引越しの見積もりを最安値にする方法(成功例:単身-2.3万円・家族-4万円)

2019/06/17更新

引越しの見積もりを最安値にする方法

引越し業者からの見積もり金額は、運搬する距離や荷物量、日取りなど様々な要因で変化します。
見積もりが済み、引越し会社からの「見積書」に記載された金額で契約がされますが、引越し代金の内訳と節約方法を知ることで、あなたの引越し見積もりは数万円単位で安くすることができます!

そこで今回は、単身者と家族世帯それぞれの見積もり金額を格安にする方法について、実際にディスカウントに成功した場合の具体的な金額例を交えてお伝えしていこうと思います。
少しの工夫で引越しの見積もりは安くできるため、「なるべく引越しにかかる費用を抑えたい!最安値にしたい!」とお考えの方はぜひ、本記事の内容を参考にしてみてください。

目次

  1. 引越し見積もり料金の内訳と相場
  2. 引っ越しの見積もり料金を内訳別に格安にする方法
    1. 基準運賃を安くするために荷物量を減らす
    2. 割増料金は引越しの繁忙期や休日を避けて安くする
    3. 実費を抑えるには引越しスタッフの作業量を減らそう
    4. オプション代金は項目ごとに節約がおすすめ
  3. 引越し一括見積もりの依頼方法とメリット・デメリット
  4. 複数の引越し業者の見積もりを比較するコツ
    1. 1. 見積もり即日に即決をしない
    2. 2. 同じ見積もり内容で依頼する
    3. 3. 運搬する荷物の保証内容
    4. 4. 依頼したい引越会社の見積もりは最後にする
    5. 5. 引越し事業の許可業者か確認
  5. さらに引越し見積もり料金を安くしたい方へのQ&A
    1. 引越しのダンボールを自分で用意することで見積もりは安くなるの?
    2. 長距離の引っ越し見積もりを安く済ます方法ってあるの?
    3. 引越しの見積もりには早割はある?
    4. 全ての引越し業者が見積もりを無料でしてくれるの?
    5. 自分でレンタカーを使った引越しをしたほうが安い?
  6. 引越し見積もりシミュレーションを使ってネット上から料金確認
  7. 引越し業者の見積もりでもらえる特典やキャンペーン
  8. 引っ越し見積もりを取るために必要な情報とタイミング
    1. 見積書の発行に必要な情報
    2. 引越しの当日に追加料金を発生させないために必要な情報
  9. 引越しの見積もりを取る時期はいつがベスト?
  10. 引越し見積もり依頼前の準備リスト
  11. 電話見積もりの取り方とメリット・デメリット
  12. 訪問見積もりのメリット・デメリット
    1. 訪問見積もりの流れと注意点
  13. 引越し見積もりでよくある質問
    1. 即日に引越しの訪問見積りってできるの?
    2. 夜に引っ越しの訪問見積もりってしてもらえるの?
    3. 見積もりを取った引越し業者に上手く断りの連絡を入れるには
    4. 引越しの内金・手付金とキャンセル料金について
  14. 引越し見積もりを安くする方法まとめ
  15. 都道府県別の引越し見積もり料金相場

引越し見積もり料金の内訳と相場

引越しの見積もりは、「基本運賃」「割増料金」「実費」「オプション料金」の4つの内訳で構成されます。
それぞれの料金についての詳細は以下の通りです。

基準運賃
国土交通省によって、一般貨物自動車運送事業者向けに定められた運賃です。
引越し作業の所要時間によって変わる「時間制運賃」と、荷物をトラックで輸送する距離によって変動する「距離制運賃」の2つの内、どちらかが適用されます。
割増料金
基準運賃に対して、引越し会社に作業をお願いする日取りや時間帯によって割増しになる代金です。休日は基準運賃の2割増、早朝や深夜であれば3割増といったように決まっています。
実費
引越し作業員の人件費や、依頼者に提供される梱包資材などの費用です。
オプション料金
引越し業者が標準で行ってくれる、「大物家財の荷造り・荷解き」「搬入出」「輸送」の3つの基本作業以外のサービスを依頼した際に追加で発生する料金です。
主なものに、エアコンの脱着や自動車の運送などがあります。

上記の4つの料金の合計が引越し業者から見積もりとして提示され、依頼主の同意をもって契約が結ばれます。

見積もり金額の相場は、単身者の引越しで3~4万円、家族世帯の引っ越しで5万円ほどです。
しかし、冒頭でお話したとおり、見積もり料金は様々な要因によって変動するため、それぞれの料金の特徴を詳しく知っていけば合計金額を安くすることができます。

それでは続いて、引越し見積もりの内訳別に、料金を格安に抑える方法を見ていきましょう。

引っ越しの見積もり料金を内訳別に格安にする方法

前述したとおり、引越しの見積もりは主に4つの料金で構成されており、内訳別に安くする方法を実践することでトータルの金額を抑えることができます!
引っ越し見積もりの内訳別に料金を格安にするコツは以下の通りです。

  1. 基準運賃を安くするために荷物量を減らす
  2. 割増料金は引越しの繁忙期や休日を避けて安くする
  3. 実費を抑えるには引越しスタッフの作業量を減らそう
  4. オプション代金は項目ごとに節約がおすすめ

それぞれの方法について、詳しく見ていきましょう。

基準運賃を安くするために荷物量を減らす

基準運賃の料金体系は一定で変更が効きませんが、輸送する荷物の総量を減らすことで、基準運賃の価格を抑えることが出来ます。
「距離制運賃」「時間制運賃」ともにトラックの大きさによって設定金額が変動し、積載できる荷物量の小さなトラックのほうが安い料金になっているからです。
トラックの大小による、基準運賃の具体的な差額を見ていきましょう。

引越しの時間制運賃・距離制運賃の料金一覧表

出典:引越料金のしくみ – 近畿運輸局

上記の表にある通り、例えば4時間制の時間制運賃の適用下では、1~2トン車の上限金額が約2万円なのに対し、3~4トン車では2.4万円まで上昇します。
100~110kmの距離制運賃の適用下では、1~2トン車で3.7万円の上限金額に対し、3~4トン車では4.3万円ほどとなり、約6千円の差額があります。

また、トラックが複数台必要なほど荷物が多いと、トラックの頭数分、これらの運賃が加算されてしまいます。
見積もり前に、できるだけ小さなトラックかつ、できるだけ少ない車数で収まるように荷物を減らすのが良いです。

家財の量を減らすなら、特に大物家電や家具の処分が効率的です。
「引越しの不用品・粗大ゴミを処分する6つの方法」を参考にしてください。

荷物を減らしてトラックのサイズが小さくなった際に、単身・家族(3人の世帯)のそれぞれの基準運賃が、平均でどれぐらい安くなるのか具体例を見てみましょう。

単身の基準運賃が安くなる例 (2tトラック→軽トラック)

見積もりの減額: -8,000円

3人家族の基準運賃が安くなる例 (4tトラック→2tトラック)

見積もりの減額: -10,000円

割増料金は引越しの繁忙期や休日を避けて安くする

引っ越しの繁忙期や休日の作業を引っ越し業者へ依頼しなければ、割増料金の発生を抑えることができます。
割増料金は主に、引越し尾の繁忙期や、引越し業者にとって特別な対応を求められる日取りや時間帯、作業内容で引越しを依頼した際に加算されるからです。
繁忙期の依頼以外で、割増しになる例としては具体的に以下のケースがあります。

  • 深夜や早朝の引越し作業を依頼する場合 … 3割増
  • 引越し会社の休日に対応をお願いする場合 … 2割増
  • 積雪寒冷地で冬季に輸送をお願いする際の「冬期割増」 … 2割増

多くの方が工夫できる依頼方法としては、引っ越し作業を繁忙期や休日・祝日などを避けて申し込むことです。
新居に入居する曜日を調整したり、3月末~4月上旬よりも引越しを前倒したり、もしくは遅らせるといった対応がおすすめです。

単身の割増料金が安くなる例 (軽トラック,8時間料金で休日から平日引越しに変更)

見積もりの減額:-3,000円

3人家族の割増料金が安くなる例 (2tトラック,8時間料金で休日から平日引越しに変更)

見積もりの減額:-6,000円

実費を抑えるには引越しスタッフの作業量を減らそう

引越し代金の実費は主に、引越し作業員の人件費や高速料金、梱包資材費などですが、これらの費用は安くする難易度が高い料金です。
引越し会社側が売上を立てる上で必要としているわけでは無く、引越し作業に必須な費用が多いからです。

後述する「ダンボール等の資材提供を断ること」も効果的ではありませんし、作業スタッフがいなければ搬入出もできないので難しいですが、実費を格安にするコツとしてはとにかく、スタッフの作業量を減らすことに尽きます。 スタッフの人件費は「スタッフの人数 × 拘束時間」の計算式で加算されていくので、以下のような工夫で依頼する作業量を減らせば実費を抑えることができます。

  • 荷物の梱包をすべて自分で行う(いわゆる「おまかせプラン」を使わない)
  • 荷物の総量を減らして引越しの所要時間を短くする
  • 大物家電や家具の運び出しは複数の人員が必要なので処分する
  • 新居での家財の配置をスタッフに任せず自分で行う

実践できる内容としては、基準運賃を安くする方法と共通する部分も多いです。
なるべく最短時間に収まるよう、引越し業者の作業量を減らすことを心がけましょう。
自分で荷物の梱包を行う方は、「引越し荷造りの手順・コツと梱包の方法」を参考にしてください。

単身の割増料金が安くなる例(荷物の梱包オプション付帯を無しに変更)

見積もりの減額: -10,000円

3人家族の割増料金が安くなる例(荷物の梱包オプション付帯を無しに変更)

見積もりの減額: -20,000円

オプション代金は項目ごとに節約がおすすめ

オプション(付帯料金)は依頼するサービスごとに節約方法を探すことをおすすめします。
作業内容にもよりますが、引越し会社に依頼するよりも、別途で依頼したほうが安く済むこともあるからです。

例として、エアコンの取り付け工事を様々な方法で行った時の費用を比べてみましょう。

エアコンの設置方法 料金相場
引越し業者にオプションで依頼する 約1.1万円~
エアコン工事業者を自分で探して依頼する 9,000円~

※エアコン1台当たりの設置料金の目安です

自分で業者を探して依頼したほうが比較的安いのは、多くの引越し会社は依頼主からの要望に合わせて、エアコン専門の工事業者を仲介するケースが多いからです。
その場合は、「エアコン工事業者への依頼代金」+「引越し業者に支払う料金(中間マージン)」で余分にお金がかかってしまい、直接工事業者に依頼するよりも高くつきます。
自社でエアコンの脱着に対応できる引越し会社もいるため一概には言えませんが、自ら直接に工事業者へ依頼し、かつ安い工事業者を探すことで費用を格安にできます。

エアコン工事の例だけでなく、引越しのオプションサービスには「家電の設置」や「ハウスクリーニング」の依頼などもあり、作業の依頼先を見繕うことで格安の料金にできる可能性があります。
オプション付帯をできるだけ無くすことで、見積もり金額の削減をしていきましょう。

単身のオプション料金が安くなる例 (エアコン1台の取り付け)

見積もりの減額:-2,000円

3人家族のオプション料金が安くなる例 (エアコン2台の取り付け)

見積もりの減額:-4,000円


以上、引越し見積もりの内訳をそれぞれ安くする方法についてお伝えしてきました。
ここまでで格安にできた金額を合計してみましょう!

単身:-23,000円 , 家族: -40,000円

単身の方であればマイナス2万円、家族引っ越しであればマイナス4万円もの見積もり金額を安くできる結果となりました。
この金額はあくまで「成功例」なので、人によって安くできる幅には差がありますが、お伝えしたコツを実践することで見積もり金額を確実に今よりも安値できるでしょう。

引越し一括見積もりの依頼方法とメリット・デメリット

とはいえ、お伝えしてきた引越し料金の内訳をそれぞれ格安にする手段をとるのは、時間や手間がかかってしまいますよね…!
引越し業者の見積もりの料金について、比較的簡単に、時間をかけず安い金額を探すのであれば「引越しの一括見積もりサービス」がおすすめです。

「一括見積もりサービス」とは、一度の申込みで複数の引っ越し業者に対してまとめて見積もりの依頼ができ、各見積もり金額を比較することができるWebサービスです。
一括見積もりサービスのメリットとデメリットをそれぞれ見てみましょう。

メリット デメリット
・一括で最安値の業者を見つけることができる
・24時間いつでも無料でサービス利用可能
・サイトを利用することで特典やプレゼントがもらえる
・時間をかけて料金検討したい人には不向き

一括見積もりサービスの最大のメリットは、一度に複数の引越し業者へ見積もり依頼ができるため、その中から最も安い引越し業者を見つけることができることです。
また、引越し侍の引越し一括見積もりサービスは、24時間いつでも自分の手が空いた時間に申込みが可能です。
引越し侍から見積もりをした人限定のプレゼントやキャッシュバックキャンペーンもあるため、お得に引っ越しすることができます。

デメリットとしては、一度に複数の業者から見積もりについて連絡があるため、ゆっくり時間をかけて業者を探して、料金を吟味したいという方には不向きだという点です。
ご自分の引越し日までの期間や、比較検討を行うスケジュールなどを考えて、ぜひ有効に活用をしてください。

235社の人気業者の見積もり料金がわかる

  • アート引越センターのロゴ
  • サカイ引越センターのロゴ
  • アリさんマークの引越社のロゴ
  • アーク引越センターのロゴ
  • 日本通運のロゴ
  • ハート引越センターのロゴ
  • SGムービングのロゴ
  • ハトのマークの引越センターのロゴ
  • 人力引越社のロゴ
  • フクフク引越センターのロゴ
  • ダック引越センターのロゴ
  • ファミリー引越センターのロゴ
  • 引越のプロロ
  • アクティブ感動引越センターのロゴ

ご紹介件数2,590万件突破!

最短1分で最安値引越し業者が見つかる

引越しの一括見積もりを依頼する

『一括見積もり』で引越し料金が最大50%安くなる!

東京都内一人暮らしの見積もり例

「38,000」→「19,000まで安くなることも!

※見積もり例は、引越し侍に寄せられたアンケート内容(最高値と最安値の見積もり料金)を参照しています。

ダンボールを持っている引越し侍

複数の引越し業者の見積もりを比較するコツ

自分で複数の業者へ見積もり依頼をしたり、一括見積もりサービスを依頼したりした後は、引越し業者と料金交渉をすることで見積もり金額を安くできます。
各引越し業者を比較して、格安の代金かつトラブルの無い引っ越しをするためのコツは以下の5つです。

  1. 見積もり即日に即決をしない
  2. 同じ見積もり内容で依頼する
  3. 運搬する荷物の保証内容をチェックする
  4. 依頼したい引越会社の見積もりは最後にする
  5. 引越し事業の許可業者か確認する

それぞれのコツについて、以下で詳しく見ていきましょう!

1. 見積もり即日に即決をしない

cautionと書かれた張り紙のイラスト

複数社のお見積もりを比較することにより、自分のご要望に近い業者が見つかります。
けっして即決せず、全ての会社のお見積もりが出揃ってから依頼する業者を決めましょう。

まれに「今決めてくれたら安くします!」と格安の値段が提示される場合もあります。
本当に安いと感じるようであれば、そういった場合にかぎり即決しても良いでしょう。
お引越しの目安となる価格は、引越し侍の引越しの見積もり相場と料金の目安ページで確認できます。

トラックの稼動効率が良くなる場合など、一定の条件に当てはまると料金がお安くなる場合があります。
格安料金が提案された場合は「なぜ安くなったのか?」理由を聞いてみるのも良いかもしれません。

<料金が安くなるケースの一例>

依頼する引越し業者の所在地 東京
午前中に引っ越しをする人 東京から埼玉にお引越し
午後に引越しをするあなたの引越し 埼玉から東京にお引越し

<トラックの稼動効率が悪い例>

午前中にお引っ越しをする人の荷物を埼玉で降ろし、トラックの荷台が空の状態で会社のある東京に戻るケース。この場合、帰り道の交通費と人件費に無駄が生じます。

帰り道のトラックの荷台に荷物が詰まれていない稼動効率が悪い例のイラスト

<トラックの稼動効率が良い例>

会社がある東京までの帰り道に荷物を載せるケース。
人件費・交通費の無駄を無くし、1件分の引越しをした利益もあがります。

帰り道のトラックの荷台に荷物を載せて稼動効率が良い場合のイラスト

2. 同じ見積もり内容で依頼する

複数の引越し業者のお見積もり内容を比較する場合、全て同じ条件でなければ正確に比べることができません。
全ての業者に対して同じお引越し日時・荷物量・サービス内容(ダンボールの提供枚数、付帯サービスなど)で見積書を作成してもらいましょう。

<比較項目>

見積書の比較方法は引越し料金の総額と以下の内訳を確認しましょう。

作業員の人数
人数が多いほど作業時間が短縮
トラックのサイズ
トラックが大きいほど万一荷物が増えた場合にも対応可能
利用経路
有料道路の利用で早くお引越し先に到着

その他、同じ料金でも付帯サービスを無料にしてくれているなど確認しておくと良いでしょう。

3. 運搬する荷物の保証内容

まず、標準引越運送約款では以下の場合は保証対象外と定められています。

(免責)
第二十三条 当店は、次の事由による荷物の滅失、き損又は遅延の損害については、損害賠償の責任を負いません。
 一 荷物の欠陥、自然の消耗
 二 荷物の性質による発火、爆発、むれ、かび、腐敗、変色、さびその他これに類似する事由
 三 ストライキ若しくはサボタージュ、社会的騒擾その他の事変又は強盗
 四 不可抗力による火災
 五 予見できない異常な交通障害
 六 地震、津波、洪水、暴風雨、地すべり、山崩れその他の天災
 七 法令又は公権力の発動による運送の差止め、開封、没収、差押え又は第三者への引渡し
 八 荷送人又は荷受人等の故意又は過失

標準引越運送約款 第二十三条(免責)より

保証金額に対しての取り決めは無いため業者により保障内容が異なります。
作業員がどんなに注意をしてもお荷物の紛失、傷、破損のリスクは伴いますので“保証条件”“金額”“対象品目”を確認し、万一のトラブルに備えましょう。

また、壊れやすいものや特殊な扱いが必要となる荷物はお見積もり時に申請をしないと保証が受けられないので注意してください。

4. 依頼したい引越会社の見積もりは最後にする

本当に依頼したい引越し業者のお見積もりは一番最後に取りましょう。
理由は、引越し業者の営業マンは1件でも多くの依頼を取りたいので、前の業者が提示した金額より安くする可能性が高いためです。
前の業者が底値でご提案している場合には、無料で何かしらのサービスを付けてくれることがあります。

引越し侍を利用して実際にお引越しをした方から寄せられた口コミ・評判をもとにした引っ越し業者ランキングを紹介します。
業者選びのご参考にしてください。

ランキング 口コミ評価 引越し業者名 最新の口コミ・評判
第1位
第1位
4.36
アート引越センターの見積もり料金相場 電話対応がとてもよかった。フリータイムだったが、2日前におおよそのピックアッ…
第2位
第2位
4.33
アーク引越センターの見積もり料金相場 作業してくださった方達は、非常に対応もよくテキパキと作業してくださり、感じも…
第3位
第3位
4.31
サカイ引越センターの見積もり料金相場 ネットで見積もり予約をお願いしてからすぐに連絡がきたのもサカイ引越センターさ…
第4位
4.27
アリさんマークの引越社の見積もり料金相場 他社でも見積もりをして頂いたのですが、オプション込みの料金で比較してもお得で…
第5位
4.26
ハート引越センターの見積もり料金相場 時間も早めに到着してくれ、短時間で終了しました。当日ダメ元でお願いした部屋の…

2016年02月アンケート結果集計

5. 引越し事業の許可業者か確認

引越しの事業を行うには国土交通大臣から『一般貨物自動車運送事業』の許可を受ける必要があります。
許可を得てはじめて引越し業者と名乗ることが許されますが中には無許可の違法業者も存在します。

無許可の業者へ引越しを依頼すると“作業内容が荒い”“建物、荷物の傷や紛失の保証が受けられない”など依頼者が不利益を被る場合があるので、大変危険です。
見分けるポイントは簡単で見積書に“許可番号”が記載されていれば認可を受けた会社です。

また、引越し侍は一般貨物自動車運送事業者の免許を取得済みの引越し業者とだけ提携していますので、安心してサービスをご利用いただけます。

さらに引越し見積もり料金を安くしたい方へのQ&A

ここまで、引越し見積もりの内訳を安くする方法、一括見積もりサービスの活用、そして引越し業者比較のコツという3つの料金を格安にする方法についてお伝えしてきました。
さらに見積もり金額を抑え、自分の引越し条件における最安値で契約したいという方に向けて、「引越し見積もりのディスカウントに関する質問」についてお答えします。

引越しのダンボールを自分で用意することで見積もりは安くなるの?

単身専用のパックなどを除き、業者にお引っ越しの依頼をするとダンボールが無料でもらえます。
「引越し業者から無料でもらえるダンボールを断ることで、その分のお見積の料金を安くできないの?」といった声を耳にすることがありますが、段ボールを断っても料金が安くなる可能性は、極めて低いです。

なぜなら、ダンボールは1個「数十円~数百円」と段ボール事態が高い資材ではないため、ダンボールを断ったところで値引きをしてもらえる可能性は低いからです。
仮に、ダンボール分の料金を値下げしてもらえたとしても、ご自分でダンボールを用意する手間と購入費用を考慮すると、逆に高くついてしまうため無料のダンボールは素直にもらうことをおすすめします。

引越し業者により段ボールの無料提供枚数が異なるため、引越し業者から無料でもらえるダンボールの個数にて詳しくご紹介しています。

長距離の引っ越し見積もりを安く済ます方法ってあるの?

引越し見積もり金額は、遠距離になるほど高くなります。
東京・大阪間の引越しでは、単身者の料金相場は「64,377円~190,500円」と料金に大きな開きがあります。
料金の開きはお荷物の量によるものが大きいですが、引越し業者がご用意している長距離専用のプランを上手く使うことで、長距離の引越し費用を安く済ませることができます。
詳しくは長距離引越しの料金相場と費用を安く済ませる方法にてご紹介しています。

引越しの見積もりには早割はある?

引越しの見積もりを依頼する際に「早割(早期申込み割引)」がある業者もありますが、数は少ない印象です。 大手では唯一、ヤマトホームコンビニエンスが下記の条件で早期申込割引を設けています(2019年6月現在)。

● 搬出日が14日以上先のお引越で、搬出日が確定した場合に適用されます。お申し込みが14日以前でも、作業日の確定(実作業日)が14日に満たない場合には、適用されません。
● 現金・クレジットカードでお支払いのお客様が対象となります。
● WEB割引・平日割引・複数BOX割引以外の割引サービスとは併用できません。
● 対象外期間がございます。詳しくはお問い合わせください。
● 同日の搬出入日および同一の搬出入先の複数のお申し込みにつきましては、1件分の割引とさせていただきます。
※シーズン期間(3/20~4/10)に発作業または着作業がある場合は、適用されません。

引用:ヤマトホームコンビニエンス | 単身引越し4つの割引きサービス

ただし、クロネコヤマトは2019年6月現在、引越しに関する業務を停止しています。 早割を設けている引越し業者をアテに探すことは難しいので、その他の安くする方法を試す方が良いでしょう。

全ての引越し業者が見積もりを無料でしてくれるの?

お引越しのお見積もりは基本的に無料です。
お引越しの運送内容や契約・保証内容などの基本的なルールを定めた「標準引越運送約款」にも、以下の条文が記載されています。

4 見積料は請求しません。ただし、発送地又は到達地において下見を行った場合に限り、下見に要した費用を請求することがあります。この場合には、お見積りを行う前にその金額を申込者に通知し、了解を得ることとします。

標準引越運送約款 第二章 見積り より

条文には、「見積もり料金は基本的に無料」との記載と、万一、料金が発生する場合は、依頼者の確認を取り、承諾を得なければならない旨が記載されています。

自分でレンタカーを使った引越しをしたほうが安い?

裏ワザ的に、引っ越し業者を使わず自分でレンタカーを借りて引っ越しする方が安いとされることもありますが、全ての方の費用が安くなるわけではありません。 料金シミュレーションでは、近距離の引っ越しであればレンタカーを借りて自分で引越しをしたほうが5,000円程度安くなり、長距離の引越しでは引越し業者の料金が若干安くなる形となりました。

荷物の少ない単身者で、かつ市内などの近距離引っ越しをお考えの方であれば、レンタカーの引っ越しを試みるのも良いでしょう。 レンタカーを使った引越し方法や費用については「レンタカーで引越し費用を格安にする方法」をご覧ください。

引越し見積もりシミュレーションを使ってネット上から料金確認

実際に引越し業者へ見積もりを依頼する前に相場感を掴みたいという方は、「引越し見積もりのWebシミュレーション」がおすすめです。
オンラインの引越し見積もりシュミレーションでは、荷物や移動距離、日程といったご自分の引越し条件を入力していくことで、過去のデータから見積もりの概算を算出できます。

引越し見積もりシュミレーターの利用画面

シミュレーターで見積もり料金を把握したうえで、引越し業者との料金交渉などにお役立てください。

引越し業者の見積もりでもらえる特典やキャンペーン

各引越し会社は、引っ越しの見積もりを申し込むと特典を付けてくれるケースがあります。
以下は、大手引越し業者が設けているキャンペーンや見積もり特典のまとめです。

引越し会社名 キャンペーンや特典の概要
日通 日通オリジナル図書カード(1,000円分)のプレゼント
サカイ引越センター お米「ひとめぼれ」(1kg:700円相当)のプレゼント
アリさんマークの引越社 引越しお役立ちグッズのプレゼント
クロネコヤマトの引越し ・オリジナルミニカー(見積もり時)
・クロネコミニカーセット(契約時)
アート引越センター ミニオン/アートオリジナル収納BOX × 3枚

※2018年3月現在の情報です。

また、引越し成約特典として、マイルやポイントがもらえる引越し業者もあります。
どれだけお得にお引っ越しができるかを、引越し業者選びのご参考にするのもおすすめです。

詳しくは、引越しキャンペーン比較!見積もり依頼で特典やプレゼントがもらえる業者まとめをご覧ください。

引っ越し見積もりを取るために必要な情報とタイミング

お引越しのお見積もりは、見積書の作成に必要となる内容が決まったタイミングで依頼しましょう。
内容がハッキリしていない段階では正確な料金を出してもらうことができませんので、お見積りを取っても無駄になってしまいます。

見積書の発行に必要な情報

以下は『標準引越運送約款』に記載されている、見積書の作成に必要な項目です。

<見積書への記載項目>

  • 依頼者の氏名、住所および電話番号
  • 荷受人の氏名、住所および電話番号
    (依頼者が荷物の受取人でない場合)
  • 荷物の搬出日、受取日
  • 荷物の種類と量
  • 料金の支払い方法とタイミング
    (基本は現金後払い)
  • 引越し業者の作業内容
  • その他、付帯サービスなど

引越しの当日に追加料金を発生させないために必要な情報

必要最低限の情報以外にも、正確なお見積もりの料金を出してもらうために、わかる範囲で建物の造りや立地条件などをすべてお伝えしましょう。
詳細情報を伝えることでお引越し当日に必要な人員・資材・時間などを割り出し、正確なお見積もり金額が算出してもらえます。

引越しの見積もりを取る時期はいつがベスト?

引越しまでの残りの日数をカレンダーで確認するイメージ写真

希望日にお引越しをするためには、引っ越し業者のスケジュールが埋まってしまう前に、引っ越し見積りの依頼をしておく必要があります。

それでは、引越し業者に引越しの依頼が入る時期、つまり、多くの人が引越しのお見積もりを依頼をする時期は、お引っ越しの何日前になるのでしょうか。
以下の表は、引越し侍で行った”引越しの何日前に見積りを依頼したか”のアンケート結果です。

見積もり依頼時期 全体(割合) 単身(割合) 家族(割合)
3日以内 2.7% 4.2% 1.1%
4日~1週間前 7.3% 10.6% 3.6%
8日~2週間前 17.1% 21.9% 11.5%
15日~1ヶ月前 41.9% 41.9% 42.1%
1ヶ月~2ヶ月前 25.6% 18.4% 34%
2ヶ月~3ヶ月前 4.3% 2.5% 6.3%
3ヶ月以上前 0.8% 0.4% 1.2%
不明 0.3% 0.1% 0.2%
総計 100% 100% 100%

アンケートの結果から、単身引越しの36.7%はお引越し日から2週間以内に引越しのお見積もりを依頼していることがわかりました。
単身引越しは荷物量が少なく、作業員も1~2名の少人数で出来るため日程調整が行いやすいという理由で、お見積りの依頼からお引越し日まで短い時間で準備を進めているようです。

家族引越しの場合はお引越し日から15日以上前の段階でお見積りの依頼をしている人が83.6%と多数を占めていることがわかりました。
家族のお引越しは単身に比べて荷物量が多く、荷造りなどのご準備にも時間がかかると言われています。
そこでいち早くご準備を進めるには、まず引越し業者の決定し、段ボールを手配することが必要になってくるのです。 その結果、家族の引越し見積もり依頼は15日~2ヶ月前と単身よりも早くなっていると思われます。

引越し見積もり依頼前の準備リスト

例えば、5階建てのアパートへのお引越しでエレベーターの“あり・なし”で作業の内容は大きく変わります。
“エレベーターがない”場合では、階段でお荷物を運ぶ労働力が必要となり作業員を増やしたり、作業時間を長く見積もりしたりしなければなりません。

その他にも、家の前の道幅が狭く建物の近くにトラックを止められない場合では、トラックと家の間を往復させる小型車両の手配などを追加した横持ち料金と呼ばれる項目が盛り込まれます。

このような話を聞くと、「内容を伝えすぎてしまうことで料金が高くなってしまうのでは?」と心配される方もいますが、金額が明確化されていることで料金交渉や値引きしてくれる可能性が上がります
なぜなら、引越し業者側からしてみれば作業の内容がハッキリしない状態ではお値引きのしようがないからです。

お見積もりを依頼する時期は“見積書への記載項目”と“建物の条件”が確定したタイミングで行いましょう。
料金交渉の方法については引越し見積もりの順番と交渉テクニックにてご紹介しています。

電話見積もりの流れとメリット・デメリット

引越しの見積もりの取り方は大きく、「電話見積もり」「訪問見積もり」の2種類に分けられます。

電話での見積もりは、基本的にはオペレーターからご質問された内容に答えていきます。 業者側は電話口でお荷物の総量を把握する必要があるため、家具や家電製品などの“高さ、横幅、奥行き”を1点ずつヒアリングし、料金がご提示されます。 ただし、あまりにも荷物量が多い場合は、強制的に訪問見積もりになる場合もあります。

電話での引越し見積もりのメリット・デメリットは以下の通りです。

メリット デメリット
・見積もりにかかる所要時間が短い(30分程度) ・荷物の量や正確なサイズが伝え辛く、見積もりの正確性が損なわれる

電話見積もりは手間も所要時間も少ない反面、正確な見積もりがされ辛いというデメリットがあります。
電話見積もりをスムーズに行うには、あらかじめ“引越し内容”“荷物の量”と“大きさ”をリストアップし、何かオペレーターから質問されたら確認ができるよう、ご自宅から携帯電話で連絡をしましょう。

電話見積もりの流れと手順を時系列で表したイラスト

サカイ、アリ、アート、日通など引越し業者ごとの電話見積もりについての説明と電話見積もりで伝える内容については引越し電話見積もりの流れと注意点にて詳しく紹介しています。

訪問見積もりの流れとメリット・デメリット

訪問見積もりは引越し業者の見積もり担当者を自宅に招き入れ、現地見積もりをしてもらう方法です。
基本的に訪問見積もり自体への料金は発生しません(万一料金が発生する場合は事前に告知されます)。

訪問見積もりのメリットとデメリットは以下の通りです。

メリット デメリット
・正確な料金と必要なダンボールの枚数を割り出してもらえる ・30分~1時間30分程度かかるためスケジュールを空ける必要がある

実際に引越し業者によって荷物量や大きさを見てもらうので、正確な見積もりがもらえるのが訪問見積もりの最大のメリットです
その反面、引越し業者の応対をする時間が必要になるため、スケジュールを調整しなければならないというデメリットもあります。
引越しの訪問見積もりの時間については引越しの訪問見積もり所要時間に関するアンケート結果にてご紹介しています。

訪問見積もりの流れと注意点

引越しの訪問見積もりでは、お荷物の正確な量を把握してもらうために事前に部屋の片付けが必要です。
お掃除をしておく必要はありませんが、荷造りのタイミングで部屋を綺麗にするため(新居に汚れを運ばないため)時間に余裕がある人は合わせておこないましょう。

訪問見積もりの一連の流れは以下の通りです。

訪問見積もりの流れと手順を時系列で表したイラスト

荷物の運送条件と見積書に記載されている内容を必ず確認しましょう。
「訪問見積もりの流れと注意点」では、初めてお引越しをする人向けに、訪問見積もりの流れと注意点をご紹介しますのでご参考にしてください。

また、複数の引越し業者に訪問見積もりを依頼しようと思っている人は、必ず1社ずつ時間をずらして来てもらうようにしましょう。
複数社を同時に呼んでお見積もりを取ることは、様々なデメリットがあるため、あまりおすすめできません。
詳しくは「引越しの訪問見積もりは同時にできる?」でご紹介しています。

引越し見積もりでよくある質問

最後に、引越しの見積もりをする方がよく疑問に感じることについての回答を記載します。

即日に引越しの訪問見積りってできるの?

引越し業者のスケジュールに余裕があれば、お見積もりを依頼した当日に、ご自宅へ下見(訪問見積もり)に来てもらうことも可能です。
ただし、お引越しの依頼が集中する3月、4月は、引越し業者の予定が埋まっている可能性が高いため、即日のお見積もり依頼に対応してくれる引越業者が見つからない場合もあります。

また、急遽お引越しが決まり、当日中に引っ越さなければならない場合には、ご依頼を受けてくれる引越し業者を見つけなければならないため、直接引越し業者に電話をかけて確認してみるのが良いでしょう。
即日~急に引越しする場合の見積もりの方法と準備マニュアルで、急ぎの引越しについての対処法をご紹介しています。

夜に引っ越しの訪問見積もりってしてもらえるの?

多くの引越し業者で、社会人の一人暮らしの生活スタイルに応えるため20時以降でも訪問見積もりに対応してくれます。
ただし、訪問見積もりの担当者の予定などによって、ご依頼できない場合がありますので、お見積もり時に確認しましょう。

見積もりを取った引越し業者に上手く断りの連絡を入れるには

砂場に書かれたNOの文字

複数の業者からお見積もりを取ったら、マナーとして依頼をしない業者に対しては断りの連絡を入れなければなりません。
断りの連絡は誰しも気がすすみませんが、放っておくと業者側から「その後どうなっているのか?」と進捗確認のご連絡がきます。
引越し業者側としては、お引越しを“依頼するか”“依頼しないか”をハッキリさせたいだけですので、断ることが決まったら早めに伝えてあげましょう。

断りの連絡が苦手な人は以下の方法がおすすめです。

  • 引越し会社の代表電話に断りの連絡を入れる
  • あらかじめメールで断りの連絡が可能か確認しておく

顔を合わせたお見積もりの担当者に直接断りの連絡を入れることに対して気まずさを感じる人は、会社の代表番号に電話をし、事務担当者に断りの旨を伝えましょう。
また、本来は電話で断りの連絡を入れるのが筋ですが、メールでの連絡が可能な業者もあるようです。 訪問・電話見積もりのタイミングで「日中忙しいため電話をかける暇がないのでメールでのご連絡でも良いですか?」と確認し、了承が得られれば連絡先のアドレスを聞いておきましょう。

引越しの内金・手付金とキャンセル料金について

引越し見積もりの前金・手付金については『標準引越運送約款 第二条 見積もり 6項』に内金・手付金等の要求を禁止する内容が記載されています。

当店は、見積りの際に内金、手付金等(前項ただし書の規定による下見に要した費用を除く。)を請求しません。

下見費用とは“引越し元”“引越し先”の下見の際にかかった費用を指しますが、下見費用が発生する場合には事前に通知されます。
そのため、訪問見積もりで内金・手付金を要求されても支払う必要はありません

また、引っ越し見積もり後のキャンセル料金については、『標準引越運送約款 第二十一条 解約手数料又は延期手数料等』に詳細が記載されています。

キャンセル料金はお引越しの前々日・前日・当日のいずれかに、依頼者の都合でキャンセルもしくは日程の延期をした場合に発生します。
例外として、お引越しの3日前までに引越し業者から見積書の記載内容の変更確認のご連絡が無かった場合にはキャンセル料金の支払い対象外となります。

また、当然ですが荷造りなどオプションサービスなどをすでに行っていた場合は、見積書の料金に記載された費用を支払う必要があります。

<キャンセル・日程の延長の料金表>

引越し日の前々日 見積書に記載された運賃の20%以内
引越し日の前日 見積書に記載された運賃の30%以内
引越し日の当日 見積書に記載された運賃の50%以内

引越し見積もりを安くする方法まとめ

今回ご紹介した、引越し見積もりを最安値にする方法のまとめは以下の通りです。

  • 基準運賃を安くするために荷物量をなるべく減らす
  • 割増料金は引越しの繁忙期や休日を避けて格安にする
  • 引越しスタッフの作業量や作業時間を減らして実費を抑える
  • オプション代金は付帯サービスごとに節約する

これらの方法を実践して、安い引越し代金で見積もりがもらえるようにトライしてみましょう!

都道府県別の引越し見積もり料金相場

引越し侍では全国で見積もり依頼をされた方の平均金額や口コミ情報を多数掲載しています。
近くにある引越し会社を探している方や料金相場を把握したいという方は、下記のページからご覧ください。

北海道・東北

関東・甲信越

東海・北陸

関西

中国・四国

九州・沖縄

引越しの見積もりが安い引越し業者を探せるでござる!

引っ越しの見積もり相場と料金は、以下のサービスから確認ができます。

  • 一括見積もり・・・複数の引越し業者にまとめて見積もりの依頼
  • 予約サービス・・・ネットから引越し業者の見積もり料金と相場を確認

どちらのサービスも、単身・家族どなたでも24時間無料で見積もりの依頼ができます。

また、引越し業者の選び方が分からない人は、料金や口コミ・評判を参考にしてください!サービスの利用後に「引っ越しの準備やることリスト」もプレゼントしています。

引越しの見積もりをまとめて依頼
複数の引越し業者に対してネットから一括で見積もりの依頼ができるサービスです。ご利用は完全無料。安い費用で引越ししたい方に、各社よりお電話かメールにて料金をお知らせいたします。
無料 最安値の業者を探すなら 引越し一括見積もり依頼
Pマーク

当社は、一般財団法人日本情報経済社会推進協会(JIPDEC)(旧: 財団法人日本情報処理開発協会)より「プライバシーマーク」の付与認定を受けています。

東証一部上場

株式会社エイチーム引越し侍は、株式会社エイチーム(東証一部上場)のグループ企業です。
証券コード:3662

ATEMA 引越し侍

運営会社:株式会社エイチーム引越し侍
〒450-6432 名古屋市中村区名駅三丁目28番12号 大名古屋ビルヂング32F

閉じる 4月の引越しが安い人気業者を探す

簡単入力&ご利用無料!引越しのお見積もりはこちらから