女性が安心&スムーズに引越しを進めるコツ

2017/11/27

引っ越しの準備をする女性の写真

女性一人での引越しは、何かと不安も多いはず。最後まで安心して引越しを終えるためにも、失敗しない引越し業者の選び方や、荷造り時に気を付けておきたいポイントなどを押さえておきましょう。引越しの段取りはもちろん、女性の引越し経験者の口コミやランキングも掲載しています。
引越しに関する疑問や不安は、できるだけ早めに解決をしておきましょう。

見積もり比較&引越し予約

引越しまでの段取りをチェック!女性ならではの不安や疑問を解決

女性一人の場合、引越しにかかる料金はどれくらい?

引越し全体にかかる費用を把握するためにも、まずは引越し料金の相場を知りましょう。ただし、下記の料金はあくまで目安となるため、荷物が多めの方や、女性作業員のみを指定した場合などは、相場よりも高くなる可能性があります。

移動距離 単身
(荷物量:普通)
単身
(荷物量:多め)
オフシーズン 繁忙期 オフシーズン 繁忙期
近距離(20km以内) 37,805円 49,147円 44,315円 57,610円
近距離(50km以内) 43,595円 56,674円 45,980円 59,774円
中距離(100km) 56,775円 73,808円 60,000円 78,000円
長距離(200km) 60,642円 78,835円 63,213円 82,177円
長距離(300km) 74,112円 96,346円 81,394円 105,812円

また、 「引越し単身パック」を利用することで上記の相場料金よりも安い費用で引っ越しできる場合があります。
詳しくは「単身パックの料金相場と安い費用で引っ越しする方法」をご覧ください。

※1ここで紹介している料金は、オプションサービスの料金を含んでおりません。引越し条件によって変動するため、実際の料金とは異なる場合があり、あくまで目安となります。
※2 引越しの時期は、大きく2つに分けられます。新年度の始まりなどで引越し業者の予定が混み合う3月〜4月が繁忙期、それ以外の時期がオフシーズンとなります。

女性ならではの視点で見る、引越し業者の選び方

引越し業者を決める際は、料金の安さだけでなく、サービス内容や対応の良さといった複数の条件を比較した上で、バランスの良いところを選びましょう。「女性の作業員がいるところに依頼したい」、「対応が親切なところがいい」など、引越し業者に求める条件は人によって違います。ランキングや引越し経験者の声を参考に、自分にぴったりの業者を選びましょう。

引越し業者を探し始めるタイミング

引越し侍ご利用者からいただいた見積もりデータを集計。単身引越しをする女性は、引越し希望日の何日前に見積もりを依頼する方が多いのかを調査しました。

見積もり依頼時期・女性単身 オフシーズン(割合) 繁忙期(割合)
~1週間前 12.7% 9.4%
8日~2週間前 21.4% 14.7%
15日~1ヶ月前 43.3% 41.5%
1ヶ月~2ヶ月前 19.2% 26.7%
2ヶ月以上前 3.4% 7.7%

最も多かったのは、オフシーズン、繁忙期ともに、引越し予定日の『15日〜1ヶ月前』という回答でした。繁忙期は引越し業者の予定が混みあうため、少し早めの『1〜2ヶ月前』から探し始めることをおすすめします。
訪問見積もりを依頼する際、男性作業員を家に上げることに抵抗がある方は、女性作業員を指定してみましょう。ただし、業者によっては女性作業員の対応ができない場合もあるため、その際は、両親や友人に立ち会ってもらうと安心です。

引越し業者を選ぶ基準は何!?先輩の意見を参考にしよう

引越し業者は全国にたくさん。サービス内容や料金も業者によってさまざまなため、「何を基準に選べばいいのか分からない」という方も多いのではないでしょうか。引越し侍をご利用された方へ、引越し業者を選んだ理由をお尋ねしました。

選んだ理由・女性単身 オフシーズン(割合) 繁忙期(割合)
他社と比較して価格が安かった 56.0% 63.2%
希望日に引越しができた 26.5% 39.2%
電話の対応が良かった 35.6% 29.6%
見積もり時のスタッフの対応が良かった 30.4% 22.4%
信頼できそうな引越し会社だった 28.6% 23.4%

※複数回答可

時期を問わず最も重視されていたのは、『料金の安さ』。料金の次は、オフシーズンの場合は『対応の良さ』、繁忙期の場合は『希望日に引越しできるかどうか』が重視されていることが分かります。また、女性一人の引越しでは、安心感も大切になるため、『信頼できるかどうか』も、業者を選ぶ際の重要なポイントになっていると言えました。

女性の単身引越し経験者の声 −業者を選んだ『決め手』−

電話の対応が良かった
初めての引越しで不安でしたが、電話での見積もりから引越しまで丁寧に対応して頂き安心出来ました。(20代/オフシーズンに引越し)
希望日に引越しができた
他の業者が埋まっている中、希望日での引越しが可能でした。引越し業者さんが早い時間帯に来てくれたので、午前中には引越しが完了しました。引越しが早く終わったぶん、引越し荷物の荷ほどきなど時間を有効に使うことができたので良かったです!(30代/繁忙期に引越し)

女性におすすめのオプションサービスをチェック

盗聴器発見サービス
探知機などを使って、室内の盗聴器の有無を調査するサービス。特に人の出入りが多いマンスリーマンションなどへ引越す場合は、事前に調べてもらうと安心です。
テレビ、アンテナの配線設置
機械操作が苦手な方におすすめ。配線工事が必要となる場合は、別で料金がかかる可能性があります。
女性作業員の指名
男性作業員のみだと不安な場合は、女性作業員の指名を。女性作業員のみでの対応は難しくても、男性数名の中に女性を含めることは可能という業者も多いので、気軽に相談してみてください。

見られたくないものの梱包など、荷造り時に気を付けること

依頼する引越し業者を決めたら、続いて取り掛かるのは、荷造りや手続きなどの引越し準備。女性の引越し準備は、荷造り時の下着類の梱包など、気を付けておきたいポイントがいくつかあります。

ダンボールの目安は10〜15個

引越し侍をご利用された方のデータをもとに、引越し時に必要となったダンボールの個数を、間取り別に集計しました。(家具や家電など、ダンボールに入らない大型家財は除く)

間取り 9個以下 10個 15個 20個 30個 40個 50個 60個 70個 80個 90個
ワンルーム 31.3% 31.5% 22.7% 10.2% 3.2% 0.8% 0.2% 0.0% 0.1% 0.0% 0.0%
1K~1LDK 20.8% 28.1% 27.1% 15.3% 6.5% 1.4% 0.7% 0.1% 0.0% 0.0% 0.0%

(1個以上段ボールを必要としたユーザーを総数としたときの割合)

荷造りに必要なダンボールの目安は、1人当たり10〜15個。ただし女性の場合は、服飾品やインテリアなどの小物類といった、かさばる荷物が多くなりやすいため、人によっては15個以上必要になる可能性もあります。
本や雑誌などの梱包は、どうしても力仕事になってしまうため、重い荷物の持ち運びに自信がない方は、引越し業者の荷造り・梱包サービスを利用することをおすすめします。

荷造りは、引越し日の2週間前を目安に始めましょう。

女性の単身引越し、荷造りのポイント

見られたくないものは包んで梱包
下着類など、引越し業者に見られたくないものは、大きめの布や中身が見えない袋などに包んでおきましょう。包んだものをダンボールの中に入れ、さらに『開梱不要』と目立つところに書いておくと安心です。
また、中にはタンスの中身ごと運んでくれる引越し業者もあるため、事前に確認することをおすすめします。
ダンボール1箱の重さは持ち運べる程度まで
ダンボール1箱の中に、荷物を詰められるだけ詰めてしまうと、運搬しづらい上、持ち上げた時に底が抜けてしまうことがあります。重いものを梱包する際のダンボールは、丈夫で小さめのものを選びましょう。

引越しに必要な各種手続きも忘れずに

引越しの際に必要となってくるのが、転出届や転入届などの各種手続き。これらの中には、提出期限が決まっているものもあり、忘れてしまうと過料の対象になる可能性も。引越し直後は慌ただしくなってしまうため、必要な手続きは早めに済ませておきましょう。

役所関係の手続き

転出届
現在と異なる自治体へ引越すときには、『転出届』の手続きが必要です。引越しの14日前から受け付けていますので、早めの手続きをおすすめします。
転入届
引越しを済ませたら、新しい住所の市区町村役場で『転入届』の手続きをします。期限を過ぎると過料されてしまうこともあるので、早めに済ませましょう。

引越しの疑問や不安は、早めに解決しておこう

入退居前の挨拶など、単身引越しをする女性ならではの疑問やお悩みは、早めに解決しておきましょう。引越し侍をご利用された方からいただいたアンケートや見積もりデータをもとに、単身女性の方に読んでいただきたいお役立ち情報を集めました。

引越し時、ご近所への挨拶回りはどうする?

単身引越しをされた女性の方へ、引越しの際、ご近所の方へ挨拶をしたかどうかをお尋ねしました。

引越しの際、ご近所へ挨拶をするかどうか。女性の場合は防犯面のこともあり、迷われる方も多いのではないでしょうか。
引越し侍がおこなったアンケート調査では、53%の方が『挨拶をしていない』と答えています。退居時と入居時どちらとも挨拶をしたという方は12%と少なく、挨拶をしたとしても、入居時のみの場合が多いようでした。ご近所付き合いが薄くなりがちな都心のマンションなどでは、挨拶をしないほうが安全な場合もあります。引越し前後の風習や住居環境に合わせて、挨拶の有無を判断しましょう。

引っ越し見積もり費用の相場と引越し業者の料金を比較!

引越し侍では、引っ越し見積もり費用の相場と料金を比較できる2つのWebサービスを提供しています。

一括見積もり
複数の引越し業者から電話・メールで料金をお知らせ
予約サービス
ネットから引越し業者の見積もり料金と相場を確認

単身の小さな引っ越しから・家族やオフィスの移転まで24時間無料で簡単に見積もりの依頼ができます。

引っ越しの準備・手続きチェックリスト

今ならサービスをご利用いただくと「引っ越しの準備・手続きチェックリスト」「引っ越し料金キャッシュバック(抽選)」特典をご用意しています!

引っ越しまでのやることがわからない人や、引っ越しに伴う手続きをチェックリストで段取りを確認できます。

また、引越し業者の選び方は「料金」「口コミ・評判」「サービス内容」「ランキング」が確認するポイントです。
引っ越しは時期によって相場が変わるため、引っ越しの日程が決まったらまずは見積もりを依頼しましょう!

引っ越しの見積もりをする
引越しの見積もりをまとめて依頼
複数(最大10社)の引越し業者に対して一括で見積もりの依頼ができるサービスです。各社よりお電話もしくはメールにて料金をお知らせいたします。
引越しの一括見積もり依頼

QRコード

外出先でも、引越し侍!
スマートフォンや携帯電話から、24時間いつでもどこでも引越し見積もり!

Pマーク

当社は、一般財団法人日本情報経済社会推進協会(JIPDEC)(旧: 財団法人日本情報処理開発協会)より「プライバシーマーク」の付与認定を受けています。

東証一部上場

株式会社エイチーム引越し侍は、株式会社エイチーム(東証一部上場)のグループ企業です。
証券コード:3662

  • 引越し希望日

  • 現住所の郵便番号

  • 引越し先の都道府県

複数社の見積もりを比較