額金額

項目 事例で紹介した費用 安くした料金 減額
物件費用 敷金 (1カ月分) ¥71,000 ¥0 ¥-71,000
礼金 (なし) ¥0 ¥0 ¥0
仲介手数料 ¥35,500 ¥0 ¥-35,500
前家賃 (管理費込み) ¥74,500 ¥3,500 ¥-71,000
日割り家賃 (15日分) ¥37,250 ¥37,250 ¥0
火災保険料 ¥20,000 ¥20,000 ¥0
鍵交換代金 ¥18,000 ¥18,000 ¥0
消毒料 ¥15,000 ¥2,710 ¥-12,290
引っ越し費用 業者への作業代金 ¥31,000 ¥18,400 ¥-12,600
引っ越し先までの交通費 ¥493 ¥493 ¥0
チップ 作業員2名
1人1000円
¥2,000 ¥2,000 ¥0
挨拶品 (洗剤×4つ) ¥1,024 ¥1,024 ¥0
不用品処分代金 こたつ ¥300 ¥300 ¥0
ストーブ ¥300 ¥300 ¥0
家具費 カーテン ¥12,800 ¥12,800 ¥0
支払い合計金額 ¥319,167 ¥116,777 ¥-202,390

まとめ

今回は引っ越しにかかる総額費用の事例を徹底的に安くする方法を紹介しました。
全ての条件が揃えば20万円安くすることも可能です。

また、人気が高い物件ほど敷金・礼金が設けてあることが多く、交渉がうまくいかないこともあります。
それでも初期費用を安くしたい場合には、検討している物件より安い家賃の物件を探しましょう。
敷金、礼金が1月分の支払いが必要な物件では、単純に家賃を1万円落とせば、前家賃も含め3万円安くなります。

例1)家賃70,000円の場合

敷金1ヵ月分(70,000円)+礼金1ヵ月分(70,000円)+前家賃1ヵ月分(70,000円)=210,000円

例2)家賃60,000円の場合

敷金1ヵ月分(60,000円)+礼金1ヵ月分(60,000円)+前家賃1ヵ月分(60,000円)=180,000円

国土交通省の「住宅市場動向調査報告書」の調査結果では、賃貸住宅に住み替える際に困った経験として「契約時の敷金・礼金などの金銭負担」が58.3%と最も高く、多くの人が初期費用に対して負担を感じています。
最終的には、引っ越した家の住み心地や、経済的に余裕をもった生活を送れるかということが重要ですので、物件選びは慎重に、そして初期費用の総額を少しでも安くできるよう、今回紹介した内容を役立ててください。

 
引っ越し見積もり費用の相場と引越し業者の料金を比較!

引越し侍では、引っ越し見積もり費用の相場と料金を比較できる2つのWebサービスを提供しています。

一括見積もり
複数の引越し業者から電話・メールで料金をお知らせ
予約サービス
ネットから引越し業者の見積もり料金と相場を確認

単身の小さな引っ越しから・家族やオフィスの移転まで24時間無料で簡単に見積もりの依頼ができます。
引っ越しの見積もりを依頼するコツは、情報をなるべく正確に入力する事です。それにより自分の引っ越しにいくらかかるか正確な金額が把握できます。

サカイ、アークなど引越し業者の見積もりがわかるイメージ画像

引っ越しの費用を安くするポイントは複数の見積もりを比較して最安値の引越し業者を見つけることです。
引っ越しの費用が足りない場合には「クレジットカード」払いに対応した引越し業者もあります。
一人暮らしの引っ越しにかかる初期費用の総額は、家賃の6か月分を目安として計算しておくと良いでしょう!(家賃が7万であれば42万)

また、引っ越しの料金を抑えるには「単身専用パック」や「長距離プラン」など自分にあったサービスを利用しましょう。
敷金や礼金なしの物件を選ぶことでも初期費用を安く済ませられます。

引越し業者の選び方に迷ったら「料金」「口コミ・評判」「サービス内容」「満足度ランキング」を参考にしてください。
サービスの利用後には「引っ越しの準備・手続きやることリスト」もプレゼント特典や各種キャンペーンをご用意しています。

引っ越しの見積もり相場を確認する

ネットでかんたん・無料!引越し見積もり&シミュレーション

各社の見積もり金額を一覧で表示。料金が安い業者や評判が良い業者を見つけることができます。気に入った業者に依頼ができるほか、料金の目安を立てるためのシミュレーションとしてもご利用頂けます。

見積もり比較&ネットで引越し依頼

その他の見積もりサービス

引越しの見積もりをまとめて依頼
複数(最大10社)の引越し業者に対して一括で見積もりの依頼ができるサービスです。各社よりお電話もしくはメールにて料金をお知らせいたします。
引越しの一括見積もり依頼

QRコード

外出先でも、引越し侍!
スマートフォンや携帯電話から、24時間いつでもどこでも引越し見積もり!

Pマーク

当社は、一般財団法人日本情報経済社会推進協会(JIPDEC)(旧: 財団法人日本情報処理開発協会)より「プライバシーマーク」の付与認定を受けています。

東証一部上場

株式会社エイチーム引越し侍は、株式会社エイチーム(東証一部上場)のグループ企業です。
証券コード:3662

  • 現住所の郵便番号

  • 引越し先の都道府県

  • 引越しタイプ

クイック見積もりスタート