引っ越しの訪問見積もりは同時にできる?

2018/10/31

大きなダンボールを持って笑っている男女の引越し業者

引越しの訪問見積もりは、通常1時間ほどかかるため、複数社の見積りを比較する場合、大変な時間がかかってしまいます。

引越し前は何かとあわただしいため、できることなら見積もりの時間は少なくしたいものですよね。
そんなとき、「複数の引越し業者を、同時に呼んで見積もりを取ってもらうことはできないの?」と、疑問を持つ人もいるのではないでしょうか?

結論から言えば、複数社を同時に呼んで訪問見積もりをしてもらうことは可能です。
ただし、どうしても時間のない場合でなければ、あまりおすすめはできません。
その理由は、以下で説明していきますので、ぜひ参考にしてください。

同時に訪問見積もりを行うメリット

複数社を同時に呼んで訪問見積もりを行う際の最大のメリットは、時間を短縮できることです。

通常、引越しの訪問見積もりにかかる時間は1社につき1時間ほど。
この時間には、実際に部屋を確認する時間だけでなく、営業マンの方が引越しプランの説明をする時間も含まれます。
例えば5社に依頼した場合、訪問見積もりにかかる時間は合計で5時間以上です。

一方で、複数社の見積もりを同時に行うと、部屋を確認する時間は一回で済みます。
営業の人から各社のプランや見積もり内容などの説明を聞いても、訪問見積もりにかかる時間は1時間から2時間ほどです。

そのため、一社ずつ見積もりを取るよりも短時間で訪問見積もりが終わります。

一社ずつ見積もりを取った時と、同時に見積もりを取った時とでかかる時間の差

同時に訪問見積もりを行うデメリット

同時に複数の引越し業者を呼ぶ場合のデメリットは主に以下の3点です。

  • 訪問見積もりを断られる可能性がある
  • 引越し業者のサービス内容を混同する危険性がある
  • じっくり営業担当の話を聞けない

それぞれの内容について、詳しく説明していきます。

訪問見積もりを断られる可能性がある

上でも少し紹介しましたが、「複数社同時に見積もりをお願いしたい」と連絡したら、見積もりを辞退してしまう引越し業者もあります。
引っ越し業界では「他の業者が見積もりをしているときは邪魔をしない」というマナーがあるため、訪問見積もりは1社ずつ行うのが基本です。

もちろん、利用者から「同時に行いたい」と申し出があった場合は、複数社同時に見積もりをすることはできます。

しかし、通常とは異なる依頼をしたということで、引越し業者から「他にも面倒な注文をしてくる客ではないか」などと警戒されてしまうことが多いです。
その結果、他の利用者を優先して対応しようとするため、見積もりを断られることがあります。

その結果、他の利用者を優先して対応しようとするため、見積もりを断られることがあります。

引越し業者のサービス内容を混合する危険性がある

複数の引っ越し業者を同時に呼んだ場合でも、各業者のPRやプランの説明などは1社ずつ聞かなければいけません。
そのため、立て続けに引越しプランの説明を受けても、どの業者も同じような印象になったり、サービスの内容を間違って覚えたりする可能性があります。

サービス内容を勘違いしたまま契約をしてしまうと、当日になって「聞いていた話と違う!」とトラブルになってしまうかもしれません。
代表的なトラブルとして以下が挙げられます。

サービス理解の不足で発生するトラブルの一例

  • 追加料金の発生
  • 補償サービスの不足
  • 荷物がトラックに積み込み切れない

引越し業者との認識のずれによって発生する、追加料金についてこちらに記載があるので参考にしてみてください。

参考:知っておきたい、引越しの追加料金について

じっくり営業担当の話を聞けない

1社の説明を聞いている間、他の引っ越し業者はじっと待っていなければいけません。

そのため、数人の営業マンに囲まれた状態で、各引越し業者の説明を聞くことになります。
こうした状況では、気まずくて説明もしっかり聞けなくなってしまいますよね。

同時見積もりには、以上のようなデメリットがあることも理解しておいてください。

複数の引越し業者の訪問見積もりを同時に行う方法

ここまで、訪問見積もりは1社ずつ行うのがおすすめと説明しました。
しかし、中には時間の都合などの問題で、複数社同時でしか訪問見積もりを行えないという人もいることでしょう。
その場合、どうすればより良い訪問見積もりを行えるのでしょうか?

気をつけるべきポイントは2つあります。

  • 時間がないため、他に方法がなかったということをアピールする
  • 見積もり金額やプランの内容はその場で聞かない

上でも少し紹介したとおり、複数社を同時に訪問見積もりに呼ぶことは、引っ越し業界の中ではイレギュラーなこと。
引越しに限らずですが、イレギュラーな依頼をした利用者は、業者からマイナスなイメージを持たれがちです。
そのままではお互い気持ちよくないので、「他に方法がなかった」「申し訳ないと思っている」ということを、営業担当の人にまず伝えた方が良いでしょう。

また、その場で1社ずつ説明を聞くことに、あまりメリットはありません。
そのため、見積もりや引っ越し業者のパンフレットを貰った後、「改めて電話でご相談させてください」とお願いしてみましょう。
そうすれば、上で挙げたようなデメリットを減らすことができます。

訪問見積もりを取るときのコツ

訪問見積もりは、正確な引っ越し料金を知るためには欠かせません。
特に、家族での引越しの場合は、訪問見積もりの依頼を強くおすすめします。

訪問見積もりをしてもらう際には、4つのポイントがあります。

  • 事前に相場を把握しておく
  • ある程度部屋は片付けておく
  • できるだけ全ての部屋を見てもらう
  • 料金の交渉は最後に行う

訪問見積もりのやり方については、「引越し訪問見積もりの流れと注意点」で詳しく紹介していますので、ぜひ参考にしてください。

まとめ

いかがでしたか?

複数の引越し業者を、同時に呼んで訪問見積もりを行うことは、可能ですがおすすめできません。
1社ずつ順番に見積もりを取ったほうが、最終的にはデメリットが少なく済みます。
どうしても時間がなく、同時に行いたい場合は、営業担当の人に申し訳ない気持ちを伝えつつ、詳細は改めて電話で相談しましょう。

引越しの見積もりが安い引越し業者を探せるでござる!

引っ越しの見積もり相場と料金は、以下のサービスから確認ができます。

  • 一括見積もり・・・複数の引越し業者にまとめて見積もりの依頼
  • 予約サービス・・・ネットから引越し業者の見積もり料金と相場を確認

どちらのサービスも、単身・家族どなたでも24時間無料で見積もりの依頼ができます。

また、引越し業者の選び方が分からない人は、料金や口コミ・評判を参考にしてください!サービスの利用後に「引っ越しの準備やることリスト」もプレゼントしています。

引っ越しの見積もりをする

QRコード

外出先でも、引越し侍!
スマートフォンや携帯電話から、24時間いつでもどこでも引越し見積もり!

Pマーク

当社は、一般財団法人日本情報経済社会推進協会(JIPDEC)(旧: 財団法人日本情報処理開発協会)より「プライバシーマーク」の付与認定を受けています。

東証一部上場

株式会社エイチーム引越し侍は、株式会社エイチーム(東証一部上場)のグループ企業です。
証券コード:3662

  • 引越し希望日

  • 現住所の郵便番号

  • 引越し先の都道府県

複数社の見積もりを比較