Menu

ahamo・povo・LINEMOを徹底比較!大手携帯3キャリアの新料金プランの違いとおすすめの人

このページにはPRリンクが含まれています

『Soldi』は、複数の企業と提携し情報を提供しており、当サイトを経由して商品への申込みがあった場合には、各企業から報酬を受け取ることがあります。ただし当サイト内のランキングや商品の評価に関して、提携の有無や支払いの有無が影響を及ぼすことはございません。また当サイトで得た収益は、サイトを訪れる皆様により役立つコンテンツを提供するために、情報の品質向上・ランキング精度の向上等に還元しております。

ahamo・povo・LINEMO(ラインモ)を徹底比較!プランの違いとおすすめの人

【 News! 】

LINEMO月額990円の「3GBミニプラン」を開始!

LINEMOは20GB2,728円の「スマホプラン」に加え、低容量の人向けに3GB月額990円で利用できる「ミニプラン」を開始しました。

ドコモのahamoやauのpovoには20GBのプランしかありませんが、ソフトバンクのLINEMOに3GBのプランが登場しました。
これによって、毎月のデータ容量が少ない人でも安い料金でLINEMOを契約できるようになりました。
格安SIM並みに安い料金で大手キャリアのプランを契約できます。
ソフトバンクのサブブランドであるワイモバイルよりも安いです!!(3GB:月額2,178円)

20GBもいらないからもう少し安くならないかな」と考えていた方にはぴったりなプランです。

ミニプラン基本料990円が
最大3ヶ月間実質0円!

LINEMOの公式サイトはこちら

ahamo・povo・LINEMOはこんな人におすすめ

ドコモ・au・Softbankの3キャリアが、2021年3月からスタートする新料金プランを発表しました。
キャリアの料金プランと比べると、新料金プランの方が安いこと・サービス内容が異なることは何となく理解している方も多いのではないでしょうか。

しかし、2021年3月中にそれぞれがサービスを開始するとはいえ、いつから申込めるのか?対応機種やオプションはどうなっているの?など、詳細がまだわからない部分もあります。
そこで、当記事では、いま話題のahamo・povo・LINEMOについて徹底比較します。

この記事でわかること

  • ahamo povo LINEMOのプラン内容
  • ahamo povo LINEMO それぞれおすすめの人

先に結論から申し上げると、ahamo・povo・LINEMOは、以下の方におすすめのプランです。

ahamo・povo・LINEMOはこんな人におすすめ

  • ahamo:携帯電話でよく通話する人・海外でも使いたい人
  • povo:自分に合わせたプランにしたい人
  • LINEMO:LINEをよく利用する人

基本的には、いまご利用中のキャリアから乗り換えると手続き等がスムーズなのでおすすめです。
しかし、他のキャリアの新料金プランがニーズに合う方もいらっしゃるでしょう。

まずは、3社のプラン内容を比較して、違いを確認していきましょう。


事務手数料0円!24時間申し込み可能!

ahamoの公式サイトはこちら

ミニプラン基本料990円が
最大3ヶ月間実質0円!

LINEMOの公式サイトはこちら

新規・MNPの方はこちら

povoの公式サイトはこちら

au、UQ mobile、povoからの乗り換えはこちら!

povo(au、UQmobile、povo1.0からの乗り換え)の公式サイトはこちら

ahamo・povo・LINEMOはこんな人におすすめ

ahamo・povo・LINEMOのサービス比較

まずは、わかりやすくahamo・povo・LINEMOのサービス内容を以下の表にまとめました。

新プラン名ahamopovo(ポヴォ)LINEMO(ラインモ)
運営会社docomoauSoftbank
サービス開始時間2021年3月26日2021年3月23日2021年3月17日
月額料金2,970円2,728円20GB:2,728円
3GB:990円
データ通信料/月20GB20GB20GB・3GB
国内かけ放題(5分)無料550円/月550円/月(※1年間無料キャンペーン実施)
無制限かけ放題1,000円/月1,650円/月1,650円/月
海外ローミング82ヵ国(別料金不要)提供予定(開始時期未定)国際データローミング可能
家族割引割引:なし
カウント:みんなドコモ割が対象
割引:なし
カウント:夏までの申し込みで対象
割引:なし
カウント:対象外
申込方法Web・アプリWebWeb・LINE
対応機種93機種189機種40機種

※上記の価格はすべて税込です。
※月額料金には端末代金は含まれておりません。
※ahamoの海外ローミングは15日以上の滞在で別途料金が発生します。

データ通信量は3社とも20GBです。 しかし、月額料金・国内かけ放題・無制限かけ放題、海外ローミング、家族割引、申込方法、対応機種など、各社ともサービス内容が異なります。

サービス内容を比較すると、どのプランがいいのか迷う方もいると思いますが、料金面だけで判断しないことが大切です。
普段から携帯電話番号を使って電話をする人・LINE通話で電話をする人ではおすすめのプラン内容が当然違ってくるからです。

また、お手持ちの機種が新プランに対応するか、必ず確認しておきましょう。
POVOとLINEMOは、サービス開始直後に端末とのセット販売を行う予定がなく、ahamoは対応端末の販売が3機種(2021年8月24日現在)と、限られているからです。

対応機種に関しては、LINEMOは動作確認済み端末が発表されたばかりなので、今後は増える予定です。
LINEMOで利用できる端末が気になる方は、こまめに公式HPをチェックしておきましょう。

それでは、次項より3社の詳しいサービス内容を確認していきましょう。

ahamo・povo・LINEMOの月額料金

まずは、3社の月額料金やデータ容量等を確認しましょう。

ブランド名ahamo(アハモ)povp(ポヴォ)LINEMO(ラインモ)
月額料金2,970円2,728円2,728円
データ容量20GB20GB20GB
データ超過後の制限速度最大1Mbps最大1Mbps最大1Mbps
利用できるネットワーク4G/5G4G/5G(5Gは2021年夏から対応)4G/5G
デザリング追加料金なし追加料金なし追加料金なし

※上記の価格はすべて税込です。
※月額料金には端末代金は含まれておりません。

ご覧頂くとわかりますが、月額料金はどのプランも3,000円以下でかなり安いです。
データ容量も3社とも20GBで、容量超過の場合も通信速度1Mbpsで利用できる点も同じです。

また、このプラン内容でありながら3社とも5Gに対応します。(povoは2021年夏から対応)
テザリングも追加料金なしで利用できるので、今より安く快適にスマホを使いたい方は、ぜひ新料金プランを検討してみてください。

ahamo・povo・LINEMOのテザリングについては、以下の記事で詳しく紹介しているので参考にしてください。

ahamo・povo・LINEMOのかけ放題オプションを比較

スマホでよく電話を利用する方は、かけ放題オプションの有無が気になるのではないでしょうか。
以下は、通話定額オプションの3社比較です。

ブランド名ahamopovo(ポヴォ)LINEMO(ラインモ)
基本通話料22円/30秒22円/30秒22円/30秒
国内かけ放題(5分)無料550円/月550円/月(※1年間500円割引キャンペーン実施)
無料制限かけ放題1,000円/月1,650円/月1,650円/月(※1年間500円割引キャンペーン実施)

(※税込)

基本通話料は3社とも同じです。

普段から携帯の電話番号で電話をかける方は、ahamoをおすすめします。
ahamoは、月額料金に国内かけ放題(5分)を含めているからです。

また、無制限かけ放題もahamoだけ月額料金が1,100円で、POVO・LINEMOより550円安くなっています。
そのため、電話番号からの通話の多い方は、ahamoのプランは使いやすいでしょう。

一方で、povoとLINEMOは、5分通話し放題をオプションで提供することにより基本料金を抑えています。
ただし、LINEMOは「通話オプション1年間割引キャンペーン」を実施しているため、1年間は500円割引されてお得に利用できますよ。

たとえば、国内かけ放題(通話準定額/月額550円(税込))を契約した方は、1年間実質無料になります。

povoは、「トッピング」というオプションプランで、必要に応じてかけ放題にすることができます。
LINEの無料通話をよく利用するなど、特にかけ放題を必要としない方は、povoの方が料金を抑えられるのでお得です。

povo・LINEMOのかけ放題オプションについては、以下の記事で詳しく紹介しているので参考にしてください。

ahamoなら5分間通話無料

ahamoは、5分の無料通話(※1)があらかじめ付与されているため、5分以内の短い電話であれば追加料金なしで利用できます。

また、ドコモは他社にはないサービスとして大容量ユーザー向けの「ahamo大盛り」があります。

80GBの容量追加オプション(1,980円)を利用することで、100GBの大容量を4,950円で利用できます。

「短時間の電話が多い方」や「格安simを大容量で利用したい方」にはahamoがおすすめです。

※1 5分超過後は、22円/30秒の通話料がかかります。「SMS」、他社接続サービスなどへの発信は、別途料⾦がかかります。

事務手数料0円!24時間申し込み可能!

ahamoの公式サイトはこちら

ミニプラン基本料990円が
最大3ヶ月間実質0円!

LINEMOの公式サイトはこちら

新規・MNPの方はこちら

povoの公式サイトはこちら

au、UQ mobile、povoからの乗り換えはこちら!

povo(au、UQmobile、povo1.0からの乗り換え)の公式サイトはこちら

ahamo・povo・LINEMOの家族割引を比較

キャリアと同じように家族割引を適用させたい方は、ahamo ・povo・LINEMOはおすすめできません。
残念ではありますが、3社とも家族割引に対応していないからです。

ブランド名ahamo(アハモ)povo(ポヴォ)LINEMO(ラインモ)
家族割引・割引:なし
・カウント:みんなドコモ割が対象
・割引:なし
・カウント:夏までの申し込みで対象
・割引:なし
・カウント:対象外

しかし、ahamoはドコモのファミリー割引のカウント対象には入るため、アハモにプランを変更しても自身の割引は対象外ですが、家族割の割引額は減額されません。
たとえば、ドコモでギガホを4回線契約していて、そのうち1回線をahamoにしても、これまで通りの割引額となります。

また、povoは2021年の夏までにauブランドから移行した場合、自身の割引は対象外ですが「家族割プラス」のカウント対象になります。

このように、ahamoとpovoは、家族の割引額が減らないようにすることは可能です。

一方で、LINEMOは、新みんな家族割・おうち割光セットなどの割引が一切適用されません。
家族の通信量が上がることが考えられるため、家族割から抜ける際は一言話しておくとよいでしょう。

ahamo・povo・LINEMOの家族割引については、以下の記事で詳しく紹介しているので参考にしてください。

ahamo・povo・LINEMOの対応機種を比較

ahamo ・povo・LINEMOの対応機種を比較する際は、お手持ちの機種をかならず確認してください。
先述していますが、POVOとLINEMOは、サービス開始直後に端末とのセット販売を行う予定がありません。

そもそも古い機種だと、3社とも対応していない可能性が高いです。
そのため、対応機種を確認してなるべく最新の機種を用意しておくことをおすすめします。

ブランド名ahamo(アハモ)povo(ポヴォ)LINEMO(ラインモ)
Apple・iPhone:21機種・iPhone:21機種・iphone:19機種
・iPad:15機種
Android72機種168機種(SIMフリー端末含む)6機種

対応機種をご覧頂くと分かりますが、各社とも対応機種数にばらつきがあります。
先述しましたが、LINEMOは対応機種が今後増えていく予定です。

各社の対応端末については、以下のリンクより確認ができます。

ahamoの対応端末を確認する
povoの対応端末を確認する
LINEMOの対応端末を確認する

ちなみに、ahamoでは端末をセット購入でき、以下の機種を「ahamoおすすめスマホ」として案内しています。

アハモでセット購入したい方へおすすめのスマホ

  • iPhone 11
  • Galaxy S20 5G
  • Xperia 1 II 5G

これらの対応機種をすでに持っている方は、改めて購入する必要はありません。
おすすめの機種の詳しい案内や、購入方法については以下の記事で紹介しているので参考にしてください。


事務手数料0円!24時間申し込み可能!

ahamoの公式サイトはこちら

ahamo・povo・LINEMOの海外ローミングを比較

ahamo ・povo・LINEMOの海外ローミングを比較すると、こちらも内容にバラつきがあることがわかります。

ahamoとLINEMOは海外ローミングが可能ですが、povoは詳細が決まり次第公表することになっています。(2021年3月18日現在)

ドコモKDDIソフトバンク
ブランド名ahamo(アハモ)povo(ポヴォ)LINEMO(ラインモ)
海外ローミング・82ヵ国対応
・20GBまで対応
・海外(国際ローミング)での通話・データ
・通信提供予定
・別途通信料が発生
・新規契約から4か月間は利用不可
現在の状況で、海外ローミングを使用したい方にはahamoがおすすめです。
ahamoは、海外ローミング時のデータ通信料が無料だからです。

ahamoなら82カ国に対応しており、海外でもSIMカードを差し替えずにすぐ利用できます。

ただし、ahamoの海外データローミングは15日以上の滞在には別途料金がかかります。
2週間以上海外に長期で滞在する方はahamoの無料ローミングは活用できないので、注意してください。

一方で、LINEMOは海外ローミングのオプションは無料ですが、通信料が別途発生します。
また、LINEMOを契約後4ヵ月目の末日までは国際ローミングが利用できません。

それらを踏まえると、旅行などの短期滞在で海外でスマホを使う方はahamoだと安心して使えるでしょう。


事務手数料0円!24時間申し込み可能!

ahamoの公式サイトはこちら

ahamo・povo・LINEMOの申し込み・MNP手続きを比較

ahamo・povo・LINEMOは、オンライン専用の新プランです。

何か困ったことがあれば窓口や店頭で相談したい方は、この3社の新料金プランはおすすめできません。
申し込みの手続きからサポートまで、すべてオンラインで行う必要があるからです。

ブランド名ahamo(アハモ)povo(ポヴォ)LINEMO(ラインモ)
サービス開始時間2021年3月26日2021年3月23日2021年3月17日
申込方法WebアプリWebWeb・LINE
eSIM対応検討中ありあり
MNP手続き・ドコモユーザーはMNP手続き不要
(プラン変更扱いになる)
必要必要
手数料・新規契約事務手数料:無料
・プラン変更:無料
・MNP転出手数料:無料
・新規契約事務手数料:無料
ブランド乗り換え:無料
MNP転出手数料:無料
・新規契約事務手数料:無料
ブランド乗り換え:無料
MNP転出手数料:無料

表をご覧頂くとわかりますが、申込方法は各社ともwebからとなっています。
ahamoはアプリ・LINEMOはLINEからの申し込みも可能です。

また、SIMカードを差し替える必要がなく、クリックだけでオンライン手続きができる「eSIM」の対応は、povo・LINEMOだと可能です。

MNP手続きについては、ドコモユーザーだとahamoに乗り換える際、プラン変更扱いとなるので手続きがスムーズです。

しかし、auやUQモバイルからpovoに乗り換える方・SoftbankやワイモバイルからLINEMOに乗り換える方は、MNP(マイナンバーポータビリティー)で契約しなければいけません。 その際は予約番号を発行する作業等が発生するため、手続きが多少面倒になってしまいます。

オンラインでの手続きに抵抗のない方・自分で手続きを行いたい方にこの3社の料金プランは向いています。

詳しい申込方法やMNP情報については、以下の記事でも紹介しているのでご覧ください。

ahamo・povo・LINEMOはこんな人におすすめ

ここまで、ahamo・povo・LINEMOを比較してきました。

ここからは、各社のポイントを踏まえておすすめの人をご紹介するので、自分に合った新プランを選んでください。

  • ahamoがおすすめの人
  • povoがおすすめの人
  • LINEがおすすめの人

それぞれ確認していきましょう。

ahamoがおすすめの人

ahamoは、基本的にドコモを契約中の方が乗り換える際、スムーズなのでおすすめです。

また、以下のサービス内容はahamo・povoにないため、選ぶ際のポイントとして押さえておくとよいでしょう。

  • ahamo回線は、家族割のカウント対象になる
  • 海外ローミングが追加料金なく使える
  • 国内通話が5分間無料

以上を踏まえ、ahamoがおすすめの方は以下の通りです。

アハモがおすすめの人

  • ドコモを契約している人
  • 5GB、10GBでは不足だが大容量のデータ量は必要ない方
  • 海外での利用が多く、手続き不要で安く済ませたい方
  • 携帯電話番号でよく利用する人
  • ドコモ網の通信品質を保ちながら料金は抑えたい方

アハモのメリット、デメリット等は以下の記事で詳しくまとめているので参考にしてください。


事務手数料0円!24時間申し込み可能!

ahamoの公式サイトはこちら

povoがおすすめの人

povoは、基本的にau回線を契約中の方が乗り換える際、スムーズなのでおすすめです。

povoがおすすめの人

  • au回線で安いプランを使いたい方
  • 5GB、10GBでは不足だが大容量のデータ量は必要ない方
  • 使いたいときにすぐ使えるオプションが欲しい方
  • 通話し放題が不要で、携帯電話料金を安く済ませたい方

また、以下のサービス内容はpovoの特徴のため、選ぶ際のポイントとして押さえておくとよいでしょう。

  • 「トッピング」で、自分の好きなようにプランをカスタムできる
  • eSIMに対応している

povoには、ahamo・LINEMOにはない「トッピング」というサービスがあります。
トッピングの特長は、自分のニーズに合わせてプランをカスタマイズできることです。

現在、4つのトッピングサービスが公表されています。

  • 24時間データ使い放題:220円
  • データ1GB追加:550円
  • 5分かけ放題:550円
  • 通話かけ放題:1,650円

たとえば、動画をたくさん観たいけど、データ容量が気になる方は「24時間データ使い放題」をトッピングするなど、自分の好きなプランを気軽に追加できます。

また、eSIMに対応しているので、オンライン手続きが済み次第すぐに利用できますよ。

新規・MNPの方はこちら

povoの公式サイトはこちら

au、UQ mobile、povoからの乗り換えはこちら!

povo(au、UQmobile、povo1.0からの乗り換え)の公式サイトはこちら

LINEMOがおすすめの人

LINEMOは、基本的にLINEトークやLINE通話をよく利用する方におすすめします。
また、ソフトバンクやY!mobileを契約中の方が乗り換える際にもスムーズなのでおすすめです。

LINEMOがおすすめの人

  • LINEをよく利用する方
  • Softbank、ワイモバイルを契約している人
  • 5GB、10GBでは不足だが大容量のデータ量は必要ない方
  • ソフトバンクの通信品質を保ちながら料金は抑えたい方

また、以下のサービス内容はLINEMOの特徴のため、選ぶ際のポイントとして押さえておくとよいでしょう。

  • LINEギガフリー
  • eSIMに対応している
  • フィルタリング無料

LINEMOは、LINEのトークや通話で使ったギガがカウントされません。 そのため、普段からLINEの利用が多い方は、データ量を気にせず利用することができます。

また、eSIMに対応しているので、オンライン手続後はすぐにLINEMOを使えます。

利用者本人が19歳以下の場合は、「あんしんフィルター」または「ファミリーリンク」及び「Web安心サービス」のフィルタリングサービスが無料で利用できます。

LINEMOの特徴やメリット・デメリットについては以下の記事で詳しく説明しているのでご覧ください。

ミニプラン基本料990円が
最大3ヶ月間実質0円!

LINEMOの公式サイトはこちら

ahamo・povo・LINEMO契約前の注意点

ここまで、ahamo・povo・LINEMOがおすすめの人を紹介いたしました。
しかし、契約前に気にしてほしい注意点が3つあります。

  1. 電話や店舗での対応や契約ができない
  2. キャリアメールが使えない
  3. 転送電話や留守番電話のサービスがない

アハモ・POVO、LINEMOとも、これまで同様の契約形態やサービス内容ではないため、内容をよく確認しておきましょう

電話や店舗での対応や契約ができない

ahamo・povo・LINEMOは、店舗や電話での契約ができません。
先述していますが、ahamo・povo・LINEMOの共通点は、オンライン専用の新料金プランだからです。

したがって申し込みの際は、オンラインでの手続き・契約に抵抗がない方が前提となります。

スマホの扱いやオンラインでのやりとりに不安な方は、相談しながら契約ができるキャリアかサブブランドを選んだ方がよいでしょう。

キャリアメールが使えない

これまでキャリアメールをよく利用していた方は、メールでのやり取りやショッピングサイトの登録等に注意が必要です。
ahamo・povo・LINEMOは、キャリアメールが利用できないからです。

キャリアのメールアドレスを残す方法もありますが、プランによっては毎月1000円~4000円ほどキャリアに支払う必要があります。
せっかく安い料金になったのに、これでは本末転倒になってしまいますよね。

そのため、乗り換える前に無料のメールアドレスを取得しておきましょう。
おすすめは、GmailやYahoo!メールです。

もし、利用するスマホがAndroidの場合はGmailのアドレス登録は必須のため、乗り換えと同時にGmailアドレスが作成できますよ。
しかし、それでもキャリアメールにこだわりたい方は、ahamo・povo・LINEMOの利用はおすすめいたしません。

転送電話や留守番電話のサービスがない

主に仕事で留守番電話を使用している方・転送電話機能を利用している方に、ahamo・povo・LINEMOはおすすめできません。
なぜなら、留守番電話や転送電話機能がないからです。

オプション機能としても今後の対応はないようです。
転送や留守電機能が必要な方は、キャリアのスマホがおすすめです。

どうしてもahamo・povo・LIMEMO方を契約したい方は、転送電話機能サブ機での利用をおすすめします。

ahamo・povo・LINEMOのまとめ

ここまで、オンライン専用料金プランahamo・povo・LINEMO(ラインモ)を比較し、おすすめの方をご紹介してきました。

ドコモは「ahamo」、auは「povo」、ソフトバンクは「LINEMO」と、それぞれのプランに特徴がありましたが、基本的には以下の方であれば 新プランを利用した方がお得になるでしょう。

  • 20GBがちょうどよいデータ容量の人
  • オンライン手続きができる人
  • 通信料金を安くしたい人

新料金プランはこれから本格的にスタートするため、契約をお考えの方は、お手持ちの機種が対応するか・新しいキャンペーンを実施していないか、こまめに情報を確認することをおすすめします。

ぜひ、当記事を参考にしてahamo・povo・LINEMOを検討してください。


事務手数料0円!24時間申し込み可能!

ahamoの公式サイトはこちら

ミニプラン基本料990円が
最大3ヶ月間実質0円!

LINEMOの公式サイトはこちら

新規・MNPの方はこちら

povoの公式サイトはこちら

au、UQ mobile、povoからの乗り換えはこちら!

povo(au、UQmobile、povo1.0からの乗り換え)の公式サイトはこちら

ポイント別 格安SIMランキング

  • 総合

  • 料金

  • 速度

        • 家族割・ひかり回線とのセット割でさらにお得に
        • ソフトバンク回線を利用していて通信速度が安定してはやい
        • 他社からの乗り換えでPayPayポイント還元
      • 公式サイトへ
        • 新プランで5GB 990円~の業界最安水準
        • データ量のシェアや繰り越しができる
        • 光回線とセット契約すると月額660円引き
      • 公式サイトへ
        • Softbankと同等の安定した通信速度
        • 3GB990円のミニプランが人気
        • 一部LINEの利用はデータ通信量としてカウントされない(※1)
      • 公式サイトへ
        • 格安SIMの中でも最速クラスの通信速度
        • 家族セット割・自宅セット割でさらにお得に
        • 他社からの乗り換えで10,000円分のau Pay残高還元
      • 公式サイトへ
        • 新料金プラン乗り換え先No1
        • Rakuten 最強プランを他社からの乗り換えで初めて申し込みで最大13,000ポイント還元!
        • データ無制限・通話もかけ放題
      • 公式サイトへ
        • 3GB 792円~の業界最安値
        • 330円/月からお試しプランを利用できる
        • ドコモ・au・ソフトバンクの3回線に対応
      • 公式サイトへ
        • 3GBは月額770円!100MB未満なら月額290円!
        • 20GBでも月額2,190円と安い
        • 5分以内かけ放題オプションが月額500円、完全かけ放題は月額1,480円
      • 公式サイトへ
        • 5GB 990円~の業界最安水準
        • データ量のシェアや繰り越しができる
        • 光回線とセット契約すると月額660円引き
      • 公式サイトへ
        • 4GB 1,180円
        • 1GB単位のプランで自分に合う内容を選べる
        • 60歳以上の方向けにさらに安い「やさしいプラン」がある
      • 公式サイトへ
        • 新料金プラン乗り換え先No1
        • 3GB未満なら1,078円
        • Rakuten Linkアプリで通話もし放題
      • 公式サイトへ
        • ドコモのオンラインブランドでキャリアに匹敵する通信速度
        • 5分以内の通話は無料
        • 20GBで2,970円の月額料金
      • 公式サイトへ
        • キャリアに匹敵する通信速度
        • 3GB990円のスマホミニプランが人気
        • LINEの利用はデータ容量としてカウントされない(※1)
      • 公式サイトへ
        • 格安スマホでは速度ランキングトップクラス
        • auと同等の安定した通信速度
        • 最大10,000円相当のau PAY残高還元実施中
        • iPhoneやAndroid端末が安く手に入る
      • 公式サイトへ
        • 格安スマホ速度ランキングではUQモバイルに匹敵
        • Softbankと同等の安定した通信速度
        • ネット割併用で4GBが月額1,078円~
        • 店舗で気軽に相談ができる
      • 公式サイトへ
    ※MMD研究所調べ
※料金はすべて税込価格です。
※2024年3月現在の情報です。
※1 トークでの位置情報の共有・Live の利用、スタンプショップの利用、ニュース記事の閲覧など、一部 LINE ギガフリーの対象外があります。

家計の見直しは「固定費」の削減から始めよう!支出の見直しポイントとプロが教えるおすすめの方法はコレ!

この記事の著者

編集

Soldi編集部

Soldi編集部は「おうちのお金をスマートに」をコンセプトにコンテンツの配信を行っています。

※当サイトに掲載している情報は、万全の保証をいたしかねます。
機器、サービスの価格、スペック等の詳細情報は、必ず各公式サイトでご確認ください。

【完全版】自分に合った格安SIMが見つかる!

【完全版】自分に合った格安SIMが見つかる!

【28社比較】おすすめのWiMAXプロバイダはこれ!

【28社比較】WiMAXを契約するなら! おすすめプロバイダ厳選5社!