【ピアノ引越し・運送の流れ】

ピアノ引越し・運送の流れを知っておこう

ピアノは高価な上、とても精密な楽器であるため、引越し時は細心の注意を払って運送をおこなう必要があります。
最後まで安心して引越しをおこなうためにも、ピアノ引越しの流れを知っておきましょう。
業者への見積もりの取り方から、引越し当日までにするべきこと、当日の搬出・搬入までの詳しい流れをご紹介します。

まずは見積もりを依頼しよう

ピアノの引越しに対応している業者は、全国にたくさんあります。
業者によって料金や対応しているピアノの種類は異なるため、まずは数社へ見積もり依頼をしましょう。複数の見積もりを比較することで、より自分の条件に合った業者を見つけることができます。

<見積もり時に必要な情報>
見積もりを依頼する際は、下記の項目を業者に伝える必要があります。
特に、新旧居の建物の種類や周辺環境は、料金を大きく左右する項目になるため、なるべく正確に伝えるようにしてください。

  • 希望の引越し日
  • 新旧居の住所
  • 運搬したいピアノの種類、品番
  • 新旧居の建物の種類(マンション・戸建など)
  • 新旧居の周辺環境(エレベーターや駐車スペースの有無、通路の幅など)

引越し前の訪問見積もりで、当日も安心

ピアノの種類や建物の条件によっては、クレーンなどの特殊な作業が必要になる場合があります。引越し当日になって対応できないと分かる場合や、追加料金発生などのトラブルを避けるためにも、業者に訪問見積もりを依頼し、事前に確認してもらいましょう。

<特殊作業が必要になりやすい条件>

  • マンションの高層階からの引越し、または高層階への引越し
  • エレベーターが無いマンション・アパート
  • 最大積載量が小さいエレベーター(目安:600kg以下)
  • 廊下や通路、階段・踊り場の幅が狭い建物

※訪問見積もりをおこなっていない業者もあります。

ピアノ引越しの業者が決まったら、当日までに済ませておきたいこと

依頼する業者が決まったら、下記の事前準備を済ませておきましょう。
これらを済ませておくことで、当日のピアノ引越しがよりスムーズになります。

ご近所の方への挨拶

引越し前は慌ただしくなるため、ご近所への挨拶はついつい忘れがちに。
引越し当日は、長時間のトラックの停車や騒音などで迷惑をかけるため、ご近所の方へは、お世話になったお礼も兼ね、事前に引越しの旨を伝えておくようにしましょう。

キズや汚れを確認しておく

引越し後、ピアノのキズに気付いた場合、業者と依頼主のどちらが責任を負うかで、トラブルが生じる可能性があります。このようなトラブルを避けるためにも、引越し前は、ピアノにキズがないかを確認しておきましょう。

新居での配置場所を考えておく

ピアノはとても重量があるため、設置場所にも注意が必要です。特に2階以上に置く場合は、床の強度に問題が無いか、事前に調べておきましょう。 周囲への音漏れを防ぐため、ある程度防音性を備えた部屋を選ぶことも大切です。

引越し当日が悪天候だった場合のことを確認しておく

引越し当日が悪天候だった場合、引越しをおこなうかどうかを、業者に前もって確認しておくと良いでしょう。 少量の雨であれば、専用のピアノカバーでしっかりと保護した上で作業をおこなうことがほとんどですが、大雨や台風、強風を伴う悪天候となった場合は、ピアノへの影響や事故の恐れを考え延期になることも。 引越し予定日の前日、既に悪天候が予想されている場合は、早めに業者に確認することをおすすめします。

支払方法を確認しておく

支払方法は業者によって異なります。引越し当日に現金で支払う場合がほとんどですが、中にはクレジットカードにも対応している業者もあるため、事前に確認しておくとよりスムーズです。

調律サービスを受けるかどうか考えておく

ピアノはとてもデリケートな楽器で、数メートルの移動でも音色が変わってしまうと言われている程です。運送中に音がずれてしまう可能性があるため、引越し後はほとんどの場合で調律が必要になります。 業者によっては、別料金で調律サービスを取り扱っているところもあるため、依頼したい場合は事前に確認しておきましょう。

ピアノ引越し当日の流れ・作業

引越し当日、スムーズに搬出・搬入をおこなうためにも、ピアノ引越しの流れをチェックしておきましょう。基本的に、ピアノの梱包から業者がおこなうため、依頼主が実際に手を動かすことはほとんどありません。

ピアノ引越し 搬出の流れ

① 旧居にてピアノ設置状況の確認
② 運送経路の確認
運搬しやすくするために、ピアノ付近に設置された家具の移動や、窓サッシの取り外しなどおこなう場合があります。高価な家具や家電は、あらかじめ移動しておくことをおすすめします。
③ ピアノの梱包
④ 建物の養生
⑤ 搬出
2階以上から搬出する場合、クレーンなどを使用する可能性があります。

ピアノ引越し 搬入の流れ

① 新居にてピアノ設置場所の確認
② 建物の養生
③ 搬入
④ 設置(組み立て)
⑤ レイアウトの最終確認
⑥ 音程(調律)とキズの確認

搬入後は、音程とキズがついていないかの確認を忘れずにおこないましょう。

※業者によって、搬出・搬入の流れが異なる場合があります。

【まとめ】
ピアノの引越しをトラブル無くおこなうためには、引越しまでの流れをつかんでおくことが大切です。
また、見積もりを取る際は、ピアノの大きさや重さ、新居の置き場所、エレベーターの有無や出入口の幅などを、なるべく正確に業者に伝えるようにしてください。

格安でピアノの運送をする方法
引越しの見積もりをまとめて依頼
複数(最大10社)の引越し業者に対して一括で見積もりの依頼ができるサービスです。各社よりお電話もしくはメールにて料金をお知らせいたします。
引越しの一括見積もり依頼

QRコード

外出先でも、引越し侍!
スマートフォンや携帯電話から、24時間いつでもどこでも引越し見積もり!

Pマーク

当社は、一般財団法人日本情報経済社会推進協会(JIPDEC)(旧: 財団法人日本情報処理開発協会)より「プライバシーマーク」の付与認定を受けています。

東証一部上場

株式会社エイチーム引越し侍は、株式会社エイチーム(東証一部上場)のグループ企業です。
証券コード:3662