Menu

【2022年9月】フレッツ光のプロバイダのおすすめは?13社の料金・速度・サービスを徹底比較!

9NTTのフレッツ光対応プロバイダはこう選ぶ!おすすめプロバイダを解説

「フレッツ光のプロバイダはどこが良いのか分からない」とお悩みではありませんか?
フレッツ光の申し込み前に、まずはプロバイダを選ばなければなりません。
しかし、プロバイダ提供会社は数が多いため、その中から自分の利用状況に適した会社を探して選ぶのは大変です。

結論からお伝えすると、プロバイダ13社を比較検討した結果、 フレッツ光を契約するなら「GMOとくとくBB 」がおすすめです。
なぜGMOとくとくBBがおすすめなのか?を説明する上で、この記事では以下の内容をお伝えしていきます。

  • フレッツ光のプロバイダ選びで注目すべき5つのポイント
  • フレッツ光のプロバイダは「GMOとくとくBB」がおすすめの理由
  • フレッツ光よりも光コラボの方が実はおすすめな理由

プロバイダを選ぶ基準点や13社の比較、よくある疑問点についても解説していきますので、ぜひ参考になさってください。

GMOとくとくBBからフレッツ回線をより安く使えるプランが登場!

この記事では、「フレッツ光に申し込む際にどこのプロバイダを選ぶべきか?」という疑問にお答えしています。 ですが、実はフレッツ光ネクストでインターネットを申し込むのは損している可能性が高いです。 フレッツ光と同じまったく同じインターネット回線を、別の販売会社がもっと安い価格で提供している「光コラボ」というサービスがあるからです。

光コラボのサービスはたくさんありますが、その中でもおすすめなのが「とくとくBB光」です。

とくとくBB光のサービス紹介画像

おすすめポイント

  • マンション3,773円、戸建て4,818円(プロバイダ料込み)で安い!
  • フレッツ光×GMOとくとくBB同じ品質のインターネット
  • v6プラス対応の高速通信
とくとくBB光の詳細を見る

フレッツ光のプロバイダとは

フレッツ光を利用するなら、原則プロバイダとの契約が必要になります。
プロバイダとは、自宅の光回線をインターネットに繋げるためのサービスを行っている事業者のことです。光回線を設置したうえでプロバイダと契約すると、自宅でインターネットが利用できます。

回線を通じてパソコンとインターネットを繋げるのがプロバイダの役割

ですが、フレッツ光のプロバイダはどこ会社を選ぶか?によって下記の4点の差が出ます。

プロバイダによって異なるポイント

  • 通信速度
  • 月額料金
  • IPv6(v6プラス)対応の有無
  • その他お得な特典

弟リスのイラスト
同じフレッツ光のインターネットを使っていても、プロバイダによって速度や料金が変わるんだね!

頷く兄リスのイラスト
そうなんだ!
フレッツ光の回線をお得に・快適に使うためには、プロバイダ選びが重要なんだ!

そこで次は、プロバイダの選び方について紹介します。なお、「はやくおすすめのプロバイダを知りたい」という方は、こちらから確認できます。

プロバイダを選ぶ5つの基準

プロバイダを選ぶときは、以下のポイントを意識して選びましょう。

フレッツ光のプロバイダを選ぶ5つの基準

  • 月額料金が安いこと
  • 通信速度の実測値が速いこと
  • IPv6(v6プラス)に対応していること
  • Wi-Fiルーターの無料レンタルがあること
  • お得な特典・キャッシュバックがあること

ここからは、フレッツ光のプロバイダ選びの基準について、一つずつくわしく説明していきます。

1.月額料金が安いこと

そもそもフレッツ光の料金には、プロバイダの月額料金が含まれておりません(※NTT東日本プロバイダパックを除く)。
フレッツ光のインターネットの使用料金は、下記の計算式で決まります。

フレッツ光の月額料金(3,000~6,000円程度) + プロバイダの月額料金(495~1,320円)

※フレッツ光の月額料金はフレッツ光東日本のフレッツ光ネクスト:1Gbps・定額プランのマンション・戸建ての料金をは百円単位で四捨五入して記載しています。
※プロバイダ料金は【プロバイダパック「フレッツ 光ネクスト マンション・ハイスピードタイプ/マンションタイプ」】の料金を記載しています。

よって毎月の光回線の通信費は、フレッツ光の月額料金に加えてプロバイダの料金も加算したものが月額料金になります。
これはNTT東日本・西日本ともに同様です。

プロバイダ別の月額料金は以下の通りです。

NTTフレッツ光のプロバイダ別月額料金
プロバイダ名ファミリータイプ(戸建て)マンションタイプ
BB.excite550円(※乗り換えの場合6ヶ月間330円)550円(※乗り換えの場合6ヶ月間330円)
GMOとくとくBB836円583円
Asahi Net858円770円
BIGLOBE~24か月目:880円
25か月目から:1,100円
~24か月目:495~770円
25か月目から:715~990円
WAKWAK1,045円880円
DTI1,046円748円
plala(ぷらら)1,100円集合住宅が7世帯まで:660円
8世帯以上:880円
So-net1,320円990円
OCN1,210円集合住宅が7世帯まで:715円
8世帯以上:990円
@nifty1,320円1,045円
hi-ho550円550円
Toppa!1,254円1,034円
Yahoo! BB1,320円1,045円
※2022年9月時点
※価格はすべて税込です。
※Yahoo! BBの月額料金はYahoo!ショッピング等のボーナスがない「スタンダードプラン」の料金を記載しています。
※hi-ho:hi-ho月額利用料割引キャンペーン、またはプロバイダ乗り換えキャンペーン適用時

同じ「ファミリータイプ(戸建て)」のプロバイダ料金でも、一番安いBB.exciteは550円なのに対し、もっとも高いYahoo! BBは1,320円もかかります。
通信速度の速さやサポート対応の良さなど品質が伴えば良いですが、そうでなければ1年間で9,240円も損をすることになります。

しかし、プロバイダ選びでは月額料金の安さだけを重視してはいけません。
プロバイダによってNTTの光回線の通信速度に違いが出るからです。
プロバイダ別の通信速度の差も比較していきましょう。

2.通信速度の実測値が速いこと

フレッツ光のインターネット通信速度は、プロバイダによって大きく変わります。どれぐらい差があるのか、通信速度の実測値を確認してみましょう。

下記の表の「下り速度」の数値は、1秒間に受信できるデータ量を表しています。
下り速度が300Mbpsの場合、100Mbpsのプロバイダの3倍ものデータ量を同じ時間内でやり取りしていることになります。

フレッツ光ネクストのプロバイダ別下り速度
順位プロバイダ名下り速度
1位DTI311.9Mbps
2位So-net296.76Mbps
3位Asahi Net277.73Mbps
4位plala(ぷらら)277.51Mbps
5位OCN275.31Mbps
6位BIGLOBE274.31Mbps
7位Yahoo! BB271.55Mbps
8位BB.excite267.82Mbps
9位GMOとくとくBB266.95Mbps
10位@nifty233.65Mbps
11位WAKWAK205.4Mbps
12位Toppa!142.16Mbps
13位hi-ho104.3Mbps
(参照:フレッツ光ネクストのプロバイダ別の平均速度一覧 | みんなのネット回線速度(みんそく)
※2021年9月時点の数字です)

3. IPv6(v6プラス)に対応していること

フレッツ光のプロバイダを選ぶときは、IPv6(v6プラス)対応の事業者を選びましょう。

IPv6(v6プラス)とは、従来よりも快適にインターネットを利用するための、新しい通信サービスのことです。従来の接続方式(IPv4)の場合、時間帯によってはトラフィックが混雑し、通信速度が遅くなることがありました。一方でIPv6(v6プラス)の場合は混雑が発生しにくく、通信速度が遅くなりにくいのが特徴です。

ただしIPv6(v6プラス)は、プロバイダによっては対応していない事業者もあります。ここで紹介している13社はIPv6(v6プラス)に対応しているのか、見てみましょう。

プロバイダ名IPv6対応状況
GMOとくとくBB
BIGLOBE
@nifty
hi-ho
DTI
WAKWAK
BB.excite
plala(ぷらら)
Asahi Net
So-net
OCN
Yahoo! BB
Toppa!

13社とも、IPv6(v6プラス)に対応していることが分かりました。時間帯による速度遅延を避けたい方は、IPv6(v6プラス)対応のプロバイダを利用するのがおすすめです。

4. Wi-Fiルーターの無料レンタルがあること

フレッツ光のプロバイダを選ぶときは、Wi-Fiルーターの無料レンタルがある事業者がおすすめです。
Wi-Fiルーターとは、スマホやタブレットを自宅の光回線で利用するために必要な通信端末のことを指します。Wi-Fiルーターがないとタブレットやパソコンを自宅回線にWi-Fiで繋げません。

ルーターの本体代金は、端末の性能にも左右されますが、数千円から数万円するものです。
よってWi-Fiルーターを無料でレンタルできると、ルーターの購入代金がお得になります。
ただしフレッツ光経由でプロバイダを申し込んだ場合、ルーターを無料でレンタルできるプロバイダは「GMOとくとくBB」のみでした

プロバイダ名IPv6対応状況
GMOとくとくBB〇(ギガスマートプラン適用時)
BIGLOBE×(月額550円)
@nifty×
hi-ho×
DTI×
WAKWAK×
BB.excite×
plala(ぷらら)×
Asahi Net×
So-net×(月額440円)
OCN×
Yahoo! BB×
Toppa!×

BIGLOBEやSo-netでは、有償でWi-Fiルーターをレンタルできますが、3年間使うとルーターのレンタル料は19,800円にものぼります(BIGLOBEの場合)。
レンタル料金だけでルーターの購入代金を上回るため、Wi-Fiルーターのレンタルはおすすめしません。

5.お得な特典・キャッシュバックがあること

お得な特典やキャッシュバックの有無も、フレッツ光のプロバイダを選ぶときに重要なポイントです。どのような特典が用意されているのか、主要なプロバイダ13社を確認してみましょう。

GMOとくとくBBはプロバイダ料金の値引き、ぷららやToppa!も特典があることが分かりました。フレッツ光のプロバイダ選びでお得な特典の有無を重視するなら、GMOとくとくBBがおすすめです。

また「もっとキャッシュバックが充実している光回線を利用したい」と考えている方は、キャッシュバックが充実している光コラボの利用がおすすめです。

フレッツ光のプロバイダならGMOとくとくBBが一番おすすめ!

フレッツ光のプロバイダは、GMOとくとくBB が一番おすすめです。

GMOとくとくBBは「月額料金が安い」「Wi-Fiルーターの無料レンタルに対応している」「キャッシュバックがある」といった上記で紹介した基準を満たしているだけでなく、以下のような魅力もあります。

GMOとくとくBBが一番おすすめの2つの理由

  • ネットの口コミや評判が良い
  • サポートが充実している

どういうことか、詳しく見てみましょう。

ネットの口コミや評判が良い

GMOとくとくBBはネットの評判が良く、多くのユーザーが満足していることが分かります。

ユーザーからの評判が良いと、プロバイダを選ぶときに安心感がありますよね。またGMOとくとくBBは通信速度も比較的速く、月額料金の割引もあるといった点が魅力的です。このようなところが、口コミの良さにつながっているのでしょう。

サポートが充実している

GMOとくとくBBは契約後のユーザーをサポートする仕組みが充実しており、安心感があります。どのようなサポートを実施しているのか見てみましょう。

GMOとくとくBBの主なサポート

  • 会員サポートページから「よくある質問」を検索できる
  • GMOとくとくBBの使い方などをYouTubeで発信しており分かりやすい

GMOとくとくBBのYouTubeチャンネルでは一部ルーターの設定ガイドや初期化の手順などを紹介するなど、分かりやすいです。ルーターの設定などに不安感がある方は、サポートが充実しているGMOとくとくBBを利用してみてはいかがでしょうか。

さらにGMOとくとくBBでは、フレッツ回線をより安く使えるプランや期間限定の特典を実施中です!

GMOとくとくBBからフレッツ回線をより安く使えるプランが登場!

この記事では、「フレッツ光に申し込む際にどこのプロバイダを選ぶべきか?」という疑問にお答えしています。 ですが、実はフレッツ光ネクストでインターネットを申し込むのは損している可能性が高いです。 フレッツ光と同じまったく同じインターネット回線を、別の販売会社がもっと安い価格で提供している「光コラボ」というサービスがあるからです。

光コラボのサービスはたくさんありますが、その中でもおすすめなのが「とくとくBB光」です。

とくとくBB光のサービス紹介画像

おすすめポイント

  • マンション3,773円、戸建て4,818円(プロバイダ料込み)で安い!
  • フレッツ光×GMOとくとくBB同じ品質のインターネット
  • v6プラス対応の高速通信

GMOとくとくBB【9月限定】キャンペーン

期間中にGMOとくとくBBの【ドコモ光】【とくとくBB光】【auひかり】をお申込みされた方の中から、抽選で200名様にAmazonギフト券5,000円分が当たるキャンペーンを実施中です!

  • キャンペーン期間
    2022年9月21日10時~2022年9月30日23時59分まで
  • 特典内容
    総額100万円分プレゼントキャンペーン
    抽選で200名様にAmazonギフト券5,000円をプレゼント
【GMO】Amazonギフトキャンペーン_9月とくとくBB光の詳細を見る

プロバイダ13社の比較表

フレッツ光のプロバイダ13社を比較した結果、GMOとくとくBBが一番おすすめです。

今回フレッツ光のおすすめプロバイダを探すにあたって比較した13社のプロバイダを、一覧でくらべてみましょう。

プロバイダ名月額料金実測値V6プラス対応WiFi無料レンタルキャッシュバック額
GMOとくとくBB戸建て:836円
マンション:583円
266.95Mbps〇(ギガスマートプラン適用時)プロバイダ料金(月額最大836円)が12ヶ月無料
BIGLOBE戸建て:1,100円
マンション:1,100円
274.31Mbps×(月額550円)×
@nifty戸建て:1,100円
マンション:1,045円
233.65Mbps××
hi-ho戸建て:539円
マンション:539円
104.3Mbps××
DTI戸建て:1,045円
マンション:748円
311.9Mbps××
WAKWAK戸建て:1,045円
マンション:880円
205.4Mbps××
BB.excite戸建て:550円
マンション:550円
267.82Mbps××
plala(ぷらら)戸建て:1,100円
マンション:880円
277.51Mbps×オプションサービスに利用できる、1,320円のフリーチケットが貰える
Asahi Net戸建て:858円
マンション:770円
277.73Mbps××
So-net戸建て:1,100円
マンション:990円
296.76Mbps×(月額440円)×
OCN戸建て:1,210円
マンション:990円
275.31Mbps××
Yahoo! BB戸建て:1,320円
マンション:1,045円
271.55Mbps××
Toppa!戸建て:1,316円
マンション:987円
142.16Mbps×△(最大2ヶ月間無料。詳細はプロバイダへお問い合わせください。)

月額料金の安さや月額料金の割引など特典が充実している点を考慮すると、GMOとくとくBBがおすすめであることが分かります。

フレッツ光のプロバイダに関するよくある質問

ここからは、フレッツ光のプロバイダに関するよくある疑問を3つ紹介します。

  • 申し込み手順が分からない
  • プロバイダが不要な場合はある?
  • 機器の設定方法が分からない
  • 契約情報はどこから確認できる?

申し込み手順が分からない

ここでは、フレッツ光の申し込み手順が分からないと悩んでいる方に向けて、申し込み手順を紹介します。

  • フレッツ光の新規申し込み
  • 申し込みフォームにて必要情報の入力
  • NTTから必要書類が送付される
  • フレッツ光の開通工事が実施される
  • 機器の設定を行う

プロバイダの選択は、(2)の「申し込みフォームにて必要情報の入力」で行います。利用するプロバイダは、あらかじめ決めておくとスムーズに契約できるでしょう。

プロバイダが不要な場合はある?

時折、インターネットの営業などで「プロバイダ不要の光回線」などと言われることがあるようです。

ですが、フレッツ光を含めすべての光回線にはプロバイダは必要です。
時には回線とプロバイダがセットになって、個別のプロバイダ契約が不要になることはありますが、基本的にプロバイダそのものが不要なことはありません。

「自宅のプロバイダが何かわからない…」という方も、かならず何かしらのプロバイダには加入しているはずです。

プロバイダ不要のからくりや、自宅のプロバイダがわからない時の確認方法はこちらの記事もご覧ください。

機器の設定方法が分からない

ルーターやパソコンの初期設定がうまくできるか不安がある場合、サポートサービスの活用がおすすめです。

  • セットアップサービス:開通工事と同時にパソコンとルーターの初期設定を行うサービス
  • リモートサポートサービス:初期設定や操作方法について、遠隔でサポートを受けられるサービス

※利用には別途料金が発生する場合があります

契約情報はどこから確認できる?

契約情報は、フレッツ光メンバーズクラブの「ご契約・ご利用情報」から確認できます。

契約情報を忘れた場合や正しく登録できているか確認したいときに、活用してみましょう。

フレッツ光よりも光コラボのほうがおすすめ

「もっとお得に光回線を利用したい」という方は、フレッツ光よりもフレッツ光回線を利用している光コラボ事業者の提供する光回線サービスがおすすめです。

光コラボをおすすめする理由

  • キャッシュバックキャンペーンが充実している
  • Wi-Fiルーターを無料レンタルしやすい
  • スマホとのセット割引がある

たとえばGMOとくとくBBの場合、光コラボの「ドコモ光」をGMOとくとくBB経由で申し込んだ場合、以下の特典を受け取れます。

  • 最大20,000円キャッシュバック+dポイント2,000ポイント分プレゼント
  • v6プラス対応Wi-Fiルーターを無料レンタルできる
  • ドコモのスマホを利用中の場合、月額割引を受けられる

フレッツ光のプロバイダ特典割引と比較すると、キャッシュバックされる金額が大きくスマホとのセット割があるなど、特典が充実していることが分かります。また光コラボはフレッツ光の回線を利用しているため、利用できるエリアもフレッツ光と同じです。

「よりお得に光回線を利用したい」「スマホとのセット割を適用したい」と考えている方は、フレッツ光よりも光コラボとの契約がおすすめです。

まとめ

ここまで、フレッツ光のプロバイダについて解説しました。ここで紹介した内容をまとめます。

  • フレッツ光のプロバイダを選ぶポイントは5つある
  • フレッツ光のプロバイダの中ではGMOとくとくBBがおすすめ
  • よりお得に光回線を利用するなら、光コラボとの契約がおすすめ

フレッツ光は知名度があるサービスですが、よりお得に光回線を利用するならドコモ光やソフトバンク光といった光コラボがおすすめです。フレッツ光を利用するよりもキャッシュバックや特典が充実しているため、これから新しく光回線を利用しようと考えている方は、光コラボとの契約を検討しましょう。

家計の見直しは「固定費」の削減から始めよう!支出の見直しポイントとプロが教えるおすすめの方法はコレ!

この記事の著者

編集

Soldi編集部

Soldi編集部は「おうちのお金をスマートに」をコンセプトにコンテンツの配信を行っています。

※当サイトに掲載している情報は、万全の保証をいたしかねます。
機器、サービスの価格、スペック等の詳細情報は、必ず各公式サイトでご確認ください。

【完全版】自分に合った格安SIMが見つかる!

【完全版】自分に合った格安SIMが見つかる!

【28社比較】おすすめのWiMAXプロバイダはこれ!

【28社比較】WiMAXを契約するなら! おすすめプロバイダ厳選5社!



ナビナビ保険