梅雨真っ只中。『雨具』に関するランキング発表

2015/06/25公開

6月も後半に差し掛かり、梅雨明けが待ち遠しい季節になってきました。
今回は“梅雨特集”として、『雨具』をテーマにしたレポートをお届けします。
傘、ビニール傘、レインコートと言った雨具に関するランキングを、都道府県別や利用する交通手段別など、様々な角度でお届けします。

見積もり比較&引越し予約

最も多く使う雨具、1位はやはり『傘』。『ビニール傘』も4人に1人が普段使い

普段最もよく使う「雨具」は何ですか?(全体平均)

普段最もよく使う「雨具」は何ですか?(男女別)

はじめに、最もよく使う雨具についての調査結果を見てみましょう。

全体では、傘が約57%でトップとなっており、次いでビニール傘が約25%で2位、以下折り畳み傘、レインコートの順となりました。やはり傘を使う方が多いと言う結果となりましたが、ビニール傘を日常使いしている人も4人に1人以上と、意外に多いことが分かります。

男女別に見てみると、どちらもトップは傘となっていますが、男性では5割を切っています。それに伴い男性は、ビニール傘の使用率が33%と高く、実に3人に1人がビニール傘を普段使っているようです。男性のほうが、使う雨具に対するこだわりが小さいのかもしれません。

普段最もよく使う「雨具」は何ですか?(年代別)

普段最もよく使う「雨具」は何ですか?(交通手段別)

次に年齢層別の数値ですが、こちらは男女別と比べてあまり差がありませんでした。若い層ほど、ビニール傘の使用率がやや高く、年齢が上がるにつれそれが下がる傾向にあるようです。

最後に、普段利用する交通手段別の数値を見てみましょう。傘の使用割合がもっとも低いのはバイクを普段使っている方で、代わりにレインコートの使用率が一番高く、30%を超えています。自転車もレインコートの使用割合が高くなっていますが、バイクと比べるとかなり低い数値となっており、バイクを普段利用する人は、雨でもバイクを利用する割合が高いことが伺えます。

電車をメインにしている人は、傘の利用頻度がバイクに次いで低く50%を割っています。反面、ビニール傘、折り畳み傘の使用率が高く、同じ公共交通機関であるバスと比較しても3割程度高くなっています。地下鉄を含め、駅には屋根がある事が多いため、補助的な雨具を使う割合が高くなっているのかもしれません。

自家用車を利用している人は、折り畳み傘の割合が最も低く、傘の割合が最も高くなっています。車の場合、車の中に傘を置いておくことができるため、コンパクトでも使うのに手間のかかる折り畳み傘は、あまり使われないようです。

ビニール傘を最も使うのは『大阪府』!

都道府県別の使用率ランキング

続いては、都道府県別の使用率ランキングを見てみましょう。

傘の使用率が最も高いのは静岡県で、約9割を占めました。平均が57%なので、1.5倍以上高いことになります。以下岐阜、群馬、熊本、広島と言う結果となりました。大都市圏以外のエリアが多く、自家用車を移動手段としている割合と関係性が高そうです。
ビニール傘は、1位が大阪で約35%、次いで京都、千葉、兵庫、沖縄と続きます。西日本、それも関西エリアで多く使われていることが伺えます。
ビニール傘とは、エリアの特性が違うのが折り畳み傘です。1位の神奈川県を初め、埼玉、宮城、東京、北海道と、東日本、それも首都圏での使用率が高い傾向にあります。ビニール傘は西高東低、折り畳み傘は東高西低と言えそうです。
レインコートについては、1位が京都、2位北海道、3位が埼玉、以下神奈川、愛知と続きます。地域的な共通点はあまりありませんが、1位の京都と3位の埼玉は、以前お伝えした「自転車の保有率ランキング」でもそれぞれ1位、3位となっており、雨天時も、通勤や通学に自転車を使っていることが伺えます。また2位の北海道は、冬場の降雪時に、防寒も兼ねてレインコートを活用する方がいるためと考えられます。

最も雨具を持っているのは『神奈川県』と『兵庫県』!

都道府県別の保有数ランキング

都道府県別の保有数ランキング

続いて、『雨具の保有数』を見ていきましょう。
全体の平均保有数は、傘が2.87本、ビニール傘が2.04本、折り畳み傘が1.72本、レインコートが0.78着となっています。男女別に見てみると、傘・レインコートの保有数はほぼ同じ、ビニール傘は男性のほうが多く、折り畳み傘は女性のほうが多く所有していることが分かりました。

都道府県別の保有数はどうでしょうか?
傘は1位が広島県で4.0本、2位が兵庫で3.97本、3位の三重が3.62本となりました。
ビニール傘は1位が神奈川県で2.74本、2位の京都が2.45本、3位の埼玉が2.43本となっています。
また、折り畳み傘では、愛知県が1位で2.38本、2位の兵庫が2.21本、3位の神奈川が2.09本となっています。
最後にレインコートですが、1位は兵庫で1.08枚、2位が神奈川で0.96枚、3位が宮城で0.94枚となりました。
いずれも、使用率のランキングとは異なる結果となっており、「よく使うか」どうかと「たくさん持っているか」どうかには、あまり関連性が無いことが伺えます。
また、神奈川県と兵庫県が、多くのランキングでTOP3に入っており、雨具を多く持っている都道府県の西と東の両横綱と言えそうです。

おわりに

普段何気なく使用している雨具ですが、地域や利用している交通手段等によって、使用されるものの傾向が違うことが事が分かりました。
引越し侍では、他にもさまざまなランキングを紹介していますので、こちらも是非ご覧ください。

https://hikkoshizamurai.jp/report/

【調査概要】
調査エリア :全国
調査方法  :当サイトをご利用の上、実際に引越しをされた方を対象にインターネットアンケートを実施
調査期間  :2015年6月
サンプル数 :1,174件

引っ越し見積もり費用の相場と引越し業者の料金を比較!

引越し侍では、引っ越し見積もり費用の相場と料金を比較できる2つのWebサービスを提供しています。

一括見積もり
複数の引越し業者から電話・メールで料金をお知らせ
予約サービス
ネットから引越し業者の見積もり料金と相場を確認

単身の小さな引っ越しから・家族やオフィスの移転まで24時間無料で簡単に見積もりの依頼ができます。

引っ越しの準備・手続きチェックリスト

今ならサービスをご利用いただくと「引っ越しの準備・手続きチェックリスト」「引っ越し料金キャッシュバック(抽選)」特典をご用意しています!

引っ越しまでのやることがわからない人や、引っ越しに伴う手続きをチェックリストで段取りを確認できます。

また、引越し業者の選び方は「料金」「口コミ・評判」「サービス内容」「ランキング」が確認するポイントです。
引っ越しは時期によって相場が変わるため、引っ越しの日程が決まったらまずは見積もりを依頼しましょう!

引っ越しの見積もりをする
引越しの見積もりをまとめて依頼
複数(最大10社)の引越し業者に対して一括で見積もりの依頼ができるサービスです。各社よりお電話もしくはメールにて料金をお知らせいたします。
引越しの一括見積もり依頼

QRコード

外出先でも、引越し侍!
スマートフォンや携帯電話から、24時間いつでもどこでも引越し見積もり!

Pマーク

当社は、一般財団法人日本情報経済社会推進協会(JIPDEC)(旧: 財団法人日本情報処理開発協会)より「プライバシーマーク」の付与認定を受けています。

東証一部上場

株式会社エイチーム引越し侍は、株式会社エイチーム(東証一部上場)のグループ企業です。
証券コード:3662

  • 引越し希望日

  • 現住所の郵便番号

  • 引越し先の都道府県

複数社の見積もりを比較