引越しの荷物一時預かりサービスの料金と上手な使い方

2016/12/20

引越しの荷物

荷物の一時預かりサービスとは、荷物を一時的に倉庫やトランクルームなどで預かり保管するサービスのことです。

旧居から出した荷物を預けることができるため、「引越しはしたいけれど、新居に家具をまだ入れられない・・・」そんな悩みを解決することができます。

【こんな方にオススメ!】

  • まだ新居に家具を入れられない
  • 遠方からの引越しで移動時間がかかる
  • 単身赴任先の家がまだ決まっていない
  • 家のリフォームや建て替えをする

しかし、全ての引越し業者がこの一時預かりサービスを行っているわけではありません。
引越し侍の一括見積もりサービスを使えば、240社を超える引越し業者の中から荷物の一時預かりサービスに対応している業者のみの見積もりを取り、引越し料金を比較することができます。

パソコンを操作する女性のイラスト

現住所と新しい住所、運ぶ荷物の情報を入力すると・・・

荷物の一時預かりサービス対応の引越し業者の見積もりが比較できる!

引越し業者の見積もりを比較する!

荷物の一時預かりサービスとは

「住宅の建替えやリフォームをする場合」「退去と入居のタイミングがずれて転居先にまだ住民がいる場合」など、何らかの理由で新居に荷物を搬入できないケースがあります。そんなにときに活用したいのが「荷物の一時預かりサービス」です。

サービスを提供しているのは「引越し業者」と「トランクルーム専門会社」の2つ。この2つの特徴を把握することで、自分あった“荷物預かりのプラン”を選択することができます

荷物預かりサービスが利用されるタイミング

「荷物の一時預かりサービス」は以下のような場合によく利用されます。

  • 退去と入居のタイミングがずれた場合
  • 自宅の建て替え
  • 大がかりなリフォーム
  • 新居に設置できない大型家具がある場合

自宅の建て替えやリフォームの場合は、最低限の荷物だけを仮住まいに移し、多くの荷物は自宅のできあがりを待つことになります。また、新居に入らない大型の家具で、捨てるには惜しいものをとりあえず預けておくケースもあります。

先にも触れた通り、預ける方法は引っ越し業者かトランクルーム専門業者の2通り。それぞれのサービス内容についてご紹介します。

引越し業者の荷物預かりサービスを利用する

引越し業者の荷物の一時預かりサービスは、とにかく手間いらず。しかし意外と制約の多いサービスでもあり、引越し業者によってサービスを利用できる条件が異なります。
申し込む前に各サービスの違いをこのページで確認しておきましょう。

見積もり依頼からの流れ

見積もり依頼からの流れのイメージ図

業者に預けたい荷物がある場合は、見積もり時にサイズや量などをきちんと伝えましょう。正確な内容が業者に伝わっていないと、「預けたい荷物が保管庫に入りきらなかった」「業者が保管できない荷物だった」などのトラブルが起こる可能性があります。
訪問見積もりを依頼するなどして、事前に中身を確認してもらうと安心です。

保管期間・料金などの業者比較

荷物の一時預かりサービスを行っている引越し業者をまとめました。引越し時に荷物を預けることを検討している方はぜひ参考にしてください。

会社名 プラン内容
ヤマトホームコンビニエンス 自宅の建て替え時に、仮住まいに入らない荷物の一時預かりをするサービス。
預かる量に制限はありませんが、保管期間は5ヵ月以内となっています。仮住まい中の保管庫からの荷物の出し入れ時には追加料金が発生します。
アート引越センター 引越し時のオプションサービス。
保管期間に応じた保管料および入庫・出庫の際にかかる運搬作業費、さらに希望のオプションサービス費用がかかります。ただし預かる日数が短く、荷物量が少ない場合は保管分の追加料金を取らないこともあります。
アーク引越センター 引越しのオプションサービスの1つです。
トランクルームで保管し、その保管費用が請求されます。
アリさんマークの引越社 自社での保管ではなく提携の業者を紹介。
紹介料はありませんが保管料は発生します。
日本通運 リフォームや新居の退去待ちなど、さまざまな状況に対応して荷物を預かります。
1ヵ月未満は輸送モードによる日程調整での対応。長期の場合は、保管に適した梱包を施した上、国土交通省認定の優良トランクルームで保管します。
サカイ引越センター 新築やリフォームに付随したサービスです。
料金は期間や量によって変わるため、訪問見積もりが必要となります。預かっている荷物の一部は出庫できません。

引越し業者のメリット

引越し業者のメリットは、次のとおりです。

  • 1回の手続きで引き取り・保管・配送が済む
  • 業者がきちんと梱包した状態で保管してくれる
  • 荷物量が少なく、保管期間が短い場合は引越し料金に含まれる場合がある

引越し業者のメリットは、なんといっても手軽さです。引越作業とセットになっているため、1回の手続きで引き取り・保管・配送が済みます。
業者によっては、荷物量が少なく預ける日数が短い場合などは、引越し料金に保管料を含んでいる場合もあります。

引越し業者のデメリット

引越し業者のデメリットは、次のとおりです。

  • 荷物の出し入れが自由にできない
  • 期間により保管方法が異なるため、デリケートな物品の保管に向いていない

意外に知られていないデメリットが、自由に荷物を出し入れできないことです。荷物の出し入れには追加料金がかかるケースが多いため、預けた荷物を使わないことが引越し業者のサービスの賢い利用法です。

また基本的に引越し業者のサービスは、2日程度ならトラックから荷物を降ろさないで保管、1週間程度なら業者の敷地内にあるコンテナで保管、1ヶ月以上ともなると空調設備の整った専用倉庫での保管となります。つまりカビなどに弱い美術品などの保管には向きません。業者によっては、美術品や毛皮製品などデリケートな商品の保管をお断りしています。

トランクルームの専門会社を利用する

トランクルームの内装イメージ

トランクルームは物置として利用されるケースが一般的ですが、引越しの際も、荷物の一時保管場所として利用することができます。

トランクルームは、屋内型と屋外型の大きく分けて2つ。屋内型の方がセキュリティや湿度・温度など管理が行き届いています。
最近では、屋内型でも搬入しやすいようにエレベーターが付いているところや、警備会社との連動や本人認証システムでセキュリティ機能を高めたものなど、用途に合わせたトランクルームも増えています。

トランクルームの料金相場

トランクルームは広さによって費用が異なります。
荷物の一時保管に使いやすい2.5畳から家の建て替え時に家財道具を保管できる13畳までの平均的な料金をまとめました。

広さ 価格(東京) 価格(大阪)
たたみ2.5畳 18,510円~39,200円 16,100円~20,600円
たたみ3畳 15,900円~39,300円 16,500円~19,200円
たたみ4畳 45,000円~52,600円 21,000円~30,500円
たたみ5畳 49,000円~60,400円 28,800円~36,900円
たたみ6.5畳 50,600円~72,000円 28,800円~36,100円
たたみ8畳 69,000円~85,400円 44,900円~52,100円
たたみ13畳 102,200円~112,800円 49,600円~59,400円

料金は業者によって異なりますが、トランクルームのある地域によっても変わります。
例えば、3畳のスペースを借りた場合、東京では39,300円に対し、大阪では19,200円と、差額が20,100円もあります。
トランクルームを借りる際は、事前に使いたい広さの確認と業者の料金をきちんと調べることが大切です。

トランクルーム専門会社のメリット

トランクルームのメリットは、

  • 荷物の出し入れが自由にできる
  • 追加料金がかからないため長期間預ける場合は使い勝手がよい
  • 温度や湿度が管理されているのでデリケートな物品の管理ができる

トランクルームは、もともと物置の代わりとして利用されているため、荷物の出し入れが自由で追加料金がかかることもありません。そのため長期で預ける場合は、引越し業者のサービスよりも使い勝手がよいです。

また、屋内型のトランクルームは、温度や湿度が管理されているので、ポスターや思い出の品、デリケートな品など、丁寧に保管したい荷物の保管にも向いています。
ただし、会社ごとに保管体制が違うので、自分の使用条件にあったトランクルームを選ぶことが大切です。

トランクルーム専門会社のデメリット

荷物の出し入れが自由で長期保管に向くなど、荷物を預けるのに便利なトランクルームですが、以下のようなデメリットがあります。

  • 契約時に、事務手数料や会員登録費用、火災保険や盗難保険などの保険料、敷金・礼金などが発生する
  • 解約時に解約手数料やカギの交換代などを請求されることがある
  • 自力で搬入しなくてはならないため搬入に手間がかかる

このようにトランクルームは使い勝手がよい分、様々な料金が発生します。
さらに荷物の出し入れの時間が決まっている会社や、利用に際して保証人が必要なケースなどもあるため、契約する前に確認しておきましょう。

おすすめのトランクルーム専門会社リスト

ハローストレージ

首都圏最大数を誇る屋内型トランクルームは24時間出し入れOK!
バイクが収納できる屋外型も九州から北海道まで展開しています。

キュラーズ

敷金・礼金・管理費その他無料!即日・短期(1ヶ月~)の利用も可能!
セキュリティ対策から温度・湿度の管理まで、荷物をしっかり管理します。

アットトランク

今いる場所から一番近いレンタルルームを手軽に検索!
登録物件数は国内最大級。役立つ収納トピックスも配信しています。

トランクルームの種類

コンテナのイメージ

トランクルームには、国土交通省認定の優良トランクルームレンタル収納スペースコンテナの3種類があります。この3つは値段やサービスに違いがあり、それぞれにメリットとデメリットがあります。

トランクルームを上手に利用するために、個々の特徴とメリット・デメリットについて解説します。

国土交通省認定の優良トランクルーム

国土交通省認定のトランクルームは、国土交通大臣の登録を受けた業者が運営している荷物の一時預かりサービスです。
政府が定めた「標準トランクルームサービス約款」に従って運営されており、保管庫には以下のような性能があります。

性能 性能の内容
常温性能 庫内の温度を外気並みに保ちます。
常湿性能 庫内の湿度を外気並みに保ちます。
定温性能 庫内の温度を一定の範囲内に保ちます。
定湿性能 庫内の湿度を一定の範囲内に保ちます。
防塵性能 庫内の浮遊粉塵の発生を抑え、保管物品への付着を防止します。
防磁性能 トランクルームを磁界の影響の少ない位置に設け、適当な防磁措置を講じることにより、磁力線による物品への影響を防止します。
防虫性能 庫内の温湿度を一定以下に保ち、適当な防虫措置を講じることにより、虫の発生を防止します。

国土交通省九州運輸局交通環境部「トランクルームサービス」についてより

国土交通省認定の優良トランクルームの認定マーク

また、登録を受けた業者のうち、施設・サービスの質が一定の基準を超えて優良なところには「認定マーク」が掲示されています。

室内での保管としては料金が安く長期の保管に向いていますが、大きな倉庫内に室内用コンテナを設置しているタイプが多く、空調管理に難がある施設もあるため注意が必要です。
また管理会社によっては、荷物の出し入れに追加料金が発生する場合もあります。

レンタル収納スペース

レンタル収納スペースは、マンションやビルの一室に間仕切りを立てて荷物を保管します。ほとんどの施設で空調設備が整っており警備もしっかりしています。そのため美術品や毛皮の衣服など管理の難しい品の保管にも適しています。
また24時間、365日出し入れ自由のため、保管場所によってはたまに使っているような物でも預けておくことができます。自宅の物置に一番近い感覚なのが、このレンタル収納スペースです。
ただし値段は3種類の中で最も高く、ビルの一室のため大型の荷物の搬入には向かないケースも多いです。

コンテナ

コンテナは3種類の中で最も安く、空き地にコンテナを並べた野外での保管が基本です。空調設備が付いていない場合が多く、郊外に設置されているケースがほとんどです。人気のない場所に南京錠を付けての保管のため防犯面にはやや不安があり、湿気に弱い商品を長期間預けておくこともおすすめしません。
ただしコンテナの横に車を横付けできるため、家財道具の搬入には向いています。さらに24時間、365日搬出・搬入が自由なのは、値段とともに大きな魅力です。

トランクルームの利用例

一人暮らしだけど荷物が多くて部屋が狭い。でも広い物件は家賃が高い……。そんな悩みも、トランクルームを上手に使えば解決できてしまいます。

単身者で新居が狭く、荷物を保管したい方の料金目安をご紹介します。

東京都内で一人暮らしをしている単身者の例

家賃相場 トランクルームの
レンタル料金
合計
2Kの部屋 118,200円 0円 118,200円
ワンルーム+1.6畳の
トランクルーム
85,800円 19,800円 105,600円

新宿区の平均家賃相場は単身者向けのワンルームで85,800円、中心部では100,000円を超えることも珍しくありません。荷物のために2Kにしたいと考えても相場は118,200円、中心部ではなんと150,000円前後と月々の支払いが大きくはね上がってしまいます。
一方、大手トランクルームの平均相場は、1畳までなら3,300円~16,000円程度、ゆとりのある1.6畳だと19,800円~25,0000円程度です。荷物によっては部屋を一つ増やすよりも、その荷物の大きさにあったトランクルームを借りた方が費用を安く抑えられます

日常的に使わないけれど取っておきたい品物や、海外で暮らす場合にだけ必要なもの、バイクなどのたまにしか使わない趣味のものも、引越しを契機に預けてみてはいかがでしょうか。トランクルームは、引越し時の利用はもちろん、日常の様々なシーンで気軽に利用できる便利なサービスですので、上手に活用してください。

まとめ

荷物の一時預かりサービスは、会社や施設によってサービスの質や価格にかなりの差があります。
手軽さを重視するなら引っ越し業者の荷物の一時預かりサービス、新生活を広い部屋で始めたいなら継続利用できるトランクルームといった具合に、目的に合ったサービスと見積もりをきちんと比較することが大切です。
賢くお金を使って、新生活のスタートを切りましょう。

引っ越し見積もり費用の相場と引越し業者の料金を比較!

引越し侍では、引っ越し見積もり費用の相場と料金を比較できる2つのWebサービスを提供しています。

一括見積もり
複数の引越し業者から電話・メールで料金をお知らせ
予約サービス
ネットから引越し業者の見積もり料金と相場を確認

日通、佐川、アートなど大手引越し業者から中小の業者まで引っ越しをする人のニーズに合わせたパックやプランを用意しています。

一人暮らしの引っ越し相場の比較例

例えば、一人暮らしの荷物の少ない引っ越しに向けて「単身専用パック」があります。単身専用パックの特徴は、運べる荷物の量と料金があらかじめ設けられている点です。
料金の相場は1万円~3万円以内で運ぶ荷物の量と引越し業者により内容が異なります。

その他にも「らくらくパック」や「おまかせパック」「近距離プラン」など引越し業者の数だけプランやパックがあり料金・サービスの内容も異なります。

引越し侍の見積もりサービスでは各社のパックやサービスの内容と料金を比較できるため安いパック・プランの引越し業者を見つけられます。

引越し業者はどこがいいか選び方に迷ったら「料金」「口コミ・評判」「サービス内容」「満足度ランキング」をポイントにしましょう。
サービスの利用後には「引っ越しの準備・手続きやることリスト」もプレゼント特典や各種キャンペーンをご用意しています。

単身の小さな引っ越しから・家族やオフィスの移転まで24時間無料で簡単に見積もりの依頼ができます。
格安で引っ越しをしたい方は是非ご利用ください!

引っ越しの見積もりをする

ネットでかんたん・無料!引越し見積もり&シミュレーション

各社の見積もり金額を一覧で表示。料金が安い業者や評判が良い業者を見つけることができます。気に入った業者に依頼ができるほか、料金の目安を立てるためのシミュレーションとしてもご利用頂けます。

見積もり比較&ネットで引越し依頼

その他の見積もりサービス

引越しの見積もりをまとめて依頼
複数(最大10社)の引越し業者に対して一括で見積もりの依頼ができるサービスです。各社よりお電話もしくはメールにて料金をお知らせいたします。
引越しの一括見積もり依頼

QRコード

外出先でも、引越し侍!
スマートフォンや携帯電話から、24時間いつでもどこでも引越し見積もり!

Pマーク

当社は、一般財団法人日本情報経済社会推進協会(JIPDEC)(旧: 財団法人日本情報処理開発協会)より「プライバシーマーク」の付与認定を受けています。

東証一部上場

株式会社エイチーム引越し侍は、株式会社エイチーム(東証一部上場)のグループ企業です。
証券コード:3662

  • 現住所の郵便番号

  • 引越し先の都道府県

  • 引越しタイプ

クイック見積もりスタート