これから家具を揃える方は必見!引越し時に購入した『家具』&金額を調査!

2015/12/28

新居で使用する家具や家電。引越しを機に、新たに購入しようと考えている方も多いのではないでしょうか。
今回は、引越し経験者の方へ、引越し時の家具購入についてお尋ねしました。
家具を購入したかどうかに加え、購入した家具の種類、かかった金額などもご紹介しているので、どの家具を買おうか迷っている方や、どれくらいの予算が必要なのか知りたい方は、こちらの調査をぜひ参考にしてみてください。

見積もり比較&安い業者を探す

引越し時、家具を新しく購入している方は約6割

引越し時、家具を購入しましたか?

まず始めに、引越し時に家具を購入したかどうかの結果を見てみましょう。
全体では、『はい』が38%、『予定はあるが、まだ購入していない』が23%、『いいえ』が39%となりました。
購入予定と答えた方を含めると、引越し時に何かしらの家具を購入する方の割合は61%と、半数以上あることが分かります。

単身と家族に分けて見てみると、単身の場合、家具を購入した・購入予定と答えた方の割合が55%であったのに対し、家族の場合は73%と、家族世帯のほうが家具を購入している割合が高くなっていました。

最も多かったのは『ソファ』!購入した家具の種類ランキング

引越し時に購入した家具は?

続いては、引越し時に購入した(または購入予定の)家具の種類ランキングを見てみましょう。

ランキング1位は『ソファ』、2位は『ダイニングテーブル』、3位が『ベッド』となりました。これらは、大きくて重量があるため、引越しの荷物として運ぶ場合と運ばない場合で、引越し料金が大きく変わる可能性があります。
旧居で使っていたものが古くなっていたり、新居とサイズが合いそうにない場合は、思い切って処分し、新しいものに買い替えるのも一つの手と言えるでしょう。

『食器棚』や『本棚』、『タンス』といった“収納関連”の家具は、そこまで上位には入っていませんでした。
また、『その他』には、『ハンガーラック』や『こたつ』、『パソコンデスク』、『カーペット』などがありました。

単身の1位は『ソファ』、家族の1位は『ダイニングテーブル』!

引越し時に購入した家具は?(単身・家族別)

続いて、単身と家族で分けてみた結果を見てみましょう。

『ソファ』が単身の1位、家族の2位、サイドボードがそれぞれ3位と、同じものがTOP3にランクインする中、単身の2位が『ベッド』(家族では5位)、家族の1位が『ダイニングテーブル』(単身では6位)と、順位の大きく異なる家具も見受けられました。

特にダイニングテーブルの差が目立ちますが、単身向けの物件の場合、そもそもダイニングスペースが無いことが多いため、このような結果になっていると考えられます。

きっかけ別 購入ランキングもチェック!

きっかけ別 家具の購入ランキング

『就職』、『結婚・同棲』、『マイホーム購入』の引越し理由別に分けてみた場合でも、結果に差が見られました。

就職のTOP3は、ベッド、ソファ、サイドボードとなっており、自身の生活空間を作るのに必要な家具を購入する傾向があると言えます。

結婚・同棲ではベッドが1位、以下食器棚、ダイニングテーブルとなっています。単身から二人での生活というライフスタイルの変化にあわせて、家具を購入しているのではないでしょうか。

マイホーム購入に関しては、ダイニングテーブルやサイドボード、ソファがランクイン。住居、特にリビングやダイニングが広くなることが多いため、大型の家具を購入していると言えそうです。

総額いくら?家具購入に使った金額を調査

家具の購入にかかった総額は?

家具を購入する際、一体どれくらいの予算を考えれば良いのでしょうか?家具の購入にかかった総額をお尋ねしました。

全体の平均は、196,096円、単身は148,354円、家族は236,598円となっています。
単身と家族では、9万円近くの差がありました。

引越しを機に新しく買い替える場合は、旧居で使用していた家具の処分方法も、前もって考えておきましょう。処分方法としては、友人・知人に譲る、粗大ごみとして処分する、引越し業者に引き取ってもらう、不用品買取サービスを利用する、などがあります。
買取サービスを利用する場合、有名ブランドのものや、状態の良いものであれば、高値で引き取ってくれる可能性もあります。

これから家具を購入する方は必見!先輩からのアドバイス

最後に、引越し経験者の方々からいただいた『アドバイス』をご紹介します。
どれもためになるものばかりですので、ぜひ最後までチェックしてみてください。

  • 引越し前は最低限のものだけ揃えて、引越し後に住んでみてからの動線も確認してから購入するのがいいかと思います。(20代・女性)
  • 新築住宅への入居のタイミングに合わせてソファを発注したが、図面だけでは部屋の色合いや雰囲気、サイズ感が把握しにくいため、可能であれば入居してから発注する方が、間違いが少ない。(30代・男性)
  • 狭い家なので、持ち込む家具の配置によって買えるものが限られてしまうため、家具の大きさはかなり慎重に選びました。メジャーは細いものでも構いませんが、折れ曲がったりしてしまうので、太くてしっかりしたものの方が正確な寸法を測れると思います。(30代・女性)
  • 一人暮らしの1K。部屋が狭いので、何かあったら広く使えるよう折りたたみ式のベッドにした。結果正解だった。(20代・男性)
  • 家具を選ぶ時、部屋のサイズを考慮して選んだが、エレベーターに乗らないというまさかの事態が発生。搬入通路のことも考えておいてください。(40代・男性)
  • 海外製の照明だと取付口が合わなかったので確認すればよかった。(30代・女性)
  • マンションの天井の高さが部屋によって違っていた為、食器棚が入らなかった。(30代・男性)
  • 予定では引越し前に購入・搬入するつもりだったのですがまだ買っていません。荷物を入れたら想像より狭くなり、やっぱりいらないかな、小さいのにしようかな、と思い始めました。ものによっては引越し後、荷物の整理が済んでからにした方が良いかも知れません。(40代・女性)

おわりに

約6割の方が、引越しを機に家具を購入している、または購入予定があることが分かりました。

引越し経験者の方々が言っていたように、家具を購入する際は、最初から一気に揃えようとしないことがポイントです。生活が落ち着いてから、必要に応じて購入するようにしましょう。

【調査概要】
調査エリア :全国
調査方法  :当サイトをご利用の上、実際に引越しをされた方を対象にインターネットアンケートを実施
調査期間  :2015年1月〜2月
サンプル数 :2,214件

【関連調査】
引越し時の家電購入ランキング!最も多く購入されていた家電は?

引越しの一括見積もりを依頼する

ネットでかんたん・無料!引越し見積もり&シミュレーション

各社の見積もり金額を一覧で表示。料金が安い業者や評判が良い業者を見つけることができます。気に入った業者に依頼ができるほか、料金の目安を立てるためのシミュレーションとしてもご利用頂けます。

見積もり比較&ネットで引越し依頼

その他の見積もりサービス

引越しの見積もりをまとめて依頼
複数(最大10社)の引越し業者に対して一括で見積もりの依頼ができるサービスです。各社よりお電話もしくはメールにて料金をお知らせいたします。
引越しの一括見積もり依頼
オフィス・事務所の移転費用を比較
オフィスの引越しを専門とする会社に対して一括で見積もりが依頼できます。
オフィス引越しの一括見積もり依頼
海外への引越し費用を比較
海外へ引越しを専門としている会社に対して一括で見積もりが依頼できます。
海外への引越し一括見積もり依頼
ピアノの運送・引越しの費用を比較
引越しに伴うピアノの輸送や敷地内でのピアノの移動などピアノの輸送を専門としている業者に対して一括で見積もりが依頼できます。
ピアノの運送・引越し一括見積もり依頼
ピアノの買取・査定額を比較
ピアノの買取業者に対して一括で査定を依頼する事で一番高く買い取ってくれる業者を見つけて売却することができます。
ピアノの買取一括査定依頼
不用品回収の見積もり依頼
不用品の回収業者をご紹介するサービスです。不要となった家具・家電や粗大ゴミの処分・買取ができます。
不用品回収の無料見積もり依頼
「引越し業者じゃないってどういうことッスか?」CM特設サイトはこちら

QRコード

外出先でも、引越し侍!
スマートフォンや携帯電話から、24時間いつでもどこでも引越し見積もり!

Pマーク

当社は、一般財団法人日本情報経済社会推進協会(JIPDEC)(旧: 財団法人日本情報処理開発協会)より「プライバシーマーク」の付与認定を受けています。

東証一部上場

株式会社引越し侍は、株式会社エイチーム(東証一部上場)のグループ企業です。
証券コード:3662

  • 現住所の郵便番号

  • 引越し先の都道府県

  • 引越しタイプ

クイック見積もりスタート