Menu

ドコモから楽天モバイルにMNPで乗り換える手順とデメリットを解説!

このページにはPRリンクが含まれています

『Soldi』は、複数の企業と提携し情報を提供しており、当サイトを経由して商品への申込みがあった場合には、各企業から報酬を受け取ることがあります。ただし当サイト内のランキングや商品の評価に関して、提携の有無や支払いの有無が影響を及ぼすことはございません。また当サイトで得た収益は、サイトを訪れる皆様により役立つコンテンツを提供するために、情報の品質向上・ランキング精度の向上等に還元しております。

ドコモから楽天モバイルにMNPで乗り換える手順とデメリットを解説!

今回は、ドコモから楽天モバイルにMNPで乗り換える際の手順やデメリット、メリット、よくある質問等にお答えしていきます。

ドコモから楽天モバイルへの乗り換えは以下の手順で手続きができます。

手続き方法やメリット・デメリットを知っておくと、安心して乗り換えることができますよ。

特に、ドコモで使っている今のスマホ・電話番号・キャリアメールがそのまま楽天モバイルでも使えるか気になる方・料金が安くなるのか気になる方は、ぜひ記事を参考にしてください。

<PR>

楽天モバイルのキャンペーンがお得

楽天モバイルは現在キャンペーンがお得です!
端末セットならポイントキャッシュバック金額が非常に大きくなっています!
SIMのみでもポイントキャッシュバックがあるので、おすすめです。

  • スマホセット購入の場合

    最大12,000円相当

    キャッシュバック!

  • SIMのみのご契約の場合

    紹介で1人につき最大7,000円相当

    キャッシュバック!

※端末によりポイント還元額が異なる場合がございます。

ドコモから楽天モバイルへ乗り換える手順

それでは、ドコモから楽天モバイルへ乗り換える際の手順を確認していきましょう。

ドコモから楽天モバイルへの乗り換えは、以下の6つのステップで完了します。

乗り換える際の詳しい手続きを、ひとつずつ解説していきます。

他社からの乗り換えで
最大12,000円キャッシュバック

楽天モバイルの公式サイトはこちら

①ドコモの機種をそのまま使う場合、SIMロックを解除する

ドコモから楽天モバイルに乗り換える際、いま使っているドコモのスマホをそのまま利用したい方もいらっしゃるでしょう。

その場合は、楽天モバイルに乗り換える前にドコモのSIMロックを解除しておきましょう。
なぜなら、SIMロックを解除しておかないと楽天モバイル回線で通信ができないからです。

ドコモから楽天モバイル乗り換え前にSIMロック解除

(画像引用:Rakuten Mobile|お使いのスマホそのままで楽天モバイルのSIMを使う方法

SIMロック解除は、My docomo・ドコモショップ・電話で行うことが可能です。
店舗や電話では手間や待ち時間がかかるので、できればオンライン(My docomo)での解除申請をおすすめいたします。

連絡先受付時間手数料
オンラインMy docomo24時間無料
店舗ドコモショップ各店舗による無料
電話ドコモ電話:1519時~20時無料
フリーダイヤル:0120-800-000

また、店舗でもSIM解除手続きが可能ですが、緊急事態宣言によるテナント休業もあるため、事前に確認と予約をしておきましょう。

SIMロックの解除を自分で行う方・SIMロックについてもっと詳しく確認したい方は、以下の記事も参考にしてください。

他社からの乗り換えで
最大12,000円キャッシュバック

楽天モバイルの公式サイトはこちら

②ドコモでMNP予約番号を取得する

ドコモから楽天モバイル乗り換え前にMNP予約番号を取得する

(画像引用:docomo|MNPを利用した解約お手続き方法

ドコモで使っている電話番号を楽天モバイルでもそのまま使いたい場合、ドコモからMNPの予約番号を取得する必要があります。

MNPの予約番号取得も、My docomo・ドコモショップ・電話で行うことが可能です。
手順は簡単で、電話やWEBでMNP予約番号を発行してもらうだけです。

連絡先等は以下になります。

連絡先受付時間
オンラインMy docomo24時間
店舗ドコモショップ各店舗による
電話ドコモ電話:1519時~20時
フリーダイヤル:0120-800-000

MNP予約番号が発行されたら、早めに楽天モバイルへ申し込むようにしましょう。
MNP予約番号には15日の有効期限があるからです。

また、楽天モバイルを申し込む時、MNP予約番号の有効期間が「7日以上」残っていることが必要です。
有効期限が切れると、再度ドコモでMNP予約番号を取得しなければなりません。

ちなみに、よくMNP予約番号を発行したとたん今の端末が使えなくなると勘違いされる方がいますが、MNP予約番号を発行しただけでは解約にならないのでご安心くださいね。

他社からの乗り換えで
最大12,000円キャッシュバック

楽天モバイルの公式サイトはこちら

③楽天モバイルへ申し込みをする

ドコモから楽天モバイルへ乗り換えの申し込みをする

(画像引用:Rakuten mobile|他社から楽天モバイルへの申し込み

ここまでの事前準備が完了すると、楽天モバイルへMNP申し込みが可能です。

さっそく楽天モバイルで手続きを行いましょう。
以下の書類をお手元に用意しておくと、手続きがスムーズになりますよ。

ご契約に必要な書類

  • 本人確認書類

    日本国籍の場合外国籍の場合
    • 運転免許証
    • 運転経歴証明書
    • 個人番号カード(マイナンバーカード)
    • 身体障がい者手帳※補助書類必要
    • 精神障がい者保健福祉手帳
    • 療育手帳
    • 健康保険証※補助書類必要
    • 日本国パスポート※補助書類必要
    • 住民基本台帳カード※補助書類必要
    • 在留カード
    • 特別永住者証明書
    補助書類
    • 公共料金の請求書・領収書(電気・都市ガス・水道いずれか)
    • 住民票
    • 届出避難場所証明書
    ※発行から3カ月以内で、氏名、住所がお申し込みいただいた内容と一致している必要があります。
    ※記載の氏名がご家族など、ご契約者様本人の物でない場合、ご利用できません。
  • 楽天会員ユーザーID/パスワード
  • クレジットカード/銀行口座
  • (他社からの乗り換えの場合のみ)MNP予約番号

楽天会員に未加入の方は、無料でIDを発行することができるので、楽天会員登録ページよりIDを発行しておきましょう。

楽天モバイルは以下の窓口から申し込みが可能です。

申し込み窓口受付時間
Web楽天モバイル 公式HP24時間
店舗楽天モバイルショップ各店舗による
電話番号:0800-805-00909時~20時(年中無休)

申し込みは、プランを申し込む方(SIMカードを購入する方)と、プランとスマホをセットで申し込む方で異なります。

次項からくわしく確認していきましょう。

他社からの乗り換えで
最大12,000円キャッシュバック

楽天モバイルの公式サイトはこちら

SIMカードのみ購入する場合

楽天モバイルの回線を契約してSIMカードを購入をする方は、以下の手順となります。

まず、「Rakuten 最強プラン」のプランを選択するをタップします。

「Rakuten 最強プラン」のプランを選択するをタップ

(画像引用:Rakuten mobile|プランのみでお申し込みの場合

次に、通話サービス・SIMカードタイプを選択します。

通話サービス・SIMカードタイプを選択

(画像引用:Rakuten mobile|プランのみでお申し込みの場合

プランのみで申し込む方は「製品を選択する」はタップせず、申込内容を確認後に「この内容で申し込む」をタップしてください。

プランとスマホをセットで申し込む場合

楽天モバイルの回線とスマホもセットで申し込む場合、以下の手順となります。

まず、「Rakuten 最強プラン」のプランを選択するをタップします。

「Rakuten 最強プラン」のプランを選択するをタップ

希望のサービスを追加し、「製品を選択する」をタップしてください。

希望のサービスを追加し、「製品を選択する」をタップ

続いて希望のスマホを選び、「製品を選ぶ」をタップしてください。

希望のサービスを追加し、「製品を選択する」をタップしてください。

スマホのカラー、メモリ容量、支払回数を選択し「購入する」をタップします。

スマホのカラー、メモリ容量、支払回数を選択し「購入する」をタップ

製品保証や関連アクセサリーを選択してください。
選択後に申込内容を確認し、「この内容で申し込む」をタップしてください。

他社からの乗り換えで
最大12,000円キャッシュバック

楽天モバイルの公式サイトはこちら

④SIM到着後、ドコモから楽天モバイル回線に切り替える

楽天モバイルで申し込み後、SIMまたは端末が自宅に届いたら、MNP開通手続きを行いましょう。

楽天モバイル回線への切り替え手順は、以下の通りです。

まず、my楽天モバイルにアクセスし、右上のメニューから「お申込み履歴」を選択してください。

(画像引用:Rakuten Mobile|MNP開通手続き方法

申込番号が表示されるので、該当する番号を選択してください。

申込番号が表示されるので、該当する番号を選択

(画像引用:Rakuten Mobile|MNP開通手続き方法

「MNP転入する」ボタンを選んでタップしてください。

「転入を開始する」をタップする

(画像引用:Rakuten Mobile| MNP開通手続き方法

これで、楽天モバイルへの回線切り替え作業は完了です。

ちなみに、作業を行う時間帯によりMNP手続きの完了時間が異なります。

切り替え実施時間完了時間
9時~21時当日中
21時1分~翌8時59分翌日9時以降

楽天モバイルで端末を購入した人は、MNPが完了すると楽天モバイルに切り替わります。
お手持ちのスマホををそのまま使う方・SIMフリーのスマホを使う方は、届いたSIMカードをスマホに差し込んで起動してください。

注意

楽天モバイルの回線に切り替わった時点でドコモは自動解約となります。
そのため、ドコモで改めて解約手続きをする必要はありません。

また、SIMの差し替えについて不安な人は、以下の記事で画像や動画をまじえくわしく解説していますので確認してみてください。

他社からの乗り換えで
最大12,000円キャッシュバック

楽天モバイルの公式サイトはこちら

⑤ネットワーク設定(APN設定)をする

次に、楽天モバイルでのネットワーク設定(APN設定)を行います。
なお、楽天モバイルで購入した製品は、自動的に通信接続が完了するので、APN設定は不要です。

お手持ちのスマホをそのまま楽天モバイルで利用する場合は、「APN設定」が必要となるため、以下をご確認くださいね。

以下は、iPhoneでのAPN設定手順です。

  1. 設定アプリを起動し、「モバイル」通信を選択
  2. 通信のオプションを選択
  3. 音声通話とデータを選択
  4. LTEとVoLTEをonにしてOKを押す
  5. モバイルデータ通信ネットワークを選択
  6. モバイルデータ通信項目のAPNに「rakuten.jp」を入力
  7. インターネット共有項目のAPNにrakuten.jp」を入力

もし、APN設定をしても繋がらない場合は、以下の原因が考えられるので、確認してください。

  • 動作確認済みの機種ではない
  • iPhone XR以前の機種でRakuten 最強プランを契約した
  • ネットワークの利用制限端末
  • 機内モードになっている
  • 通信障害が発生している

なかでも、楽天モバイルの動作確認機種ではない場合、対応機種を購入するしかありません。
特にiPhoneXR以前の機種をお持ちの方は、申し込む前に必ず楽天モバイル動作確認済み端末一覧から使用したいスマホを確認しておきましょう。

他社からの乗り換えで
最大12,000円キャッシュバック

楽天モバイルの公式サイトはこちら

⑥データ移行・バックアップをする

ドコモから楽天モバイルに乗り換える際、新しい端末を変更する方はデータ移行・バックアップをしておきましょう。

移行できるデータは以下の通りです。

  • 電話帳
  • 写真、動画
  • アプリ(LINE、おサイフケータイ)

LINE等、アプリ内の情報は引き継がれないため、データ移行方法を確認してください。

電話帳・写真・動画データ移行やバックアップには、以下の3通りあります。

  • クラウド経由でのデータ移行
    iPhoneはiCloud、AndroidはGoogle ドライブを利用して移行できます。
    キャリアが独自に提供しているアプリ等も利用可能です。
  • SDカードでのデータ移行
    Androidスマホ同士の乗り換え時のみ可能です。
    古いスマホのデータをSDカードに保存し、新しいスマホにSDカードを入れてデータを移行します。
  • パソコンでのデータ移行
    iPhoneは「iTunes」、Androidは標準のファイル管理を利用して移行できます。
    古いスマホをパソコンに接続してデータを保存した後、新しいスマホを接続してデータを移行します。

また、Facebook・Twitter・Instagram・TikTokなどのSNSは、アカウントにログインできればデータを移行する必要はありません。
新しいスマホにアプリをインストールしたら、アカウントにそのままログインしてください。

他社からの乗り換えで
最大12,000円キャッシュバック

楽天モバイルの公式サイトはこちら

ドコモから楽天モバイルに乗り換えるデメリット

ここまで、ドコモから楽天モバイルに乗り換える際の手順をお伝えいたしました。

ここからは、ドコモから楽天モバイルに乗り換えるデメリットを解説いたします。 大手キャリアのドコモから楽天モバイルにすると、どんなデメリットが出てくるのでしょうか。

ドコモから楽天モバイルに乗り換えるデメリットは以下の5点です。

とはいえ、長年ドコモユーザーだった方にはこれまでと同じサービスが受けられない等、気になることも含まれています。
楽天モバイルの契約前に、デメリットもしっかり確認しておくことをおすすめします。

①ドコモで端末を購入している場合、残りの代金がかかる

ドコモで購入した端末代金の分割支払い残金がある方は、解約後も引き続き支払いが残ります。
その際、全残額を分割払いまたは一括払いで支払うことになります。

更に注意が必要なのが、この端末代金の割引やサポートサービスを受けている方です。
端末残額がある場合に解約をしてしまうと、この適用額のサービスもなくなります。

この場合、割引き前の料金が残りの月数分発生するので、解約後も大きな出費になってしまいます。
特に、乗り換えとともに楽天モバイルの対応機種を購入する方は、タイミングをよく確認しておいた方がよいでしょう。

ドコモの端末代金残高について確認する方法は以下の通りです。

ドコモの「端末代金残高」の確認方法

  1. My docomoアプリから
  2. 「料金」をタップ
  3. 「端末等代金分割支払金」で分割支払金残高に数字が記載されていればそれがまだ払い終わっていない端末残額となります。

残金やサポート内容にもよりますが、なるべく端末代金を支払終わってから乗り換えることをおすすめします。

②ドコモのメールアドレスや割引が使えなくなる

ドコモから楽天モバイルへ乗り換える前に、これまで使っていたドコモのサービスを再度確認しておく必要があります。

ドコモから楽天モバイルに乗り換えると、ドコモのメールアドレスや各種割引が適用されなくなるからです。

ドコモ解約後利用できないサービス

  • ドコモのキャリアメール
  • ドコモ光のセット割
  • 家族割
  • ドコモの窓口等サポート

ドコモのキャリアメール(@docomo.ne.jp)はGmailやYahoo!メ-ルのアカウントを作成しておきましょう。
過去の送受信メールも消えてしまうので、残しておきたいメール内容はPC等に保存しておくことをおすすめします。

また、ドコモ光とのセット割や家族割が適用されていた方も、楽天モバイルに乗り換えると割引が使えなくなります。

特に家族割は、家族のドコモ料金が変わる可能性があります。
できれば、楽天モバイル変更前に家族へ声掛けをしておきましょう。

ただし、ドコモのメールアドレスに関しては、「ドコモメール持ち運び」サービスが開始となり、ドコモ解約後もドコモメールを引き続き利用できるようになりました。
月額330円の有料サービスとはなりますが、メールアドレスの変更等が手間な方はドコモメール持ち運びサービスを利用しましょう。

参考:ドコモメール持ち運び | サービス・機能 | NTTドコモ

③「Rakuten Link」を使わないと通話料が高い

楽天モバイルは無料通話アプリ「Rakuten Link」を使用しないと、通話料が高くなります。

このRakuten Linkは、楽天モバイルユーザーのみが使える専用アプリです。
通話・グループチャット・メッセージが無料で楽しめ、海外でも利用できるので便利ですが、通話にはRakuten Linkアプリを使用しないと、無料になるどころか通話料が高くなってしまいます。

たとえば、Rakuten Linkアプリを開かないで通話をすると30秒で22円発生します。
1回5分通話をすると220円、1回30分の通話だと1,320円にもなります。

しかし、Rakuten Linkを開いて通話をすると、0円です。

通話料を無料にするにはアプリを開く手間がデメリットになりますが、仕事で利用する方・よく通話をする方は、通話料を抑えるためにもRakuten Linkアプリを利用しましょう。

他社からの乗り換えで
最大12,000円キャッシュバック

楽天モバイルの公式サイトはこちら

ドコモから楽天モバイルに乗り換えるメリット

ここまで、ドコモから楽天モバイルに乗り換えるデメリットを3つ紹介しました。
デメリットは3つでしたがメリットは9つもあるので、乗り換えを希望している方は検討しやすいと思います。

それぞれ確認していきましょう。

①月額料金が約4,000円安くなる

ドコモから楽天モバイルに乗り換えると、月額料金がとてもお得になります。
なんと、月額料金が約4,000円も安くなるからです。

たとえば、同じ無制限プランであるドコモ eximoと、Rakuten 最強プランを比較してみましょう。

ギガ数プラン名月額料金
無制限ドコモ eximo7,315円
無制限楽天モバイル 最強プラン3,278円

各割引等は考慮せずに計算してみても、ドコモと楽天モバイルの月額料金の差額は、4,037円あります。
年間だと48,444円の差額になるので、楽天モバイルに乗り換えると約5万円も安くなることがわかります。

同じギガ無制限のプランなら、楽天モバイルに乗り換えた方が断然お得です。

他社からの乗り換えで
最大12,000円キャッシュバック

楽天モバイルの公式サイトはこちら

②料金プランが1つでわかりやすい

複雑な料金プランに頭を悩ませていた人・どのプランを選べばいいかわからない人でも、楽天モバイルなら安心ですよ。
料金プランは1つしかないうえ、毎月のデータ使用量で支払う金額が決まるからです。

Rakuten最強プランの料金プラン

(画像引用:Rakuten Mobile|すべての人に最適なワンプラン

たとえば、ドコモのプラン数は3つあります。(2024年5月現在)
その中でも家族割・ドコモ光セット割等の割引が適用されるかどうかで月額料金は異なります。

一方で、条件によって異なるドコモの料金体系とは違い、楽天モバイルには複雑な条件がありません。
どれだけ使っても月額が最大3,278円であれば、どのようなユーザーでも分かりやすいうえ、安心して利用することができます。
さらに、2023年6月より、日本全国の通信エリアで高速データ通信が使い放題になったため、より便利になりました。

2022年7月で楽天モバイルの1GB未満0円のサービスは廃止となってしまいましたが、多くの場合でドコモよりもお得な料金で使うことができます。

乗り換えを希望している方は、この機会に申し込むことをおすすめします。

他社からの乗り換えで
最大12,000円キャッシュバック

楽天モバイルの公式サイトはこちら

③楽天モバイルの店舗で契約や相談ができる

店員と相談しながら契約したい方・オンライン手続きが不安な方は楽天モバイルの店舗で申し込みましょう。
楽天モバイルショップは全国に約1,000店舗 あるため、申し込みや機器トラブルの際も解決のため相談・サポートに応じてくれますよ。

ただし、家電量販店内になる楽天モバイルショップでは、機種変更やSIMカードの交換・再発行はできません。
また、緊急事態宣言によるテナント休業や営業時間の変更もあるため、事前に確認と予約をしておきましょう

近くにある楽天モバイルのショップを探す

④Rakuten Linkで国内通話が無料でかけ放題になる

楽天リンクアプリで国内通話がかけ放題

(画像引用:Rakuten Mobile|Rakuten Linkアプリで国内通話がかけ放題

通話をよくする方は、楽天モバイルにすると料金がお得になります。
楽天モバイルは無料通話アプリを使うと、国内であれば時間の制限なく無料で音声通話ができるからです。

実際、ドコモ・楽天モバイルでは、30秒ごとに22円の通話料金が発生します。
1回3分通話した場合は132円となり、3分通話を5回すると660円となります。

しかし、Rakuten Linkを利用すると通話料が無料なのでぜひ利用してください。

Rakuten Linkアプリの機能は以下の通りです。

Rakuten Linkアプリの機能

  • 国内通話無制限
  • 月額980円で国際電話かけ放題
  • 国内、国際SMS
  • メッセージ、グループチャット
  • 連絡先の登録、管理
  • ニュースの閲覧、クーポン利用
  • お支払(楽天ペイアプリ経由)
  • ポイント履歴の確認

このように、たくさんの機能があります。

さらに、Rakuten Link同士であれば国際電話も無料なので、海外旅行や海外出張の多い方は よりお得になりますよ。
ただし、アプリを開いてから発信をしないと、通話料金が発生してしまうので気を付けましょう。

他社からの乗り換えで
最大12,000円キャッシュバック

楽天モバイルの公式サイトはこちら

⑤楽天ポイントが貯まる・使える

楽天市場や楽天トラベル等、普段から楽天が運営するサービスをよく利用している方は、Rakuten最強プランに乗り換えるとお得になります。

楽天モバイルは月額料金110円につき1ポイントもらえるので、支払と同時に楽天ポイントが貯まるからです。
貯まったポイントは楽天でのネットショッピングに利用できますよ。

また、支払方法をクレジットカード・デビッドカードにしておくと、貯まった楽天ポイントを月額料金の支払いにあてることもできます。

楽天ポイントカードをまだお持ちでない方は、この機会にポイントが貯まる・支払いもできる楽天カードも一緒に申し込むことをおすすめします。

他社からの乗り換えで
最大12,000円キャッシュバック

楽天モバイルの公式サイトはこちら

⑥楽天モバイルや楽天グループのキャンペーンが使える

ドコモから楽天に乗り換える際は、お得なキャンペーンを利用しましょう。

楽天モバイルは、最大12,000ポイント還元キャンペーンなどお得になるキャンペーンを実施しています。

楽天グループのキャンペーンはもちろん、他の企業とコラボしたキャンペーンもあり更新頻度はとても高いです。
割引や特典情報は、楽天モバイルの公式サイトをご確認ください。

また、楽天モバイルのキャンペーンについてもっと詳しく知りたい方は、下記の記事もご覧ください。

他社からの乗り換えで
最大12,000円キャッシュバック

楽天モバイルの公式サイトはこちら

⑦SIMカードを入れ替えるだけで使えるスマホがある

ドコモから楽天モバイルに契約後、なるべくすぐに切り替えられるほうがいいですよね。
楽天モバイルは、手持ちのスマホのSIMカードと入れかえるだけで楽天モバイルに移行できる機種があります。

旧プランのRakuten UN-LIMIT提供時はiPhoneの動作確認が取れていませんでしたが、現在はiPhoneの対応機種も増えています。

手持ちの機種が楽天モバイルに対応しているかは、楽天モバイルの動作確認ページで調べることができます。

ちなみに、筆者はauで購入したiPhone XRが楽天モバイルでも対応するか確認したところ、楽天回線非対応製品と判断されました。iPhoneユーザーは、楽天モバイルに乗り換える前に必ず対応状況を確認しておきましょう。

⑧デビッドカードで支払いができる

楽天モバイルは支払方法の選択肢が多いことが特長です。
クレジットカード・口座振替・楽天ポイント払いのほか、デビッドカードでの支払いにも対応しています。

特にクレジットカードをお持ちでない方は、デビッドカード対応は便利に感じるポイントでしょう。

ただし、楽天モバイル支払に利用できるのは、「楽天銀行デビッドカード」と「スルガ銀行デビッドカード」のみです。

楽天銀行デビッドカードなら、支払額110円(税込)につき1円相当の楽天ポイントが貯まります。
貯まったポイントで支払いもできるので、この機会に申し込むことをおすすめします。

他社からの乗り換えで
最大12,000円キャッシュバック

楽天モバイルの公式サイトはこちら

⑨ドコモの解約時の違約金は無料

ドコモから楽天モバイルに乗り換える場合、ドコモの解約金はかかりません!

2022年3月からドコモの違約金は廃止され、解約時に違約金を請求されることがなくなったからです。

これまではドコモの解約時には以下のような解約金がかかっていました。

以前までのドコモの解約違約金

  • 旧プラン解約金(違約金):10,450円
  • 新プラン解約金(違約金):1,100円

2022年4月以降の解約は、これらの違約金はいっさいかかりません。
解約金の負担がなくなったのも大きなメリットの一つです。

他社からの乗り換えで
最大12,000円キャッシュバック

楽天モバイルの公式サイトはこちら

ドコモから楽天モバイルに乗り換えでよくある質問

ここまで、ドコモから楽天モバイルに乗り換える際の手続きやメリット・デメリットを紹介いたしました。

そのほかに、乗り換えでよくある質問をまとめています。

  • ドコモを解約するとdポイントはどうなる?
  • 楽天モバイルでiPhoneは購入できる?
  • 楽天モバイルの引き落とし日はいつ?

ひとつずつ確認していきましょう。

ドコモを解約するとdポイントはどうなる?

dアカウントをお持ちの場合は、携帯電話の解約後もdポイントクラブ会員としてdポイントを継続して利用できます。

しかし、dアカウントを持っていない場合、dポイントクラブは引き継がず、dポイント(dカードやdポイントカードなどで獲得したポイントも含む)も失効します。

dアカウントを発行していない人は、ドコモ解約前にdアカウントを発行しておきましょう。

楽天モバイルでiPhoneは購入できる?

iPhoneトク得乗り換え!対象のiPhoneが最大32,000円相当おトク!

(画像引用:iPhoneトク得乗り換え!対象のiPhoneが最大32,000円相当おトク!

これまで、楽天モバイルはiPhoneを販売していなかったので、自分で用意する必要がありました。
しかし、2021年4月30日よりiPhoneの取り扱いが開始され、現在以下の機種を購入することが可能です。

さらに2023年9月発売の新型iPhone15シリーズも取り扱っています。

iPhone名製品価格買い替え超トクプログラム利用時
※25か月目に返却した場合の支払い総額
iPhone 15 Pro Max210,800円~105,384円~
iPhone 15 Pro174,700円~87,336円~
iPhone 15 Plus146,800円~73,392円~
iPhone 15131,800円~65,880円~
iPhone 14 Plus135,900円~67,944円~
iPhone 14120,800円~60,384円~
iPhone 13108,700円~54,336円~
iPhone SE(第三世代)64,000円~31,992円~

さらに現在、最大12,000円相当のポイントが還元される「iPhoneトク得乗り換えキャンペーン」を実施中です。
購入をお考えの方はこの機会に申し込みましょう。

他社からの乗り換えで
最大12,000円キャッシュバック

楽天モバイルの公式サイトはこちら

楽天モバイルの引き落とし日はいつ?

楽天モバイルの料金が確定する締日は毎月末です。
楽天カードと口座振替の場合、毎月27日(土日祝日の場合は翌営業日)が引き落とし日です。

その他のクレジットカードの引き落とし日は、カード会社により異なります。
カード会社による締日と引き落とし日は以下の通りです。

カード会社締め日引き落とし日
楽天カード月末翌月27日
VISA/Master15日または月末の選択翌月10日または26日の選択
JCB15日翌月10日
American Express20日翌月10日 ※
Diners Club20日翌月10日

※カード会社により異なる場合があります。

楽天モバイルの金額が月末に確定後、カード会社の締め日を経て翌々月の引き落としになります。
引き落とし日・請求について詳しく確認したい方は以下の記事もご覧ください。

他社からの乗り換えで
最大12,000円キャッシュバック

楽天モバイルの公式サイトはこちら

まとめ

ここまで、ドコモから楽天モバイルへの乗り換えについて詳しくお伝えいたしました。
乗り換える手順や方法・メリット・デメリットなどがイメージができるようになったのではないでしょうか。

最後にドコモから楽天モバイルに乗り換える手続きを確認しましょう。

  1. ドコモの機種をそのまま使う場合、SIMロックを解除する
  2. ドコモでMNP予約番号を取得する
  3. 楽天モバイルへ申し込みをする
  4. SIM到着後、ドコモから楽天モバイル回線に切り替える
  5. ネットワーク設定(APN設定)をする
  6. データ移行・バックアップをする

乗り換える前の準備が整えば、あとはそんなに難しくありません。
楽天モバイルに乗り換えると、デメリットよりもメリットの方が多いので、迷っている方はすぐ申し込むことをおすすめいたします。

楽天モバイルのメリットや評判を知りたい方は、以下の記事も参考にしてみてください。

他社からの乗り換えで
最大12,000円キャッシュバック

楽天モバイルの公式サイトはこちら

ポイント別 格安SIMランキング

  • 総合

  • 料金

  • 速度

        • 家族割・ひかり回線とのセット割でさらにお得に
        • ソフトバンク回線を利用していて通信速度が安定してはやい
        • 他社からの乗り換えでPayPayポイント還元
      • 公式サイトへ
        • 新プランで5GB 990円~の業界最安水準
        • データ量のシェアや繰り越しができる
        • 光回線とセット契約すると月額660円引き
      • 公式サイトへ
        • Softbankと同等の安定した通信速度
        • 3GB990円のミニプランが人気
        • 一部LINEの利用はデータ通信量としてカウントされない(※1)
      • 公式サイトへ
        • 格安SIMの中でも最速クラスの通信速度
        • 家族セット割・自宅セット割でさらにお得に
        • 他社からののりかえで10,000円分のau PAY残高還元
      • 公式サイトへ
        • 新料金プラン乗り換え先No1
        • Rakuten 最強プランを他社からの乗り換えで初めて申し込みで最大12,000ポイント還元!
        • データ無制限・通話もかけ放題
      • 公式サイトへ
        • 3GB 792円~の業界最安値
        • 330円/月からお試しプランを利用できる
        • ドコモ・au・ソフトバンクの3回線に対応
      • 公式サイトへ
        • 3GBは月額770円!100MB未満なら月額290円!
        • 20GBでも月額2,190円と安い
        • 5分以内かけ放題オプションが月額500円、完全かけ放題は月額1,480円
      • 公式サイトへ
        • 5GB 990円~の業界最安水準
        • データ量のシェアや繰り越しができる
        • 光回線とセット契約すると月額660円引き
      • 公式サイトへ
        • 4GB 1,180円
        • 1GB単位のプランで自分に合う内容を選べる
        • 60歳以上の方向けにさらに安い「やさしいプラン」がある
      • 公式サイトへ
        • 新料金プラン乗り換え先No1
        • 3GB未満なら1,078円
        • Rakuten Linkアプリで通話もし放題
      • 公式サイトへ
        • ドコモのオンラインブランドでキャリアに匹敵する通信速度
        • 5分以内の通話は無料
        • 20GBで2,970円の月額料金
      • 公式サイトへ
        • キャリアに匹敵する通信速度
        • 3GB990円のスマホミニプランが人気
        • LINEの利用はデータ容量としてカウントされない(※1)
      • 公式サイトへ
        • 格安スマホでは速度ランキングトップクラス
        • auと同等の安定した通信速度
        • 最大10,000円相当のau PAY残高還元実施中
        • iPhoneやAndroid端末が安く手に入る
      • 公式サイトへ
        • 格安スマホ速度ランキングではUQモバイルに匹敵
        • Softbankと同等の安定した通信速度
        • ネット割併用で4GBが月額1,078円~
        • 店舗で気軽に相談ができる
      • 公式サイトへ
    ※MMD研究所調べ
※料金はすべて税込価格です。
※2024年5月現在の情報です。
※1 トークでの位置情報の共有・Live の利用、スタンプショップの利用、ニュース記事の閲覧など、一部 LINE ギガフリーの対象外があります。

家計の見直しは「固定費」の削減から始めよう!支出の見直しポイントとプロが教えるおすすめの方法はコレ!

この記事の著者

編集

Soldi編集部

Soldi編集部は「おうちのお金をスマートに」をコンセプトにコンテンツの配信を行っています。

※当サイトに掲載している情報は、万全の保証をいたしかねます。
機器、サービスの価格、スペック等の詳細情報は、必ず各公式サイトでご確認ください。

【完全版】自分に合った格安SIMが見つかる!

【完全版】自分に合った格安SIMが見つかる!

【28社比較】おすすめのWiMAXプロバイダはこれ!

【28社比較】WiMAXを契約するなら! おすすめプロバイダ厳選5社!