インターネットの引越しをキャッシュバックキャンペーンでお得にする方法

2018/10/18

引越し時にかかる費用を節約するイメージ

引越しはお金がかかるものです。
インターネット回線も引越し手続きが必要で、タダではできません。
場合によっては、移転手続きだけで数万円費用がかかることもあり、家計を苦しめることになってしまいます。
少しでもお得に引越しできるキャンペーンなどがあれば知りたいですよね。

引越しの際、新しくインターネットを移転先に引く方法は大きく分けて次の3つがあります。

  • 通常通り移転手続きをする
  • 他社の回線会社へ乗り換える
  • 「解約新規」をする

この中でも、とくにおすすめなのが、「乗り換え」「解約新規」です。
どちらも、新規契約のキャッシュバックキャンペーンを活用することで簡単に安く移転することが可能です。
移転手続きと比較しても安く移転できることが多いので、引っ越し費用を節約したいという方にはオススメの方法です。
手続きが一つ増える分、面倒に感じるかもしれませんが、回線会社の選び方によっては、実質ゼロ円で移転ができます。

この記事では、キャッシュバックキャンペーンを使って、お得に新居へインターネット回線を引っ越しする方法について紹介します。
ぜひ参考にして、引越し費用を安く抑えられるようにしてください。

インターネット光回線の移転手続きに必要な費用

まず、キャッシュバックキャンペーンなどを使わず、単純にそのまま移転申し込みをした場合にかかる費用をみてみましょう。

移転手続きには次の費用が掛かります。

  • 事務手数料
  • 移転先での工事費用

戸建て、マンションそれぞれの場合について、大手各社の主な移転費用等をまとめたものが次の表になります。

<戸建ての場合>

手数料 移転時の工事費用 合計
ドコモ光 2,000円 9,000円 11,000円
ソフトバンク光 0円 24,000円 24,000円
auひかり 800円 37,500円 38,300円
フレッツ光 0円 9,000円 9,000円

※2018年9月現在

<マンションの場合>

手数料 移転時の工事費用 合計
ドコモ光 2,000円 7,500円 9,500円
ソフトバンク光 0円 24,000円 24,000円
auひかり 800円 30,000円 30,800円
フレッツ光 0円 7,500円 7,500円

※2018年9月現在

どれも1万円ほど、最大で数万円かかってしまいます。

上記の費用よりも費用が抑えられれば、乗り換えや解約新規の方がお得ということになります。
それでは次項から、乗り換えにかかる費用とキャッシュバック金額をみていきましょう。

引っ越しでインターネット回線を乗り換える場合にかかる費用

安く引越し先へインターネットを引きたい時、引越し先住所が契約している回線の提供エリア外だった時などは乗り換えがおすすめです。
各社が展開する乗り換えキャンペーンを活用して、安く移転手続きができます。

インターネット回線を乗り換える時、以下の3種類の費用が掛かります。

  • 契約中のインターネット回線の解約料
  • 新規契約する回線の新規加入手数料
  • 新規契約する回線の新規開通工事費用

それぞれの費用について次項で説明します。

解約料・違約金とは

インターネット回線契約は、多くが2年や3年の定期契約ありのプランとなっています。
この契約期間中に解約すると解約金・違約金と呼ばれる費用が発生します。

複数年の継続利用を約束する代わりに、月額の利用料金を割引してくれるものなので、期中の解約は違約金の支払い義務が発生してしまいます。
2年契約の場合、大手の各事業者の違約金は次の通りです。

戸建て マンション
ドコモ光 13,000円 8,000円
ソフトバンク光 9,500円 9,500円
auひかり 9,500円 7,000円
フレッツ光 9,500円 1,500円
NURO光 9,500円 9,500円

※2018年9月現在

定期契約ありのプランで、契約期間中の契約解除にかかる費用が、違約金です。
ただ複数年契約が終了し、次の契約期間に入るまでの1~2か月間の移行期間(契約更新月)に解約すると、違約金は発生しません。
会社によって契約更新月の定義や期間が異なりますので、契約中の回線に問い合わせてみましょう。

加入するインターネット回線の新規開通工事費・手数料

乗り換え先を決め、自宅へ新しいインターネット回線を引くためには工事費用が必要です。
各社の手数料と工事費用は以下の通りです。

手数料 工事費用
戸建て マンション
ドコモ光 3,000円 18,000円 15,000円
ソフトバンク光 3,000円 24,000円 24,000円
auひかり 800円 37,500円 30,000円
フレッツ光 800円 18,000円 15,000円
NURO光 3,000円 40,000円 40,000円

※2018年9月現在

このように見てみると、乗り換えや解約新規でもお金がかかりそうです。
ですが、各社とも新規契約者へのキャッシュバックキャンペーンを行っています。
これを利用することで、費用を抑えることができます。

詳細については次項で説明します。

新規契約のキャッシュバックキャンペーンを利用して、工事費用を抑える

乗り換えは、新規契約によるキャッシュバックキャンペーン特典をフル活用でき、実質ゼロ円で移転もできます。
工事費用だけでなく、他社回線解約時の違約金まで負担してもらえるケースがあり、有効活用するとお得にインターネット回線を引っ越せます。

引越しの機会に、通信速度の速い回線や、テレビなどオプションの充実した回線など、人気の回線を選ぶと良いでしょう。

各社とも契約者数の拡大に注力しているため、乗り換えを促すためのキャッシュバック内容をかなり拡充しています。

各社公式サイトのキャッシュバックキャンペーンの一例は次の通りです。

工事費 その他
戸建て マンション
ドコモ光 18,000円 15,000円 dポイント1万円分贈呈
ソフトバンク光 24,000円 24,000円 他社回線の違約金分キャッシュバック
auひかり 37,500円 30,000円 他社回線の違約金分キャッシュバック
フレッツ光 公式ではほぼなし
NURO光 40,000円 40,000円 一年間月額利用料割引

※2018年9月現在

例えば、マンションにお住まいで、auひかりからドコモ光に乗り換える場合を想定しましょう。
auひかりの解約には7,000円が必要になります。
さらにドコモ光の新規工事費用で15,000円、手数料で3,000円が必要になります。
一方で、キャッシュバックで15,000円分の工事費が無料になるほか、dポイントとして1万円分がもらえます。
かかる費用は実質ゼロ円で済みます。

各社のキャッシュバックは時期によって異なります。
また代理店などによっては、より大きなキャッシュバックをうけられる可能性があります。
各社のホームページ等を確認して、お得な方法を選びましょう。

大手キャリア間の乗り換えについて「引っ越し時のインターネット回線の乗り換え費用を徹底比較」で紹介しています。 自身の契約状況のタイプに当てはめて、乗り換え先を検討してください。

乗り換えを行うときのデメリット

ただ、乗り換えにもいくつかデメリットがあります。
事前に契約内容などを一度確認し、思わぬトラブルを避けましょう。

加入するインターネット回線の新規開通工事費・手数料

プロバイダが発行しているパソコンのメールアドレスは、基本的に使えなくなります。

プロバイダが発行しているアドレスのため、メインでプロバイダ発行のアドレスを使用している人は注意してください。

メインで使っているパソコンメールアドレスの「@」以降に、「ocn」や「biglobe」など、プロバイダの名前が入っている人は注意が必要です。
乗り換え後にメールアドレスの使用ができなくなってしまいます。
ただ、月額数百円で引き続きプロバイダ発行のメールアドレスを使うことができるサービスもあります。
引き続きアドレスの継続利用を希望する人は、乗り換え前に連絡して早めに手続きをして伝えておきましょう。

詳しくは「インターネットの引越し手続きと、メールアドレスの変更を防ぐ方法」で紹介しています。
参考してください。

光回線と携帯電話キャリアに応じた、月額料金の割引セットプランが継続できなくなる

光回線を乗り換えると、今まで利用していたスマホや携帯電話と光回線のセット割引が適用されなくなります。
現在、セット割引を利用していない人は気にしなくても良いですが、多くの人が利用している割引制度です。

各社セット割で、数百円~数千円の月額利用料金の割引をしています。
乗り換えで回線と携帯電話のセット割がなくなると、長期的に見たときに費用がかさみ、乗り換えのメリットがなくなってしまいます。

ただ、「解約新規」の方法なら、セット割引を継続できます。
次項で説明します。

「解約新規」とは

解約新規は、乗り換え同様契約していた回線を解約した後、引越し先で再度同じ回線に新規契約する方法です。
乗り換え同様、新規契約者へのキャッシュバックを利用できます。
さらに同じキャリアの回線を利用するので、携帯電話とのセット割を引き続き利用できます。

各社とも正式には認めておらず、少しグレーな方法ですが、ちゃんとキャッシュバックは受けられます。
ただ、その際には注意点もありますので、気を付けましょう。

解約新規のデメリット・注意点

メリットの大きな解約新規ですが、デメリットや注意点もあります。

同一名義人で解約新規を申し込んだ場合、キャッシュバックが認められないケースがある
解約新規の方法では、同じ名義人で再度申請しても、キャッシュバックが認められない場合があります。
別名義で申請すれば、キャッシュバックを受けられる可能性が高いので、同居する家族を名義人に変更し、申請しましょう。
他社回線の違約金分のキャッシュバックを申請できない
乗り換えの場合、他社回線の違約金を受け取るためには、他社回線を解約した証明書の提出が必要です。
解約新規の場合、自社の解約証明しかできないので、違約金分まではキャッシュバックされません。
契約の移行期間である契約更新月に解約できれば、違約金は必要ないので、事前に契約状況を調べて解約することも方法の一つです。

解約新規の場合、引越し時の違約金を支払う必要がありそうですが、それ以上に自分の携帯電話とのセット割を継続できるので、メリットは大きそうです。
ただ、家族間で別の携帯キャリアを使用しており、乗り換えで別のキャリアのセット割引が活用できるようであれば、乗り換えでも良いでしょう。

解約新規の方法については「インターネットの引っ越し手続きを、「解約新規」でお得にする方法」で詳しく解説しています。 参考にしてください。

キャッシュバックを申請するとき、受け取るときに注意する確認事項

ここまで、キャッシュバックキャンペーンを活用して、インターネット回線を引っ越しする方法を紹介しました。
キャッシュバックの申請時、または受け取る時には注意点があります。

キャッシュバックの申請に、各種オプションプランの加入を求められる場合がある
キャッシュバックの満額受取に、電話プランやウィルス対策などのオプションプランへの加入が条件となっている場合があります。
ただ1ヶ月など短い期間の加入で済むことが多いので、解約することを忘れないようにしましょう。
申請書の不備や、申請期限の遅延などに厳しく、キャッシュバックを認められないことが多い
光回線会社側にとって、キャッシュバックはあくまでサービスです。
そのため、申請書類の提出や期限について、細かくルール設定が決まっています。
書類の不備や、期限を過ぎた申請など、申請者が原因の申請不備に対しては、厳しく対応されることが多いです。
最悪の場合、キャッシュバックを一円ももらえない場合も出てしまうので、乗り換え前に、必ずしっかりと条件や申請手順を確認しておきましょう。

以上がキャッシュバックキャンペーンを活用したインターネットの引越し方法です。
各社のキャッシュバック情報を確認して、安い引っ越し方法を探してください。

引っ越し見積もり費用の相場と引越し業者の料金を比較!

引越し侍では、引っ越し見積もり費用の相場と料金を比較できる2つのWebサービスを提供しています。

一括見積もり
複数の引越し業者から電話・メールで料金をお知らせ
予約サービス
ネットから引越し業者の見積もり料金と相場を確認

単身の小さな引っ越しから・家族やオフィスの移転まで24時間無料で簡単に見積もりの依頼ができます。

引っ越しの準備・手続きチェックリスト

今ならサービスをご利用いただくと「引っ越しの準備・手続きチェックリスト」「引っ越し料金キャッシュバック(抽選)」特典をご用意しています!

引っ越しまでのやることがわからない人や、引っ越しに伴う手続きをチェックリストで段取りを確認できます。

また、引越し業者の選び方は「料金」「口コミ・評判」「サービス内容」「ランキング」が確認するポイントです。
引っ越しは時期によって相場が変わるため、引っ越しの日程が決まったらまずは見積もりを依頼しましょう!

引っ越しの見積もり依頼で利用者特典をプレゼント

引っ越しの準備・手続きやることリストをもらう
引越しの見積もりをまとめて依頼
複数(最大10社)の引越し業者に対して一括で見積もりの依頼ができるサービスです。各社よりお電話もしくはメールにて料金をお知らせいたします。
引越しの一括見積もり依頼

QRコード

外出先でも、引越し侍!
スマートフォンや携帯電話から、24時間いつでもどこでも引越し見積もり!

Pマーク

当社は、一般財団法人日本情報経済社会推進協会(JIPDEC)(旧: 財団法人日本情報処理開発協会)より「プライバシーマーク」の付与認定を受けています。

東証一部上場

株式会社エイチーム引越し侍は、株式会社エイチーム(東証一部上場)のグループ企業です。
証券コード:3662

  • 引越し希望日

  • 現住所の郵便番号

  • 引越し先の都道府県

複数社の見積もりを比較