Menu

失敗しない!ドコモのMNP予約番号の取得方法【docomo】

このページにはPRリンクが含まれています

『Soldi』は、複数の企業と提携し情報を提供しており、当サイトを経由して商品への申込みがあった場合には、各企業から報酬を受け取ることがあります。ただし当サイト内のランキングや商品の評価に関して、提携の有無や支払いの有無が影響を及ぼすことはございません。また当サイトで得た収益は、サイトを訪れる皆様により役立つコンテンツを提供するために、情報の品質向上・ランキング精度の向上等に還元しております。

docomoのMNP予約番号取得記事アイキャッチ画像

弟リスのイラスト
ドコモから乗り換えるにはMNP予約番号が必要なんだよね?
ずっとスマホで迷ってるの疲れたよ。もう終わらせたいな

兄リスのイラスト
ええ、必ず必要になります。
引き止めに負けないでくださいね、今まで考えた時間が無駄になっちゃいます。

ドコモから他社の格安SIMへ乗り換えする際、同じ電話番号を利用し続けるためには、MNP予約番号の取得が必要になります。

手続き自体は10分もかからないカンタンなものです。

ですがdocomoはあの手この手であなたを引き留めようとしてきます。

ポイントは、決めたことを曲げない強い意志と、サッと終わらせるスピード感。

ここで迷って先延ばしにすると、また高いスマホ代にモヤモヤする日々が続くことになってしまいます。

このページではdocomoのMNP予約番号の取得方法の解説と、

あわせて、いわゆる「引き止め」の内容もお伝えしておきます。

ややこしすぎるスマホMNP問題、
あなたに代わって調べます!

兄リスのイラスト
先に引き止めの内容を理解しておけば、心がブレることを防げるはずです

SIMロック解除がまだの方は先にこちらの記事を読んでください。

スマホが2万円以上安くなる!
オンラインセール実施中

Y!mobileの公式サイトはこちら

MNP予約番号を取得する前に

MNP予約番号を取得する前に、docomoを解約するにあたって損をしないためにやっておくと良いことがいくつかあります。

dポイントを使い切る

貯まっているdポイントを使い切っておくのがおすすめです。

携帯料金支払いに回したり、ショッピングでいつもなら買わないちょっと嬉しくなるようなモノを買ったりするのも楽しいはず。

実際にdocomoから転出してもdポイントは消滅しません。
dアカウントにはドコモ解約後のログインが可能です。

とはいえポイントは当然貯まりにくくなりますし、dアカウントを削除しない限り有効期限はありませんが、この機会に使い切っておくのがおススメです。

dアカウントIDをGmailなどに変更しておく

dアカウントはdocomoを解約しても消滅しません。

解約後も今まで通りログインできます。

ただし、IDをdocomoのキャリアメールにしている場合はログインできなくなってしまいます。

あらかじめGmailやicloudメールなどに変更しておいてください。

docomo.ne.jpのメールの保存

解約するとdocomoのキャリアメール「docomo.ne.jp」のメールは使えなくなります。

また、過去の送信/受信メールも見ることが出来なくなります。

docomoのメールはスマホ本体ではなく、docomoのクラウド上に保存されているからです。

どうしても無くしたくない大切なメールがある場合には、あらかじめGmailなどに転送したり移動させておいてください。

LINEやgmailへのメールの切り替え

ワイモバイルではユーザー向けにキャリアメールを用意しています。

ドコモメールの代わりにこのキャリアメールを利用するのも手ですが、この際GmailやLINEに移行してしまうのも一つです。

ワイモバイルからさらにMNPすることになったとしても、GmailやLINEならば移行は簡単です。

弟リスのイラスト
40代や50代の人でも普通にLINE使ってるもんね

兄リスのイラスト
正直、もうキャリアメールを使ってる人って相当少なくなってますからねぇ。

ドコモのMNP予約番号 取得方法はオンライン、電話、店頭の3通り

docomoのMNP予約番号を取得する方法は3つ。

  1. オンライン手続き
  2. 電話手続き
  3. ドコモショップで店頭手続き

基本的に時間も手間もかからないオンライン手続き(My docomo)がおすすめです。

弟リスのイラスト
My docomoなら24時間いつでもできるんだね!

兄リスのイラスト
そうなんです!
とっても簡単なので、すぐに発行しましょう。

どの方法でも言えることですが、ブレない意志とスピード感が大切です。

乗り換えが完了した段階でMNP転出手数料が一律で発生します。

手数料は今契約しているプランによります。

  • 2019年9月以前の料金プラン
    −2,200円
  • 2019年10月以降の料金プラン
    −3,300円

1 オンラインでのMNP予約番号取得

オンラインでのMNP予約番号取得の手続きを解説します。

ドコモのMNP予約番号取得はMy docomoから。

My docomo

受付時間は9時~21時30分に限定されています。

兄リスのイラスト
他の手続きなら、24時間できるんですけどね。

弟リスのイラスト
さっそく関門があるねー。
で、スマホからはどうやればいいの?

兄リスのイラスト
SafariとかChromeの表示をPC版に変えれば大丈夫なんです

スマホからの場合はPC表示で

docomoのMNP予約番号取得は
原則、スマホからは不可。

ですが、
Wi-Fi環境とちょっとした工夫で
スマホから問題なく取得ができます。

  • Wi-Fiにつなぐ
  • ブラウザの表示をPC版表示に変える

これで大丈夫です。

この2つの工夫でスマホからでもPCからのアクセスと認識され、スムーズに番号取得ができるようになります。

Safariの場合とChromeの場合で、PC表示の方法を確認していきます。

Safari PC表示への切り替え方法

必ずWi-Fiにつないで操作してください。

【My docomo】をタップして始めます。

SafariのPC表示のためにタップする場所

My docomoの画面で、左上のAAと表示されている場所をタップします。

SafariのPC表示のためにタップする場所

出てきたメニューの「デスクトップ用Webサイトを表示」をタップします。

これでOKです。
この画面での見た目は変わりませんが、これでPC表示ができています。

Chrome PC表示への切り替え方法

ChromeでのPC版表示の方法

右下の「…」をタップします。

ChromeでのPC版表示の方法

出てきた表示の「PC版を見る」をタップします。

これでOKです。
この画面での見た目は変わりませんが、これでPC表示ができています。

兄リスのイラスト
これで、docomo側はPCからのアクセスだと認識してくれます。
Wi-Fiにつなぐのがポイントです。
4G回線のままだとバレちゃうみたいで。

弟リスのイラスト
なるほど簡単。
これなら裏技でもなんでもないね。

オンラインでの手続き画面解説

兄リスのイラスト
それじゃあ、準備もできたということでMNP予約番号の取り方を手続きを説明していきますね。

<スマホからの入り方>

My docomoからの契約内容確認でタップする場所

左上の「契約内容・手続き」をタップします。

My docomoのMNP予約番号ボタン

ずーっと下にスクロールして「携帯電話番号ポータビリティ予約(MNP)」をタップします。

My docomoでのタップする場所

表示される「お手続きする」をタップします。

My docomoをPC表示できている画面

Wi-Fiにつないでこのような表示になっていれば、PC表示ができています。

<パソコンからの入り方>

Mydocomoの画面

My docomoのトップ画面から少し下にスクロールします。

「その他のお手続きはこちら」のボタンをクリックします。

Mydocomoの画面

「携帯電話番号ポータビリティ予約」をクリックします。

兄リスのイラスト
ここから共通です。
スマホの画面で解説しますが、パソコンでもほぼおんなじ画面が表示されるはずです。

 

My docomoのタップする場所

右下の「解約手続き」をタップします。

弟リスのイラスト
え?今解約になったら困るんだけど?
大丈夫?

兄リスのイラスト
大丈夫です、意地悪ですよねこの書き方。
MNP番号をとっても、実際に乗り換えて回線切替するまでは解約にはならないです。
番号をとった後に気が変わったとしても、放置しておけば全く問題なくdocomoを使い続けられますよ。
予約番号の取り消しすら不要です。

弟リスのイラスト
なんだそれ。
docomoも意地悪な書き方するなぁ。

My docomoのMNP予約に関する注意画面

ここから引き止めが始まります。
最初は「dポイントについて」

My docomoのタップする場所

気にせずに下にスクロール、チェックを入れて「次へ」をタップします。

My docomo途中解約金の表示

続いて機種代金の残債、途中解約金の表示があります。

My docomoのタップする場所

これも気にせず下にスクロール、チェックを入れて「次へ」をタップします。

My docomoのMNPの注意事項表示

続いて全体の注意事項です。
「次へ」をタップします。

My docomoのMNP予約の手続き画面

いよいよ番号取得の画面です。
必要なチェックを入れ「次へ」をタップします。

My docomoのMNP予約の内容確認画面

内容確認です。

My docomoのタップする場所

下にスクロールして「手続きを完了する」をタップします。

My docomoのMNP予約番号の表示

これで完了です。

メールにも確認メールが届きます。

弟リスのイラスト
お疲れ様ー
簡単だね。

兄リスのイラスト
途中でお金のこと結構出てきましたけど、そこも迷わなかったですか?

弟リスのイラスト
まぁ、コテツくんに先に聞いてた内容だったしね。
もう乗り換えるって決めてたから。

兄リスのイラスト
トラキさん、さすがです(笑)

弟リスのイラスト
こんなことで褒められても(笑)

2 ドコモショップで店頭手続き

ドコモショップで手続きする場合は、免許証やパスポートなどの本人確認書類を持って、ドコモショップに行けばOKです。

あとは、MNP予約番号が欲しいとスタッフに伝えれば手続きを進めてくれます。

docomoに引き留めるためのセールストーク、ドコモショップでの長時間の待ち時間などがデメリット。

3 電話で手続き

局番無しの「151」(無料)から手続きができます。

なかなか電話がつながらないことが多くあります。

兄リスのイラスト
どの方法であっても、引き留めに負けないようにするのが大事ですね!

MNP予約番号取得の注意点・豆知識

引き止めポイントの正体は機種変更専用のポイント

弟リスのイラスト
引き止めの時にポイントあげるよみたいなこと言われたけど、あれはなんだったの?

兄リスのイラスト
トラキさんが迷わなくてよかったです!あれは、機種変更の時にしか使えないポイントなんです。

MNPの手続きを進める際中に、docomoから「あなただけにポイントをあげるからdocomo続けたら?」といったメッセージがたくさん届きます。

ポイントは10,000~20,000Pと高額な金額を提示されることも

一見、オトクなように感じますが、実態はそうではありません。

引き止めポイントは用途が限定され、実際には使いづらいことがほとんど。

重要なのは2年間合計のコストを考えることです。

MNP切り替えのタイミングだけで見ると、分割していた機種代金をまとめて払う必要があったり、事務手数料がかかったりしますが、

ドコモでそのまま行く場合と、ワイモバイルに切り替えた場合とでは大きな差が生まれます。

大手キャリア契約者の月額スマホ代金の平均は仮に8000円とします。

ワイモバイルなら2023年10月からのシンプル2Sプランで2,365円/4GB、シンプル2Mなら4,015円/20GBです。

2年合計額を計算するとこうなります。

ドコモeximo(無制限)175,560円(7,315円×24ヶ月)
ワイモバイルシンプル2S(4GB)56,760円(2,365円×24ヶ月)
ワイモバイルシンプル2M(20GB)96,360円(4,015円×24ヶ月)

これはどの大手キャリアでも、どの格安SIM(MVNO)でもかかるお金。

必要経費と考えると気が楽になります。

まとめ

ドコモのMNP予約番号の取り方

  • MNP予約番号を取得する前にdポイントを使い切る
  • dアカウントIDをgメールなどに変更しておく
  • docomo.ne.jpのメールを保存しておく
  • LINEやgmailへメールを切り替えてしまう
  • ドコモ MNP予約番号取得の方法
    1 My docomoでオンライン手続き
    2 ドコモショップで店頭手続き
    3 電話で手続き
  • 引き留めポイントの正体は機種変更専用のポイント
  • ワイモバイルへの申し込みはすぐに!
  • 諸費用は必要経費。それでも十分取り返せる

弟リスのイラスト
引き止めで迷いそうになったら、冷静に2年間の合計差額を思い出すべきだね。いつまでもMNPしようかどうか悩んでたら時間がもったいない

兄リスのイラスト
そうです!ワイモバイルに乗り換えて損をすることはないですからね。
一切見落としなくMNPしようと思うと結構疲れます。ここは完璧を目指さずにスピード感重視ですすめちゃう方がいいです!

続いてはいよいよワイモバイルへの契約申し込みです。

こちらの【ワイモバイルへのMNPオンライン契約の手順」】で詳しく解説しています。

スマホが2万円以上安くなる!
オンラインセール実施中

Y!mobileの公式サイトはこちら

ポイント別 格安SIMランキング

  • 総合

  • 料金

  • 速度

        • 家族割・ひかり回線とのセット割でお得に
        • ソフトバンク回線を利用していて通信速度が安定してはやい
        • 他社からの乗り換えでPayPayポイント還元
      • 公式サイトへ
        • 新プランで5GB 990円~の業界最安水準
        • データ量のシェアや繰り越しができる
        • 光回線とセット契約すると月額660円引き
      • 公式サイトへ
        • Softbankと同等の安定した通信速度
        • 3GB990円のミニプランが人気
        • 一部LINEの利用はデータ通信量としてカウントされない(※1)
      • 公式サイトへ
        • 格安SIMの中でも最速クラスの通信速度
        • 家族割・ひかり回線とのセット割でさらにお得に
        • 他社からの乗り換えで10,000円分のau Pay残高還元
      • 公式サイトへ
        • 新料金プラン乗り換え先No1
        • Rakuten 最強プランを他社からの乗り換えで初めて申し込みで最大13,000ポイント還元!
        • データ無制限・通話もかけ放題
      • 公式サイトへ
        • 3GB 792円~の業界最安値
        • 330円/月からお試しプランを利用できる
        • ドコモ・au・ソフトバンクの3回線に対応
      • 公式サイトへ
        • 3GBは月額770円!100MB未満なら月額290円!
        • 20GBでも月額2,190円と安い
        • 5分以内かけ放題オプションが月額500円、完全かけ放題は月額1,480円
      • 公式サイトへ
        • 5GB 990円~の業界最安水準
        • データ量のシェアや繰り越しができる
        • 光回線とセット契約すると月額660円引き
      • 公式サイトへ
        • 4GB 1,180円
        • 1GB単位のプランで自分に合う内容を選べる
        • 60歳以上の方向けにさらに安い「やさしいプラン」がある
      • 公式サイトへ
        • 新料金プラン乗り換え先No1
        • 3GB未満なら1,078円
        • Rakuten Linkアプリで通話もし放題
      • 公式サイトへ
        • ドコモのオンラインブランドでキャリアに匹敵する通信速度
        • 5分以内の通話は無料
        • 20GBで2,970円の月額料金
      • 公式サイトへ
        • キャリアに匹敵する通信速度
        • 3GB990円のスマホミニプランが人気
        • LINEの利用はデータ容量としてカウントされない(※1)
      • 公式サイトへ
        • 格安スマホでは速度ランキングトップクラス
        • auと同等の安定した通信速度
        • 最大10,000円相当のau PAY残高還元実施中
        • iPhoneやAndroid端末が安く手に入る
      • 公式サイトへ
        • 格安スマホ速度ランキングではUQモバイルに匹敵
        • Softbankと同等の安定した通信速度
        • ネット割併用で4GBが月額1,078円~
        • 店舗で気軽に相談ができる
      • 公式サイトへ
    ※MMD研究所調べ
※料金はすべて税込価格です。
※2024年2月現在の情報です。
※1 トークでの位置情報の共有・Live の利用、スタンプショップの利用、ニュース記事の閲覧など、一部 LINE ギガフリーの対象外があります。

家計の見直しは「固定費」の削減から始めよう!支出の見直しポイントとプロが教えるおすすめの方法はコレ!

この記事の著者

編集

Soldi編集部

Soldi編集部は「おうちのお金をスマートに」をコンセプトにコンテンツの配信を行っています。

※当サイトに掲載している情報は、万全の保証をいたしかねます。
機器、サービスの価格、スペック等の詳細情報は、必ず各公式サイトでご確認ください。

【完全版】自分に合った格安SIMが見つかる!

【完全版】自分に合った格安SIMが見つかる!

【28社比較】おすすめのWiMAXプロバイダはこれ!

【28社比較】WiMAXを契約するなら! おすすめプロバイダ厳選5社!



ナビナビ保険

暮らしとお金の悩みを解決。専門家相談Q&A