1月〜4月は引越しの依頼が集中するため、お早めのお見積もり・ご予約をお願い致します

引越しに家事代行を利用してみよう!荷造り・荷ほどき代行などのサービス内容や費用を解説

2021/12/03公開

引越しに家事代行を利用してみよう!荷造り・荷ほどき代行などのサービス内容や費用を解説

引越し準備や作業の中で最も時間と手間がかかるのが、荷造り・梱包や部屋の片付けです。
日々の仕事や家事と並行しながら準備を行っていたら、「えっ…!引越しまであと◯日しかない…」と残り時間に焦ってしまっている人も多いのではないでしょうか。

そんな大ピンチに頼りたいのが「家事代行サービス」です。
この記事では、引越し準備や後片付けを家事代行サービスに依頼するメリットや費用を解説していきます。
また、その他にも引越し時に便利な家事代行のサービスを紹介していくので、猫の手も借りたい皆さんはぜひ参考にしてください!

監修者:代表理事 高橋敬子さん / 一般社団法人日本家事代行協会

NPO法人日本ハウスクリーニング協会理事、一般社団法人日本整理収納協会代表理事。長年の家事の現場で培われた経験を生かし、後進の指導や講座開催で、お掃除の啓蒙・普及活動に力を注ぐ。監修著書に「プロが教える「15分掃除」がわが家を変える!(世界文化社)」、「掃除の解剖図鑑(エクスナレッジ)」など。メディアにも多数出演。

家事代行サービスを活用できる引っ越し準備項目場

家事代行サービスを活用できる引っ越し準備項目

「仕事が忙しいあまりに荷造りする時間がとれない」「子どもの世話に追われてなかなか荷造りが進まない」などの事情があるときは、家事代行サービスの利用が便利です。
家事代行の業者が手伝ってくれる内容は、具体的に以下のような項目です。

  • 旧居での荷造り
  • 新居での荷ほどき
  • 掃除・クリーニング
  • ゴミ捨て
  • その他

以下でそれぞれ詳しく紹介します。

旧居での荷造り

引越しの基本となる荷造りは、家事代行サービスが重宝される準備項目です。
運ぶ荷物を梱包してくれるため、引越しまで時間がなく作業を急いでいたり、荷造りを終えるのが難しかったりする場合に活用しましょう。

なお、主に荷造り代行を専門とするサービスの場合は、大型の家具・家電を梱包するサービスから、小物類まで含めた自宅のあらゆる荷物をまとめてくれるサービスまで、様々なプランが用意されています。

参考:引越し荷造りの手順・コツと梱包の方法

新居での荷ほどき

荷造りだけでなく、新居での荷解きを手伝ってもらうのも可能です。
梱包した荷物の開封作業だけでなく、荷ほどきしたものの配置や整理整頓まで依頼すれば、引越しした後にまとまった時間がとれない人でもいち早く部屋を片付けることができます。
そのため、引越し後の新生活をできるだけスムーズ整えたい人におすすめの作業内容です。

参考:引越し後の荷ほどきと片付けの4つのコツ

掃除・クリーニング

荷造りや荷解きと並行して、住まいの掃除も家事代行サービスに依頼することができます。
荷造り・荷ほどきだけでも多くの労力を必要とするため、旧居を退去する際、もしくは新居に荷物を運び入れる前には掃除をしたい人は活用を検討してみましょう。

ただし、「キッチンの油汚れを落としたい」「お風呂場の水垢を落としたい」といった専門的なクリーニングは家事代行サービスでは対応できない場合もあるので、あくまで部屋の掃き掃除や拭き掃除といった「こざっぱり」させる粒度の掃除なら依頼できるものと考えおくと良いです。
専門的なクリーニングがしたい場合は、ハウスクリーニングに精通した別の業者を検討するのが無難です。

参考:引越し退去時にどこまで掃除をしたら敷金が返還されるの?

ゴミ捨て

業者によっては、荷造りや荷ほどきの際に出るゴミを、所定のゴミ捨て場へ持って行ってもらう、という事も依頼できます。
ゴミの回収は無料の場合と有料の場合がありますが、自分でゴミの日に出す手間を省けるため、分別の手間や長時間自宅に大量のゴミを置いておくストレスがなくなります。

ただし、廃品回収のような大規模なものや、古物商許可が必要な「不用品の買取をしてほしい」といった依頼は、一般的な家事代行サービスでは対応できないケースが多いので注意が必要です。

参考:引越しの不用品・粗大ゴミを処分する6つの方法

その他

家事代行サービスを引越しの際に活用できるその他の項目としては、ベビーシッター(キッズケア)やペットの世話、買い物や料理の代行などもあります。
荷造りなどを進める際に子どもやペットにかまっているとなかなか作業が進みませんが、代行業者に預けることができれば安心です。
また、買い出しや引越し前後の調理を依頼することで、引越し準備と日常生活のバランスを取るという活用もできるでしょう。

ただし、お子さんやペットの世話は生命に関わることです。
それらのケアを依頼する場合は、代行サービスの実績や口コミ、万が一事故が起きた場合に補償できる保険に加入しているかなどをよくチェックし、信頼のおける業者を選択するように十分気を付けましょう。
また、「子どもとペットの両方の面倒を見ていて欲しい」といった並行しての作業は対応が難しいので、別途サービスを依頼するようにしましょう。

日本家事代行協会 代表理事 高橋敬子さん

監修者:代表理事 高橋敬子さん / 一般社団法人日本家事代行協会

専門家の解説

家事代行業者ごとに提供しているサービスは様々あり、提供できる内容も幅広いです。ただし、家事代行はそれぞれの領域に特化したプロ集団ではないため、ご依頼内容によっては対応できないものもあります。もし、代行業者が元から用意していないサービスや専門的な内容を依頼したい場合は、対応できるかどうかを一度相談してみるのが良いでしょう。

家事代行サービスの相場と引越し作業を依頼する金額の目安

家事代行サービスの料金は、「1時間あたりの基本料金」+「延長料金」+「交通費」+「その他料金」といった内訳で請求する業者が多いです。
また、代行サービスは継続的に利用すると割引されるケースが多いですが、引越し時に単発で利用する人は、基本料金がスポット料金(もしくは「初回お試し料金」)で設定されると想定されます。

そのため、作業の所要時間を見積もりし、その時間に「スポットの基本料金」の相場を掛け合わせることで、どれぐらいの費用がかかるか算出することができます。

各料金の相場は以下の通りです。

■家事代行サービスの料金相場

料金項目 相場 備考
基本料金
(1時間あたり)
3,000円~5,000円 スポット(不定期)の料金
延長料金
(30分あたり)
1,500円~2,500円 延長不可のサービスもあり
交通費 800円~1,000円 派遣される代行スタッフの人数分が請求される場合もある
スタッフ指名料 無料~400円 女性スタッフの指名、などの活用が可能
買い物代行 無料~2,200円 支払い方法や店舗までの距離が制限される場合もある

※各料金相場は家事代行サービスの「ベアーズ」「カジタク」「CaSy」の3社の料金を調査した結果です(2021年10月現在)。各社の料金は変更になる可能性があるので、金額は参考値としてお考え下さい

上記の他に、家主の留守中に家事代行をしてもらう場合に発生する「鍵預かり料」や、「早朝・深夜料金」「入会金・年会費」などが設定されているケースもあります。

また、「最低利用時間」が決められている業者では、それを下回る短時間での依頼はできません。
概ね、1回2時間以上の作業を依頼するのが基本となるため、7千円~1.5万円ほどを支払うのが、一般的な代行サービスの相場と言えるでしょう。

そして、前項で紹介した家事代行に依頼できる引越し準備項目の、それぞれの目安となる作業時間は以下の通りです。

■家事代行を依頼する引越し作業ごとの想定作業時間

サービス 単身者 2人家族 3人家族
荷造り 2時間 3時間 4時間
荷ほどき 2時間 3時間 4時間
整理整頓・収納 1時間 2時間 3時間
掃除・ごみ捨て 3時間 4時間 5時間
ベビーシッター 依頼者(親)が手を空けたい時間による
料理 何食分の調理を依頼するかによる
目安)2食分…2時間、4食分…3時間

※それぞれの時間は、家事代行サービスのスタッフ1名に作業を依頼した場合を想定しています。依頼者の荷物量や部屋の間取りによっても所要時間は変動するため、時間は参考値としてお考え下さい

例えば、2人家族で旧居の荷造りを家事代行へ依頼した場合、4時間×基本料金3,000円+交通費800円=12,800円ほどの料金となります。
掃除・ごみ捨てを3人家族が依頼すれば、5時間×基本料金3,000円+交通費800円=15,800円が相場になると計算できます。

日本家事代行協会 代表理事 高橋敬子さん

監修者:代表理事 高橋敬子さん / 一般社団法人日本家事代行協会

専門家の解説

依頼する家事代行サービスによって料金体系や作業の方法は様々ですが、1時間当たりの作業依頼という料金体系は皆さんのご理解を頂けやすいものかと思います。

荷造り・荷解き代行と引越し会社の「おまかせプラン」を比較

荷造り・荷解き代行と引越し会社の「おまかせプラン」を比較

やはり多くの人が引越し準備で最も大変だと感じるのが荷物の「梱包」や「開梱」の作業です。
これらの作業を家事代行や荷造り代行に依頼できることは前項まででお伝えした通りですが、引越し業者も荷造り・荷解きを手伝ってくれる「おまかせプラン」を用意しています。

■引越し会社の荷造り・荷解き付きプランの例

これらの引越し業者のプランと、家事代行サービスのどちらを使うべきか、それぞれのメリット・デメリットを比べてみます。

メリット デメリット
家事代行サービス ・料金体系が明確でわかりやすい
・スタッフが対応できる作業の幅が広い
・ダンボールなどの梱包資材を自分で用意しなければならない
・引越し業者と代行業者に別々で連絡や応対をする手間がかかる
・引越しのプロではないため、スタッフによっては時間がかかることもある
引越し業者のオプションサービス ・荷造り→運搬→荷解きがワンストップで行える
・引越し会社とのやり取りだけで済む
・同様の作業を家事代行に依頼するよりも費用が高くなりがち
・基本的に引越し当日からしか作業が始まらない

続けて、それぞれのメリット・デメリットを詳しく見ていきましょう。

家事代行を利用するメリット

まず、家事代行サービスに依頼する場合は「料金が明瞭」というメリットがあります。
引越し業者のプラン料金は多くの場合が業者の言い値で決まります。
もちろん、不用意に高額な料金を請求してくるような会社はないと信じたいですが、「この荷造り付きプランですとこのお見積りになります」といった説明のみで完結してしまう場合も多いのです。
その点では、「基本料金」×作業時間でほぼ総額が決まる家事代行サービスのほうが、納得しやすい料金体系になっていると言えます。

また、家事代行サービスは1人のスタッフの対応できる作業の幅が広いのもメリットの1つです。
引越し会社のスタッフは、あくまで「荷物の運搬」のプロです。
そのため、例えば「荷造りに加えてキッチン周りの掃除もお願いしたいな…」と依頼者が考えた場合、荷造りは引越しスタッフが行えても、クリーニングは外部委託になる場合が多いです。
その場合はもちろん、クリーニング業者の作業代が別途で見積もりに追加されることになります。

家事代行サービスであれば、「4時間の依頼で荷造りと掃除をお願いします」といった依頼をすることが可能なので、自分の手伝って欲しい作業を万遍なく対応してもらいやすいです。
ただし、全ての分野に精通しているスタッフではないので、融通が利く代わりに、仕上がりに過度な期待はしない方がよいでしょう。

家事代行を利用するデメリット

家事代行サービスに荷造り・荷解きを依頼するデメリットの1つは、段ボール箱や緩衝材などの梱包資材を自前で用意しなければならないことです。
一方、引越し会社に依頼した場合は、数十枚のダンボール等がもらえることがしばしばです。

加えて、家事代行サービスと引越し業者の2社とのやり取りを進めなければならないのもデメリットになりえます。
忙しい人にとっては、連絡先が増えると対応する時間が取れないという場合もあるでしょう。

引越し業者を利用するメリット

引越し業者に梱包・開梱を依頼するメリットは、荷造りから荷解きまでを一気通貫で依頼できる点にあります。
特に、荷物量が多い家庭の場合は引越し作業を完了させるのが大変です。
そのため、作業の始まりから終わりまでをワンストップで依頼できるというのは、大きな利点だと言えるでしょう。

また、家事代行サービスのデメリットとして挙げた「複数のサービスを相手にやり取りしなくて良い」という点もメリットの1つです。

引越し業者を利用するデメリット

引越し業者側のデメリットとしては、同じ作業を家事代行サービスに依頼するよりも料金が割高になりがちな点があります。
当サイトの利用者のデータ集計をしたところ、荷造り・荷解きのどちらかを付帯したプランの料金は通常プランの約3割増し、双方を付帯すると約4割増しが相場となりました。
例として、単身引越しで通常プランの相場が4万円だとすれば、片方の作業を付帯すると+1.2万円、両方を付帯すると+1.6万円になる計算です。

これに対して、先ほどの家事代行サービスの相場から計算すれば、片方の作業依頼で+約7,000円、両方を依頼しても+約1.3万円で収まるため、家事代行のほうが安価に済む計算となります。
ただし、引越し業者のように普段から梱包を専門的に行っている家事代行が多いわけではないので、所要時間は多めに見ておくのが大切です。

引越し作業の当日スタートで荷造りなどの作業が始まるのも、引越し業者のデメリットです。
例えば、荷造りと合わせて旧居の掃除を進めたい場合、荷物をどかせないと邪魔になります。
そのため、結局は引越しスタッフが荷造りを進めている間に掃除をして…とギリギリの対応になりがちです。
一方、家事代行サービスなら日取りを選ばず依頼できるので、引越し日の前に来てもらって作業を並行することができるでしょう。

日本家事代行協会 代表理事 高橋敬子さん

監修者:代表理事 高橋敬子さん / 一般社団法人日本家事代行協会

専門家の解説

家事代行サービスに任せる大きなメリットは、やはり幅広い引越し時のお手伝いができる点にあるかと思っています。荷造り・荷ほどきといった基本的な作業だけでなく、ちょっとしたおつかいやお掃除の際のアドバイスなど、事業者や派遣されるスタッフによって様々ですが家事代行ならではの対応が出来る点は魅力に感じてもらえるのではないでしょうか。

まとめ

引越し準備が間に合わなくなると、引越し業者の追加費用がかかったり、賃貸物件への入居が遅れたりと大変です。
日頃、忙しくて期日までに準備が終わるか不安に感じている方は、ぜひ家事代行サービスに相談してみてはどうでしょうか。

また、具体的にどういった準備を手伝ってもらうべきか定まっていない人も、家事代行の幅広い提供サービスなら様々な活用ができるかもしれません。
まずは、サービスに問い合わせて、自分たちの状況を相談してみることから始めると良さそうです。

ただし、家事代行に依頼できるのは日常的な家事の範疇となるのが基本なので、込み入った内容の作業はそれぞれの専門業者に依頼するほうが良いです。
自身の状況を整理したうえで、家事代行に依頼できる範疇のお手伝いを依頼してみましょう。

日本家事代行協会 代表理事 高橋敬子さん

監修者:代表理事 高橋敬子さん / 一般社団法人日本家事代行協会

専門家の解説

家事代行事は「個人」と「法人」の業者に分かれており、それぞれが受けられる作業の範囲も様々です。個人に依頼する場合は、比較的リーズナブルな価格で依頼でき融通もききますが、何か事故があった時の責任が請け負いきれない場合もあるので、賠償責任保険に加入しているかどうかを確認しましょう。逆に法人や事業者の場合は、複数のスタッフによって画一的なサービスを提供しているケースが多く、融通が利きにくいかもしれません。依頼する場合は、「やってほしいこと」や「いつまでに」といった具体的な相談をしてみてください。

引越し見積もり費用の相場と引越し業者の料金を比較!

引越し侍では、引っ越し見積もり費用の相場と料金を比較できる2つのWebサービスを提供しています。

一括見積もり
複数の引越し業者から電話・メールで料金をお知らせ
予約サービス
ネットから引越し業者の見積もり料金と相場を確認

単身の小さな引っ越しから・家族やオフィスの移転まで24時間無料で簡単に見積もりの依頼ができます。

引っ越しの準備・手続きチェックリスト

今ならサービスをご利用いただくと「引っ越しの準備・手続きチェックリスト」「引っ越し料金キャッシュバック(抽選)」特典をご用意しています!

引っ越しまでのやることがわからない人や、引っ越しに伴う手続きをチェックリストで段取りを確認できます。

また、引越し業者の選び方は「料金」「口コミ・評判」「サービス内容」「ランキング」が確認するポイントです。
引っ越しは時期によって相場が変わるため、引っ越しの日程が決まったらまずは見積もりを依頼しましょう!

引っ越しの見積もり依頼で利用者特典をプレゼント

【無料】引越し見積もりの比較スタート
東証一部上場

株式会社エイチーム引越し侍は、株式会社エイチーム(東証一部上場)のグループ企業です。
証券コード:3662

エイチーム引越し侍

運営会社:株式会社エイチーム引越し侍
〒450-6432 名古屋市中村区名駅三丁目28番12号 大名古屋ビルヂング32F