Menu

GMO光アクセス(GMOとくとくBB光)の評判・口コミは悪い?メリットやデメリット・申し込み方法を紹介

このページにはPRリンクが含まれています

『Soldi』は、複数の企業と提携し情報を提供しており、当サイトを経由して商品への申込みがあった場合には、各企業から報酬を受け取ることがあります。ただし当サイト内のランキングや商品の評価に関して、提携の有無や支払いの有無が影響を及ぼすことはございません。また当サイトで得た収益は、サイトを訪れる皆様により役立つコンテンツを提供するために、情報の品質向上・ランキング精度の向上等に還元しております。

GMO光アクセスは、安定した通信速度を提供しながら、月額料金が3,773円からと安価に利用できる光回線です。

最大128,000円のキャッシュバックキャンペーンも実施しており、、これから光回線を申し込もうと考えている方におすすめです。

しかしながら、通信品質やサポート面に関して「GMO光アクセスを利用している方の評判・口コミを知りたい」「本当にお得なのか確認したい」という方もいるのではないでしょうか。

そこで本記事では、GMO光アクセスの評判・口コミに加え、契約するメリット・デメリットについて解説します。

安く利用できる光回線やキャッシュバック金額が大きい光回線をお探しの方で、GMO光アクセスが気になっている方は、ぜひこの記事を参考にしてください。

とくとくBB光の公式サイトはこちら

目次

GMO光アクセス(GMOとくとくBB光)の評判・口コミまとめ

まずはGMO光アクセスの評判・口コミをまとめました。 本記事では以下の3つの項目に分けて、評判・口コミを紹介します。

それでは詳しく解説します。

GMO光アクセス(GMOとくとくBB光)の速度に関する評判・口コミ

まずはGMO光アクセスの速度に関する評判・口コミを解説します。

無事光回線開通〜! 今回はGMO光アクセスを契約 3月下旬申し込み→6月頭開通 なので、新築の人は早め早めの申し込みが良さそう(ちなみにau光開通不可でした) クローゼット内設置 速度は、 1F 200Mbps(電波少し弱い) 2F 440Mbps(ルーターここ) 3F 180Mbps 1Fにもルーター置こうかなと計画中

X から引用

さすが早朝 下りがやたらと早い GMO光アクセス(GMOとくとくBB光) IPv6接続 IPoE(v6プラス)の測定結果 Ping値: 29.0ms 下り速度: 733.12Mbps(超速い) 上り速度: 104.33Mbps(かなり速い) https://minsoku.net/?s=733,104 #みんなのネット回線速度

X から引用

さすがにこの時間で10Mbps以下とか酷すぎないか GMO光アクセス(GMOとくとくBB光)の測定結果(IPv6接続) Ping値: 8.0ms ダウンロード速度: 3.74Mbps(かなり遅い) アップロード速度: 270.62Mbps(非常に速い) https://minsoku.net/?s=3.74,270 #みんなのネット回線速度

X から引用

GMOとくとくBB(GMO光アクセス)ほんとクソサービス ネットはブチブチ切れるし解約のやりとりも死ぬほど遅いし電話はナビダイヤルでまともに連絡取れない 違約金かからないって話だったけど実質違約金あるしもう二度と契約しない 今度はおてがる光かenひかり試してみよう

X から引用

GMO光アクセスの「ルーター付近以外の部屋でも通信速度が速い」「早朝が特に速い」など、通信速度が速いという声も多い一方で、「時間帯によっては通信速度が遅い」「インターネットがブチブチ切れる」といった声もみられました。

GMO光アクセスは、フレッツ光回線を借り受けて運営されている光コラボレーションモデルであり、時間帯によっては利用者が増えることから通信の混雑が予想されます。

そのため、利用者の多い時間帯は通信速度が遅くなる可能性があります。

ただし、時間帯による通信速度の遅延はGMO光アクセス以外の光コラボレーションモデルでも同様に時間帯による通信速度の遅延が発生するので、GMO光アクセスだけが特段遅いというわけではありません。

GMO光アクセスの評判・口コミを見る限り、通信速度を重視するよりは料金や通信速度など総合的にコストパフォーマンスを重視する方におすすめです。

GMO光アクセス(GMOとくとくBB光)の料金に関する評判・口コミ

続いてはGMO光アクセスの料金に関する評判・口コミを紹介します。

光配線工事が完了して2週間、しかしネット接続に改善は見られず。プロバイダおよびルーターに問題があると判断し、他の光コラボへの乗り換えを決断。安い上にルーターを無料レンタルしてくれるGMOとくとくBBを乗り換え先に決定、早速手続きを進める。グッバイ、楽天ひかり。

X から引用

GMO光アクセス ホームタイプ 7月6日 朝8時半過ぎの通信速度は、下り 439.6Mbps・上り 117.2Mbps・Ping 26msでした。今日も快適です。 前回までのスピードテスト結果はこちら ⇒ https://net-tuu.com/gmohikari-hyouban/ 前のビッグローブ光と変わらないし、安いから遅いとかそういうのも感じません。おすすめです。

X から引用

3年後引っ越しの可能性がある現状、引っ越し先が光対応してないと違約金or工事費払う必要があるGMO光アクセスはリスク高いか

X から引用

GMO光アクセスの料金に関する評判・口コミについては「月額料金が安い上にルーターを無料でレンタルできる」「月額料金が安いからと言って通信速度は遅いわけでもなく快適」といった評判・口コミがみられました。

GMO光アクセスは月額料金が3,773円から利用可能ですが、この安さは業界最安水準です。

月額料金の安い光回線を利用したい方は、GMO光アクセスがおすすめです。しかしながら、「解約時に工事費用を一括で支払う必要がある」という点にデメリットを感じる方も多いようです。

GMO光アクセスは違約金等は基本的に発生しないものの、3年以内に解約した場合に工事費用の残債を支払う必要があります。

そのため、転勤の多い方や3年以内に引越しの予定がある方はGMO光アクセスをおすすめできません。一方で、戸建て住宅で利用やリモートワークで転勤・転居の心配がない方は、月額料金の安いGMO光アクセスがおすすめです。

GMO光アクセス(GMOとくとくBB光)のサービスに関する評判・口コミ

最後にGMO光アクセスのサービスに関する評判・口コミを紹介します。

安くてお得!キャッシュバックだけ注意 東日本と西日本で利用料金が違います。西日本の利用料金が安かったため、大阪に住んでいたときに使いました。 安くても、サポート、通信速度ともに問題ありません。混み合っていても一定の速さは出ますし、サポートも迅速でした。 使って思ったのはとにかくお得だということ。基本料金が安いのはもちろん、毎月GMOポイントが貯まり、貯まったポイントを使えば様々なサービスを受けることができます。 僕はビールが好きなので、ポイントを使って「スペイン 無濾過ビールTrigo」を注文しました。当然無料です。インターネットを使っているだけでビールが手に入るので、とても得した気分になりました。 唯一キャッシュバックだけは大変でした。契約から11ヶ月後に自力で申し込まなければなりません。申し込める期間も1ヶ月以内とタイトなため、スケジュールには気を付ける必要があります。ただ、キャッシュバック金額も大きいので、大変なだけの見返りはあります。

みんなの評判 から引用

大手なのに悪徳商法 大事なメールは、契約時の謎のWebメールに送られる。WebメールにはGMOのページから飛び、アカ ウント情報をいれないと入れない。また、Wi-Fiを使用するにあたり、ルーター出荷情報は契約時に登録したgmailなどにメールが届き、ルーター使用開始などWebメールは一切使わなくてもよいため、キャッシュバック情報、ルーター返却情報を多くの人が見逃す仕組み。 同じ事を何度も指摘されているはずなのに、是正しない理由は、キャッシュバックを見逃す、ルーター返却期限を見逃し補填金を払う、人を増やすため以外考えられず、企業体質が最低最悪である。 一度使用した人は二度とこの会社を使わないと思う。

みんなの評判 から引用

在宅勤務が長くなり、WIMAX2+のモバイルルーターだとデータ量制限に引っかかって夜が激遅になるためGMO光アクセスに乗り換え。 だがしかし1か月待った挙句、先方の登録ミスで本日開通できないことになる。まぁそれは良いんですが、連絡が無茶苦茶遅い。顧客サービスはイマイチイマニな会社ですね。

X から引用

GMO光アクセスのサポート面に関する口コミ・評判では、「安くてお得でキャッシュバック金額も高額」といった良い評判・口コミが多い一方で、「トラブル時の連絡が遅い」「キャッシュバックの受け取り方法がわかりにくい」といった声もあります。

GMO光アクセスは、月額料金が安いだけでなく、キャッシュバック金額が最大128,000円とかなり高額です。

一方でキャッシュバックの受け取りは開通月から12ヶ月後と遅いので、受け取り忘れてしまう場合があります。

また、キャッシュバックを受け取るためには、開通から11ヶ月後に届く専用のプロバイダメールに届く案内メールから振り込みの手続きが必要です。

そのため、インターネットでの手続きが苦手な方はキャッシュバックの受け取りが難しく感じるかもしれません。 ただし、キャッシュバックの受け取り方法さえわかっていれば、難しいものでもありません。

GMO光アクセス(GMOとくとくBB光)の評判から見るメリット

利用者の評判・口コミを見てわかったGMO光アクセスのメリットは以下のとおりです。

GMO光アクセスの契約を検討している方は、メリットをひとつずつ把握していきましょう。

とくとくBB光の公式サイトはこちら

キャッシュバック金額が最大128,000円とかなり高い

GMO光アクセスは、最大キャッシュバックが128,000円と非常に高額な特徴があります。

GMO光アクセスのキャッシュバック
キャッシュバックの種類キャッシュバック金額
契約時
    • 1ギガ:30,000円
    • 10ギガ:41,000円
他社解約違約金最大60,000円
オプション追加(光テレビ・電話)23,000円
オプション追加(インターネット安心セキュリティ・スマホトラブルサポート)4,000円

GMO光アクセスを契約時、契約者全員が30,000~41,000円のキャッシュバックが受け取れます。

他社からの乗り換え時に違約金が発生する場合は、追加で最大60,000円、指定オプションの加入で27,000円が追加されます。

非常に高額なキャッシュバックが受け取れるため、光回線を契約する際にPC周辺機器やゲーム機などを買い替えたい方は、GMO光アクセスがおすすめです。

月額料金が他の光回線と比べても安い

GMO光アクセスは、月額料金が他の光回線と比べて安い特徴があります。

GMO光アクセスと、他の主要光回線の月額料金の比較表が以下のとおりです。

光回線の月額料金
光回線名月額料金
GMO光アクセス
  • 戸建て:4,818円
  • マンション:3,773円
ドコモ光
  • 戸建て:5,720円~
  • マンション:4,400円~
ソフトバンク光
  • 戸建て:5,720円
  • マンション:4,180円
auひかり
  • 戸建て:5,610円
  • マンション:建物によって変動
NURO光
  • 戸建て:5,200円
  • マンション:2,090円~2,750円

※価格は税込です。
※1ギガプランの月額料金

GMO光アクセスは、戸建て4,800円台、マンションは3,700円台で利用できます。

しかし、他の光回線は戸建ては5,000円以上、マンションは4,000円以上が平均と、少し高めの料金設定です。

そのため、月額料金が安い光回線を探しているという方にもGMO光アクセスはおすすめです。

契約期間や解約金等の縛りがなく引越しが多い方でも利用しやすい

GMO光アクセスは、契約期間の縛りが一切ないため、引っ越しが多い方でも利用しやすいです。

ほとんどの光回線は2年契約が一般的となっており、2年以内に解約すると違約金として5,000円程度請求されます。

そのため、短期間での解約がしにくくなっており、引っ越しが多い方などは不便なケースがありました。

しかし、GMO光アクセスは契約期間の縛りがなく、いつ解約しても問題ないため、短期間でも解約しやすいです。

V6プラス対応で通信速度が速い&安定している

GMO光アクセスは、V6プラスというIPv6 IPoE接続サービスに対応しているため、通信速度が安定して速い特徴があります。

V6プラスとは

光回線の混雑の原因のひとつ「PPPoE」方式を避けて「IPoE(IPv6)」でインターネットに接続する仕組みのことです。

従来のPPPoE方式と比べて利用者数が少なく、混雑の影響が出にくい仕組みのため、快適な通信速度が出ます。

GMO光アクセスの通信速度は以下の通りです。

GMO光アクセスの通信速度レポート

  • 下り平均通信速度:253.5Mbps
  • 上り平均通信速度:311.56Mbps
  • 平均Ping値:18.16ms

参考:GMO光アクセス(GMOとくとくBB光)の通信速度レポート

GMO光アクセスの利用者が測定した通信速度では、下り250Mbps、上り300Mbps以上の結果が出ているため、オンラインゲームや4K動画等も対応可能です。

通信速度が速い光回線を探しているという方も、GMO光アクセスなら満足できるでしょう。

Wi-Fiルーターを無料でレンタルできるから初期費用がかからない

GMO光アクセスは、Wi-Fiルーターの無料レンタルを行っているため、初期費用を抑えることが可能です。

Wi-Fiルーターは安いモデルでも5,000円以上、最新の規格に対応したものを購入しようとすると1万円程度かかってしまいます。

しかし、GMO光アクセスはWi-Fi6対応、V6プラス対応のものが無料レンタルできるため、快適に使えるWi-Fiルーターを無料で手に入れられます。

Wi-Fiルーターの規格や種類がよくわからない方や、Wi-Fiルーターをわざわざ購入したくない方は、GMO光アクセスの契約がおすすめです。

中継機を利用できるので、住宅全体で高速通信を実現できる

GMO光アクセスでは、Wi-Fiルーターの無料レンタルだけでなく、中継機を格安価格で購入可能です。

中継機は3,300円で購入可能となっており、家電量販店で購入するよりも安い価格で手に入れられます。

中継機とは?

インターネット回線を中継する機器のことで、1階・2階でも通信速度や安定性がほとんど変わらなくなる特徴があります。

中継機の種類
中継機の種類メーカー
WSR-2533DHP2-CBBUFFALO
WSR-2533DHP3-BKBUFFALO
PA-WG2600HSNEC
PA-WG2600HS2NEC
WRC-2533GST2ELECOM

参考:GMOとくとくBB|運営実績20年以上のおトクなプロバイダー

アパートやマンションの方は不要ですが、戸建て物件にお住まいの方で1階でも2階でもインターネットを使う場合は、中継機がお得に購入できるGMO光アクセスがおすすめです。

mineo利用者は最大6ヶ月間10GBのデータ容量を増量

GMO光アクセスを申し込んだあと、専用フォームからmineoを契約することで、最大6か月間10GBのデータ容量がもらえます。

mineoとは格安SIMのひとつで、ドコモやauと比べて月額料金が安い特徴があります。

また、ドコモ・au・ソフトバンクの3つの回線に対応しているため、スマホのSIMカードを差し替えるだけで乗り換えが可能です。

mineoについては、「【2024年6月】mineoの最新キャンペーン!事務手数料無料・月額料金割引・端末値引きなど乗り換え時に利用できる特典」を参考にしてください。

GMO光アクセス(GMOとくとくBB光)の評判から見るデメリット

GMO光アクセスの評判を見てわかったデメリットは以下のとおりです。

GMO光アクセスを契約する前に、デメリットや注意点は把握していきましょう。

キャッシュバックの通知がプロバイダメールに届くので受け取りが難しい

GMO光アクセスのキャッシュバックは受取条件に「11か月後にプロバイダメールアドレスに届くメールから振り込み手続きが必要」なため、手続き自体を忘れたり、受け取りが難しいです。

GMO光アクセスでは「キャッシュバックを忘れる」「契約前に登録したメールアドレスから届くと思っていた」などのトラブルが多いため、受け取り方法を事前に把握しておきましょう。

なお、手続きを忘れないためには、GMO光アクセスを申し込んだ11か月後にリマインダーが届くようにカレンダーアプリで設定しておくことをおすすめします。

スマホとのセット割引がない

GMO光アクセスは、スマホとのセット割引がありません。

そのため、大手キャリアのスマホを家族で利用している場合は、スマホセット割があるようなドコモ光やソフトバンク光、au光などの光回線を契約したほうがお得です。

ただし、光回線とのセット割が適用されないような格安SIMを契約している場合は、月額料金が安いGMO光アクセスがおすすめです。

特に格安SIMのmineoは、GMO光アクセスとセット利用で、6か月間10GBのデータ容量が追加されるため、お得に使えます。

現在、キャリアのスマホを利用している方は、GMO光アクセスに乗り換えるタイミングで、mineoに乗り換えることもおすすめです。

3年未満に解約すると開通工事の残債分が一括で請求される

GMO光アクセスを契約する際に開通工事をした場合は、3年未満に解約すると開通工事の残債を一括で支払わなければいけません。

GMO光アクセスは3年間かけて開通工事費の割引をしているため、途中で解約すると工事費が発生してしまうのです。

ただし、フレッツ光からの転用やフレッツ光回線を使用した光コラボレーションからの乗り換えでは開通工事がない、開通工事費の残債が少ないことがあるため、解約しやすいです。

すでに開通工事費の支払いが完了していたり、残債がほとんどない場合は、高額な工事費用を請求されることはないでしょう。

支払方法がクレジットカードしか選べない

GMO光アクセスの支払い方法は、クレジットカード払いしか選択できません。

口座振替やデビットカードでの支払いができないため、クレジットカードを所持していない方は、新しく作成するか他の光回線を選ぶしかありません。

口座振替対応の光回線を利用したい方は、「クレジットカードなしでもOK!口座振替対応の光回線おすすめ5選」の記事を参考にしてください。

GMO光アクセス(GMOとくとくBB光)の申し込み方法

GMO光アクセスの申し込み方法を、以下の3つの手順に分けて解説します。

ご自身の申し込み方法に合わせて、手順を確認してください。

とくとくBB光の公式サイトはこちら

フレッツ光からGMOとくとくBB光(GMO光アクセス)に申し込む方法

フレッツ光からGMO光アクセスに申し込む手順は以下のとおりです。

フレッツ光からGMO光アクセスへの転用手順

  1. フレッツ光で転用承諾番号を取得する
  2. GMO光アクセスの公式サイトから申し込む
  3. 折り返しの電話で切り替え日を決める
  4. 必要書類やWi-Fiルーターなどの電子機器を受け取る
  5. 光回線の切り替えが行われる
  6. インターネット接続して完了

フレッツ光からGMO光アクセスに申し込むためには、事前にフレッツ光で転用承諾番号を取得しなければいけません。

上記の窓口で転用承諾番号は取得できるため、GMO光アクセスに申し込む前に取得しておきましょう。

フレッツ光から乗り換える場合は、開通工事が行われないため、GMO光アクセス側が切り替え工事を行うだけで手続きが完了します。

ただし、一時的にインターネットが使えなくなることもあるため、光回線が不要な日にちに切り替え工事日を指定しましょう。

とくとくBB光の公式サイトはこちら

光コラボレーションからGMOとくとくBB光(GMO光アクセス)に申し込む方法

光コラボレーションからGMO光アクセスに申し込む手順は以下のとおりです。

事業者変更手順

  1. 契約中の光回線で事業者変更承諾番号を取得する
  2. GMO光アクセスを申し込む
  3. 折り返しの電話で切り替え日を決める
  4. 必要書類やWi-Fiルーターなどの電子機器を受け取る
  5. 光回線の切り替えが行われる
  6. インターネット接続して完了

ドコモ光やソフトバンク光などの光コラボからGMO光アクセスに乗り換える際は、事前に事業者変更承諾番号を取得しなければいけません。

主な光コラボの問い合わせ先は以下のとおりのため、事前に取得しておきましょう。

光コラボの問い合わせ先
光コラボ問い合わせ先
ソフトバンク光電話:0800-111-6710
ビッグローブ光Web:事業者変更受付予約
plala光Web:マイページ
So-net光電話:0120-45-2522
楽天ひかりWeb:事業者変更承諾番号 申請フォーム

光コラボ間の乗り換えでは、開通工事が必要ないため、1週間から2週間程度で乗り換え手続きは完了します。

ただし、切り替え工事の際はインターネットが一時的に繋がらなくなるため、光回線が不要な日程を指定しましょう。

とくとくBB光の公式サイトはこちら

新規でGMOとくとくBB光(GMO光アクセス)に申し込む方法

新規でGMO光アクセスに申し込む手順は以下のとおりです。

新規申し込み手順

  1. GMO光アクセスを申し込む
  2. 折り返しの電話で工事日を決める
  3. 必要書類やWi-Fiルーターなどの電子機器を受け取る
  4. 開通工事する
  5. インターネット接続して完了

新しく光回線を申し込みたい方や、auひかり・NURO光など独自回線の光回線から乗り換えたい方は、こちらの手順で申し込みます。

新しく光回線を申し込む方は上記の手順のみで申し込めますが、独自回線の光回線から乗り換える場合は、開通後に解約手続きが必要です。

なお、新規でGMO光アクセスに申し込む場合は開通工事が発生するため、3年以内に解約すると工事費の支払いが必要です。

そのため、新規でGMO光アクセスを申し込む場合は、できる限り3年以上は継続して利用しましょう。

GMO光アクセス(GMOとくとくBB光)のよくある質問

GMO光アクセスに関するよくある質問は以下のとおりです。

GMO光アクセスのことで、疑問点や不明点が残っている方はご覧ください。

GMO光アクセスとドコモ光の違いは?

GMO光アクセスとドコモ光の違いは以下のとおりです。

GMO光アクセスとドコモ光の違い

  • GMO光アクセス:フレッツ光回線とGMOのプロバイダがセットになったサービス
  • ドコモ光:フレッツ光回線をドコモが借りて提供しているサービス

GMO光アクセスもドコモ光も同じ光コラボですが、利用できるプロバイダが異なります。

GMO光アクセスの場合はGMOとくとくBBしか選べませんが、ドコモ光はGMOとくとくBBやOCNなどのプロバイダが選べます。

GMO光アクセスはひかり電話やひかりテレビを利用できる?

GMO光アクセスでは、ひかり電話やひかりテレビを利用できます。

サービスの月額料金と工事費
サービス名月額料金工事費
GMOひかり電話550円13,530円
GMOひかりテレビ825円2,200~8,250円

※価格は税込です
参考:GMOひかりテレビ|GMOとくとくBB
参考:GMOひかり電話|GMOとくとくBB

これらのオプションは月額料金以外にも追加で工事費が発生するため、覚えておきましょう。

GMO光アクセスは工事不要?

GMO光アクセスで工事不要になるケースは、フレッツ光からの乗り換えの転用時と、光コラボからの乗り換えの事業者変更の場合のみです。

つまり、光回線を契約していない方、NURO光やauひかりから乗り換えたい方は工事が必要です。

フレッツ光・光コラボ以外からの乗り換え以外は工事が必要だと覚えておきましょう。

GMO光アクセスはマンションプランの速度は速い?

GMO光アクセスの配線方式が光配線方式の場合は、最大1Gbpsの通信速度が出るため速いです。

しかし、VDSL方式・LAN配線方式と呼ばれる配線方式を利用している建物では、通信速度が遅くなる可能性があります。

VDSL方式・LAN方式
配線方式特徴
VDSL方式距離や劣化の影響を受けやすいメタルケーブルを利用しており、通信速度の低下が発生しやすい配線方式
LAN方式1本の光ファイバーケーブルを家庭内で共有する利用者が増えると通信速度が低下しやすく、混雑しやすい配線方式

これらの特徴があるため、光配線方式以外は通信速度が遅くなる可能性があります。

ただし、住居がVDSL方式・LAN配線方式の場合は、光回線を電線から直接住居に引き込むことで、光配線方式に変更することも可能です。

まとめ

本記事ではGMO光アクセスの評判や口コミ、利用するメリット・デメリットについて解説しました。

GMO光アクセスは月額料金が安いだけでなく、キャッシュバック金額も最大128,000円とサービスも充実している光回線です。

キャッシュバック金額も高額で通信速度も安定して速いため、ほとんどの方が満足できるでしょう。

GMO光アクセスは申し込み窓口によってキャッシュバックが異なるため、本記事をご覧の方はお得な窓口から申し込んでくださいね。

家計の見直しは「固定費」の削減から始めよう!支出の見直しポイントとプロが教えるおすすめの方法はコレ!

この記事の著者

編集

Soldi編集部

Soldi編集部は「おうちのお金をスマートに」をコンセプトにコンテンツの配信を行っています。

※当サイトに掲載している情報は、万全の保証をいたしかねます。
機器、サービスの価格、スペック等の詳細情報は、必ず各公式サイトでご確認ください。

格安SIMのおすすめ21社を比較!格安SIMの選び方も