同市内など近距離の引越し見積もりを安くする方法

2018/10/16更新

電卓を持つ女性の写真

引越し料金はトラックの大きさ、作業スタッフの数、移動距離の大きく3つの要素で計算されます。そのため、同市内など移動距離が近距離であれば引越し料金が安くなりますが、トラックの大きさや作業スタッフの数は長距離の引越しと変わらないため、移動距離が短いからといって劇的に引越し見積もりが安くなることはありません。

とはいえ引越しを依頼する側からすれば、「少し移動するだけなので、安く引越したい」というのが本音ですよね。そんなニーズに答えるため、引越し会社からは近距離引越し専門の格安プランが用意されていたり、ちょっとした工夫で節約することができますので、近距離引越しを安くするコツを紹介します。

引越しの一括見積もりを依頼する

近距離引越しの見積もり相場

近距離引越しの見積もり相場を紹介します。引越し見積もりは3月4月の繁忙期とそのほかの時期で料金が大きく変動するため、別の票で記載しています。詳細は引越し費用の相場と料金の目安をご確認下さい。

【オフシーズン(5月~2月)の近距離引越しの見積もり相場】

移動距離 単身
(荷物量:普通)
単身
(荷物量:多め)
2人家族 4人家族
近距離(20km以内) 37,805円 44,315円 46,350円 62,075円
近距離(50km以内) 43,595円 45,980円 52,761円 72,831円

【繁忙期(3月、4月)の近距離引越しの見積もり相場】

移動距離 単身
(荷物量:普通)
単身
(荷物量:多め)
2人家族 4人家族
近距離(20km以内) 49,147円 57,610円 60,255円 80,698円
近距離(50km以内) 56,674円 59,774円 68,589円 94,680円

近距離引越しを安くする方法

一番安く引越しをしてくれる業者を見つけるには、複数の引越し業者の見積もりを比較しなければいけません。
なぜなら、引越しの見積もり料金には定価がなく、同じ条件でも引越し業者によって金額に大きな差が出ることがあるからです。
実際に見積もりを取ると、「A社では3万円」「B社では5万円」「C社では6.5万円」と、見積もり料金に2倍以上の差が出ることもあります。
そのため、自分の引越に一番安く対応してくれる引越し業者を見つけるためには、複数社の見積もりをひかくしなければいけないのです。

しかし、引越し業者1社ずつにわざわざ連絡を取るのは大変ですよね。

そこでおすすめなのが、引越し侍の引越し一括見積もりサービスです。
「引越し一括見積もり」とは、簡単な情報を入力するだけで、複数の引越し業者に見積もりを依頼することができるサービスです。
引越し侍では、一度に最大10社の引越し業者に見積もりを依頼することができます。
比較する引越し業者が多ければ多いほど、安く引越しができる可能性は上がります!
少しでも安く引越しがしたい人は、ぜひ利用してみてください。

引越しの一括見積もりを依頼する

午後便やフリー便などのお得なプランを利用する

引越しは開始時間によって、「午前便」「午後便」「フリー便」の大きく3つのプランがあります。このうち午後便は引越しの作業開始が13時~14時、フリー便は作業開始時間を引越し業者におまかせするプランです。

午後便とフリー便は作業完了が夜になってしまうこともあるため、長距離引越しには向いていませんが、移動時間の短い近距離の引越しであれば、開始時間が遅くても比較的早い時間に引越しを終えることができます。時間に制約がある分、見積もりも安くなるので近距離引越しでは時間を調整して、午後便やフリー便を利用することをおすすめします。

『引越しの時間帯をおまかせで安くなる『時間フリー便』

近距離引越しが得意な引越し業者

引越し業者によっては、近距離の引越しに特化したプランを用意しています。距離や日付の制約がありますが、引越し見積もりが格安になります。

クロネコヤマトおまかせフリー便サービス

ヤマトホームコンビニエンスが提供するクロネコヤマトおまかせフリー便サービスは、近距離の引越しに特化した引越しプランです。
このおまかせフリー便サービスを使用すると、クロネコヤマトの通常の引越しプラン「引越らくらくタイムリーサービス」の基本料金から半額相当が割引になります。

【クロネコヤマトおまかせフリー便サービスの制約】

  • 輸送する家財量が15m3以内で、かつ輸送距離が50km以内の場合
  • 引越し日は連続する5日間を提示して、その中からクロネコヤマトが指定
おまかせフリー便サービス

アリさんマークの引越社ミニ引越しプラン

同一区内・同一市内のかなり短い距離の引越しであれば、アリさんマークの引越社のミニ引越しプランがおすすめです。アリさんマークの引越し社のホームページには「荷物の量や形状に合わせて計画的に運ぶことで、驚くほど安い料金が実現しました!」と掲載されています。

【アリさんマークの引越社ミニ引越しプランの制約】

  • 引越しは、同一区内・同一市内の5km以内に限定
  • 引越し日はアリさんマークの引越社と相談して決定
ミニ引越しプラン

赤帽を利用した短距離の引っ越し

赤帽は軽トラック1台分程度の荷物量を輸送してくれる運送業者の協同組合です。
少ない荷物量かつ短距離の引越しに秀でた業者が多いので、特に一人暮らしで引っ越しを行うという方に適しています。
赤帽を使った引っ越し費用を知りたい方は、「赤帽の引っ越し料金はどれくらい?」をご覧ください。

また、引越し侍では各引っ越し業者を利用して近距離引越しをした方の口コミを掲載しています。
短距離引越しをするのに、どの引越し業者を選べば良いかの参考にしてください。

  • サカイ引越センターで短距離の引越しをした人の口コミ … 単身者 / 3人家族
  • アーク引越センターで短距離の引越しをした人の口コミ … 単身者 / 3人家族
  • アート引越センターで短距離の引越しをした人の口コミ … 単身者 / 3人家族

荷物の少ない近距離引越しはレンタカーで自力で行うことも可能

引越し元と引越し先の距離が30km程度の近距離引越しであれば、レンタカーを使って自力で引越しをしたほうが、引越し業者へ依頼するよりも安くなる傾向があります。

例えば、東京都北区から神奈川県川崎市までの31.9kmの近距離引越しの見積もりをシミュレーションすると、引越し業者に依頼するよりも、レンタカーで自力引越しをしたほうが5,000円程度安くなります。

【引越し見積もりのシミュレーション条件】

移動距離 31.9km
移動時間 1時間17分
旧居の住所 東京都北区赤羽西5丁目
新居の住所 神奈川県川崎市幸区南幸町1丁目

【引越し業者とレンタカーの自力引越しの見積もり比較】

レンタカーを使っての引越し 19,814円
引越し業者に依頼しての引越し 24,850円
差額 5,036円
レンタカーと引越し業者の引越し費用を比較

自分で近距離引越しを行うメリット

短距離の引っ越しは手間が少ないため、引っ越し業者を利用しなくても済む場合があります。
特に、引越しの費用面では、自力で引越しを行う方が概ね安く済む傾向にあります。2つの引越し方法を比較すると以下の通りです。

業者で引越し 自力で引越し
費用
自由度
安全面 ×
楽さ ×

引越しは業者なしでもできる?自力での引っ越しのメリット&デメリット

ただし、自分で引越しすると費用が抑えられますが、安全性や手間の部分では引越し業者に依頼するよりも劣ります。
荷物が多かったり、サイズの大きな家具や家電がある人は、おとなしく引っ越し業者に依頼したほうが良いでしょう。
また、「ダンボール箱に収まる荷物量しかない!」という方には宅配便を使った引越しもおすすめです。

大型家具・家電のみを近距離引っ越しする方法

大型家具・家電のみを近距離引っ越しする方法

「家具や家電だけを近距離で輸送したい」という方もいると思います。
そういった方には、家具や家電だけの運搬が可能な輸送サービスの利用が必要です。

家具・家電だけの運送で最も有名なのはクロネコヤマトの「らくらく家財宅急便」です。
らくらく家財宅急便で一般的な単身用の家電を近距離(同一都道府県内)で運送する際の料金を見てみましょう。

家電 運送料金
冷蔵庫 6,850円
洗濯機 4,000円

らくらく家財宅急便の料金表を元に、冷蔵庫はCランク(3辺の合計250センチまで)、洗濯機はBランク(3辺の合計200センチまで)の同一都道府県の税抜き金額を掲載しています

このように、らくらく家財宅急便を利用すれば、大型の家電でも1点5,000円ほどで運ぶことが出来ます。

超近距離の引越しの見積り相場

引越し侍が独自で調査したところ、超短距離引越し(3キロ圏内)の見積もり金額は単身者で3万円~4万円ほどが相場となりそうです。
実際に、当サイトの「引越し予約サービス」を利用した、超短距離引っ越しの料金シミュレーション結果を見てみましょう。

例1)東京都千代田区飯田橋から三番町への引越し(約1.6km)…平均相場価格:42,997円

東京都千代田区飯田橋から三番町への引越し料金シミュレート結果

例2)大阪府大阪市北区天満から梅田への引越し(約2.9km)…平均相場価格:39,889円

大阪府大阪市北区天満から梅田への引越し料金シミュレート結果

※シミュレーションは単身者の標準的な荷物量を入力したうえで、8月の各引っ越し業者の見積もり価格を算出しています

こういった同一地区で引っ越しを行う場合も、乗用車やレンタカーなどを借りて荷物を運搬するほうが、出費が少なくなる可能性が高いです。
荷物量が少なかったり、ご友人に梱包や搬入・搬出を手伝ってもらえるという方は、やはり自力での引越しを視野に入れると良いでしょう。

まとめ

近距離の引越しは、引越し会社も安くするプランが提供していますし、レンタカーでの自力引越しで費用をおさえることもできます。長距離の引越しに比べて、工夫次第で節約できるポイントが沢山ありますので、自分の引越しにあった方法でお得に引越ししましょう。

引越しの見積もりが安い引越し業者を探せるでござる!

引っ越しの見積もり相場と料金は、以下のサービスから確認ができます。

  • 一括見積もり・・・複数の引越し業者にまとめて見積もりの依頼
  • 予約サービス・・・ネットから引越し業者の見積もり料金と相場を確認

どちらのサービスも、単身・家族どなたでも24時間無料で見積もりの依頼ができます。

また、引越し業者の選び方が分からない人は、料金や口コミ・評判を参考にしてください!サービスの利用後に「引っ越しの準備やることリスト」もプレゼントしています。

引っ越しの見積もりをする

QRコード

外出先でも、引越し侍!
スマートフォンや携帯電話から、24時間いつでもどこでも引越し見積もり!

Pマーク

当社は、一般財団法人日本情報経済社会推進協会(JIPDEC)(旧: 財団法人日本情報処理開発協会)より「プライバシーマーク」の付与認定を受けています。

東証一部上場

株式会社エイチーム引越し侍は、株式会社エイチーム(東証一部上場)のグループ企業です。
証券コード:3662

  • 引越し希望日

  • 現住所の郵便番号

  • 引越し先の都道府県

複数社の見積もりを比較