引越し前に断捨離をする5つのコツ

2018/02/16

白い壁でフローリングの部屋に机と雑貨だけが置いてある様子

引越しは、無駄なものを減らす絶好のチャンスです。
この機会に、いま流行の断捨離に挑戦してみたいという人は多いのではないでしょうか?
引越しのタイミングで断捨離をすると、荷造りや荷ほどきが楽になるばかりか、引越し料金が安くなる可能性もあり、良いことだらけです。

しかし、ただやみくもに荷物の整理をしても、必要なものまで捨ててしまったり、捨てるべきか迷って結局捨てられなかったりと、断捨離に失敗してしまう可能性があります。
ここでは、効率的に引越し荷物を断捨離するための方法について紹介します。

引越しで断捨離を成功させるコツ

白いカーテンのみがある部屋に白いイスが置いてある様子

断捨離を始めるときは、ゴミの種類別に、引越し日までの収集日を確認しましょう。
断捨離をすることで、大量のゴミが出るからです。
ゴミの収集日を確認したら、引越までの最後のゴミの収集日から1ヶ月程前から断捨離を始めます。
既に1ヶ月を切っている場合は、すぐに断捨離を始めましょう。

引越しで断捨離を成功させるには、自分に必要なものとそうではないものをしっかりと区別することが大切です。 そのために必要な5つのコツをご紹介します。

  • 新生活を想像する
  • 収納家具を処分する
  • 1年以上着ていない服は捨てる
  • 必要な本以外は処分する
  • 思い出の品はデータ化する

ここからは、上の5つのコツについて詳しく説明していきます。

新生活を想像する

効率よく断捨離をするためには、まずは新居での生活を具体的に想像してみましょう。
引越しをすると生活が変わりますが、生活が変わると必要なものも変わってしまうからです。
例えば、「学生から社会人になるから、スーツは必要だけど私服の数は少なくていい」、「新居では一人暮らしになるから調理道具は必要だ」といったように、新居でどのように暮らすのか考えてみましょう。

難しいときは、手に取ったものを「新居でどのように使うのか」、「新居で使う頻度はどれくらいあるのか」を想像してみましょう。
新居での使い道が具体的ではなかったり、使う頻度が少なかったりする場合は、捨てても良いものかもしれません。

収納家具を処分する

引越しの断捨離で、一番最初に捨てたいものは、タンスやカラーボックスなどの収納家具です。
収納家具などの大きな荷物は、引っ越しの際に場所を取るため、引越し費用が高くなってしまうことがあります。
また、新居での収納スペースを減らせば、新居にしまうことができるモノの量が少なくなります。
「新居にしまうことができないものは捨てる」と決めておけば、必然的に断捨離をすることができるのです。

1年以上着ていない服は捨てる

多くのミニマリストにとって、服は「生きるために必要なもの」ではありません。
そのため、引っ越しの断捨離においても、服や靴、鞄などのファッション用品は減らしやすいもののひとつです。

とはいえ、ミニマリストではない人は、ほとんどの服を捨ててしまうことはできませんよね。
ここで重要なのは、「どの服を捨てるか」をはっきり決めておくことです。
「1年以上着ていない服は捨てる」というわかりやすいルールがあれば、捨てようかどうしようかと迷うことがなくなります。
「今年は着ていないけれど、来年は着るかも…」と思う服は、ほとんどの場合次の年も着ることがありません。
また、買ってから一度も着ていない服はありませんか?
「もったいないから…」と残しておいても、きっと出番は少ないでしょう。

1年間着ていない服は、今のあなたにとっては必要のない服なのだと割り切って、思い切って捨ててしまいましょう。

必要な本以外は処分する

今持っている本が必要かどうかは、2つのポイントに注目しましょう。

  • 仕事や趣味でよく読む指南書やテキスト
  • 人生で何度も読み返したい、心の支えになるような本

仕事などでよく読んでいる本は、今後も必要になる可能性が高いので、持って行っても良いでしょう。
ただし、今はもう使っていないテキストや、買ったものの一度も開いていない指南書などは捨ててしまうのがおすすめです。
また、幼い頃から何度も読み返している本や、今の生き方に必要だと思う本は、無理に捨てる必要はありません。

その他の、集めていた漫画や読もうと思って買ったけれど結局読んでいないような本は、処分しましょう。
「捨てるのがもったいないな」と思う本は、電子書籍として購入するのも良いかもしれません。
もし、「電子書籍として買いなおす程でもない」と思うのであれば、その本はそのまま捨ててしまいましょう。

思い出の品はデータ化する

思い出の品を断捨離するには、データ化してしまうのがおすすめ。
データであれば、色あせることなくいつでも見返すことができますし、場所を取らないからです。
友人からもらった手紙やアルバムなどは、写真に撮るかスキャンしてデータとして残しましょう。
わざわざデータにするのが面倒だと思うものは、そのまま捨ててしまいます。

思い出の品をデータ化する際に、余裕があればデジカメやスマホに入ったままになっている写真の断捨離も行いましょう。
場所を取らないとはいえ、パソコンやスマホに入れっぱなしになっていると、いつかはいっぱいになってしまいます。
何が写っているのかわからなかったり、似たような景色を何枚も撮ったりしている写真は、削除してしまいましょう。

一人暮らしの引っ越しで断捨離する方法

ベッドで何かを考えている様子の一人暮らしの女性

現在一人暮らしをしている人は、前述した服や本のほかに、インテリア用品や食器などを中心に断捨離をしましょう。
現在ホコリをかぶっているようなインテリア用品や、来客用に買った食器は、新居では必要ないかもしれません。
特に、食器は引越し荷物の中でもデリケートで気を遣って運ばなければいけないため、できるだけ減らしておくのがおすすめです。

初めて一人暮らしをする人は、可能であれば、まずは必要最低限のものだけ持って行き、残りは実家に置かせてもらいましょう。
実家から一人暮らしをする場合、新居での暮らしを想像することが難しく、必要なものと不要なものがわかりにくいためです。
必要であれば取り寄せ、1年間使わなかったものは捨ててしまいましょう。

実家に預けることができない場合、生きるために必要な最低限のもの以外は、捨ててしまっても良いかもしれません。
新しい環境で生活しながら、足りないものがあれば買い足せば良いのです。

結婚を機に引っ越しをするときの断捨離方法

白い砂浜で手を取り合っている新郎と新婦

結婚や同棲によって引越しをする場合、捨てるべきものはある程度決まっています。
家具や家電は全て1人分だけでよいので、相手と話し合い、より古いものや使い勝手の悪いものは捨てましょう。
「思い出があるから残しておきたい」、「使い勝手がいいから自分のものを使いたい」という理由であれば、処分を検討するのがおすすめです。
特に、お互いが同じようなものを持っている場合は、どちらかは捨ててしまいましょう。

また、食器類もできるだけ減らしておくのが得策です。 結婚祝いで貰うことが増えるので、「ちょっと少なめかな」と思うくらい減らしてしまっても良いでしょう。

要らないものの処分方法

木でできたホウキとブリキのちりとりでゴミを掃除している様子

断捨離をすると必ず必要なのが、不用品の処分です。
服や雑貨などは、量が多すぎなければ、通常のゴミの日に出すことができます。
ただし、大量の不用品が出た場合や、大型家具を処分したい場合は、次の方法がおすすめです。

  • 引越し業者に回収してもらう
  • 不用品回収業者に処分してもらう
  • ゴミ処分場に自分で持ち込む

引越し業者によっては、荷物の運搬などのほかに不用品の回収もしてくれます。
その場合、引越し業者に不用品の処分を依頼することができますが、追加料金がかかる場合もあるので注意が必要です。

不用品回収業者の中には、状態が良いものであれば、ただ回収するだけでなく買取りをしてくれる業者もあります。
少しでも不用品の処分費用を安くしたい人は、一度問合せてみましょう。

また、自治体によっては、粗大ゴミなどを処分場に直接持ち込むことができます。
地域によって異なるので、気になる人はお住まいの自治体に問合せてみましょう。

不用品の処分方法について詳しく確認する

まとめ

棚と観葉植物とイスだけが置いてあるシンプルな部屋

いかがでしたか?

引越しのときに断捨離をするコツは次の5つです。

  • 新生活で必要なものだけ持っていく
  • 収納家具を減らして、新居に持って行けるものを減らす
  • 今の自分に必要ない服は処分する
  • 本当に必要な本以外は電子書籍にする
  • 思い出の品はデータとして保存する

「もったいない」という気持ちが強い人は、断捨離が難しいと感じるかもしれません。
しかし、ここで紹介したコツをつかんで実践すれば、不要なものをぐっと減らすことができるはずです。
引越しを機に断捨離をして、シンプルライフを目指しましょう。

引っ越し見積もり費用の相場と引越し業者の料金を比較!

引越し侍では、引っ越し見積もり費用の相場と料金を比較できる2つのWebサービスを提供しています。

一括見積もり
複数の引越し業者から電話・メールで料金をお知らせ
予約サービス
ネットから引越し業者の見積もり料金と相場を確認

単身の小さな引っ越しから・家族やオフィスの移転まで24時間無料で簡単に見積もりの依頼ができます。

引っ越しの準備・手続きチェックリスト

今ならサービスをご利用いただくと「引っ越しの準備・手続きチェックリスト」「引っ越し料金キャッシュバック(抽選)」特典をご用意しています!

引っ越しまでのやることがわからない人や、引っ越しに伴う手続きをチェックリストで段取りを確認できます。

また、引越し業者の選び方は「料金」「口コミ・評判」「サービス内容」「ランキング」が確認するポイントです。
引っ越しは時期によって相場が変わるため、引っ越しの日程が決まったらまずは見積もりを依頼しましょう!

引っ越しの見積もり依頼で利用者特典をプレゼント

引っ越しの準備・手続きやることリストをもらう
引越しの見積もりをまとめて依頼
複数(最大10社)の引越し業者に対して一括で見積もりの依頼ができるサービスです。各社よりお電話もしくはメールにて料金をお知らせいたします。
引越しの一括見積もり依頼

QRコード

外出先でも、引越し侍!
スマートフォンや携帯電話から、24時間いつでもどこでも引越し見積もり!

Pマーク

当社は、一般財団法人日本情報経済社会推進協会(JIPDEC)(旧: 財団法人日本情報処理開発協会)より「プライバシーマーク」の付与認定を受けています。

東証一部上場

株式会社エイチーム引越し侍は、株式会社エイチーム(東証一部上場)のグループ企業です。
証券コード:3662

  • 引越し希望日

  • 現住所の郵便番号

  • 引越し先の都道府県

複数社の見積もりを比較