女性に聞いた!一人暮らしで実践したい部屋の防犯対策

2016/04/27

女性が一人暮らしをする際、必ずと言っていいほど気になるのが“防犯対策”ではないでしょうか。
空き巣や忍込みなどの侵入窃盗・侵入強盗だけでなく、女性には強姦や強制わいせつの不安がつきまといます。「私は大丈夫」と過信し、防犯対策を怠っていると、犯罪に巻き込まれる可能性も。

そんな一人暮らしの女性も安心して暮らせるよう、マンション・アパートなどの賃貸物件の選び方や防犯対策について、女性向け体調管理アプリ『ラルーン〜女性の悩みケア〜』を利用している554人の女性にアンケートを実施しました。
リアルな防犯対策事情とともに、ぜひ実践してほしい防犯対策を紹介します。

見積もり比較&引越し予約

住宅を狙った犯罪は一日あたり127件

警察庁が発表しているデータによると、平成27年は一戸建住宅や共同住宅を狙った「空き巣」「忍込み」「居抜き」といった侵入窃盗が46,091件発生しました。また、住宅を対象とした侵入強盗は218件にものぼっています。
侵入窃盗と侵入強盗を合わせると、一日あたり約127件発生していることになります。

発生場所を詳しく見てみると、侵入窃盗では一戸建住宅や3階建以下の共同住宅が狙われやすいようです。
しかし、「私は4階建以上だから大丈夫そう」と思っていてはいけません。侵入強盗では住宅種別による差はあまりなく、4階建以上の共同住宅も狙われやすくなっています。

侵入強盗の中には強盗強姦目的も含まれるため、中高層住宅を狙った犯罪が増えてきているとも考えられ、安心してはいられない状況です。

平成27年の侵入窃盗の発生場所別認知件数  平成27年の侵入強盗の発生場所別認知件数

警察庁 住まいる防犯110番『データで見る侵入犯罪の脅威』のデータを加工して作成

防犯のための物件選びでおさえておきたい12のポイント

では、犯罪から身を守るためには、どんな部屋に住めばいいのでしょうか。
ラルーンを利用する会員のみなさんに、家を選ぶ際に防犯面で重視しているところや、実際に住んでみた感想を聞いてみました。

物件を選ぶ際、最も重視しているところは「2階以上」

「家を選ぶ際、防犯面で重視しているところは?」(複数回答可)の調査結果ランキング

女性が防犯面を考えて物件を選ぶ際、およそ6割にあたる319人の方が「2階以上」を最も重視していると答えました。やはりマンションやアパートの1階は簡単に侵入されるイメージがあり、また部屋の中も覗かれやすいことから、女性には敬遠されているようです。

次いで、およそ半数にあたる265人の方が「TVモニター付きインターホン」を重視しており、「オートロック」187人、「駅やバス停から近い」180人となっています。

「家を選ぶ際、防犯面で重視しているところは?」で「その他」と答えた方の内容TOP5

続いて、「その他」と答えた方の回答を集計してみました。
この質問の選択項目は物件の設備についての内容が多かったためか、建物の立地や周辺環境など、“物件の設備以外で重視しているところ”を挙げた方が多く見受けられました。

  1. 「周辺環境(明るい・人通りが多い・長時間営業の店がある)」12人
    • 家までの道の明るさ、人通りの多さ(20代)
    • 近くに遅くまでやっている店があるかどうか(20代)
    • 交番の近く(20代)
    • 街灯が多い道で帰れる(30代)
    • 大通り沿いであること。24時間、交通量が途切れないこと。(30代)
  2. 「治安がいい(不審者や事件が少ないなど)」7人
    • 治安がある程度良いとされる場所(20代)
    • 治安の悪くない地域であること(30代)
  3. 「大家・管理人が近くに住んでいる」6人
    • 管理人常駐かどうか(20代)
    • 隣が大家(30代)
  4. 「建物の立地や形状」6人
    • 外から部屋の中が見えない(30代)
    • 地面から登れないようなデザインのベランダ(30代)
  5. 「窓や玄関の防犯対策」4人
    • カードキー(20代)
    • シャッターが閉まる(30代)

また、TOP5には入りませんでしたが、少数派の意見としては、

  • 宅配ボックス付き(20代)
  • 集合ポストの散らかり具合で住人の人間性を見る(40代)

なども挙がっていました。

実際に住んでみた結果、「家周辺の明るさ・人通りの多さ」が大切

物件を選ぶ際、防犯のことを考えて決められればいいのですが、そうもいきません。
家賃や部屋の広さ、日当たり、学校や職場までの距離など、人によって譲れない条件がありますよね。そんなとき何を優先すればいいのでしょうか・・・?

そこで、ラルーンの会員のみなさんに「実際に住んでみて、重視したほうがいいと思ったところ」を聞いてみました。回答数の多かった上位10個を紹介します。

  1. 家までの道のりにある街灯の数
    • もう少し明るいところが良かった。夜になると道も周りも真っ暗でちょっと怖い。でも、ここしか住むところがないから我慢しなければ…。(10代)
    • 駅から家までの道が暗くて怖く、不気味だった。高くても明るい道を選ぶべき。(10代)
    • バス停から徒歩10分、走っても7分かかる道ですが、街灯が中間に1本だけ。車が無い分、夜道を恐怖心に耐えて走っています!(20代)
    • 街灯など夜しか分からない風景もあるので、可能なら物件候補を夜も訪れてみる。(30代)
    • 夜、家の回りの明るさ。契約しかけて、夜見に行ってやめたことがある。(40代)
  2. 大通り沿い、人通りの多い道沿い
    • 大通りからあまり離れていない方がいいかなと思いました。あまり明るくない、静かな住宅街を夜歩いて帰るのは怖いです。(20代)
    • 大きな通り沿い。夜でも頻繁に車通りがある。(20代)
    • 大通りから一歩入ったところに住んでいますが、夜は暗く、もう少し人通りがある所にすれば良かったです。(20代)
    • ある程度、人通りのある道沿いがよかった。誰も歩かない道沿いは、なんかあった時に助けてもらえない。(30代)
    • 車通りや人通りが多い道路から近い所がいい。(40代)
  3. 交番やコンビニ・ファミレスなど24時間営業の店が近くにあるか
    • 駅から家までの道のりで、24時間営業の店がある所。(20代)
    • 住宅街より、人通りのある場所やお店等が近くにあったほうが安心だと思った。何かあったときに助けを求められる。(20代)
    • コンビニが近いと安心する(30代)
    • 警察とか病院などの24時間空いている公共施設が近くにあるか。(30代)
    • 交番の近くの家だと、何かあった時にすぐ来てくれるという安心感がある。(30代)
  4. 近所にどんな人が住んでいるか
    • ご近所さんは家族層が多い方がいい。(20代)
    • 自分のアパートや隣は普通でも、向かい側に激安の古いアパートがあって、そこの住人とトラブル(のぞきとか)があった。(20代)
    • マンションやアパートは空き家が少ない方が良い。(30代)
  5. TVモニター付きインターホン
    • モニター付インターホンは本当に大切。知らない人からのチャイムは割と怖い。(20代)
    • モニター付インターホンは誰が来たか分かるので安心。知らない人なら絶対に居留守する。(20代)
    • TVモニター、女性の一人暮らしは絶対必須(30代)
  6. 1階は避けるか、シャッター・雨戸付き
    • マンション一階は空き巣等に狙われやすい。(10代)
    • 一階は危ない。男が塀を越えて入ってきたことがあった!(20代)
    • 1階は、シャッター付(30代)
  7. 駅やバス停から近い
    • バス停の近くに住んだ方が夜道をあまり歩かずに済むので、そうすればよかった。(10代)
    • 横道にはいると暗く、人気がない。駅に近いところにすれば良かった。(20代)
    • 夜も明るい駅の近く(30代)
  8. 死角や隠れる場所、侵入しやすそうな場所がないか
    • 玄関が外に面しているところにすればよかった。(20代)
    • 隣接の建物から飛びうつってこられないか。(20代)
    • 非常階段の位置(20代)
  9. 周辺施設のデメリット
    • 私が住んでいるところは、女子校が近くにあって、不審者の通報が多い地域です。女子校があることで、女子高生を狙う不審者がいることに気付けばよかったです。(20代)
    • 夜の公園は怖い。(20代)
    • 駅の周囲が繁華街で必ずそこを通ることになってしまい、嫌な思いをすることが時々あった。そのあたりも考慮すればよかった。(30代)
  10. オートロック
    • オートロックはかなり重要。家賃で選んだが、怖い思いをしたことが何度かある。(10代)
    • やっぱりオートロックはほしいと思った(20代)
    • 会社から指定されたマンションの部屋で1階に住んでいるのだが、正直ほんとに怖い。だから絶対2階以上かつオートロック玄関付きをおすすめします。(20代)

実際に住んでみた結果、家までの道のりの明るさや人通りの多さ、助けを求められる店舗や公共施設があることなど、帰宅路や自宅周辺の安全性を重視すべきという声が数多く寄せられました。
物件の設備については、TVモニター付きインターホンは絶対に必要という強い声も。

また、少数派の回答の中にも、参考となる情報がたくさんありました。

  • セコムは安心(30代)
  • 保育園や小学校の近くは、昼間はちょっとうるさいけど、治安バツグン。(30代)
  • 玄関の鍵が二重ロックになっていて、内側からも壊されないようにガードがついていて安心しました。(30代)
  • 駐車場から玄関までの距離(30代)
  • 家までの道沿いに町内会の防犯カメラがある(30代)

「オートロックは意味がない」「駅は不審者が多い」などの意見も

逆に、重視したほうがいいと思ったところの上位に挙がっていた「交番やコンビニ・ファミレスなど24時間営業の店が近くにあるか」や「駅やバス停から近い」、「オートロック」では、デメリットとして挙げている方もいました。

  • 周りのお店。夜になったら結構ガラ悪かった。(20代)
  • 駅から近すぎて、逆に不審者が多い(20代)
  • 駅から近くても終電が行ってしまったら、電気が消えて辺りが暗くなるので、大きい道路沿いの明るいところがいい。(20代)
  • オートロックだったのに、他の住人が友達などに鍵番号を教えているせいで、番号が広まり、オートロックの意味がなかった。(20代)
  • オートロックでも、勧誘などは他の住民が開けてしまうと建物内に次々と入ってきてしまい、直接勧誘にきたことがあって怖かった。オートロックの意味がないなと思った。(30代)

その地域の治安や周辺環境、条件などによって、重視したほうがいいポイントはメリットにもデメリットにもなります。
「駅の近くだから安心」「オートロックだから安心」と思わず、物件選びの際に十分確認することが大切です。

防犯面を重視した物件の選び方まとめ

女性が一人暮らしをする際、おさえておきたい物件選びのポイントをまとめました。

<周辺環境>

  1. その地域の治安は良いか
  2. 家までの道のりと家周辺について、昼と夜の雰囲気を確認(明るさ・人通り・お店)
  3. 侵入経路や隠れられるような場所、死角がないか
  4. 隣近所、物件全体にどんな人が住んでいるかを確認

<物件>

  1. 2階以上
  2. TVモニター付インターホン
  3. オートロック
  4. 駅・バス停から近い
  5. シャッター・雨戸付き窓
  6. 二重ロックの鍵付き玄関
  7. 防犯カメラ
  8. ホームセキュリティ付き

すべてを揃えた物件はなかなか見つからないかもしれませんし、その地域の治安や周辺環境、条件などによって、デメリットになるポイントもあります。
ですが、上記の12のポイントをおさえながら物件を選べば、何も考えずに選ぶよりも、安心して暮らせる部屋が見つかりますよ。

女性の単身引越しの注意点

家が決まったら引越しです。女性の単身引越しの注意点を紹介します。

引越しの見積もりは複数の業者に依頼する

引越し料金には定価というものがなく、引越し条件や業者によって変わります。
そのため、1社だけに見積もり依頼した場合、その業者が高いのか安いのか分からず、業者の言い値で引っ越しすることになる可能性も。
それでも良ければいいのですが、少しでも引越しにかかる費用をおさえたい場合は、複数の業者に見積もりを依頼しましょう。

引越し侍では、複数の業者へ一社一社連絡する手間を省き、引越し業者を簡単に選んでいただくために、ネット上で複数の業者の見積もりを比較できるサービスを提供しています。
この「ネット予約サービス」では、ネット上で見積もりを比較して、そのまま予約までできるので、複数の業者とやりとりする必要はありません。女性でも安心です。

見積もり比較&引越し予約

女性スタッフが見積もりや作業をしてくれる引越し業者を選ぶ

荷物の量を正確に算出するためには訪問見積もりがおすすめですが、女性一人で対応する場合、男性の担当者だと不安に思う方もいるかと思います。
そんなときは、女性スタッフが訪問見積もりをしてくれる引越し業者に依頼すると良いでしょう。受付の際、業者に相談してみてください。
もしも、引越し条件に合う業者の中に女性スタッフによる訪問見積もりをしてくれる業者がなければ、電話見積もりで対応してくれる業者に見積もりを依頼するのも手です。

また、引越し業者によっては、当日の引越し作業を女性だけでおこなってくれるプランを提供していたり、盗聴器発見サービスや配線・設置サービスなど一人暮らしの女性にうれしいサービスを提供している場合があります。こちらも受付の際に、業者に相談してみてください。

下着などの見られたくない荷物は厳重に梱包する

女性の作業員に引越しを依頼していたとしても、下着を他人に見られるのは嫌ですよね。
万が一、ダンボールを開けられたとしても見えないように、紙袋や透けない袋に入れてからダンボールの中に入れると良いでしょう。

ご近所への挨拶は慎重に

女性の一人暮らしですから、隣近所の住人と顔見知りになっておくと何かと心強い面があるかもしれませんが、その相手が良い人とは限りません。
物件選びの際にどんな人が住んでいるのか確認ができている場合は、挨拶に伺いましょう。
防犯のためには慎重に行動することをおすすめします。

女性の単身引越しについては、「女性が安心&スムーズに引越しを進めるコツ」でも詳しく紹介しています。

やっておきたい!部屋の防犯対策9選

一人暮らしを始めたら、部屋の防犯対策をおこないましょう。
まずは、実際にどのくらいの方が実施しているのか、ラルーンを利用する会員のみなさんに聞いてみました。

3人に1人は、部屋の防犯対策を「何もしていない」

「部屋の防犯対策はしていますか?」の調査結果

部屋の防犯対策をしているかという問いに対して、「している」と答えた方は63%、「何もしていない」と答えた方は37%となりました。なんと3人に1人は、部屋の防犯対策をしていないという結果に。

女性だと取り付けが面倒だったり、費用がかかったり、賃貸住宅だと傷つけてしまう恐れがあるため、対策していない方が多いと考えられます。
また、「セキュリティがしっかりしたマンションやアパートに住んでいるから、そこまでしなくても大丈夫」と思っている方も多そうです。

まずは窓や玄関の対策を!対策しやすいのは「カーテン」

「部屋の防犯対策、何か行っていますか?」(複数回答可)の調査結果ランキング

防犯対策をしていると答えた方に、どんな対策を行っているのかお聞きしました。

最も多かったのは、およそ4割にあたる225人の方が行っていると答えた「ミラーカーテンや遮光カーテンをつける」でした。
カーテンを買って、カーテンレールに取り付けるだけなので、女性でも簡単にでき、かつ賃貸物件を傷つけることがないので実施しやすいのだと考えられます。

次いで、およそ2割にあたる109人の方が「窓に補助錠をつける」と回答。窓は最も侵入されやすい場所であることから、防犯強化する方が多いようです。
窓用の補助錠以外にもドア用の補助錠がありますので、窓だけでなく、玄関ドアも対策しておくと良いでしょう。

3位は100人で「玄関の鍵を交換する」となりました。以前住んでいた方が合い鍵を作って持っている可能性がありますので、交換する方が多いのかもしれません。
ただ、最近の賃貸マンションやアパートでは鍵の交換を必須としているところが多いので、万が一交換されていない場合はつけかえることをおすすめします。

4位は「防犯ブザーをつける」55人、5位は「窓に防犯フィルムを貼る」50人となっています。

他にもこんな防犯対策をしているという回答が見受けられました。

  • ドアの覗き穴に蓋をつける(20代)
  • 家にいる時、防犯状態にできる内鍵をつける(20代)
  • 玄関にのれんを付けて開閉時中が見えにくいようにする(20代)
  • センサーライトを付ける(30代)
  • タイマー付き電気、ベランダには防犯ライト(30代)

部屋の中を覗かれないように、ドアスコープ(覗き穴)をふさいだり、のれんを付けるという対策はすぐできるので、ぜひ実践したいですね。
タイマー付き電気も帰宅が遅くなる場合は重宝しそうです。

今すぐやろう!部屋の防犯対策まとめ

一人暮らしを始めたら、すぐにやりたい部屋の防犯対策をまとめました。

<部屋の防犯対策9つ>

  1. 窓にミラーカーテンや遮光カーテンをつける
  2. 玄関の鍵を交換する
  3. ドアスコープ(覗き窓)や玄関ポストをふさぐ
  4. 窓や玄関ドアに補助錠をつける
  5. 窓ガラスに防犯フィルムを貼る
  6. 窓や玄関ドアに家庭用の防犯ブザーを設置する
  7. ベランダや玄関の外側にセンサーライトを設置する
  8. ベランダや玄関の外側に防犯カメラを設置する
  9. ホームセキュリティを設置する

犯罪被害にあってから「対策していれば・・・」とならないためにも、今すぐ防犯対策を行いましょう。
防犯カメラやホームセキュリティ以外はそれほど高額なものではありませんので、まずは侵入されやすい窓や玄関ドアを中心に、対策を!

今日から実践!日常生活での防犯対策

最後に、日常生活での防犯対策を紹介します。
物件選びや部屋の防犯対策を十分に行っていても、防犯意識が低ければ、犯罪に巻き込まれてしまう可能性があります。女性の一人暮らしでは、自意識過剰くらいがちょうどいいのです。

日常生活で“防犯”を意識している人は95%

「日常生活で防犯は意識していますか?」の調査結果

部屋の防犯対策は37%がしていないという結果でしたが、日常生活での防犯意識は高く、95%の方が「防犯を意識している」と答えました。
やはり、女性は防犯に対する意識が高いようで、日常生活を送る中でいろいろと工夫しているようです。

戸締り、訪問者に対する防犯意識が高い

「普段、意識して行っている防犯対策は?」(複数回答可)の調査結果ランキング

最も実践されていたのは、およそ8割にあたる436人の方が行っていると答えた「不在時はもちろん、在宅時でも玄関・窓の鍵を締めている」となりました。
在宅時は、窓を開けて空気の入れ替えをしたり、温度調整をしたいところですが、女性の一人暮らしという特性上、控えている方が多いのかもしれません。
どうしても開けておきたいという方は、誰かと一緒にいるときに開けるなど工夫すると良いでしょう。

2位には、「インターホンが鳴っても、不用意にドアを開けない」がランクイン。およそ7割にあたる393人の方が実践していると答えました。
宅配業者のふりをして、玄関ドアを開けた瞬間に侵入してきたなど、怖い思いをした女性の話はネット上でもよく見かけるため、意識して行っている方が多いと考えられます。
アンケートでも、「宅配業者の格好をしている人にも、どこから誰宛のどんな荷物なのか聞いてからオートロックを開けます。自分に心当たりがないときは居留守です。不在票あれば問題ないし。(30代)」とリアルな声が寄せられました。

3位はおよそ半数にあたる265人が「郵便受け・ポストに郵便物をためない」と答え、4位は「玄関の鍵を開けるときは、周りを確認してから開ける」194人、5位は「洗濯物は室内干しをしている」164人と続きました。

「その他」の回答も見てみましょう。

  • 催涙スプレーを持ち歩く(10代)
  • 誰もいなくても「ただいま」と言うことで、中に人がいることにする。(10代)
  • タオル・布団等を外に干すとき、彼に干してもらう(20代)
  • 近くで買い物するときは、割り箸を2膳以上つけてもらって、一人暮らししていると思われないようにする。(20代)
  • 携帯用の防犯ブザーを持ち歩いている(20代)
  • 歩くときは後ろを度々振り返る。(30代)

催涙スプレーや防犯ブザーを持ち歩いたり、後ろを度々振り返るなど、家までの道のりに不安を感じている方が多いと感じました。
また、買い物するときは割り箸を二膳もらったり、彼に洗濯物を干してもらうなど、一人暮らしと悟られない対策をしている方もいました。

意識しておきたい日常生活での防犯対策まとめ

女性なら必ず意識しておきたい日常生活での防犯対策をまとめました。

<日常生活での防犯対策9つ>

  1. 在宅時でも窓や玄関の鍵を締める。小さな窓も鍵を締める。戸締り確認も行うとさらに安心。
  2. インターホンが鳴っても不用意にドアを開けない。荷物は宛先や依頼主を確認してから開ける。ドアチェーンをかけたまま対応する方法も効果あり。
  3. 郵便受けやポストに郵便物をためない。個人情報が入った郵便物を盗まれる可能性がある。長期に家を空ける際は、知り合いに頼んでおく。
  4. 玄関の鍵を開けるときは、周りを確認してから開ける。誰もいなくても「ただいま」を言ってから入る。家に入ったら、すばやく鍵も締めよう。
  5. 洗濯物は室内に干す。下着を絶対に干してはいけません。
  6. 不審者に気付きにくくなるので、夜道で音楽を聴いたり、電話をかけながら歩かない。度々後ろを振り返るなど、警戒しながら歩くと良い。携帯用防犯ブザーや催涙スプレーなど防犯グッズも持ち歩こう。
  7. 男性が住んでいると錯覚させるため、男性の物を玄関やベランダなど見えるところに出しておく
  8. 部屋の電気をつけっぱなしにしておく。部屋に人がいると思わせる効果と、いつ帰ってきたのかがわかりづらくなるため、自宅を知られにくい。
  9. コンビニなどで買い物する際、割り箸を二膳もらうなど、一人暮らしと悟られないように注意する

在宅時でも窓や玄関ドアの鍵を締めたり、インターホンがなっても不用意に出ないようにする、男性の物を見えるところに置くなど、どれも女性が自分の身を自分で守るために必要なことばかりです。
また、家の中だけでなく、家までの道のり、買い物先など、ちょっと意識をするだけで防犯効果が高まるので、今日からぜひ実践してみてください。

まとめ

進学や就職などを理由に、一人暮らしを始める女性は多いと思います。
怖い思いをすることもあるかもしれませんが、セキュリティがしっかりした物件を選び、部屋には防犯対策を実施し、防犯を意識しながら生活していれば、被害に合う可能性は低くなります。
一人暮らしは楽しいこともたくさん!防犯対策をしっかり行って、一人暮らしを満喫しましょう。

調査概要

調査エリア:全国
調査方法:女性向け体調管理アプリ・サイト『ラルーン』会員様へアンケート調査を実施
調査期間:2016年2月22日~3月13日
サンプル数:554件

ラルーンのロゴ

『ラルーン〜女性の悩みケア〜』とは

http://sp.lalu.jp/

生理日・排卵日予測が無料でできるスマートフォンサイト・アプリ。200万人以上の女性が利用しています。ラルーンでは、生理日・排卵日予測のほかにも、妊娠・生理・排卵といった、人には話しにくい悩みを匿名で相談することができます。

  • 引越し内容を入力して業者を探す!
  • そのままネット上で料金やサービスを比較!
  • ランキングや口コミを参考に選んで予約!

見積もり比較&引越し予約

最短1分!

まずは引越しの内容を入力してください。日通など大手業者をはじめ、安くて評判の高い地域密着型業者の見積もり料金をネットでかんたん比較。お客様のご要望に沿った業者を見つけることが出来ましたらそのまま依頼して頂けます。

ネットでかんたん・無料!引越し見積もり&シミュレーション

各社の見積もり金額を一覧で表示。料金が安い業者や評判が良い業者を見つけることができます。気に入った業者に依頼ができるほか、料金の目安を立てるためのシミュレーションとしてもご利用頂けます。

見積もり比較&ネットで引越し依頼

その他の見積もりサービス

引越しの見積もりをまとめて依頼
複数(最大10社)の引越し業者に対して一括で見積もりの依頼ができるサービスです。各社よりお電話もしくはメールにて料金をお知らせいたします。
引越しの一括見積もり依頼
オフィス・事務所の移転費用を比較
オフィスの引越しを専門とする会社に対して一括で見積もりが依頼できます。
オフィス引越しの一括見積もり依頼
海外への引越し費用を比較
海外へ引越しを専門としている会社に対して一括で見積もりが依頼できます。
海外への引越し一括見積もり依頼
ピアノの運送・引越しの費用を比較
引越しに伴うピアノの輸送や敷地内でのピアノの移動などピアノの輸送を専門としている業者に対して一括で見積もりが依頼できます。
ピアノの運送・引越し一括見積もり依頼
ピアノの買取・査定額を比較
ピアノの買取業者に対して一括で査定を依頼する事で一番高く買い取ってくれる業者を見つけて売却することができます。
ピアノの買取一括査定依頼
不用品回収の見積もり依頼
不用品の回収業者をご紹介するサービスです。不要となった家具・家電や粗大ゴミの処分・買取ができます。
不用品回収の無料見積もり依頼
「引越し業者じゃないってどういうことッスか?」CM特設サイトはこちら

QRコード

外出先でも、引越し侍!
スマートフォンや携帯電話から、24時間いつでもどこでも引越し見積もり!

Pマーク

当社は、一般財団法人日本情報経済社会推進協会(JIPDEC)(旧: 財団法人日本情報処理開発協会)より「プライバシーマーク」の付与認定を受けています。

東証一部上場

株式会社引越し侍は、株式会社エイチーム(東証一部上場)のグループ企業です。
証券コード:3662

  • 引越し希望日

  • 現住所の郵便番号

  • 引越し先の都道府県

複数社の見積もりを比較