Menu

一人暮らしにおすすめのポケットWi-Fiは?安くて大容量のモバイルルーターを紹介

一人暮らしにおすすめのポケットWi-Fiは?安くて大容量のモバイルルーターを紹介

「これから一人暮らしを始めるけれど、ポケットWi-Fiって必要?」
「データ利用料を抑えたいけど、ポケットWi-Fiで大丈夫かな?」などお考えではないでしょうか。

ポケットWi-Fi(モバイルルーター)は、持ち運びできるデータ通信端末です。
スマホやタブレットとWi-Fi接続することで、快適にインターネットを楽しめます。

しかしポケットWi-Fiは、月額数千円の利用料がかかります。
そのため、「スマホだけでもなんとかなるのでは?」と考えている方もいると思います。

しかし、結論から申し上げると、一人暮らしの方はポケットWi-Fiを利用することをおすすめします。
ポケットWi-Fiなら工事の必要もなく、スマホのデータ通信料も抑えられるからです。

そこで、ポケットWi-Fi契約を考えている人に向けて以下の内容を紹介します。

  • 一人暮らしにおすすめのポケットWi-Fi
  • 一人暮らしのポケットWi-Fiを選ぶときのポイント

これから一人暮らしを始める方は、ぜひ参考にしてください。

一人暮らしにおすすめのお得なポケットWi-Fiを紹介!

それでは、一人暮らしにおすすめのポケットWi-Fiを確認しましょう。
一人暮らしにおすすめのポケットWi-Fiは、以下の6つです。

  • UQ WiMAX
  • MUGEN WiFi
  • Y!mobile
  • ドコモ・au・ソフトバンクのポケットWi-Fi(3大キャリアのポケットWi-Fi)

各ポケットWi-Fiの特長をまとめると、以下の通りです

  • UQ WiMAX:モバイルルーター「WiMAX」でお馴染み。多くの人が利用しており、信頼感がある
  • MUGEN WiFi:トリプルキャリア回線に対応しており、通信エリアが広い
  • Y!mobileのポケットWi-Fi:5G通信できるプランが用意されている
  • 大手3キャリアのポケットWi-Fi:月額料金は高いが安定感がある。スマホとセット契約すると安くなる

それでは、各ポケットWi-Fiについて詳しく見てみましょう。

UQ WiMAX

UQ WiMAX

(画像引用:UQ WiMAX

UQ WiMAXはモバイルルーターとしてお馴染みの「WiMAX」を提供している事業者です。
テレビCM等で名前をご存じの方も多いのではないでしょうか。

UQ WiMAXの特長

  • 長年WiMAXを提供しており、サービス利用者が多い
  • 知名度が高くて安心感がある
  • 3日間で10GB以上通信すると速度制限が発生する

WiMAXは利用しているユーザーも多く長年サービスを提供してきた歴史があるので、安定感があります。
ただし3日間で10GB以上通信すると速度制限がかかったり、場所によっては電波が入りにくかったりするなど弱点もあります。

「3日間で10GB以上利用しない」「WiMAXの利用可能エリア内に住んでいる」という人は、UQ WiMAXとの契約を考えてみてはいかがでしょうか。

UQ WiMAX
月額料金(ギガ放題プラン)利用開始月:4,268円/月の日割り
1ヶ月目以降:4,268円/月
月間データ通信量上限なし
※LTEオプション利用時は7GB/月
※直近3日間で10GB以上通信した場合、翌日18時から翌々日2時ごろまで、通信速度が最大1Mbpsになる
初期費用・手数料登録料(事務手数料):3,300円
キャンペーン・LTEオプション料 永年無料:auスマートバリューmineご加入者のみ、「au 4G LTE通信(1,105円/月)」を永年無料で利用可能
対応機種【モバイルルーター】
・WX06
・W06
・WX05
・W05

【ホームルーター】
・HOME 02
・HOME L02
・HOME 01
・HOME L01/L01s

※2021年11月現在

UQ WiMAXの申込みはこちら

MUGEN WiFi

MUGEN WiFi

(画像引用:MUGEN Wi-Fi

MUGEN WiFiは毎月最大100GB利用できるのが特徴のポケットWi-Fiです。

MUGEN Wi-Fiの特徴は以下の通りです。

MUGEN WiFiの特長

  • 月100GBもデータ通信を利用できる
  • トリプルキャリア対応で、利用可能エリアが広い
  • 3年目以降は解約違約金が発生しない

ドコモ・au・ソフトバンク回線に対応しており、幅広いエリアで利用可能です。
たとえばau回線のエリア外の地域では、自動でドコモやソフトバンク回線に切り替わり、通信サービスを継続して利用できます。

また25か月目以降は解約違約金が発生しないのも魅力的です。

MUGEN WiFiでは「3日間で10GBを超えると速度制限が発生する」といった縛りはありません。
ただし、大容量のデータをダウンロードする場合はその限りではないようなので、気を付けておきましょう。

「幅広いエリアで利用したい」「解約違約金に縛られたくない」方は、MUGEN WiFiの契約を検討してみてはいかがでしょうか。

MUGEN WiFiX
料金MUGEN格安プラン:3,718円〜
MUGENアドバンスプラン:4,268円〜
月間データ通信量100GB/月
初期費用・手数料事務手数料:3,300円
キャンペーン・全額返金キャンペーン:申し込みから30日間であれば、契約時に支払った料金が全額返金される。
※返却処理手数料(1,100円)などが発生します。
対応機種【MUGEN格安プラン】
・U3
【MUGENアドバンスプラン】
・G4

※2021年11月現在

MUGEN WiFiの申込みはこちら

Y!mobileのポケットWi-Fi

ワイモバイルのポケットWi-Fiは、ソフトバンクユーザーにおすすめです。
ソフトバンクの光回線やホームルーターとのセット割引が適用されるため、お得に利用できます。

ワイモバイルのポケットWi-Fiの特徴は以下の通りです。

ワイモバイルのポケットWi-Fiの特長

  • 「7GBまでプラン」は5Gが利用できる
  • 「上限なしプラン」は通信容量の上限なしがほぼなしで利用できる
  • ソフトバンクの固定回線とのセット割引がある

Y!mobileのポケットWi-Fiは以下の2プランとなっています。

  • 上限なしプラン
  • 7GBプラン

上限なしプランは、4G通信で無制限でデータ通信が可能なプランとなっており、7GBプランは、5G通信が利用できるプランとなっています。

注意点は、5G通信は対応ルーターを使用しなければ利用できないことです。
また、無制限プランでも利用状況によっては通信速度が制限される可能性がある点に注意が必要です。

「無制限のデータ通信プランを利用したい」「ソフトバンクの固定回線との設置割引を活用したい」と考えている方は、Y!mobileとの契約を考えてみませんか。

Y!mobileのポケットWi-Fi プラン2(ベーシック)
料金7GBまでプラン:4,066円
上限なしプラン:4,818円
月間データ通信量・月7GBまで
・上限なし
初期費用・手数料契約事務手数料:3,300円
※オンラインストアで申し込んだ場合は無料
キャンペーン・おうち割 光セット(A):Softbank光もしくはSoftbank Airとのセット利用で毎月550円割引
対応機種・A102ZT
・803ZT
・801HW
・603HW

※2021年11月現在

Y!mobile公式ページ

ドコモ・au・ソフトバンクのポケットWi-Fi(3大キャリアのポケットWi-Fi)

ドコモ・au・ソフトバンクの提供しているポケットWi-Fiは、大手キャリアが提供する通信プランのため、高品質で安定した通信速度が期待できます。

ドコモ・au・ソフトバンクのポケットWi-Fiの特長

  • 高品質なデータ回線を利用できるのが魅力的
  • スマホ契約とのセット割引・プランがある
  • 5G通信に対応している

しかし、3大キャリアが提供するWi-Fiには割高感があり、プランの内容が分かりづらいのが難点です。

以下は3社の比較です。

ドコモ・au・ソフトバンクのポケットWi-Fi料金・サービス詳細
ドコモのポケットWi-FiauのポケットWi-FiソフトバンクのポケットWi-Fi
料金・ギガホプレミア:7,205円/月
・ギガライト
〜1GB:3,465円
〜3GB:4,565円
〜5GB:5,665円
〜7GB:6,765円
・5Gデータプラス、データプラス:ドコモのギガプランとペア契約で+1,100円
・モバイルルータープラン 5G:5,458円

・モバイルルータープラン:4,908円(ハイスピードプラスエリアモード利用で+1,105円)
・データシェアプラン:1,078円/月
・データ通信専用50GBプラン:5,280円/月
月間データ通信量・ギガホプレミア:月60GB
・ギガライト:月7GB
・5Gデータプラス、データプラス:ペアとなる「ドコモのギガプラン」から利用できる
・モバイルルータープラン 5G:上限なし
※プラスエリア利用時に月間15GBを超えた場合、月末まで128kbpsまで速度制限されます。

・モバイルルータープラン:上限なし

※ハイスピードプラスエリアモード利用して月7GBを超えた場合、通信速度が128kbpsまで速度制限されます。
・データシェアプラン:ペアとなる回線の容量による
(「メリハリ無制限」の場合、最大30GB/月まで)
・データ通信専用50GBプラン:月50GBまで
(時間帯によっては速度制限が発生します)
初期費用・手数料事務手数料:3,300円事務手数料:3,300円-
キャンペーン・dカードお支払割:dカードでの料金支払で月187円/割引
・みんなドコモ割:ドコモ回線の契約人数に応じて割引
※2回線目以降、550円×(契約人数-1人)
・ドコモ光セット割:ドコモ光の利用で最大月1,100円割引
・5Gルーター割:「モバイルルータープラン 5G」契約者のみ、25ヶ月間550円割引
・auスマートバリューmine:対象のWi-Fiルーター契約+対象のスマホ向け通信プラン加入で毎月最大1,100円割引
-
対応機種【5G】
・Wi-Fi STATION SH-52B
・Wi-Fi STATION SH-52A
【4G】
・Wi-Fi STATION SH-05L
【5G】
・Speed Wi-Fi HOME 5G L11 ZTR01
・Galaxy 5G Mobile Wi-Fi SCR01
・Speed Wi-Fi 5G X01

【4G】
・WX05
・W06
・W05
【5G】
・Pocket WiFi 5G A101ZT
・Pocket WiFi 5G A004ZT

【4G】
・Pocket WiFi 802ZT
※2021年11月現在

スマホの通信プランも契約している方は、ポケットWi-Fiとのセット割引やデータ容量を共有できる「データプラス」を活用できるなど、キャリアによる特典もあります。

「スマホも大手キャリアだから、ポケットWi-Fiと揃えたい」「安心感・安定感のあるポケットWi-Fiを利用したい」という方は、大手キャリアが提供するポケットWi-Fiを契約してみてはいかがでしょうか。

一人暮らしのポケットWi-Fiを選ぶときのポイントを3つ紹介!

ここからは、一人暮らしのポケットWi-Fiを選ぶときに注意すべきポイントを紹介します。
ポケットWi-Fiを選ぶときのポイントは、以下の3つです。

  1. 大容量or無制限のデータ通信に対応しているか?
  2. 月額料金や対応エリアなどの条件を満たしているか?
  3. 契約期間や速度制限について確認

それぞれ詳しく見てみましょう。

【ポイント1】大容量or無制限のデータ通信に対応しているか?

ポケットWi-Fiを契約するときは、できるだけ大容量通信に対応したサービスを選んだ方がよいでしょう。

ポケットWi-Fiの中には、月7 GBまでなど、利用できるデータ通信量が少ないプランもあります。
月7GBだと、スマートフォンのデータ通信容量と同じくらいです。

そうなるとテザリングでも代用できてしまうため、ポケットWi-Fiを契約した意味があまりなくなります。
一人暮らしで利用するポケットWi-Fiを選ぶときは、大容量のデータ通信に対応しているかを目安に選びましょう。

【ポイント2】月額料金や対応エリアなどの条件を満たしているか?

ポケットWi-Fiを契約するときは、毎月支払う料金や利用できるエリアなどを十分理解したうえで契約しましょう。

月額料金の安さだけで契約すると、1年後や2年後に月額料金が高くなる場合があります。
またポケットWi-Fiによって、利用できるエリアが異なるからです。

契約後にサービスエリア対象外と判明した場合、解約すると違約金発生等で大変な出費や手間がかかります。
対応エリアは、各社のホームページで事前に確認しておきましょう。

先に紹介したUQ WiMAXは、15日間無料で試せる「Try WiMAX」サービスを行っています。
実際の接続状況を確認したい方は、このようなサービスも利用してみてください。

【ポイント3】契約期間や速度制限について確認

ポケットWi-Fiを契約するときは、契約期間の縛りや速度制限の発生条件について、事前にチェックしましょう。

例えばWiMAXでは、3日間で10 GB以上通信すると、速度制限が発生します。
またポケットWi-Fiの中には、契約更新月以外で解約すると解約違約金を請求されるプランもあります。

よってポケットWi-Fiを契約するなら、契約期間の縛りや速度制限の発生条件について、事前にしっかり確認することが大切です。

一人暮らしはポケットWi-Fiを契約すべき?おすすめできる人の特徴を3つ紹介!

ここからは、ポケットWi-Fiの契約をおすすめする人の特徴について紹介します。
これから一人暮らしを始めるときにポケットWi-Fi契約を考えている人は、ぜひ参考にしてください。

  1. 契約などの理由で自宅の回線工事ができない人
  2. 外出先でたくさんデータ通信を利用する人
  3. 出張が多い人

それぞれ詳しく解説します。

【特徴1】契約などの理由で自宅の回線工事ができない人

光回線の設置工事はできないけれど、ネット環境を充実させたい方はポケットWi-Fiの導入がおすすめです。

ポケットWi-Fiの場合、回線の設置工事等は必要ありません。
ルーターさえ届けばいつでもどこでもデータ通信を利用できるため、賃貸でも利用しやすいのがポイントです。

マンションやアパート等、賃貸物件に入居している方は、管理会社や大家の許可を得ないと回線工事が行えない場合が多いです。
もし、勝手に固定回線の工事をするとトラブルの原因になったり、退去する際に撤去費用を請求されたりします。

しかし、ポケットWi-Fiならこのようなリスクは生じません。
また、引っ越しの際も持っていくだけですぐに利用できることがメリットです。

【特徴2】外出先でたくさんデータ通信を利用する人

外出先でスマホ・パソコン・タブレットを利用する機会が多い人は、ポケットWi-Fiの契約をおすすめします。

テザリングの場合、スマホのバッテリーをたくさん消費しますが、ポケットWi-Fiはスマホなどのデバイスに同時接続ができます。
そのため、外出先でのデータ通信も安心です。

また、スマホのバッテリーにも負荷をかけないので、たくさん外出先でインターネットを楽しめます。

【特徴3】移動や出張が多い人

出張が多い方や単身赴任の方にも、ポケットWi-Fiの契約をおすすめします。

最近ではフリーWi-Fiやビジネスホテルでも無線LANに対応しているところが増えています。
しかし、移動中や商談中に利用したいというニーズのほうが多いのではないでしょうか。

ポケットWi-Fiがあれば手軽で快適にインターネットを利用できるので、単身赴任の方や出張の多いひとり暮らしの方は、ポケットWi-Fiの契約を検討してみてください。

一人暮らしのポケットWi-Fi購入でよくある3つの疑問を解説!

ここからはポケットWi-Fiの購入時によくある3つの疑問について解説します。

  1. ポケットWi-Fiと光回線、どちらを導入すべき?
  2. ポケットWi-Fiとテザリング、どちらを活用すべき?
  3. ゲームを楽しみたいけど、ポケットWi-Fiで問題ない?

詳しく確認していましょう。

【疑問1】ポケットWi-Fiと光回線、どちらを導入すべき?

実は、光回線とポケットWi-Fiの月額料金には大差がありません。

例として、ソフトバンク光とワイモバイルのポケットWi-Fiを比較してみます。

月額
ソフトバンク光4,180円(マンションタイプ)
ワイモバイルのポケットWi-Fi4,818円(上限なしプラン)

※2021年11月現在

ご覧のように、ポケットWi-Fiの方が約600円高いくらいで、ほぼ料金に変わりはありません。

そのため、ポケットWi-Fiと固定回線のどちらを選ぶべきか悩んでいる方は、以下を確認してみましょう。

  • 光回線工事が可能か
  • 外出先でインターネットをする機会が多いか
  • すぐにWi-Fi環境を整えたいか
  • 速度制限があっても気にならないか

そもそも光回線工事ができない場合はポケットWi-Fi一択になりますが、外出先でよく使いたい・開通工事まで待てない場合など、ニーズによって検討することをおすすめします。

【疑問2】ポケットWi-Fiとテザリング、どちらを活用すべき?

データ通信量を気にせず利用したい方は、ポケットWi-Fiを契約した方がよいでしょう。

テザリングだと、スマホのデータ通信量を超えると通信制限がかかったり、その通信制限解除のため追加料金が発生したりするからです。

そのうえスマホのバッテリーも消費が激しくなるので、長時間のテザリング利用はおすすめできません。
また、通話中はテザリング機能が使えないので、仕事で利用する方にも不向きでしょう。

では、UQ WiMAXとauテザリングオプションで比較してみましょう。

UQ WiMAX(ギガ放題)auテザリングオプション(ピタットプラン)
月額料金4,268円2,178円~4,928円
月間データ通信量上限なしプランによって異なる
(ピタットプランの場合は7GB)
通信制限あり
※3日間で10GB以上利用時
あり
※当月利用の通信量が合計で月間データ容量を超えた場合
※2021年11月現在

表をご覧いただくとわかりますが、それぞれ内容が異なります。

特に、UQ WiMAXのデータ通信量が上限なしに対し、auのピタットプランでテザリングを利用すると、7GBを超えたらすぐに通信制限がかかってしまいます。

auの1GBで利用できる目安

(参考:au│よくある質問│1GBで利用できる目安

上記は1GBでできる目安です。

ピタットプランは上限7GBなので、YouTubeで高画質動画を閲覧すると、10.5時間で7GB使ってしまう計算になります。
そのため、データ容量を気にせずインターネットを楽しみたい方は、テザリングよりポケットWi-Fiの活用をお勧めいたします。

【疑問3】ゲームを楽しみたいけど、ポケットWi-Fiで問題ない?

ポケットWi-Fiの購入を考えている人の中には、オンラインゲームができるかと悩んでいる方もいるでしょう。

結論ですが、ポケットWi-Fiでも一部のオンラインゲームは楽しめます。

ただしFPSゲームや格闘ゲームのような、わずかなラグがゲーム性に大きく関わるようなゲームの場合は、速度が安定している光回線がおすすめです。

一人暮らしにはポケットWi-Fiがおすすめ!

ここまで、一人暮らしにおすすめのポケットWi-Fiや、ポケットWi-Fiを選ぶ際のポイント等を解説いたしました。

以下のような方は、ぜひポケットWi-Fiの申し込みを検討してください。

  • 契約などの理由で自宅の回線工事ができない人
  • 外出先でたくさんデータ通信を利用する人
  • 出張が多い人

ポケットWi-Fiは工事の必要がなく気軽にインターネットができるので、ひとり暮らしの方でも快適に利用できます。
一方で、ゲームや動画を楽しみたい方やリモートワークの方は、通信品質が安定している光回線の契約をおすすめします。

UQ WiMAXの申込みはこちら

家計の見直しは「固定費」の削減から始めよう!支出の見直しポイントとプロが教えるおすすめの方法はコレ!

この記事の著者

編集

Soldi編集部

Soldi編集部は「おうちのお金をスマートに」をコンセプトにコンテンツの配信を行っています。

※当サイトに掲載している情報は、万全の保証をいたしかねます。
機器、サービスの価格、スペック等の詳細情報は、必ず各公式サイトでご確認ください。

【完全版】自分に合った格安SIMが見つかる!

【完全版】自分に合った格安SIMが見つかる!

【28社比較】おすすめのWiMAXプロバイダはこれ!

【28社比較】WiMAXを契約するなら! おすすめプロバイダ厳選5社!



ナビナビ保険