Menu

LINEMOの解約方法|MNP転出の手順や解約金について解説

LINEMOの解約手続きは、全てオンライン上で行うことが基本となります。

「My Menu」というLINEのマイページから簡単に手続きを行えるため、手続きはそれほど難しくありません。しかし、これまで店舗や電話窓口がある通信会社を利用していた方は最初戸惑うこともあるかもしれません。 LINEMOのMNP転出による解約方法は以下の通りです。

LINEMOを解約する方法

  1. LINEMOを解約する方法
  2. 「契約確認変更」をタップする
  3. SMSのセキュリティ番号を入力後、「本人確認する」をタップする
  4. 「MNP予約番号の発行」をタップする
  5. 転出時の費用等を確認して「次へ」をタップする
  6. アンケート(任意)に答えて「次へ」をタップする
  7. 「申込」をタップする
  8. 乗り換え先キャリアでMNP転入の申し込みを進める

本記事では、LINEMOをMNO転出で解約する際の方法や違約金について、必要な書類などを手順に沿って解説しています。

また、損をしない解約のタイミングについてやMNPを使わないで解約する方法、解約に関する注意点、乗り換えでおすすめの格安SIMについても紹介しているので、LINEMO解約を検討されている方は参考にしてみてください。

解約前に必ずチェック!お申し込みに必要なものがございます乗り換え先の公式サイトでまずは確認を!

※料金はすべて税込価格です。

LINEMOをMNP転出で解約する方法

LINEMOから同じ携帯電話番号のまま、他社の携帯電話へ乗り換える際はMNP転出の手続きが必要です。

LINEMOのMNP転出手続きによる解約は下記の流れで手続きできます。

LINEMOを解約する方法

  1. My Menuにログインする
    My Menuにログインする

    (画像引用:ログイン | My Menu | LINEMO

  2. 「契約確認変更」をタップする
    トップページに表示されている「契約確認変更」ボタンをタップして、MNP予約番号発行の関連メニューを表示させます。その後、「MNP予約関連手続き」をタップし、MNP予約番号を発行するための画面に遷移します。
  3. SMSのセキュリティ番号を入力後、「本人確認する」をタップする
    本人確認のためにSMSによるセキュリティ認証を求められるため、契約している電話番号に届いたセキュリティ番号を確認し、画面に3桁の番号を入力して「本人確認する」をタップします。
  4. 「MNP予約番号の発行」をタップする
  5. 転出時の費用等を確認して「次へ」をタップする
    転出した場合にかかる費用の案内などの重要事項の説明が表示されるため、内容を十分に確認し、問題がなければ「次へ」をタップします。
  6. アンケート(任意)に答えて「次へ」をタップする
  7. 「申込」をタップする

「申込」をタップした時点で手続きは完了です。
その後、他社キャリアへのMNP乗り換え手続きを進めてください。

他社への乗り換えが完了した時点で、LINEMOの契約は自動解約されます。

申し込みを完了してしまうとキャンセルできないため、記入内容に間違いがないかどうかを必ず確認しましょう。

LINEMOの解約手続きに必要なもの

LINEMOの解約手続きは全てWeb上で完結するため、用意しなければならないものはほとんどありません。

手続きにはMy Menuへのログインが必要なので、事前にログインIDとパスワードを確認しておきましょう。

ログインIDが不明な場合は、ログイン画面で「IDをお忘れの方」をタップするとログインIDの再設定手続きを行えます。パスワードが不明であれば、「パスワードをお忘れの方」をタップすることでSMSによる再設定通知を受信できます。

LINEMOの解約時に発生する費用

LINEMOの解約・MNP転出時に発生する費用はかかりません。

LINEMOの解約時に必要な費用
費用項目費用備考
契約解除料・違約金0円基本料金の日割り計算はなし
MNP転出手数料0円-
機種代金の残債端末販売を行っていないため対象外-

詳細は下記のとおりです。

LINEMOはいつ契約したとしても契約期間の縛りがなく、好きなタイミングで解約することができ解除料金もかかりません。
MNP転出手数料が0円のため、いつでも解約しやすいです。

ただし、基本料金が日割り計算にならないため、できるだけ下旬で解約するのがおすすめです。

2021年12月現在、LINEMOでは端末とSIMカードのセット販売を行っていません。

そのため分割払いは発生せず、解約時に機種代金の残債を整理する必要もありません。

MNPを使わずLINEMOを解約する方法

MNPを利用せずにLINEMOを解約する手続きは、全てオンラインで行います。

MNP転出せずにLINEMOを解約する方法

  • 解約案内ページで「利用規約に同意してログインする」をタップする
    「LINEMOで利用中の電話番号を引き続き利用しますか?」の質問に「いいえ、利用しません。(解約)」を選択します。
    注意事項をよく読んだ後、問題がなければページ下部の「解約のお手続きはこちら」をタップします。
  • My Menuにログインする
    My Menuにログインする

    (画像引用:ログイン | My Menu | LINEMO

  • 解約に関する注意事項に目を通して「次へ」をタップする
  • 解約手続きに関する連絡先を確認し「次へ」をタップする
    登録しているメールアドレスが表示されるため、宛先が正しいかどうかを必ず確認してください。
  • アンケートに答えて「次へ」をタップする
    アンケートは必須となっており、MNP転出時のように任意のアンケートではないため必ず回答してください
  • 解約申込内容を確認して「申込」をタップする
    一度申し込んだ解約を取り消すことはできないため、本当に解約しても良いかどうかを十分に確認した上で手続きしてください
  • 手続き完了

以上で解約手続きが完了します。

解除後の料金確認方法

回線の解約後はマイページにログインができなくなってしまうため、解約直前の料金確認が難しくなってしまいます。

ただしLINEMOでは、解除後90日以内であればMy Menuにログインして請求金額を確認することができます。

LINEMO解約後の請求金額の確認方法

  1. Softbank IDでMy Menuにログインする
  2. 「料金案内」をタップする

料金確認方法について、以下で解説していきます。

①Softbank IDでMy Menuにログインする

LINEMOのマイページにあたる「My Menu」に、SoftBank IDとパスワードを入力してログインします。

My Menuにログインする

(画像引用:ログイン | My Menu | LINEMO

LINEMOの解約後は電話番号によるログインができなくなるため、必ず事前にSoftbank IDを控えておきましょう。

②「料金案内」をタップする

「料金案内」をタップすると、次回請求分の金額が画面に表示されます。

さらに詳しく知りたい場合は「詳しい内訳をみる」をタップすることで詳細な情報を確認できます。

なお、90日を過ぎた状態で料金を確認したい場合は、下記URLからチャットサポートに問い合わせる必要があります。
カスタマーサポート(お問い合わせ)|【公式】LINEMO - ラインモ

LINEMOの解約に関するよくある質問や注意点

LINEMOによく寄せられる質問として、下記のようなものがあります。

LINEMOの解約に関するよくある質問と注意点

  • 短期解約はブラックリスト入りする?
  • 解約月の月額料金は日割りされる?
  • 解約したのに使えるのはなぜ?
  • 契約者を変更するときの手続きは?
  • SIMカードを返却しないとどうなる?
  • オンライン解約手続き中にエラーが出て解約ができない

一つひとつ詳しく見ていきましょう。

短期解約はブラックリスト入りする?

LINEMOは違約金がかからない分、キャンペーン目当てに短期で解約する抜け道がよく話題になります。

しかし短期解約を繰り返すと通信会社の間でブラックリスト入りしてしまい、今後SoftbankやLINEMOなどを再契約できなくなる恐れがあるため、おすすめできません。

スパンとしては、およそ半年程度の解約の場合、ブラックリスト入りする可能性があるため注意が必要です。

通信会社では1年を通してさまざまなキャンペーンを展開しており、魅力的なものがたくさんあるためつい特典目当てで短期解約しようと考えがちですが、特典目当ての解約は避けるようにしておきましょう。

解約月の月額料金は日割りされる?

LINEMOの解約月の料金は日割り計算がされません。

月初に解約するほど損をしてしまうため、解約やMNP転出を考えている場合はできるだけ月末に解約することをおすすめします。

ただし他社へのMNP転出のために予約番号を発行する場合、3~4日程度手続きに時間がかかるため、ギリギリに手続きを始めると翌月の利用料金が発生してしまう可能性があります。

少し余裕をもって、月末から1週間前を目安に手続きを行うことをおすすめします。

解約したのに請求が来るのははなぜ?

解約したはずはなのに請求が来る理由は、請求のタイミングによるものであることがほとんどです。

LINEMOの請求サイクルは末日締め翌日26日頃となっているため、例えば12月16日に解約した当月の料金は翌月の1月26日頃に請求が来ます。このサイクルで請求が来た場合は、利用料金の請求だと判断できます。

それ以外に覚えのない請求があった場合は、サポートに確認してみましょう。

SIMカードを返却しないとどうなる?

LINEMOは解約後のSIMカードの返却は不要です。

したがって、不要になったSIMカードはハサミなどで切り分け、自分で処分しても罰則等の対象になることもありません。

オンライン解約手続き中にエラーが出て解約ができない

オンライン解約手続き中にエラーが出て解約できない場合は、チャットでカスタマーサポートに問い合わせを行う必要があります。

電話によるサポート対応は行っていないため、万が一のトラブルの時のために時間に余裕をもって解約手続きを行うことをおすすめします。

LINEMOの解約手続きに関する問い合わせ先

  • サポートURL: https://www.linemo.jp/support/m-01/detail/?id=01-032
  • 受付時間:9時~20時(土日祝含む)

MNP転出先におすすめの格安SIM

LINEMOからのMNP転出先として、おすすめの格安SIMを2社ご紹介いたします。

ミニプランを利用していて毎月3GBに収まっている場合はLINEMOよりも料金が安くなる「イオンモバイル」、スマホプランを利用していて毎月20GBに収まっている場合は「mineo」がおすすめです。

LINEMO解約後、乗り換え先としておすすめの格安SIM

  • イオンモバイル
  • mineo

それでは、詳しく見ていきましょう。

イオンモバイル

イオンモバイル

(画像引用:イオンの格安スマホ・格安SIM | イオンモバイル

イオンモバイルは他社の格安SIMに比べて通話料が30秒11円と安く、LINEMOに比べて30秒あたりの通話量が1/2になります。

またLINEMOには3GBのデータ通信が付属している月額900円の「ミニプラン」がありますが、イオンモバイルのデータプランであれば月額780円で利用できます。

音声通話が不要であれば、年間1,440円の節約になります。

また、音声通話を付ける場合も、電話をする機会が多いのであればイオンモバイルのほうが安くなる可能性もあります。

LINEMOとイオンモバイルの3GBデータ通信プランの比較
キャリア3GBの料金(データプラン)3GBの料金(音声通話あり)
イオンモバイル月額780円月額980円+30秒11円
LINEMO月額900円月額900円+30秒22円

上記のように、3GBのデータ通信のみで比較するとイオンモバイルのほうが料金は安くなります。

音声通話ありの場合、一見するとイオンモバイルのほうが高いようにも見えますが、30秒あたりの通話料金がイオンモバイルは11円、LINEMOは22円であることから、長時間の通話をする場合はイオンモバイルが安くなるケースもあります。

音声通話が安くなるという観点から、電話を頻繁に利用する方にはイオンモバイルがおすすめです。

mineo

mineo    料金表

(画像引用:料金表(基本)|格安スマホ・SIM【mineo(マイネオ)】

mineoはデータプランの価格がLINEMOに比べて安価であり、データ容量をたくさん必要とする方に適しています。

LINEMOの20GBデータ通信が付属している月額2,480円の「スマホプラン」を利用している場合、mineoのシングルタイプに変更すると月額1,750円で20GBのデータ通信を利用できるようになります。

音声通話が不要であれば、年間8,760円の節約になります。

また、音声通話を付ける場合もmineoのほうが若干安く抑えられます。

LINEMOとmineoの料金比較
キャリア20GBの料金(データプラン)20GBの料金(音声通話あり)
mineo月額1,750円月額1,980円+30秒22円
LINEMO月額2,480円月額2,480円+30秒22円

上記のように、20GBのデータ通信のみで比較するとmineoのほうが大きく料金を抑えられます。

音声通話ありの場合でも、年間で6,000円の節約になります。mineoとLINEMOは30秒当たりの通話料金が同じなので、電話を使う時間の長さが長くても短くても、mineoのほうがお得になる可能性が高いといえます。

ソフトバンクの安定的な通信回線にこだわらないのであれば、mineoは料金を抑えられるためお得です。

以上のことから、LINEMOから乗り換えるならmineoをおすすめします。

めんどくさい…を理由に、乗り換えを先送りにしていませんか?

※1 マイピタ 5GB料金参照
※2 新auピタットプラン 1~4GB料金参照
※3 ギガライト 3GB料金参照 ※4 ミニフィットプラン+3GB料金参照

まとめ

LINEMOは解約料金、MNP転出料金ともに0円なので、いつでも好きなタイミングで契約・解約を行えます。

ただし、基本料金の日割り計算がされない点や、サポート対応が基本的にチャットのみであり解約手続きも全てWeb上で行う必要があるというについては注意が必要です。

利用料金を安く抑えたいと考えるのであれば、解約料金やMNP転出料金がかからない利点を活用して、他の通信会社に乗り換えるのも手段のひとつです。

ぜひ今回ご紹介した2社も参考にしながら、良い運用方法を見つけてみてください。

家計の見直しは「固定費」の削減から始めよう!支出の見直しポイントとプロが教えるおすすめの方法はコレ!

この記事の著者

編集

Soldi編集部

Soldi編集部は「おうちのお金をスマートに」をコンセプトにコンテンツの配信を行っています。

※当サイトに掲載している情報は、万全の保証をいたしかねます。
機器、サービスの価格、スペック等の詳細情報は、必ず各公式サイトでご確認ください。

【完全版】自分に合った格安SIMが見つかる!

【完全版】自分に合った格安SIMが見つかる!

【28社比較】おすすめのWiMAXプロバイダはこれ!

【28社比較】WiMAXを契約するなら! おすすめプロバイダ厳選5社!



ナビナビ保険