習い事に関する調査第一弾!小学生時代の習い事ランキング

2015/07/29公開

今も昔も、子供たちを楽しませ、悩ませている「習い事」。ちなみに最近は、プログラミングが人気なのだとか。子供時代に、何か習い事をしていた記憶がある方も多いのではないでしょうか?そこで今回は、習い事に関する調査の第一弾として、「小学生の頃にやっていた習い事のランキング」を年代や性別、都道府県別のランキングでご紹介しています。あなたのやっていた習い事は、何位にランクインしているでしょうか?

見積もり比較&引越し予約

全体ランキング

小学生の頃「習い事」をしていましたか?

約9割の方が、小学生時代に習い事をやっていた!

まず初めに、前提多岐な数字を見てみましょう。小学生の頃に習い事をやっていた人の割合は89.7%と、なんと約9割の方がなんらか習い事をしていたという結果となりました。
男女別で見てみると、女性が93.3%なのに対して男性は85.8%と、女性のほうがやや高い数値となっています。年代別では、20代以下の92.4%が最も高く、世代が上がるごとに低くなっていき、60代以上では74.1%となっています。

人気の習い事ランキング

小学生の頃どんな「習い事」をしていましたか?

小学生の頃どんな「習い事」をしていましたか?(男女別)

最もやられていた習い事は「書道・習字」

やっていた習い事の上位は、1位が書道・習字で43.5%、2位がピアノで31.9%、3位がそろばんで31.6%、4位が僅差で水泳の31.1%となりました。以下、英会話、公文式、と続きますが、5位の英会話でも10.5%となっており、上位4つの習い事とは、大きく差が開いています。
男女別に見てみると、順位は違うものの、上位4つにランクインしているものは同じ、と言う結果となりました。男性の1位は書道で38.4%で、女性の1位はピアノで49.0%となっています。女性の二人に一人が、小学生のころにピアノを習っていたことになります。また、男性は2位が水泳なのに対して、女性は書道が2位となりました。
ただ、男性の1位である書道が38.4%なのに対して、女性の書道は2位でも47.9%と非常に高い割合となっており、こちらもおよそ二人に一人が習っていたことになります。
5位以下を見てみると、男性の場合サッカーや野球、剣道と言った運動系の習い事がランクインしているのに対して、女性ではエレクトーンや絵画と言った文科系の習い事がランクインしています。

小学生の頃どんな「習い事」をしていましたか?

年代別でも習い事には差がある

年代別でみてみると、20代以下と30代以上の間に明確な違いがあるのがわかります。30代以上では、全て1位が書道なのに対して、20代以下では水泳が1位、2位もピアノとなっており、書道は3番手で36.8%となりました。また、そろばんに関しても若い世代では習っている率が低くなっています。デジタルデバイスの浸透に伴い、アナログな「読み・書き・そろばん」の需要が減っていることが伺えます。
それとは逆に、水泳を習っている割合は若い世代ほど高く、20代以下では44.3%で1位となっています。水泳に関しては、30代でも42.2%と高い数字となっており、1970年代後半からスイミングスクールが全国的に増え始めたことで、メジャーな習い事として定着していったものと考えられます。
また、サッカーは30代以下でのみトップ10入りを果たしていますが、これは1981年に連載が開始された人気サッカー漫画「キャプテン翼」の影響が大きいと考えられます。それまで野球のシェアが圧倒的であった小学生に、この漫画・アニメがきっかけとなってサッカーが一気に広がっていったと言われています。
その証拠に、日本サッカー協会に登録された小学生のサッカー人口は、連載開始前の1980年には9万人程度だったのに対して、TVアニメの放映が開始された1983年には15万人に、連載が終了した1988年には24万人にまで増加していました。

小学生の頃「習い事の数」ランキング

最もたくさんの習い事やっていたのは「山梨県」

最後に、平均いくつの習い事をやっていたのかを出身地別に見てみましょう。全体の平均値では、2.12個の習い事をやっていたのに対して、1位の山梨県は3.50個、2位の奈良県が2.85個、3位の三重県が2.62個となりました。以下、山形県、群馬県と続きます。1位の山梨県のみ平均値が3を超えており、ダントツの1位となっています。
下位については、47位が岩手県で1.10個、46位が熊本県で1.29個、45位が鳥取県で1.33個となっています。1位の山梨県と最下位の岩手県では、実に3倍以上の差が開く結果となりました。

おわりに

およそ9割の方が、小学生の頃に何らかの習い事をやっていたことが分かった今回の調査。年代や性別、地域によっても異なる傾向が見て取れます。
今後も、時代の流れに合わせて種類を変えつつ、子供たちが習い事をする習慣は、続いていくのではないでしょうか。

【調査概要】
調査エリア :全国
調査方法  :当サイトをご利用の上、実際に引越しをされた方を対象にインターネットアンケートを実施
調査期間  :2015年5月~6月
サンプル数 :1,761件

引っ越し見積もり費用の相場と引越し業者の料金を比較!

引越し侍では、引っ越し見積もり費用の相場と料金を比較できる2つのWebサービスを提供しています。

一括見積もり
複数の引越し業者から電話・メールで料金をお知らせ
予約サービス
ネットから引越し業者の見積もり料金と相場を確認

単身の小さな引っ越しから・家族やオフィスの移転まで24時間無料で簡単に見積もりの依頼ができます。

引っ越しの準備・手続きチェックリスト

今ならサービスをご利用いただくと「引っ越しの準備・手続きチェックリスト」「引っ越し料金キャッシュバック(抽選)」特典をご用意しています!

引っ越しまでのやることがわからない人や、引っ越しに伴う手続きをチェックリストで段取りを確認できます。

また、引越し業者の選び方は「料金」「口コミ・評判」「サービス内容」「ランキング」が確認するポイントです。
引っ越しは時期によって相場が変わるため、引っ越しの日程が決まったらまずは見積もりを依頼しましょう!

引っ越しの見積もりをする
引越しの見積もりをまとめて依頼
複数(最大10社)の引越し業者に対して一括で見積もりの依頼ができるサービスです。各社よりお電話もしくはメールにて料金をお知らせいたします。
引越しの一括見積もり依頼
オフィス・事務所の移転費用を比較
オフィスの引越しを専門とする会社に対して一括で見積もりが依頼できます。
オフィス引越しの一括見積もり依頼
海外への引越し費用を比較
海外へ引越しを専門としている会社に対して一括で見積もりが依頼できます。
海外への引越し一括見積もり依頼

QRコード

外出先でも、引越し侍!
スマートフォンや携帯電話から、24時間いつでもどこでも引越し見積もり!

Pマーク

当社は、一般財団法人日本情報経済社会推進協会(JIPDEC)(旧: 財団法人日本情報処理開発協会)より「プライバシーマーク」の付与認定を受けています。

東証一部上場

株式会社エイチーム引越し侍は、株式会社エイチーム(東証一部上場)のグループ企業です。
証券コード:3662

  • 引越し希望日

  • 現住所の郵便番号

  • 引越し先の都道府県

複数社の見積もりを比較