引っ越しでフレッツ光などのインターネット回線やプロバイダの解約・手続き方法まとめ

2018/09/27

引っ越しが決まって、インターネットの回線をどうするか悩む方も多いのではないでしょうか。
この記事では、手際よく手続きを済ませられるよう、インターネット回線の引っ越し手続きや費用、解約方法について、インターネットにあまり詳しくないという方でもわかるようまとめてみました。

引っ越し先で利用するプロバイダ

会社の転勤や実家へ戻るなど、何らかの理由で引っ越しをする際にはプロバイダとインターネット回線の引っ越し手続きをしなくてはいけません。

基本的には2パターンあり、今のプロバイダを継続して、引っ越し先でも利用する方と、プロバイダを解約し別の会社のプロバイダに乗り換えるといった方法です。

プロバイダの契約を継続するのか、それとも新規継続するのかは、使用者や環境によってどちらが良いのか意見が分かれます。
それぞれのメリットとデメリットをしっかりと認識したうえで、自分に合った方法を選びましょう。

継続してプロバイダーを利用する場合の手続き方法

継続してプロバイダを利用する場合には住所変更などの手続きの申請が必要になりますが、この方法はプロバイダ毎で手順が違うため、まずはサポートセンターに連絡してみるのが良いでしょう。

会員IDやパスワードなどあらかじめ揃えておくとスムーズに移転手続きを進められます。

主なプロバイダーの問い合わせ先URLは以下の通りです。
契約中のプロバイダを確認し、手続き方法を確認してください。

インターネット回線会社やプロバイダの移転手続きはいつまでに行うべきか

引っ越し日が決まっている場合、引っ越し日の1~2か月前に手続きを始めると、引越後すぐインターネットを利用できます。

インターネット回線の引越し手続きには早くても2~3週間、繁忙期の2~4月だと2か月以上かかかってしまうことがあります。

4月に引っ越しする予定であれば、1月下旬から準備を始めておくことをオススメします。
早めの手続きを心がけましょう。

プロバイダーを乗り換える場合の手続き方法

別会社へプロバイダを乗り換える場合、現在使用しているプロバイダへ解約の旨を伝え、解約手続きが終わったら、新規プロバイダへ契約手続きをします。

プロバイダの新規契約の手続き方法は、インターネットや電話から簡単に行えます。
手続きに早くても一週間程はかかります。引っ越し後すぐにインターネットを利用したい人は早めに契約を進めておきましょう。

引っ越しを機にインターネット回線を乗り換えするメリット

引っ越しの際に、一旦インターネット回線を解約して再び新規契約をすることで、継続するよりもお得になる場合があります。

ただしこの方法にはメリットとデメリットがあるため、それぞれについて説明します。

インターネットを乗換えるメリット

インターネット回線の乗換えをするメリットは、乗り換え先の事業者が用意している新規契約者に向けたキャンペーンや特典をうけとれる点です。

以下は新規契約者向けのキャンペーンの一例です。

  • テレビ・ノートPCなど豪華特典プレゼント
  • キャッシュバックキャンペーン
  • 利用料金を一定期間割引or無料 など

乗り換えには解約の手間はかかりますがその時々に実施されているキャンペーンを利用することで金銭的なメリットが得られます。

引っ越しでインターネット回線を乗り換えるデメリット

引っ越しでインターネット回線を乗り換えるデメリットは、人によっては違約金が発生してしまう事です。
インターネット回線は事業者やプランごとにそれぞれ契約期間が設けられており、解約する時期によっては違約金(契約解除料)が発生します。

違約金の相場は5,000円~18,000円程度です。

また、違約金以外にも解約に伴い以下の料金が発生する場合があります。

  • 回線撤去工事費用
  • モデムやアダプタ等のレンタル機器の返却送料
  • 機器の破損または紛失があった場合の修復費用

規定日までに解約手続きが完了してない場合には翌月分の利用料金が掛かかります。
インターネット回線を乗り換えするのには、違約金の発生時期と金額を確認したうえで決めてみましょう。

詳しくは引っ越しでフレッツ光を解約する方法と違約金にて解説しています。

プロバイダ解約時に生じる違約金

プロバイダを解約もインターネット回線と同様に、解約時期によっては違約金が発生します。
プロバイダ毎に違約金の額が違うため、契約する際には他社との比較・確認をしっかりとしておく事をおすすめします。

インターネット回線を長期間使い続けるメリット

インターネット回線は長期間利用することで月々の料金が割り引きされていくプランがあります。
例えば、NTT西日本の光もっともっと割のファミリータイプでは以下のように年次を重ねるごとに月額料金が割引されます。

契約年数 月額料金
サービスの利用無し 5,400円
1年~2年目 4,300円
3年目 4,110円
4年目 4,010円
5年目 3,910円
6年目 3,810円
7年目 3,710円
8年目 3,610円

長期間の契約を検討している人は引っ越し後も継続して利用する形で良いでしょう。

インターネット回線の解約

インターネット回線の解約は、基本的に電話で手続きを進めます。
プロバイダの解約専用窓口に連絡をすると、オペレーターの案内に従い話を進めていけば解約できます。

電話の前に「お客様ID」や「契約ID、ユーザーID」といった本人確認ができる情報を手元用意しておくと解約の手続きをスムーズに進められます。

ID情報は申し込み時の書類もしくはメール等で確認できます。

プロバイダとインターネット回線業者の違い

プロバイダとは、インターネットサービスプロバイダの略であり、別名ISPとも呼ばれています。これは接続業者の事で、実際にインターネット回線は提供していません。so-netやocn、biglobeなどがプロバイダの一種です。

インターネットを利用するには回線業者とプロバイダ双方と契約する必要があります。基本的にプロバイダと回線業者は別ですが、両方セットで提供している事業者もあります。

引っ越しでの解約手続きの注意点

解約したからといって、ホッとするのはまだ早いです。解約後の注意点をいくつか紹介します。

まず、モデムやルーターなどレンタルしている機器があれば返却します。
解約してから返却用のキットが送られてくるので、この袋の中に借りている機器をいれて返却しましょう。(契約時に返却用のキットや宅配用の伝票が受け渡されている場合もあります)
返却の規定日を超過すると延滞料金が発生するケースもあるため忘れずに返却しましょう。

他にも、プロバイダの解約手続き忘れにも注意が必要です。
インターネットの解約手続きではインターネット回線業者とプロバイダに申請する必要がります。
インターネットを利用していない状態でも解約手続きを行うまでは毎月の利用料が請求されます。

口座振り込みやクレジット払いの方は引き落とされている事に気づかず何年もプロバイダに料金を払い続けていた。なんて事もあるようです。

フレッツ光や回線などの解約新規とは?

解約新規とは、現在契約している回線事業者を解約し、新たに同じ回線事業者と契約を結びなおす行為を指します。解約新規をする事で、利用料金の割引やキャッシュバック等のキャンペーンを改めて受ける事ができます。

一昔前はインターネットの料金を節約する裏ワザのような形で一部の人達が利用していました。
しかし、回線業者側にメリットが全く無いため現在では対応しておらず、解約新規をしてもキャンペーン特典を受け取ることはできません。

引っ越し先ですぐ使いたい場合

新居に引っ越しをしてすぐにインターネットを利用したくても回線が開通していないため利用できない場合があります。
しかし、仕事の都合で、インターネットを使わなければならないこともありますよね?そんな時、すぐにでもインターネットを使えるように出来るのがモバイルWi-Fiと呼ばれるものです。

モバイルWi-Fiとは、開通工事が不要で契約をしたその日からインターネットが使用可能となります。
固定回線と比較すると通信速度は落ちますがそのまま持ち運びもできるため家の外でインターネットを利用したい人に向いています。

新規プロバイダの選び方は?

まずは、フレッツ光などの固定回線もしくはモバイルWi-Fiのどちらと契約を行うか決めましょう。
以下は、固定回線とモバイルWi-Fiの特長です。

固定回線
固定回線とは、地中に設置されている回線ケーブルを利用してインターネットに接続をします。家の中で高速で安定な通信を受信する事ができます。
最近はフレッツ光の光回線を共用し、サービスを提供する「光コラボ」の契約数が増えています。このほかにもauひかりやNURO光のように、独自回線を使う光回線サービスも人気です。
モバイルWi-Fi
モバイルWi-Fiとは、無線Wi-Fiと呼ばれる小型の通信機器を用いてインターネットに接続します。基本的に持ち運びができるので外出先でもネットを利用できます。
場所を選ばないので、利便性が非常に高いですが、エリアや時間によって通信が不安定な場合があります。通信量に上限があるプランも多く、上限を超えると通信速度に制限がかかります。無制限のプランもあります。WimaxやLTEなどもモバイル回線の一種です。

自宅のみで動画をよく見る人は固定回線、出先でもネットを利用したい人はポケットWi-Fiがおすすめです。

フレッツ光やインターネットの引っ越し手続きの方法も紹介!

もしあなたがフレッツ光を現在利用しているのであれば、引っ越しをする前に移転手続きをしなければなりません。
フレッツ光の移転手続きを行わないと引っ越し先でインターネットが利用できなくなってしまうからです。
手続き忘れがないように気を付けましょう!

フレッツ光の移転手続き方法
引越しの見積もりをまとめて依頼
複数(最大10社)の引越し業者に対して一括で見積もりの依頼ができるサービスです。各社よりお電話もしくはメールにて料金をお知らせいたします。
引越しの一括見積もり依頼

QRコード

外出先でも、引越し侍!
スマートフォンや携帯電話から、24時間いつでもどこでも引越し見積もり!

Pマーク

当社は、一般財団法人日本情報経済社会推進協会(JIPDEC)(旧: 財団法人日本情報処理開発協会)より「プライバシーマーク」の付与認定を受けています。

東証一部上場

株式会社エイチーム引越し侍は、株式会社エイチーム(東証一部上場)のグループ企業です。
証券コード:3662

  • 引越し希望日

  • 現住所の郵便番号

  • 引越し先の都道府県

複数社の見積もりを比較