単身の引越し見積もり – 値段の目安と単身向けパックの料金比較

2021/07/08

引っ越し単身パックの料金相場と荷物量の比較

単身向けパックを利用した場合と、通常プランで引越し業者に依頼をした場合の料金相場を比べると以下のとおりです。

移動距離 単身引越しパックの相場 単身引越しの相場
市内の引越し 平均
19,250円
平均
29,700円
県内の引越し 平均
24,150円
平均
32,500円
遠距離の引越し 平均
34,650円
平均
77,970円

※記載の金額は5~2月に引っ越した場合の費用目安です

※引越し料金や単身専用パックの価格は市場状況により金額は変動しますので、目安としてお考え下さい

市内や県内の引越しの場合、条件によっては単身専用パックのほうが数千円~1万円ほど安く引越しできます。
また、遠距離の引越しでは数万円以上の金額差が出る場合もあり、特に一人暮らしで費用を抑えたい人に単身向けパックはおすすめです。

このページでは、単身の引越し費用相場と単身引越しパックの料金比較を掲載しているので、自分がどの業者のプランを利用すべきか検討材料にしてください。

見積もり比較
引越し料金安くなる

引越し侍を使って業者を選ぼう! 引越し業者のロゴ一覧
引越し会社によって料金が最大50%差が出るイメージ

単身引越しパックが安い理由と料金相場の比較

単身引越しパックとは、荷物が少ない一人暮らしの人向けの格安引越しプランです。
一般的な引越し業者の引越しとは違い、専用のコンテナに荷物を積み込んで運ぶ仕組みです。

ただし、単身引越しパックは格安の料金で引越しができますが、運ぶ荷物量に制限があります。
ここでは、「単身引越しパック」と「単身引越しプラン」でお悩みの人に向けて、単身引越しパックについて詳しく説明していきます。

単身引越しパックの見積もりが安い理由

単身パックと単身プランを比較したマトリクス図

単身引越しパックは格安で提供されていますが、それは単身向けプランより輸送できる「荷物量」が少ないことが大きな理由です。

単身引越しパックと単身向けプランの違いについて、以下の表で確認していきましょう。

  料金 荷物量 訪問見積もり
単身パック 安い 制限あり 基本的に不要
単身向けプラン 高い 制限なし 基本的に必要
日本通運の単身パック専用コンテナボックス

単身引越しパックは「高さ170cm×横幅110cm×奥行き100cm」程度の大きさの、滑車付きコンテナボックスに荷物を積み込み輸送する引越しサービスです。
そのため、単身引越しパックを利用する際は、1つのコンテナに載せきれる荷物のサイズや量に制限がかかります。
対して、単身向けプランでは依頼者の状況に合わせてトラックをチャーターするので、荷物量の制限はありません。

また、単身パックはコンテナに載せきれる荷物量が決まっているので、基本的に訪問見積もりが必要ありません。
同時に、複数のコンテナを一度にトラックで輸送できるので輸送コストが低く、単身向けサービスよりも格安の料金で引越しすることができるのです。

コンテナボックスを混載したトラックのイラスト

このように、単身引越しパックは荷物量に制限があるため引越し料金が安くなります。
では、単身プランと比べてどのくらい安くなるのかを紹介していきます。

単身引越しパックと通常の単身引越しの相場比較

単身引越しパックと単身引越しの費用相場を比較したものが以下の表です。

輸送距離 単身引越しの相場 単身パックの相場 差額
~15km未満
(同市区町村程度)
19,250円 27,000円 -7,750円
~50km未満
(同都道府県程度)
24,150円 30,000円 -5,550円
~200km未満
(同一地方程度)
24,200円 41,750円 -17,550円
~500km未満
(近隣地方程度)
29,700円 54,000円 -24,300円
500km以上
(遠距離地方程度)
34,650円 65,940円 -31,290円

※上記の相場は、単身者が5~2月の閑散期に少ない荷物量で引越しする場合の平均金額となり、オプションサービスなどの付帯料金を含みません

※「単身引越しの相場」は引越し侍の利用ユーザーの口コミ、「単身パックの相場」は日通, クロネコヤマト等の引越し会社の料金設定を平均して算出しております

上記の差額のとおり、単身引越しパックの利用をすることで、荷物量や移動距離が同条件の引越しであっても、約7,000円から最大で3万円弱ほど費用を抑えられることがわかります。
特に、県外への移動などの中~長距離の引越しを予定している方であれば、単身パックを活用したほうがより安い費用で引越しできます。

では、実際に単身引越しパックを提供している業者と料金目安、荷物量を紹介していきます。

各業者の単身専用パックの料金とサイズ比較

「単身パック」は日本通運の商標登録商品ですが、そのほかの引越し会社も同様に、単身者向けの類似サービスを行っています。

各引越し業者が提供する単身引越しパックの積載容量や、料金は下記の通りとなっています。

名称 料金 横幅×奥行×高さ(cm) 容量(㎥) 保険金額 その他
日本通運 単身パックS 17,600円~ 108×74×155 1.23 200万円
単身パックL 19,800円~ 108×104×175 1.96 200万円
単身パック積んでみる1.5㎥ 18,700円~ 100×100×150 1.5 200万円
ヤマトホームコンビニエンス 単身者向け引越サービス「わたしの引越」 15,400円~ 104×104×170 1.84
サカイ引越センター 小口便引越サービス 要問合せ 105×75×144 1134
西濃運輸 カンガルー単身MAX+1 41,800円~ 115×128×170 2.5
ハトのマークの引越社 小鳩パック 要問合せ 104×74×146 1.12362
三八五引越センター シングルパックMサイズ 要問合せ 110×80×150 1.32
シングルパックLサイズ 要問合せ 110×110×170 20.57
プロスタッフ 単身引越しパック 16,500円~ 大物家具4点+小物20点

※掲載している情報は2021年6月現在のものとなります

※掲載している料金は同一都道府県内で、各種割引制度を活用した場合の最安値で算出しています。

このように、単身引越しパックを提供している会社は多いですが、業者によって運べる荷物量が異なります。
以降では、単身引越しパックで運べる荷物量の目安をご紹介していきます。

単身引越しパックの荷物量の目安

単身引越しパックで運べる荷物量の目安を紹介していきます。
ここでは日通の単身パックSとLを例に説明していきます。

単身パックSで運べる荷物の目安

  • 冷蔵庫(単身用)
  • 薄型テレビ(20型)
  • 掃除機
  • 電子レンジ
  • テレビ台(小)
  • カラーボックス(3段)
  • 姿見
  • 布団
  • ダンボール(120サイズ)4個

単身パックLで運べる荷物の目安

  • 冷蔵庫(単身用)
  • 洗濯機(4kg)
  • 薄型テレビ(20型)
  • 掃除機
  • 電子レンジ
  • テレビ台(小)
  • カラーボックス(3段)
  • 衣装ケース(120サイズ相当)
  • 姿見
  • 布団
  • ダンボール(120サイズ)5個

ワンルームや1Kなどの荷物量が少ない人であれば十分単身パックで荷物を運ぶことができそうです。

より詳細な荷物量の目安を知りたい場合は、日本通運が提供している「単身パック積載シミュレーション」を利用してみてください。
このシミュレーションを使えば、持っている荷物情報を入力するだけで、荷物が積めるか否かやコンテナボックスがいくつ必要かがその場でわかります。

日通の「単身パック積載シミュレーション」のキャプチャ

単身パック積載シミュレーション | 日本通運

一方、単身引越しパックで運ぶことができない・難しい荷物もあります。
以下ではそうした荷物について紹介をしていきます。

単身引越しパックで運べない家電や家具

単身引越しパックで運ぶことができない、あるいは運ぶのが難しい荷物をまとめました。
引越し荷物に以下のものが含まれている場合は、単身引越しパックを利用できない可能性がありますので、事前にチェックしておきましょう。

ベッド 折り畳み式のベッドであれば運送可能。組み立て式は長さがあるため運送は難しいです。
布団のように折りたためないマットレスも同様なので要注意。
詳しくはベッドの運べる引っ越しの単身専用パックってあるの?をご覧ください。
自転車 コンテナボックスに収まるサイズであれば運送可能。かさばるため他の荷物が載せられなくなるので自転車は別便での配送がおすすめ。
詳しくは自転車は引っ越しの単身専用パックで運べるの?をご覧ください。
冷蔵庫 2ドアタイプの冷蔵庫は配送可能。3ドアの冷蔵庫も高さ170cm以下のものであれば日通の「単身パックL」で配送可能。
洗濯機 ドラム型・全自動洗濯機(縦型)などタイプを問わず、コンテナボックスに積み込むことが可能。
詳しくは洗濯機が運べるひとり暮らしの引っ越しにおすすめの単身専用パック4選をご覧ください。
ソファ 3人掛けのソファなどで、横幅が170センチを超えるものは運搬が難しい
液晶テレビ 家庭用サイズのテレビであればほぼ積むことができる
70型(インチ)以上のものは横幅が150センチを超えてくるので、容量の小さなコンテナには積載が難しい
原付バイク エンジン付きの乗り物は運搬できません。
ストーブ 燃料タンクの灯油が空の状態であれば運送可能。

もし、運べない荷物がある場合は別途で輸送手段を考えるか、単身パックの利用を断念しなければなりません。
上記の項目にある荷物をお持ちの場合は、必ず引越し業者へ連絡し、相談をしましょう。

以下では、引越し業者に単身引越しを依頼した場合の費用相場を詳しく紹介します。

単身引越しの費用相場

単身に限らず、引越し業者の見積もり金額は「荷物量」「距離」「時期」によって変わります。
時期と距離の条件を分けた場合の、単身引越しの費用相場は以下の通りです。

  • 通常期(5月~2月)
  • 繁忙期(3、4月)
単身
(荷物少ない)
単身
(荷物多い)
全平均

平均

34,560円

平均

42,000円

~15km未満
(同市区町村程度)

平均

27,000円

平均

32,400円

~50km未満
(同都道府県程度)

平均

30,000円

平均

35,000円

~200km未満
(同一地方程度)

平均

41,750円

平均

50,000円

~500km未満
(近隣地方程度)

平均

54,000円

平均

70,000円

500km以上
(遠距離地方程度)

平均

65,940円

平均

90,000円

単身
(荷物少ない)
単身
(荷物多い)
全平均

平均

52,000円

平均

70,000円

~15km未満
(同市区町村程度)

平均

35,640円

平均

44,000円

~50km未満
(同都道府県程度)

平均

44,000円

平均

54,000円

~200km未満
(同一地方程度)

平均

61,000円

平均

81,000円

~500km未満
(近隣地方程度)

平均

90,000円

平均

115,000円

500km以上
(遠距離地方程度)

平均

100,000円

平均

140,000円

※掲載している相場料金は引越し侍の利用ユーザーのアンケート(過去4年分)から算出しております

※相場は市場の変化等により大きく変動する場合がございますので、あくまで目安としてご利用ください

単身引越しの料金相場は、5月~2月の閑散期であれば、同一の市内や県内の移動で3万円~4万円程度、他県への移動で5万円~10万円ほどです。
ただし、引越し料金は引越し業者への依頼が集中する繁忙期の3~4月上旬は高くなるため、金額はそれぞれの移動距離で1.4倍ほどに上昇します。

春先の単身引越しは、同じ県内で4万円~5.5万円、県外への引越しで10万円前後~15万円ほどが相場となります。

参考:引越し費用の相場と料金総額の目安

ワンルーム・1Kの引越し費用相場

単身者の住居で多い部屋の間取り別に、引越し費用の相場料金を紹介します。

  • 通常期(5月~2月)
  • 繁忙期(3、4月)
距離 ワンルーム 1K
~15km未満
(同市区町村程度)

30,000円

30,000円

~50km未満
(同都道府県程度)

33,480円

34,000円

~200km未満
(同一地方程度)

48,000円

53,000円

~500km未満
(近隣地方程度)

65,000円

195,040円

500km以上
(遠距離地方程度)

80,000円

93,500円

距離 ワンルーム 1K
~15km未満
(同市区町村程度)

45,000円

40,000円

~50km未満
(同都道府県程度)

50,000円

54,000円

~200km未満
(同一地方程度)

70,000円

77,000円

~500km未満
(近隣地方程度)

119,000円

115,000円

500km以上
(遠距離地方程度)

110,000円

130,000円

※掲載している相場料金は引越し侍の利用ユーザーのアンケート(過去4年分)から算出しております

※相場は市場の変化等により大きく変動する場合がございますので、あくまで目安としてご利用ください

ワンルーム・1Kの方の引越し料金相場は、同じ市内や県内引越しでおよそ3万円~4万円、他県への引越しで6万円~8万円です。

繁忙期は、同一県内の引越しで4.5万円~5.5万円、他県への引越しで7万円~13万円ほどが相場です。

単身プランがある安いおすすめの引越し業者

引越し業者には、一人暮らしの人向けのプランを用意している場合があります。
ここでは、単身者専用の引越しプランがある人気の引越し業者を紹介していきます。
その中でも特に値段を重視した格安プランに絞って紹介します。

サカイ引越センター

サカイ引越センターは、単身者専用のプランとして以下のコースを提供しています。

コース 利用条件
せつやくコース ・自分で荷造り
ご一緒便コース ・自分で荷造り
・引越し日の指定ができない
・荷物量に制限あり

サカイ引越センターでは、自分で梱包・荷造りをすることで料金を節約できる「せつやくコース」を提供しています。
また、引越し日や時間をサカイ引越センターにまかせることで安くできる「ご一緒便コース」があります。

無料単身引越しの見積もりを依頼する

※お客様のご条件によっては、サカイ引越センターでは対応できない場合がございますので、ご了承ください。

アート引越センター

アート引越センターは、単身者専用のプランとして以下のコースを提供しています。

コース 利用条件
おまかせパック基本コース ・自分で荷造り
学割バック ・学生限定

アート引越センターでは、自分で荷造りをすることで料金が安くなる「おまかせパック基本コース」を提供しています。
また、学生限定で学割が適用される「学割パック」があります。
これから新生活を始める人は検討してみてはいかがでしょうか。

無料単身引越しの見積もりを依頼する

※お客様のご条件によっては、アート引越センターでは対応できない場合がございますので、ご了承ください。

アーク引越センター

アーク引越センターは、単身者専用のプランとして以下のコースを提供しています。

コース 利用条件
ミニ引越しプラン ・1R~1LDK規模の家財
・近距離の引越し
ミニ引越し長距離プラン ・1R~1LDK規模の家財
・長距離の引越し
荷物多め単身プラン ・1R~1LDK規模の家財で荷物が多めの場合

アーク引越しセンターでは、1R~1LDK規模の荷物量の人向けに3つのプランが提供されています。
近距離向けの「ミニ引越しプラン」、長距離向けの「ミニ引越し長距離プラン」、荷物多めの人向けの「荷物多め単身プラン」があります。

無料単身引越しの見積もりを依頼する

※お客様のご条件によっては、アーク引越センターでは対応できない場合がございますので、ご了承ください。

アリさんマークの引越社

アリさんマークの引越社は、単身者専用のプランとして以下のコースを提供しています。

コース 利用条件
超ミニ引越しプラン ・ダンボール10個まで
特ミニ引越しプラン たたみ1畳程度の荷物量
・ダンボール15個まで
・テレビ(小)、チェスト(小)
ミニ引越しプラン たたみ3畳程度の荷物量
・ダンボール20個まで
・テレビ、冷蔵庫、洗濯機、電子レンジ、自転車など

アリさんマークの引越社では、荷物量に応じて「超ミニ引越しプラン」「特ミニ引越しプラン」「ミニ引越しプラン」の3つのプランが用意されています。
荷物量がプランの条件に当てはまる場合には安く引越しができます。

無料単身引越しの見積もりを依頼する

※お客様のご条件によっては、アリさんマークの引越社では対応できない場合がございますので、ご了承ください。

荷物が少ない人には「ミニ引越しプラン」という荷物が少ない人向けのサービスの利用もおすすめです。

主に「短距離の輸送」「荷物はダンボール10個くらいまで」といった制約はありますが、非常に安い料金で引越しができるので検討してみましょう。

単身引越しを安くする6つのテクニック

単身引越しパックや単身プラン以外で、一人暮らしの方が引越しの費用を安くできる主な方法は以下の6つです。

  • 一括見積もりサービスで業者を相見積もりする
  • 単身引越し料金の安い引越し会社を選ぶ
  • 業者による引越し見積もりを安くする
  • 宅配便や宅急便で荷物を運ぶ
  • 赤帽の引越しサービスを使う
  • レンタカーで自分で引越をする
  • 賃貸契約の初期費用を安くする

それぞれの方法や、安くするコツ・ポイントを詳しく見ていきましょう。

一括見積もりサービスで業者を相見積もりする

引越し業者の料金には定価が無いため、同じ一人暮らしの引越しでも依頼先によって価格に差が出ます。
複数の引越し会社の見積もりを簡単に比較するには「一括見積もり」がおすすめです。

引越し侍の一括見積もりサービスは、全国300社以上の引越し業者から、あなたの引越しを最も安く請け負ってくれる業者を探せます。
少しでも安い費用で引越しをしたいと考える皆さんは、ぜひ当サービスをお試しください。

見積もり比較
引越し料金安くなる

引越し侍を使って業者を選ぼう! 引越し業者のロゴ一覧
引越し会社によって料金が最大50%差が出るイメージ

単身引越し料金の安い引越し会社を選ぶ

単身者の引越しに特化した引越し業者を探して契約することで、引越し費用を安く抑えることができます。
各引越し業者ごとに得意とする内容が異なるので、同じ条件でも見積もりや料金設定に差が出るからです。
単身向けの安い引越し業者を探したい方は、「安い引越し業者ランキング(単身・家族別)」を参考にしてください。

業者による引越し見積もりを安くする

引越し会社の料金は「基本運賃」や「実費」といった内訳で提示されます。
内訳を知ったうえで、それぞれの代金を安くする工夫をすることで、見積もり金額を大幅に安くすることができます。
少しでも引越し費用を抑えたい方は、「引越し見積もり料金を安くする10の方法」をご覧ください。

宅配便や宅急便で荷物を運ぶ

荷物が極端に少なく、かつ短距離の引越しを行うという方は、宅急便や宅配便の利用が最も費用を抑えられることがあります。
例えば、ダンボール10箱程度の荷物しかない場合、単身パックで1.5万円、宅配便で1.3万円ほどの料金となるため、宅配便の利用の方が安いです。
詳しくは、「単身の引越し費用は宅急便・宅配便を使うと安い?」を参考にしてください。

赤帽の引越しサービスを使う

「赤帽」は軽トラック1台分程度の荷物の引越しを専門で行うサービスです。
引越し侍が行ったシミュレートでは、大きな家具や家電がある単身の方は、単身パックよりも赤帽引越しのほうが安くなる結果となりました。
赤帽の利用も検討されている方は、「赤帽の引越し費用はどれくらい?」をご覧ください。

レンタカーで自分で引越をする

近距離の引越しの場合は、レンタカーを利用して自分で引越をすることで費用を抑えられる場合があります。
荷物は自分たちで運ぶ必要がありますが、レンタカー代だけで引越しできるので格安で引越しできます。
レンタカーでの引越しを検討している人は、「レンタカーで引越し費用を格安にする方法」を参考にしてみてください。

賃貸契約の初期費用を安くする

引越し作業にかかる費用ではなく、家賃や敷金礼金などの賃貸契約にかかるコストを抑え、トータルの出費を安く済ませるという手段もあります。

一人暮らし引越しの初期費用は何万円?引っ越し料金と敷金礼金・家賃の相場」では、単身の方向けに物件契約をコストダウンする方法をご紹介しています。

引越し見積もり費用の相場と引越し業者の料金を比較!

引越し侍では、引っ越し見積もり費用の相場と料金を比較できる2つのWebサービスを提供しています。

一括見積もり
複数の引越し業者から電話・メールで料金をお知らせ
予約サービス
ネットから引越し業者の見積もり料金と相場を確認

日通、佐川、アートなど大手引越し業者から中小の業者まで引っ越しをする人のニーズに合わせたパックやプランを用意しています。

一人暮らしの引っ越し相場の比較例

例えば、一人暮らしの荷物の少ない引っ越しに向けて「単身専用パック」があります。単身専用パックの特徴は、運べる荷物の量と料金があらかじめ設けられている点です。
料金の相場は1万円~3万円以内で運ぶ荷物の量と引越し業者により内容が異なります。

その他にも「らくらくパック」や「おまかせパック」「近距離プラン」など引越し業者の数だけプランやパックがあり料金・サービスの内容も異なります。

引越し侍の見積もりサービスでは各社のパックやサービスの内容と料金を比較できるため安いパック・プランの引越し業者を見つけられます。

引越し業者はどこがいいか選び方に迷ったら「料金」「口コミ・評判」「サービス内容」「満足度ランキング」をポイントにしましょう。
サービスの利用後には「引っ越しの準備・手続きやることリスト」もプレゼント特典や各種キャンペーンをご用意しています。

単身の小さな引っ越しから・家族やオフィスの移転まで24時間無料で簡単に見積もりの依頼ができます。
格安で引っ越しをしたい方は是非ご利用ください!

【無料】引越し見積もりの比較スタート
Pマーク

当社は、一般財団法人日本情報経済社会推進協会(JIPDEC)(旧: 財団法人日本情報処理開発協会)より「プライバシーマーク」の付与認定を受けています。

東証一部上場

株式会社エイチーム引越し侍は、株式会社エイチーム(東証一部上場)のグループ企業です。
証券コード:3662

エイチーム引越し侍

運営会社:株式会社エイチーム引越し侍
〒450-6432 名古屋市中村区名駅三丁目28番12号 大名古屋ビルヂング32F

閉じる 4月の引越しが安い人気業者を探す

簡単入力&ご利用無料!引越しのお見積もりはこちらから