ピアノの付属品は揃えておくと高く買取してもらえる

2016/11/16

ピアノの査定にはピアノ本体だけでなく、ピアノの付属品が全て揃っていることも査定額に影響を与えることがあります。たとえば、購入時に椅子やピアノカバーやメトロノームなども一緒に購入される方が多いと思いますが、ピアノの鍵盤カバーなどはメーカーのロゴが入っていたりするので、付属の品があると好印象となります。また、ピアノを置くためのインシュレータなどはその有無で査定を左右する場合も少なくありません。

種類別、付属品チェックリスト

ピアノは音を保つために、そのまま床に置くことはしません。
洋室でフローリングや絨毯の上に置く場合は、専用のインシュレータを足に付け、畳の場合は敷き板を敷いてその上に載せることになります。
後から購入することができたり、防音や防振、耐震性能を持った、よりグレードの高い最新の商品に交換することもできますが、やはり付いていたものは全て揃っていたほうが望ましいです。
ピアノの重量で床が沈まないよう補強するためのボードや、床暖房のあるお部屋に設置する場合に熱がピアノに影響しないようにする断熱性のボードなど、使用してきたものがあれば、そのまま査定をしてもらいましょう。
電子ピアノ用の防振マットや、ピアノの振動を床に伝えにくくするための対策グッズやなども利用していた場合は、合わせて査定を受けるとよいでしょう。

グランドピアノの付属品チェックリスト

グランドピアノはサイズも大きく、独特の形状をしているため、付属品は揃っているほど査定によい影響を与えます。
専用のピアノカバーがある方は、埃などで汚れていれば、出来るだけ査定前にクリーニングをしておくのがおすすめです。
専用の鍵盤用カバーは、途中で買い替える方も多いですが、メーカーのロゴが入ったものだとプラス効果が望めます。
椅子も同時に売ってしまうのがよいので、椅子も掃除しておきましょう。
インシュレータが足の数だけ揃っているか、ボードもあれば揃えておきましょう。

アップライトピアノの付属品チェックリスト

アップライトピアノの場合もほぼ同様です。
専用のピアノカバーや、そのピアノについてきた鍵盤用カバー、椅子は揃っていますか?インシュレータとボードも揃えておきましょう。

電子ピアノの付属品チェックリスト

電子ピアノの場合は、グランドピアノやアップライトピアノよりも、付属品の有無が査定額に与える影響が大きくなります。
付属品が多く、そのモデルには対象商品でなければ対応できないことが少なくないためです。
椅子やマットはもちろん、自動演奏機能のディスクや録音マイク、付属CDなども全て揃えておきましょう。

まとめ

ピアノ査定では付属品を揃えておくことも、査定額アップや査定額に影響を与えることがあります。
なるべく購入時についていたものを揃えて、査定に臨むようにしましょう。

高くピアノを買取査定してもらう方法
引越しの見積もりをまとめて依頼
複数(最大10社)の引越し業者に対して一括で見積もりの依頼ができるサービスです。各社よりお電話もしくはメールにて料金をお知らせいたします。
引越しの一括見積もり依頼
ピアノの運送・引越しの費用を比較
引越しに伴うピアノの輸送や敷地内でのピアノの移動などピアノの輸送を専門としている業者に対して一括で見積もりが依頼できます。
ピアノの運送・引越し一括見積もり依頼
ピアノの買取・査定額を比較
ピアノの買取業者に対して一括で査定を依頼する事で一番高く買い取ってくれる業者を見つけて売却することができます。
ピアノの買取一括査定依頼

QRコード

外出先でも、引越し侍!
スマートフォンや携帯電話から、24時間いつでもどこでも引越し見積もり!

Pマーク

当社は、一般財団法人日本情報経済社会推進協会(JIPDEC)(旧: 財団法人日本情報処理開発協会)より「プライバシーマーク」の付与認定を受けています。

東証一部上場

株式会社エイチーム引越し侍は、株式会社エイチーム(東証一部上場)のグループ企業です。
証券コード:3662