Menu

auからUQモバイルにして後悔する5つの理由とは?乗り換えデメリットと手順の解説

このページにはPRリンクが含まれています

『Soldi』は、複数の企業と提携し情報を提供しており、当サイトを経由して商品への申込みがあった場合には、各企業から報酬を受け取ることがあります。ただし当サイト内のランキングや商品の評価に関して、提携の有無や支払いの有無が影響を及ぼすことはございません。また当サイトで得た収益は、サイトを訪れる皆様により役立つコンテンツを提供するために、情報の品質向上・ランキング精度の向上等に還元しております。

auからUQモバイルへ乗り換えを検討している方に向けて、乗り換えのメリット・デメリットと、後悔しないための要注意ポイントを解説していきます。

合計最大20,000円相当のau PAY残高還元

UQモバイル オンラインショップの公式サイトはこちら

目次

auからUQモバイルの乗り換えで後悔する人と5つの理由

UQモバイルはauよりも月額料金が安い一方で、一部の方にとっては乗り換えてから後悔する可能性のあるポイントも存在します。

auからUQモバイルに乗り換えるメリット・デメリットを解説する前に、まずはどのような人が乗り換えると後悔するのかを説明していきます。

ここの項目に当てはまらないのであれば、安心してauからUQモバイルへの乗り換えを進めていただいて大丈夫ですauからUQモバイルへの乗り換え手順を見る)。

毎月20GB超のデータ容量を使いたい人

毎月20GB超のデータ容量が必要な方は、UQモバイルに乗り換えると後悔してしまう可能性があります

auでは『使い放題MAX』のようにデータ容量無制限のプランが提供されていますが、UQモバイルでは『コミコミプラン』の20GBが最大のデータ容量となっています。

20GB超のデータ容量を使いたい場合は、毎月5GB増量される『増量オプションⅡ(550円/月)』を利用するか、それ以上は都度チャージしなければなりません。

都度チャージはかなり割高になってしまうので、もし20GB超のデータ容量が必要な方は別のSIMを利用することをおすすめします

月30GB~50GB使える最安のおすすめ格安SIMは?|料金や速度から比較したMVNO8選

格安SIMに「通信速度」より「安さ」を求める人

UQモバイルは通信速度が速いことが特徴ですが、格安SIMの中では月額料金は高めの部類に含まれます(auよりは安いです)。

そのため「通信速度の速さ・安定感は悪くても良いから、とにかく安いSIMに乗り換えたい」という方は、乗り換え後に後悔してしまう可能性があります

以下はUQモバイルと代表的な比較対象についての、通信速度と月額料金を比較した表です。同じサブブランドの「ワイモバイル」と同等に通信速度が優秀である一方、月額料金は2,000円代と格安SIMの中で割高であることが分かります

キャリア通信速度(昼間)通信速度(夜間)月額料金
UQモバイル55.96Mbps81.1Mbps2,365円
ワイモバイル61.53Mbps60.05Mbps2,365円
楽天モバイル71.23Mbps113.25Mbps1,078円
mineo12.79Mbps46.44Mbps1,518円
IIJmio14.04Mbps46.71Mbps990円
※表内の金額はすべて税込表示で、2024年7月現在に新規受付可能なプランのみ掲載しています
※通信速度のデータは、当サイト「Soldi」の独自アンケートの集計結果です
※掲載内容は変更される場合があります。各キャリアの公式サイトにてご確認ください
参考:格安SIM(スマホ)おすすめ人気比較ランキング

反対に「料金が高めでも、安定して快適に使えるほうが良い」という方にとっては、UQモバイルは有力な選択肢となるでしょう。

UQモバイルは「自宅セット割」や「au Payカードお支払い割」「家族セット割」などが利用でき、割引制度を活用すれば4GBのミニミニプランは月額1,078円で利用できます。

通信速度を重視したい方や自宅のインターネットをKDDIグループのサービスを利用している人は、「UQモバイルを安く利用する」のがおすすめです。

合計最大20,000円相当のau PAY残高還元

UQモバイル オンラインショップの公式サイトはこちら

家族同士で長電話をする人

家族間で電話番号での長電話をする方にとっては、UQモバイルのほうが料金が高くなってしまう場合があります。

ただしこちらはかなり限定的なケースで、具体的には家族間で10分を超える通話時間が67.5分以上ある方でなければ、UQモバイルのほうが料金が安くなります

順を追って説明すると、まずauには『家族割』で家族間の国内通話料が0円になりますが、UQモバイルには家族間通話の割引がありません。一方でUQモバイルには、1回10分までの通話料が0円になる『通話定額オプション』があります。

auとUQモバイルの通話割引の違い

  • au … 家族間の国内通話が24時間0円
  • UQモバイル … 1回10分までの国内通話が24時間0円(有料オプション)

オプションと聞くと高くつきそうなイメージがあるかも知れませんが、家族同士で10分以上の通話をする人でなければ、トータルの費用はUQモバイルのほうが毎月2,970円安くなります

auUQモバイル
プラン名スマホミニプランミニミニプラン
+通話定額ライト
データ容量~4GB4GB
月額料金利用料による段階プラン*1
・~1GB 2,178円
・~2GB 3,278円
・~3GB 4,378円
・~4GB 4,928円
・ミニミニプラン 1,078円*2
・通話定額ライト 880円
1,958円
通話割引・家族間の国内通話が24時間0円
・家族以外では22円/30秒
・1回10分までの国内通話が24時間0円
・家族間の通話も対象
・超過分は22円/30秒

*1 家族割プラス(3人以上)、auスマートバリュー、au PAYカードお支払い割の適用時
*2 自宅セット割、au PAYカードお支払い割の適用時

この差額分2,970円は、通話時間でいうと67.5分に相当します。そのため、家族間で10分を超える通話時間が67.5分以上ある方でなければ、UQモバイルのほうが料金が安くなるのです

もちろんLINE通話などを中心に使うのであれば『通話定額ライト』をつける必要もないため、差額はさらに大きくなります。

最新のスマホへ機種変更したい人

auとUQモバイルの端末ラインナップを比べると、UQモバイルのほうが最新機種の取り扱いは少なめです。

そのため店舗や公式のオンラインショップで最新スマホに機種変更したい方にとっては、やや不便だといえます。

ただしUQモバイルでは販売されていないだけで、他店で購入したSIMフリー端末であればUQモバイルのSIMは問題なく利用できます

UQモバイルで販売されていない機種を使いたい場合は、動作確認済みの機種なのかを確認したうえで他店で購入しましょう。

動作確認済みSIMフリー端末の例を見る

動作確認済みSIMフリー端末の例
機種名対応状況
iPhone 15◯対応
iPhone 15 Pro◯対応
iPhone 15 Pro Max◯対応
iPhone 15 Plus◯対応
iPhone 14◯対応
iPhone 14 Pro◯対応
iPhone 14 Pro Max◯対応
iPhone 14 Plus◯対応
Google Pixel 8 Pro◯対応
Google Pixel 8◯対応
OPPO A79 5G◯対応
OPPO Reno10 Pro 5G◯対応
Galaxy s23 Ultra◯対応
Xperia 5 V XQ-DE44◯対応
Xperia 10 V XQ-DC44◯対応
Xiaomi 13T Pro◯対応
Redmi 12 5G◯対応

(参考:UQモバイル 動作確認端末(スマートフォン対応機種)一覧

auのメールアドレスを継続して使いたい人

auからUQモバイルへ乗り換えた後は、auのメールアドレス(@au.com/@ezweb.ne.jp)が原則使えなくなり、過去の送受信メールも消えてしまいます。

乗り換え後もauのメールアドレスを使うためには「auメール持ち運ぶ」オプションの利用が必要で、利用料金が月額330円必要です

トータルコストで見ればUQモバイルのほうが安くなるケースが大半ですが、毎月の料金にオプション利用料が上乗せされてしまうことは知っておきましょう。

特にauのメールアドレスに拘りがないのであれば、GmailやYahoo!メ-ルのアカウントを作成しておくことをおすすめします

その上で残しておきたいメールがあれば、PC等に保存しておきましょう。

フリーメールアドレスに抵抗がある人はUQモバイルが提供する月額220円のメールサービス(@uqmobile.jp)も検討してみてください。

auからUQモバイルへ乗り換える5つのデメリット

auからUQモバイルへ乗り換えるデメリットは以下のとおりです。

デメリット① UQモバイルにはデータ無制限の「使い放題プラン」がない

UQモバイルは最大でも20GBまでのプランしかなく、データ無制限の使い放題プランがありません。
UQモバイルでは月間に使えるデータ容量が定められている「ミニミニプラン」「トクトクプラン」「コミコミプラン」の3種類から選ぶことになります。

UQモバイル 新プランの料金表
プラン名 音声通話SIMの料金
トクトクプラン 3,465円(※1)
コミコミプラン 3,278円(※2)
ミニミニプラン 2,365円
※1 データ利用料~1GB:2,277円、データ利用料1GB~15GB:3,465円
※2 国内通話10分かけ放題付き
(参考:3つのプラン│格安スマホ/格安SIMはUQ mobile(モバイル)【公式】

UQモバイルで一番大きな容量は20GBの「コミコミプラン」で、21GB以上のプランがありません。
これまでauの「使い放題MAX」プランを契約し、毎月20GB以上を使っていた人はデータ通信量の節約が必要になります。

自宅のWi-Fi環境を整えたり、別途WiMAXを契約するなど、データ通信を使いすぎないようにしましょう。

合計最大20,000円相当のau PAY残高還元

UQモバイル オンラインショップの公式サイトはこちら

デメリット② UQモバイルは容量超過後の通信速度制限にかかりやすい

UQモバイルでは、速度制限にかかる頻度が高くなる可能性があります。

auは使った容量に応じて月額料金が変動する従量課金タイプのプランが中心ですが、UQモバイルはあらかじめ使えるデータ容量が決まったプランが多いからです。

UQモバイルの料金プランについて、データ容量の上限と容量超過後の制限速度を見てみます。

プラン名データ容量上限容量超過後の制限速度
ミニミニプラン4GB最大300kbps
トクトクプラン15GB
(1GBを超過で上限の15GBまで容量を従量課金)
最大1Mbps
コミコミプラン20GB最大1Mbps
※表内はすべて、2024年7月現在に新規受付可能なプランのみ掲載しています
※掲載内容は変更される場合があります。UQモバイル公式サイトau公式サイトにてご確認ください

3つあるプランの内、「ミニミニプラン」と「コミコミプラン」は使えるデータ上限がきっちり定まっているプランです。

加えて、唯一の従量課金制である「トクトクプラン」がありますが、プラン内容的に実質、上限15GBのデータ制限プランであると言えるでしょう。

UQモバイルのほぼ全てのプランにデータ量の制限がある以上、制限を超えて使用するケースがあれば、当然ですが速度制限にかかってしまいます。

毎月のデータ使用量が安定せず「増えたり減ったりする」という人は、auからの乗り換えで日々の使用感にストレスが出てしまう可能性があります。

兄リスのイラスト
速度制限がかかると言っても、「トクトクプラン」「コミコミプラン」は最大1Mbpsまで速度が出るよ!

弟リスのイラスト
1Mbpsあれば、テキストが多いLINEやX(旧Twitter)の使用や、低画質での動画視聴なら無理なく使えそうだね!

合計最大20,000円相当のau PAY残高還元

UQモバイル オンラインショップの公式サイトはこちら

デメリット③ UQモバイルは「電波が悪い(通信が遅い)」

auからUQモバイルへの乗り換えで、「通信状況が悪くなった」という意見もネット上で散見されます。

確かに、格安SIMはソフトバンクやauといったキャリアの回線を間借りして通信を行うため、キャリアの契約者の通信よりも優先度が下がってしまうのは仕組み上、当然の成り行きです。

しかし、実際にUQモバイルとauの通信速度に関する平均化されたデータを見てみると、両者にそこまで大きな差はないことが見て取れます。

比較項目UQモバイルau
平均Ping値45.09ms46.64ms
平均ダウンロード速度99.57Mbps121.31Mbps
平均アップロード速度17.26Mbps18.02Mbps
※表内はすべて、「みんなのネット回線速度」よりデータを引用させて頂いております
※UQモバイル・auともに、直近3ヶ月に計測された測定結果から平均値を計算しています(2024年7月)

上記のデータから、通信速度についての体感は「普段からかなり通信速度を気にする人」や前述の「速度制限にかかりやすい人」にとってのデメリット、と言えるのではないでしょうか。

加えて、格安SIMの通信状況は、電波を送受信する基地局のエリアカバー率にも左右されます。
UQモバイルの場合auと同様で人口カバー率が99%と高いですし、よほどの山間部や過疎地域でなければ「電波が入らない」という問題も起きにくいと考えられます。

合計最大20,000円相当のau PAY残高還元

UQモバイル オンラインショップの公式サイトはこちら

デメリット④ UQモバイルは最新のiPhoneやAndroid端末の取り扱いが少ない

UQモバイルは、auと比べて端末の販売ラインナップが少ないです。
このため、機種変更をする際は端末の選択肢が限られてしまいます。

たとえば、auでは2023年9月に発売されたiPhone15シリーズの取り扱いがありますが、UQモバイルではiPhone15シリーズを販売していません。
Androidもauでは2024年7月時点で26機種販売していますが、UQモバイルでは11機種に限られます。

最新機種を購入したい人はUQモバイルの契約と同時に、auのスマホトクするプログラムで機種のみを購入しましょう。

auオンラインショップで端末のみ購入するボタンのキャプチャ

(画像引用:機種のみ購入手順について|au Online Shop(エーユー オンライン ショップ)

UQモバイルで欲しい端末がない場合は、auで端末を購入してから乗り換えてみてください。

auオンラインショップ施策用の公式サイトはこちら

デメリット⑤ UQモバイルは対象外となる割引キャンペーンがある

UQモバイルはさまざまな乗り換えキャンペーンを実施していますが、auからUQモバイルへの乗り換えは適用対象外となるキャンペーンが多いです。

とくに、乗り換えで10,000円分のau Payが還元されるキャンペーンや最大22,000円の端末割引キャンペーンが利用できません。

auからUQモバイルへの乗り換えで利用できるキャンペーンは「auからUQモバイルへの乗り換え時に利用できるキャンペーン」で紹介しているので参考にしてください。

合計最大20,000円相当のau PAY残高還元

UQモバイル オンラインショップの公式サイトはこちら

auからUQモバイルへ乗り換える5つのメリット

auからUQモバイルへ乗り換えるメリットを以下にまとめました。

メリット① auよりスマホの月額料金が安くなる

毎月のギガ使用量が20GB未満の人は、auよりもUQモバイルに乗り換える方が料金を安くできる場合が多いです。

以下で、auの料金プランとUQモバイルの料金プランを比較してみましょう。

データ通信量UQモバイルau
~1GB
(電話やメールが中心の人)
2,277円
(トクトクプラン~1GBデータ利用時)
3,465円
(スマホミニプラン)
~4GB
(ネットサーフィンをする人)
2,365円
(ミニミニプラン)
6,215円
(スマホミニプラン)
~20GB
(動画を見る・外出が多い人)
3,278円
(コミコミプラン)
7,238円
(使い放題MAX 5G/4G)
※表内の金額はすべて税込表示で、2024年7月現在に新規受付可能なプランのみ掲載しています
※UQモバイル、auともに各種割引適用なしの基本使用料のみを掲載しています
※掲載内容は変更される場合があります。UQモバイル公式サイトau公式サイトにてご確認ください

このように各データ通信料ごとのプラン料金を比較してみると、どの通信料においてもUQモバイルのほうがお得です。

特に、頻繁にネットを利用する~4GB、~20GBといった通信料においては、3,000円以上も格安になることがわかります。

また、この比較はauで既に各種割引が適用されている方にも、同じように成り立ちます。
以下は、先ほどの表にauの割引を適用した際の比較表です。

データ通信量UQモバイルau
~1GB
(電話やメールが中心の人)
2,277円
(トクトクプラン~1GBデータ利用時)
2,178円
(スマホミニプラン)
~4GB
(ネットサーフィンをする人)
2,365円
(ミニミニプラン)
4,928円
(スマホミニプラン)
~20GB
(動画を見る・外出が多い人)
3,278円
(コミコミプラン)
4,928円
(使い放題MAX 5G/4G)
※表内の金額はすべて税込表示で、2024年7月現在に新規受付可能なプランのみ掲載しています
※UQモバイルは各種割引適用なしの基本使用料のみを掲載、auは「家族割プラス(3人以上)」「auスマートバリュー」「au PAY カードお支払い割」をすべて適用した場合の料金を掲載しています
※掲載内容は変更される場合があります。UQモバイル公式サイトau公式サイトにてご確認ください

上記のように、auの代表的な割引の適用がすべて成り立っても、大半の人はUQモバイルの利用をするほうが安価です。

兄リスのイラスト
なお、各種割引を適応すれば、月額1,000円台でUQモバイルを利用できる人もいるのがポイントです。

弟リスのイラスト
UQモバイルには「データ無制限」のプランが無いから、毎月の通信量が20GBを超えるという人はデメリットかも!

合計最大20,000円相当のau PAY残高還元

UQモバイル オンラインショップの公式サイトはこちら

メリット② auからの電話番号の引き継ぎに手間が少ない

電話番号を引き継いで他社に乗り換える際には「MNP予約番号」の取得が必要ですが、auからUQモバイルへの乗り換えの場合はMNP予約番号の発行が不要です。

「MNP予約番号」とは?

電話番号はそのまま引き継いで他社のスマホ会社に乗り換える、「ナンバーポータビリティ」という制度を使う際に取得する10桁の番号です。
取得方法はスマホ会社によって異なりますが、電話・店舗での取得が一般的です。

また15日の有効期限が設けられており、期限を過ぎるとまた取得からやり直さなければなりません。

喜ぶ弟リスのイラスト
MNP予約番号の取得って、店舗に行ったり電話で問い合わせたりすごく面倒だったから、予約番号の取得がいらなくなったのはうれしいね!

頷く兄リスのイラスト
MNP予約番号の取得が不要になったことで、MNP予約番号の有効期限の15日以内に乗り換える必要もなくなったんだ!
これで焦らずいつでも好きな時に乗り換えられるね。

会社によってはMNP予約番号の取得のための電話窓口が繋がりにくかったり、電話で強く引き止められたりすることもあるそうです。

MNP予約番号取得手続きはスマホの乗り換えで一番面倒といっても過言ではなく、不要になったことでauからUQモバイルの乗り換えはよりシンプルになりました。

合計最大20,000円相当のau PAY残高還元

UQモバイル オンラインショップの公式サイトはこちら

メリット③ auの解約違約金や乗り換え手数料が無料で済む

auとUQモバイルは同じKDDIグループなので、乗り換えに必要な手数料(解約金・MNP転出手数料・契約事務手数料)はすべて無料です。

大手キャリアで解約金・MNP転出手数料は廃止になっているため解約金が不要なのはどこも変わりありません。しかし、乗り換え先の契約時には3,300円ほどの契約事務手数料が必要になることが多いです。
一方でauからUQモバイルへの乗り換えは同じグループ内の乗り換えになるため、契約事務手数料がかかりません。

auから他社の格安SIMなどに乗り換える際は3,300円必要ですが、UQモバイルへの乗り換えの場合は0円で済むことは大きなメリットの一つです。

合計最大20,000円相当のau PAY残高還元

UQモバイル オンラインショップの公式サイトはこちら

メリット④ auの店舗で契約や乗り換えの相談ができる

UQモバイルは、全国のauショップでも申し込みや各種手続きを行えます。
これまでauで利用していた店舗にそのまま通えばよいため、直接スタッフとやりとりをしたい人にとってはメリットの1つとなるでしょう。

auショップでは、UQモバイルへの申込みはもちろんのこと、機種変更、修理や機器トラブルの解決など、様々な相談やサポートに応じてくれます。

以下のリンクより、UQモバイルの取り扱い店舗が探せます。

最寄りのUQモバイル販売店舗を探す
UQモバイルを取り扱うauショップを探す

合計最大20,000円相当のau PAY残高還元

UQモバイル オンラインショップの公式サイトはこちら

メリット⑤ au IDやau PAY、Pontaポイントを引き継げる

auからUQ モバイルへ乗り換えても、au IDやau PAY、Pontaポイントを引き継ぎ利用できます。

auからUQ mobileへ乗り換える場合、au IDを引き継ぐことはできますか?

auからUQ mobileへお乗換えいただく場合、au IDをUQ mobile回線に紐付けて引き継ぐ事ができます。 また、auでご利用いただいていたPontaポイントも、引き続きご利用いただけます。
(UQ mobile回線のご利用による新たなポイント付与はありません)

出典:お客様サポート | UQモバイル

au PAY(コード支払い)とは?

QRコードでお支払いができるスマホ決済サービスです。
UQ mobileのお客さまもご利用いただけます!

出典:スマホでお得にお買い物 au PAY | UQモバイル

これまで利用していた「My au」などの管理情報が引き継げるのは、auユーザーにとってのメリットですね。
また、au PAYを頻繁に使っていた人も、決済手段を切り替えずに済むのは安心です。

メリット⑥ 「家族セット割」「自宅セット割」が使える

UQモバイルは基本料金だけでも格安ですが、「家族セット割」や「自宅セット割」と組み合わせることで、さらに使用料を抑えることができます。

以下は、UQモバイルに2つの割引を適用した際の月額料金をまとめたものです。

キャリア割引適用前「家族セット割」適用「自宅セット割」適用
ミニミニプラン2,365円1,815円1,265円
トクトクプラン3,465円3,465円2,365円
コミコミプラン3,278円適用不可適用不可
※表内の金額はすべて税込表示で、2024年7月現在に新規受付可能なプランのみ掲載しています
※掲載内容は変更される場合があります。UQモバイル公式サイトにてご確認ください

家族セット割」とは、UQモバイルの合計10回線までをまとめて減額してくれる割引です。2023年6月からスタートしており、月額料金が永年で550円割引されます。

一方、「自宅セット割」とは、自宅に「auひかり」や「J:COMケーブルテレビ」などの、auの提供する通信サービスを利用している人が、月額料金を割引される特典です。

どちらも、世帯まとめてauを使っていたり、長らくauに関連するサービスを使っていたりするユーザーには嬉しい割引です。これらの割引を適用すれば、通信速度の安定しているUQモバイルを、他のさらに料金が安価な格安SIMと同じ金額帯で使用できる、というのは大きなメリットでしょう。

そのほか、乗り換え時に使えるキャンペーンはこちらをチェックしてください。

合計最大20,000円相当のau PAY残高還元

UQモバイル オンラインショップの公式サイトはこちら

auからUQモバイルへ乗り換える作業手順

現在お使いの機種と電話番号はそのままで、電話移行する乗り換え方法を5ステップで紹介します。

乗り換えのタイミングで、新しいスマホやコスパの良いiPhone SE(第3世代)に機種変更したい人は、UQモバイル公式サイトをご覧ください。

合計最大20,000円相当のau PAY残高還元

UQモバイル オンラインショップの公式サイトはこちら

1.スマホが動作可能か調べる

動作確認端末(スマートフォン対応機種)一覧

(画像引用:動作確認端末(スマートフォン対応機種)一覧│格安スマホ/格安SIMはUQ mobile(モバイル)【公式】

まずはお使いのスマホがUQモバイルでも不具合なく利用できるか、UQモバイルの公式サイトから動作確認してください。

動作確認が済んでいないと、乗り換え後UQモバイルのSIMカードと端末の相性が合わず、メールやテザリング、対応エリアなど一部機能が制限されてしまう可能性があるからです。

UQモバイルでは「動作確認端末一覧」ページから、お使いの端末がUQモバイルでも問題なく利用できるかどうか調べることができます。
「○:ご利用いただけます」の表示があれば次の乗り換え手続きに入って問題ありません。

UQモバイルの動作確認済み端末をチェックする

auで購入した端末に関しては、ほとんどの端末が動作確認済みとなっています。
ただし、auの端末でもHTCやXperia XZs以前の古いXperiaシリーズは「✕:一部ご利用いただけません」の表示が見られます。

お使いの端末がリストにない場合や、「○」印がついていない場合は乗り換えのタイミングで機種とセットで購入するのがおすすめです。

必ず事前に動作確認をするようにしましょう。

合計最大20,000円相当のau PAY残高還元

UQモバイル オンラインショップの公式サイトはこちら

auからの乗り換えは一部端末を除きSIMロック解除不要

他社からUQモバイルへの乗り換えの場合はSIMロック解除の手続きが必要な場合が多いですが、2017年8月以降に発売されたau端末であれば原則SIMロック解除は不要です。

UQモバイルでSIMロック解除が必要な場合は以下の通りです。

UQモバイルへの乗り換え前にSIMロック解除が必要なケース

  • 2017年7月以前に発売されたauのVoLTE対応製品をお使いの場合
  • NTTドコモやソフトバンクなどから購入したVoLTE対応製品を利用している場合
  • 動作確認ページのSIMロック解除の項目で「要」と表示されている場合

先の動作確認時に合わせてSIMロック解除の手続きが必要かどうかも確認すると良いでしょう。

SIMロック解除が必要な場合でも簡単な手続きで解除ができます。

2.乗り換え手続きに必要なものを準備する

auからUQモバイルへの乗り換え手続きに必要なものは以下の通りです。

準備するもの

  • メールアドレス(auのアドレス以外で連絡がとれるもの)
  • 本人確認書類

(参考:お申し込みに必要なもの一覧|格安スマホ/格安SIMはUQ mobile(モバイル)【公式】

auからUQモバイルへの乗り換えの場合、au IDをUQモバイル回線に紐づけて引き継ぐことができます。
支払い情報も引き継ぐことができるため、支払いに使うクレジットカードの登録(または口座振替に使う金融機関の登録)は不要です。

合計最大20,000円相当のau PAY残高還元

UQモバイル オンラインショップの公式サイトはこちら

手続きに必要なものについてそれぞれ詳しく紹介します。

メールアドレス

メールアドレスは申し込み完了時に送られるメールを受領するために必要です。

この際、auで使っていたメールアドレス(@au.com/@ezweb.ne.jp)を登録してしまうと、乗り換え完了後のメールを受領できなくなってしまいます。
このため、Yahoo!メールやGmailなどのフリーアドレスを使うようにしましょう。

auメール持ち運び」(月額330円/1メールアドレス)サービスを利用することで、au解約後も同じメールアドレスを引き続き利用できます。

au解約後31日以内に申し込みが必要なので必要な方は申し込みしてください。

本人確認書類

オンラインストアで契約する場合の本人確認方法には次の2種類があります。

オンラインストアでの本人確認の方法

撮影による本人確認(eKYC)
顔写真付きの本人確認書類と、スマホ(タブレット)のカメラ機能による自撮り写真を照合し、本人の同一性を確認する
画像アップロードによる本人確認
本人確認書類の画像をアップロードして書類審査

本人確認書類には以下のものを利用できます。

本人確認書類として利用できる書類
利用できる本人確認書類撮影による本人確認画像アップロードによる本人確認
運転免許証
運転経歴証明書
マイナンバーカード
在留カード
身体障がい者手帳
療育手帳
精神障がい者保健福祉手帳
(参考:ご本人確認書類について|格安sim・格安スマホの通販は【公式】UQ mobileオンラインショップ

eSIMでの契約の場合は、撮影による本人確認しかできません。

運転免許証などはどちらの場合でも利用できますが、障がい者手帳などは画像アップロードによる本人確認のみとなります。

また上記のほか、以下のケースではそれぞれ追加で書類の提出が必要になります。

名義人が未成年の場合

親権者同伴で店舗に来店の場合のみ申し込みできます。
その際以下の書類すべてが必要です。

家族割利用の場合

家族であることを証明できる書類として以下のいずれかの提出が必要です。

  • 戸籍謄本
  • 住民票(続柄記載)
  • 同性のパートナーシップを証明する書類

本人確認書類記載の住所と現住所が異なる場合

補助書類として以下のいずれかの提出が必要です。

  • 公共料金領収書
  • 住民票
  • 届出避難場所証明書
  • 行政機関発行の領収書

本人確認ができないと契約審査が降りない可能性があるので、記載情報と入力情報、現在の情報と差異がないようにしましょう。

とくに現住所と記載住所が異なると契約できない可能性があるので、事前に十分に確認しておくことをおすすめします。

3.UQモバイルに乗り換えの申し込みをする

事前準備が済んだら、UQモバイルのオンラインショップから申し込み手続きを行ってください。

手続きは以下のかんたんな流れで完了します。

公式サイトでの申し込み手順

  1. UQモバイルオンラインショップにアクセスする
    UQオンラインショップトップ
  2. 画面左側のメニューから「SIM」もしくは「eSIM」を選択する
    UQオンラインショップでのauからUQモバイルへの乗り換え手順1
  3. 契約方法で「au/povo1.0から乗り換え」を選択する
    au/povo1.0から乗り換え
  4. 注意事項等をよく確認して、「進む」を選択する
    注意事項等をよく確認して、「進む」を選択
  5. au IDとパスワードを入力する
    au IDとパスワードを入力
  6. 画面の指示に従い、個人情報や契約内容を選択し、手続きを完了させる

以上で申し込み手続きが完了します。
画面の指示に従って契約プランを選択し、個人情報・請求先登録へ操作をしていけば簡単に申し込み手続きができます。

申し込み完了後、登録したメールアドレス宛に完了通知メールが届くため確認してください。

申し込み手続きは5~10分程度ですぐに終わるので、サクッと申し込み手続きを終わらせてしまいましょう。

合計最大20,000円相当のau PAY残高還元

UQモバイル オンラインショップの公式サイトはこちら

4.SIMの開通手続きをする

UQモバイルのオンラインショップから申し込むと、早ければ2~3日で「My au」に登録していた自宅住所にSIMカードが届きます。
eSIMの場合はSIMカードを受け取る必要がないため、すぐに次のステップに進むことが可能です。

SIMカードが届かない人は審査落ちしているかも!

UQモバイルからSIMカードが届かないという人は、UQモバイルに申し込んだときに登録したメールアドレスに、UQモバイルからメールが来ていないか確認してください。
審査落ちの連絡がメールアドレス宛てに届いているかもしれません。

あわてる弟リスのイラスト
審査落ちてた!auを短期解約したからブラックリスト入りしちゃったかな?

UQモバイルでは審査の基準は明らかにしておりませんが、その理由は登録情報の不備などが多いそうでauからの短期解約を理由に審査落ちしたケースはあまり確認されていません。

審査に落ちてしまった人は、入力情報を確認して再申し込みを行ってみましょう!

申し込み完了後はUQモバイルの回線の開通が必要です。
以下の手順で開通手続きが完了します。

UQモバイル開通手続きの流れ

  1. WiFiに接続する
  2. UQモバイルの「オンラインショップご注文履歴」ページへアクセスする
  3. 「ご注文番号の入力」へ進む
  4. 受付完了メールに記載の「ご注文番号」を入力する
  5. 商品購入時に設定したパスワードを入力してご注文履歴画面へ進む
  6. 「回線を切り替える」をタップする

回線の切り替え手続きは受付時間が9:30~20:30(年中無休)となっています。
時間外の場合は手続きができないので注意しましょう。

ここまでできたら端末の電源を切り、30分ほど時間をおいてください。

回線の切り替えが完了すると、auの契約は自動的に解約されます。ご自身でauの解約手続きを行う必要がありません。

回線切替後の手続きは、SIMカードでの申し込みとeSIMの場合とで手続きが異なるので注意して下さい。

SIMカードのSIM開通手続き

SIMカードでの手続きは以下の流れで完了します。

SIMカードの開通後の手続き

  1. SIMカードを差し替える
  2. 発信テスト用番号(111/通話無料)へ電話をかける
  3. 開通手続き完了

SIMカードの差し替えは以下の手順で行ってください。

SIMカードの入れ替え方

  1. スマホからすでに入っているSIMカードを取り出す
    iPhoneやAndroidのSIMカード挿入口はそれぞれ本体左側の音量調整ボタンの下や端末の裏ぶた内の電池パックにある。
    クリップやSIM取り出しツールの先端を挿入口の穴に差し込んで取り出す。
  2. 新しく届いたワイモバイルのSIMカードを接点部に沿って切り離す
  3. 切り離した新しいSIMカードをスマホのトレイに乗せる
  4. SIMカードをスマホへ挿入する

SIMカードの挿し方のくわしい手順と注意点は下記のページをご覧ください。

その後再起動して発信テスト用番号(111/通話無料)へ発信してみましょう。
無事に発信ができたら回線が利用できている証拠となります。

eSIMのSIM開通手続き

eSIMの場合はSIMカードの差し替え手続きが必要ありません。そのためSIMカードの受け取りを待つ必要なく、すぐに手続きを開始できます。

eSIMでのSIM開通手続きは以下の手順で行います。

eSIMでの開通手続き

  1. eSIMプロファイルをダウンロードする
    1. UQモバイルアプリをダウンロードする
    2. マイページから「eSIMプロファイルをダウンロード」を選択する
    3. 「eSIMプロファイルをダウンロード」をタップする
    4. 「モバイルネットワーク」をタップする
    5. ダウンロード完了
  2. 発信テスト用番号(111/通話無料)へ電話をかける
  3. 開通手続き完了

無事に発信ができたら回線が利用できている証拠となります。

5.APN設定をする

開通手続き後はAPN設定が必要です。

APN設定とはアクセスポイントネームの略で、携帯電話網からインターネット網へ接続するための中継ポイントを設定する手続きになります。
APN設定をしないとインターネット接続ができないため、必ず行いましょう。

ただし、APN設定は端末によって必要な場合と不要な場合があります。

動作確認ページで端末ごとにAPN設定が必要か不要かが記載されています。
必要な場合はPDFファイルで手順が添付されているので、ダウンロードして手順を確認するようにしましょう。

動作確認端末(スマートフォン対応機種)一覧

(画像引用:動作確認端末(スマートフォン対応機種)一覧│格安スマホ/格安SIMはUQ mobile(モバイル)【公式】

ここまで行い、WiFiを切った状態でインターネット接続ができればAPN設定も完了です。

以上で通話もネット通信もUQモバイル回線を使って接続できるようになります。

合計最大20,000円相当のau PAY残高還元

UQモバイル オンラインショップの公式サイトはこちら

auからUQモバイルへの乗り換え時に利用できるキャンペーン

auからUQモバイルへの乗り換えは適用対象外のキャンペーンが多いですが、適用されるキャンペーンがあります。

キャッシュバックやau Pay還元ではなく、主に端末の割引に関わるキャンペーンを利用できます。
他社からの乗り換え時と比べると利用できる種類や適用金額は少なくなってしまいますが、該当する場合は積極的に利用するようにしましょう。

auからの乗り換え時でも利用できるUQモバイルのキャンペーン

詳しくは下記ページでも解説しているので参考にしてください。

合計最大20,000円相当のau PAY残高還元

UQモバイル オンラインショップの公式サイトはこちら

下取りサービス

機種変更下取り

画像引用:下取りサービス|格安スマホ/格安SIMはUQ mobile(モバイル)【公式】

現在使っている端末を下取りに出すことで、次の端末購入費用に充てられる”下取りサービス(機種変更)”を利用できます。

ただし下取りするスマホの状態によって価格が変動します。前提として以下の状態のスマホは下取りサービスの対象外となってしまいます。

下取りサービス対象外となる端末

  • 電源が入らない
  • 充電を行っても充電ランプが点灯しない
  • 暗証番号ロック解除とオールリセットが実施されていない
  • 水濡れシールに水濡れ反応がある
  • 製造番号が確認できない、改造などメーカーの保証外となるような場合
  • 破損品
    • 表面
      • 画面割れ、指の腹をあてて引っ掛かりがあるキズ、筐体に欠けがある、画面下に黒いシミがある、液晶が浮いており発光が外へ漏れている
    • 裏面
      • 背面、側面に明確な溝、割れ、欠けがあるもの、背面、側面に擦り傷があるもの、リアカバーが無いまたは欠けている、リアカバーが純正では無い、バッテリーが純正品ではない、カメラレンズに擦り傷・ヒビ・破損がある

端末が良質な状態、端末が発売から2年以内程度の新しい機種をお使いの場合は下取りサービスを利用しましょう。

合計最大20,000円相当のau PAY残高還元

UQモバイル オンラインショップの公式サイトはこちら

YouTube Premiumが3ヶ月間無料

YouTube Premiumが3ヶ月間無料

(画像引用:YouTube Premiumのご紹介|格安スマホ/格安SIMはUQ mobile(モバイル)【公式】

UQモバイルからYouTube Premiumに加入した場合、通常1,280円のYouTube Premiumの月額料金が3ヵ月間無料となるキャンペーンを実施しています。

YouTubeプレミアムの主な特典メリット

  • 広告なしで視聴可能
  • 画面オフ時・他のアプリ起動時でも、バックグラウンドで再生可能
  • オフライン再生可能
  • YouTube Music Premiumの利用が可能

YouTubeの視聴頻度が多い方は、UQモバイル契約後にYouTubeプレミアムに加入しましょう。

Apple Musicが6ヶ月間無料

Apple Musicが6ヶ月間無料

(画像引用:Apple Music | au

UQモバイル加入中の方がApple Musicに加入すると、通常月額1,080円の月額料金が6ヵ月間無料になるキャンペーンを実施しています。

Apple Musicは1億曲以上の音楽が聴き放題で、スマホで音楽を聴く機会が多い方にはおすすめのオプションサービスです。

Amazon Prime3ヶ月無料

Amazon Prime3ヶ月無料

(画像引用:UQ mobileの対象プランご加入でAmazonプライム3カ月ついてくる!|格安スマホ/格安SIMはUQ mobile(モバイル)【公式】

UQモバイルでは対象プラン加入でAmazon Primeを3か月無料で利用できるキャンペーンを実施しています。

Amazon プライム会員の特典

  • お急ぎ便
    Amazonの取り扱い商品を最短翌日に無料で届けます
  • お届け日指定便
    都合に合う日にちと時間枠を2週間先までの中から指定できます。
  • Prime Video
    プライム会員対象の映画・ドラマ・アニメ・オリジナル作品などを追加料金なしで視聴できます。
  • Amazon Music Prime
    1億曲をシャッフルさいせいで楽しめます。

条件は以下の2つです。

UQモバイルのAmazon Prime会員特典3か月無料キャンペーンの条件

  • 「トクトクプラン」「コミコミプラン」への加入
  • 専用サイトから特典を申し込み
    ※対象プラン加入後にSMSで案内が届きます。その後画面の指示に従いギフトコード3か月分を適用させてください。

すでにAmazonプライム会員の方は、会員資格の終了日が3か月延長されます。

通常600円/月の会費がかかるため、合計で1,800円分もお得になります。

まだAmazonプライム会員ではない人も、既に会員の人も利用できるキャンペーンなので、利用がおすすめです。

UQモバイルオンラインショップから申し込む

まとめ

本記事のまとめは以下のとおりです。

auユーザーは特に、UQモバイルに乗り換えるとデメリットよりもメリットのほうが大きいです。特に、毎月の料金面で迷っている方は、すぐ申し込むことをおすすめします。

UQモバイルの申し込みは、待ち時間無し・配送無料・チャット相談可能・最短翌日発送のオンラインショップがおすすめです!

ポイント別 格安SIMランキング

  • 総合

  • 料金

  • 速度

        • 家族割・ひかり回線とのセット割でさらにお得に
        • ソフトバンク回線を利用していて通信速度が安定してはやい
        • 他社からの乗り換えでPayPayポイント還元(※1)
      • 公式サイトへ
        • 新プランで5GB 990円~の業界最安水準
        • データ量のシェアや繰り越しができる
        • 光回線とセット契約すると月額660円引き
      • 公式サイトへ
        • Softbankと同等の安定した通信速度
        • 3GB990円~のベストプランが登場
        • 一部LINEの利用はデータ通信量としてカウントされない(※2)
      • 公式サイトへ
        • 格安SIMの中でも最速クラスの通信速度
        • 家族セット割・自宅セット割でさらにお得に
        • 他社からののりかえで10,000円分のau PAY残高還元
      • 公式サイトへ
        • 新料金プラン乗り換え先No1
        • Rakuten 最強プランを他社からの乗り換えで初めて申し込みで最大12,000ポイント還元!
        • データ無制限・通話もかけ放題
      • 公式サイトへ
        • 3GB 792円~の業界最安値
        • 330円/月からお試しプランを利用できる
        • ドコモ・au・ソフトバンクの3回線に対応
      • 公式サイトへ
        • 3GBは月額770円!100MB未満なら月額290円!
        • 20GBでも月額2,190円と安い
        • 5分以内かけ放題オプションが月額500円、完全かけ放題は月額1,480円
      • 公式サイトへ
        • 5GB 990円~の業界最安水準
        • データ量のシェアや繰り越しができる
        • 光回線とセット契約すると月額660円引き
      • 公式サイトへ
        • 4GB 1,180円
        • 1GB単位のプランで自分に合う内容を選べる
        • 60歳以上の方向けにさらに安い「やさしいプラン」がある
      • 公式サイトへ
        • 新料金プラン乗り換え先No1
        • 3GB未満なら1,078円
        • Rakuten Linkアプリで通話もし放題
      • 公式サイトへ
        • ドコモのオンラインブランドでキャリアに匹敵する通信速度
        • 5分以内の通話は無料
        • 20GBで2,970円の月額料金
      • 公式サイトへ
        • キャリアに匹敵する通信速度
        • 3GB990円~のベストプランが登場
        • LINEの利用はデータ容量としてカウントされない(※1)
      • 公式サイトへ
        • 格安スマホでは速度ランキングトップクラス
        • auと同等の安定した通信速度
        • 最大10,000円相当のau PAY残高還元実施中
        • iPhoneやAndroid端末が安く手に入る
      • 公式サイトへ
        • 格安スマホ速度ランキングではUQモバイルに匹敵
        • Softbankと同等の安定した通信速度
        • ネット割併用で4GBが月額1,078円~
        • 店舗で気軽に相談ができる
      • 公式サイトへ
    ※MMD研究所調べ
※料金はすべて税込価格です。
※2024年7月現在の情報です。
※1 ソフトバンク/LINEMO/LINEモバイル(ソフトバンク回線)及びソフトバンク回線MVNOからののりかえは対象外。PayPayギフトカードでの付与、出金・譲渡不可。データ増量OP(月額550円)への加入が必要。
※2 トークでの位置情報の共有・Live の利用、スタンプショップの利用、ニュース記事の閲覧など、一部 LINE ギガフリーの対象外があります。

家計の見直しは「固定費」の削減から始めよう!支出の見直しポイントとプロが教えるおすすめの方法はコレ!

この記事の著者

編集

Soldi編集部

Soldi編集部は「おうちのお金をスマートに」をコンセプトにコンテンツの配信を行っています。

T.M

ライター

T.M

職業
Webライター
専門・得意分野
携帯キャリア(ドコモ、au、ソフトバンク)全般 / 格安SIM全般 / 光回線 / WiMAX / レンタルWiFi
などなど、通信ジャンル全般を専門に活動中

初めまして、T.Mと申します。
2017年12月から専業Webライターとして、格安SIMや光回線、WiMAXなどの通信ジャンルを専門としたライティングを行っております。

携帯代理店の法人部門に勤務していた経歴があり、携帯キャリアの料金プランやサービス内容について日々勉強をしておりました。
その経験と知識を活かし、昨今の通信ジャンルにおける複雑な料金プランやサービス比較を分かりやすくご紹介できるよう努めております。

通信ジャンルは料金プランの複雑さも相まって、非常にとっつきにくいイメージを持たれている方が多いかと思います。
ですが、実際に調べてみればその内容は意外と単純で、サービスとしても素晴らしい内容のものもあります。
上手く活用すれば、日々のインターネット活用がより快適なものになり、料金を節約することにもつながります。

そんなお役立ち情報を発信できるよう常に心がけております。
読者の皆さま方に「この記事を読んで良かったな」と感じていただけるよう精進してまいります。

経歴:
2015年5月~2017年12月:某携帯代理店の法人部門に在籍
・ドコモ、au、ソフトバンクの全キャリアを取り扱っていたため料金プランやサービス内容に精通
・某民泊代行法人へビジネスモデルとして「レンタルWiFi」を提案、600台以上の回線契約を獲得
2017年12月~現在:独立。専業Webライターとして活動中
・格安SIM・光回線・WiMAXなどの通信ジャンル全般の専門Webライターとして活動
・月間20万文字以上を執筆、通信ジャンルの記事納品本数は200本以上
※当サイトに掲載している情報は、万全の保証をいたしかねます。
機器、サービスの価格、スペック等の詳細情報は、必ず各公式サイトでご確認ください。

格安SIMのおすすめ21社を比較!格安SIMの選び方も