2月〜4月は引越しの依頼が集中するため、お早めのお見積もり・ご予約をお願い致します

引っ越し時に仲介手数料がなしになる賃貸の契約方法

2018/02/15

引っ越し時に仲介手数料がなしになる賃貸の契約方法

引っ越しを控えている皆さんは、新生活をはじめる住居をお探しではありませんか?
たくさんの候補の中から物件を選ぶのって大変ですよね。特に、初期費用をいかに抑えるか悩んでいる方も多いのではないでしょうか。

何かと費用のかかる賃貸契約ですが、実は契約方法を工夫することで、不動産会社の仲介手数料については無料にすることができます!
このページでは、賃貸契約のおける仲介手数料の仕組みと、仲介手数料をなしにする方法について紹介していきます。 みなさんが引越し費用を格安にできるよう、ぜひ参考にしてください。

賃貸契約の仲介手数料とは

賃貸契約の仲介手数料とは

そもそも、仲介手数料とは仲介業者(主に不動産会社)を通して賃貸物件を契約をした場合に、その業者に対して支払う手数料のことです。
成功報酬となるため、物件を紹介されただけでは手数料は請求されません。契約を進めていた物件を途中で取りやめた場合も同様です。

仲介手数料について簡単にお分かりいただけましたか?
それでは、仲介手数料が発生する契約フローと、無料になる契約フローを簡単な図にして紹介していきます。

※ここからの簡易図に記載されている各業者の詳細は以下の通りです。

           
貸主貸主
大家・家主
仲介業者仲介業者
部屋を探している人に物件を紹介する「客付け」と呼ばれる業者。テレビCMなどでよく見かける不動産会社が、この仲介業者にあたる。
元付業者元付業者
貸主が借主を探す際の窓口となる業者。通常、複数の仲介業者へ借主の斡旋を依頼しており、契約が成立すると手数料を分け合う。知名度が低く、古くからある不動産屋などがそれに あたる場合が多い。
管理業務も行う元付業者 管理業務も行う元付業者
元付業と物件の管理業務も行う会社で、管理費が収益の柱となるため、仲介手数料が無料になるケースが多い
貸主が直接出稿している不動産サイト貸主が直接出稿している不動産サイト
大家が不動産サイトに直接掲載を依頼している、仲介手数料が無料のサイト。

仲介手数料が発生する契約のフロー

仲介手数料が発生する契約フローは以下の2パターンがあります。

  • ・元付業者と仲介業者が「片手取引」で仲介手数料を分け合うフロー
  • ・1つの仲介業者が「両手取引」で貸主・借主双方から手数料をもらうフロー
仲介手数料が発生する契約手順その1
仲介手数料が発生する契約手順その2

「片手取引」とは、元付けと客付けがそれぞれの依頼元から手数料をもらう契約手順です。
「両手取引」とは、どちらか一方の仲介業者が貸主と借主の両方を取り持つことで、すべての手数料を受け取るフローです。

どちらのパターンでも、仲介業者を経由する限りは必ず仲介手数料を請求されます。
仲介手数料を無料にするためにはこういった仲介業者を経由せずに物件を探し、契約すれば良いです。
それが以下のような契約フローとなります。

仲介手数料が無料の物件をサイトで探す

貸主である大家と直接に契約を結んでしまえば、仲介手数料は一切かかりません。
仲介業者を通さなければ物件を契約してはいけないという決まりは全く無いため、仲介無しで自力で部屋探しから契約を完遂できれば、最も安く賃貸を借りることができます。

仲介手数料が発生しない契約手順その2

こういった物件については、以下のような大家が直接物件情報を掲載しているサイトで探すことができます。

ウチコミ!サイトロゴ

ウチコミ!

全物件、仲介手数料無料の大家が直接掲載しているサイト。
問い合わせ・細かい質問も直接大家が対応。

ノマドサイトロゴ

ノマド

入居者からのサービス利用料と貸主からの広告料で運営しています。
仲介手数料に頼らないサイト運営のため、全ての部屋の仲介手数料を格安にしています。

賃貸物件の管理会社と直接契約する

もうひとつの方法として、物件の管理業務を行なっている元付業者と直接契約することにより、仲介手数料が無料となるケースがあります。

仲介手数料が発生しない契約手順その1

全ての物件が無料になるわけではありませんが、管理業務をメインとしている業者は大家からの物件管理手数料が利益の柱となるため、要望を聞き入れてくれる可能性が高くなります。
借りたい物件が見つかったら、物件の近くに店を構えている地域密着型の不動産屋(お店の特徴としては古くからある佇まいの家)で物件の取り扱いがないかと、仲介手数料の有無を聞いてみましょう。

注意点としては、仲介業者に対して「仲介手数料を払いたくないので管理会社を探している」と伝えてしまうと、余計な面倒に発展する場合があるので注意しましょう。

その他にも、管理会社と契約すると大家や物件の情報を熟知しているため、家賃交渉や物件の細かな情報から近隣住民の情報まで教えてもらえるなどのメリットがあります。

引っ越しにかかる費用を格安にする方法

仲介手数料を無料にする以外にも、引越しに必要な費用を安くする方法はあります。
まずは、自分の引越し費用が総額でどれぐらいになるのかの把握が大切です。
参考:引越し費用の相場と料金の目安

また、一人暮らしの方が引越しを安く済ませる実践的な方法を知るには以下のページを参考にしてみてください。
参考:一人暮らしの引っ越しにかかる初期費用を20万円安くする方法

まとめ

仲介手数料が無料になる賃貸契約の方法は以下の2点です。

  1. 仲介手数料が無料の物件をサイトで探す
  2. 物件の管理会社と直接契約する

こういった契約方法は仲介業者に依頼するよりも手間がかかってしまいますが、その分、格安で引越しをすることができます。
みなさんが新生活をお得に始められるよう参考にしてください。

引っ越し見積もり費用の相場と引越し業者の料金を比較!

引越し侍では、引っ越し見積もり費用の相場と料金を比較できる2つのWebサービスを提供しています。

一括見積もり
複数の引越し業者から電話・メールで料金をお知らせ
予約サービス
ネットから引越し業者の見積もり料金と相場を確認

単身の小さな引っ越しから・家族やオフィスの移転まで24時間無料で簡単に見積もりの依頼ができます。

引っ越しの準備・手続きチェックリスト

今ならサービスをご利用いただくと「引っ越しの準備・手続きチェックリスト」「引っ越し料金キャッシュバック(抽選)」特典をご用意しています!

引っ越しまでのやることがわからない人や、引っ越しに伴う手続きをチェックリストで段取りを確認できます。

また、引越し業者の選び方は「料金」「口コミ・評判」「サービス内容」「ランキング」が確認するポイントです。
引っ越しは時期によって相場が変わるため、引っ越しの日程が決まったらまずは見積もりを依頼しましょう!

引っ越しの見積もり依頼で利用者特典をプレゼント

引っ越しの準備・手続きやることリストをもらう

ネットでかんたん・無料!引越し見積もり&シミュレーション

各社の見積もり金額を一覧で表示。料金が安い業者や評判が良い業者を見つけることができます。気に入った業者に依頼ができるほか、料金の目安を立てるためのシミュレーションとしてもご利用頂けます。

見積もり比較&ネットで引越し依頼

その他の見積もりサービス

引越しの見積もりをまとめて依頼
複数(最大10社)の引越し業者に対して一括で見積もりの依頼ができるサービスです。各社よりお電話もしくはメールにて料金をお知らせいたします。
引越しの一括見積もり依頼
ピアノの運送・引越しの費用を比較
引越しに伴うピアノの輸送や敷地内でのピアノの移動などピアノの輸送を専門としている業者に対して一括で見積もりが依頼できます。
ピアノの運送・引越し一括見積もり依頼
ピアノの買取・査定額を比較
ピアノの買取業者に対して一括で査定を依頼する事で一番高く買い取ってくれる業者を見つけて売却することができます。
ピアノの買取一括査定依頼
不用品回収の見積もり依頼
不用品の回収業者をご紹介するサービスです。不要となった家具・家電や粗大ゴミの処分・買取ができます。
不用品回収の無料見積もり依頼

QRコード

外出先でも、引越し侍!
スマートフォンや携帯電話から、24時間いつでもどこでも引越し見積もり!

Pマーク

当社は、一般財団法人日本情報経済社会推進協会(JIPDEC)(旧: 財団法人日本情報処理開発協会)より「プライバシーマーク」の付与認定を受けています。

東証一部上場

株式会社エイチーム引越し侍は、株式会社エイチーム(東証一部上場)のグループ企業です。
証券コード:3662

  • 引越し希望日

  • 現住所の郵便番号

  • 引越し先の都道府県

複数社の見積もりを比較