インターネットの引越しをお得にする方法

2018/08/30

インターネットの選び方で節約するイメージ

引越し先が決まり、インターネット回線の移転手続きもしようと思ったとき、想像以上に費用がかかってびっくりしませんか。
ただ移転するだけと考えてしまいますが、場合によっては数万円の費用がかかるケースがあります。
お得にインターネットを引越しできる方法があれば、知りたいですよね。

引っ越し作業で忙しい時は「面倒だから、そのまま移転手続きでいいや」と考えてしまいがちです。
ですが、少しの手間で、数千円から数万円費用を抑えられる方法があります。

今回は、インターネットの引越し費用をお得にする方法を紹介します。
お金のかかる引越しだからこそ、参考にしていただき、安くできる部分は費用を抑えましょう。

インターネット回線の移転手続きにかかる費用

ではまず、通常の「移転手続き」にかかる費用を考えてみましょう。
単純な手続きですが、実は安くても1万円ほど、高いと数万円もかかります。

事務手数料や移転先での開通工事費用が必要になるため、費用がかさんでしまいます。

大手各社の一般的な工事での移転工事費と手数料の合計費用は以下の通りです。

  工事費と手数料合計
戸建て マンション
フレッツ光 9,000円 7,500円
ドコモ光 11,000円 9,500円
SoftBank光 27,000円 27,000円
auひかり 37,300円 30,800円

※2018年8月現在の料金です。

※NTT東日本/西日本の同一エリア内の移転の場合

これに加え、土日祝日に工事する場合など、工事の条件に応じて追加で料金が発生することがあります。
ご覧のように、ただ工事するだけでも、意外と大きな出費となることがわかります。

移転手続きよりもお得にインターネット回線を引く2つの方法

移転手続きで数万円費用が掛かりますが、実は引越しの機会に一度契約を解除することで、安くインターネット回線を引くことができます。

一度、解約することで新規契約時のキャッシュバック制度を活用できるからです。
解約金が発生してしまいますが、それ以上にキャッシュバックが補って費用を抑えてくれます。

その方法とは次の2つです。

  • 現在のインターネット回線契約を解約し、他社のインターネット回線に乗り換える。
  • 現在のインターネット回線契約を解約し、引越し先で再度同じインターネット回線を新規契約する(解約新規)

これにより、数千円、場合によっては実質ゼロ円で、引越し先にインターネットを引くことができます。
それぞれの方法について、次で説明します。

契約中のインターネット回線を解約し、他社回線へ乗り換える

まず、「他社回線へ乗り換える方法」について説明します。
移転費用を数千円~実質ゼロ円で乗り換えることができます。

なぜなら、キャッシュバック制度を活用できるからです。
各インターネット回線事業者は、新規契約者数を増やそうと、他社から乗り換えるユーザーに対して、手厚いキャッシュバックを行っています。
このキャッシュバックを最大限活用して、乗り換え時に発生する費用の大半を補うことができます。

乗り換え時にかかる主な費用には、次の種類があります。

  • 前契約回線の解約金…数千~数万円
  • 前契約回線の撤去工事費用…1万円ほど
  • 新規で申し込む回線の開通工事費、手数料…数万円

一方、大手各社の新規契約者向けキャッシュバックの一例を紹介します。

  • ドコモ光…工事費無料キャンペーン、dポイント1万円分
  • SoftBank光…工事費全額キャッシュバック、他社違約金全額キャッシュバック
  • auひかり…初期工事費相当割引、他社違約金相当還元
  • NURO光…初期工事費無料、35,000円キャッシュバック

ご覧のように、ほぼ乗り換え時にかかる費用をキャッシュバックで相殺できます。
会社によって受け取り条件も異なりますが、キャッシュバックを活用することで、結果的に数千円の事務手数料を支払うだけで乗り換えができます。

インターネット回線事業者の乗り換えのデメリット

お得に引越しができるインターネット回線の乗り換えですが、移転手続きと比べてデメリットもあります。 その一例を紹介します。

手続きが面倒
移転申し込みをするだけで、移転できる継続利用に対し、解約→新規申し込みまで手間がかかります。
新居でのネット接続設定も一から行わなければならず、面倒に感じることもあります。
携帯キャリアのセット割ができなくなる
ドコモ光とドコモキャリア携帯などのように、各携帯キャリアごとに割引制度があります。
キャリアの割引制度を利用していた人が乗り換えてしまうと、この割引を受けられなくなってしまいます。
キャッシュバックを受け取るために、細かな条件が指定されている場合がある
キャッシュバックを受け取るために、特定のプランや固定電話の加入が必須である場合があります。
ご自身の生活スタイルに合わない条件だと、かえって月額費用が高くなってしまうこともあります。

以上がデメリットの一例です。
とくに、携帯キャリアごとの割引制度は、利用している人も多く、悩みどころでしょう。
そこで、その悩みを解決できるのが、「解約新規」という方法です。
次で紹介します。

契約しているインターネット回線を一度解約し、再度同じ事業者で契約する「解約新規」をする

もうひとつお得な方法が、「解約新規」と呼ばれる方法です。
移転前の自宅で使用していた回線を引っ越しの機会に解約し、再度引越し先で同じ回線事業者で契約することです。

同じインターネット回線事業者でも、一度解約しているので新規契約者扱いになります。
乗り換え同様、新規契約者に対するキャッシュバックを受け取ることができるので、安くインターネットを引くことができます。

乗り換えのデメリットだった、携帯キャリアの割引制度についても割引を継続できます。

各キャリアの条件については、「インターネットの引っ越し手続きを、「解約新規」でお得にする方法」で紹介していますので、参考にしてください。

「解約新規」のデメリット

一方で、解約新規にもデメリットがあります。

乗り換え同様、手続きが面倒
乗り換えと同じく、解約→新規契約の流れになるので、移転手続きと比べ、面倒な手続きが増えてしまいます。
乗り換えと比べて、キャッシュバックが少ない場合がある。
乗り換えは、他社契約の解約違約金分をキャッシュバックしてくれますが、解約新規ではそれができません。
工事費等のキャッシュバックは受けられますが、違約金相当額のキャッシュバックは受けられないことが多くなります。

解約時の違約金を受けることができないので、乗り換えと比べ、費用がかかってしまします。
ただ、ドコモ光の場合は、違約金のキャッシュバックではなく、dポイントでのキャッシュバックなので、解約新規のメリットがあります。
またドコモ光やSoftBank光などの場合、西日本から東日本などエリアをまたぐ移転は費用がかさみます。
その際には、解約新規の方が費用メリットは大きくなります。

引越し侍のらくらくネットサポート

「乗り換えようにも、引越し先の対応回線会社、プロバイダがわからない」「どれが安いかわからない」などお悩みの人もいるでしょう。
そんな方に向けて、引越し侍では<「らくらくネットサポート」というサービスを行っています。

引越し先の対応環境を、専任のオペレーターがすぐに調べ、環境に合った安いインターネット回線の契約を提案してくれるサービスです。
いろんな相談にも応じてくれるので、お困りの人はお電話してみましょう。

ここまで、お得にインターネットを引越しする方法について説明しました。
移転手続きと比べ、手間はありますが、費用を抑えることができます。
ぜひ参考にしていただき、引越し費用を安くしてください。

引っ越し見積もり費用の相場と引越し業者の料金を比較!

引越し侍では、引っ越し見積もり費用の相場と料金を比較できる2つのWebサービスを提供しています。

一括見積もり
複数の引越し業者から電話・メールで料金をお知らせ
予約サービス
ネットから引越し業者の見積もり料金と相場を確認

単身の小さな引っ越しから・家族やオフィスの移転まで24時間無料で簡単に見積もりの依頼ができます。

引っ越しの準備・手続きチェックリスト

今ならサービスをご利用いただくと「引っ越しの準備・手続きチェックリスト」「引っ越し料金キャッシュバック(抽選)」特典をご用意しています!

引っ越しまでのやることがわからない人や、引っ越しに伴う手続きをチェックリストで段取りを確認できます。

また、引越し業者の選び方は「料金」「口コミ・評判」「サービス内容」「ランキング」が確認するポイントです。
引っ越しは時期によって相場が変わるため、引っ越しの日程が決まったらまずは見積もりを依頼しましょう!

引っ越しの見積もり依頼で利用者特典をプレゼント

引っ越しの準備・手続きやることリストをもらう
引越しの見積もりをまとめて依頼
複数(最大10社)の引越し業者に対して一括で見積もりの依頼ができるサービスです。各社よりお電話もしくはメールにて料金をお知らせいたします。
引越しの一括見積もり依頼

QRコード

外出先でも、引越し侍!
スマートフォンや携帯電話から、24時間いつでもどこでも引越し見積もり!

Pマーク

当社は、一般財団法人日本情報経済社会推進協会(JIPDEC)(旧: 財団法人日本情報処理開発協会)より「プライバシーマーク」の付与認定を受けています。

東証一部上場

株式会社エイチーム引越し侍は、株式会社エイチーム(東証一部上場)のグループ企業です。
証券コード:3662

  • 引越し希望日

  • 現住所の郵便番号

  • 引越し先の都道府県

複数社の見積もりを比較