Menu

mineo(マイネオ)の新プラン「マイそく」を徹底レビュー!速度やメリット・デメリットを紹介

2022年3月にマイネオから新しく発表された新プラン「マイそく」。
破格の金額でデータ無制限スマホが使える代わりに、通信速度には制限がかかるという、従来の格安スマホとはまったく違った考え方のプランです。

「マイそくに契約してみたいけど、通信速度は実際どうなの?」
「これまでのマイネオのプランに比べて何が違うの?」と思う方も多いことでしょう。

結論から言うと、マイそくは合う人にはとても便利なサービスですが、動画やオンラインゲームなどをよくする人にはおすすめできません。
この記事では以下の内容を紹介していきます。

  • マイそくはどんな人におすすめか
  • 従来プラン「マイピタ」と「マイそく」の違い
  • マイそくのメリット・デメリット

これからマイそくの契約を考えている人はぜひ参考にしてくださいね!

mineoの公式サイトはこちら

マイネオの新プラン「マイそく」とは

マイそくとは、2022年3月7日より提供が開始されたマイネオの新しい料金プランです。

マイそく

(画像引用: 料金表(基本)|格安スマホ・SIM【mineo(マイネオ)】

従来プランであった「マイピタ」に比べると速度の制限が厳しい代わりに、データ容量無制限が低価格で使うことができます。

「マイそく」のプランの中でも、速度の上限に合わせて2つのコースが選べます。

マイそくの2つのコース
コース名 速度上限 月額料金
スタンダード 最大1.5Mbps 990円
プレミアム 最大3.0Mbps 2,200円

さらにスタンダード・プレミアムともに、昼間の12~13時には通信速度は最大32kbpsまで制限されます。

また、どちらのコースも、データ通信のみの「シングルタイプ」、音声通話+データ通信の「デュアルタイプ」を選ぶことができます。

兄リスのイラスト
音声通話を利用したい人は「デュアルタイプ」、電話番号が不要でデータ通信のみ利用できればいい人は「シングルタイプ」を選びましょう!

スタンダードコースとプレミアムコースの詳細は以下のとおりです。

マイそくプランの2つのコース
コース名 スタンダード プレミアム
月額料金 990円 2,200円
データ容量 無制限 無制限
音声通話
通信速度(最大値) 1.5Mbps 3.0Mbps
速度制限の条件 月曜日~金曜日の12時台
3日間で10GB以上使用
月曜日~金曜日の12時台
3日間で10GB以上使用
制限時の速度 最大32kbps 最大32kbps
音声通話
※全て税込価格

他社でデータ容量無制限のプランに契約しようとすると、楽天モバイルでも月額3,278円(税込)になります。
対してマイそくプランなら、月額990円からデータ無制限で携帯が使えるのは画期的といえるでしょう。

兄リスのイラスト
通信速度に制限がかかる代わりに、データ無制限が安い!というのがマイそくの特徴だね!

mineoの公式サイトはこちら

特徴的なプランとして人気を博しているマイそくですが、メリットもデメリットもあります。
ここからはマイそくがおすすめなのはどんな人か紹介していきましょう。

mineoの「マイそく」がおすすめな人

マイそくは、以下に当てはまる人におすすめの料金プランです。

結論:mineoのマイそくがおすすめなのはこんな人!

  • データ無制限でたくさんスマホを使いたい人
  • 通信速度は遅くても良い人
  • 昼の12~13時にスマホを使わない人
  • 3日で10GB以上もの大量のパケット消費をしない人

mineoの公式サイトはこちら

それでは、なぜこのような方におすすめなのかくわしく説明していきます。

マイそくのデータ無制限は安い!

まず、マイそくの最大のメリットは、他社のデータ無制限プランとくらべて月額料金が圧倒的に安い点です。

mineoの「マイそく」と同じく、データ無制限プランを提供している「5Gギガホ プレミア(ドコモ)」「使い放題MAX 5G/4G(au)」「メリハリ無制限(ソフトバンク)」「Rakuten UN-LIMIT VII(楽天モバイル)」と比較してみましょう。

データ無制限プランの料金・速度比較
マイネオ マイネオ ドコモ au ソフトバンク 楽天モバイル
プラン名 マイそく(スタンダード) マイそく(プレミアム) 5Gギガホ プレミア 使い放題MAX 5G/4G メリハリ無制限 Rakuten UN-LIMIT VII
月額料金 990円 2,200円 7,315円 7,238円 7,238円 3,278円
最大通信速度 1.5Mbps 3.0Mbps 4.2Gbps 4.2Gbps 最大3.0Gbps -
速度制限の条件 月曜日~金曜日の12時台 3日間で10GB以上使用 月曜日~金曜日の12時台 3日間で10GB以上使用 大量のデータ通信があった場合 テザリング、データシェア、世界データ定額が合計30GBを超えた場合
一定期間内に大量のデータ通信を行った場合
一定期間内に著しく大量のダータ通信を継続しておこなった場合 パートナー回線エリアのデータ容量(国内5GB/海外2GB)を全て消費
制限時の速度 最大32kbps 最大32kbps 最大1Mbps 最大128kbps 最大128kbps 最大1Mbps

(通信速度の参照:ドコモの「瞬速5G」をご紹介 | NTTドコモ 5G超高速通信エリア | エリア:スマートフォン・携帯電話 | au[SoftBank 5G]SoftBank 4G、SoftBank 3Gとの違いを教えてください。 | よくあるご質問(FAQ) | サポート | ソフトバンク)

他社のデータ容量無制限プランと比較すると、マイそくは月額料金が最も安くなっています。

ドコモの5Gギガホ プレミアと比べてマイそくのスタンダードコースは6,325円安く、楽天モバイルのRakuten UN-LIMIT VIIと比較しても2,288円お得です。

兄リスのイラスト
ドコモのサブブランドであるahamoの大盛りプラン(月間100GBで4,950円)と比較しても、マイそくはデータ容量無制限にも関わらず月額料金が最大3,960円も安いんだ!

毎月の携帯料金を抑えつつデータ容量を気にせず使いたいという人は、マイネオのマイそくがおすすめです。

mineoの公式サイトはこちら

マイそくの通信速度は1.5Mbpsか3Mbpsと遅い

マイそくの通信速度は、平日昼の12〜13時を除いてスタンダードコースは1.5Mbps、プレミアムコースは3Mbpsとなっています。

マイネオの通常プランである「マイピタ」の通信速度はおよそ39.59Mbps(参照:XXX)なので、それと比べるとマイそくの通信速度はやはり遅いです。

では、この通信速度では実際どれくらいスマホを使うことができるのでしょうか?

スタンダードコース(1.5Mbps)とプレミアムコース(3.0Mbps)でできること・できないことは次のとおりです。

1.5Mbps 3Mbps
音声通話 快適に通話できる 快適に通話できる
メール 問題なく送受信できる 問題なく送受信できる
LINE 問題なく利用できる ビデオ通話も快適に利用できる
Webサイトの閲覧 テキストは読み込めるが画像は厳しい 問題なく利用できる
YouTube 480p(SD)で視聴可能 720p (HD)で視聴可能
Twitter 問題なく利用できる 問題なく利用できる
Instagram 画像の表示に少し時間がかかる 画像一覧の読み込みも快適
amazonプライムビデオ SD(標準画質)で視聴可能 SD(標準画質)で快適に視聴可能
zoom 利用できるが安定感に欠ける 問題なく利用できる
テザリング 利用できるが接続台数が増えると厳しい 複数の端末で利用可能
アプリのアップデート 更新完了まで時間がかかる ストレスなく更新できる
(参照:システム要件 - YouTube ヘルプマイそくでできること検証してみた! | スタッフブログ | マイネ王 Prime Videoのライブストリーミングに関する問題 - Amazonカスタマーサービス

スタンダードコースの最大通信速度である1.5Mbpsは、マイネオの「パケット放題Plus」で以前から提供されている速度です。

1.5Mbpsあれば、ほとんどのスマホでネット通信を使うことができます。

兄リスのイラスト
ユーザーからの評判も高く、ネットやTwitter・YouTubeのSD画質での再生など問題なく利用することができるよ!

一方、プレミアムコースの最大通信速度は3Mbpsとスタンダードコースよりも速く、アプリのアップデートや画像の多いWebサイトなど、通信速度が必要とされるシーンで威力を発揮します。

より快適にスマホを使いたい人は、スタンダードコースよりもプレミアムコースを選びましょう。

弟リスのイラスト
「マイピタ」と比べて「マイそく」の最大通信速度は遅いけど、問題なく使うことができそうだね!

兄リスのイラスト
大手キャリアと比較して通信速度は遅いけど、1.5Mbps〜3Mbpsあれば大抵の作業は問題なくこなせるよ。
マイそくは通信速度は遅くてもデータ使い放題で使いたい人におすすめなんだ!

mineoの公式サイトはこちら

昼の12~13時は速度制限で大幅に遅くなる

マイそくは、平日昼の12〜13時にスマホをよく使う人にはおすすめできません。
なぜなら、祝日を含む平日昼の時間帯は通信速度が最大32kbpsに制限されるため、ネット通信をまともにできない遅さになってしまうからです。

弟リスのイラスト
32kbpsって大手キャリアのパケ死と同じくらいの遅さだよね?!
とても許容できるレベルじゃないような…

32kbpsの通信速度でできること・できないことは以下のとおりです。

32kbspでできること
32kbps
音声通話 快適に通話できる
メール 問題なく送受信できる
LINE メッセージは問題ないが通話は厳しい
QRコード決済 QRコードが表示されるまでに時間がかかる
Googleマップ 基本的に利用不可
Webサイトの閲覧 基本的に利用不可
YouTube 基本的に利用不可
Instagram 基本的に利用不可
amazonプライム 基本的に利用不可
radiko 基本的に利用不可
テザリング 基本的に利用不可

(参照:マイそくでできること検証してみた! | スタッフブログ | マイネ王

32kbpsでは、基本的に音声通話とテキストメール、LINEメッセージ程度しか利用することができません。

画像が多く使われているWebサイトの表示やQR決済などは接続されるまで時間がかかるので現実的ではなく、実質利用できないと考えていた方がいいでしょう。

弟リスのイラスト
マイそくはデータ無制限といいつつも、平日の昼の時間帯はスマホでほとんどネットが使えなくなるイメージだね・・・

兄リスのイラスト
そうなんだ。
でも、マイそくの通信制限はデータ通信のみかかるので、制限中でも音声通話の品質が低下することはないので安心してね!

mineoの公式サイトはこちら

3日で10GB以上のデータ消費で速度制限がかかる

マイそくは、3日間で10GB以上データ通信を利用すると、翌日通信速度が32kbpsに制限されてしまいます。

データ容量無制限が売りのマイそくですが、完全に使い放題という訳ではないので注意して下さい。

通信速度制限時は、回線速度が遅すぎてインターネットをまともに使うことができないレベルです。

しかし、ある裏技を使うと制限を回避することができます。

24時間データ使い放題オプション加入で「3日で10GB制限」は回避できる!

マイそく専用オプションである24時間データ使い放題利用中は、直近3日間の通信量に伴う通信速度制限のカウント対象外となっています。

通信速度が制限されず、24時間高速通信を利用できるようになるので、マイそく利用者はぜひとも有効活用したいオプションです。

弟リスのイラスト
データ無制限と言いつつ3日で10GB制限があるから、一日あたり3GB程度しか使えないね・・・

兄リスのイラスト
もし通信制限に掛かってしまっても、その都度24時間データ使い放題オプションに加入すれば通信速度が回復するよ!

mineoの公式サイトはこちら

マイそくとマイピタのプラン比較

マイネオでデータ無制限でスマホを使う手段は、マイそくだけではありません。

以下の4つの方法で、マイネオのプランをデータ無制限にすることができます。

マイネオをデータ無制限で使う方法

  • マイそく(スタンダード)×24時間データ無制限
  • マイそく(プレミアム)×24時間データ無制限
  • マイピタ(10GB)デュアルタイプ×パケット放題plus
  • マイピタ(20GBデュアルタイプ)×パケット放題plus

それでは、この4つのプランを比較してみましょう。

LINEモバイルの3GBプランの料金やサービス詳細
マイそく(スタンダード)×24時間データ無制限 マイそく(プレミアム) ×24時間データ無制限 マイピタ(10GB) ×パケット放題plus マイピタ(20GB) ×パケット放題plus
月額料金 1,320円〜 (月額料金990円+オプション料金330円) 2,530円〜 (月額料金2,200円+オプション料金330円) 1,958円 2,178円
国内通話料金 22円/30秒 22円/30秒 22円/30秒 22円/30秒
基本データ容量 無制限 無制限 10GB 20GB
通信速度 1.5Mbps 3Mbps 最大1.5Mbps 最大1.5Mbps
速度制限の条件 月曜日~金曜日の12時台
3日間で10GB以上使用
月曜日~金曜日の12時台
3日間で10GB以上使用
3日間で10GB以上利用 3日間で10GB以上利用
制限時の速度 最大32kbps 最大32kbps 最大200kbps 最大200kbps
※全て税込価格

マイピタは、月のデータ容量1GB〜20GBまでの4種類のコースから選択可能です。 10GB以上のコースを契約している人は、通常月額385円のパケット放題 Plusを無料で利用することができます。

パケット放題 Plus とは?

mineoスイッチをONにすると、最大1.5Mbpsの通信速度で対象サービスの制限もなくデータ通信が使い放題になるオプションサービス。 混雑回避のため、3日間で10GB以上データ通信を利用すると速度制限が掛かる。

マイピタはマイそくと違って、月曜日~金曜日の12時台の速度制限がありません。
マイそくよりも月額料金は高くなるものの、昼の時間帯もスマホをたっぷり使いたい人はマイピタがおすすめです。

平日の12〜13時にスマホを利用しない人や月額料金を少しでも安く抑えたい人は、マイそくのスタンダードプランを選ぶといいでしょう。

mineoの公式サイトはこちら

弟リスのイラスト
マイそくの24時間データ無制限は一日ごとに330円掛かるから、1ヶ月(30日)で計算すると9,900円も掛かってしまうね・・・

兄リスのイラスト
24時間データ無制限を頻繁に利用する人は、マイピタ+パケット放題plusの方が安上がりなのでおすすめです!

弟リスのイラスト
昼の時間帯にどれだけスマホを使うか・使わないかで選ぶとよさそうだね。

マイネオの「マイそく」プランのメリット

マイそくプランのメリット

  • 24時間データ使い放題オプションで「3日で10GB制限」なく使える
  • テザリングが使える
  • アルタイムでプラン変更ができる

それぞれのメリットを詳しく説明していきます。

24時間データ使い放題オプションで「3日で10GB制限」なく使える

前述の通り、マイそくは1回(24時間)330円の「24時間データ使い放題」オプションに加入すれば、デメリットの一つである3日で10GBの制限から解放されます。

弟リスのイラスト
携帯料金を安くしたいのに、1回(24時間)330円の円のオプションを払うのはもったいないような・・・

兄リスのイラスト
24時間データ使い放題は必ずしも加入する必要はないし、通信速度が必要な時だけ契約すれば、他社の無制限プランよりも料金を安く抑えることができるよ。

スタンダードコースとプレミアムコースで「24時間データ使い放題」オプションを複数回利用した場合の料金は次のとおりです。

マイそく(スタンダード) マイそく(プレミアム)
24時間データ使い放題×0回 990円 2,200円
24時間データ使い放題×1回 1,320円 2,530円
24時間データ使い放題×2回 1,650円 2,860円
24時間データ使い放題×3回 1,980円 3,190円
24時間データ使い放題×4回 2,310円 3,520円
24時間データ使い放題×5回 2,640円 3,850円
24時間データ使い放題×10回 4,290円 5,500円
24時間データ使い放題×20回 7,590円 8,800円
24時間データ使い放題×30回 10,890円 12,100円
※全て税込価格

24時間データ使い放題を利用する回数が増えると、当然毎月の料金も高くなります。

毎日利用すると料金が割高になってしまいますが、自分が必要なタイミングだけ使うことで料金を節約することが可能です。

マイそくは月額基本料金が元々安いので、オプションを複数回利用しても、他社の無制限プランより安くなる場合もあります。

マイネオ マイネオ ドコモ au ソフトバンク 楽天モバイル
プラン名 マイそく(スタンダード) マイそく(プレミアム) 5Gギガホ プレミア 使い放題MAX 5G/4G メリハリ無制限 Rakuten UN-LIMIT VII
月額料金 990円〜10,890円 2,200円〜12,100円 7,315円 7,238円 7,238円 3,278円
※全て税込価格

例えば、楽天モバイルのRakuten UN-LIMIT VIIは月額3,278円なので、マイそくのスタンダードコースなら、24時間データ使い放題を毎月6回利用しても料金が安くなる計算になります。

3日で10GB制限にかかってしまった時や、昼の時間帯にネットを使いたくなったタイミングなど制限効率よく24時間データ使い放題に加入することができるのが、マイそくの魅力です。

テザリングが使える

マイそくは、テザリングを無料で使うことができます。
他社の格安SIMではテザリングが有料オプション扱いの場合もありますが、マイネオのマイそくは追加費用が一切かかりません。

テザリング利用時の最大通信速度は、スタンダードコースが1.5Mbps、プレミアムコースが3Mbpsとなります。

兄リスのイラスト
複数の端末でテザリングを利用したい人は、最大通信速度が速いプレミアムコースがおすすめだよ。

テザリングは、以下の様な用途で役立ちます。

テザリングのメリット

  • 固定回線やモバイルWiFiの代わりに使える
  • 複数の端末で同時に利用できる
  • ノートPCやタブレットをインターネットに接続できる
  • 屋外でもネット環境を構築できる

ただし、平日のお昼の時間帯(12時~13時)は速度制限が実施され、通信速度が32Kbpsまで低下するので、実質利用することができないので注意して下さい。

また、テザリングで行った通信は3日で10GB制限の対象なので、データをあまり使いすぎないようにしましょう。

弟リスのイラスト
テザリングが無料で使えるのは嬉しいけど、データの使い過ぎには注意しないとね!

兄リスのイラスト
テザリングが必要なシーンでは、24時間データ使い放題に申し込むのがおすすめだよ!

弟リスのイラスト
なるほど!それならデータ使用量を気にせずテザリングを使うことができるね!

mineoの公式サイトはこちら

リアルタイムでプラン変更ができる

マイネオは、申し込み後に料金プラン(コース)を変更することができます。

プランの変更の手続きと反映のタイミングは、それぞれ次のとおりです。

コース変更の申し込みができるタイミング

  • 当月25日までの申し込み:翌月から適用
  • 26日から月末まで:申し込み不可

コースの変更は毎月25日まで受付していて、翌月1日から変更が適用されます。
26日から月末まではプラン変更手続きを行なうことができません。

弟リスのイラスト
マイピタのパケット放題やパケット放題Plusオプションに加入している人が、マイそくプランに変更するとどうなるの?

兄リスのイラスト
マイそくプラン変更の前月28日に、使い放題サービスは強制解約になるよ。

マイネオのコース変更の具体的な手順は以下のとおりです。

マイピタ⇔マイそくのコース変更

  1. マイページを開く
  2. コース変更(基本データ容量/速度変更)を選択する
  3. 変更したいコースを選んで「次へ進む」を選択する
  4. 申し込み内容を確認する
  5. 内容に問題がなければ「申し込む」を選択する

コース変更手続きに掛かる手数料は無料です。

実際にマイピタとマイそくを両方使ってみて、自分にあったコースを選んでみるのもいいでしょう。

mineoの公式サイトはこちら

マイネオの「マイそく」プランの注意点・デメリット

マイネオのマイそくには注意点・デメリットもあります。

これまでmineoで使えていたサービスが、マイそくでは使えない場合があるからです。

マイそくプランのデメリット

  • マイネオの「ゆずるね。」は使えない
  • 夜間フリーは使えない

以下、それぞれ詳しく解説していきます。

マイネオの「ゆずるね。」は使えない

マイそく契約者は、mineoのサービス「ゆずるね。」を使うことができません。

「ゆずるね。」とは

11時30分までに宣言して、平日(祝日含む)12時〜13時までのデータ使用量を抑えた達成回数に応じて、データ容量100〜200MB、夜間フリー、プレミアム1DAYパスといった特典が付与されるサービスのこと。

マイそくは昼の時間帯に通信速度が32Kbpsまで制限されるので、パケット通信を行うことが殆どできません。

弟リスのイラスト
マイそくは昼の時間帯に通信速度が32Kbpsに制限されるから、他の人にデータを譲ることは難しいよね。

兄リスのイラスト
そもそも昼の時間端は全く使えない仕様なので、パケットを譲ることはできないんだ。

mineoの公式サイトはこちら

夜間フリー制度は対象外

マイそく契約者は、マイネオの「ゆずるね。」の夜間フリー制度対象外になります。

「夜間フリー」とは

「ゆずるね。」を10回以上達成した翌月の1日から一ヶ月の間、毎日23時~翌朝7時までの間データを消費しなくなる特典のこと。

夜間フリーを適用すると、23時~翌朝7時まで高速通信が使い放題になるので、深夜〜朝方にネットをよく利用する人には便利なサービスです。

残念ながら、マイそくは「ゆずるね。」のサービス対象外なので、夜間フリーを利用することができません。

弟リスのイラスト
夜間に高速通信を利用したくなった時はどうすればいいの?

兄リスのイラスト
そんな時は、マイそく専用オプションの「24時間データ使い放題」に申し込みましょう。
夜間でもマイピタ同等の通信速度で利用することができるようになるよ!

まとめ

ここまで、マイネオの新料金プラン「マイそく」の特徴やおすすめな人、マイピタプランとの比較、注意点・デメリットについて解説してきましたが、いかがだったでしょうか?

最後に、ここまでの内容をまとめます。

まとめ

  • 他のデータ容量無制限プランと比較して料金が安い
  • 通信速度は1.5Mbpsまたは3Mbpsと遅い
  • 平日12〜13時は通信速度が32Mbpsに制限される
  • 3日で10GB以上データを使うと通信速度が32Mbpsに制限される
  • 24時間データ使い放題オプションが用意されている
  • テザリングが無料で使える
  • 5G回線利用料が0円
  • マイそくとマイピタは契約後にプラン変更可能
  • 「ゆずるね。」と「夜間フリー」はサービス対象外

マイそくは、平日月~金曜日の12-13時や3日間10GB超過時の通信速度制限はあるものの、他社よりも圧倒的に月額料金が安くデータ使い放題が魅力のサービスです。

本記事を参考に、マイネオのマイそくプランを契約してみて下さい。

mineoの公式サイトはこちら

弟リスのイラスト
最後まで読んでくれてありがとう♪

兄リスのイラスト
ぜひ、他の記事も読んでいってね! 

家計の見直しは「固定費」の削減から始めよう!支出の見直しポイントとプロが教えるおすすめの方法はコレ!

この記事の著者

編集

Soldi編集部

Soldi編集部は「おうちのお金をスマートに」をコンセプトにコンテンツの配信を行っています。

※当サイトに掲載している情報は、万全の保証をいたしかねます。
機器、サービスの価格、スペック等の詳細情報は、必ず各公式サイトでご確認ください。

【完全版】自分に合った格安SIMが見つかる!

【完全版】自分に合った格安SIMが見つかる!

【28社比較】おすすめのWiMAXプロバイダはこれ!

【28社比較】WiMAXを契約するなら! おすすめプロバイダ厳選5社!



ナビナビ保険