インターネットの引越し費用とお得にするための2つの方法

2018/10/11更新

インターネットの引越し費用を天秤にかけて悩む男性のイラスト

インターネットの移転手続きにかかる費用

今使っているインターネット回線の契約を引越し先にも引き継ぐには、インターネットの移転手続きが必要です。
しかし、インターネットの引越し費用は、お使いのインターネット回線の会社によって大きく異なります。

主な光回線の会社の移転手続き費用は以下のとおりです。

手数料 戸建ての工事費 マンションの工事費
ドコモ光 2,000円 9,000円 7,500円
auひかり 800円 37,500円 30,000円
フレッツ光 0円 9,000円 7,500円

※NURO光はインターネットの移転手続きには対応していません。

インターネットの移転手続きでは、キャッシュバックなどのキャンペーンは適用されないのが一般的です。
そのため、同じインターネットの契約を引越しで移転するだけでも数万円ほどの出費が出る可能性があるのです。

しかし、インターネットのキャンペーンをうまく利用することで、インターネットの引越し費用を割安にすることもできます。
ここからは、インターネットの引越し費用をお得にする方法を紹介していきます。

インターネットの引越し費用をお得にする2つの方法

キャッシュバックなどの特典を利用して、インターネットの引越し費用をお得にする方法は、以下の2つです。

  • 今まで使っていたインターネット回線を一度解約してから新規で契約し直す(「解約新規」といいます)
  • 他社のインターネット回線の会社に乗り換える

先ほどご紹介したとおり、インターネットの移転では工事費・手数料などの出費のみが発生してしまいます。
しかし、上記の方法ではキャッシュバックなどのキャンペーン特典を受けることができるので、移転費用を相殺できる可能性があるのです。

たとえばドコモ光の場合、移転するときと他社に乗り換えるときでは、費用に以下のような差が出ました。

解約・手続き費用 キャンペーン料金 結果
移転するとき 9,500〜11,000円 0円 9,500〜11,000円の支払い
他社に乗り換えるとき 13,000円 20,000円 7,000円がもらえる!

※2018年8月14日時点

※上記のキャッシュバック金額は、らくらくネットサポートの料金を参照しております。

ドコモ光の引越しをキャッシュバックでお得にする2つの方法

ただし、キャンペーンの料金は光回線を申し込むサイトや、販売する代理店によっても異なります。
解約新規や乗換を行う際には、複数の代理店を比較して、一番お得に契約ができる会社を選びましょう。

また、解約新規・乗り換えにはデメリットもあります。
それは、電話番号やメールアドレスを引越し先に引き継げないことです。

あなたに合った方法を選んで、お得にインターネットの引越しをしてくださいね!

インターネット回線を解約して、他社回線に乗り換える場合の手続き

それでは、契約中の回線を解約して、他社回線に乗り換える場合の具体的な手続きを紹介します。

  1. 引越し日を決める
  2. 新しく契約するインターネット回線、プロバイダを選び、契約申し込みをする
  3. 引越し前に、契約しているインターネット回線会社、プロバイダに解約の申し込みをする
  4. キャッシュバックの受け取り条件を確認し、条件を満たす
  5. 引越し先の工事を決める
  6. 引越しと一緒に、解約する回線会社へ機器などを返却する
  7. 引越し先で開通工事を受ける
  8. キャッシュバックを受け取る

以上です。
注意しなければいけない点について、次項で説明します。

プロバイダの解約手続き忘れに注意する

インターネット回線やプロバイダを乗り換える際、回線会社だけでなく、プロバイダの解約も忘れないように行いましょう。

プロバイダと回線会社は基本的に別会社で、解約手続き先も別々となっているからです。

プロバイダの解約手続きを忘れると、使っていないプロバイダに料金を支払い続けることになります・
月額1,000円ほどのプロバイダ料金でも、一年間解約を忘れていることに気が付かないと、12,000円の損失になります。

必ず忘れないようにプロバイダを解約しましょう。
プロバイダの引っ越し手続きについて詳しくは、「引っ越しでフレッツ光などのインターネット回線やプロバイダの解約・手続き方法まとめ」で紹介しています。 参考にしてください。

キャッシュバックの受け取り条件をしっかり確認する

キャッシュバックの受け取り条件は事前にしっかり確認をしてください。

キャッシュバックの受け取り条件を少しでも満たしていないと、満額を受け取ることができないからです。

キャッシュバックの受け取りには、次のような条件があることが多いです。

  • 有料のオプションプランに一度だけ、もしくは一定期間加入する
  • 指定の書類(全契約回線の解約を証明する書類など)を期限内に提出する
  • 指定の期限までに開通工事を行い、回線の利用を開始する

例えば指定の書類の提出が少しでも遅れた場合、キャッシュバックを満額受け取れない場合があります。

キャッシュバックを受け取ることが出来ないと、乗り換えのメリットがなくなってします。
受け取り条件を事前にしっかり確認し、確実に条件を満たすようにしましょう。
キャッシュバックについては、「インターネットの引越しをキャッシュバックキャンペーンでお得に移転手続きする方法」で紹介していますので、参考にしてください。

解約する回線から借りていた機器等をしっかりと返却する

解約する際、契約していた回線会社から借りていた、回線終端装置などの機器は確実に返却しましょう。
返却を怠ってしまうと、後日機器の実費分の費用を請求されてしまう可能性があるからです。

回線会社からレンタルしている機器は以下のものが考えられます。

  • 回線終端装置
  • 無線LANカード
  • アダプタなど

解約申し込み後に、返却用の袋などが送られてくるケースが多いです。
機器を同封し、指定された日までに確実に郵送し、返却しましょう。

大手インターネット回線各社のキャッシュバックプラン

回線会社によって、新規契約時のキャッシュバック対象や金額が異なります。

大手回線会社の公式キャッシュバックプランを次でご紹介します。

ドコモ光のキャッシュバック一例

dポイント20,000円分
ドコモ料金の支払いや、街中での買い物、飲食などに利用できるdポイントを20,000円分受け取ることが出来ます。
「ドコモ光の2年定期契約ありのプランに加入し、申し込みから7か月以内に利用を開始すること」「ドコモ携帯電話の契約者で、契約者がdポイントクラブ会員であること」などが条件です。
詳しくは、「ドコモ光の引越しをキャッシュバックでお得にする2つの方法」で紹介しています。

ソフトバンク光のキャッシュバック一例

初期工事費用分最大24,000円分無料
ソフトバンク光の初期工事に必要な費用分のキャッシュバックを受けることが出来ます。
一括でキャッシュバックを受けるか、月額利用料金の割引1,000円×24か月でキャッシュバックを受けるか選ぶことが出来ます。
他社回線違約金分、全額キャッシュバック
他社回線の解約時に必要になる違約金をキャッシュバックしてくれます。
申し込み時に他社回線を契約中であることが条件なので、解約後には申請できません。
必ず、申し込み後に、他社回線を解約しましょう。
申請には解約を証明する書類の提出が必要です。

auひかりのキャッシュバック一例

新規工事費全額キャッシュバック
戸建ての場合5年間、マンションの場合2年間、毎月の利用料金が割り引かれます。
戸建ての場合525円×60か月=37,500円、マンションの場合1,250円×24か月=30,000円の工事費が割り引かれます。
申請には固定電話の申し込みが必要です。
また、期中に解約してしまうと、受け取るはずだったキャッシュバックの残金を支払う必要があるので注意してください。
他社回線解約違約金同等額を還元
他社回線違約金相当額を、au ウォレットプリペイドカードへのチャージ、または郵便為替で還元します。
こちらも受け取りには、固定電話など指定のプランへの加入が条件です。
対応プロバイダ「au one net」の選択で10,000円キャッシュバック
7社の対応プロバイダのうち、auが運営するau one netを選択すると、10,000円分のキャッシュバックを受け取れます。 こちらも指定のプランへの加入が必要です。
詳しくは、「auひかりの引越しでキャッシュバックを利用してお得にする方法」で紹介しています。参考にしてください。

フレッツ光は現在新規契約のキャッシュバックがない

フレッツ光では現在、新規契約者に対するキャッシュバックを行っていません。

フレッツ光のインターネット回線を共用する「コラボレーション光」の各社は、キャッシュバックを用意しているので、そちらで探してみましょう。
ドコモ光やソフトバンク光も、コラボ光の会社となります。

回線の「解約新規」には注意が必要

乗り換えの方法の一つに、解約後、同じ回線で契約する「解約新規」という方法もあります。
この方法でもキャッシュバックを受け取ることができますが、いくつか注意点があります。
場合によっては、解約新規の方法はお勧めできません。

解約新規の方法ではキャッシュバックを受け取ることができない場合があるからです。

主にキャッシュバックがもらえない場合は以下の通りです。

同じ名義人での申し込みだと認められないケースが多い
同じ名義人で契約を申し込むと、新規契約と認められず、キャッシュバックを受け取れない可能性があります。
どうしても解約新規の方法を利用したい場合は、同居する家族の名義などで申し込むと良いでしょう。
違約金負担分のキャッシュバックを受け取ることができない
前契約が同じ回線会社なので、他社回線の解約を証明することができません。
このため、「他社回線の違約金負担」に関するキャッシュバックを受け取るができません。

トータルで見ると、違約金分のキャッシュバックを受け取ることができない分、費用面では単純に移転手続きする場合に近い費用が掛かります。

解約新規については、「インターネットの引っ越し手続きを、「解約新規」でお得にする方法」で詳しく紹介しています。

乗り換え先の月額利用料金も確認しておく

乗り換え先の月額利用料金をしっかり確認しておきましょう。

移転費用が安く済んでも、月額利用料金が高くなってしまうと、トータルでは高くなってしまう場合があるからです。
各社の月額基本料金の一覧表は以下の通りです。
2年契約ありの一般的なプランで比較しています。

戸建て マンション
ドコモ光 5,200円~5,400円 4,000円~4,200円
ソフトバンク光 5,200円 3,800円
auひかり 5,200円 4,050円
NURO光 4,743円 4,743円

まとめ

ここまで、インターネットの引っ越し費用と、お得な乗り換え方法などについて紹介しました。
改めて乗り換え時の注意点は以下の通りです。

  • プロバイダの解約忘れに注意する
  • 新規契約のキャッシュバックの受け取り条件を十分に確認して、確実に条件を満たす
  • 解約時には貸与機器を確実に返却する
  • 解約新規は乗り換え先によってはお得じゃない場合があるほか、同一名義人では認められない場合もある

以上です。
引越しは費用がかかるものなので、お得な乗り換え先を選んで、引っ越し費用を浮かせましょう。

引越しの見積もりをまとめて依頼
複数(最大10社)の引越し業者に対して一括で見積もりの依頼ができるサービスです。各社よりお電話もしくはメールにて料金をお知らせいたします。
引越しの一括見積もり依頼

QRコード

外出先でも、引越し侍!
スマートフォンや携帯電話から、24時間いつでもどこでも引越し見積もり!

Pマーク

当社は、一般財団法人日本情報経済社会推進協会(JIPDEC)(旧: 財団法人日本情報処理開発協会)より「プライバシーマーク」の付与認定を受けています。

東証一部上場

株式会社エイチーム引越し侍は、株式会社エイチーム(東証一部上場)のグループ企業です。
証券コード:3662

  • 引越し希望日

  • 現住所の郵便番号

  • 引越し先の都道府県

複数社の見積もりを比較