引越し見積もり時の即決は損?

2016/12/20更新

業者選びに悩む夫婦の写真

引越しの見積もりをすると、業者から「今この場で契約してもらえれば、○○円で引越しできます」と即決を迫られることがあります。あせって即決してしまう人も多いようですが、引越し見積もり時の即決は得なのでしょうか?損なのでしょうか?

実際のところ、引越し見積もり時の即決の損得はケースバイケースです。 具体的には、3月下旬から4月上旬まで引越しの繁忙期にあたる時期の場合、即決しても損をすることはほとんどありません。引越し業者からするとこの時期は、放っておいても仕事が入ってくる状態のため、即決で提示される引越し料金が底値の可能性が高いです。

それ以外の時期でも、帰り便など引越し業者が空きのトラックや作業員の時間を有効に使えると判断する場合、即決料金はほとんどが最安値です。しかし、一部では引越し見積もり時の即決することによって損をしてしまうこともありますので、即決する場合は慎重におこないましょう。

引越しの一括見積もりを依頼する

引越しの訪問見積もり時に即決をもとめられるワケ

そもそもなぜ引越し見積もり時に即決を求められるのでしょうか?理由は引越し業者の状況によって大きく3つあります。

営業の手間を省きたい

これは3月下旬と4月上旬の繁忙期の場合です。この期間は引越しの希望者が爆発的に増えるため、引越し業者側からすると、下手に値下げをするよりも、言い値で契約してくれる人の引越しを請け負った方が得をする状況です。

そのため、この時期に訪問見積もりで即決を求められた場合、「この金額であれば、引越し作業を請け負います」という本当の最安値のことがほとんどです。

なんとしても引越しの契約をとりたい

引越し業者は朝、昼、夕方と1日に3件の引越しをこなすことが多いです。そのため、朝と夕方の引越しが決定しており、昼の引越しが空いる日付では、なんとしても昼の契約をとってトラックの回転率を上げたいといった状況が発生します。

この場合、昼の枠が埋まってしまえば新たにトラックや引越し作業員の日程を調整する必要があります。そのため、見積もり時の即決であれば安く引越しができるけど、後日となるとトラックの空き状況しだいのため、引越し業者は即決を求めます。

“即決”はただの営業トーク

一番注意が必要なのが、ただの営業トークで即決を迫ってくる引越し業者です。この場合、即決をしてしまうと実は他の引越し業者の方が安いなど、損をしてしまう可能性があります。
とはいえそういった引越し業者を見極めるのは非常に難しいことですので、事前にしっかりと準備をしておきましょう。ここからは引越し見積もりの即決で損をしない方法を紹介します。

引越し見積もりの即決で損をしない方法

引越し見積もり時の即決で損をしない方法は大きく2つです。

  • 引越し費用の相場を事前に把握する
  • 引越し見積もり前に即決してもよい金額を決める

引越し費用の相場を事前に把握する

引越し費用の相場を見積もり前に把握しておけば、相場よりも高い金額で即決してしまったという事態は防ぐことができます。引越し費用は荷物の量と移動距離で決定されますが、時期によって大きく変動しますので、ご自身の条件にあった引越し費用の相場を確認しておきましょう。

引越し費用の相場

引越し見積もり前に即決してもよい金額を決める

引越し見積もり時の即決で損をしないためには、即決してもよい金額を事前に決めておくことです。
そうすれば、引越し業者から即決を迫られても、提示された料金が自分の決めた金額と大きく差があれば、きっぱりと断ることができますし、逆に引越し業者から提示された金額が即決してもよいと決めていた金額から少し高いぐらいであれば、「○○円」であれば即決しますといったように交渉ができます。
繁忙期以外であればこの方法は非常に有効ですので、ぜひお試し下さい。

引越し見積もり時の即決の断り方

断り方を考えている女性の写真

「相見積もりでじっくりと比較検討したい」という人も多いと思います。しかし、ほとんどの引越し業者が見積もり時に即決を迫ってきます。そんな即決を断るには「今日は即決しない」や「今日は決められない」と訪問見積もり前に伝えるのが効果的です。

一番有効なのは、「代理で訪問見積もりに立ち会っているだけなので、決定権がない」という設定にしてしまうことです。そうすれば、仮に訪問見積もり時に即決を迫られても、「自分では判断できない」と断ることできます。

即決しても引越しはキャンセルできる

電卓を使って計算している女性の写真

意図せず引越し見積もり時に即決をしてしまっても、引越しの2日以上前であれば、引越しをキャンセルすることができます。しかし、ダンボールなどの引越し資材を受け取っている場合は、返送にかかる費用は実費で負担しなければなりません。

また、引越しはキャンセルできるからといって、複数社と契約したり、キャンセルを繰り返したりするのはマナー違反ですので、引越しのキャンセルは最終手段と考えて、契約は慎重にすすめましょう。

引越しをキャンセル・延期した場合にかかる料金は?

まとめ

引越し見積もり時の即決は得になることも多いです。とはいえ事前に

  1. 引越しの訪問見積もり前に費用の相場を調べる
  2. 訪問見積もり時に即決してもよい金額を事前に決める

ことをしないと損をしてしまう可能性もあるので、訪問見積もりの前にしっかりと準備しておきましょう。

引越しの見積もりが安い引越し業者を探せるでござる!

引っ越しの見積もり相場と料金は、以下のサービスから確認ができます。

  • 一括見積もり・・・複数の引越し業者にまとめて見積もりの依頼
  • 予約サービス・・・ネットから引越し業者の見積もり料金と相場を確認

どちらのサービスも、単身・家族どなたでも24時間無料で見積もりの依頼ができます。

また、引越し業者の選び方が分からない人は、料金や口コミ・評判を参考にしてください!サービスの利用後に「引っ越しの準備やることリスト」もプレゼントしています。

引っ越しの見積もりをする

ネットでかんたん・無料!引越し見積もり&シミュレーション

各社の見積もり金額を一覧で表示。料金が安い業者や評判が良い業者を見つけることができます。気に入った業者に依頼ができるほか、料金の目安を立てるためのシミュレーションとしてもご利用頂けます。

見積もり比較&ネットで引越し依頼

その他の見積もりサービス

引越しの見積もりをまとめて依頼
複数(最大10社)の引越し業者に対して一括で見積もりの依頼ができるサービスです。各社よりお電話もしくはメールにて料金をお知らせいたします。
引越しの一括見積もり依頼

QRコード

外出先でも、引越し侍!
スマートフォンや携帯電話から、24時間いつでもどこでも引越し見積もり!

Pマーク

当社は、一般財団法人日本情報経済社会推進協会(JIPDEC)(旧: 財団法人日本情報処理開発協会)より「プライバシーマーク」の付与認定を受けています。

東証一部上場

株式会社エイチーム引越し侍は、株式会社エイチーム(東証一部上場)のグループ企業です。
証券コード:3662

  • 引越し希望日

  • 現住所の郵便番号

  • 引越し先の都道府県

複数社の見積もりを比較