Menu

携帯ブラックでも契約できるほぼ審査なしの格安SIM10選!

このページにはPRリンクが含まれています

『Soldi』は、複数の企業と提携し情報を提供しており、当サイトを経由して商品への申込みがあった場合には、各企業から報酬を受け取ることがあります。ただし当サイト内のランキングや商品の評価に関して、提携の有無や支払いの有無が影響を及ぼすことはございません。また当サイトで得た収益は、サイトを訪れる皆様により役立つコンテンツを提供するために、情報の品質向上・ランキング精度の向上等に還元しております。

様々な事情により過去に携帯料金を滞納してしまい、ブラックリスト入りしてしまった方は、携帯を契約したくても中々審査に通らず困っている方がいるのではないでしょうか。

格安SIMは大手キャリアと比べて月額料金を大幅に下げられますが、キャリアごとに審査が設けられているので、信用情報に傷がついていると契約することができません。

審査なし・審査が緩いおすすめ格安SIM!
        • 月額料金最大3,278円でデータ量を気にせず使える
        • 料金を楽天ポイントで支払うことも可能
      • 公式サイトへ
        • au回線を使っているので通信状況が安定
        • 他社からの乗り換えでau PAY残高が還元されるキャンペーン実施中!
      • 公式サイトへ
        • 全てのプランに「LINEギガフリー」が付帯
        • 他社からの乗り換えでPayPayポイントプレゼントキャンペーン実施中
      • 公式サイトへ
        • 20GBが月額2,980円で利用できる!
        • 5分間の国内通話料金が無料
      • 公式サイトへ
        • 顧客満足度&シェアNo.1!
        • 料金プランが豊富で自分に合ったデータ量と料金を選択可能
      • 公式サイトへ

しかし、格安SIMの中でもほぼ審査なしでブラックリスト入りしている方でも契約できるキャリアがあります。

そこで本記事では、格安SIMの中でも審査なしで契約できるキャリアや、格安SIMの審査に落ちる4つの理由、携帯ブラックでも格安SIMの審査に通りやすくなるコツをご紹介します。

携帯会社月額料金データ量審査期間
楽天モバイル1,078〜3,278円3GB〜無制限数日(最長2週間)
UQモバイル990〜3,278円1〜20GB2〜3日
LINEMO990円 / 2,728円3GB / 20GB即日
ahamo2,980円 / 4,950円20GB / 100GB1〜3日
IIJmio440円〜2〜20GB3〜4日
mineo250円〜無制限1〜3日
Y!mobile1,078円〜4〜30GB即日
SUNSYSCON3,278〜8,670円1〜50GB審査なし
だれでもモバイル3,300〜11,110円1〜20GB審査なし
LinksMate165円〜100MB〜1TB即日

本記事を読無ことでブラックリストに入っている方でも月額料金の安い格安SIMを契約できます。

携帯ブラックでも格安SIMは審査なしで契約できる?

結論、携帯ブラックでも審査なしで契約できる格安SIMはあります。また、審査はあるけれど比較的緩い会社もあるので、そういった会社を選べば携帯ブラックでも格安SIMを契約できます。

携帯会社の多くはTCA・TELESAという協会に加盟しています。協会では不払者情報を管理しており、借入れの申込み、料金の未払いが発生した際に事故情報として登録されてしまいます。

これがいわゆる「ブラックリストに載る」ということです。とはいえ、TCA・TELESAに加入していない格安SIMを選べば、審査なしで確実にスマホを契約することができます。

ただし、審査なしを売りにしている携帯会社は他の会社に比べて料金が高かったり、他の会社審査を徹底する事業者に比べてサービスが低下する可能性があるので、注意しましょう。

携帯ブラックでも審査なし・審査の緩い格安SIM10選

以下は携帯ブラックでも審査なし、または審査が緩く契約しやすい格安SIM一覧です。

携帯会社月額料金データ量審査期間
楽天モバイル1,078〜3,278円3GB〜無制限数日(最長2週間)
UQモバイル990〜3,278円1〜20GB2〜3日
LINEMO990円 / 2,728円3GB / 20GB即日
ahamo2,980円 / 4,950円20GB / 100GB1〜3日
IIJmio440円〜2〜20GB3〜4日
mineo250円〜無制限1〜3日
Y!mobile1,078円〜4〜30GB即日
SUNSYSCON3,278〜8,670円1〜50GB審査なし
だれでもモバイル3,300〜11,110円1〜20GB審査なし
LinksMate165円〜100MB〜1TB即日

それぞれの格安SIMについてくわしく解説していきます。

楽天モバイル

(画像引用:楽天モバイル)

楽天モバイルの詳細内容
月額料金
  • 〜3GB:1,078円
  • 3〜20GB:2,178円
  • 20GB〜無制限:3,278円
契約手数料・初期費用なし
通話料金22円/30秒
Rakuten Linkアプリ利用で国内通話無料
違約金なし
審査期間数日(最長2週間)
支払方法クレジットカード / デビットカード / 口座振替 / 楽天ポイント

データ量を気にせず使いたいなら審査の緩い「楽天モバイル」がおすすめです。

使用したデータ量ごとに月額料金が上がりますが、最大料金が3,278円となっているので、データ通信量を節約する必要がありません。

審査はありますが、比較的緩く、SNSでは審査に通ったという口コミが多くありました。

昔、楽天モバイルで端末安売り短期解約してるから ブラックかと思ったけど契約(審査)通ったっぽいw

X から引用

なお、クレジットカードまたはデビットカードを支払い方法として登録しておくと、料金を楽天ポイントでも支払うことが可能です。

今なら新規契約または他社からの乗り換えで楽天ポイントが13,000ポイントもらえるキャンペーンも実施中のため、もらったポイントで最大1年間は月額料金を賄えます。

他社からの乗り換えで
最大12,000円キャッシュバック

楽天モバイルの公式サイトはこちら

UQモバイル

(画像引用:【公式】UQ mobile・UQ WiMAX|KDDI・UQコミュニケーションズ)

UQモバイルの詳細内容
月額料金
  • とくとくプラン: 〜1GB:990円(割引適用時)、1〜15GB:2,178円(割引適用時)
  • コミコミプラン: 10分かけ放題+〜20GB:3,278円
  • ミニミニプラン: 4GB:1,078円(割引適用時)
契約手数料・初期費用3,850円
通話料金22円/30秒
違約金なし
審査期間2〜3日
支払方法クレジットカード / 口座振替 / 自動振込(郵便局)

安定した通信環境を望むのであれば「UQモバイル」がおすすめです。

SNSでも実際に審査に通ったという口コミがありました。

UQモバイルの審査通った 去年に短期解約をしたからダメかなと思ったけど良かった…

[X から引用

UQモバイルは大手キャリアのauの回線を使っているので、通信状況が安定しているのが特徴です。

みんなのネット回線速度」の格安SIM速度ランキングでは1位となっており、通信速度も重視する人におすすめです(2024年4月現在)。

今なら他社からの乗り換えで最大10,000円、さらにau PAY残高支払いでさらに最大10,000円相当のau PAY残高が還元されるキャンペーンを実施中です。

最大10,000円相当のau PAY残高還元

UQモバイルの公式サイトはこちら

LINEMO

(画像引用:格安SIM/格安スマホ【LINEMO】公式サイト|今ならお申し込みでPayPayポイントがもらえる!)

LINEMOの詳細内容
月額料金
  • ミニプラン: 3GB:990円
  • スマホプラン: 20GB:2,728円
契約手数料・初期費用なし
通話料金22円/30秒
違約金なし
審査期間即日
支払方法クレジットカード / デビットカード / 口座振替 / PayPay残高

スマホの利用がLINE中心の方は「LINEMO」がおすすめです。

LINEMOは全てのプランで「LINEギガフリー」が付帯しており、LINEでのトークや音声通話、ビデオ通話も月々のデータ使用量の一切使用しません。

そのためLINEをメインで使用する方は月々のギガをたくさん消費することなく利用できるのが魅力です。

SNSでは審査に不安があったけど通ったという口コミも多数あり、比較的審査が緩いと言えます。

LINEMO。 docomoとau強制解約でソフバンいつも支払い遅れてるけど審査通った…? クレジットカードも持ったこと無くてデビットしか使った事ないんだけど 引用:[X(旧Twitter)]

現在他社からの乗り換えとPayPay残高でのお買い物で最大合計10,000相当のPayPayポイントプレゼントキャンペーンを実施しているのでPayPayユーザにもおすすめのSIMです。

他社から乗り換えで
10,000paypayポイントプレゼント!

LINEMOの公式サイトはこちら

ahamo

(画像引用:ahamo)

ahamoの詳細内容
月額料金
  • ahamo: 20GB:2,970円
  • ahamo大盛り: 100GB:4,950円
契約手数料・初期費用なし
通話料金22円/30秒(国内通話料金5分無料)
違約金なし
審査期間1〜3日
支払方法クレジットカード / 口座振替

「ahamo」はドコモが提供する格安SIMです。5分間の国内通話料金が無料に加え、海外データ通信も20GBまで無料となり、追加料金なしで海外でも使用できることが魅力です。

さらに、dカードで支払うとカードの種類に応じてボーナスパケットが毎月追加されるのでお得に利用できます。

審査も緩く、ドコモを短期解約したが審査が通ったという口コミがあります。

つうか去年夏にもドコモでMNPのiPhone乞食して次の日に速攻MNPで出ていったのに 今回ahamoの審査通ったの謎いな。半年でブラック消えるんかね

X から引用

20GBが2,980円で利用できる上にdカード払いでさらにデータ量が毎月追加されるのはとてもお得なので、たくさん利用する人にはahamoをおすすめします。


事務手数料0円!24時間申し込み可能!

ahamoの公式サイトはこちら

IIJmio

(画像引用:格安SIM/格安スマホ・インターネットサービスのIIJmio)

IIJmioの詳細内容
月額料金
  • 2GB: 440円
  • 5GB: 660円
  • 10GB: 1,100円
  • 15GB: 1,430円
  • 20GB: 1,650円
契約手数料・初期費用3,300円
通話料金税込11円/30秒
違約金なし
審査期間3〜4日
支払方法クレジットカード

「IIJmio」は顧客満足度&シェアNo.1の格安SIM提供会社です。IIJmioはデータ容量に応じて月額料金が細かく分かれており、自分に合ったデータ量と料金を選択することが可能です。

また、好きなタイミングで高速/低速通信の切り替えができる「高速通信ON/OFF機能」やデータ量を使い切っても数秒間だけ高速通信が利用可能な「バースト機能」などの他にはない機能が充実しています。

さらに2024年3月1日からは大容量プランも追加され、月額料金半額&5ギガ増量キャンペーンも実施予定なので、データ量をたくさん使う人はIIJmioがおすすめです。

【6/3まで】お得なキャンペーン実施中!
月額料金440円割引

IIJmioの公式サイトはこちら

mineo

(画像引用:格安スマホ・SIM【mineo(マイネオ)】)

mineoの詳細内容
月額料金

【マイピタ】

  • 1GB:880円〜
  • 5GB:1,265円〜
  • 10GB:1,705円〜
  • 20GB:1,925円〜

マイそく

  • プレミアム(最大3Mbps):2,200円
  • スタンダード(最大1.5Mbps):990円
  • ライト(最大300kbps):660円
  • スーパーライト(最大32kbps):250円
契約手数料・初期費用
  • 契約事務手数料:3,300円
  • SIMカード/eSIMプロファイル発行料:440円
通話料金22円/30秒
違約金なし
審査期間1〜3日
支払方法クレジットカード

「mineo」は、関西電力グループのオプテージが提供する格安SIMです。

大手キャリア3社の回線が使えるため、ほとんどの端末で動作保証がされています。

また、他にはないインターネット広告の表示で消費されるデータ通信量のカウントをフリーにする「広告フリー」サービスも無料でついてくるのが特徴です。

SNSには自己破産者でも審査が通ったといった口コミもあり、審査はありますが緩く、携帯ブラックでも契約できる可能性が高い格安SIMです。

自己破産者で色々ブラックだけど普通にmineo審査通った有難い

X から引用

大手キャリア3社の回線を使いながらお得に携帯を利用したい人はmineoを検討しましょう。

【Soldi×mineoキャンペーン】
事務手数料3,300円が無料に!

mineo×soldi事務手数料無料CPの公式サイトはこちら

Y!mobile

(画像引用:【公式】ワイモバイル(Y!mobile)- 格安SIM・スマホはワイモバイルで)

Y!mobileの詳細内容
月額料金
  • シンプル2 S: 4GB:1,078円
  • シンプル2 M: 20GB:2,178円
  • シンプル2 L: 30GB:3,278円

※割引適用時

契約手数料・初期費用3,850円(オンラインの場合無料)
通話料金22円/30秒
違約金なし
審査期間即日
支払方法クレジットカード / 口座振替

「Y!mobile」はソフトバンクが提供する格安SIMです。余ったデータは翌月へ繰り越せるほか、LINEでスタンプが使い放題になったりYahooショッピングでのお買い物でポイントアップするなどの特典が使える「LYPプレミアム」に無料で入会することができます。

審査も即日と早く、すんなり通ったという口コミも多数あるので審査に不安がある人でも契約できる可能性があります。

なんか知らんけどワイモバ審査通った、しかもあっさりと。 以前の店で貴方短期解約の履歴あるから無理ですって言われたからダメ元だったのに笑 引用:[X(旧Twitter)]

LINE、Yahooショッピング、PayPayを利用する方にはおすすめのSIMです。

スマホが2万円以上安くなる!
オンラインセール実施中

ワイモバイルの公式サイトはこちら

SUNSYSCON

(画像引用:レンタル携帯・プリペイド携帯・スマホが業界最安値のサンシスコン)

SUNSYSCONの詳細内容
月額料金
  • 1GB:3,278円〜
  • 3GB:3,580円〜
  • 5GB:3,980円〜
  • 7GB:4,380円〜
  • 10GB:4,680円〜
  • 20GB:4,980円〜
  • 25GB:5,580円〜
  • 50GB:8,670円〜
契約手数料・初期費用550円〜
通話料金かけ放題が全プランに標準装備
違約金1ヶ月分の基本料金(※長期利用割引申込後、1年以内に解約した場合)
審査期間審査なし
支払方法銀行振込 / 口座振替 / コンビニ決済

SUNSYSCON」は審査がない格安SIMの1つです。

本来格安SIMを契約する場合は、利用者とキャリア間で契約を結びますが、SUNSYSCONでは、個人の代わりに契約を肩代わりした上で、SUNSYSCONを契約したSIMを貸し出す形でサービスを提供しています。

簡単に言えば「SUNSYSCONを信用情報を借りて契約する」ということです。

そのため、携帯会社からみた契約者はSUNSYSCONとなり、携帯ブラックでも携帯会社に情報がいきません。そのため、審査なしで格安SIMを契約できます。

どのキャリアで審査をしても通らない場合は、SUNSYSCONの利用を検討しましょう。

SUNSYSCONの公式サイトはこちら

だれでもモバイル

(画像引用:【公式】だれでもモバイル | 誰でもスマホが審査なしで持てる | レンタルスマホ | レンタル携帯より安い!審査不要 | クレカ不要 | だれモバ | ブラックリスト 携帯料金滞納で強制解約されても契約できる格安SIM)

だれでもモバイルの詳細内容
月額料金
  • 1GB:3,300円
  • 3GB:5,500円
  • 5GB:6,160円
  • 7GB:7,040円
  • 10GB:7,810円
  • 20GB:11,110円
契約手数料・初期費用5,500円
通話料金全プランかけ放題
違約金なし
審査期間審査なし
支払方法口座振替

「だれでもモバイル」も審査がなしで格安SIMです。 審査がないので、ブラックリストに載っていて他の格安SIMの審査に落ちた方でも契約できます。

また、支払方法は口座振替になるため、クレジットカードやデビットカードを持っていない方でも利用可能です。

月額料金は他社に比べて高めの設定ですが、全プランかけ放題であるため月額料金を超えて使いすぎることもないでしょう。

また、事務手数料が0円になるキャンペーンも行われており、初期費用が抑えることができます。 他社の審査が通らなくて困っている方は、だれでもモバイルを検討しましょう。

だれでもモバイルの公式サイトはこちら

LinksMate

(画像引用:LinksMate(リンクスメイト) | ゲームプレイヤーのためのお得なSIM)

LinksMateの詳細内容
月額料金
  • 100MB:165円〜
  • 1GB:385円〜
  • 10GB:1,518円〜
  • 20GB:2,618円〜
  • 100GB:7,953円~
契約手数料・初期費用3,300円
通話料金22円/30秒
違約金なし
審査期間即日
支払方法クレジットカード / リンクスポイント

「LinksMate」は審査に時間のかからない格安SIMです。

LinksMateは全114種類のプランがあり、最大データ量は1TBとなっているので、データ容量を多く使用する方や、スマホをポケットWi-Fi代わりにしたい人におすすめです。

さらに、1つのプランのデータ量をSIMカードを追加して家族でシェアできる「容量シェア機能」や対象のゲームやコンテンツ、SNSの通信量が90%OFFになる「カウントフリーオプション」を利用でき、格安SIM以外のサービスもお得に利用できます。

また審査はあるものの、不払者情報を共有していないため、過去に未払いがあり他社で審査が落ちた方でも契約しやすくなっています。 審査の緩い格安SIMを探していて、たくさんゲームをする人におすすめです。

LinksMateの公式サイトはこちら

格安SIMの審査に落ちる4つの理由

ここでは格安SIMの審査に落ちる理由を4つ紹介します。

それぞれ詳しく見ていきましょう。

過去に携帯電話の料金を滞納した経験がある

過去に携帯電話の料金を滞納した経験がある方は審査に落ちる可能性があります。

電話料金の分割払いを2ヶ月以上滞納すると、信用情報を管理している機関に事故情報として掲載され、信用情報が傷つきます。

情報は携帯契約解除後5年以内の間、交換されます。

料金滞納を解消したとしても事故情報自体は残ってしまい、審査に通りにくくなるので、過去に料金を滞納した経験がある方は注意しましょう。

格安SIMの契約を何らかの理由で短期解約した経験がある

以前に格安SIMの契約を短期解約した経験がある方は、利用していた携帯会社でブラックリストに入っている可能性があります。

ブラックリストに載っている人の特徴

  • サブ回線として契約したが、あまり利用しなかったため解約した
  • 契約の特典として1円で端末を購入することができたため、端末購入後にすぐに解約した
  • 支払方法として設定していたデビットカードや銀行口座にお金が入っておらず、料金未納が続いたため強制解約にあった

上記のような理由により短期解約した方はブラックリストに載っており、審査が通らない場合があるので気をつけましょう。

ブラックリストに載った場合は、一定期間が経過すればその情報葉抹消されるものの、5〜10年はかかると言われています。また、ブラックリストの取り消し申請をすることもできないので、情報が抹消されるまで待つしかありません。

提出した情報や本人確認書類、入力内容に不備がある

提出した情報や本人確認書類、入力内容に不備がある場合、審査に落ちることがあります。

不備内容としては以下があげられます。

入力不備として考えられる原因

  • 入力した情報と本人確認書類に記載された内容が一致していない
  • 本人確認書類の期限が切れている
  • 提出した本人確認書類が不明瞭

実際に筆者もオンライン申請で本人確認書類を提出したところ、画像がピンボケしていたことにより審査に落ちた経験があります。

また、結婚や離婚により姓が変わった、引越しにより住所が変わった方は本人確認書類が最新の情報になっているか、提出前に確認しましょう。

なお、提出した情報に不備がある場合は再申請することで審査を通過できますので、入力不備が原因と考えられる場合は再申請を行いましょう。

端末を分割で購入しようとしている

端末を分割で購入しようとしている携帯ブラックの方は、場合によっては審査に落ちてしまう可能性があります。

審査には「契約審査」と「分割審査」の2種類あります。契約審査は月額料金の支払い能力を確認するものであるのに対し、分割審査は端末の支払い能力を確認するものです。

月額料金の支払いが滞ったら契約を停止することができるため、携帯会社からすると、負担や赤字は小さくすみます。一方、端末の支払いは単価が高額であるだけでなく、料金の支払いが滞った場合端末を顧客から回収しにくいため、負担になってしまいます。

そのため、契約審査よりも分割審査の方が審査が通りにくいと言われています。

審査に不安がある人は端末の分割購入は避けた方が良いでしょう。

ブラックリスト入りでも格安SIMの審査に通りやすくなるコツ

前述では審査に落ちる理由について紹介しました。 次はブラックリスト入りでも格安SIMの審査に通りやすくなるコツについて、5つ紹介します。

それぞれ詳しく解説します。

SIMカードのみ契約する

端末とSIMカードをセットで契約するのではなく、SIMカードのみ契約することで、審査に通りやすくなる場合があります。

端末の支払いに関連する分割審査の方が支払い状況や返済状況についてよりくわしく調査されるのに対し、契約審査は分割審査ほど審査が厳しくありません。

SIMカードのみの契約であれば契約審査のみ行われますので、審査に通る確率を上げることができます。

口座振替やデビットカードを利用できる格安SIMを選ぶ

審査が通りやすくするために、支払い方法に口座振替やデビットカードが利用できる格安SIMを選ぶのも1つの手です。

現在多くの携帯会社はクレジットカードで支払いが可能ですが、クレジットカードに滞納履歴があると、不払いが発生リスクがあるとして審査に落とされる可能性があります。

一方、口座振替やデビットカードであれば、過去の支払い履歴を開示する必要がないため、審査に通る可能性が高くなります。

口座振替やデビットカードを利用できる格安SIMを選び、審査落ちのリスクを低減しましょう。

家族を契約者にして格安SIMに申し込む

ご自身の信用情報では自信がない、ブラックリスト入りは確定していて審査に通らないことが明確という方は、ご家族を契約者にして格安SIMに申し込む方法があります。

家族名義で申し込みを行えば、携帯会社からすればご家族が支払い者となるため、ご家族の傷のついていない信用情報で審査が行われます。

そのため、審査に通りやすくなります。 ご自身の信用情報で手続きができない方は、ご家族に契約者になってもらいましょう。

プリペイドSIMを購入する

審査に自信がない人はプリペイドSIMの購入も検討しましょう。

プリペイドSIMとは

料金を前払いすることで、決められたデータ容量までと有効期限の間のみ使用できる使い切りのSIMカードのこと

プリペイドSIMは審査のないものもあり、携帯ブラックでもSIMカードを手に入れることが可能です。

ただし、必ずしも審査がないわけではないので注意が必要です。

プリペイドSIMはAmazonやコンビニで購入できます。過去の経歴により審査が難しい場合は、プリペイドSIMの購入がおすすめです。

端末も購入する場合は一括で購入する

格安SIM契約時に端末の購入も必要な方は、一括支払いでの端末購入をおすすめします。

前述した通り、端末を分割で支払う際の分割審査は契約審査よりも厳しくなっています。端末を分割購入することにより、分割審査が通らないリスクがあります。

しかし、端末を一括で購入するのであれば分割審査は行われません。 端末を一括で購入し、少しでも審査に落ちるリスクを減らしましょう。

なお、端末の一括購入の際に費用を少しでも節約したいとお考えの方は、端末料金の安い楽天モバイルや端末購入のキャンペーンが豊富なmineoがおすすめです。

審査なしの格安SIMを契約する際のよくある質問

ここでは審査なしの格安SIMを契約する際によくある質問をまとめました。

それぞれ詳しくみていきましょう。

格安SIMの審査に落ちた場合はどうしたらいい?

審査に落ちる多くの原因は入力項目や提出書類に不備がある場合です。入力した情報が本人確認書類と合っているか、誤字脱字がないか改めて確認しましょう。

再審査は何度もできるので、入力不備や提出書類を確信した後に再度審査の申し込みを行います。

このとき、「SIMのみ」の契約で申し込めばさらに審査に通る確率を上げることができます。

どの格安SIMも審査に落ちてしまった場合は、「家族名義で契約」するか「プリペイドSIMの購入」を検討しましょう。

ゲオで販売されている格安SIMは審査がある?

ゲオで販売されている格安SIMも審査はあります。ゲオで販売されている格安SIMは現在「UQモバイル」「ワイモバイル」の2種類があります。

2種類とも前項でご紹介した審査の緩い格安SIMとなっているので、携帯ブラックでも審査に通る可能性があります。

ゲオで購入できる格安SIMはその場で即日開通できるものと、審査完了後にSIMが送付されるものがあるので、店頭で確認しましょう。

他社携帯の滞納中に新規契約を行うことは可能?

他社のキャリアの通信料金を滞納している場合、別のキャリアで新規契約を行うこと基本的にできません。

というのも、前述した通りで、TCA・TELESAという協会に加盟しているキャリアは顧客の滞納情報などの共有しています。

そのため、他社のキャリアで月額料金の不払いや強制解約になった過去があれば、新規契約に申し込むことはできても審査に通ることはありません。

しかし、TCA・TELESAという協会に加盟していない「SUNSYSCON」「だれでもモバイル」などもスマホは審査がほぼないので、「ブラックリストに載っているが格安SIMを契約したい」という方はこれらの審査なしの格安SIMを選びましょう。

まとめ

本記事では携帯ブラックでも格安SIMは契約できるのか解説しました。 携帯ブラックで格安SIMを契約したい方は以下10社から選びましょう。

携帯会社月額料金データ量審査期間
楽天モバイル1,078〜3,278円3GB〜無制限数日(最長2週間)
UQモバイル990〜3,278円1〜20GB2〜3日
LINEMO990円 / 2,728円3GB / 20GB即日
ahamo2,980円 / 4,950円20GB / 100GB1〜3日
IIJmio440円〜2〜20GB3〜4日
mineo250円〜無制限1〜3日
Y!mobile1,078円〜4〜30GB即日
SUNSYSCON3,278〜8,670円1〜50GB審査なし
だれでもモバイル3,300〜11,110円1〜20GB審査なし
LinksMate165円〜100MB〜1TB即日

特に、「SUNSYSCON」「だれでもモバイル」は審査がないので、ブラックリストに載っている方にもおすすめです。

審査に落ちた場合でも、SIMのみの契約や家族名義で契約するなどして格安SIMを手に入れることは可能です。 本記事の内容を参考に格安SIMの契約を進めてみてください。

家計の見直しは「固定費」の削減から始めよう!支出の見直しポイントとプロが教えるおすすめの方法はコレ!

この記事の著者

編集

Soldi編集部

Soldi編集部は「おうちのお金をスマートに」をコンセプトにコンテンツの配信を行っています。

※当サイトに掲載している情報は、万全の保証をいたしかねます。
機器、サービスの価格、スペック等の詳細情報は、必ず各公式サイトでご確認ください。

【完全版】自分に合った格安SIMが見つかる!

【完全版】自分に合った格安SIMが見つかる!

【28社比較】おすすめのWiMAXプロバイダはこれ!

【28社比較】WiMAXを契約するなら! おすすめプロバイダ厳選5社!