Menu

2024年4月格安SIM(スマホ)おすすめ人気比較ランキング|MVNO21社の速度・料金・評判からどこがいいかを紹介

このページにはPRリンクが含まれています

『Soldi』は、複数の企業と提携し情報を提供しており、当サイトを経由して商品への申込みがあった場合には、各企業から報酬を受け取ることがあります。ただし当サイト内のランキングや商品の評価に関して、提携の有無や支払いの有無が影響を及ぼすことはございません。また当サイトで得た収益は、サイトを訪れる皆様により役立つコンテンツを提供するために、情報の品質向上・ランキング精度の向上等に還元しております。

おすすめ格安SIMランキングTOP3

格安simのおすすめランキング

  1. ワイモバイル
  2. IIJmio
  3. LINEMO

王冠のアイコンさらに4位以下の
ランキング詳細を見る

格安SIMの21社の料金プランを比較し、おすすめの格安SIMを紹介します!

格安スマホの専門家伊藤浩一さんの助言を受けながら、格安SIMのおすすめランキングを作成しました。


監修:通信専門家・伊藤浩一さん

【監修者】伊藤浩一

月間30万PVを誇るブログ「伊藤浩一のモバイルライフ応援団」を主宰する、スマートフォン・カメラ専門のITライター。
これまで100台以上のモバイル端末を利用した経験を元にライブドアニュース日経クロステックAllAboutなどのサイトにて執筆をしており、「Android神アプリ活用ガイド (三才ムック)」をはじめ、「今すぐ使えるかんたんPLUS+ Surface 完全大事典」(技術評論社)など、複数の著書を出版している。

当サイトのおすすめNo1はワイモバイルです!
ワイモバイルは基本料金は高めですが、セット割などで3GB990円で利用できるようになります。通信速度の満足度も非常に高く、シェアが高い格安SIMです。

セット割なしでとにかく料金を安くしたいという方にはIIJmioもおすすめです。

※ランキングの作り方や基準についてはこちらをご覧ください。

データ容量や重視するポイントなどによっておすすめの格安スマホは異なります。
記事では格安スマホのおすすめランキングのほか、ポイント別におすすめの格安スマホも紹介しています。 格安SIMの会社選びの参考にしてください。

ポイント別 格安SIMランキング

  • 総合

  • 料金

  • 速度

        • 家族割・ひかり回線とのセット割でさらにお得に
        • ソフトバンク回線を利用していて通信速度が安定してはやい
        • 他社からの乗り換えでPayPayポイント還元
      • 公式サイトへ
        • 新プランで5GB 990円~の業界最安水準
        • データ量のシェアや繰り越しができる
        • 光回線とセット契約すると月額660円引き
      • 公式サイトへ
        • Softbankと同等の安定した通信速度
        • 3GB990円のミニプランが人気
        • 一部LINEの利用はデータ通信量としてカウントされない(※1)
      • 公式サイトへ
        • 格安SIMの中でも最速クラスの通信速度
        • 家族セット割・自宅セット割でさらにお得に
        • 他社からの乗り換えで10,000円分のau Pay残高還元
      • 公式サイトへ
        • 新料金プラン乗り換え先No1
        • Rakuten 最強プランを他社からの乗り換えで初めて申し込みで最大13,000ポイント還元!
        • データ無制限・通話もかけ放題
      • 公式サイトへ
        • 3GB 792円~の業界最安値
        • 330円/月からお試しプランを利用できる
        • ドコモ・au・ソフトバンクの3回線に対応
      • 公式サイトへ
        • 3GBは月額770円!100MB未満なら月額290円!
        • 20GBでも月額2,190円と安い
        • 5分以内かけ放題オプションが月額500円、完全かけ放題は月額1,480円
      • 公式サイトへ
        • 5GB 990円~の業界最安水準
        • データ量のシェアや繰り越しができる
        • 光回線とセット契約すると月額660円引き
      • 公式サイトへ
        • 4GB 1,180円
        • 1GB単位のプランで自分に合う内容を選べる
        • 60歳以上の方向けにさらに安い「やさしいプラン」がある
      • 公式サイトへ
        • 新料金プラン乗り換え先No1
        • 3GB未満なら1,078円
        • Rakuten Linkアプリで通話もし放題
      • 公式サイトへ
        • ドコモのオンラインブランドでキャリアに匹敵する通信速度
        • 5分以内の通話は無料
        • 20GBで2,970円の月額料金
      • 公式サイトへ
        • キャリアに匹敵する通信速度
        • 3GB990円のスマホミニプランが人気
        • LINEの利用はデータ容量としてカウントされない(※1)
      • 公式サイトへ
        • 格安スマホでは速度ランキングトップクラス
        • auと同等の安定した通信速度
        • 最大10,000円相当のau PAY残高還元実施中
        • iPhoneやAndroid端末が安く手に入る
      • 公式サイトへ
        • 格安スマホ速度ランキングではUQモバイルに匹敵
        • Softbankと同等の安定した通信速度
        • ネット割併用で4GBが月額1,078円~
        • 店舗で気軽に相談ができる
      • 公式サイトへ
    ※MMD研究所調べ
※料金はすべて税込価格です。
※2024年3月現在の情報です。
※1 トークでの位置情報の共有・Live の利用、スタンプショップの利用、ニュース記事の閲覧など、一部 LINE ギガフリーの対象外があります。

mineo×Soldiキャンペーン

PR

提携サイト限定で、mineo契約時の事務手数料3,300円が無料になるキャンペーンを実施中です!

キャンペーン期間
終了日未定
特典内容
通常3,300円の契約事務手数料が0円
適用条件
期間内にサイト内のキャンペーン専用ボタンから専用ページに遷移して新規でお申し込みされた方
注意事項
キャンペーン専用サイトの専用ボタンからの申込に限り適用。
キャンペーンの適用はお申し込み後の契約内容通知書をもってお知らせします。
法人名義の方は適用対象外
お試し200MBコース、マイそくスーパーライトは対象外


また、mineoではマイピタの全容量プランが6ヶ月間月額990円で利用できるキャンペーンを実施中です!

【Soldi×mineoキャンペーン】
事務手数料3,300円が無料に!

mineo×soldi事務手数料無料CPの公式サイトはこちら

※特記がない限り、表示金額は税込です。

目次

格安SIM比較表

格安SIMは契約するキャリアによって月額料金や通信速度、サービスのスペックなどが細かく異なります。

Soldiでは調査対象の21キャリアの全プラン・キャリアスペックを比較し、一覧化しました。


格安スマホ21キャリアのスペック比較表
キャリア名月額料金通信速度(Mbps)スペック
通信容量月額料金昼間夜間eSIM対応回線数繰り越しサービス口座振替対応
HISモバイル3GB770円5.2721.64ドコモ
NUROモバイル3GB792円20.159.73△(※)ドコモ/au/ソフトバンク
linksmate3GB902円4.8216.61ドコモ
LIBMO3GB980円0.5122.2ドコモ
IIJmio5GB990円8.5344.23ドコモ/au
OCNモバイルONE(新規受付終了)3GB990円30.7140.99ドコモ
povo3GB990円72.255.99au
LINEMO3GB990円86.4476.04ソフトバンク
y.u.mobile5GB1,070円33.142.7ドコモ
楽天モバイル3GB1,078円46.6369.47楽天
イオンモバイル3GB1,078円16.2351.91ドコモ/au
exciteモバイル3GB1,210円2.050.17ドコモ/au
BIGLOBEモバイル3GB1,320円3.325.23ドコモ/au
日本通信SIM3GB730円16.6449.2ドコモ
mineo5GB1,518円15.2435.59ドコモ/au/ソフトバンク
QTモバイル4GB1,540円7.6781.83ドコモ/au/ソフトバンク
J:COM mobile5GB1,628円20.6537.57ドコモ/au
Nifmo3GB1,760円1.8115.23ドコモ
ワイモバイル4GB2,365円56.0293.52ソフトバンク
UQモバイル4GB2,365円66.7776.17au
ahamo20GB2,970円7493.13ドコモ

※乗り換え(MNP)は未対応

比較表をご覧の通り、同じ3GBのプランでもキャリアによって月額料金は700円台のものから2,000円を超えるものまでさまざまです。

また通信速度においてもおおよそ平均値は50Mbps前後ですが、昼間は10Mbpsを切るキャリアもあります。

月額料金の安さだけで格安SIMを選んでしまうと、通信速度が遅かったり、スペックが低くて利便性が下がってしまったりしてしまいます。

そこでSoldiでは上記の比較表をベースに口コミアンケートなども取得し、独自のランキングを作成しました。

次項で詳しく紹介します。

格安SIM(MVNO)のおすすめ人気ランキング

おすすめ格安SIMランキングTOP3

料金や通信速度、ユーザーの満足度からバランスに優れた格安SIMを探すために、Soldiでは2023年4月に格安スマホユーザーを対象にしたアンケートを実施しました。

アンケートの取得方法は以下の通りです。

利用者の口コミ・満足度の収集方法

  • 調査企画:株式会社エイチームライフデザイン
  • 調査目的:格安スマホの利用実態と評価に基づいて、客観的な評価を紹介するため
  • 調査対象:日本国内の格安スマホ利用者
  • 調査方法:株式会社ディーアンドエムによるインターネット調査
  • 調査期間:2023年4月17日~4月27日
  • 有効回答数:742

「総合満足度」「月額料金」「通信速度」「繋がりやすさ」「サポート」の5項目について、「5」を「非常に満足」、「1」を「不満」とする5段階評価でアンケートを取得した結果が以下の通りとなります。

Soldiのユーザー満足度アンケート調査の結果比較表
キャリア名総合満足度月額料金通信速度繋がりやすさサポート
povo4.054.183.633.853.48
日本通信SIM4.004.433.854.103.33
y.u.mobile4.004.143.503.643.21
イオンモバイル3.954.133.653.733.75
mineo3.853.933.583.533.33
exciteモバイル3.834.003.503.503.17
QTモバイル3.813.833.643.783.61
nuro mobile3.803.903.503.603.48
linksmate3.803.803.303.603.30
OCNモバイルONE3.783.983.783.803.25
IIJmio3.734.053.483.583.38
BIGLOBEモバイル3.703.483.633.553.40
LINEMO3.683.933.984.033.43
Nifmo3.673.703.443.443.59
HISモバイル3.674.003.573.623.19
ワイモバイル3.653.533.653.753.43
UQモバイル3.653.553.603.533.63
ahamo3.653.703.303.403.48
LIBMO3.583.803.333.583.45
J:COM mobile3.503.833.453.553.43
トーンモバイル3.323.862.823.073.25
楽天モバイル3.303.683.003.053.18

スペック比較と口コミ満足度比較を基にそれぞれをスコア化し、ランキング化したものが以下の通りです。
※ランキングの作り方や基準についてはこちらをご覧ください。

当サイトではユーザー満足度・月額料金・通信速度・サービススペック等を踏まえてワイモバイルがおすすめです。

それぞれのキャリアの特徴やメリット・デメリットについて詳しく解説していきます。

1位:ワイモバイル

(画像引用:オンラインストア|Y!mobile - 格安SIM・スマホはワイモバイルで

ワイモバイル

口コミ満足度

ソフトバンクのサブブランドで通信速度が速い

ワイモバイルのランキング評点のレーダーチャート

月額料金:2,365円/月(4GB)

ランキング順位
速度 4位
料金 21位
シェア 2位

ワイモバイルのスペック表
キャッシュバック平均ダウンロード速度eSIMくりこしサービス
マル(対応中・使用可能をあらわす記号)バツ。(場合により非対応・一部使用不可をあらわす記号)マル(対応中・使用可能をあらわす記号)マル(対応中・使用可能をあらわす記号)
5G支払方法かけ放題対応回線数
マル(対応中・使用可能をあらわす記号)マル(対応中・使用可能をあらわす記号)マル(対応中・使用可能をあらわす記号)

ソフトバンク回線

ワイモバイルがおすすめの人

  • 通信速度が速い格安SIMを探している人
  • ソフトバンクからの乗り換えの人
  • 家族そろって同じ格安SIMへの乗り換えを検討している人

スマホが2万円以上安くなる!
オンラインセール実施中

ワイモバイルの公式サイトはこちら

Y!mobileの主なメリット

  • ソフトバンクのサブブランドのため、回線品質が安定している
  • シェアNo1
  • 新料金プランへ移行して分かりやすい料金体系に変更
  • シンプルM/Lプランは速度制限時でも最大1Mbsの速度で通信できる

Y!mobileの主なデメリット

  • 家族割は主回線の割引がない
  • 料金は他のMVNOに比べて高い

ワイモバイル口コミ評判

リスの画像
  • 良い口コミ
  • 悪い口コミ
    • 女性のアイコン

      40代女性

      ソフトバンクの回線を使えて親子割等に加入することで20Gで1000円をきるためかなりお得に感じる。家族4人で5000円くらいなので助かる。

    • 男性のアイコン

      10代男性

      料金も家族割や固定回線割を組み合わせることで安くすることができ、通信速度が速く、繋がるエリアも広くて大満足です。

    • 男性のアイコン

      40代男性

      以前はソフトバンクを高い金額で使っていたがそのソフトバンクは特に機能の差もなく使用できているので大変満足をしてます

    • 女性のアイコン

      20代女性

      手続きなど店舗で行ったが非常に手際が悪く不快だった。また通信速度がとても遅い時があり使いづらい。やはり格安と言う感じで割り切っている

    • 女性のアイコン

      30代女性

      電話での問い合わせがなかなか繋がらなかったり、オンラインからの問い合わせばかりを前面に推してくるのですが、やはり直接会話をしないと言いたいことが伝わりにくいのがネックです。

    • 男性のアイコン

      10代男性

      使い放題のプランが欲しい。サイトで使用したデータ量が確認できるのは便利でいい。5G表示になったことが一度もないから田舎の方でももっと5Gが入るようにはして欲しい

スマホが2万円以上安くなる!
オンラインセール実施中

ワイモバイルの公式サイトはこちら

ランキングに戻る

通信速度が非常に速い

ワイモバイルはソフトバンクのサブブランドとして展開されているサービスです。
知名度も高く、サブブランドも含めたサービスの中ではシェアが最も高いMVNOです。
ソフトバンクのサブブランドであるため、通信速度の速さについて評判が良い格安スマホです。

みんなのネット回線速度のデータによると昼間の通信速度は67.35Mbps、夜間の通信速度は56.63Mbpsとahamoなどのオンライン専用ブランドを除く格安SIMの中では最速となっています。
Soldi実施のアンケートでも、ワイモバイルは「通信速度」「繋がりやすさ」で評点が高く、サブブランドならではの通信品質の高さがうかがえます。

またシンプル2M(データ容量20GB/月)、シンプル2L(同30GB/月)は、データ容量超過後の速度制限時でも最大1Mbpsの速度で利用できるのでストレスが少ないです(一般的な速度制限は128kbps~200kbps)。
高速通信が見込める5Gサービスもワイモバイルでは無料で利用できます。

通信速度の速さにこだわりたい方はワイモバイルがおすすめです。

スマホが2万円以上安くなる!
オンラインセール実施中

ワイモバイルの公式サイトはこちら

家族にワイモバイルユーザーが多いほどお得になる

ワイモバイルは家族にワイモバイルユーザーが多いほどお得になります。
2回線目以降は月額料金が1,100円も割引になるため、利用しやすい料金となります。

シンプル2Sプランであれば、月額1,265円で利用できます。

家族そろって格安SIMへの乗り換えを検討されている場合はワイモバイルがおすすめです。

ただし、家族割を使っても主回線の割引はないため、注意してください。

スマホが2万円以上安くなる!
オンラインセール実施中

ワイモバイルの公式サイトはこちら

割引前の月額料金は高い

ワイモバイルは割引前の基本料金は他の格安スマホと比較すると非常に高いです。

IIJmioなどは5GBで1,000円を切る月額料金となっていますが、ワイモバイルは4GBで2,365円と2倍以上の料金となっています。

家族割やPayPayカード割を利用するとシンプル2Sプランは月額1,078円ですが、主回線となる1回線目は割引が適用されません。

通信品質は非常に高いですが、月額料金が高めな点はデメリットの一つと言えます。

ワイモバイルの口コミ

ワイモバイルには以下のような口コミがあります。

家族でお得
総合評価:
5.0

ソフトバンクの回線を使えて親子割等に加入することで20Gで1000円をきるためかなりお得に感じる。家族4人で5000円くらいなので助かる。

20代女性 / 音声通話付きプラン

ソフトバンクと比べてお得
総合評価:
5.0

以前はソフトバンクを高い金額で使っていたがそのソフトバンクは特に昨日の差もなく使用できているので大変満足をしてます

40代男性 / 音声通話付きプラン

割高でもバランスを考えると良い
総合評価:
4.0

格安SIMの中では割高だが、サービス内容とのバランスを考えると良いと思う。実店舗がありサポートがあるのも安心。

30代女性 / 音声通話付きプラン

多少割高でもソフトバンクからの乗り換えでは月額料金が安くなるうえ、家族そろって乗り換えることでお得に利用できます。

一方で悪い口コミには以下のようなものがありました。

もう少し割引があるといい
総合評価:
3.0

速度も速く使いやすく安いのでこれからも使っていきたいです。料金は家族と、ソフトバンクの光を契約しているのでもう少し割引があると大変ありがたいです。

40代女性 / 音声通話付きプラン

オンライン手続きは問い合わせがしにくい
総合評価:
2.0

電話での問い合わせがなかなか繋がらなかったり、オンラインからの問い合わせばかりを前面に推してくるのですが、やはり直接会話をしないと言いたいことが伝わりにくいのがネックです。

30代女性 / 音声通話付きプラン

主にサポート等に関する悪い口コミが多かったです。
ソフトバンクからの乗り換えの場合、オンライン手続きは不慣れな方には若干難しく感じるうえ、電話もつながりにくいという口コミも多く、「早く悩みを解決したい」という方には不便に感じることが多いようです。

ただし、高いという悪い口コミは多くはなく、通信速度とのバランスをみて良いとする評価が多いようでした。
ソフトバンクからの乗り換えであればほぼ確実に月額料金は安くなるため、乗り換え後の料金に満足している人は多いようです。

スマホが2万円以上安くなる!
オンラインセール実施中

ワイモバイルの公式サイトはこちら

ワイモバイルで実施中のキャンペーン

ワイモバイルのキャンペーン一覧

ワイモバイル 新どこでももらえる特典【共通】

シンプル2 S/M/Lの契約で特典エントリー&申込&Y!mobileサービスの初期登録を行い、申込日から4ヶ月後の1ヵ月間PayPay決済をした場合、最大20%(上限6,000円相当)のPayPayポイントがもらえます。
※ 新規・のりかえ・番号移行・シンプル2 S/M/Lへの変更が対象。シンプル2 S/M/L内のプラン変更と機種変更(指定プランからのプラン変更を伴う場合は除く)は対象外です。
クレジットカードでのお支払いは対象外。
※ シンプル2 M/Lにお申し込みの場合。シンプル2 Sは500円相当。
※ 出金と譲渡はできません。PayPayポイントはPayPay公式ストア/PayPayカード公式ストアでも利用可能。
※ 一部対象外の加盟店があります。Yahoo!ショッピング、ヤフオク!、LOHACOなど、ヤフーおよびZホールディングスのサービスは対象外です。詳細は適用条件をご確認ください。

期間:終了日未定

SIM契約でPayPayもらえるキャンペーン【本店】

SIMカード/eSIMカード契約&PayPayアプリと連携でPayPayポイントをプレゼントします。
利用開始翌月に最大10,000円相当のPayPayポイントを付与
※ ソフトバンク/LINEMO/LINEモバイル(ソフトバンク回線)及びソフトバンク回線MVNOからののりかえは対象外。
※ 1回線につき1回まで。
※ 付与されるPayPayポイントはPayPay公式ストアでも利用可能です。出金・譲渡はできません。プレゼント金額はすべて非課税。
※ データ増量オプション(550円/月)に加入しない場合特典は適用されません。

期間:終了日未定

SIMご契約特典【ヤフー店】

新規・他社からのりかえでSIMカード/eSIMでシンプル2 S/M/Lの契約で最大10,000円相当のPayPayポイントがもらえます。
【他社からの乗り換え】
シンプル2 S・・・3,000円相当
シンプル2 M/L・・・10,000円相当
【新規契約】
シンプル2 S・・・対象外
シンプル2 M/L・・・6,000円相当
※出金と譲渡はできません。PayPay公式ストア/PayPayカード公式ストアでも利用可能。
※ソフトバンク・LINEMOまたはソフトバンク回線を利用したMVNO各社からのりかえは対象外。

期間:終了日未定

SIM PayPayポイント20%上乗せ特典【ヤフー店】

他社からの乗り換えでSIMカード/eSIMカード申し込み&シンプル2 M/L契約でPayPayポイントをプレゼントします。
開通月から起算して3ヶ月後の1か月間PayPay決済をした場合、最大20%(上限7,000円相当)のPayPayポイントがもらえます。
※ PayPay加盟店(実店舗)、オンラインストア(オンライン加盟店)。ただし、PayPay加盟店(実店舗)およびオンラインストアには一部対象外のものがあります。Yahoo!ショッピングやヤフオク!、LOHACOなど、LINEヤフー株式会社のサービスは対象外です。注意事項を必ずご確認ください。
※ クレジットカードでのお支払いは対象外。
※ 出金・譲渡不可。PayPay公式ストア・PayPayカード公式ストアでも利用可能。

期間:終了日未定

オンラインストアのおトクなラインアップ【本店】

ワイモバイル公式オンラインストアでセール開催中!事務手数料無料です。
値引き端末一覧
〇OPPO A79 5G→3,980円
〇OPPO Reno9 A→13,400円
〇iPhone13→97,200円
〇iPhone SE 64GB→55,440円
〇Libero 5G Ⅳ→3,980円
〇かんたんスマホ3→6,800円
〇AQUOS wish3→7,920円
〇Android One s10→18,000円
など
期間:終了日未定

長期利用者向け機種変更特別優待【本店】

前回機種購入時から1年以上経過している方が対象!OPPO Reno9Aが21,880円値引きで購入できます。
期間:終了日未定

ワイモバイルでお得に機種変更【本店】

ワイモバイルオンラインで機種変更すると機種代金から最大21,600円割引してもらえるキャンペーンです。
期間:終了日未定

ソフトバンク 認定中古品 iPhone【本店】

ソフトバンクが厳選した認定整備済みのiPhoneが購入できます。初期化クリーニング済&万が一の時は交換OKです(※商品到着後8日以内)
・iPhone12 64GB 27,720円
・iPhone12 mini 64GB 9,800円
・iPhoneSE(第2世代) 64GB 1,980円
・iPhoe11 64GB 14,000円
など ※ 本製品はApple認定整備済品ではありません。
期間:終了日未定

データ増量無料キャンペーン3【共通】

期間中に初めてデータ増量オプションにお申込みいただくと、データ増量オプションの月額料金(550円)が6ヵ月間無料になります。
※ ご契約初月無料。ご契約翌月を1ヵ月目として6ヵ月間無料となります。
※ 対象のお申し込みと同時のご加入が必要です
※ 特典適用期間終了後、解除のお手続きをしない場合、特典適用が終了となった翌月利用分からオプション料金が発生いたします。
※ キャンペーンの内容および期間は、予告なく変更する場合があります。キャンペーンについての詳細は提供条件書よりご確認ください。

期間:終了日未定

基本料初月0円特典(ワイモバイル)【本店】

ソフトバンク又はLINEMOから番号移行によりワイモバイルにのりかえると、ワイモバイル回線の基本料、データ定額サービス料、対象のオプションサービス料および月額使用料が初月0円になるキャンペーン。
期間:終了日未定

事務手数料0円特典(LINEモバイル→ワイモバイル)【本店】

LINEモバイルからワイモバイルへののりかえで、ワイモバイルの事務手数料が無料になります。
期間:終了日未定

ワイモバイル→ソフトバンクのりかえ特典【本店】

ワイモバイルからソフトバンクへの乗り換えがお得!
特典①各種事務手数料無料
特典②対象プランへの加入で、毎月のデータ定額サービスの定額料が2,838円×12カ月割引→最大で34,056円が割引されます。
※ 特典①は、ワイモバイル契約翌年同日以降またはおうち割 光セット(A)割引特典適用中の方が対象です。
※ 特典②は、時間帯により速度制御あり。テザリング・データシェアは合計30GBまで。

期間:終了日未定

ワイモバ親子割【共通】

5歳以上18歳以下の方を対象に、スマートフォンの基本料が適用月から最大13ヵ月間割引になります。
また、受付期間内に新規もしくは対象プランへのプラン変更、かつ受付期間終了までにワイモバ親子割が適用された方と同一グループの家族割引サービスへ加入で、家族の方も割引対象になります。
※ My Y!mobileからのお申し込みは2024年5月20日(月)20時までとなります。
※ シンプル2 S は本キャンペーンの割引対象外プランです。
※ プラン変更の申し込みの場合、シンプル2 M/L 間のプラン変更も対象です。
※ シンプル2 M/L の総データ使用量が1GB/月以下の割引が適用される月は、本割引は適用されません。この場合でも、本割引の割引金額は翌月に繰り越しいたしません。また当月も割引適用期間としてカウントします。

期間:~2024年5月31日

おうち割【共通】

自宅のインターネットとワイモバイルとセットで契約することでワイモバイルの月々のご利用金額が割引になります。
〇スマホベーシックプラン,データベーシックプランL,Pocket WiFIプラン2(ベーシック)・など・・・毎月550円割引
〇シンプルプラン2 S・・毎月1,100円割引
〇シンプルプラン2 M/L・・毎月1,650円割引
※ SoftBank 光 ファミリーの場合、月額基本料金5,720円/月+指定オプション550円/月~が別途必要です
(2年自動更新プラン:2022年7月1日以降の契約者は、契約期間満了月の当月・翌月・翌々月以外での解約には解除料5,720円が必要。)
※「家族割引サービス」と併用不可。

期間:終了日未定

家族割引サービス【共通】

同居じゃなくてもOK! 指定料金プランの契約で、2回線目以降の基本使用料が毎月550円~1,188円の割引になります
【対象プラン】
1,100円割引
・シンプル2 S/M/L
1,188円割引
・シンプルS/M/L
550円割引
・スマホベーシックプラン
・Pocket WiFiプラン2(ベーシック)
・データベーシックプランL
※ 通信料・端末代金別途要
※ 家族割とおうち割 光セット(A)は併用不可
※ 2回線目以降の基本使用料が割引

期間:終了日未定

【ワイモバイルLINEキャンペーン】「PayPayポイント最大300,000円相当※」が当たります!【本店】

ワイモバイルLINE公式アカウントを「友だち追加」し、応募フォームよりアンケートに回答すると「PayPayポイント最大300,000円相当」が抽選で50万人に当たります。
※ PayPayポイントはPayPayギフトカードで付与されます。出金と譲渡はできません。PayPay/PayPayカード公式ストアでも利用可能です。
期間:~2024年4月17日18時まで

PayPay支払いで毎日5%貯まるワイモバイルユーザーは+2%【本店】

ワイモバイルユーザーがPayPayモールとYahoo!ショッピングでPayPayまたはPayPayカードで支払うと最大5%還元。さらにワイモバイルユーザーはさらに最大+2%還元してもらえて買い物がお得になります。
期間:終了日未定

ワイモバイルユーザーはこれ一択!ポイントがどんどん貯まるPayPayカード ゴールド【本店】

PayPayカードが新しく登場。ワイモバイルユーザーは通信料の支払いにPayPayカードゴールドを利用でポイントが3%貯まります。毎日の買い物も最大1.5%が還元されます。
※ PayPayポイントは出金・譲渡不可。PayPay/PayPayカード公式ストアでも利用可能。
期間:終了日未定

下取りプログラム【共通】

ワイモバイルに下記のいずれかをした場合、今まで使用していた機種を下取りし、対象機種に応じて購入機種代金値引きまたはPayPayポイントが受け取れます。
♢新規加入
♢MNP(他社からの乗り換え)
♢機種変更・契約変更
※ PayPayポイント付与にはPayPayアプリと連携が必要です。
※ PayPayポイントは出金と譲渡はできません。
※ PayPayポイントを付与する日までに、回線契約が解約等により終了した場合、下取りプログラムのお申し込みから9ヵ月以内にPayPayギフトカードを送付します。
※ 購入代金値引きは、古物営業の許可を受けている店舗申込(オンラインストアは含まれません。)が対象です。対象店舗かどうかは店舗へお問い合わせください。

期間:終了日未定

60歳以上 通話ずーっと割引キャンペーン【共通】

使用者が60歳以上の場合、国内通話がかけ放題のシンプルS/M/Lまたはシンプル2 S/M/Lの定額通話オプション「スーパーだれとでも定額(S)」の月額料(通常1,980円)が永年1,100円割引になるキャンペーンです。
※ 一部対象外通話あり
期間:終了日未定

法人契約割引2【本店】

法人名義での契約(同一名義・同一請求先)スマホ2回線以上の契約で全回線がずーっと毎月870円割引。
割引対象プラン:シンプル2 S/M/L 割引対象回線数カウントプラン:シンプル2 S/M/Lまたは、シンプルS/M/L
期間:終了日未定

スマホが2万円以上安くなる!
オンラインセール実施中

ワイモバイルの公式サイトはこちら

2位:IIJmio(アイアイジェイミオ)

(画像引用:格安SIM/格安スマホ・インターネットサービスのIIJmio

IIJmio

口コミ満足度

5GBで990円!通話料も専用アプリ不要で半額の11円/30秒!

IIJmioのランキング評点のレーダーチャート

月額料金:990円/月(5GB)

ランキング順位
速度 14位
料金 3位
シェア 5位

IIJmioのスペック表
キャッシュバック平均ダウンロード速度eSIMくりこしサービス
マル(対応中・使用可能をあらわす記号)バツ。(場合により非対応・一部使用不可をあらわす記号)マル(対応中・使用可能をあらわす記号)マル(対応中・使用可能をあらわす記号)
5G支払方法かけ放題対応回線数
マル(対応中・使用可能をあらわす記号)バツ。(場合により非対応・一部使用不可をあらわす記号)マル(対応中・使用可能をあらわす記号)ドコモ回線/au回線

IIJmioがおすすめの人

  • 料金が安い格安SIMで探している人
  • 通話頻度が多い人
  • eSIMが使える格安SIMを探している人

【6/3まで】お得なキャンペーン実施中!
月額料金440円割引

IIJmioの公式サイトはこちら

IIJmio「ギガプラン」の料金表
データ容量 音声通話SIM・eSIM SMS付きデータSIM データ専用SIM データeSIM
au・docomo au・docomo docomo docomo
2GB 850円 820円 740円 440円
5GB 990円 970円 900円 660円
10GB 1,500円 1,470円 1,400円 1,100円
15GB 1,800円 1,780円 1,730円 1,430円
20GB 2,000円 1,980円 1,950円 1,650円
30GB 2,700円 2,680円 2,640円 2,340円
40GB 3,300円 3,280円 3,240円 2,940円
50GB 3,900円 3,880円 3,840円 3,540円
(参考:料金表 | 格安SIM/格安スマホのIIJmio

IIJmioの主なメリット

  • 音声通話SIMが最安月額850円/月(2GB)で利用できる
  • セット販売の端末が充実
  • 通話料金が通常で半額の11円/30秒

IIJmioの主なデメリット

  • 通信速度は平均よりも遅め
  • 支払いはクレジットカードのみ
  • 直営店がない

IIJmio口コミ評判

リスの画像
  • 良い口コミ
  • 悪い口コミ
    • 男性のアイコン

      50代男性

      安ければ安い方が良いが、なかなか、これ以上安い会社、プランは出てこないような気がする。いまのところ、全く問題ない

    • 男性のアイコン

      40代男性

      通信品質がよく、料金体制などが分かりやすい。値段も手ごろなので、非常に満足している。また、障害もほとんどなく、e-simなど新しい技術にもいち早く対応している点も評価できる。

    • 女性のアイコン

      50代女性

      価格が安く通信も安定しているので契約してよかったと思うただ昼の12時頃の通信が遅くなるなど問題はあるまた、家の付近はまだ5gエリアではないので5gエリアになればより良いと感じると思う

    • 女性のアイコン

      50代女性

      混雑した街中では、まずつながらない。とにかく通信安定性が悪い。ポイントや長期利用者に対するインセンティブも全くない。そろそろ会社を変えたいと考えている。

    • 女性のアイコン

      50代女性

      値段が安いのは非常によい。最近通信量や値段が改定されたがさらにお得になったと思う。だが以前から通信速度がどうしても遅い。平日の昼間は特に。もう少し改善してほしい。

    • 男性のアイコン

      30代男性

      料金はこの上なく安いが、その分通信速度がかなり遅く安定しない。いらいらすることが多く乗り換えたいと思う

【6/3まで】お得なキャンペーン実施中!
月額料金440円割引

IIJmioの公式サイトはこちら

ランキングに戻る

2023年4月から料金据え置きで容量UP「ギガ増量!」

IIJmioは料金の安さが魅力的な格安スマホです。

4GBプランで月額990円と1,000円を切る料金で利用できましたが、2023年4月から4GB・8GBプランに限り、料金据え置きでデータ通信容量が増量される「ギガ増量!」サービスがスタートしました。

4GBプランは5GBに増量され、料金据え置きの月額990円、8GBプランは10GBに増量されたうえ月額1,500円で利用できます。


IIJmioの新旧プラン比較
旧プラン新プラン
2GB:850円2GB:850円
4GB:990円5GB:990円
8GB:1,500円10GB:1,500円
15GB:1,800円15GB:1,800円
20GB:2,000円20GB:2,000円

もともと安い料金プランでしたが、利用者の多い4GB~10GBのプランがさらにお得になりました。

月額料金がお得なSIMがいいという方はIIJmioがおすすめです。

【6/3まで】お得なキャンペーン実施中!
月額料金440円割引

IIJmioの公式サイトはこちら

専用アプリ不要で通話料金が安い

IIJmioはスペックも優れた格安SIMです。

格安SIMの通話料金は一般的に22円/30秒、キャリア専用アプリを使った発信は半額の11円/30秒となることが多いです。
ですがIIJmioの場合は、専用アプリ不要で11円/30秒で通話できます。

専用アプリを使った通話の場合、わざわざ専用アプリを立ち上げて通話する必要があります。忘れて専用アプリではない発信をしてしまうと通話料金がかさんでしまう恐れがあります。また専用アプリの場合は通話品質も悪くなりやすいデメリットがあります。
IIJmioは専用アプリ不要で半額の通話料金で利用できるため、今までと同じように発信することで半額の通話料で通話することができます。

さらにIIJmio利用の家族間の通話は20%オフ(8.8円/30秒)になります。

このほか以下の通り通話オプションも豊富で、月額料金も安いです。

IIJmioの通話オプション料金
テーブルヘッダーサービス概要オプション月額料金
通話定額5分+1回5分以内の国内通話が無料月額500円
通話定額10分+1回10分以内の国内通話が無料月額700円
かけ放題+無制限で国内通話が無料月額1,400円

通話頻度が高い人にはIIJmioがおすすめです。

【6/3まで】お得なキャンペーン実施中!
月額料金440円割引

IIJmioの公式サイトはこちら

昼間の通信速度は遅い

IIJmioは、昼間の通信速度が遅い傾向にあります。

みんなのネット回線速度のデータによると、昼間の平均ダウンロード速度は8.09Mbpsと平均値を大きく下回る数値となっています。

お昼休みの時間帯などはスマホを使うユーザーが増えるため、その負荷に耐えられず通信速度が遅くなってしまうことが多いようです。
格安SIM(MVNO)はアクセスが集中する時間帯は通信速度が遅くなりやすい傾向があるため、IIJmioを利用する際は通信速度が遅くなりやすい時間帯があることを認識しておきましょう。

通信速度を重視したい場合は、ワイモバイルやUQモバイルは速度が出やすくおすすめです。

【6/3まで】お得なキャンペーン実施中!
月額料金440円割引

IIJmioの公式サイトはこちら

IIJmioの口コミ

IIJmioには以下のような口コミがありました。

品質が良く料金体系もわかりやすい
総合評価:
5.0

通信品質がよく、料金体制などが分かりやすい。値段も手ごろなので、非常に満足している。また、障害もほとんどなく、e-simなど新しい技術にもいち早く対応している点も評価できる。

40代男性 / データのみ/SMS機能付きデータSIM

つながりやすいことに満足
総合評価:
5.0

とにかく繋がりやすいことに満足しています。電話を無料でかけられるプランがあればさらに良いです。海外でも使えるようになると嬉しい。

40代女性 / 音声通話付きプラン

IIJmioは繋がりやすさ、品質に満足している人が多いようです。

【6/3まで】お得なキャンペーン実施中!
月額料金440円割引

IIJmioの公式サイトはこちら

一方で下記のような口コミもありました。

料金は安いが、昼間・夕方は繋がりにくい
総合評価:
2.0

業界でも最安値な料金プランだと思います。AタイプDタイプ選べるし、プランも豊富。ただ、お昼・夕方は通信速度が遅く繋がりにくいので、値段相応かと思います。Wi-Fiを多用する人向けの会社です。

30代女性 / 音声通話付きプラン

混雑した街中では繋がりにくい
総合評価:
2.0

混雑した街中では、まずつながらない。とにかく通信安定性が悪い。ポイントや長期利用者に対するインセンティブも全くない。そろそろ会社を変えたいと考えている。

50代女性 / 音声通話付きプラン

ご覧の通り、通信速度・品質に不満を感じているユーザーが多い模様です。

通信速度が速いキャリアをお探しの場合は大手キャリアのサブブランドであるワイモバイル・UQモバイルがおすすめです。

IIJmioの開催中のキャンペーン

IIJmioで実施中のキャンペーン一覧

大容量プランキャンペーン【音声SIM月額割引】

キャンペーン期間中にIIJmioモバイルサービス ギガプランの大容量プランを、「音声SIM」または「音声eSIM」にてお申し込みの場合、利用開始月から月額料金を3ヵ月間半額に割引します。

期間:~2024年6月30日

大容量プランキャンペーン【データ増量】

キャンペーン期間中にIIJmioモバイルサービス ギガプランの大容量プランをお申し込みの場合、利用開始月からデータ容量を3ヵ月間5GB増量します。

期間:~2024年6月30日

シェアNo.1記念キャンペーン【2~20ギガ対象 音声SIM月額割引(既存契約)】

キャンペーン期間中にIIJmio旧プランの「音声SIM」をギガプラン「音声SIM」または「音声eSIM」へ変更した場合、変更完了月から月額料金を9ヵ月間440円割引
期間:~2024年6月30日

シェアNo.1記念キャンペーン【2~20ギガ対象 音声SIM月額割引(新規契約)】

キャンペーン期間中にIIJmioギガプランの「音声SIM」または「音声eSIM」を新規でお申し込みの場合、利用開始月から月額料金を6ヵ月間440円割引
期間:~2024年6月30日

シェアNo.1記念キャンペーン【通話定額オプション割引】

IIJmioギガプランを申し込みまたは利用中の方が、キャンペーン期間中に通話定額オプションを申し込むと、通話定額オプションの月額料金を利用開始月から6ヵ月間410円(税込)割引します。
期間:~2024年6月30日

シェアNo.1記念キャンペーン【スマホ大特価セール】

他社から乗り換えでギガプラン申込&端末購入でスマホがおトク!
・Xiaomi Redmi Note 10T→110円
・Xiaomi Redmi 12 5G(4GB/128GB)→4,980円
・OPPO A77→980円
・moto g13→110円
など
期間:~2024年6月30日

ギガプランとセットで端末を大幅割引

ギガプランとの同時申し込みで、タブレットやPCなどがおトク!
・Lenovo Tab K10→17,800円
・ThinkPad X13 Gen 2 モバイルルータセット→64,980円
・aiwa tab AB10L→16,800円

など
期間:~2024年6月30日

春の機種変更応援キャンペーン

対象スマホご購入で豪華景品が合計1,000名に当たる
OPPO Enco Air3・・・100名
ヘルシオ ホットクック・・・1名
Redmi Buds Active・・・385名
など
期間:~2024年4月30日

機種変更キャンペーン

IIJmioご利用中の方でIIJmioサプライサービスにて対象端末を端末のみで購入すると、最大10,000円分の”選べるe-GIFT” がもらえます。
期間:~2024年4月30日

IIJmioひかり バリュースタートキャンペーン

期間中にIIJmioひかりを契約すると下記の特典をプレゼントしてもらえます。
特典①:工事費サポート特典(新規で申し込みが対象)
・1,100円×20ヶ月間割引
特典②:IIJmioひかり スタート特典(新規・転用・事業者変更での申し込みが対象)
・月額料金1,386円×12ヶ月間割引
特典③:ギフト券プレゼント特典(転用/事業者変更での申し込みが対象)
・IIJmioのメルマガを登録すると利用開始月から13ヶ月目に20,000円分の選べるe-GIFTをプレゼント
期間:終了日未定

ネットとSIM セットでおトクなmio割

IIJmioひかりとIIJmioのSIMの同時利用で毎月660円オフ。
期間:終了日未定

端末補償オプション2ヶ月無料

IIJmioサプライサービスを申し込みの際に、端末補償オプションを申し込むと月額料金418円~が最大2ヶ月無料になります。
期間:終了日未定

IIJmioプレミアム特典[長得]

IIJmioモバイルサービスの利用期間が2年以上だと下記の特典が受けられます。
特典①下記いずれかひとつの対象のモバイルオプションがずーっと無料・・・対象オプション
「llJmio WiFi BYコネクト月額362円」
「マカフィーモバイルセキュリティ月額250円」
「i-フィルターforマルチデバイス月額360円」
特典②データ容量1GB分×3枚プレゼント ギガプランは対象外となります。
期間:終了日未定

【6/3まで】お得なキャンペーン実施中!
月額料金440円割引

IIJmioの公式サイトはこちら

3位:ソフトバンク「LINEMO」

LINEMO

(画像引用:【公式】LINEMO - ラインモ|月990円(税込)から使える高速通信|ソフトバンクのオンライン専用ブランド

LINEMO

口コミ満足度

ソフトバンクのオンライン専用ブランド!3GBのスマホプランも

LINEMOのランキング評点のレーダーチャート

月額料金:990円/月(3GB)

ランキング順位
速度 2位
料金 10位
シェア 7位

LINEMOのスペック表
キャッシュバック平均ダウンロード速度eSIMくりこしサービス
マル(対応中・使用可能をあらわす記号)マル(対応中・使用可能をあらわす記号)マル(対応中・使用可能をあらわす記号)バツ。(非対応・使用不可をあらわす記号)
5G支払方法かけ放題対応回線数
マル(対応中・使用可能をあらわす記号)バツ。(場合により非対応・一部使用不可をあらわす記号)マル(対応中・使用可能をあらわす記号)ソフトバンク回線

LINEMOがおすすめの人

  • 安さと通信速度のバランスを重視したい人
  • ソフトバンクからの乗り換えの人
  • LINE通話などLINEのサービスを頻繁に使う人

LINEMOの公式サイトはこちら

LINEMOの料金表
データ容量 音声通話SIM SMS付きデータSIM データ専用SIM
3GB(ミニプラン) 990円 - -
20GB(スマホプラン) 2,728円 - -
(参考:【公式】LINEMO|ミニプランが最大半年間基本料実質無料|格安SIM/格安スマホ

LINEMOの主なメリット

  • キャリア決済が使える
  • 3GBの料金プランの設定がある
  • LINEのトーク・通話がデータ消費量としてカウントされない(※)

LINEMOの主なデメリット

  • ソフトバンクのキャリアメールが使えなくなる
  • 受付はオンラインのみ
  • 転送電話サービスが利用できない

※トークでの位置情報の共有・Live の利用、スタンプショップの利用、ニュース記事の閲覧など、一部 LINE ギガフリーの対象外があります。

LINEMO口コミ評判

リスの画像
  • 良い口コミ
  • 悪い口コミ
    • 女性のアイコン

      40代女性

      信頼できる通信会社が運営しているという安心感がある。料金体系がシンプルで分かりやすく、コスパもよく魅力的だと思う。

    • 女性のアイコン

      20代女性

      キャンペーンでキャッシュバックがあったのでお得に使えており満足している。通信速度も速く、繋がりやすさも問題ない。

    • 女性のアイコン

      20代女性

      問い合わせたときに、オペレーターからの対応が良くて、適切な回答を頂きました。とても助かっています。今後も続けて使用することを考えております。

    • 女性のアイコン

      60代女性

      一部の場所でインターネットが繋がらない以前使っていたキャリアでは繋がっていたのでガッカリしていますそれ以外は満足しているので残念です

    • 女性のアイコン

      30代女性

      店舗がないから、携帯が壊れたり紛失したりしたら電話じゃないと手続きできないことがサービスとしては不便だと思った。

    • 女性のアイコン

      20代女性

      ソフトバンクやauやドコモなどの大手と比べると、サポートが手薄であったり、選べるプランなどが少ないと思う、もっとあったらいいと思います

LINEMOの公式サイトはこちら

ランキングに戻る

月額990円のミニプランがある

LINEMOはドコモのahamoに対抗する形で発表されたソフトバンクの新料金プランですが、ahamoと異なり3GBのプランを選択できます。

LINEMOは3GBのミニプラン(月額990円)とスマホプラン(月額2,728円)の2種類から選ぶことができます。

LINEMOの20GBプランはahamoと異なり5分間の無料通話が付帯されていない分、月額料金がとahamoよりも242円安くなっています。

大手キャリアのオンライン専用ブランド比較表
キャリア名LINEMOahamopovo
月額料金3GB990円-990円(30日間)
20GB2,728円2,970円2,700円(30日間)
無料通話なし5分以内無料(※)なし
5分以内かけ放題オプション550円-550円
かけ放題オプション1,650円1,100円1,650円
※5分超過後は、22円/30秒の通話料がかかります。「SMS」、他社接続サービスなどへの発信は、別途料⾦がかかります。

ahamoは20GB以上のプランしかありませんが、LINEMOは通信容量を必要としない人にも選びやすいサービスとなっています。

LINEのトークや通話はデータカウントなし

さらに、LINEのトークや通話は通信量としてカウントされません

とくにLINEでんわは通信量が多く、データ容量を消費しやすいので、LINEでんわで頻繁に通話する方にはおすすめです。

またスマホプランの方は「LINEスタンププレミアム for LINEMO」を無料で利用できます。
LINEスタンププレミアムは、1,000万種類以上のスタンプ・絵文字が使い放題で利用できるサービスで、本来月額480円が必要です。
LINEMOのスマホプランユーザーは無料で利用できるため、LINEでのメッセージのやり取りがより楽しくできるようになります。

LINEの利用頻度が高い人にはLINEMOがおすすめです。

ahamo・povo同様申し込みはオンライン限定

LINEMOはahamoやpovo同様に申し込みはオンライン限定となります。

ahamoは有料で店舗での申し込みサービスも受け付けていましたが、LINEMOでは有償での店舗申し込みサポートも実施していません。

申し込みに関する問い合わせは公式サイトのFAQ上、もしくはチャットサポートの利用が中心となります。

手続きについて不安に感じる場合は、チャットを使って疑問点を解消するのがおすすめです。

LINEMOの公式サイトはこちら

LINEMOの口コミ

LINEMOの口コミはソフトバンクから乗り換えたユーザーの料金・品質に関する良い口コミが多いです。

料金は安く以前のソフトバンクと品質は変わらない
総合評価:
5.0

価格は安く、日常使用は以前利用していたソフトバンクと変わらないと感じる。オンラインでの申し込み限定のため、サポートなどに不安を感じることがある。

40代男性 / 音声通話付きプラン(20GB未満)

料金体系がシンプル
総合評価:
5.0

信頼できる通信会社が運営しているという安心感がある。料金体系がシンプルで分かりやすく、コスパもよく魅力的だと思う。

40代女性 / 音声通話付きプラン(3GB未満)

一方通信速度などについては、場所・時間によって繋がりにくいという口コミもありました。

もう少し回線が安定するといい
総合評価:
3.0

3GBくらいでちょうどよかったので、この安さはたすかります。あとは回線とエリアが安定しないのでなんとかしてほしいところです

30代男性 / 音声通話付きプラン(3GB未満)

場所によって遅いときがある
総合評価:
3.0

通信速度はまあまあ良いと思います。ただ、場所により、遅い時があるので、たまに不便です。料金は安くて良いと思います。

30代男性 / 音声通話付きプラン(20GB未満)

ソフトバンクのキャリア回線と比較すると、LINEMOは品質が劣るのは間違いありませんが、その他の格安SIMと比べると十分優れていると言えます。

「普段はWiFiで接続しているから少ないデータ容量でいい人」「LINEを頻繁に利用する人」などはLINEMOがおすすめです。

LINEMOの公式サイトはこちら

LINEMOで実施中のキャンペーン

LINEMOのキャンペーン一覧

データ追加購入が半年間おトクキャンペーン

キャンペーン期間中に、LINEMOの「スマホプラン」または「ミニプラン」を契約&LINEMOの利用開始&割引期間中にデータ追加購入すると、翌月から6カ月間データ追加購入(550円/1GB)を毎月最大3回まで割引!
※ 時間帯により速度制限の場合あり
※ 特典適用期間は開通日の属する月の翌月を1カ月目とした場合の6カ月目までの6カ月間です。
※ 課金開始初月の基本使用料は日割り計算。
※ 割引期間中に他の対象プランにプラン変更手続きをした場合であっても、キャンペーンは適用されます。なお、プラン変更をした場合であっても、当初の割引期間が変更されることはありません。
※ 割引期間中に回線を解約し対象プランの契約が終了した場合、終了した日の属する月をもって割引は終了します。
※ 初期契約解除(8日間キャンセル)によってキャンセルされた場合は、本特典の対象外です。

期間:終了日未定

スマホプラン対象!PayPayポイントプレゼントキャンペーン

他社からの乗り換えでスマホプランを契約すると10,000円相当、新規の場合は、3,000円相当のPayPayポイントプレゼント!
※ ソフトバンク・ワイモバイル・LINEモバイルからの乗り換えは対象外。一部キャンペーンとの併用不可。 PayPayポイントの出金・譲渡不可。
※ 開通後のプラン変更は対象外の場合あり。

期間:終了日未定

契約者向け!追加申込キャンペーン

もう一回線申し込みで3,000円相当のPayPayポイントプレゼント! 現在LINEMOを契約の方が2回線目以降を他社からの乗り換え・新しい番号で「スマホプラン」or「ミニプラン」契約すると3,000円相当のPayPayポイントがもらえます。
※ ソフトバンク・ワイモバイル・LINEモバイルからの乗り換えは対象外。
※「通話オプション割引キャンペーン2」との併用が可能です。
※当キャンペーン以外のPayPayポイントが特典の対象となるキャンペーンとの併用はできません。
※その他のサービス、キャンペーン、プログラムまたは割引等との併用ができない場合があります。
※出金・譲渡不可。PayPay公式ストア/PayPayカード公式ストアでも利用可。

期間:終了日未定

LINEMOおかえりだモンキャンペーン

LINEMOの「スマホプラン」「ミニプラン」に他社からの乗り換えで申し込み&利用開始でPayPayポイントプレゼント!期間限定で増額中です!
スマホプラン・・・4,000円相当
ミニプラン・・・2,000円相当
過去にLINEMOを一度でも「他社からの乗り換え」「新しい番号」で契約したことがある方も対象です!
※新しい電話番号での申し込み、ソフトバンク・ワイモバイル・LINEモバイルからの乗り換えは対象外です。
※その他のキャンペーンとの併用ができない場合があります。
※PayPay公式ストア等でも利用可能。特典は出金・譲渡不可。
※オンライン専用。
※開通後のミニプランへの変更はミニプランの特典対象となる場合あり。

期間:終了日未定

通話オプション割引キャンペーン2

新規、他社からの乗り換え(MNP)、ソフトバンク、ワイモバイルからの乗り換えで、5分以内の国内通話定額オプション「通話準定額」に申し込むと、「通話準定額」の月額料金が7ヶ月目まで無料で利用できます。
国内通話がかけ放題になるオプション「通話定額」に申し込むと、通常月額1,650円の月額料金が7ヶ月目まで1,100円で利用できます。 一部定額対象外の通話あり
期間:終了日未定

基本料初月0円特典

ソフトバンク、ワイモバイルからの乗り換えで、基本料、対象のオプションサービス料および月額使用料が初月0円になります。
期間:終了日未定

LINEMOの公式サイトはこちら

4位:UQモバイル

UQモバイル

(画像引用:【公式】格安sim・格安スマホ UQ mobile オンラインショップ|KDDI

UQモバイル

口コミ満足度

auのサブブランドで通信速度が速い

UQモバイルのランキング評点のレーダーチャート

月額料金:2,365円/月(4GB)

ランキング順位
速度 5位
料金 19位
シェア 4位


UQモバイルのスペック表
キャッシュバック平均ダウンロード速度eSIMくりこしサービス
マル(対応中・使用可能をあらわす記号)マル(対応中・使用可能をあらわす記号)マル(対応中・使用可能をあらわす記号)マル(対応中・使用可能をあらわす記号)
5G支払方法かけ放題対応回線数
マル(対応中・使用可能をあらわす記号)マル(対応中・使用可能をあらわす記号)マル(対応中・使用可能をあらわす記号)

au回線

UQモバイルがおすすめの人

  • 通信速度が速い格安SIMを探している人
  • auからの乗り換えの人
  • auひかりなどKDDIグループの光回線サービスを使っている人

最大10,000円相当のau PAY残高還元

UQモバイル オンラインアドバイザーの公式サイトはこちら

UQモバイル 新プランの料金表
プラン名 音声通話SIM SMS付きデータSIM データ専用SIM
ミニミニプラン
(4GB)
2,365円 - -
トクトクプラン
(1GBまで)
2,277円 - -
トクトクプラン
(1GB超え~15GB)
3,465円 - -
コミコミプラン
(20GB)
3,278円 - -
※コミコミプランは国内通話10分かけ放題付き
(参考:3つのプラン│格安スマホ/格安SIMはUQ mobile(モバイル)【公式】

UQモバイルの主なメリット

  • 格安SIMの中でも最高水準の通信速度
  • 通信速度制限がかかっても最大1Mbpsと速い(トクトクプラン/コミコミプランが対象)
  • 自宅セット割やau PAYカードお支払い割で1,287円/月割引になる(コミコミプランを除く)
  • 全国のauショップでも申し込みができる

UQモバイルの主なデメリット

  • 基本料金は他の格安SIMの方が安い
  • 自宅セット割やau PAYカードお支払い割などを適用しないと料金が高い
  • au回線のみにしか対応していない
  • 端末の販売数が少ない

UQモバイル口コミ評判

リスの画像
  • 良い口コミ
  • 悪い口コミ
    • 女性のアイコン

      30代女性

      家族に紹介でこのブランドにしたが、通信速度や通信環境の安定性、料金や料金体制の分かりやすさにおいてじぶんにとってなっとくできるものであり、このブランドにして良かったと思っている。

    • 男性のアイコン

      50代男性

      月額料金もまあまあ安いし速度もまずまずで問題ないので、気にいっている。ただ、大規模障害などで接続ができない場合など問題があったので、そこは今後起こりえないような対策を打ってほしい。」

    • 男性のアイコン

      20代男性

      満員電車の中や混雑した場所では電波が繋がらない時が時々あるが、それ以外は特に不満はない。wimaxとのセット契約で月額料金がさらに安くなるので、料金面はとても満足している。

    • 男性のアイコン

      20代男性

      通信料の値段は3大キャリアと比較すると値段は安いが通信自体は遅く繋がりにくいことがあるため少し不満を感じている。

    • 女性のアイコン

      10代女性

      月額料金が安いことにはとても満足している。ただ、地下や電車内で繋がりにくくなり、イライラすることがある。データ容量と料金のバランスは良いが、繋がりやすくなって欲しい

    • 女性のアイコン

      20代女性

      3ギガ未満でももっと安いところはあるのでそちらでも良いかなと思うが、全国的にどこにいても使用しやすいのは強みだと思う

最大10,000円相当のau PAY残高還元

UQモバイル オンラインアドバイザーの公式サイトはこちら

ランキングに戻る

通信速度が速くauからの乗り換えでおすすめ

UQモバイルはKDDIグループのUQコミュニケーションズが運営するサービスで、auのサブブランドの位置づけとなっています。
このため通信速度の速さが大きな特徴です。
通信速度の実測値を投稿できるみんなのネット回線速度のランキングでも常に上位にいるキャリアです。

全国のauショップでも申し込みができ、格安SIMの料金面でのメリットと、大手キャリアの速度・サポート体制の良いところを兼ね揃えたキャリアと言えます。

ただし、月額料金は他の格安SIMと比べると少し高めです。
KDDI系列の光回線とのセット割「自宅セット割」(月額1,100円割引)やau PAYによる支払いで割引が適用される「au PAYカードお支払い割」(月額187円割引)などが適用できますが、割引きなしだと4GB/月で2,365円と高めです。nuroモバイルや日本通信SIMなら3GBで月額1,000円を切ります。

関連記事:月3GB~4GB使える最安のおすすめ格安SIM

料金は安くしたいけど、通信速度が遅い格安SIMは嫌だという方はUQモバイルがおすすめです。

UQモバイルで実施中のキャンペーン

UQモバイルで実施中のキャンペーン一覧

au PAY残高還元

au PAY残高最大10,000円相当還元キャンペーン!
特典1
■のりかえでSIMまたはeSIM単体契約&増量オプションⅡ加入・・・10,000円相当
(増量オプションⅡ未加入の場合6,000円相当)
■新規でSIMまたはeSIM単体契約・・・3,000円相当
※auまたはpovoからののりかえ(MNP)は対象外
期間:終了日未定

オンライン限定スペシャルセール

UQモバイル公式オンラインストアで対象機種に機種変更&条件を満たすとスマホが最大3,850円値引。
値引き端末一覧
〇AQUOS sense8→3,850円割引
〇Xiaomi 13T→3,850円割引
〇Galaxy A23 5G→3,850円割引
〇Redmi 12 5G→3,850円割引
期間:終了日未定

3Gとりかえ割(UQ mobile)

docomo・SoftBank・Y!mobileが提供する3Gサービス(プリペイドを含む)からUQに乗り換えすると対象スマホを安く購入できます。最大41,800円割引!
期間:終了日未定

UQ mobile 下取りサービス

指定プランに乗り換えや機種変更をした人を対象に、利用していた機種を下取りしてくれるキャンペーン。
下取り対象機種に応じた金額が還元されます。
期間:終了日未定

UQ→au番号以降プログラム

UQモバイルからauへ番号移行し、対象料金プランに加入すると番号移行翌月から12ヶ月間、最大31,680円割引されます。さらに、対象機種購入で最大44,000円機種代が割引きになります。
期間:終了日未定

たぬきの吉日

auPAYコード払い200円(税込)以上の決済でPontaポイントが必ず当たります。
【当選ポイント】
・1等3,000ポイント
・2等:100ポイント
・3等:20ポイント
・4等:10ポイント
・5等:1ポイント
さらに、UQモバイルをご利用の方は、対象店舗でauPAYコード払い200円(税込)利用ごとに最大3%Pontaポイントが還元されます。
期間:終了日未定

YouTube Premiumが3ヶ月間無料

YouTube Premium 1,280円(税込)/月がUQ mobileから加入で3カ月間無料になります。
期間:終了日未定

対象プラン加入でAmazonプライム3ヶ月ついてくる!

「トクトクプラン」または「コミコミプラン」へ加入し、専用サイトから特典申込をすると、Amazonが提供する「Amazonプライム」のギフトコード3ヶ月分が付与されます。
期間:終了日未定

DAZN 1カ月無料!

DAZNをUQ mobileから加入すると1ヵ月間無料。さらに、毎月110円引きで利用出来ます。
期間:終了日未定

Apple Musicが6ヶ月間無料

Apple Music 1,080円(税込)/月がUQ mobileから加入で6ヶ月間無料になります。
期間:終了日未定

Netflix最初の1カ月分プレゼント!

Netflix(広告つきスタンダード)をUQ mobileから加入すると最初の1ヶ月過分をプレゼントしてもらえます。
期間:終了日未定

春のCoke ON PAY祭り今年も開催!Coke ON スタンプ2倍

Coke ONアプリをダウンロードして、おトクにCoke ONをはじめよう!期間中、Coke ON Payに登録したau PAY 決済でCoke ONスタンプ2倍!
期間:~2024年4月30日

はじめての電子書籍の購入でクーポンがもらえる

au PAYマーケットで使える電子書籍のお得なクーポンがもらえるキャンペーンです。
特典1:初めての購入に使える500円オフクーポン
特典2:初めての購入後にもらえる50%オフクーポン

期間:終了日未定

最大10,000円相当のau PAY残高還元

UQモバイル オンラインアドバイザーの公式サイトはこちら

5位:ドコモ「ahamo」

ドコモ「ahamo」

(画像引用:ahamo

ahamo

口コミ満足度

ドコモのオンライン専用ブランド!100GBの大盛りオプションも

ahamoのランキング評点のレーダーチャート

月額料金:2,970円/月(20GB)

ランキング順位
速度 1位
料金 1位
シェア 3位


ahamoのスペック表
キャッシュバック平均ダウンロード速度eSIMくりこしサービス
バツ。(非対応・使用不可をあらわす記号)マル(対応中・使用可能をあらわす記号)マル(対応中・使用可能をあらわす記号)バツ。(非対応・使用不可をあらわす記号)
5G支払方法かけ放題対応回線数
マル(対応中・使用可能をあらわす記号)バツ。(場合により非対応・一部使用不可をあらわす記号)マル(対応中・使用可能をあらわす記号)ドコモ回線

ahamoがおすすめの人

  • ドコモからの乗り換えの人
  • 20GB以上の大容量プランでお探しの人
  • 通信速度・通信品質にこだわりたい人


事務手数料0円!24時間申し込み可能!

ahamoの公式サイトはこちら

ahamoの料金表
データ容量 音声通話SIM SMS付きデータSIM データ専用SIM
20GB 2,970円 - -
100GB(ahamo大盛り) 4,950円 - -
(参考:料金・データ量 | ahamo

ahamoの主なメリット

  • 5分の無料通話が付帯する(※)
  • +80GBのahamo大盛りオプションがある
  • 海外91の国や地域でも追加料金なしで利用できる

ahamoの主なデメリット

  • ドコモのキャリアメールが使えなくなる
  • 受付はオンラインのみ
  • 少容量のプラン設定がない

※5分超過後は、22円/30秒の通話料がかかります。「SMS」、他社接続サービスなどへの発信は、別途料⾦がかかります。

ahamo口コミ評判

リスの画像
  • 良い口コミ
  • 悪い口コミ
    • 男性のアイコン

      30代男性

      以前契約していたドコモ回線と比較して、通信速度、データ通信量等に変化は感じられないが、料金が半分以上も安くなったのでとても満足している

    • 男性のアイコン

      20代男性

      ahamoのアプリで残りのデータ容量や支払金額がすぐにわかるのが非常にいい。また、20Gも使えるのでデータ容量も満足している。

    • 女性のアイコン

      40代女性

      ahamoは特に問題なく使えているので変更して良かったと思っている。またeSIMを利用していてサブで物理SIMのpovoを使っており、会社が違うのでどちらかで障害発生しても困ることがない。

    • 男性のアイコン

      30代男性

      ほかの格安SIMに比べて高いのもあるが、Dカードので通信料を支払っているが、ポイントが付かなくなったことはかなりのマイナス。また通信料の繰り越しができないこともマイナス。乗り換えを検討している

    • 女性のアイコン

      20代女性

      電波の繋がりが悪くて変えなきゃよかったって後悔してます。値段は安く抑えられるのでそれはいいのですが。。

    • 男性のアイコン

      50代男性

      ポイント還元が無さすぎることが不満です。もっとポイント還元をつけて欲しいです。さもなくば他社に切り替えます


事務手数料0円!24時間申し込み可能!

ahamoの公式サイトはこちら

ランキングに戻る

ドコモのオンライン専用ブランド

ドコモは2021年3月から新料金プラン「ahamo(アハモ)」を開始しました。

ahamoは20GBの大容量ながら2,970円と格安SIM以上に安い料金で利用できます。
また、5分の無料通話(※1)があらかじめ付与されているため、5分以内の短い電話であれば追加料金なしで利用できます。
さらに4G回線だけでなく5G回線も追加料金なしで利用できるため、大手キャリア(MNO)の質の良い通信回線を安い料金で利用することができます。

また、ドコモは他社にはないサービスとして大容量ユーザー向けの「ahamo大盛り」があります。

80GBの容量追加オプション(1,980円)を利用することで、100GBの大容量を4,950円で利用できます。

スマホをルーター代わりにテザリングでPCに接続したり、動画を視聴したり、データ容量を気にせず利用できるようになります。

※1 5分超過後は、22円/30秒の通話料がかかります。「SMS」、他社接続サービスなどへの発信は、別途料⾦がかかります。
※ahamoでは、一部利用できないサービスがあります。

通信速度が速い

ahamoは厳密には格安SIMではなく、ドコモブランドのサービスのため、通信速度が非常に速いです。

みんなのネット回線速度のデータによると、ahamoの平均ダウンロード速度は94.33Mbpsと格安SIM平均の55.6Mbpsを大きく上回ります。
NTTドコモの通信速度平均は131.0Mbpsのため、ドコモほど速くはありませんが、大手キャリアからの乗り換えでも不便のない速度で利用できます。

同じ大手キャリアのオンラインブランドであるLINEMO・povoと比較しても高速通信が可能です。

大手キャリアのオンライン専用ブランドの通信速度比較表
キャリア平均ダウンロード速度
ahamo81.99Mbps
povo70.44Mbps
LINEMO79.24Mbps
格安sim平均55.6Mbps

格安プランに乗り換えた際は通信速度など今まで通りに使用できるかどうかは不安なポイントですが、ahamoは違和感なく利用することができます。

ドコモのサービスは一部利用できなくなる

ただし、ahamoは申し込みや普段のサポートはすべてオンライン限定となっています。
またドコモのプランですが、@docomo.ne.jpのキャリアのメールアドレスは使えなくなります。Gmailなどのフリーアドレスに切り替えるなどしないと、メールが届かなくなります。
さらに家族割も適用対象外となるので、家族にドコモユーザーが多い場合などは、料金が高くなってしまう場合もあります。

加えてプランは最低でも20GBからだけなので、3GBで十分という方はahamoよりもLINEMOの方がおすすめです。
20GBにしては安い新料金プランですが、20GBも必要か否か、キャリアメールが使えない等のデメリットは問題ないか、一度ご自身の使用状況を確認してから検討するようにしましょう。

ahamoの口コミ

良い口コミのほとんどが、ドコモからの乗り換えで月額料金が大幅に安くなった点について書かれたものでした。

コスパの良さに感動
総合評価:
5.0

20ギガを約3000円ほどで使えるコスパの良さに感動した。電波の調子も良いのでこれからも利用していきたい

30代女性 / 音声通話付きプラン(20GB未満)

ドコモと比べて半額以上に安くなった
総合評価:
5.0

以前契約していたドコモ回線と比較して、通信速度、データ通信量等に変化は感じられないが、料金が半分以上も安くなったのでとても満足している

30代男性 / 音声通話付きプラン(20GB未満)

ドコモのeximoの場合、3GB以上の基本料金は7,315円と決して安くありません。一方ahamoなら20GBで2,970円のため、4,000円近く節約することができます。

ドコモからの乗り換えにはおすすめのプランです。

一方で、ドコモのポイントがつかないことや、繋がりやすさに不満を感じる声もありました。

ポイントが付かないのが困る
総合評価:
2.0

ほかの格安SIMに比べて高いのもあるが、Dカードので通信料を支払っているが、ポイントが付かなくなったことはかなりのマイナス。また通信料の繰り越しができないこともマイナス。乗り換えを検討している

30代男性 / 音声通話付きプラン(20GB未満)

ネットでしか質問できないのは困る
総合評価:
3.0

サービスがネットでしか質問出来ないとかが困る。あとは、特に困った事はなく過ごしてます。基本料金は安いが何かと料金がかさむ事がある。

20代女性 / 音声通話付きプラン(20GB未満)

ahamoはオンライン専用ブランドのため、電話での問い合わせには対応していません。
店舗での申し込みサポートも行っていますが、3,300円の有料サポートとなってしまいます。

手続きを不安に感じる方はチャットの利用、もしくは有料での店舗サポートを受けるようにしましょう。

※ahamoはお申込みからサポートまで、オンラインにて受付するプランです。
ドコモショップなどでのサポートをご希望の場合は、「ahamoWebお申込みサポート(※2)」(税込3,300円) をご利⽤ください。
なお、お申込み時の端末操作はお客さまご⾃⾝で実施頂きます。また、端末初期設定およびデータ移⾏などは本サポートの範囲外となります。端末初期設定およびデータ移⾏の補助をご希望のお客さまは「初期設定サポート(有料)(※3)」を別途お申込みください。
※2お客さまのご要望に基づき、ahamo専⽤サイトからのお申込みの補助を⾏うものです。
※3お客さまのご要望に基づき、ahamoアプリおよび専⽤サイトからのお⼿続き補助を⾏うものです。


事務手数料0円!24時間申し込み可能!

ahamoの公式サイトはこちら

ahamoで実施中のキャンペーン

ahamoのキャンペーン一覧

対象機種をおトクに購入しよう

「5G WELLCOME割」、「オンラインお得割」、「オンライン限定機種購入割引」、「端末購入割引」を利用してahamoで契約+機種購入で最大44,000円割引やdポイント30,000ポイント付与などの特典が付きます。
期間:終了日未定

最新機種をおトクに購入しよう

「いつでもカエドキプログラム」、「いつでもカエドキプログラム+」で最新機種がおトクに購入できます。
対象機種を「残価設定型分割払い24回払い」で購入すると、機種返却のタイミングに応じて残りの購入代金の支払いが不要になります。
期間:終了日未定

ahamoでディズニープラスを楽しもうキャンペーン

他社からの乗り換えで、ahamoとディズニープラスを両方契約すると下記の特典がもらえます。
特典①dポイント3,000pt進呈!
特典②抽選で毎月5名様にディズニープラス オリジナルQUOカード5,000円分をプレゼント!
特典③ディズニープラスの月額料金が6ヶ月間990円割引
期間:終了日未定

爆アゲセレクション

ahamoを通して、対象のサービスを申込むと対象サービスの月額料金(税抜)の20%相当のd ポイントがもらえます。
対象サービス例
Netflix/ディズニープラス/Lemino/YouTube Premium など
期間:終了日未定


事務手数料0円!24時間申し込み可能!

ahamoの公式サイトはこちら

6位:楽天モバイル

(画像引用:楽天モバイル

楽天モバイル

口コミ満足度

第4のキャリア!

楽天モバイルのランキング評点のレーダーチャート

月額料金:1,078円/月(3GB)

ランキング順位
速度 7位
料金 13位
シェア 1位


楽天モバイルのスペック表
キャッシュバック平均ダウンロード速度eSIMくりこしサービス
マル(対応中・使用可能をあらわす記号)マル(対応中・使用可能をあらわす記号)マル(対応中・使用可能をあらわす記号)マル(対応中・使用可能をあらわす記号)
5G支払方法かけ放題対応回線数
マル(対応中・使用可能をあらわす記号)マル(対応中・使用可能をあらわす記号)マル(対応中・使用可能をあらわす記号)

楽天回線・パートナー回線(au回線)

楽天モバイルがおすすめの人

  • 無制限プランで安い格安SIMを探している人
  • 通話頻度が高く通話料金を安く抑えたい人
  • 楽天経済圏で支払い等をしている人

他社からの乗り換えで
最大12,000円キャッシュバック

楽天モバイルの公式サイトはこちら

楽天モバイル「Rakuten 最強プラン」の料金表
データ容量 音声通話SIM SMS付きデータSIM データ専用SIM
3GB 1,078円 - 1,078円
20GB 2,178円 - 2,178円
無制限 3,278円 - 3,278円
(参考:Rakuten最強プラン(料金プラン) | 楽天モバイル

楽天モバイルの主なメリット

  • 20GB以上でも月額料金は3,278円で実質使い放題
  • 専用アプリRakuten Linkの利用で国内通話が無料
  • 海外でも2GBまで設定変更不要で無料で使える

楽天モバイルの主なデメリット

  • 楽天回線エリアが小さい
  • プラチナバンド非対応のため繋がりにくい・通信速度が遅いという口コミが多い
  • 楽天モバイル以外で購入した端末は、通話機能など利用できないことがある

楽天モバイル口コミ評判

リスの画像
  • 良い口コミ
  • 悪い口コミ
    • 男性のアイコン

      40代男性

      まずは料金に納得。楽天経済圏に取り込まれているので便利。楽天市場でもらえるポイントが増えてありがたい。不便を感じたことが無い。

    • 女性のアイコン

      40代女性

      値段が安いわりに、品質は悪くないと思う。通話が無料なのにしっかり使えるのはすごい。大手だから安心な気がします。

    • 女性のアイコン

      60代女性

      料金設定がわかりやすいので使いやすい。不便は感じない。料金が安いほかのものに変えようかと思ったこともあったけれど在宅で使う量も少ないのでそのままにしている。楽天でのサービスでも有利なので。

    • 女性のアイコン

      20代女性

      電波が繋がらないところが多すぎる、他の通信会社と契約している人は建物内でも余裕で繋がるのに楽天モバイルは全然繋がらないことが多い。

    • 女性のアイコン

      50代女性

      電波が悪すぎて使えないことが多いので無料の意味がない。1gb以内なら無料だったら許せるけど今はだめ。もう少しだけプランを増やすかギガの繰り越しがあるといい

    • 女性のアイコン

      10代女性

      郊外の建物の中や地下街の電波が弱いのが残念。普段の生活では困ることが少ないが、遠出したときや公共交通機関での移動時、ライブハウスに行ったときには困ることがある。

他社からの乗り換えで
最大12,000円キャッシュバック

楽天モバイルの公式サイトはこちら

ランキングに戻る

無制限サービスを月額3,278円で利用できる

楽天モバイルはドコモ、ソフトバンク、auに続く第4のキャリア(MNO)です。

2023年6月1日からは、従来の「RAKUTEN-UNLIMIT VII」に代わってデータ高速無制限エリアが拡大した、新しい料金プラン「Rakuten最強プラン」の提供を開始しています。

新しいプランではありますが、従来の「RAKUTEN-UNLIMIT VII」と金額等に変更はなく、使用量に応じて料金が変動する従量課金タイプの料金プランです。
20GB以上は料金が定額制に切り替わり、月額3,278円で実質使い放題の携帯キャリアとなっています。

無制限で利用できるキャリアが少ない中、楽天モバイルは安い月額料金で利用できるため、データ容量無制限で利用したい方にお勧めです。

専用アプリを使った発信は原則国内通話無料となるため、料金面でのメリットが非常に大きいキャリアです。

また楽天ポイントも貯まりやすく、楽天経済圏で各種御支払をしている方はよりお得に利用できるようになります。

他社からの乗り換えで
最大12,000円キャッシュバック

楽天モバイルの公式サイトはこちら

プラチナバンド非対応のため「繋がりにくい」「通信速度が遅い」という口コミが多い

楽天モバイルに関する悪い口コミの多くは「繋がりにくさ」によるものが非常に多いです。

楽天モバイルはプラチナバンド非対応のため、電波の特性上建物や地下などに弱く、エリア内でも繋がりにくい状態が発生しやすくなっています。

繋がりにくい場所の一例

  • ビルの間
  • 建物の中
  • 地下鉄・地下街
  • ショッピングモール
  • 山間部など

通話アプリRakuten Linkも通話品質に課題があり、料金は安いですが通信品質に課題があるキャリアと言えます。

楽天モバイルで実施中のキャンペーン

楽天モバイルのキャンペーン一覧

「Rakuten最強プラン」申し込み特典(乗り換え)

最大6,000ポイントがもらえます!
他社からの乗り換えで「Rakuten最強プラン」を申込・利用開始&「Rakuten Link」を用いた発信で10秒以上の通話で3ヶ月に渡り合計6,000ポイント付与。
ポイント付与割り振り
1回目:2,000ポイント
2回目:2,000ポイント
3回目:2,000ポイント
期間:終了日未定

「Rakuten最強プラン」申し込み特典(新規)

新規または、プラン変更(移行)で「Rakuten最強プラン」への申込&利用開始&「Rakuten Link」を用いた発信で10秒以上の通話で、2,000ポイント還元!
期間:終了日未定

【Rakuten最強プラン(データタイプ)お申し込み特典】 初月3GB分実質無料

Rakuten最強プラン(データタイプ)が登場!
「Rakuten最強プラン(データタイプ)」への申込&利用開始で1,081ポイントプレゼント。実質3GB相当が無料になります。
期間:終了日未定

紹介キャンペーン

楽天モバイル契約者の紹介で、紹介された人が「Rakuten最強プラン」に申込・利用開始&「Rakuten Link」を用いた発信で10秒以上の通話で、紹介した人と紹介された人それぞれに以下のポイントがもらえる紹介キャンペーンです。
・紹介した人・・・7,000ポイント
・紹介された人(他社から乗り換えの場合)・・・13,000ポイント
・紹介された人(新規の場合)・・・6,000ポイント
期間:終了日未定

楽天モバイルお申し込み&対象製品ご購入で最大26,930円値引き!

新規または他社からの乗り換え、プラン変更 でRakuten最強プランへの申し込みかつ対象端末購入で、最大26,930円割引
対象端末一覧
〇Xperia 10 Ⅴ→26,930円割引
〇AQUOS wish3→20,000円割引
〇Galaxy A23 5G→20,000円割引
〇OPPO Reno9 A→20,000円割引
※ ※「Rakuten UN-LIMIT VII」から「Rakuten最強プラン」への移行は対象外となります。
※ 一度に複数製品のお申し込みをされた場合、キャンペーンは1製品にしか適用されません
※ 「Rakuten最強プラン(データタイプ)」は対象外です。

期間:終了日未定

iPhoneトク得乗り換えキャンペーン

楽天モバイル「Rakuten最強プラン」の申込・利用開始&「Rakuten Link」を用いた発信で10秒以上の通話&対象のiPhone端末を指定の支払い方法で購入すると、最大で32,000円相当お得に購入できます。
期間:終了日未定

スマホトク得乗り換えキャンペーン

新規または、プラン変更(移行)で、楽天モバイル「Rakuten最強プラン」の申込・利用開始&「Rakuten Link」を用いた発信で10秒以上の通話&対象のAndroid端末を購入をすると、最大で12,000ポイント還元!
新規の場合は、最大8,000ポイント還元!
期間:終了日未定

【楽天モバイルショップ限定】もう1回線申し込みキャンペーン

楽天回線を楽天モバイルショップでもう1回線申し込みし、キャンペーンエントリー&「Rakuten最強プラン」への申込&利用開始すると3,000円ポイントもらえます。
期間:~2024年4月30日

15分通話かけ放題が1ヶ月無料

15分通話かけ放題&国内SMSの送受信が使い放題になるサービスが1ヶ月無料になるキャンペーンです
期間:終了日未定

春のエンタメ祭 人気エンタメサービスの月額利用料20%ポイント還元

楽天モバイル契約者限定!キャンペーンエントリー&各サービスに登録で、月額利用料20%分をポイント還元!
対象サービス
〇U-NEXT
〇hulu
〇DAZN
〇ABEMAプレミアム
〇DMMプレミアム
〇andiobook.jp
期間:~2024年4月15日

楽天市場ショップでスマホをお得に発売

期間限定でスマホの端末代金が1,000円オフになるクーポンを配布中。
期間:~2024年5月1日

【楽天市場店限定】Android製品対象クーポン配布

対象Android製品とRakuten最強プランセットご注文で6,000円OFFクーポンを配布中です。
期間:終了日未定

20GB超過利用で1,500ポイントプレゼント

「Rakuten最強プラン」ご利用中、且つご契約開始から一度も20GBを超えたデータ利用をしたことがない方が対象!キャンペーンへのエントリー&20GBを超過するデータ利用を行うと1,500ポイントもらえます。
期間:~2024年4月30日

データを3GB超過利用で1,000ポイントプレゼント

「Rakuten最強プラン」利用中、且つ契約開始から一度も3GBを超えたデータ利用をしたことがない方対象!
キャンペーンへのエントリー&3GBを超過するデータ利用で1,000ポイントもらえます。
期間:~2024年4月30日

【楽天モバイル×楽天カード】同時申込でポイントプレゼント

はじめて楽天モバイルを申し込み前に、楽天カードを同時申し込みをすると最大20,000ポイントもらえます。
期間:~2024年4月15日

スマートフォンアクセサリー全品送料無料キャンペーン

期間中限定、 スマートフォン関連アクセサリーが送料無料で購入できます。
期間:終了日未定

YouTube Premium 3ヶ月無料

Rakuten最強プランを利用の製品で「YouTube Premium」にお申し込みいただくと、 3ヶ月無料で利用できるキャンペーンです。
期間:終了日未定

ただいまキャンペーン

過去楽天モバイル契約者限定!
キャンペーンページの申込ボタンより「Rakuten最強プラン」へ他社からの乗り換え(MNP)で申込&利用開始&「Rakuten Link」を用いた発信で10秒以上の通話で2,162ポイント還元!
期間:~2024年5月1日

楽天モバイルご利用でポイント最大+4倍

楽天モバイルの楽天会員の方を対象に、楽天市場の買い物がいつでもポイント+1~4倍になるキャンペーン。
さらに、楽天モバイル「Rakuten最強プラン」を他社からの乗り換えで申込で最大16,000ポイントもらえます。
期間:終了日未定

Google Playストアの買い物が最大2%ポイント還元

楽天モバイル「Rakuten最強プラン」を利用の回線でGoogle Playストアでのアプリ購入やアプリ内での支払いを楽天モバイルキャリア決済で支払うと支払いされた金額(税込)の1%分の楽天ポイントがもらえます。さらに楽天カードでの支払いなら1%ポイント還元され、最大2%のポイント還元が受けられます。
ポイントはポイント付与日を含めて6ヶ月間の期間限定ポイントで付与されます。
期間:終了日未定

楽天ひかり月額基本料6カ月0円キャンペーン

最大28,800円おトク!
楽天ひかり申し込み&楽天モバイル「Rakuten最強プラン」とセット利用で、「楽天ひかり」の月額基本料が6カ月0円で利用できます。
期間:終了日未定

他社からの乗り換えで
最大12,000円キャッシュバック

楽天モバイルの公式サイトはこちら

7位:NUROモバイル

NUROモバイル

(画像引用:【公式】格安SIM・スマホのNUROモバイル

nuro mobile

口コミ満足度

3GB音声通話SIMが700円台!安い格安SIMでお探しの方におすすめ

nuroモバイルのランキング評点のレーダーチャート

月額料金:792円/月(3GB)

ランキング順位
速度 9位
料金 5位
シェア 11位

NUROモバイルのスペック表
キャッシュバック平均ダウンロード速度eSIMくりこしサービス
マル(対応中・使用可能をあらわす記号)バツ。(場合により非対応・一部使用不可をあらわす記号)バツ。(場合により非対応・一部使用不可をあらわす記号)マル(対応中・使用可能をあらわす記号)
5G支払方法かけ放題対応回線数
マル(対応中・使用可能をあらわす記号)バツ。(場合により非対応・一部使用不可をあらわす記号)マル(対応中・使用可能をあらわす記号)ドコモ回線/au回線/ソフトバンク回線

NUROモバイルがおすすめの人

  • とにかく安い格安SIMを探している人
  • キャンペーンを使ってお得に契約したい人
  • 20GB以上、40GB以下のプランをお探しの人

乗り換え(MNP)で
最大16,000円キャッシュバック

NUROモバイルの公式サイトはこちら

※乗り換え(MNP)の場合は、eSIM未対応。

nuroモバイルの料金プラン
プラン名 データ容量 音声通話SIM SMS付きデータSIM※ データ専用SIM
お試しプラン 0.2GB - 495円 330円
VSプラン 3GB 792円 792円 627円
VMプラン 5GB 990円 990円 825円
VLプラン 10GB 1,485円 1,485円 1,320円
VLLプラン 15GB 1,790円 1,790円 1,625円
NEOプラン 20GB 2,699円 - -
NEOプランW 40GB 3,980円 - -
5分かけ放題プラン 1GB 930円 - -
10分かけ放題プラン 1GB 1,320円 - -
かけ放題プラン 1GB 1,870円 - -

※かけ放題プランはau、ドコモ回線のみ
(参考:料金プラン|格安SIM・スマホのNUROモバイル

NUROモバイルの主なメリット

  • 3GB792円と格安SIMの中でも最安値水準で利用できる
  • ドコモ・au・ソフトバンクの3回線に対応
  • 一定期間の月額料金割引キャンペーンを利用できる
  • Gigaプラスで3ヵ月ごとに容量プレゼントがある

NUROモバイルの主なデメリット

  • 通信速度の評価が低い(NEOプラン、NEOプランWを除く)
  • カスタマーサポートへの問い合わせがメールのみ

nuro mobile口コミ評判

リスの画像
  • 良い口コミ
  • 悪い口コミ
    • 男性のアイコン

      30代男性

      やすいのがいい。通信環境はそんなに大きくかわらないとおもっているので、価格が一番大事だと感じている。その点nuroはとても安いのでだんとつにいいです。

    • 男性のアイコン

      40代男性

      特に通信が遅いとも感じないし、自分の生活圏ではネットが届かない範囲もない。料金も安いので満足している。

    • 女性のアイコン

      20代女性

      通信環境、サービス共に大変良いと思うし、料金も他より安いので助かっている。他の人にも勧めたいと思う。料金設定をもう少し刻んでくれるとなお良かった。

    • 男性のアイコン

      30代男性

      カスタマーサービスへの問い合わせはメールのみでチャットすらできない、問い合わせしても返事が遅くサービスが悪すぎる

    • 男性のアイコン

      50代男性

      昼時間の通信速度が遅い。繋がらずに苛つくときがある。パケットの消費量が多い気がする。他のsimと比べて同じホームページをみると消費量が多い

    • 男性のアイコン

      30代男性

      屋内で繋がりにくい印象がある。建物の構造によるのかもしれないが・・・その点を改善してもらえれば個人的に文句なし。

乗り換え(MNP)で
最大16,000円キャッシュバック

NUROモバイルの公式サイトはこちら

ランキングに戻る

3GB792円と格安SIMでも最安クラス

NUROモバイルは光回線で有名なNURO光を運営するソニーグループの格安スマホです。

NUROモバイルは月額料金が非常に安い格安スマホです。

3GBで792円と最安値クラスの料金帯となっています。

さらに「Gigaプラス」という容量を追加してくれるサービスも利用できます。
5GBプランの場合+3GB10GBプランの場合は+6GBも無料で追加してもらえるサービスです。
プレゼントされたデータ容量は翌々月まで使うことができるため、3か月に分けてデータ容量を使うことができます。
5GBプランの場合、3GBを1か月ごとに使用すれば、毎月実質6GBに容量を増やして使うことができるため、データ容量に余裕ができます。

さらに、NUROモバイルは余ったデータ容量は翌月に繰り越すことができるため、速度制限を受ける心配が少なくなるのが大きなメリットです。

料金が安いうえに、データ容量の融通が利くため、NUROモバイルは5~6GBの容量でお考えの方にはおすすめの格安スマホです。

通信速度の評価は低い

NUROモバイルはとくに昼間の通信速度が遅くなる傾向があります。

みんなのネット回線速度のデータによるとNUROモバイルのダウンロード平均速度は2024年4月時点で48.92Mbpsと決して遅くありませんが、昼間の通信速度に限ると20.1Mbpsと半減してしまいます。

通信速度を求める方は、通信品質の良い「NEOプラン」または「NEOプランW」を申し込むか、UQモバイルやワイモバイルなどもおすすめです。

NUROモバイルで実施中のキャンペーン

NUROモバイルのキャンペーン一覧

NEOプランお申し込み(新規・お乗り換え)特典

NEOプラン(20GB)に新規または他社からの乗り換え(MNP)で申し込むと、利用開始月を除く8ヶ月目に、最大13,000円をキャッシュバックしてもらえます。
期間:終了未定

NEOプランWお申し込み(新規・お乗り換え)特典

NEOプランW(40GB)に新規または他社からの乗り換え(MNP)で申し込むと、利用開始月を除く8ヶ月目に、最大16,000円をキャッシュバックしてもらえます。
期間:終了未定

バリュープラスお申し込み特典

音声通話付きSIMのVS(3GB)・VM(5GB)・VL(10GB)・VLL(15GB)プランのいずれかに、新規または他社から乗り換え(MNP)をすると利用開始月は月額基本料0円!その後3ヶ月間、下記の月額基本料金で利用できます。
VSプラン・・・396円
VMプラン・・・495円
VLプラン・・・990円
VLLプラン・・・1,097円
期間:終了未定

Xperia 10 IV購入特典

NUROモバイルのいずれかのプランに、新規または他社からの乗り換え(MNP)で申し込み&Xperia 10 IVを購入すると10,000円のキャッシュバックが受けられます。
期間:終了未定

5分/10分かけ放題プランお申し込み特典

かけ放題プランを新規または、他社からの乗り換え(MNP)で申し込みをすると、利用開始月を除く6ヶ月間、月額基本料金を440円割引してくれるキャンペーンです。
期間:終了日未定

エンタメフリー・オプション初回申込特典

さまざまな動画視聴サービスやSNSの閲覧にデータ通信量を消費しなくなるエンタメフリーオプションに、BIGLOBEモバイル音声通話SIMを契約中の方が初回申し込みすると、オプション料金(月額308円)が最大2ヶ月無料
期間:終了日未定

セキュリティセット・プレミアム基本ライセンス 最大2カ月無料特典

不正アプリ・ウイルス対策などができるセキュリティセット・プレミアムオプション(月額418円)が初回申し込みの方限定で最大2ヶ月無料
期間:終了日未定

povoデザイン ナッジクレジットカード発行料実質無料キャンペーン

ナッジ株式会社が提供するNudgeアプリより、povoクラブオリジナルデザインクレジットカード(発行料2,500円)をお申し込みいただき、Nudgeカードを使ってpovo2.0で1つ以上のトッピングを購入いただいた方へ、特典をお送りします。
特典一覧
〇povo2.0で1回以上の決済→クレジットカード発行料全額還元+データ使い放題ボーナス(24時間)プロモコード3枚進呈
〇povo2.0で10,000円以上の決済→クレジットカード発行料全額還元+データ使い放題ボーナス(24時間)プロモコード6枚進呈

期間:~2024年3月31日

乗り換え(MNP)で
最大16,000円キャッシュバック

NUROモバイルの公式サイトはこちら

8位:mineo(マイネオ)

マイピタまるっと990円キャンペーン

(画像引用:格安スマホ・SIM【mineo(マイネオ)】

mineo

口コミ満足度

独自サービスが充実でMVNOの満足度No1

mineoのランキング評点のレーダーチャート

月額料金:1,518円/月(5GB)

ランキング順位
速度 15位
料金 7位
シェア 8位



mineoのスペック表
キャッシュバック平均ダウンロード速度eSIMくりこしサービス
マル(対応中・使用可能をあらわす記号)バツ。(場合により非対応・一部使用不可をあらわす記号)マル(対応中・使用可能をあらわす記号)マル(対応中・使用可能をあらわす記号)
5G支払方法かけ放題対応回線数
マル(対応中・使用可能をあらわす記号)バツ。(場合により非対応・一部使用不可をあらわす記号)マル(対応中・使用可能をあらわす記号)ドコモ回線/au回線/ソフトバンク回線

mineoがおすすめの人

  • ユーザー満足度が高い格安SIMを選びたい人
  • 通信速度が遅くてもいいのでとくにかく安い格安SIMを探している人
  • ユーザーコミュニティを楽しみたい人

【Soldi×mineoキャンペーン】
事務手数料3,300円が無料に!

mineo×soldi事務手数料無料CPの公式サイトはこちら

mineoの「マイピタ」の料金表
データ容量 デュアルタイプ
(音声通話SIM)
シングルタイプ
(データ通信のみ)
1GB 1,298円 880円
5GB 1,518円 1,265円
10GB 1,958円 1,705円
20GB 2,178円 1,925円
(参考:料金表(基本)|格安スマホ・SIM【mineo(マイネオ)】

mineoの主なメリット

  • 顧客満足度が高い
  • パケット容量が足りなくなっても「フリータンク」などで足りない分を追加できる
  • 通信速度で料金が決まる「マイそく」プランが人気
  • ドコモ、au、ソフトバンクのトリプルキャリアに対応

mineoの主なデメリット

  • 端末購入費用が若干高い
  • 通信速度は速くはない
  • mineoよりも安い格安SIMがある

mineo口コミ評判

リスの画像
  • 良い口コミ
  • 悪い口コミ
    • 男性のアイコン

      40代男性

      大手キャリアと比べて月額費用は半分以下。普段外でデータ通信を使うことはあまりないのでこれで十分。昼間通信が遅いときがあるが。

    • 男性のアイコン

      40代男性

      ユーザー同士が質問し合えたりパケットを分け合えたりとユーザー目線のサービスが充実していて格安SIMの中で一番良いサービスを提供していると思う

    • 女性のアイコン

      10代女性

      GBも翌月繰越になり、大容量パケットでも月額料金が安いうえに、通信も安定している。店舗が少ないので、緊急性を要するときは対応が難しいが、なかなかないので困ることはない

    • 女性のアイコン

      30代女性

      通信速度が遅いことが不満です。また長期割特典も特にないため、そこまで長きにわたって契約してる理由もないように感じてきます。

    • 女性のアイコン

      40代女性

      聞きたいことがあって店頭を訪ねても、新規契約しか受け付けていないといわれ、質問は電話で問い合わせるようにいわれた。新しいスマホ、機種を持ち込みしたが、契約をした通信会社がわからなかった。1時間待ちひとまずSIMを作ってもらったが作ったSIMの通信会社が違いつながらず。最初からパソコンで見ればどこの通信会社かわかったのにっみることもしない。結局SIMロックがかかったので解除してもらうのに事務手数料を別に3000円払った。全体を通して不親切で不快な思いをした。機種も契約もすべて自社でないと対応に差をつけるのかも。

    • 女性のアイコン

      40代女性

      以前よりもサポート体制やサービスが低下した気がします。サービスは、他社が優れたものを提供してきたので、もっと良質なものを提供してくれることを望みます。

【Soldi×mineoキャンペーン】
事務手数料3,300円が無料に!

mineo×soldi事務手数料無料CPの公式サイトはこちら

ランキングに戻る

顧客満足度が高い

mineoは顧客満足度が非常に高いMVNOです。
さまざまな団体・企業が実施する格安SIM利用者満足度調査でTOPの満足度を獲得しています。
mineoが満足度調査で一位を獲得した主な調査結果には下記のようなものがあります。

mineoの顧客満足度の高さは後述する独自サービスの充実さに起因しています

詳しく紹介します。

独自サービスが充実している

mineoは他社にはないサービスが豊富にあり、契約後のユーザーの高い満足度に繋がっています。

主な人気のサービスは以下の通りです。

mineoの独自サービス

  • フリータンク
    余ったパケットをユーザー共有の”タンク”に貯蔵して、パケットが不足したmineoユーザーが自由に引き出して利用できる。過去フリータンク内のパケットが枯渇したことはなく、相互互助で成り立つサービス
  • ゆずるね
    回線が混雑しやすい平日昼間の通信を避けることで、達成回数に応じて特典がもらえるサービス
  • マイネ王
    mineoユーザー専用のコミュニティサイト。ユーザー同士で利用時に困ったことを質問・回答しあえる。
  • アイデアファーム
    mineoに対してサービス改善や新サービスの提案ができる。上述のフリータンクやゆずるねはアイデアファームから実現したサービス

他社にはないサービスが非常に多く”かゆいところに手が届く”サービスで人気となっています。

【Soldi×mineoキャンペーン】
事務手数料3,300円が無料に!

mineo×soldi事務手数料無料CPの公式サイトはこちら

通信速度で料金が決まる「マイそく」

mineoにはデータ容量によって月額料金が決まる通常の「マイピタ」プランのほかに、通信速度によって月額料金が決まる「マイそく」のプランもあります。

最大の通信速度が制限される代わりに、データ容量は使い放題となる新発想のプランです。

  
mineoの「マイそく」の料金表
プラン名 通信速度 デュアルタイプ
(音声通話SIM)
シングルタイプ
(データ通信のみ)
プレミアム 最大3Mbps 2,200円
スタンダード 最大1.5Mbps 990円
ライト 最大300kbps 660円
スーパーライト 最大32kbps 250円-
(参考:料金表(基本)|格安スマホ・SIM【mineo(マイネオ)】

上記以外にも月曜日~金曜日の12時台は最大32kbpsに制限されます。
自宅ではWiFi環境が整っている方や、外出先では通信速度が必要な動画視聴等はほとんどしないという方には通信費を節約できるお得なプランです。

2022年3月にスタート以降、半年で6万契約を獲得する人気のプランとなっています。
参考:mineoの契約数が「大幅に増加」した理由 “eSIM+低速使い放題”で複数回線のニーズに応える:MVNOに聞く(2/3 ページ) - ITmedia Mobile

詳しく知りたい方はこちらもご確認ください。

【Soldi×mineoキャンペーン】
事務手数料3,300円が無料に!

mineo×soldi事務手数料無料CPの公式サイトはこちら

月額料金は他社よりも高め

mineoの月額料金は他社よりも少し高いのがデメリットです。

主な格安スマホの料金比較表は以下の通りです。

主な格安スマホの音声通話SIMタイプの料金比較表
キャリア1GB5GB10GB20GB
mineo1,298円1,518円1,958円2,178円
UQモバイル
2,277円
2,365円
3,465円
3,278円
ワイモバイル-2,365円4,015円5,115円
楽天モバイル-1,078円-2,178円
OCNモバイルONE(新規受付終了)770円990円1,760円-
IIJmio850円990円1,500円2,000円
NUROモバイル792円990円1,485円2,699円
イオンモバイル858円1,298円1,848円1,958円
HISモバイル550円770円990円(7GB)2,190円

安さを求めるのであれば、他の格安スマホの方がおすすめですが、mineoは独自サービスが充実しています。
”フリータンク”は通信制限にかかりにくくすることができる他社にはないサービスです。

料金自体も非常にシンプルで、またドコモ、au、ソフトバンクの3キャリアに対応していることも大きな特徴です。
現在利用中のキャリアに通信回線を合わせれば基本的にSIMロック解除不要で乗り換えができます。

ユーザー満足度も非常に高い格安SIMであるため、後悔したくない人にはおすすめの格安SIMです。

【Soldi×mineoキャンペーン】
事務手数料3,300円が無料に!

mineo×soldi事務手数料無料CPの公式サイトはこちら

mineoの口コミ

mineoには以下のような口コミが見られました。

月額料金が安いうえに通信速度も安定
総合評価:
5.0

大手キャリアと比べて月額費用は半分以下。普段外でデータ通信を使うことはあまりないのでこれで十分。昼間通信が遅いときがあるが。

40代男性 / 音声通話付きプラン

ユーザー目線のサービスが充実
総合評価:
5.0

ユーザー同士が質問し合えたりパケットを分け合えたりとユーザー目線のサービスが充実していて格安スマホの中で一番良いサービスを提供していると思う

40代男性 / 音声通話付きプラン

良い口コミの多くは月額料金の安さや独自サービスについて魅力的に感じている方が多いようです。

【Soldi×mineoキャンペーン】
事務手数料3,300円が無料に!

mineo×soldi事務手数料無料CPの公式サイトはこちら

一方悪い口コミには以下のような口コミもありました。

通信速度が遅い
総合評価:
2.0

通信速度が遅いことが不満です。また長期割特典も特にないため、そこまで長きにわたって契約してる理由もないように感じてきます。

女性 / 音声通話付きプラン

時間帯によって遅くなることがある
総合評価:
3.0

サービス自体を何不自由なく使えているので本当に良かったのかなと思います。ただ、回線が時間帯によって繋がりにくい部分を改善していただけたらありがたいです。

女性 / 音声通話付きプラン

悪い口コミは少なかったですが、速度に関する不満の声が多いようです。

mineoはみんなのネット回線速度のデータでもわかる通り、とくに昼間の通信速度が遅くなりやすい傾向があります。

通信速度を重視したい方は4~5位で紹介したワイモバイル、UQモバイルなどのサブブランドキャリアがおすすめです。

【Soldi×mineoキャンペーン】
事務手数料3,300円が無料に!

mineo×soldi事務手数料無料CPの公式サイトはこちら

mineoの開催中のキャンペーン

mineoのキャンペーン一覧

マイピタまるっと990円キャンペーン

新規契約または変更後のmineo通信サービスのご利用開始月から最大6カ月の間、デュアルタイプマイピタの月額基本料金を割引。(特典適用期間中に解約、コース変更、タイプ変更された場合は特典適用が終了します。)
1GB:最大308円割引
5GB:最大528円割引
10GB:最大968円割引
20GB:最大1,188円割引
期間:~2024年6月3日(月)

パスケット110円割引キャンぺーン

期間中にパスケットをお申し込みした方のパスケットの月額料金を利用開始月から最大6カ月の間110円割引。
期間:~2024年6月3日(月)

かけ放題初月無料キャンペーン

初月無料キャンペーン実施中!
10分かけ放題または、時間無制限かけ放題に申し込みすると初月無料で利用できます。
期間:~2024年9月30日(月)

契約事務手数料3,300円が無料になるmineoエントリーパッケージ

Amazonで384円のエントリーパッケージ購入で新規申し込み時の3,300円の契約事務手数料が無料になります。ダウンロード版の場合は350円※お試し200MBコースは利用不可
期間:終了日未定

ネットとスマホをまとめて節約! eo × mineo セット割キャンペーン

光回線の「eo光ネット」と格安スマホの「mineo」。 両サービスを契約の上、セット割の申し込みをするとeo光ネットの月額料金が毎月330円割引になります
期間:終了日未定

安心バックアップキャンペーン

キャンペーン期間中に安心バックアップの申込で通常2ヶ月無料のところ、最大6ヶ月間無料になります。
期間:~2024年5月31日(金)

紹介アンバサダー制度

mineoユーザーが「紹介アンバサダー」として、家族や友人にmineoを紹介すると、電子マネーギフトをプレゼントしてもらえます。
・紹介する人・・・紹介された人がシングルもしくはデュアルタイプを新規契約すると紹介件数に応じて、1,500円~3,500円分/件の電子マネーギフトがもらえます。
・紹介される人・・・契約事務手数料無料・契約時に端末を同時購入で電子マネーギフト2,000円分プレゼント
期間:終了日未定

U-NEXT初月無料+ポイントキャンペーン

mineoオプション「U-NEXT」に申し込むと、利用開始からU-NEXTの料金が初月無料で利用できるかつ、mineoの利用料金から毎月110円の割引、さらにU-NEXTポイントが2,000ポイントもらえます。
期間:終了日未定

AWA新規登録キャンペーン

mineoでAWAを申し込むと最大2ヶ月無料+毎月パケットがもらえます。
期間:終了日未定

Hulu 最大12カ月間毎月220円割引キャンペーンの詳細

Huluの月額料金を利用開始月から最大12カ月の間220円引き
さらに、初月無料
期間:終了日未定

雑誌読み放題タブホ新規登録キャンペーン

mineoで雑誌読み放題タブホを申し込むと最大2ヶ月無料+毎月パケットがもらえます。
期間:終了日未定

日経電子版初月無料キャンペーン

日経電子版をmineoから申し込むと下記の特典があります。
特典①月額料金4,277円が初月無料
特典②mineo利用料金から24ヵ月間660円割引
特典③「パケ増し」で毎月パケットがもらえる
期間:終了日未定

ファン∞とく

契約年数に応じてマイネオコインがもらえ、王国アイテムとの交換やマイネおみくじが引けるほか、クーポンと引き換えることでさまざまな特典がもらえます。
割引クーポン一覧
〇プラン変更事務手数料3,300円無料
〇SIMカード再発行手数料2,200円無料
〇10分かけ放題オプション1か月分550円無料
〇パスケットオプション3か月分330円無料
など
期間:終了日未定

5G通信オプション

5G通信オプションは、対応エリアで次世代通信「5G」が利用できます
期間:終了日未定

【Soldi×mineoキャンペーン】
事務手数料3,300円が無料に!

mineo×soldi事務手数料無料CPの公式サイトはこちら

9位:au「povo(ポヴォ)」

(画像引用:【公式】povo2.0|基本料ゼロから始めるau回線のスマホプラン

povo

口コミ満足度

auのオンライン専用ブランド!オプション購入で0円運用も可能

povoのランキング評点のレーダーチャート

月額料金:990円/月(3GB)

ランキング順位
速度 3位
料金 10位
シェア 6位


povo2.0のスペック表
キャッシュバック平均ダウンロード速度eSIMくりこしサービス
バツ。(非対応・使用不可をあらわす記号)マル(対応中・使用可能をあらわす記号)マル(対応中・使用可能をあらわす記号)バツ。(非対応・使用不可をあらわす記号)
5G支払方法かけ放題対応回線数
マル(対応中・使用可能をあらわす記号)バツ。(場合により非対応・一部使用不可をあらわす記号)マル(対応中・使用可能をあらわす記号)ソフトバンク回線

povoがおすすめの人

  • auからの乗り換えの人
  • 基本料金0円で運用したい人
  • 毎月使うデータ容量が変動する人

新規・MNPの方はこちら

povoの公式サイトはこちら

povo「povo 2.0」の料金表
データ容量 音声通話SIM SMS付きデータSIM データ専用SIM
0GB 0円 - -
1GB/7日間 390円 - -
3GB/30日間 990円 - -
20GB/30日間 2,700円 - -
60GB/90日間 6,490円 - -
150GB/180日間 12,980円 - -
無制限/24時間 330円 - -
(参考:料金プラン詳細|基本料ゼロから始めるau回線のスマホプラン【公式】povo2.0

povoの主なメリット

  • トッピングで自分好みの使い方ができる
  • 月額0円から契約できる
  • DAZNなど映像オプションも豊富

povoの主なデメリット

  • 申し込みはすべてオンラインのみ
  • 都度トッピングを購入する手間がある
  • 180日間トッピングの購入がないと利用停止になる

povo口コミ評判

リスの画像
  • 良い口コミ
  • 悪い口コミ
    • 男性のアイコン

      40代男性

      ゼロ円スタートのプランは画期的。ゼロ円とはいえ、ラインやメールが500MGバイトの極小データ通信で問題なく繋がります。

    • 女性のアイコン

      20代女性

      ギガ活やpovo公式からイベントで配布されるプロモコードを利用し、実質年2000円程度の支払いで済むため、コスパが良すぎて非常に満足している。

    • 男性のアイコン

      40代男性

      自分の使い方にあっていて通信料の節約に役立つ。使いたい時にのみ料金がかかる料金体系には良心を感じる。少ない通信量で長期間使用できるプランが使えるようになるともっと良い

    • 女性のアイコン

      40代女性

      けっこうつながりが悪い。データ量も私には合っていないが、選択肢がないのでしょうがない。他の会社に切り替えようと思っているが、どれも同じな気もするし…

    • 女性のアイコン

      30代女性

      店舗がないのが不便なので、分からないことがあっても聞けないし、自分で解決しなければならないので不満。

    • 男性のアイコン

      20代男性

      料金プランの切り替えがしにくい。切り替えしようと思ったが、上手くできずにあきらめた。手軽に誰でもできるように

auを展開するKDDIもドコモ、ソフトバンクに追従する新料金プラン「povo」を開始しました。

povoはahamoやLINEMOとはサービス内容が大きく異なり、基本料金0円(データ容量0GB)でデータ容量を自由に買い切りして”トッピング”する料金体系となっています。

povo2.0のトッピングの種類と料金
種類トッピング料金
コンテンツトッピングDAZN使い放題パック(7日間)
smash使い放題パック(24時間)220円/回
通話トッピング5分以内通話かけ放題550円/月
通話かけ放題1,650円/月

月額当たりは3GBで最安990円ですが、データ容量0GBなら月額0円も可能です。

例えばWiFi接続ばかりで普段データ接続しない場合は、データ容量を付けずに月額0円で契約し続けることもできます。

必要な場合はアプリから簡単にトッピングをすることが可能なため、他の格安SIMなどのプランと比べて自由度が非常に高いです。

ただし買い切り型なので、容量を消化してしまった場合は都度申し込みする手間もあります。

2台目のスマホなど、自由度を持たせたい場合はpovoの利用がおすすめです。

新規・MNPの方はこちら

povoの公式サイトはこちら

ランキングに戻る

povoで実施中のキャンペーン

povoのキャンペーン一覧

ライバースタートアッププログラム第3弾supported by povo

以下の条件を満たした方に、それぞれプレゼント
①ライブ配信プラットフォームで活動中、または今後活動予定、活動検討中の方
②エントリー受付期間中(2024年3月1日~2024年3月28日)に、ご希望のコースを選択の上、エントリーフォームを送信完了すること。
③povo2.0開通集計期間中(2024年3月1日~2024年3月31日)にpovo2.0を紹介し、ご自身のキャンペーンコード経由でのpovo2.0新規開通、またはお乗り換え条件を達成すること。
・配信用スマホコース:開通6件
・配信機材コース :開通4件
・よくばりコース :開通10件(4件達成時点で配信機材、さらに6件達成で配信用スマホを提供)
※配信用スマホコース・よくばりコースにて提供する、配信用スマートフォンには提供上限があります。先着20名に到達した時点で、特典提供を終了します。
※開通とは、SIM有効化手続きが完了した数を指します。SIM有効化は、9時30分~20時まで可能です。申し込みからSIMの有効化が可能になるまでには時間を要する場合があるため、余裕をもってお手続きください。SIMカードでの申し込みの場合、郵送時間が加わります。

※au/UQ mobile/povo1.0/から「povo2.0」への変更も対象です。
④エントリーフォームに登録したメールアドレス宛に届く運営からの開通条件達成の連絡を受領後、SNS投稿集計期間(2024年3月1日~2024年4月8日)にエントリーフォームに入力したX(旧Twitter)アカウントで「条件達成の報告」を投稿

期間:~2024年3月28日

データ追加1GB(7日間)トッピング実質無料キャンペーン!

期間内にpovo2.0へ新規加入(MNPも含む)かつ7日以内に「データ追加1GB(7日間)」トッピングを購入すると「au PAY ギフトカード(コードタイプ)390円相当(不課税)」をプレゼント!
期間:終了未定

他社からお乗り換えで au PAY 残高還元キャンペーン!

他社からの乗り換えでpovo2.0に申し込みし、対象トッピングを購入するとau PAY 残高へ最大10,000円相当(不課税)を還元!
期間:終了日未定

auスマートパスプレミアム入会でギガゲット!キャンペーン

キャンペーン期間中にauスマートパスプレミアムに新規入会で、データ使い放題ボーナス(24時間)のプロモコードがもらえます。
期間:終了日未定

新規・MNPの方はこちら

povoの公式サイトはこちら

10位:イオンモバイル

イオンモバイル

(画像引用:イオンモバイル|イオンの格安スマホ・格安SIM

イオンモバイル

口コミ満足度

イオングループの格安SIM!イオン店舗でも申し込みできる

イオンモバイルのランキング評点のレーダーチャート

月額料金:1,078円/月(3GB)

ランキング順位
速度 11位
料金 13位
シェア 8位


イオンモバイルのスペック表
キャッシュバック平均ダウンロード速度eSIMくりこしサービス
バツ。(場合により非対応・一部使用不可をあらわす記号)バツ。(場合により非対応・一部使用不可をあらわす記号)バツ。(非対応・使用不可をあらわす記号)マル(対応中・使用可能をあらわす記号)
5G支払方法かけ放題対応回線数
マル(対応中・使用可能をあらわす記号)バツ。(場合により非対応・一部使用不可をあらわす記号)マル(対応中・使用可能をあらわす記号)ドコモ回線/au回線/ソフトバンク回線

イオンモバイルがおすすめの人

  • 1GB単位の細かいプランから自分に合ったプランを選びたい人
  • 60歳以上の方
  • 店舗でスタッフに相談しながら申し込みしたい人

【5/31まで】リニューアル!
最大15,000円分のWAONポイントもらえる!

イオンモバイルの公式サイトはこちら

イオンモバイル「さいてきプラン/さいてきプランMORIMORI」の料金表
データ容量 音声通話SIM SMS付きデータSIM データ専用SIM
音声プラン シェアプラン(3人の場合) au docomo docomo
0.5GB 803円 - - - -
1GB 858円 1,628円 528円 682円 528円
2GB 968円 1,738円 748円 902円 748円
3GB 1,078円 1,848円 858円 1,012円 858円
4GB 1,188円 1,958円 968円 1,122円 968円
5GB 1,298円 2,068円 1,078円 1,232円 1,078円
6GB 1,408円 2,178円 1,188円 1,342円 1,188円
7GB 1,518円 2,288円 1,298円 1,452円 1,298円
8GB 1,628円 2,398円 1,408円 1,562円 1,408円
9GB 1,738円 2,508円 1,518円 1,672円 1,518円
10GB 1,848円 2,618円 1,628円 1,782円 1,628円
20GB 1,958円 2,728円 1,738円 1,892円 1,738円
30GB 2,508円 3,278円 2,838円 2,992円 2,838円
40GB 3,058円 3,828円 3,938円 4,092円 3,938円
50GB 3,608円 4,378円 5,038円 5,192円 5,038円
(参考:料金プラン|イオンの格安スマホ・格安SIM【イオンモバイル】

イオンモバイル「やさしいプラン」の料金表
データ容量 音声通話SIM SMS付きデータSIM データ専用SIM
音声プラン シェアプラン au docomo docomo
0.2GB 748円 - - - -
3GB 858円 1,188円 638円 792円 638円
6GB 1,188円 1,518円 968円 1,122円 968円
8GB 1,408円 1,738円 1,188円 1,342円 1,188円
(参考:やさしいプラン(60歳以上のお客さま)|イオンの格安スマホ・格安SIM【イオンモバイル】

イオンモバイルの主なメリット

  • プランが1GB単位で細かく設定されて選びやすい
  • 60歳以上の方がお得な「やさしいプラン」がある
  • イオンモール店舗でも申し込み可能

イオンモバイルの主なデメリット

  • 通信速度の評価が低い
  • カスタマーサポートへの問い合わせがメールのみ

イオンモバイル口コミ評判

リスの画像
  • 良い口コミ
  • 悪い口コミ
    • 男性のアイコン

      50代男性

      安くて満足している。オンラインでもいいが実店舗もありわからないところは聞けに行ける。WAONとの併用も出来る。

    • 男性のアイコン

      10代男性

      4年間使ってきて感じたことは料金が安く、翌月にもくりこしができてとても便利であるということです。また、料金プランが豊富なため購入しやすい

    • 女性のアイコン

      60代女性

      店舗で丁寧に説明してもらえるので助かります。ネットでも変更が出来るのを忘れて相談に行った時も、お店でやってもらいました。

    • 女性のアイコン

      40代女性

      不明点などもう少し親身になって対応してほしい。昼や夕方など混み合うせいか、通信状況が悪くなることがあるので、その点を改善してほしいと思います。

    • 女性のアイコン

      60代女性

      店頭に担当者がいない事がほとんどで携帯電話を買うことが出来ないので困っています。別のお店なら常駐しているからそちらに行くよう言われる

    • 男性のアイコン

      60代男性

      まあ、こんなものだろう程度。携帯会社全体の料金が高すぎる。何も使わなくても数千円かかるのが不当だと思う。

【5/31まで】リニューアル!
最大15,000円分のWAONポイントもらえる!

イオンモバイルの公式サイトはこちら

ランキングに戻る

イオングループの格安SIMで料金も安い

イオンモバイルはその名の通り、イオングループが運営している格安スマホです。

イオンモバイルは料金プランやオプションの選択肢が多く、自分に合ったプランを選びやすいのが特徴です。
料金プランは1GB単位で選ぶことができ、無駄が発生しにくいです。

またイオンモバイルは60歳以上限定の「やさしいプラン」があります。
料金が通常よりも安く、10分かけ放題オプションは「イオンスマホ電話サポート」もついて月額935円で利用できます。
設定等難しく感じる場合はイオンスマホ電話サポートを利用すれば、くわしく尋ねることができます。
60歳以上の方には非常に利用しやすいサービスとなっています。

スマホに不慣れな60歳以上の方は店舗で申し込めるうえに料金も安いので、イオンモバイルは60歳以上の方におすすめです。

また全国のイオン店で申し込みができるため、プランに迷ったときは専門スタッフに直接相談しながら申し込むことも可能です。

通信速度の評判は低め

イオンモバイルは速度の評判があまり高くありません。

みんなのネット回線速度のデータによると、格安SIM全社の下り平均速度は56.9Mbpsですが、イオンモバイルは39.69Mbpsと平均を下回ってしまいます。
au回線・ドコモ回線問わず、40Mbps弱の数値となっているため、ネットサーフィンを頻繁にするという方には少しストレスを感じる機会が多いかもしれません。

通信速度についてはワイモバイルやUQモバイルの評判が良いので、通信速度が速い格安SIMがいいという方にはイオンモバイルはおすすめできません。

【5/31まで】リニューアル!
最大15,000円分のWAONポイントもらえる!

イオンモバイルの公式サイトはこちら

イオンモバイルの評判やメリット・メリットは下記ページでもくわしく解説しているので参考にしてください。

イオンモバイルで実施中のキャンペーン

イオンモバイルのキャンペーン一覧

リニューアルキャンペーン

特典①:期間中、他社からお乗換え(MNP)での音声通話SIMカードのご契約と同時に、下記の当社指定のスマートフォンをご購入の場合、電子マネーWAON:5,000ポイントまたは15,000ポイントを進呈します。
特典②:他社からお乗換え(MNP)にて音声SIMカードをご契約で、毎月のご利用料金のお支払いクレジットカードにイオンマークの付いたカードをご登録の場合、電子マネーWAON:2,000ポイントを進呈します。
2024年4月1日(月)~2024年5月31日(金)の期間中、「Renewal Campaign」特典として、イオンカードキャンペーンの電子マネーWAONポイント特典を4,000ポイント増額し、合計6,000ポイントを進呈します。
期間:~2024年5月31日

春さきどり~3月20日(水)~5月31日(金):AQUOS wish 2[docomo版]【中古(未使用品)】がオトク

期間中、60歳以上の方限定で、イオンモバイルへのお乗換え(MNP)での契約と同時に 「AQUOS wish 2[docomo版]【中古(未使用品)】」 を購入すると、電子マネーWAONを15,000ポイントを進呈します。
期間:~2024年5月31日

60歳以上の方限定!乗り換えがお得

他社からの乗換え(MNP)での契約と同時に、AQUOS wish3を購入すると15,000電子マネーWAONポイントを進呈。
期間:~2024年5月31日

イオンスマホ→イオンモバイル店舗限定乗り換えキャンペーン

イオン店舗にてイオンスマホからイオンモバイルに乗り換えするとSIMカード代金が1円&3,000WAONポイントをプレゼント!
期間:終了日未定

エントリーパッケージ契約特典

エントリーパッケージで音声プランもしくはシェアプランに申し込みをすると最大で2,000WAONポイントがもらえます。
期間:終了未定

イオンモバイル紹介トク

イオンモバイル紹介(音声プラン、シェア音声プラン)で1契約につき紹介した人に3,000WAONポイント、紹介された人に1,000WAONポイントをプレゼント。
さらに紹介した人、された人に1GBクーポンを進呈。
期間:終了日未定

【5/31まで】リニューアル!
最大15,000円分のWAONポイントもらえる!

イオンモバイルの公式サイトはこちら

ランキングに戻る

選び方ポイント別のおすすめ格安スマホ

ここまで格安SIMのおすすめランキングを紹介しました。
ここからは速度や料金など、各項目別に最もおすすめの格安SIMを紹介します。

「一番早い格安SIMがいい」「ソフトバンク回線で一番いい格安スマホは?」など重視したいポイントが決まっている方は参考にしてください。

選び方のポイント別おすすめ格安SIM

【速度重視】通信速度が速いおすすめ格安SIM

通信速度を重視する方は、UQモバイルが最もおすすめです。

UQモバイル

画像引用:【公式】UQ mobile オンラインショップ

一般的な格安SIMは昼の12時台に速度が遅くなる傾向があります。
これはMVNOの仕組み上、ドコモ・au・ソフトバンクなどのキャリアの回線を間借りしているため、混雑する時間帯には速度制限がかかってしまうからです。

対してUQモバイルはauと同じKDDIが運営しているため、他の格安SIMに比べて、通信領域の割り当てが多く、多少混雑しても快適に通信しやすいです。

格安SIMはお昼休みの時間帯が一番遅くなりやすいですが、UQモバイルは速い速度で安定しているため、ストレスを感じにくいです。

2024年4月時点のみんなのネット回線速度の格安SIM通信速度ランキングではUQモバイルが通信速度で1位となっていました。

(画像引用:格安SIMの通信速度ランキング | 一番速度が速いおすすめの格安SIMを紹介します! | みんなのネット回線速度(みんそく)


遅い格安SIMだと、なかなかネットに接続できず、「使い物にならない」と嘆く声もあります。

新料金プランも開始され、料金も安くなるので、速度と料金のバランスが優れた格安スマホとしてUQモバイルがおすすめです。

UQモバイル オンラインアドバイザーの公式サイトはこちら

選び方別おすすめ格安SIMに戻る

【最安】一番安い格安スマホ

データ容量は低容量でも、「とにかく安い格安SIMがいい」という方は、日本通話SIMがおすすめです。

日本通話SIMの合理的シンプル290プラン

画像引用:日本通信SIM 合理的なスマホ料金誕生【公式】

日本通話SIMの合理的シンプル290プランは音声通話SIMで最安1GB290円で利用できます。

通話料金も11円/30秒と、専用アプリ不要で通常の半額水準の通話料となっています。

1GBで足りなくなったという月でも1GBあたり220円を支払えば、データ容量を追加することができます。
電話メインでとにかく安い格安SIMが良いという方は日本通信SIMがおすすめです。

日本通信SIMの「合理的プラン」の料金表
データ容量 音声通話SIM SMS付きデータSIM データ専用SIM
1GB 290円 - -
10GB 1,390円 - -
30GB 2,178円 - -
(参考:料金・プラン|日本通信SIM

日本通信SIMの公式サイトはこちら

選び方別おすすめ格安SIMに戻る

通信回線別のおすすめ格安スマホ

MNP手続きが面倒な方は、端末を購入したキャリアの回線と格安SIMの通信回線を合わせればSIMロック解除が不要となります。

格安SIMによって対応回線が異なるため、ドコモ回線、au回線、ソフトバンク回線それぞれで下記の通りおすすめの格安SIMが異なります。

通信回線別のおすすめ格安SIM

それぞれの特徴について紹介します。

ドコモ回線でおすすめの格安SIM:NUROモバイル

NUROモバイルはドコモ回線で使いたい方におすすめの格安SIMです。

NUROモバイル

(画像引用:【公式】格安SIM・スマホのNUROモバイル

nuroモバイルの料金プラン
プラン名 データ容量 音声通話SIM SMS付きデータSIM※ データ専用SIM
お試しプラン 0.2GB - 495円 330円
VSプラン 3GB 792円 792円 627円
VMプラン 5GB 990円 990円 825円
VLプラン 10GB 1,485円 1,485円 1,320円
VLLプラン 15GB 1,790円 1,790円 1,625円
NEOプラン 20GB 2,699円 - -
NEOプランW 40GB 3,980円 - -
5分かけ放題プラン 1GB 930円 - -
10分かけ放題プラン 1GB 1,320円 - -
かけ放題プラン 1GB 1,870円 - -

※かけ放題プランはau、ドコモ回線のみ
(参考:料金プラン|格安SIM・スマホのNUROモバイル

NUROモバイルはドコモ回線・au回線・ソフトバンク回線の3回線に対応していますが、3回線の中でもドコモ回線の通信速度の評判が良く、ドコモ回線でお探しの方におすすめです。

みんなのネット回線速度のデータでは、ドコモ回線対応の格安SIMの中でも最もドコモ回線の通信速度が速くなっています。

ドコモ回線対応の主な格安SIMの回線別通信速度比較表
テーブルヘッダードコモ回線au回線ソフトバンク回線
NUROモバイル60.75Mbps32.99Mbps33.71Mbps
OCNモバイルONE48.88Mbs--
イオンモバイル37.43Mbps37.53Mbps-
mineo36.81Mbps44.44Mbps48.82Mbps
IIJmio32.71Mbps51.12Mbps-
HISモバイル24.29Mbps--
(参考:格安SIMの通信速度ランキング | 一番速度が速いおすすめの格安SIMを紹介します! | みんなのネット回線速度(みんそく)

NUROモバイルはau回線・ソフトバンク回線だと他キャリアに比べて通信速度が遅くなる傾向がありますが、ドコモ回線の通信速度は評判が良いです。
NTTグループのOCNモバイルONEよりも通信速度が速いという結果が出ています。

月額料金においても3GBで700円台とHISモバイルに次いで安いため、ドコモ回線においては通信速度・料金においてもメリットが大きな格安SIMです。

NUROモバイルの評判については次の記事で解説しているので参考にしてください。

乗り換え(MNP)で
最大16,000円キャッシュバック

NUROモバイルの公式サイトはこちら

選び方別おすすめ格安SIMに戻る

ソフトバンク回線でおすすめの格安SIM:LINEMO

ソフトバンク回線でお探しの方はLINEMOがおすすめです。

LINEMO

(画像引用:【公式】LINEMO - ラインモ|月990円(税込)から使える高速通信|ソフトバンクのオンライン専用ブランド

LINEMOの料金表
データ容量 音声通話SIM SMS付きデータSIM データ専用SIM
3GB(ミニプラン) 990円 - -
20GB(スマホプラン) 2,728円 - -
(参考:【公式】LINEMO|ミニプランが最大半年間基本料実質無料|格安SIM/格安スマホ

LINEMOは当サイトおすすめランキングでも1位となっている格安SIMです。

厳密には格安SIMではなく、大手キャリアのオンライン専用ブランドという位置づけですが、通信速度は他社の格安SIMとは大きな差があります。


主なソフトバンク回線対応のプランの通信速度比較
キャリア名ソフトバンク回線の通信速度
ソフトバンク91.77Mbps
LINEMO79.24Mbps
ワイモバイル73.38Mbps
mineo48.82Mbps
NUROモバイル33.71Mbps
(参考:格安SIMの通信速度ランキング | 一番速度が速いおすすめの格安SIMを紹介します! | みんなのネット回線速度(みんそく)

みんなのネット回線速度のデータの通り、ソフトバンク回線対応のプランの中では、LINEMOはソフトバンクに次いで通信速度が速いです。
NUROモバイルなどと比べると2倍近い差があり、普段のネットサーフィン・動画視聴などでイライラしないで楽しむことができます。

さらにLINEMOの月額料金は3GB990円と1,000円を切ります。
ワイモバイルの場合は3GBの基本料金が2,000円を超え、家族割やおうち割などを適用しないと1,000円未満にはなりません。

LINEMOは基本料金が安く、そのうえ通信速度も速いため、ソフトバンク回線でお探しの方はLINEMOがおすすめです。

LINEMOの公式サイトはこちら

選び方別おすすめ格安SIMに戻る

au回線でおすすめの格安SIM

au回線でお探しの場合は、IIJmioがおすすめです。

(画像引用:格安SIM/格安スマホ・インターネットサービスのIIJmio

IIJmio「ギガプラン」の料金表
データ容量 音声通話SIM・eSIM SMS付きデータSIM データ専用SIM データeSIM
au・docomo au・docomo docomo docomo
2GB 850円 820円 740円 440円
5GB 990円 970円 900円 660円
10GB 1,500円 1,470円 1,400円 1,100円
15GB 1,800円 1,780円 1,730円 1,430円
20GB 2,000円 1,980円 1,950円 1,650円
30GB 2,700円 2,680円 2,640円 2,340円
40GB 3,300円 3,280円 3,240円 2,940円
50GB 3,900円 3,880円 3,840円 3,540円
(参考:料金表 | 格安SIM/格安スマホのIIJmio

IIJmioはこのページで紹介しているオススメ格安SIMランキングで2位に位置する格安SIMです。au回線に対応したSIMでは最上位となっています。

au回線対応の主な格安SIMの回線別通信速度比較表
キャリア名au回線の通信速度
UQモバイル75.87Mbps
IIJmio51.12Mbps
mineo44.44Mbps
イオンモバイル37.53Mbps
NUROモバイル32.99Mbps
(参考:格安SIMの通信速度ランキング | 一番速度が速いおすすめの格安SIMを紹介します! | みんなのネット回線速度(みんそく)

auのサブブランドであるUQモバイルと比べるとIIJmioの通信速度は劣りますが、その他のau回線の格安SIMでは一番早い通信速度となっています。
またUQモバイルとIIJmioを比較すると、IIJmioの方が月額料金が安いです。

IIJmioとUQモバイルの基本料金比較
テーブルヘッダーIIJmioUQモバイル
5GB以下990円(5GB)2,365円(4GB)
15GB以下1,800円(15GB)3,465円(15GB)
20GB以下2,000円(20GB)3,278円(20GB)

UQモバイルは光回線とのセット割が大きいですが、基本料金ではIIJmioの方が安い料金で利用できます。

IIJmioは通信速度と月額料金のバランスが良くとれたキャリアとなっているため、au回線で利用したい人にはおすすめです。

データ容量別のおすすめ格安SIM

MVNOによってデータ容量のプランや料金が異なるため、データ容量によっておすすめの格安SIMが異なります。

MMD研究所の調査によると、約8割が1GB~7GB以下のプランで、大手キャリアと比較して格安SIMの低容量帯のプランが選ばれています。

2020年11月通信サービスの料金と容量に関する実態調査

(画像引用:2020年11月通信サービスの料金と容量に関する実態調査

中でも3GBのプランが最も契約者が多いです。
利用実態として3GB程度のほうが多いため、プランに迷った場合は月間3GBのプランを選ぶようにしましょう。

各容量別の最もおすすめの格安SIMは下記の通りです。

容量別おすすめ格安SIM

それぞれくわしく解説します。

1GBでおすすめの格安SIM:日本通信SIM

毎月使うデータ容量が1GBに満たない場合、日本通信SIMなら携帯電話料金が月額290円で済みます。(通話料金等を除く)

日本通話SIMの合理的シンプル290プラン

画像引用:日本通信SIM 合理的なスマホ料金誕生【公式】

日本通信SIMのシンプル290プランは、データ容量1GBで月額290円です。
さらに通話料は11円/30秒と一般的な格安SIMと比べて半額の料金で通話できます。
1GBを超えてしまった場合でも、220円で1GBを追加できるため、容量を多く使用してしまった月でも安い料金で利用できます。

日本通信SIMの料金プラン
1GB
月額料金290円
1GB追加220円/1GB
通話料金11円/30秒
通話オプション通話かけ放題オプション:+1,600円
70分無料通話:₊700円

日本通信SIMの公式サイトはこちら

1GBのおすすめ格安SIMについては下記ページでもくわしく紹介しているので参考にして下さい。

選び方別おすすめ格安SIMに戻る

3GBでおすすめの格安SIM:LINEMO

月間3GBの容量帯でおすすめの格安SIMはLINEMOです。

LINEMO

(画像引用:【公式】LINEMO - ラインモ|月990円(税込)から使える高速通信|ソフトバンクのオンライン専用ブランド

LINEMOは通信速度と月額料金の安さのバランスが非常に高く、安い料金で安定した通信が可能です。

月額料金では最安ではありませんが、その分通信速度は非常に速いため、毎日の使い勝手を考えた時に3GBプランを用意している格安SIMの中では一番おすすめです。


主な格安SIMの3GB音声通話SIMの月額料金と通信速度
キャリア名月額料金通信速度実測値
LINEMO990円79.24Mbps
povo990円(30日間)70.44Mbps
HISモバイル770円24.29Mbps
NUROモバイル792円53.53Mbps
LinksMate902円39.99Mbps
LIBMO990円40.82Mbps
OCNモバイルONE990円48.88Mbps

ご覧の通り、月額料金ではHISモバイルやNUROモバイルは700円台で利用でき、LINEMOよりも200円以上も安く利用できるキャリアがあります。
ただし、HISモバイルやNUROモバイルは通信速度が決して速くはなく、LINEMOが最も速いです。

安くても通信速度が遅いと契約後の満足度が低くなってしまうため、通信速度と月額料金でともに優れたLINEMOがおすすめです。

選び方別おすすめ格安SIMに戻る

5GB~6GBでおすすめの格安SIM:IIJmio

5~6GBのデータ容量で最もおすすめの格安SIMはIIJmioです。

(画像引用:格安SIM/格安スマホ・インターネットサービスのIIJmio

IIJmioは2023年4月に4GBのサービスを改定し、料金据え置きの月額990円で5GBまで使えるようになりました。

5GB使える格安SIMでは最安値レベルの格安SIMとなっています。


5~6GB対応の主な格安SIMの月額料金比較表
キャリア名5GB6GB
IIJmio990円-
NUROモバイル990円-
OCNモバイルONE-1,320円
LinksMate1,210円1,342円
イオンモバイル1,298円1,408円
mineo1,518円-

IIJmioとNUROモバイルが同額となっていますが、IIJmioは通話が多い人におすすめです。

IIJmioの通話料は専用アプリ不要で相場の半額の11円/30秒で利用できます。
NUROモバイルも「NUROモバイルでんわ」を使えば半額で通話できますが、専用アプリを立ち上げる必要があり、ひと手間かかってしまいます。

一方でNUROモバイルの5GBプランは「Gigaプラス」というサービスを利用でき、無料で3か月置きに3GBをもらうことができます。
3か月間に分けて利用することもできるため、実質6GB/月の通信容量を月額990円で利用できます。

通話頻度が高い人にはIIJmio、毎月のデータ容量が変動しやすい人にはNUROモバイルがおすすめです。 

IIJmioの公式サイトはこちら

NUROモバイルの公式サイトはこちら

その他の5~6GBのおすすめ格安SIMについては下記ページでもくわしく紹介しているので参考にして下さい。

選び方別おすすめ格安SIMに戻る

10GBでおすすめの格安SIM:NUROモバイル

10GBの容量ではNUROモバイルがおすすめです。

NUROモバイル

(画像引用:【公式】格安SIM・スマホのNUROモバイル

NUROモバイルの10GBプランは業界最安値水準です。主な10GB音声通話SIMの月額料金は以下の通りとなっています。

10GB対応の主な格安SIMの月額料金比較表
キャリア名10GB音声通話SIMの月額料金
NUROモバイル1,485円
IIJmio1,500円
OCNモバイルONE1,760円
イオンモバイル1,848円
LinksMate1,870円
mineo1,958円

さらにNUROモバイルの10GBプラン(VLプラン)では、3か月ごとに6GBがプレゼントされる「Gigaプラス」の無料サービスを利用できます。
6GBは翌々月まで繰り越しができるため、ひと月あたり2GBに分けて消費していけば、毎月12GBの通信容量で利用できるようになります。

基本料金が安いうえに、データ容量も無料で増量できるため、通信速度制限で毎月末にストレスを感じたくない、という人にはNUROモバイルがおすすめです。

NUROモバイルの公式サイトはこちら

その他の10GBのおすすめ格安SIMについては下記ページでもくわしく紹介しているので参考にして下さい。

選び方別おすすめ格安SIMに戻る

大容量・無制限でおすすめの格安SIM

20GBの大容量でお探しの場合は、楽天モバイルの「Rakuten 最強プラン」がおすすめです。

画像引用:楽天モバイル

20GBの大容量で月額2,178円で利用できます。
ドコモのahamoが2,970円、ソフトバンクのLINEMO、auのpovoが月額2,728円であるのに比べ、お得な料金で20GBの大容量を利用できます。

さらに楽天モバイルは専用アプリを使った発信は通話無料となるため、通話が多い人にもおすすめです。

各社の20GB料金プランと比較した表が下記の通りです。

日本通信SIMと大手キャリアの新料金プラン比較表
Rakuten 最強プラン自由自在290プランahamoLINEMOpovo
運営元楽天モバイルHISモバイルドコモソフトバンクau
月額料金(機種代金別途)2,178円2,190円2,970円2,728円2,728円
データ容量20GB20GB20GB20GB20GB
無料通話専用アプリで無料5分かけ放題5分以内かけ放題--
無料通話超過後の通話料金-9円/30秒22円/30秒22円/30秒22円/30秒
データ追加料従量課金200円/1GB550円/1GB550円/1GB550円/1GB

楽天モバイルは一番安い月額料金となっています。
さらに通話料が専用アプリで基本無料なのは楽天モバイルだけです。

とくにスマホのテザリング機能を使ってノートパソコンをネット接続させたり、外出先で動画を多く視聴したりする方には20GBプランは便利な容量です。

他社からの乗り換えで
最大12,000円キャッシュバック

楽天モバイルの公式サイトはこちら

20GBの大容量でおすすめの格安SIMは下記のページでも詳しく解説しているので、参考にしてください。

選び方別おすすめ格安SIMに戻る

データ無制限でおすすめの格安SIM

データ容量を気にせず使える無制限プランでお探しの場合は楽天モバイルのRakuten 最強プランがおすすめです。

画像引用:楽天モバイル

楽天モバイル「Rakuten 最強プラン」の料金表
データ容量 音声通話SIM SMS付きデータSIM データ専用SIM
3GB 1,078円 - 1,078円
20GB 2,178円 - 2,178円
無制限 3,278円 - 3,278円
(参考:Rakuten最強プラン(料金プラン) | 楽天モバイル

一般的な格安SIMの無制限プランはデータ容量が無制限な代わりに、通信速度が遅い場合が多いです。
しかしその点で楽天モバイルは、楽天基地局を使って通信するため、高速通信が可能です。

月額料金は20GB以上で3,278円と安いため、無制限プランとして楽天モバイルがおすすめです。

ただしデメリットとして「つながりにくいという口コミが多い」ことがあります。
楽天モバイルはプラチナバンドに対応していないため、建物や地下など一部エリア内でもつながりにくくなる場所があります。

一方で楽天モバイルは6月1日からパートナー回線エリアの上限5GB/月の容量制限を撤廃しました。
より全国でデータ容量を気にせず無制限で利用できるようになっています。

無制限プランを提供している格安SIMは少ないです。
PCをテザリングでネット接続するなど、通信容量が大きくなりやすい人は楽天モバイルがおすすめです。

他社からの乗り換えで
最大12,000円キャッシュバック

楽天モバイルの公式サイトはこちら

データ無制限のおすすめ格安SIMについては下記ページでもくわしく紹介しているので参考にして下さい。

選び方別おすすめ格安SIMに戻る

iPhoneで利用するときのおすすめ格安SIM

格安SIMをiPhoneで利用したい場合、UQモバイルがおすすめです。

UQモバイル

画像引用:【公式】UQ mobile オンラインショップ

UQモバイルはiPhoneで格安SIMを利用する際でも安心して利用することができます。

基本的にiPhoneはSIMロックを解除すればどこの格安SIMでも利用できます。
しかし、使用したい端末の動作確認の結果を見ながら、乗り換え先を検討するのがおすすめです。
一部の格安SIMでは、特定のキャリアで購入したiPhone端末の動作確認がとれていなかったり、検証の結果正しく動作しなかった端末があったりします。
例えばmineoでは動作不可端末の一覧も公開していますが、au回線ではiPhone8やiPhoneXシリーズは通信ができないことが分かっています。

一方でUQモバイルはiPhoneシリーズの動作確認結果がほとんど正常に動作することが分かっており、安心してiPhoneでも利用することができます。
動作確認端末一覧│格安スマホ/SIMはUQ mobile(モバイル)

UQモバイルは先述の通り、通信速度の安定性が抜群に高いうえ、新料金プランに移行後は月額料金が安くお得に利用できます。

UQモバイルはiPhoneシリーズの動作確認が一通り取れているうえに、料金も安いため、iPhoneで使う場合の格安SIMとしておすすめです。

【UQモバイル】キャッシュバックの公式サイトはこちら

iPhone向けのおすすめ格安SIMについては下記ページでもくわしく紹介しているので参考にして下さい。

選び方別おすすめ格安SIMに戻る

スマホセットで購入するときのおすすめの格安SIM

スマホ端末とSIMカードをセットで購入・契約する場合はワイモバイルがおすすめです。

画像引用:オンラインストア|Y!mobile - 格安SIM・スマホはワイモバイルで

ワイモバイルは、IIJmioや大手キャリアに比べると取り扱い機種の種類が少ないものの、キャンペーンを利用すれば一括1円で購入できるほど、お得な格安SIMです。

通信速度も格安SIMの中では1、2位を争うほど快適で、つながりやすさも群を抜いています。

スマホ本体を安く購入できるかつ、使い続けていて不満が少ない格安SIMといえるため、デメリットが少ない点が特徴です。

格安SIMに乗り換えと同時にスマホも新しくしたい方は、ワイモバイルの取り扱い端末を覗いてみてください。

スマホが2万円以上安くなる!
オンラインセール実施中

ワイモバイルの公式サイトはこちら

ワイモバイルの評判については下記ページでもくわしく紹介しているので参考にして下さい。

選び方別おすすめ格安SIMに戻る

口座振替ができるおすすめの格安SIM

格安SIMの料金支払いは基本的にクレジットカード支払いが一般的です。
ですが、一部口座振替などにも対応した格安SIMもあります。
クレジットカードをお持ちでない方などは、口座振替での支払いに対応した格安SIMを選びましょう。

口座振替で支払いできる格安SIMの中では、UQモバイルが一番おすすめです。

UQモバイル

画像引用:【公式】UQ mobile オンラインショップ

UQモバイルは口座振替での支払い時でも、振替手数料がかかりません。
先述の通り、UQモバイルの月額料金も安く、速度の品質も高いため、口座振替での支払いを希望の方はUQモバイルがおすすめです。

ただし、UQモバイルで口座振替を利用できる金融機関には限りがあります。
対応している主な金融機関は以下の通りです。

UQモバイルの口座振替に対応した金融機関の一例

あおぞら銀行、イオン銀行、ジャパンネット銀行、じぶん銀行、セブン銀行、住信SBIネット銀行、ソニー銀行、東京スター銀行、みずほ銀行、三井住友銀行、ゆうちょ銀行、楽天銀行、りそな銀行、三菱UFJ銀行

    下記ページにUQモバイルで口座振替できる金融機関の一覧が掲載されています。事前にチェックして、ご自身が利用している銀行・支店・信用金庫・信用組合・労働金庫・農協・漁協が含まれているかどうか確認してください。

    UQモバイルで口座振替に対応した金融機関の一覧

    【UQモバイル】キャッシュバックの公式サイトはこちら

    口座振替に対応した格安SIMについて、下記ページでもくわしく解説しているので参考にしてください。

    選び方別おすすめ格安SIMに戻る

    高齢者におすすめの格安SIM

    60歳以上の高齢者が使う格安SIMにはイオンモバイルがおすすめです。

    イオンモバイル

    画像引用:イオンモバイル|イオンの格安スマホ・格安SIM

    イオンモバイルは60歳以上の方限定で、月額料金が通常よりも最大220円も安い「やさしいプランmini/S/M/L」を契約できます。

    イオンモバイル「やさしいプラン」の料金表
    データ容量 音声通話SIM SMS付きデータSIM データ専用SIM
    音声プラン シェアプラン au docomo docomo
    0.2GB 748円 - - - -
    3GB 858円 1,188円 638円 792円 638円
    6GB 1,188円 1,518円 968円 1,122円 968円
    8GB 1,408円 1,738円 1,188円 1,342円 1,188円
    (参考:やさしいプラン(60歳以上のお客さま)|イオンの格安スマホ・格安SIM【イオンモバイル】

    多くの格安SIMはウェブ受付が中心で、スタッフに相談しながら申し込みできる店舗が少ないです。
    一方で、イオンモバイルは全国のイオンモール等、イオンショップで申し込みできるため、実際にスタッフと相談しながら契約できる店舗がたくさんあります。
    高齢者の方ほど、格安SIMの契約について不安が大きいと思われますが、直接スタッフに不明点などを尋ねることができるのが大きなメリットです。

    イオンモバイルは、初めてスマホを持つ方向けの「AQUOS wish3」の取り扱いがあります。

    初めてのスマホ契約で、不安を感じている高齢者の方は、イオンモバイルで「やさしいスマホ」を「やさしいプラン」で契約するのがおすすめです。

    【5/31まで】リニューアル!
    最大15,000円分のWAONポイントもらえる!

    イオンモバイルの公式サイトはこちら

    イオンモバイルの評判について、下記ページでもくわしく解説しているので参考にしてください。

    選び方別おすすめ格安SIMに戻る

    小中学生におすすめの格安SIM

    小学生の子供に持たせる初めてのスマホには、トーンモバイルがおすすめです。

    TONEモバイル

    トーンモバイルは月額308円(税込)で利用できる「TONEファミリー」オプションがあり、見守り機能が充実しているため、子供だけでなく年配の方にも使いやすい格安SIMです。

    TONEファミリーがサポートする主な見守り機能は以下の通りです。

    トーンモバイル「TONEファミリー」の主な見守り機能

    • 利用時間・アプリ利用制限機能
      スマホ自体や特定アプリなど5分単位で利用禁止時間を設定できます。また、複数のアプリをグループにして一括で利用制限や利用時間制限の設定ができ、ゲームなどカテゴリーごとに管理することも可能なため、夜間や学校の時間など、子供のスマホの使い過ぎを防止することができます。
      通話機能は制限しないため、子供の安全を守りながら、スマホ依存を防止できます。
    • GPS見守り機能
      GPSを使い、子供の居場所確認ができます。乗り物への乗車通知に加え、特定の場所を設定することで子供が目的に到着した際に通知する「ジオフェンス」機能や子供のリアルタイムの位置がわかる「追尾モード」など、子供の行動状況をスマホで確認できます。予定とは異なる行動を子供が取っていた際に、すぐに異変を察知できるため、子供の安全を確認することができます。
    • 自画撮り被害防止
      AIが裸などの不適切な写真の撮影を自動でブロックし、保護者に通知を送信させることができます。子供の性被害を防ぐことができます。
    • 遠隔操作設定
      保護者のスマホ端末から遠隔で見守り設定を変更することができます。iPhoneでもAndroidでも設定変更が可能です。
    • 歩きスマホ防止機能
      AIが歩きスマホを検知すると止まるまで操作できないようになります。

    ※一部の機能は特定のプランでのみ利用可能です。詳細は公式サイトを確認ください。

    ご覧の通り、子供の安心安全を守る機能が充実しています。

    トーンモバイルは月額基本料金1,100円のワンプランでわかりやすい料金形態をとっています。
    動画以外のサービスは基本データ無制限で利用でき、動画視聴は月1GBまでの制限があります。
    追加で動画視聴のデータ容量が欲しい場合は、1GB330円のチケットを購入する仕組みとなっており、お子さんの年齢に応じて容量を増やすこともできます。

    トーンモバイルはオンラインショップから契約することが出来ますが、ドコモショップでも申し込みができるようになっているので、苦手な方でもスタッフに尋ねながら契約することができます。

    子供向けの初めてのスマホとしてトーンモバイルがおすすめです。

    見守り機能充実!
    子どもにおすすめ

    TONEの公式サイトはこちら

    子供におすすめの格安SIMについては下記ページでもくわしく紹介しているので、参考にしてください。

    選び方別おすすめ格安SIMに戻る

    iPad・ノートパソコンで使うときにおすすめの格安SIM

    iPadやノートパソコンにSIMカードを挿入して、Wi-Fi環境のない外出先でもネット接続できるようにしたい場合、お使いの携帯電話と併せてIIJmioへ乗り換えるのがおすすめです。

    画像引用:格安SIM/格安スマホ・インターネットサービスのIIJmio

    IIJmioは複数枚のSIMカードを契約してデータ容量を分け合える「データ容量シェア」があります。

    データ容量シェアは、同一mioID内で契約する回線のデータ容量をシェアできるサービスです。
    例えば、夫婦でそれぞれ10GB、2GBの音声通話SIMを契約している場合、二人で計12GBのデータ容量をシェアできるサービスです。
    仮に2GBの契約をしている方がデータ容量を超過してしまっても、10GBの契約の方が通信容量を抑えることで速度制限にかからずにデータ通信を利用できます。

    また音声通話SIM・データ専用SIM・eSIMなど、SIMタイプが異なるものでも利用できるうえ、回線タイプ(ドコモ回線・au回線)が異なっていても利用できます。
    さらにグループは複数作成できるため、様々なシェアグループを作ることができます。

    SIMを複数枚契約し、iPadやノートパソコンにデータ通信専用SIMを挿して通信機能を持たせ、親回線とシェア機能を使うこともできます。

    利用は無料のため、iPadなどで利用したい人にはおすすめです。

    【6/3まで】お得なキャンペーン実施中!
    月額料金440円割引

    IIJmioの公式サイトはこちら

    IIJmio以外でiPadなどにおすすめの格安SIMについては下記ページでもくわしく紹介しているので、参考にしてください。

    選び方別おすすめ格安SIMに戻る

    格安SIMの料金・速度比較表

    格安SIMには規模の大きなMVNOから小さなMVNOまで、非常に多くの種類があります。
    ここでは主な17社の格安SIMの料金や通信速度、対応回線のサービス比較表を紹介します。

    通信速度はみんなのネット回線速度ランキングの2024年4月現在の実測値平均から算出しています。

    主なMVNOの音声通話SIMの料金・速度比較表
    音声通話通信速度通信回線
    1GB3GB6GB10GB
    UQモバイル-2,365円(4GB)-1GB未満:2,277円
    1GB超~15GB:3,465円(15GB)
    94.12Mbpsau
    BIGLOBEモバイル¥1,078¥1,320¥1,870¥3,740(12GB)24.59Mbpsドコモ/au
    mineo1,298円1,518円(5GB)-1,958円30.7Mbpsドコモ/au/ソフトバンク
    ワイモバイル-2,365円(4GB)-4,015円(20GB)49.98Mbpsソフトバンク
    楽天モバイル-1,078円2,178円2,178円(~20GB)9.74Mbps楽天(パートナー回線:au)
    IIJmio-990円1,500円1,800円42.98Mbpsドコモ/au
    イオンモバイル858円1,078円1,408円1,848円32.85Mbpsドコモ/au
    NUROモバイル-792円990円(5GB)1,485円20.75Mbpsドコモ/au/ソフトバンク
    QTモバイル1,100円(2GB)1,540円(4GB)1,760円1,980円21.01Mbpsドコモ/au/ソフトバンク
    OCNモバイルONE770円990円1,320円1,760円46.1Mbpsドコモ
    LIBMO-980円1,518円(8GB)1,991円(20GB)41.29Mbpsドコモ
    exciteモバイル-690円/1,210円1,430円(~7GB)1,980円/1,650円35.34Mbpsドコモ
    HISモバイル550円770円990円(7GB)(7GB)2,190円(20GB)38.9Mbpsドコモ
    b-mobile1,089円1,529円2,189円3,069円69.17Mbpsドコモ/ソフトバンク
    y.u.mobile--1,070円(5GB)2,970円75.1Mbpsドコモ
    DTI SIM1,320円1,639円2,112円(5GB)3,080円54.25Mbpsドコモ
    LinksMate737円902円1,342円1,870円32.96Mbpsドコモ
    主なMVNOのデータ専用SIMの料金・速度比較表
    データSIM通信速度回線
    1GB3GB6GB10GB
    UQモバイル----46.12Mbpsau
    BIGLOBEモバイル-990円1,595円2,970円(12GB)24.59Mbpsドコモ/au
    mineo880円-1,265円(5GB)1,705円37.08Mbpsドコモ/au/ソフトバンク
    Y!モバイル----49.98Mbpsソフトバンク
    楽天モバイル-1,078円-2,178円(20GB)9.74Mbpsドコモ/au/ソフトバンク
    IIJmio740円(2GB)900円(4GB)1,400円(8GB)1,730円(15GB)42.98Mbpsドコモ/au
    イオンモバイル528円858円1,188円1,628円32.85Mbpsドコモ/au
    NUROモバイル-627円825円(5GB)1,320円20.75Mbpsドコモ/au/ソフトバンク
    QTモバイル770円990円(4GB)1,430円1,650円21.01Mbpsドコモ/au/ソフトバンク
    OCNモバイルONE(新規受付終了)-858円1,188円1,628円46.1Mbpsドコモ
    LIBMO-858円1,320円(8GB)1,991円(20GB)41.29Mbpsドコモ
    exciteモバイル-690円/1,100円1,320円(~7GB)1,870円/1,540円(12GB)35.34Mbpsドコモ
    HISモバイル440円580円880円(7GB)1,980円(20GB)38.9Mbpsドコモ
    b-mobile528円935円1,595円2,409円69.17Mbpsドコモ/ソフトバンク
    y.u.mobile----75.1Mbpsドコモ
    DTI SIM660円924円1,342円(5GB)2,310円54.25Mbpsドコモ
    LinksMate385円550円990円1,518円32.96Mbpsドコモ

    【初心者向け】後悔しない格安SIMの選び方

    初めて格安SIMを契約しようとする方に向けて、格安SIMを選ぶ際に大事にしたい4つのポイントを紹介します。

    格安SIMを契約するときに決めなければいけないものは下記の4つです。

    格安SIMを選ぶ際の4つのポイント

    上記の4点をまず決めなければ、格安SIMの比較ができません。
    格安SIMに乗り換えようとする際は、上記4点から決めていくようにしましょう。

    それぞれ必要な理由と大事なポイントを紹介していきます。

    ①使用する端末を決める

    格安SIMはわざわざ新しく端末を購入しなくても、格安SIMとして契約することができます。
    どんな端末でも、端末内に挿入されている「SIMカード」を入れ替えるだけで、格安SIMとして利用できるようになるからです。

    格安SIMを契約する場合、使用する端末の種類には下記の選択肢があります。

    現在ドコモやau、ソフトバンクのキャリアの携帯電話をお使いの方でも、SIMロック解除の手続きをすれば、使い慣れた端末そのままで格安SIMとして利用することが可能になります。

    もちろん、各格安SIMの提供会社(MVNO)でも端末を販売しているので、SIMカードとセットで購入し、新しい端末で利用することも可能です。
    フリマアプリなどで入手した中古端末を使う方法もあります。

    それぞれの方法について紹介します。

    今使っている端末をSIMロック解除して使う

    大手携帯電話会社(ドコモ、au、ソフトバンク)の携帯電話を格安SIMとして使う場合、“SIMロック解除”の手続きが必要になります。

    大手携帯電話会社で購入した端末は、自社のSIMカードでしか携帯電話を使用できないよう「SIMロック」がかけられています。

    ただし、SIMロック解除の手続きは非常に簡単で、契約している携帯電話会社に連絡するだけで手続きが完了します。

    大手携帯キャリアのSIMロック解除手続き
    ドコモauソフトバンク
    WEBドコモオンライン手続きMy auMy SoftBank
    電話ドコモインフォメーションセンター電話番号
    一般電話:0110-800-000
    ドコモ携帯:(局番無し)151
    店舗ドコモショップauショップ/au Styleソフトバンクショップ

    上記の中でもWeb申し込みが一番簡単です。
    またショップや電話申し込みの場合、3,300円~3,850円のSIMロック解除手数料が取られることがありますが、Webなら手数料は無料です。

    SIMロック解除はインターネットで申込みしましょう。

    SIMロック解除の方法は下記ページでもくわしく紹介しているので参考にしてください。

    ただし、手続き前に必ず乗り換え先のMVNOの「動作確認ページ」をチェックしてください。
    動作確認が取れていない端末の場合、一部正常に動作しない機能などがあることがあります。
    動作確認については次項で紹介します。

    使用中の端末を格安SIMとして使うメリットとデメリット
    メリット使い慣れた端末で利用できる
    新たに端末を購入する必要がない
    デメリット乗り換えるMVNOによってはSIMロック解除の手続きが必要
    動作確認ができていない端末だと購入後不具合が起こる可能性がある
    動作確認を行う

    お使いの端末を格安SIMとして使う場合、事前にMVNOの公式サイトで動作確認済かどうかチェックしておくようにしてください。

    動作確認ができていない端末の場合、MVNOのSIMカードと端末の相性が合わず、正しく動作しなかったり、使えない機能等が出てきたりすることがあります。

    MVNOは、いろいろな端末に自社のSIMカードを差して正しく動作するかどうか確認しています。
    その結果を公式サイトの「動作確認済端末一覧」で公開しており、できるだけ動作確認が済んである端末を使うようにしてください。

    iPhoneやXperiaなど人気機種に関しては多くのMVNOが動作確認テストを済ませています。
    しかし、一部国内で流通量が少ない機種や発売から年数が経過している機種などは動作確認ができていない場合もあります。

    動作確認ができていない端末の場合、契約後に「正しく動作しない」「使えなくなっていた機能があった」などの不具合が発生する場合があるので、動作確認が済んでいるかどうかチェックするようにしてください。

    使用回線を合わせればSIMロック解除不要

    お使いの端末のまま格安SIMに乗り換える場合、SIMロック解除が必要ですが、乗り換え先の格安SIMで使っていた端末の回線で契約する場合はSIMロック解除が不要です。

    たとえばドコモから格安SIMへ乗り換える場合、契約する通信回線をドコモ回線で選べば、SIMロック解除の手続きが必要ありません。
    反対にau回線やソフトバンク回線を選んでしまうとSIMロック解除が必要になります。

    通信回線については後述しますが、各MVNOによって対応している回線に違いがあります。
    3キャリアに対応したMVNOもあれば、1キャリアにしか対応していないMVNOもあり、どの回線を選ぶかで手続きや月額料金に違いが生じます。

    SIMロック解除の手間を省きたい場合は、できるだけ今お使いのキャリアの回線に対応したMVNOから選ぶようにしましょう。

    MVNOなどからSIMフリー端末を購入して使う

    SIMカードだけでなく端末もセットで販売しているMVNOも多く、MVNOから購入したSIMフリー端末であればSIMロック解除不要で、端末を利用できます。

    SIMフリー端末とは、あらかじめSIMロックがかけられていない端末のことを言い、SIMフリー端末ならどのMVNOでも格安SIMとして利用できます。

    一方で安くない端末の購入費用が掛かるほか、「最新の機種が少ない」「MVNOによって取り扱い端末の数に差がある」「iPhoneなどの取り扱いのない機種が多い」等のデメリットがあります。
    機種にこだわりがある方はOCNモバイルONEなど、端末の取り扱い数が多いMVNOがおすすめです。

    iPhoneに関しては、Apple社の公式サイトでSIMフリー端末を購入することができます。
    MVNOで購入するよりも端末の種類が多い上、端末の販売価格もMVNOで購入するよりも安いです。
    SIMフリー機種なので、基本的にSIMカードを差すだけで格安SIMとして利用できるようになります。

    SIMフリー端末をセットで購入するメリット・デメリット
    メリットSIMロック解除や動作確認が不要で、そのまま使えるので手続きが簡単
    デメリット数万円~10万円の端末購入費用が必要
    最新機種など取り扱い端末が少ない

    中古端末を購入して使う

    フリマサイトや中古品販売店などでは、携帯電話端末を販売しており、中古端末を購入して格安SIMとして使うことも可能です。

    中古端末の場合は、先述のセット販売に比べて端末代金が安いほか、新旧さまざまな機種から選べます。

    ただし、中古端末を購入する際は必ず“白ロム”端末を選ぶようにしてください。
    白ロムとは、端末からSIMカードが抜かれ、端末に以前の契約者情報等が書き込まれていない端末のことを指します。

    反対にSIMカードが差し込まれた端末は“黒ロム”と言います。

    一方で注意が必要なのが“赤ロム”と呼ばれる端末です。
    赤ロムとは、白ロム同様SIMカードが抜かれた状態の端末ですが、白ロムと異なるのは、赤ロムはネットワークの利用制限がかけられていることです。
    ネットワークの利用制限は、端末契約者の料金未払いが続いている場合などにかけられることが多いです。
    この場合、端末に対してロックがかけられているため、いくら別の契約者がSIMカードを入れても通話やデータ通信などが利用できません。
    このため赤ロムを購入してしまうと、格安SIMとして使うことができません。

    白ロムか赤ロムかどうかは、端末の固定識別番号「IMEI」番号をキャリアの公式サイトで検索をかければわかるため、中古端末を選ぶ際は注意してください。

    またこのほかにも中古端末はSIMロックが解除されていないことが多いため、使用する通信回線に合わせた端末を選ぶ必要があります。
    さらに中古品のためバッテリーの消耗が早かったり、保証が十分でなかったり、デメリットも多いです。
    その反面、価格もそこまで安いといえる値段ではないことが多いためあまりおすすめできません。

    中古端末の購入は少し上級者向けの選び方と言えるため、格安SIM初心者は避けるようにしてください。

    中古端末を格安SIMとして使うメリット・デメリット
    メリット安く端末が手に入る
    MVNOで取り扱いのない端末も見つかりやすい
    デメリット端末の選び方に注意が必要(白ロムや通信回線など)
    バッテリーの消耗が速い恐れがある
    保証など十分に受けられない

    ②音声通話SIM/SMS付きデータSIM/データ専用SIMから選ぶ

    端末が決まったら、具体的にMVNOのプランを検討します。
    格安SIMを契約する際は、まずおおまかに次の3種類のSIMカードタイプから選ぶことがほとんどです。

    どの音声通話が必要か否か、SMS(ショートメッセージ機能)が必要か否かでSIMタイプが変わってきます。
    それぞれのSIMタイプによる機能の違いは下記の通りです。

    SIMタイプによる機能の違い
    音声通話SIMSMS付きデータSIMデータ専用SIM
    音声通話
    電話番号付く付く付かない
    データ通信
    SMS機能

    電話をする人は音声通話SIM、電話番号は不要という方はデータSIMがおすすめです。
    それぞれについて紹介します。

    音声通話SIM

    音声通話SIMは090や080で始まる電話番号が付与され、発信や通話ができるSIMカードタイプです。
    3タイプの中で、最も契約者が多いのがこの音声通話SIMです。

    乗り換え前の携帯電話番号を引き継ぐMNP(モバイルナンバーポータビリティ)にも対応しているため、今まで通りに同じ携帯電話として、同じ機能を利用できます。
    3タイプの中で、最も契約者が多いのがこの音声通話SIMです。
    データSIMと比べると、月額料金は300円~500円程高くなっていますが、それでもキャリア携帯よりも月額料金は数千円安くできます。

    また5分かけ放題や10分かけ放題など、通話頻度によって定額通話オプションを加えることもできます。
    格安SIMだから通話品質が下がるといったこともありません。

    機能はそのままで、毎月の通信費だけ安くしたいという方は音声通話SIMタイプを選択してください。

    データ専用SIM

    データ専用SIMは、電話番号が付与されないため、音声通話ができずデータ通信しかできません。

    ただし、LINE電話やSkypeなど、電話番号を使わないアプリ通話は可能です。
    通話は友達同士のLINE電話でしかしないという場合は不自由なく利用できます。

    データ専用SIMは下記のような人におすすめです。

    データ専用SIMがおすすめな人

    • 電話番号通話をせず、友人同士でアプリ通話ができれば良い学生
    • 子供に持たせる携帯として家族間でアプリ通話ができれば良い人
    • iPadなどのタブレット端末やノートパソコンにSIMを挿入して、外出先でもネット接続できるようにしたい社会人
    • 音声通話機能付の携帯を別で持っていて、データ専用機として2台目のスマホを持ち歩きたい人

    また音声通話機能がない分、月額料金が非常に安く、月間3GBのプランでも月額料金が700円を切るMVNOも多いです。
    音声通話を普段使わない人や、2台目のスマホとして使いたい方、iPadなどタブレット端末を安く利用したい人などにおすすめです。

    SMS付きデータSIM

    SMS付きデータSIMは、データ専用SIMにSMS(ショートメッセージサービス)機能が追加されたSIMカードタイプです。
    データ専用SIM同様に、音声通話はできませんが、SMSを使って電話番号を知っている相手にメッセージを送ることができます。

    普段友人や知人とSMSを使う機会は少ないため、SMS機能は不要と考えがちですが SMS機能は実は非常に重要な機能です。
    会員制サービスやアプリの本人確認時に、本人確認用の認証コードの送信先がSMS宛てであることが多いからです。
    SMSの機能がない携帯電話だと、本人確認ができず、サービスのログインや新規登録ができなくなってしまいます。

    SMS付きデータSIMは、このような不都合を解消するためにも、必要な選択肢と言えます。
    データSIMと比較しても、月額料金は100円程度しか変わりないため、もしものときを考慮したらデータSIMよりもSMS付きSIMのほうが安心です。
    SMSは、受信時はお金がかかりませんが、送信時に料金が別途必要になります。
    基本70文字以内は一通3円、70文字以上の場合は文字数に応じて料金がかかります。

    ちなみに音声通話SIMでも、SMSサービスは利用できます。

    ③利用する通信回線を選ぶ

    使用する通信回線は下記の3種類があります

    • ドコモ回線
    • au回線
    • ソフトバンク回線

    格安SIMは独自では通信回線を持たず、大手キャリア(ドコモ、au、ソフトバンク)の回線(通信帯域)を借りてサービスを提供しています。
    ここで選択する通信回線は、どの回線を使ってサービスを利用するか選ぶことができます。
    使用する通信回線は、当然ですが電波の入りやすさやエリアなどにも関わります。

    ただし、下記の通りMVNOによって対応回線に違いがあります。

    MVNOの対応回線の違い
    ドコモ回線au回線ソフトバンク回線
    UQモバイル
    ワイモバイル
    NUROモバイル
    mineo
    IIJmio
    BIGLOBEモバイル
    イオンモバイル
    OCNモバイルONE(新規受付終了)

    また先述の通り、通信回線はSIMロック解除の有無にかかわってきます。

    たとえば、ドコモを契約していてUQモバイルに乗り換えたい場合、UQモバイルはドコモ回線に対応していないため、乗り換え前にSIMロック解除の手続きが必要になります。

    さらに、同じMVNOでも通信回線によって料金が異なる場合もあります。
    たとえば3キャリアに対応しているQTモバイルは、データプランにSMSオプションを付与する際に、ドコモは+154円、ソフトバンクは+180円、auは無料と異なります。
    この場合、ソフトバンクからの乗り換えでも、SIMロック解除してドコモ回線で契約したほうがお得です。

    原則自分の使っている通信回線で契約するのがSIMロック解除の手間がかからず一番簡単ですが、SIMロックを解除したほうがMVNOの選択肢は広がるほか、料金がお得になることもあります。
    先述した通り、SIMロックの解除はそれほど難しくないので、使用中の通信回線で希望するMVNOがない場合はSIMロック解除の手続きを行いましょう。

    ④データ通信容量を選ぶ

    SIMタイプが決まったら、次は通信容量を選びましょう。

    通信容量は毎月快適な通信速度でデータ通信できる上限のことを指します。
    少ないもので1GB、多いもので20GB以上の大容量のプランまであります。
    当然容量が大きくなればなるほど料金も高くなります。

    主な格安SIMのSIMタイプとデータ容量の平均料金は下記の通りです。

    主なMVNOの容量別平均月額料金
    音声通話SMS付きデータSIMデータ専用SIM
    1GB1,156円811円696円
    3GB1,419円1,017円954円
    5GB1,694円1,306円1,177円
    6GB1,897円1,484円1,421円
    10GB2,575円2,010円2,126円
    20GB3,651円2,963円3,116円

    設定された容量を超えてしまうと、128kbpsの通信速度まで速度制限がかけられ、快適にインターネットができない状態が月末まで続くことになってしまいます。
    かといって大きすぎる容量だと利用量に対して支払う月額料金が高くなってしまいます。
    毎月の利用量を計算して、適切な容量で契約するのがおすすめです。

    また中には使った分だけ請求される従量課金タイプの契約プランもあります。
    毎月使うデータ容量が一定でない方などにはおすすめの契約タイプです。

    1GBでどのくらい使える?1GBの目安量

    ではどれだけ通信すれば1GBに達するのでしょうか。

    ここでは1GBのデータ通信量目安を紹介するので、データ容量選びの参考にして下さい。

    通信と1GBの目安通信量
    1回当たりの通信量1GBで利用できる回数
    Webサイト閲覧Yahoo!トップページ312KB約3200回
    YouTube360pの中画質を4分40秒視聴1.2MB約90回
    Instagram5分閲覧70MB約1時間10分
    LINEトーク一回2KB約13万回
    音声通話1分0.3MB約55時間
    ビデオ通話5MB約3時間20分
    Googlemap地図を表示し6回拡大0.2MB約4500回

    ご覧の通り、動画やInstagramなどの使用容量が多いです。
    YouTubeや動画配信サービス、Instagramをよく利用するという人は、容量の大きめなプランを選ぶことをおすすめします。

    最も契約者が多い容量帯は3GBです。
    GB数に迷ったら、3GBで契約し、余ったり足りなくなったりした場合は契約内容を途中で変更し、過不足ない容量プランを選ぶようにしてください。

    その他の比較しておきたいポイント

    このほかにも使用中の満足度に関わるポイントを紹介します。

    • キャッシュバック特典やキャンペーン
    • 通信速度
    • 支払い方法

    先述の選び方と比較すると重要性は低いですが、条件の良いMVNOを選べば、快適にお得に格安SIMを利用できます。 くわしく紹介します。

    キャッシュバック特典やキャンペーンを比較する

    格安SIMのキャンペーンを利用することで、キャッシュバックや月額料金割引を受けることができます。

    キャンペーンは大きく分けて下記の4種類があります。

    MVNOの4種類のキャンペーン

    • キャッシュバック
       条件を満たした場合、契約から一定期間後に登録口座への振り込みやギフトカードなどでキャッシュバックをもらうことができます。
    • 各種手数料割引
      初期費用や事務手数料など、契約手続きの際にかかる費用が割引、もしくは無料になります。
    • 端末割引
      端末とSIMカードをセットで購入するときに、通常価格よりも端末代金が割引になります。
    • データ増量/月額料金割引
      一定期間、「データ容量が₊1GB」となる場合や月額料金が割引となります。

    注意点として、はじめからキャンペーン目当てで契約しないようにしてください。
    キャンペーンを優先して格安SIMを選んでしまうと、自分の使い方に合わない格安SIMを選んでしまう可能性もあります。
    速度や料金など吟味せずに、数万円のキャッシュバックに惹かれて契約してしまうと、契約後に「思っていたよりも遅い」「安くなっていない」など不満を感じてしまう場合があり、後悔する要因となってしまいます。
    あくまで乗り換えたい格安SIMの候補を2~3社に絞った後の最後のひと押しとして、キャンペーンを比較するようにしてください。

    格安SIMのキャンペーンについては下記ページでまとめているので、目当てのMVNOのキャンペーンについて参照してください。

    通信速度や速度制限

    基本的に通信速度はMVNOによってわずかに違いがあります。
    MVNOを契約する際は、通信速度の評判が高いものを選ぶようにしましょう。

    公式で公表されている速度は理論値のため各社ほぼ変わりありませんが、実際には契約者数や時間帯などによってMVNO間で大きく違いが生じています。
    とくに昼休みの時間帯の12時~13時の間は、アクセス量が増加し、速度が低下しやすいです。

    速度を参考にする際は公式サイト上の公称値よりも、いろいろなユーザーが投稿している速度の実測値や企業や団体の調査結果を参考にしたほうが正確です。

    Twitterや みんなのネット回線速度ではユーザーが実際に測った速度を確認できます。
    また通信機器に特化した調査研究機関「MMD研究所(モバイルマーケティングデータ研究所)」では定期的に、格安SIMの速度調査結果を公表しています。
    実測値が速い格安SIMを調べたい時は参考にしてください。

    また下記ページでも「実測値の速いMVNOランキング」を紹介しています。
    SIM選びに迷ったら参考にしてください。

    支払い方法

    格安SIMの支払い方法はほとんどがクレジットカード払いです。

    クレジットカードを持っていない人は、口座振替やデビットカード払いに対応した格安SIMを選ぶようにしましょう。

    その際は、数は多くありませんが、口座振替やデビットカードでの支払いに対応した格安SIMもあります。

    口座振替に対応した格安SIMは下記ページで紹介しています。
    SIM選びの参考にして下さい。

    オプション

    格安SIMにもさまざまなオプションがあり、自分の使い方に適したオプションがあるかどうかも確認しましょう。
    便利なオプションを利用できればその分月額料金を安く抑えられる場合があります。

    たとえば一部の格安SIMには「カウントフリーオプション」というものがあります。
    これは特定のアプリやサービスに関して、データ容量のカウントが0になるオプションです。
    どれだけスマホでYouTubeを視聴やLINEのトークをしても、通信容量としてカウントされないオプションです。
    カウントフリーオプションを使えば、その分データ容量プランを1~2段階下げることができます。
    オプション料金が毎月500円だったとしても、データ容量プランを低い容量のプランに変えることでオプション料金以上に月額料金を抑えることができます。

    カウントフリーの対象にYouTubeが含まれているか、LINEが含まれているかなどは、各MVNOのサービスによって異なります。
    カウントフリーオプションを検討する場合は、どのサービスがカウントフリーに含まれるか比較しながら選ぶようにしてください。
    カウントフリーに対応した格安SIMについては、下記ページでも紹介しているので参考にしてください。

    格安SIMに乗り換えるメリット

    格安SIMのメリットまとめ

    ここまで、格安SIMのデメリットについて解説してきました。

    気を付けるべきポイントが多いのは確かですが、その点を踏まえても格安SIMには大きなメリットがあります。

    格安SIMにすることで得られるメリットは次の4つです。

    メリットについても、それぞれ解説していきますよ。

    月額の通信費が安くなる

    格安SIMにすることで得られるメリットの1つ目は、月額料金が安くなることです。

    具体的にどれくらい月額料金が安くなるのかを見ていきましょう。

    ここでは、大手携帯キャリアの「ドコモ」と、格安SIMの「IIJmio」を例に料金シミュレーションをしてみます。

    ドコモとIIJmioの料金比較表
    ドコモIIJmio差額
    基本料金eximo(3GB):月額5,665円ギガプラン(5GB):月額990円4,675円
    5分以内通話オプション月額880円月額500円380円
    合計6,545円/月1,490円/月5,055円
    参照
    5Gギガライト | 料金・割引 | NTTドコモ
    料金表 | 格安SIM/格安スマホのIIJmio

    月額料金で5,055円もの差が生まれます!年間換算で60,660円も節約ができます。
    60,000円もあれば旅行にも行けますし、家電の買い換えも可能です。

    大手キャリアから格安SIMに乗り換えるだけで、通信費の節約ができるので早く切り替えるに越したことはありません。

    端末代もキャリアに比べて格安になる

    格安SIMを販売するMVNOでは、SIMフリー端末をセットで販売しているところが多くあります。

    MVNOで販売されている端末は20,000円台や30,000円台のものがあるので、大手携帯キャリアよりもリーズナブルな価格で端末を購入することができます。

    頷く兄リスのイラスト
    そろそろスマホを新しくしたいな、といった機種変更も、格安SIMで端末をセット購入すればお得だよ! 分割、一括、支払い方法もいろいろあるからね。

    大手携帯キャリアで購入できる端末は50,000円を超える高額なものが多く、端末代金の割引を受ける代わりに同じキャリアを2~3年間は使い続けなければならない「実質負担0円」という販売手法が多く行われていました。

    端末代金を実質負担0円にする代わりに高額な利用料金を毎月支払い続けなければならないので、携帯電話関係の料金が非常に高額となることが多くありました。

    格安SIMにすると端末の購入代金も節約することができるので、あなたが想定している以上に毎月の携帯電話料金を抑えることができます。

    格安SIM会社ごとに独自の付加価値がある

    MVNOは大手携帯キャリアから回線を借り受け、各社さまざまなサービスをプラスして格安SIMとして販売しています。

    主要格安SIMにおける特徴的なポイントをまとめてみたので、以下の表をご覧ください。

    主要格安SIMの特徴的なポイント
    格安SIM名特徴的なポイント
    BIGLOBEモバイルエンタメフリー・オプションでYouTubeやU-NEXT等がカウントフリーで使い放題
    IIJmioシェアサービスで家族内のデータ容量を共有できる
    mineoフリータンクやパケットギフト、パケットシェア等、データ通信に関するサービスが豊富
    NUROモバイルGigaプラスサービスで3か月置きにデータ容量がプレゼント
    イオンモバイル60歳以上限定の”やさしいプラン”がある

    大手携帯キャリアにはないMVNO独自のサービスをプラスして販売しており、「SNSがカウントフリー」「動画サービスがカウントフリー」「オリジナルの料金プランがある」といった特徴があります。

    このように、MVNOでは大手携帯キャリアで提供されていないさまざまなサービスをプラスして販売しているので、あなたの使い方に合った最適な格安SIMを選ぶことができます。

    データ通信料を意識して、さらに節約できる

    格安SIMでは、基本的に「音声通話SIM」「SMS機能付きデータ通信SIM」「データ通信専用SIM」の3種類から1つを選択でき、音声通話SIMよりもデータ通信専用SIMのほうが月額料金は安く設定されています。

    基本的に通話をしない、動画視聴やテザリング専用としてサブ機を運用したい人は、音声通話機能のない「データ通信専用SIM」を選ぶことでさらに月額料金を節約できます。

    また、大手携帯キャリアではできない「高速/低速通信の切り替え」をすることで、料金プランに応じたデータ使用量を消費しないようにすることも可能です。

    基本的に格安SIMのデータ通信容量は、当月に使いきれず余ってしまった分は翌月に繰り越すことが可能(一部の格安SIMでは非対応)です。

    あなたが普段使うよりも少なめのデータ容量の料金プランを選択し、都度「高速/低速通信の切り替え」をすることで、可能な限り月額料金を安くすることができます。

    「低速通信だとWebサイトの表示が遅くてストレスがたまるのでは?」と思う人も多いかと思いますが、一部の格安SIMには「バーストモード(機能)」と呼ばれる、低速時でも最初の通信だけ高速通信時と同等の速度が出る機能があります。

    「毎月の携帯電話料金をできるだけ安く抑えたい!」という人は、これらの機能を駆使してデータ通信料を抑えるように意識してみてください。

    高速/低速通信の切り替えができる格安SIM

    ここでは、「高速/低速通信の切り替え」ができる格安SIMをまとめています。

    高速/低速通信の切り替えができる格安SIM

    • b-mobile:Turbo Charge
    • IIJmio:IIJmioクーポンスイッチ
    • LinksMate:マイページ
    • mineo:mineoスイッチ
    • UQ mobile:UQ mobile ポータルアプリ
    • イオンモバイル:イオンモバイル速度切り替え
    • エキサイトモバイル:マイページ

    バーストモード(機能)がある格安SIM

    ここでは、「バーストモード(機能)」がある格安SIMをまとめています。

    バーストモード(機能)がある格安SIM

    • IIJmio
    • mineo
    • NifMo
    • UQ mobile
    • イオンモバイル
    • エキサイトモバイル
    • ロケットモバイル

    喜ぶ弟リスのイラスト
    格安SIMのメリット・デメリットについて、よくわかったよ!ボク、格安SIMに乗り換えたくなっちゃった!

    兄リスのイラスト
    それじゃあ、目的に応じたオススメの格安SIMを教えてあげるよ!

    格安SIMに乗り換えるデメリット

    格安SIMは月額料金を大幅に削減できる以外にもさまざまなメリットがありますが、それ以上に知っておくべき注意点があります。

    格安SIMに乗り換える前に知っておくべき注意点が少し多いので、先にデメリットの部分から解説していきます。

    いずれも気を付けておくべき内容なのでしっかりと目を通すようにして下さい。

    大手携帯キャリアに比べて通信速度が遅く不安定

    格安SIMは大手キャリアに比べて通信速度が遅いことが多いです。

    格安SIM(MVNO)は、大手携帯キャリアの回線の一部を借り受けてサービスを提供しています。
    借り受けている回線(帯域)しか使えないので、利用者が増えれば増えるほど回線が混雑を起こしてしまい、MVNOによっては通信速度が遅くなってしまいます。

    みんなのネット回線速度のデータでは、大手キャリアと格安SIMの平均ダウンロード速度は以下の通り異なります。

    キャリア名平均ダウンロード速度
    ドコモ125.02Mbps
    au74.73Mbps
    ソフトバンク95.25Mbps
    楽天モバイル57.75Mbps
    UQモバイル76.78Mbps
    ワイモバイル73.25Mbps
    mineo39.41Mbps
    IIJmio36.16Mbps

    ご覧の通り、大手4大キャリアと格安SIMでは2倍~3倍ほどの通信速度の違いがあります。

    特に、格安SIMは12~13時のお昼ごろ(お昼休憩時)は利用者が増えるので通信速度が遅くなる傾向が強いです。

    常に安定した通信速度を求めるなら、「UQモバイル」や「Y!mobile」といったキャリアを選びましょう。
    UQモバイルやワイモバイルは、それぞれau、ソフトバンクのサブブランドにあたる位置づけのため、他社の格安SIMよりも帯域が広く設けられています。
    そのため通信速度も速く出やすいです。

    兄リスのイラスト
    お昼どきや、帰宅ラッシュな時間帯はどうしても回線が混みやすくなるね。でも、UQモバイルやY!mobileなら、大手キャリア並の通信速度がでるから、選ぶ格安SIM次第でもあるよ。

    災害時に通信速度が遅くなる可能性がある

    格安SIMは災害時に通信速度が遅くなる恐れがあります。

    格安SIMは通信が混雑するときほど、通信速度が遅くなる傾向があります。
    お昼休みの時間帯はいろんな人がスマートフォンを操作するため、格安SIMはお昼の時間帯が最も速度が遅くなりやすいです。

    同様に災害発生時はアクセスが集中しやすいため、大手キャリアに比べて接続しにくくなる可能性があります。
    災害時の通信インフラとして活用しにくくなる恐れがあり、デメリットの一つとなっています。

    キャリアメールが使えない

    「@docomo.ne.jp」「@ezweb.ne.jp」「@softbank.ne.jp」といったキャリアメールを利用している人は多いかと思います。

    格安SIMに乗り換えた場合、これらのキャリアメールは一切使えなくなります

    基本的にGmailやYahooメールといったフリーメールサービスを利用することになるので、連絡頻度が高い人には伝えておいた方が良いでしょう。

    首を振る弟リスのイラスト
    携帯のメールアドレスが使えなくなると困るよ!

    各キャリアとも、メールアドレスの持ち出しオプションサービスを開始しています。
    大手キャリア解約後も有料で同じメールアドレスを利用できます。

    キャリア名サービス名月額料金
    ドコモドコモメール持ち運び月額330円
    auauメール持ち運び月額330円
    ソフトバンクメールアドレス持ち運び月額330円

    一部のMVNOでは、独自のメールサービスを展開しているものがあるのでそちらを利用するのも良いですね(mineoなら「@mineo.jp」)。

    実店舗が少なくサポート体制が弱い

    格安SIMは実店舗を持たない、もしくは店舗数がかなり少ない場合が多く、申込時やお困りの時に直接スタッフに聞くことが難しいです。

    MVNO公式Webサイトにあるサポートセンターへ電話をすることで質問できたりもしますが、繋がりにくかったり結局わからずじまいで終わってしまうこともあります。

    兄リスのイラスト
    大手キャリアに比べるとまだまだ格安SIMの店舗は少ないよね。でも、ちょっとずつ増えてきてはいるよ!

    喜ぶ弟リスのイラスト
    格安SIMの設定とかトラブルに不安があるなら、近くに店舗がある格安SIMサービスを検討するのも選択肢のひとつだね!

    機械が苦手という人や格安SIM初心者の人にとっては「何をどうしたら良いのかわからない」ということが多いので、そういった人はY!mobileやUQ mobile、mineoといった実店舗のある格安SIMを選びましょう

    クレジットカード決済のみが多く口座振替対応が少ない

    格安SIMに申し込もうとすると、「クレジットカード」での支払いが基本となります。

    一部の格安SIMでは口座振替やデビットカードでの決済も可能ですが、基本的にはクレジットカード支払いとなるので持っていない場合は事前にクレジットカードを作っておきましょう。

    頷く兄リスのイラスト
    最近では、楽天モバイルやmineoをはじめ、口座振替が可能な格安SIMサービスも増えてるから、これは大きなデメリットではなくなってきているよ!

    考える兄リスのイラスト
    ただ、口座振替は手数料が発生したり、別途書類を提出する場合もあるから、あらかじめチェックしておこうね。

    クレジットカードがない人でも申し込める格安SIMは以下の通りです。

    クレジットカード以外で支払いができる格安SIM
    口座振替が可能デビットカード支払いが可能(一部のカードでは不可)
    楽天モバイル楽天モバイル
    mineomineo
    UQ mobile-
    Y!mobile-
    LINEMO-

    クレカ以外での支払いができる格安SIMについては下記ページで解説しています。

    可能であればクレジットカード支払いができるように、クレジットカードを作っておくことをおすすめします。

    決済サービスなど大手携帯キャリアのサービスが使えない

    格安SIMに乗り換えた場合、キャリアが提供する独自のサービスや、決済機能は使えなくなります。

    「auかんたん決済」「spモード決済・ドコモ払い/d払い」「ソフトバンクまとめて支払い」など、商品購入やサービス利用料金の支払い等を携帯電話の利用料金と合わせて支払うことができる「キャリア決済サービス」を使っている人は特に多いかと思います。

    格安SIMには、このキャリア決済に変わる決済サービスはありません。

    格安SIMに乗り換える際は、決済方法を変更する必要があります。

    もし、あなたが今キャリア決済サービスを利用する機会が多い場合は、格安SIMへの乗り換えを考え直したほうが良いかもしれません。

    さらに、キャリアのポイントが失効してしまう場合もありますので、これらも乗り換える前に確認するようにしましょう。

    自分で初期設定(APN)を行う必要がある

    格安SIMを申し込む時に端末をセット購入しない場合、基本的にSIMカードのみが送られてきます。

    送られてきたSIMカードを今使っているスマートフォンに差し替えた後に「APN設定」と呼ばれる初期設定をすることで、初めて通話やデータ通信ができるようになります。

    この初期設定はどのMVNOを選択しても自分で行う必要があり、格安SIMや機械に慣れていない人にとってはそれだけでハードルが高くなります。

    あわてる弟リスのイラスト
    APN設定、ちゃんとできなかったらどうしよう……。スマホが使えなくなったら嫌だよ。

    兄リスのイラスト
    APN設定ができるか不安で格安SIMへの乗り換えをためらう人が多いけど、実際やってみるとすぐに終わる簡単な作業だよ。不安な人は、下記のリンクを参考にしてね。

    ですが、実際には初期設定(APN設定)の方法についてはSIMカードと一緒にマニュアルが送られてきます。

    また、各MVNOの公式Webサイトには初期設定の方法がまとめられているページが用意されているので、格安SIMや機械に慣れていない人でも簡単に設定することができます。

    LINEのID検索ができない

    今では連絡手段の筆頭となった「LINE」ですが、格安SIMでももちろん使うことができます。

    ただし、格安SIMではLINEのID検索機能を利用することができません

    ID検索機能を使う為には「年齢確認」を行う必要があるのですが、年齢確認を行う為には大手携帯キャリアのマイページにログインする必要があります。

    当然、格安SIMの場合は大手携帯キャリアのマイページにログインすることができないので、年齢認証ができず、実質的にLINEのID検索機能が使えないということになります。

    LINEの友達リストに連絡先を加えたい場合は、直接会ってQRコードを読み取ってもらうか「ふるふる」機能、招待URLを送信するなどで対応がメインとなります。

    ただ、絶対にID検索ができないというわけではなく、解決方法もあります。

    格安SIMでLINEのID検索を行う方法については、下記のページでも詳しく解説しているので参考にしてください。

    兄リスのイラスト
    あと、自前の通信ネットワークを持っているY!mobileでもLINEのID検索はできるよ。

    一部の端末でテザリングが使えない

    スマートフォンに搭載されている「テザリング」機能を使ったことはあるでしょうか?

    テザリング機能とは、スマートフォンをWi-Fiルーターやモバイルルーターのように使える機能のことです。

    このテザリングを使うことで、スマートフォンのモバイルデータ通信を介して外出先でもPCやゲーム機をインターネットに接続することができる便利な機能です。

    ところが、格安SIMでは一部の端末でテザリングが使えないケースがあります

    テザリングが使えるかどうかは、各MVNOの公式Webサイトの「動作確認済み端末一覧」に載っている場合が多いので、テザリングをよく使う人はそちらをチェックしてから申し込みましょう。

    考える兄リスのイラスト
    テザリングできるかどうかは、回線(au、ドコモ、ソフトバンク)と端末によって変わるから、格安SIMに乗り換える前にチェックしよう。ただ、徐々に対応範囲は広がってきているよ。

    家族割や通話定額プランが少ない

    大手携帯キャリアには「家族割」といった割引サービスや、かけ放題が標準の料金プランがあります。

    ところが、格安SIMでは基本的に「家族割」や「通話定額プラン」がありません

    頷く兄リスのイラスト
    「家族割」はなくても、家族で格安SIMを使うためのサービスもどんどん充実してきているよ!

    それらに代わるサービスが展開されていることが多いので、それぞれをご紹介します。

    家族割に代わるサービス「シェア機能」

    家族でまとめて申し込むことで月額料金を安くしたい人は、一部の格安SIMで選ぶことができる「シェアプラン」や「シェア機能付きプラン」を利用しましょう。

    シェアプランとは、1回線のデータ通信量を複数枚のSIMカードで共有できるという料金プランのことで、各々が個別で契約するよりも月額料金のトータルを安くすることができます。

    IIJmioを例に挙げると、ギガプランで2枚以上のSIMを利用している場合、それぞれのギガ数をシェアできます。

    BIGLOBEモバイルの場合は、1枚のSIMに対して最大4枚までのシェアSIMを追加でき、1契約のデータ容量をシェアSIMに分けられるシステムです。

    以上のように、格安SIMによって定義が異なるため、シェアプランやシェア機能を利用する際は確認を怠らないようにしましょう。

    シェアプランがある格安SIM一覧

    シェアプランが用意されている格安SIMは以下の通りです。

    • IIJmio
    • BIGLOBEモバイル
    • イオンモバイル
    • エキサイトモバイル
    • NifMo

    家族でまとめて携帯電話料金を安くしたい人は、上記6社から選ぶと良いでしょう。

    通話定額プランがない代わりに「かけ放題オプション」がある

    大手携帯キャリアでは標準の通話定額プランですが、格安SIMでは基本的に従量課金制の料金プランとなっています。

    その為、通話が多いという人は格安SIMに乗り換えることで逆に月額料金が高くなってしまう可能性があります。

    格安SIMではオプションとして「かけ放題」をつけることができるので、通話が多いという人はかけ放題オプションに申し込むようにしましょう。

    オプションではあるものの、月額料金で見れば大手携帯キャリアよりも安く使えるので安心して「かけ放題オプション」に申し込んでみてください。

    また、一部の格安SIMでは通話定額プランが提供されているものもあるので、下記の表を参考にあなたの使い方にあった格安SIMを選んでみてください。

    かけ放題オプションがある格安SIM
    10分かけ放題5分かけ放題3分かけ放題
    ・BIGLOBEモバイル
    ・UQモバイル
    ・G-Call SIM
    ・IIJmio
    ・LIBMO
    ・LINEモバイル
    ・LinksMate
    ・mineo
    ・NifMo
    ・NUROモバイル
    ・QTモバイル
    ・U-mobile SUPER
    ・イオンモバイル
    ・エックスモバイル

    ・b-mobile
    ・DTI SIM
    ・トーンモバイル
    ・IIJmio

    ・BIGLOBEモバイル

    最新のiPhoneを安く購入することができない

    毎年9月になると新型のモデルが発表される「iPhone」。

    日本で新型iPhoneを購入する為には、「大手携帯キャリアで購入する」「Apple StoreやApple公式Webサイトから購入する」の二択となります。
    格安SIMではほぼ新型iPhoneのセット販売が行われていません

    格安SIMで新型iPhoneを使いたい場合は、SIMフリーモデルの新型iPhoneをApple StoreやApple公式Webサイトで購入する必要がありますが、Appleでは端末代金の割引を行っていません
    新型iPhoneの発売から数か月~1、2年後に格安SIMでも取り扱いが始まることがありますが、発売直後ではほとんど取り扱いがありません。

    ただしUQモバイルやワイモバイルなど大手キャリアのサブブランドキャリアであれば取り扱いがあるケースもあります。

    大手キャリアでは2~3年後の端末返却を約束する代わりに端末代金を安く購入できる”購入プログラム”サービスがあります。
    回線契約がなくても利用できるため、大手キャリアの購入制度を利用するのもおすすめです。

    考える兄リスのイラスト
    どうしても最新のiPhoneをすぐ使いたい! という人には、格安SIMではなくキャリアの購入プログラムを利用しよう

    おすすめの格安SIMランキングのまとめ

    ここまでおすすめの格安SIMについて紹介しました。

    改めておすすめの格安SIMランキングは下記の通りです。

    また各ポイント別に一番お勧めの格安SIMは下記の通りです。

    選び方のポイント別おすすめ格安SIM

    速度や料金、キャンペーンなど重視するポイントによっておすすめできる格安SIMが異なりますが、総合的な評価が一番高いのがLINEMOです。
    速度や料金の総合評価が最も高いため、迷ったらLINEMOを契約しましょう。

    一方で20GBの大容量となると、ドコモのahamo、ソフトバンクのLINEMO、auのpovo等、2021年3月からスタートした大手キャリアの新料金プランが安くなります。
    ただし、今後も大手キャリアに対抗した新料金プランが登場していく可能性が高いです。

    最新情報をチェックしつつ、ご自身の使い方に一番合った格安SIMを選ぶようにしましょう。

    ポイント別 格安SIMランキング

    • 総合

    • 料金

    • 速度

          • 家族割・ひかり回線とのセット割でさらにお得に
          • ソフトバンク回線を利用していて通信速度が安定してはやい
          • 他社からの乗り換えでPayPayポイント還元
        • 公式サイトへ
          • 新プランで5GB 990円~の業界最安水準
          • データ量のシェアや繰り越しができる
          • 光回線とセット契約すると月額660円引き
        • 公式サイトへ
          • Softbankと同等の安定した通信速度
          • 3GB990円のミニプランが人気
          • 一部LINEの利用はデータ通信量としてカウントされない(※1)
        • 公式サイトへ
          • 格安SIMの中でも最速クラスの通信速度
          • 家族セット割・自宅セット割でさらにお得に
          • 他社からの乗り換えで10,000円分のau Pay残高還元
        • 公式サイトへ
          • 新料金プラン乗り換え先No1
          • Rakuten 最強プランを他社からの乗り換えで初めて申し込みで最大13,000ポイント還元!
          • データ無制限・通話もかけ放題
        • 公式サイトへ
          • 3GB 792円~の業界最安値
          • 330円/月からお試しプランを利用できる
          • ドコモ・au・ソフトバンクの3回線に対応
        • 公式サイトへ
          • 3GBは月額770円!100MB未満なら月額290円!
          • 20GBでも月額2,190円と安い
          • 5分以内かけ放題オプションが月額500円、完全かけ放題は月額1,480円
        • 公式サイトへ
          • 5GB 990円~の業界最安水準
          • データ量のシェアや繰り越しができる
          • 光回線とセット契約すると月額660円引き
        • 公式サイトへ
          • 4GB 1,180円
          • 1GB単位のプランで自分に合う内容を選べる
          • 60歳以上の方向けにさらに安い「やさしいプラン」がある
        • 公式サイトへ
          • 新料金プラン乗り換え先No1
          • 3GB未満なら1,078円
          • Rakuten Linkアプリで通話もし放題
        • 公式サイトへ
          • ドコモのオンラインブランドでキャリアに匹敵する通信速度
          • 5分以内の通話は無料
          • 20GBで2,970円の月額料金
        • 公式サイトへ
          • キャリアに匹敵する通信速度
          • 3GB990円のスマホミニプランが人気
          • LINEの利用はデータ容量としてカウントされない(※1)
        • 公式サイトへ
          • 格安スマホでは速度ランキングトップクラス
          • auと同等の安定した通信速度
          • 最大10,000円相当のau PAY残高還元実施中
          • iPhoneやAndroid端末が安く手に入る
        • 公式サイトへ
          • 格安スマホ速度ランキングではUQモバイルに匹敵
          • Softbankと同等の安定した通信速度
          • ネット割併用で4GBが月額1,078円~
          • 店舗で気軽に相談ができる
        • 公式サイトへ
      ※MMD研究所調べ
    ※料金はすべて税込価格です。
    ※2024年3月現在の情報です。
    ※1 トークでの位置情報の共有・Live の利用、スタンプショップの利用、ニュース記事の閲覧など、一部 LINE ギガフリーの対象外があります。

    家計の見直しは「固定費」の削減から始めよう!支出の見直しポイントとプロが教えるおすすめの方法はコレ!

    この記事の著者

    編集

    Soldi編集部

    Soldi編集部は「おうちのお金をスマートに」をコンセプトにコンテンツの配信を行っています。

    T.M

    ライター

    T.M

    職業
    Webライター
    専門・得意分野
    携帯キャリア(ドコモ、au、ソフトバンク)全般 / 格安SIM全般 / 光回線 / WiMAX / レンタルWiFi
    などなど、通信ジャンル全般を専門に活動中

    初めまして、T.Mと申します。
    2017年12月から専業Webライターとして、格安SIMや光回線、WiMAXなどの通信ジャンルを専門としたライティングを行っております。

    携帯代理店の法人部門に勤務していた経歴があり、携帯キャリアの料金プランやサービス内容について日々勉強をしておりました。
    その経験と知識を活かし、昨今の通信ジャンルにおける複雑な料金プランやサービス比較を分かりやすくご紹介できるよう努めております。

    通信ジャンルは料金プランの複雑さも相まって、非常にとっつきにくいイメージを持たれている方が多いかと思います。
    ですが、実際に調べてみればその内容は意外と単純で、サービスとしても素晴らしい内容のものもあります。
    上手く活用すれば、日々のインターネット活用がより快適なものになり、料金を節約することにもつながります。

    そんなお役立ち情報を発信できるよう常に心がけております。
    読者の皆さま方に「この記事を読んで良かったな」と感じていただけるよう精進してまいります。

    経歴:
    2015年5月~2017年12月:某携帯代理店の法人部門に在籍
    ・ドコモ、au、ソフトバンクの全キャリアを取り扱っていたため料金プランやサービス内容に精通
    ・某民泊代行法人へビジネスモデルとして「レンタルWiFi」を提案、600台以上の回線契約を獲得
    2017年12月~現在:独立。専業Webライターとして活動中
    ・格安SIM・光回線・WiMAXなどの通信ジャンル全般の専門Webライターとして活動
    ・月間20万文字以上を執筆、通信ジャンルの記事納品本数は200本以上
    ※当サイトに掲載している情報は、万全の保証をいたしかねます。
    機器、サービスの価格、スペック等の詳細情報は、必ず各公式サイトでご確認ください。

    ad-mineo

    UQ mobile