Menu

【2022年12月】ドコモ au ソフトバンクどれがいい?料金プランと繋がりやすさを比較

弟リスのイラスト
ドコモ・au・ソフトバンクの中から自分に合ったキャリアをどうやって選べばいいんだろう・・・

兄リスのイラスト
今回はそんなあなたの為に、3社の料金プランや各種サービス・割引内容などを詳しく紹介&解説していくよ!

ドコモ・au・ソフトバンクの中で、自分に合った料金プランの選び方が分からず悩んでいる人は多いでしょう。

結論からお伝えすると、スマホのキャリア選び方は以下の3つがあります。

キャリアの選び方

  • 使用するデータ量に適した料金プランを選ぶ
  • 各種サービスや割引内容で選ぶ
  • 家族構成(契約人数)でのおすすめプランを選ぶ

スマホのキャリア選びは難しそうと敬遠されがちですが、実際は非常にシンプルな仕組みなので安心してください。

本記事では、ドコモ・au・ソフトバンクを以下3つ項目に分けて解説し、その人の使い方に最も合っているキャリア・料金プランを紹介していきます。

本記事の内容

  • データ容量別のおすすめキャリア
  • キャリアごとの各種サービス/割引内容の比較
  • 契約人数別のおすすめプラン

スマホのキャリア選びを迷っている人は、ぜひ参考にしてみてください。

※ 本記事の価格は全て税込み表記です。


事務手数料0円!24時間申し込み可能!

ドコモオンラインショップの申込みはこちら

auオンラインショップの申込みはこちら

ソフトバンクオンラインショップの申込みはこちら

ドコモ au ソフトバンクの料金プラン比較

弟リスのイラスト
・・・ドコモ・au・ソフトバンクの料金プランの金額は全て同じなの?

兄リスのイラスト
料金は各キャリアごとに異なるよ。全て同じではないので注意してね!

キャリアの選び方の基準として、一番大きなポイントといえば料金プランではないでしょうか。

そこでこの項目では、ドコモ au ソフトバンク料金プランをデータ容量ごとに、以下3つの項目に分けて比較しました。

以下、それぞれ解説していきます。

〜7GB|小容量(段階性)プランの比較


各社低用量プラン料金比較表
データ容量ドコモ
(ギガライト/5Gギガライト)
au
(ピタットプラン 4G/5G)
ソフトバンク
(ミニフィットプラン+)
1GB3,465円3,465円3,278円
2GB4,565円5,115円4,378円
3GB4,565円5,115円5,478円
4GB5,665円5,115円-
5GB5,665円6,765円-
6GB6,765円6,765円-
7GB6,765円6,765円-
※2022年11月現在

ドコモ・au・ソフトバンクの小容量(段階性)プランは、データ容量によって以下のとおり、最安のキャリアが異なります。

データ容量ごとのおすすめキャリア

  • 2GBまでなら、ソフトバンクが最安
  • 3GBまでなら、ドコモが最安
  • 4GBまでなら、auが最安
  • 7GBまでなら、ドコモ/auが最安

月のデータ使用量は一般的に5GB未満の人が多いと言われているので、キャリア選びに迷われた場合は、従量課金制で7GBまで使えるドコモ(ギガライト/5Gギガライト)にすれば、大手キャリアの中では最安で使用できます。

毎月のケータイ料金をできるだけ安くしたい、あまりデータを使わない人は、小容量(段階性)の中でも最小(2GBまで)の人はソフトバンク、ある程度(7GBまで)使いたい人はドコモがおすすめです。

小容量(段階性)プランがおすすめな人

  • 毎月のデータ使用量が3GB未満の人
  • メールや電話がメインの人
  • 自宅や職場にWiFi環境がある人

小容量(段階性)プランがおすすめではない人

  • 毎月のデータ使用量が7GB以上の人
  • オンラインゲームや高画質な動画をよく見る人
  • テザリングをよく利用する人

兄リスのイラスト
小容量(段階性)プランは、普段メールや通話、短時間のWebブラウジングしかしないスマホライトユーザーの人におすすめだよ!

弟リスのイラスト
毎月使った分だけ無駄なく支払えるのはお得だね♪

〜無制限|大容量(使い放題)プランの比較


各社無制限プラン料金比較表
データ容量ドコモ
(5Gギガホプレミア)
au
(使い放題MAX5G)
ソフトバンク
(メリハリ無制限)
〜3GB5,665円5,588円5,588円
3GB〜無制限7,315円7,238円7,238円
※2022年11月現在
※料金は各社の5Gプランで比較
※ドコモの4Gプランではデータ使用量が最大60GBまで
※au/ソフトバンクはテザリングが月30GBまで

ドコモ・au・ソフトバンクの大容量(使い放題)プランは、au(使い放題MAX5G)とソフトバンク(メリハリ無制限)が同額で最安となっています。

大容量(使い放題)プランは、毎月のデータ使用量が3GB以内に収まると1,650円割引されるので、データを殆ど使わなかった月も損することはありません。

ちなみに、スマホ単体では3キャリア共にデータ容量無制限で使用することができますが、au・ソフトバンクはテザリングで使えるギガ数が月に30GBまでとなっているので注意してください。

毎月のデータ使用量を気にせず、ストレスフリーでスマホを使いたいなら大容量(使い放題)プランを検討してみてはいかがでしょうか。

大容量(使い放題)プランがおすすめな人

  • 毎月のデータ使用量が7GB以上
  • データ使用量を気にせずスマホを使いたい人
  • オンラインゲームや高画質動画をよく見る人

大容量(使い放題)プランがおすすめではない人

  • 外出先で常にSNSを更新したい
  • 動画サービスやオンラインゲームを高頻度で利用している
  • 動画配信をする人

弟リスのイラスト
基本料金は高いけど、毎月データ使用量を気にせず使えるのはいいですね♪

兄リスのイラスト
ドコモの4Gプランは月のデータ容量が最大60GBまでなので、4Gの無制限プランを利用したい人はauまたはソフトバンクを選んでね!

〜20GB|中容量(サブブランド)プランの比較

弟リスのイラスト
うーん。7GBじゃ足りないけど、無制限までは必要ないんだよな・・・

兄リスのイラスト
そんな人は各キャリアのサブブランドを検討してみてください。

サブブランドの料金比較表
データ容量ahamo
(ドコモ回線)
povo 2.0
(au回線)
LINEMO
(ソフトバンク回線)
0GB2,970円K
(5分かけ放題)
0円990円
1GB2,970円K
(5分かけ放題)
390円
※7日間
990円
3GB2,970円
(5分かけ放題)
990円
※30日間
990円
20GB2,970円
(5分かけ放題)
2,700円
※30日間
2,728円(5分かけ放題なし)
3,278円(5分かけ放題あり)
60GB4,950円
(5分かけ放題)
6,490円
※90日間
-
100GB4,950円
(5分かけ放題)
--
150GB-12,980円
※180日間
-
※2022年11月現在
※ahamo/LINEMOは月額料金
※povo 2.0はデータ容量ごとに有効期限が異なる

ドコモ・au・ソフトバンク各社は、それぞれ毎月のデータ容量20GB前後の人をターゲットにした「サブブランド」を展開しています。

基本料金はデータ容量によって異なりますが、各サブブランドがメインに据えている20GBの料金を比較すると、auのサブブランドであるpovo 2.0(2,700円)が最安です。

しかし、ドコモのサブブランドであるahamoは1回5分の国内通話が無料でかけ放題だったり、ソフトバンクのサブブランドであるLINEMOはLINEアプリの一部機能のデータ使用量がカウントされないなど、サブブランドには各社独自の特典がついています。

毎月のデータ使用量が20GB前後の人は、上記の表を参考にしながら各キャリアの無制限プランとサブブランドの料金を比較して、自分にあった適切なプランを検討してみてください。

中容量(サブブランド)プランがおすすめな人

  • 毎月のデータ使用量が20GB前後の人
  • 毎日ちょこちょこ空き時間にスマホを使う人
  • キャリアよりも毎月のケータイ料金を安く抑えたい人
  • サブブランドの特典に魅力を感じた人

中容量(サブブランド)プランがおすすめではない人

  • 自宅のWi-Fiもスマホのテザリングで補いたい人
  • 毎日高画質な動画を長時間視聴する人
  • データ容量を気にせず使いたい人

弟リスのイラスト
キャリアと違ってサブブランドなら、データ容量1GB〜150GBまでの小〜大容量プランから選ぶことができるんだね♪

兄リスのイラスト
ドコモならテザリング無制限なので、ポケットWiFi代わりに使うことができるよ!

ドコモ au ソフトバンク各種サービス・割引の比較

弟リスのイラスト
ドコモ・au・ソフトバンクの料金プラン以外の違いも気になるな〜

兄リスのイラスト
各キャリアごとに、各種サービスや割引に違いがあるから詳しく解説していくね!

続いて、ドコモ au ソフトバンクの各種サービスや割引を比較していきます。

比較対象はキャリア選びの際、特に重要視されている以下7つの項目です。

以下、それぞれ確認していきましょう。

通信速度の比較

ドコモ・au・ソフトバンクの中で最も通信速度が速いのは、ドコモです。

2022年11月時点で、みんなのネット回線速度「携帯キャリア(au・ドコモ・ソフトバンク・楽天)の通信速度ランキング」における、各キャリアごとの平均速度は以下のようになっています。

ドコモ・au・ソフトバンクの通信速度比較(平均値)
ドコモauソフトバンク
平均ダウンロード速度 (下り)193.08Mbps81.04Mbps100.56Mbps
平均アップロード速度20.52Mbps14.38Mbps20.48Mbps
平均Ping値50.53ms48.71ms34.78ms
※2022年11月現在
※直近3ヶ月に計測された測定結果の平均値
※参考:携帯キャリア(au・ドコモ・ソフトバンク・楽天)の通信速度ランキング

全キャリアの通信速度総合ランキングを見てみると、ドコモが1位、ソフトバンクが3位、auが4位という結果になっています。

兄リスのイラスト
実際のドコモ・au・ソフトバンクユーザーがそれぞれ測定した結果なので、とても参考になるデータだよ!

弟リスのイラスト
・・・ドコモの通信速度が速いのは分かったけど、具体的にどの位の通信速度があれば、オンラインゲームや動画を楽しめるのかな?

兄リスのイラスト
オンラインゲームや大容量のファイルをアップロードするには100Mbps、高画質な動画をスムーズに再生するには最低でも30Mbps必要とされているよ!

上記表のとおり、どのキャリアも通信速度(ダウンロード)の平均値は30Mbps以上となっているので、快適にネットを使うことができます。

キャリア選びにおいて、とにかく高速でストレスなくネットを利用したいという人は、最も通信速度の早いドコモを選ぶのがいいでしょう。


事務手数料0円!24時間申し込み可能!

ドコモオンラインショップの申込みはこちら

通信エリアの比較

ドコモ・au・ソフトバンクの中で最も通信エリアが広いのは、ドコモです。

弟リスのイラスト
・・・通信エリアの広さってどうやって比較するの?

兄リスのイラスト
基地局の数を比較すれば、通信エリアが最も広いキャリアがわかるよ!

総務省の調査による令和3年度の各キャリアの基地局数は、以下のとおりです。

各社周波数帯ごとの基地局数(2021年)
ドコモauソフトバンク
3G151,61247,425112,405
4G LTE259,584190,469177,111
5G7,1355,9356,580
※2021年度の基地局数
※auの3Gサービスは2022年3月31日に終了済み
※参考:令和3年度 携帯電話及び全国BWAに係る 電波の利用状況調査の評価結果(案)

ドコモは3キャリアの中で、3G・4G LTE・5G回線全ての基地局数が最も多く、山間部や田舎など都心部以外でも利用できる可能性が高いといえます。

地下でも繋がりやすいので、仕事や通学など電車移動が多い人はドコモを利用するのがおすすめです。

弟リスのイラスト
自分が住んでいる場所が通信エリア内かどうか確認する方法はあるので?

兄リスのイラスト
ドコモ・au・ソフトバンクがそれぞれ発表しているエリアマップに現在地を入力すれば確認することができるよ!

基地局数が最も多いのはドコモですが、実際にスマホを使う場所がドコモ回線のエリア内でなければ、そもそも通信することができません。

必要に応じて各キャリアごとの詳細なエリアマップを以下から確認してください。

キャリアごとのエリアマップ

  • ドコモの通信エリアを確認する
  • auの通信エリアを確認する
  • ソフトバンクの通信エリアを確認する


事務手数料0円!24時間申し込み可能!

ドコモオンラインショップの申込みはこちら

通話料金と通話オプションの比較

ドコモ・au・ソフトバンクの通話料金は、22円/30秒と全社同じです。

また、各キャリア共に5分以内の国内通話が通話が無料になる通話オプションと、通話時間の縛りがないかけ放題オプションがそれぞれ提供されています。

各キャリアごとの通話料金と通話オプション料金は以下のとおりです。

各社通話料金/通話オプションの料金比較
ドコモauソフトバンク
通話料金22円/30秒22円/30秒22円/30秒
かけ放題
(5分以内)
5分通話無料オプション
770円
通話定額ライト2
880円
準通話オプション+
880円
かけ放題
(24時間)
通話無料オプション
1,870円
通話定額2
1,980円
定額オプション+
1,980円
※2022年11月現在

5分以内・24時間かけ放題の通話オプション料金に関しては、au・ソフトバンクよりもドコモの方が110円安く設定されています。

家族や友人とよく電話で話すという人は、かけ放題オプション料金が安いドコモを選ぶといいでしょう。

弟リスのイラスト
どのキャリアを選んでも、5分以内・24時間かけ放題の通話オプションは提供されているんだね!

兄リスのイラスト
ドコモ・au・ソフトバンクがそれぞれ発表しているエリアマップに現在地を入力すれば確認することができるよ!


事務手数料0円!24時間申し込み可能!

ドコモオンラインショップの申込みはこちら

家族割の比較

ドコモ・au・ソフトバンクの中で最も家族割(ファミリー割引)の割引率が高いのは、ソフトバンクです。

家族割の割引率は、各社以下のように設定されています。

各社家族割の割引率比較
キャリア名2回線3回線以上
ドコモ550円割引1,100円割引
au550円割引1,100円割引
ソフトバンク660円割引1,210円割引
※2022年11月現在

どのキャリアも家族割に加入する人数が、2回線または3回線以上かで割引率が異なります。

家族の人数が多い場合は、ソフトバンクに揃って加入することで、通常よりも基本料金を大幅に安くすることができるのでおすすめです。

弟リスのイラスト
家族みんなで同一キャリアを契約すれば、最大で1回線あたり1,210円の割引を受けることができるんだね♪

兄リスのイラスト
・・・確かにソフトバンクが一番割引率が高いけど、従量課金制のミニフィットプラン+は家族割の対象外なので注意してください。

Webからの申込で
事務手数料が無料!

ソフトバンクオンラインショップの申込みはこちら

光回線セット割の比較

ドコモ・au・ソフトバンクを契約中の方が対象の光回線を契約すると、最大1,100円のインターネットセット割引を受けることができます。

割引サービスを受ける上での対象光回線や割引額は、それぞれ以下のとおりです。

各社光回線割引の比較
キャリア名対象の光回線割引額
ドコモドコモ光220円/550円/1,100円
auauひかり550円/1,100円
ソフトバンクSoftBank 光550円/1,100円
※2022年11月現在

各社それぞれ、加入するサービスやプランによって割引額が異なります。

注意

  • ドコモとauは月間データ使用量が1GB未満の場合、光回線セット割を適用することができません。

光回線セット割はどのキャリアでも提供されていますが、家族割と併用することも可能です。

弟リスのイラスト
・・・なるほど。割引を受けるには、加入するキャリアに応じた固定回線選びが重要ですね。

兄リスのイラスト
光回線セット割は、キャリアごとの最大割引率が同じだけど条件がそれぞれ細かく設定されているんだ。

光回線セット割引に関しては、各キャリア指定の固定回線を契約する必要があり、例えばドコモ光セット割の場合、固定回線はドコモ光を契約している人が対象となっており、5Gギガホ プレミアなど割引対象となるプランも指定されています。

加入条件などサービスの詳細が気になった人は、以下からそれぞれ確認してみてください。

各社インターネット割引の詳細について

対象カード割引の比較

ドコモ・au回線を利用中で指定カードを所有している人は、条件を満たすことで最大毎月187円の割引を受けることができます。

弟リスのイラスト
・・・あれ?ソフトバンクはカード割引が提供されていないんですか?

兄リスのイラスト
残念ながらソフトバンクでは対象カードによる割引サービスが提供されていないんだ・・・

各社カード割引の対象カードと割引額は、それぞれ以下のとおりです。

各社カード割引の比較
キャリア名対象カード割引額
ドコモdカードdカードお支払割:187円
auau PAY カードau PAY カードお支払い割:110円/187円
ソフトバンク--
※2022年11月現在

対象カード割引は、他の割引サービスと比較して割引額が110円〜187円と少なめですが、家族割や光回線セット割など他の割引サービスと併用することで、全体的な割引額を底上げすることができます。

また、dカードやau PAY カードを支払いに利用すると、支払金額に応じた各種ポイントが毎月付与されるので、口座振替や他のクレジットカードで支払うよりもお得です。

兄リスのイラスト
対象カードはキャリア契約と同時に作ることができるから、まだ持っていない人も安心してね!

契約期間と解約金の比較

2022年11月時点で、ドコモ・au・ソフトバンク共に契約期間の縛りや解約金がかかる違約金制度は廃止されています。

各社契約期間と解約金の比較
キャリア名契約期間解約金
ドコモなし(廃止)なし(廃止)
auなし(廃止)なし(廃止)
ソフトバンクなし(廃止)なし(廃止)
※2022年11月現在

2022年3月31日までは、auの「2年契約/2年契約N」に関しては契約解除料が発生していましたが、現時点では契約解除料が廃止されています。

どのキャリアを選んでも、契約期間の縛りがなく、いつでも自分の好きなタイミングで解約することができるようになったので安心してください。

弟リスのイラスト
・・・ちなみに、他社に乗り換える際の「MNP転出手数料(3,300円)」は廃止されたの?

兄リスのイラスト
2021年4月からはWebサイトで申し込んだ場合に限り、3社とも無料になりました。

ドコモ au ソフトバンクの料金シミュレーション

弟リスのイラスト
各社の料金プランや各種サービス、割引の内容はよく分かったけど、実際に自分が契約するならどのキャリアのどのプランがいいんだろう・・・

兄リスのイラスト
人によっておすすめできるキャリアや料金プランは異なるよ。分かりやすいように、具体例を出しながら解説していくね!

ここまで、ドコモ・au・ソフトバンクの料金や各種サービス/割引内容を比較してきました。

この項目では、実際に例をあげながら、どのキャリアを契約するのが一番おすすめかシミュレーションしていきます。

それでは、順番に解説していきます。

※ 契約する人数に合わせて該当項目までスキップしてください。

独身(1人)の場合 | ドコモがおすすめ

独身の人が1回線のみ契約する場合、以下のキャリアを契約するのがおすすめです。

データ容量別おすすめキャリア

  • 3GB以下のプラン|ドコモ
  • 無制限プラン|ドコモ

兄リスのイラスト
1回線のみ契約する場合は、テザリングの使用有無でプランを選ぶと損しないよ!

それでは、順番に料金をシミュレーションしていきます。

独身(1人)で段階製プランを契約するなら|ドコモ

段階製プランの料金比較(独身の場合)
ドコモauソフトバンク
プラン名5Gギガライトピタットプラン 5Gミニフィットプラン+
比較するデータ容量3GB
(最大7GB)
3GB
(最大7GB)
3GB
(最大3GB)
基本料金4,565円5,115円5,478円
光回線セット割△550円△550円△1,100円
割引適用後の金額
(1回線あたり)
4,015円4,565円4,378円
※2022年11月現在
※データ容量3GBの料金で比較
※au(ピタットプラン 5G)はデータ容量4GBの料金
※各社5G回線の料金比較

独身の人が1回線のみ段階製プランを契約するなら、割引後適用後の金額が最も安く、テザリングも無制限で利用できるドコモがおすすめです。

なお、光回線セット割は1回線のみの契約でも適用可能なので、通常よりも最大1,100円月額料金を安くすることができます。

ドコモ・auの段階制プランは最大で7GBまで利用することができますが、ソフトバンク(ミニフィットプラン+)は、最大3GBまでとなっているので注意してください。

弟リスのイラスト
ちなみに、1人で毎月7GB(最大)使いたいという人はどのキャリアがおすすめですか?

兄リスのイラスト
7GB使いたい人もドコモがおすすめです。割引適用後の料金が5,665円なので、au(6,215円)よりも550円安いんだ!


事務手数料0円!24時間申し込み可能!

ドコモオンラインショップの申込みはこちら

独身(1人)で無制限プランを契約するならドコモがおすすめ


無制限プランの料金比較(独身の場合)
ドコモauソフトバンク
プラン名5Gギガライトピタットプラン 5Gミニフィットプラン+
比較するデータ容量無制限無制限無制限
基本料金7,315円7,238円7,238円
光回線セット割△1,100円△1,100円△1,100円
割引適用後の金額
(1回線あたり)
6,215円6,138円6,138円
※2022年11月現在
※データ容量無制限の料金で比較
※各社5G回線の料金比較

独身の人が1回線のみ無制限プランを契約するなら、スマホ本体のデータ通信はもちろん、テザリングも無制限で利用できるドコモがおすすめです。

自宅で光回線を使っている人は、ドコモの5Gギガホ プレミアを契約して固定回線を解約すれば、毎月の通信費を今より安くすることができます。

割引適用後の月額料金の安さのみで選ぶ場合、au・ソフトバンクがドコモより77円安い計算になりますが、以下の様に使用できるテザリングのギガ数が制限されています。

各社テザリング利用時のデータ容量

  • ドコモ:制限なし
  • au:30GBまで
  • ソフトバンク:30GBまで

ドコモならソフトバンク・auと違って、テザリング利用時のデータ容量も無制限なので、家の固定回線代わりとして十分利用することが可能です。

固定回線を解約すると、光回線セット割は適用外となってしまいます。

しかし、今使っている固定回線を解約してネット環境をドコモ(5Gギガホ プレミア)のみにすることで、通信費を大幅に下げることが可能です。

弟リスのイラスト
au・ソフトバンクと比較して、割引適用後の料金の差が100円以下だし、テザリングを沢山使うならドコモ一択ですね!

兄リスのイラスト
ドコモの5Gギガホ プレミアなら、ポケットWiFi代わりに使うことができるのでとっても便利です。


事務手数料0円!24時間申し込み可能!

ドコモオンラインショップの申込みはこちら

2人(夫婦)の場合

夫婦が2回線契約する場合、以下のキャリアを契約するのがおすすめです。

データ容量別おすすめキャリア

  • 段階製プラン|ドコモ
  • 無制限プラン|ソフトバンク

兄リスのイラスト
夫婦なら家族割を適用することで、1回線ずつ個人で契約するよりも基本料金を安くすることができるよ!

それでは、順番に料金をシミュレーションしていきます。

夫婦(2人)で段階製プランを契約するならドコモがおすすめ


段階製プランの料金比較(夫婦の場合)
ドコモauソフトバンク
プラン名5Gギガライトピタットプラン 5Gミニフィットプラン+
比較するデータ容量3GB
(最大7GB)
3GB
(最大7GB
3GB
(最大3GB)
基本料金4,565円5,115円5,478円
家族割△550円△550円なし
光回線セット割△550円△550円△1,100円
割引適用後の金額
(1回線あたり)
3,465円4,015円4,378円
割引適用後の金額
(2回線合計)
6,930円8,030円8,756円
※2022年11月現在
※データ容量3GBの料金で比較
※au(ピタットプラン 5G)はデータ容量4GBの料金
※各社5G回線の料金比較

段階製プランを夫婦で2回線契約するなら、家族割や光回線セット割を活用して料金を安く抑えることができるドコモがおすすめです。

家族割を適用すれば、個人で1回線のみ契約する場合と比べて、基本料金を最大550円安くすることができるので、夫婦なら迷わず活用したいオプションになります。

ソフトバンクのミニフィットプラン+は、家族割の適用不可の料金プランのため、ドコモやauと比べて割引後の料金が高くなってしまうので注意してください。

弟リスのイラスト
家族割と光回線セット割を適用した後の金額を比較すると結構な差があるんですね・・・

兄リスのイラスト
夫婦2回線分を合計するとドコモはauよりも1,100円、ソフトバンクよりも1,826円安いんだ!


事務手数料0円!24時間申し込み可能!

ドコモオンラインショップの申込みはこちら

夫婦(2人)で無制限プランを契約するならドコモがおすすめ


無制限プランの料金比較(夫婦の場合)
ドコモauソフトバンク
プラン名5Gギガホ プレミア使い放題MAX 5Gメリハリ無制限
比較するデータ容量無制限無制限無制限
基本料金7,315円7,238円7,238円
家族割△550円△550円△660円
光回線セット割△550円△550円△660円
割引適用後の金額
(1回線あたり)
5,665円5,588円5,478円
割引適用後の金額
(2回線合計)
11,330円11,176円10,956円
※2022年11月現在
※データ容量無制限の料金で比較
※各社5G回線の料金比較

無制限プランを夫婦で2回線契約するなら、テザリングが無制限で利用できるドコモがおすすめです。

料金の安さで見ると、大手3キャリアの中でソフトバンクが最も安いですが、やはりテザリング利用時のデータ容量制限(30GB)があるのデメリットになります。

ドコモの無制限プランを契約すれば、夫婦ともに家の中でも外出時もネットが使い放題になるので、固定回線を契約している場合は解約して、毎月の通信費を削減することも可能です。

弟リスのイラスト
220円〜374円の差だけど、一人で契約するより安くなるのはうれしいな♪

兄リスのイラスト
1年間で計算すると夫婦で2,640円〜4,488円ケータイ料金を安くすることができるよ!


事務手数料0円!24時間申し込み可能!

ドコモオンラインショップの申込みはこちら

3人(家族)の場合

家族が3回線契約する場合、以下のキャリアを契約するのがおすすめです。

データ容量別おすすめキャリア

  • 段階製プラン|ドコモ
  • 無制限プラン|ソフトバンク

兄リスのイラスト
家族(3人)の場合は、3回線の合計金額・データ容量で選ぶとお得に契約することができるよ!

それでは、順番に料金をシミュレーションしていきます。

家族(3人)で段階製プランを契約するならドコモがおすすめ

段階製プランの料金比較(家族3人の場合)
ドコモauソフトバンク
プラン名5Gギガライトピタットプラン 5Gミニフィットプラン+
比較するデータ容量3GB
(最大7GB)
3GB
(最大7GB)
3GB
(最大3GB)
基本料金4,565円5,115円5,478円
家族割△1,100円△1,100円なし
光回線セット割△550円△550円△1,100円
割引適用後の金額
(1回線あたり)
2,915円3,465円4,378円
割引適用後の金額
(3回線合計)
8,745円10,395円13,134円
※2022年11月現在
※データ容量3GBの料金で比較
※au(ピタットプラン 5G)はデータ容量4GBの料金
※各社5G回線の料金比較

段階製プランを家族で3回線契約するなら、他のキャリアより3回線分の料金が最も安く、家族間通話を無料で利用できるドコモがおすすめです。

ドコモ・auは、3人以上の家族なら1回線辺り1,100円の割引を受けることができますが、基本料金の安いドコモを選ぶのがいいでしょう。

ソフトバンクのミニフィットプラン+は家族割が適用されないので、家族で契約するには向いていません。

弟リスのイラスト
ドコモとau・ソフトバンクの合計金額(3回線)を比較すると、年間で結構な差が出そうですね・・・

兄リスのイラスト
3回線分の年間合計金額計算すると・・・なんとauより19,800円、ソフトバンクより52,668円もお得になるんです!

弟リスのイラスト
そんなに差があるんですね・・・差額で新しいスマホが買えちゃうレベル!


事務手数料0円!24時間申し込み可能!

ドコモオンラインショップの申込みはこちら

家族(3人)で無制限プランを契約するならソフトバンクがおすすめ

無制限プランの料金比較(家族3人の場合)
ドコモauソフトバンク
プラン名5Gギガホ プレミア使い放題MAX 5Gメリハリ無制限
比較するデータ容量無制限無制限無制限
基本料金7,315円7,238円7,238円
家族割△1,100円△1,100円△1,210円
光回線セット割△1,100円△1,100円△1,100円
割引適用後の金額K
(1回線あたり)
5,115円5,038円4,928円
割引適用後の金額K
(3回線合計)
15,345円15,114円14,784円
※2022年11月現在
※データ容量無制限の料金で比較
※各社5G回線の料金比較

無制限プランを家族で3回線契約するなら、月額料金の合計金額が最も安く、家族割の割引額が大きいソフトバンクがおすすめです。

ここまで他のケースでは無制限プランならドコモをおすすめしてきました。

しかし、家族3人以上の場合は、こどもの見守りカメラやスマート家電など、自宅にWi-Fi環境が必要でスマホと固定回線両方を契約しておく必要があるケースが予想されます。

したがって、家族で3回線契約するなら料金が最も安いソフトバンクを契約するのがおすすめです。

ソフトバンクは家族割の割引額がドコモ・auよりも110円高く、家族で3回線以上契約する場合も基本料金の合計金額が最も安くなります。

最大10回線まで家族割に申し込むことができるので、家族全員で申し込めば毎月一回線あたり最大2,310円、全体で23,10円通信費を節約することができます。

家族の人数が多ければ多いほど料金が最も安くなるのはソフトバンクです。

弟リスのイラスト
ソフトバンクの家族割を適用できる「家族の定義」はどうなっているのかな?

兄リスのイラスト
等級(親等)数の制限はないので、離れて暮らしている家族や別姓の家族も対象になっているよ!

Webからの申込で
事務手数料が無料!

ソフトバンクオンラインショップの申込みはこちら

まとめ

ここまで、ドコモ・au・ソフトバンクのデータ容量ごとのプラン料金や各種サービス・割引と、契約する人数ごとの料金シミュレーション結果について解説してきましたが、いかがだったでしょうか。

冒頭でもお伝えした通り、おすすめのキャリアやプランは人によってそれぞれ異なります。

データ容量別おすすめキャリア
独身
(1人)
夫婦
(2人)
家族
(3人以上)
小容量(〜3GB)ドコモドコモドコモ
大容量(無制限)ドコモドコモソフトバンク

ドコモ・au・ソフトバンクの比較結果まとめ
各種サービス/割引おすすめのキャリア
通信速度ドコモ
通信エリアドコモ
通話料金3社共通(22円/30秒)
通話オプションドコモ
家族割ソフトバンク
光回線セット割3社共通(最大1,100円引き)
対象カード払いによる割ドコモ/au
契約期間3社共になし
解約金3社共になし

もしキャリア選びに迷ったら、自分が毎月消費しているデータ容量と、各種サービスや割引金額を元に、ドコモかソフトバンクを契約するといいでしょう。

兄リスのイラスト
本記事を参考に、ぜひ自分の使い方に合ったキャリアを契約してみてくださいね!


事務手数料0円!24時間申し込み可能!

ドコモオンラインショップの申込みはこちら

auオンラインショップの申込みはこちら

ソフトバンクオンラインショップの申込みはこちら

家計の見直しは「固定費」の削減から始めよう!支出の見直しポイントとプロが教えるおすすめの方法はコレ!

この記事の著者

編集

Soldi編集部

Soldi編集部は「おうちのお金をスマートに」をコンセプトにコンテンツの配信を行っています。

※当サイトに掲載している情報は、万全の保証をいたしかねます。
機器、サービスの価格、スペック等の詳細情報は、必ず各公式サイトでご確認ください。

【完全版】自分に合った格安SIMが見つかる!

【完全版】自分に合った格安SIMが見つかる!

【28社比較】おすすめのWiMAXプロバイダはこれ!

【28社比較】WiMAXを契約するなら! おすすめプロバイダ厳選5社!



ナビナビ保険

暮らしとお金の悩みを解決。専門家相談Q&A