Menu

ワイモバイルとNUROモバイルどっちがおすすめ?料金・速度・サポートを要チェック

ワイモバイルとNUROモバイルをはどっちがおすすめ?料金・速度・サポートを要チェック

ワイモバイルとNUROモバイル、どちらを契約しようか迷っている方のために、本記事ではワイモバイルとNUROモバイルについてそれぞれの特徴や月額料金、通信速度、取り扱い端末やサポート体制、解約時のルールを総合的に比較し、それぞれのメリット・デメリットやそれぞれどんな人におすすめか詳しく紹介します。

結論から述べると、ワイモバイルとNUROモバイルはそれぞれ以下のような人におすすめです。

ワイモバイルとNUROモバイルがおすすめな人

  • ワイモバイル:月額料金が高くても通信速度は速いほうがいい人
  • NUROモバイル:データ容量少なめで月額料金は安いほうがいい人

ワイモバイルとNUROモバイルの契約でお悩みの方は、ぜひ最後までご覧になって下さい。

【速報】5月までの期間限定でワイモバイルが親子割をスタート!

ワイモバイル親子割(2021年11月~22年5月)

ワイモバイルが好評だった「ワイモバ親子割」を11月から再開!
5~18歳のお子様がワイモバイルに契約すれば、2回線目からの家族のスマホ代が月額1,188円も割引になります。

さらにワイモバイルではスマホの端末代が最大21,600円割引になるキャンペーンも実施中!
ワイモバ親子割は5月に終了します。お早めにお申し込みください!

ワイモバ親子割を詳しく見る

Y!mobileの申込みはこちら

ワイモバイルの特徴

ワイモバイル(Y!mobile)は、通信速度の速さとシンプルな料金設定が魅力の格安SIMです。

ワイモバイルはソフトバンクのサブブランドで、MVNOと違い自社回線を利用しているので、大手キャリアと同じ安定した通信速度で快適に利用することが出来ます。

弟リスのイラスト
ワイモバイルは全国約4,000の実店舗で対面サポートを受けることが出来るよ!アフターフォローもバッチリだね♪

サポート体制も整っているので、はじめて契約する方や乗り換える方も安心して手続きが行えます。

それでは、ワイモバイルのメリット・デメリットを以下で確認してみましょう。

ワイモバイルのメリット

  • 格安SIMの中でも通信速度が特に速い
  • 最大25GBのシンプルな3つのプラン
  • 家族割で2回線目がお得
  • データ増量オプション
  • 無制限かけ放題が使える
  • Yahoo!プレミアム会員費が無料になる
  • 最低利用期間や解約金がない
  • 実店舗でサポートが受けられる

ワイモバイルのデメリット

  • 他の格安SIMと比べて月額料金が高い
  • 回線種類はソフトバンク回線のみ
  • 契約初月は基本使用料が日割り

ご覧のように、ワイモバイルはデメリットよりもメリットが多いです。
なかでも、通信速度の速さと、最大25GBの大容量データに対応したプランが特徴的なサービスになっています。

料金プランも以下のようにシンプルでわかりやすいですよ。

ワイモバイル料金表
プラン名 月額料金 家族割適用後の月額料金(2回線目以降)
シンプルS(3GB→データ増量後5GB) 2,178円 990円
シンプルM(15GB→データ増量後20GB) 3,278円 2,090円
シンプルL(25GB→データ増量後30GB) 4,158円 2,970円

※2021年11月15日現在

以前のワイモバイルは変動性のやや複雑な料金プランでしたが、2021年2月18日からシンプルな3つの料金プランに移行し、 契約期間や契約解除といった縛りのない 分かりやすい料金体系になりました。

また、家族割を適用すると2回線目以降の基本使用料が毎月1,188円割引かれるので、シンプルSプラン(3GB)なら990円から利用することが出来ます。

さらに、通常月額550円のデータ増量オプションが1年間無料になる「データ増量無料キャンペーン2」を適用することで、各プランによって2〜5GBギガ増量します。

兄リスのイラスト
全プラン無料でYahoo!プレミアムの特典が使い放題なので、ヤフー関連サービスをよく利用する人にもおすすめだよ!

Y!mobileの申込みはこちら

NUROモバイルの特徴

それでは、NUROモバイルについて確認していきましょう。

NUROモバイル(ニューロモバイル)は、ドコモ・au・ソフトバンク回線の3つの回線に対応したリーズナブルな料金体系が魅力の格安SIMです。

トリプルキャリアに対応しているので、動作確認済み端末であればSIMロックを解除したり新しくスマホを用意したりしなくても、いま使っている本体をそのまま利用することが出来ます。

弟リスのイラスト
いま使っているスマホをそのまま使えば、初期費用を抑えることが出来るね!

それでは、NUROモバイルのメリット・デメリットを以下で確認してみましょう。

NUROモバイルのメリット

  • 8GBまでのシンプルな3つの料金プラン
  • 月額料金が安い
  • 利用開始月の月額無料
  • トリプルキャリア対応
  • お試しプランが使える
  • 10分までのかけ放題オプションがある
  • 余ったデータを翌月に繰り越せる
  • データ前借りで翌月分からデータ容量を借りられる
  • 最短翌日にSIMカードが届く

NUROモバイルのデメリット

  • 完全かけ放題オプションが無い
  • 8GB以上の大容量プランが無い
  • 電話やメール中心のサポート体制
  • キャリアメールが使えない

ご覧のように、NUROモバイルもデメリットよりメリットが多いです。
なかでも月額料金の安さ・利用開始月の月額料金が無料など、料金面のメリットが大きいですね。

NUROモバイルの料金プランは下記のとおりです。

NUROモバイルの月額基本料金一覧
プラン名(データ容量) 音声通話付き データ専用 データ+SMS
(ドコモ・au回線のみ)
お試しプラン(0.2GB) - 330円 495円
VSプラン(3GB) 792円 627円 792円
VMプラン(5GB) 990円 825円 990円
VLプラン(8GB) 1,485円 1,320円 1,485円

※2021年11月16日現在

NUROモバイルは、大手3キャリアの中から好きな回線を自分で選ぶことが出来て、音声通話付きSIMを月額792円から使うことができる低価格なプランが特徴的なサービスです。

NUROモバイルは3GB、5GB、8GBとデータ容量が10GB以下のプランを展開しています。

音声通話付きSIMには対応していませんが、NUROモバイルを気軽に試してみたいという方にうってつけな0.2GBのお試しプランが月額330円から利用出来るのも特徴的です。

兄リスのイラスト
お試しプランは機能が制限されているけど、最低利用期間や解約金がかからないからNUROモバイルを体験するにはもってこいのプランだよ♪

ワイモバイルとNUROモバイルの総合比較

ここまでワイモバイルとNUROモバイルの特徴をそれぞれ解説してきました。

それでは、実際にどちらがどういった部分で優れているのか、ワイモバイルとNUROモバイルを以下6つの項目に分けて総合比較していきます。

ワイモバイルとNUROモバイルを比較する6つのポイント

  • 月額料金:安さとプラン(データ容量)の比較
  • 通信速度:通信速度の比較
  • 対応端末:取扱端末の比較
  • データオプション:オプション内容の比較
  • サポート体制:カスタマーサポートの比較
  • 解約ルール:最低利用期間や解約金の有無

弟リスのイラスト
ひとつずつ順番に分かりやすく解説していくね!

月額料金プランの比較

ワイモバイルとNUROモバイルのデータ容量3GBプランを比較した場合、NUROモバイルの方が1,386円月額料金が安いです。

しかし、安いからといってワイモバイルのプランに魅力が無いという訳ではありません。

まず、それぞれの料金プランを比較してみましょう。

ワイモバイルとNUROモバイルの音声通話付きSIM月額料金比較表
データ容量 ワイモバイル NUROモバイル
1GB - -
3GB 2,178円 792円
5GB - 990円
8GB - 1,485円
15GB 3,278円 -
25GB 4,158円 -

※2021年11月15日現在

ワイモバイルとNUROモバイルでは、料金プラン(データ容量)の展開が大きく異なります。ワイモバイルは3GB、15GB、25GBに対して、NUROモバイルは3GB、5GB、8GBとデータ容量が少ないプランを中心に展開しています。

弟リスのイラスト
NUROモバイルは、毎月データをあまり使わない人向けの格安SIMなんだね!

データ容量3GBの料金を比較した場合ワイモバイルの方が月額料金は高いのですが、ネットをよく使うヘビーユーザー向けの25GBプランなど、そもそもターゲットにしているユーザー層が異なります。

毎月使うデータ容量が8GB以下の方はNUROモバイルの方がおすすめです。
しかし、毎月8GB以上使用するという方は月額料金は高くなりますがワイモバイルから最適なデータ容量のプランを選びましょう。

兄リスのイラスト
毎月自分が使用するデータ量によってプランを選びましょう!

通信速度の比較

ワイモバイルとNUROモバイルでは、ワイモバイルの方がNUROモバイルより通信速度が約2倍高速です。

弟リスのイラスト
NUROモバイルはトリプルキャリアに対応していますが、今回はワイモバイルに合わせてソフトバンク回線の通信速度(平均値)を比較します。

ワイモバイルとNUROモバイルの通信速度を比較した結果は下記のとおりです。

ワイモバイルとNUROモバイルの通信速度比較表
データ容量 ワイモバイル NUROモバイル
みんなの通信速度の実測値平均 59.61Mbps 26.08Mbps
MMD研究所調査 35.0Mbps -
MM総研調査 32.92Mbps 13.97Mbps

※2021年10月18日現在

MM総研が2021年10月13日に発表した「MVNOネットワーク品質調査」によると、NUROモバイルは回線が混雑する昼(12時~13時)の間帯に通信速度が著しく低下する傾向にあることが分かります。

また、朝(8時~9時)と夜(19時~21時)の時間帯においてもワイモバイルの通信速度が早いという結果になっています。

NUROモバイルの通信速度は他の格安SIMと比較して遅いわけではありませんが、ワイモバイルと比べてしまうとその差は明らかです。

通信速度が速いほうがいいという方は、どの時間帯でも安定して通信速度の速いワイモバイルがおすすめです。

兄リスのイラスト
NUROモバイルは各回線をキャリアから借りているけど、ワイモバイルはソフトバンク回線をそのまま使っているので、通信速度が安定して速いんだ!

Y!mobileの申込みはこちら

対応端末・取り扱い機種の比較

ワイモバイルとNUROモバイルでは、ワイモバイルの方が取り扱う端末が10機種多いです。(※2021年11月15日現在)

それぞれの取り扱い端末を比較してみましょう。

ワイモバイルとNUROモバイルの取り扱い端末比較表
OS ワイモバイル NUROモバイル
iPhone iPhone 12
iPhone 12 mini
iPhone SE(第2世代)
iPhone 11
iPhone7
iPhone6s
-
Android Android One S8
Android One S7
Android One S6
Android One S5
Android One X5
かんたんスマホ2
Xiaomi Redmi 9T
OPPO Reno5 A
OPPO Reno3 A
Xperia 10 III
Xperia 10 II
Xperia 8
Libero 5G
AQUOS sense4 basic
Libero S10
HUAWEI P30 Lite
かんたんスマホ
Xperia 10 III Lite
OPPO Reno5 A
OPPO A54 5G
moto g10
moto e7 power
Xiaomi Redmi 9T
OPPO A73
AQUOS sense4

※2021年11月15日現在

ワイモバイルは全23機種、NUROモバイルは全8機種端末の取り扱いがあります。
両者の大きな違いはiPhoneシリーズの取り扱いがあるかどうかです。

ワイモバイルではiPhone12シリーズ、iPhone SE(第2世代)、iPhone 11計4機種の取り扱いがありますが、NUROモバイルではiPhoneの取り扱いがなく、Andoroid機種のみ取り揃えています。

弟リスのイラスト
NUROモバイルはiPhoneシリーズの取り扱いが無いけど、iPhoneを使うことは出来るので安心してね!

NUROモバイルはiPhoneシリーズの取り扱いがありません。
しかし、NUROモバイルが動作確認済みのiPhone(本体)を自分で用意して、SIMのみ契約すれば使うことが出来ます。

NUROモバイルでiPhoneを使う方法

  • 動作確認済みのiPhoneであること:動作確認済端末から動作状況を確認する
  • iPhone(本体)を自分で用意する:Apple Storeや家電量販店で購入する
  • NUROモバイルでSIMのみ契約する:端末はセットで購入しない

多くの機種の中から好みの機種を選びたい方や、申込みと同時にiPhoneを使いたいという方は品揃えの豊富なワイモバイルがおすすめです。

兄リスのイラスト
ワイモバイルはシニア向けの「かんたんスマホ2」の取り扱いがあるので、スマホデビューを考えているご年配の方にもおすすめだよ!

Y!mobileの申込みはこちら

データオプション比較

ワイモバイルとNUROモバイルは、どちらも余ったデータを無料で翌月に繰り越すことができます。

弟リスのイラスト
使いきれなかったデータ容量が無駄にならずに済むのはありがたいね♪

ワイモバイルとNUROモバイル データオプション比較表
内容
ワイモバイル データ繰り越し:翌月まで(無料)
データ増量オプション:月額550円
NUROモバイル データ繰り越し:翌月まで
データ前借り:翌月のデータ容量から前借り出来る(無料)
Gigaプラス:契約プランに応じて3か月ごとにデータ容量をプレゼント(無料)

※2021年11月15日現在

ワイモバイルは、プランごとにデータ容量を増量できるデータ増量オプションを月額550円で利用できます。
オプション適用後の各プランのデータ容量は、下記のとおりです。

ワイモバイル プラン毎のデータ増量分
プラン シンプルS シンプルM シンプルL
月間データ容量 3GB 15GB 25GB
データ増量オプション 2GB 5GB 5GB
オプション適用後の月間データ容量(合計) 5GB 20GB 30GB

※2021年11月15日現在

各プランに応じて、データ容量が2〜5GB追加されます。
オプション扱いなので有料ですが、自分が毎月使うデータ容量と照らし合わせながら検討すると良いでしょう。

また、NUROモバイルは契約プランに応じて3ヶ月ごとにVMプラン(5GB)は3GB、VLプラン(8GB)は6GBのデータ容量がプレゼントされるGigaプラスや、翌月のデータ容量から前借りできるデータ前借りなどが無料で提供されています。

ワイモバイルとNUROモバイルは、どちらも余ったデータ容量を翌月に繰り越すことが出来るので、データオプションを比べて最適な方を選びましょう。

兄リスのイラスト
今回紹介したデータオプションに関しては、NUROモバイルは無料、ワイモバイルは有料なので注意してね

サポート体制の比較

ワイモバイルとNUROモバイルでは、ワイモバイルのサポート体制が充実しています。

まず、それぞれのサポート体制を比較してみましょう。

ワイモバイルとNUROモバイル サポート体制の比較表
ワイモバイル NUROモバイル
実店舗 あり
全国約4,000店舗
なし
電話 電話番号①:0570-039-151
電話番号②:151(ワイモバイルの電話から)
受付時間:10:00~19:00(年中無休)
電話番号①:0570-099-041
電話番号②:03-6705-5840
※nuroモバイルでんわを利用の方は②
窓口営業時間:10:00~18:00
※1月1日、2日及びメンテナンス日時を除く
チャット チャットサポート
受付時間:24時間受付
オペレーター受付時間:10時~24時
nuro SIM サービスサポート
窓口営業時間:10:00~18:00
※1月1日、2日及びメンテナンス日時を除く
メール ワイモバイル契約者のみ利用可能 メールフォーム
受付時間:24時間(年中無休)
※1月1日、2日及びメンテナンス日時を除く
Twitter 公式サポートアカウント -
遠隔サポート 月額料:330円 基本料金:3,300円(30分コース)
15分延長:1,650円
オプションレッスン:2,200円〜6,600円
※内容により価格が異なります
【遠隔サポート専用ダイヤル】
電話番号:06-7639-2597
受付時間:9:00~21:00(年中無休)
訪問サポート 出張基本料:3,300円
メニューごとのサービス料金:5,500円〜7,700円
1回:8,800円(設定とレッスンを45分で対応)
延長料金(30分毎):3,300円
【訪問サポート専用ダイヤル】
電話番号:0120-351-857
受付時間 :9:00~21:00(年中無休)
※2021年11月15日現在

どちらも無料のサポート電話やチャット・メールフォーム、スマホ初心者向けの訪問サポートや遠隔サポートサービスを取り揃えています。

ただ、大きな違いは実店舗の有無です。

弟リスのイラスト
スマホの操作や契約状況の確認、万が一トラブルがあった時に重要になってくるのが実店舗の有無だよね…

NUROモバイルは全国で取り扱いのあるヤマダ電機で契約・購入することが出来ますが、ワイモバイルと違って店舗で購入後のサポートを受けることが出来ません。

MCAが2021年4月2日に発表した「キャリアショップ展開状況に関する調査結果」によると、ワイモバイルは三大キャリアの次に多い第4位の全国852店舗を構えています。(取扱店も含めると全国に約4,000店舗)

購入後も実店舗でサポートを受けたい、という方はワイモバイルを選びましょう。

兄リスのイラスト
実店舗は無いけど、電話やチャット・メールサポートでよければ、NUROモバイルもサポート体制は充実しているよ。

Y!mobileの申込みはこちら

解約ルールの比較

ワイモバイルとNUROモバイルは、どちらも最低利用期間や解約金はありません。

ワイモバイルとNUROモバイルの解約ルールの比較
ワイモバイル NUROモバイル
最低利用期間 なし なし
※旧プランは利用開始月から12ヶ月間
解約金 なし なし
※旧プランは最大12,000円
※2021年11月15日現在

ただし、2021年3月末までにNUROモバイルで音声通話付きプラン(旧プラン)を契約していた方は、利用開始月から11 か月以内に解約すると、利用月数に応じた解約金が発生します。

NUROモバイルで旧プラン契約者の解約金計算式

(12 か月 ー 利用開始月を 0 か月とした利用月数)✕ 1,100 円 

弟リスのイラスト
NUROモバイル旧プランの解約金の仕組みは少し分かりにくいので、表にして見てみよう!

NUROモバイル旧プランの解約金一覧
利用月(最低利用期間) 解約金
利用開始月 13,200円
1ヶ月目 12,100円
2ヶ月目 11,000円
3ヶ月目 9,900円
4ヶ月目 8,800円
5ヶ月目 7,700円
6ヶ月目 6,600円
7ヶ月目 5,500円
8ヶ月目 4,400円
9ヶ月目 3,300円
10ヶ月目 2,200円
11ヶ月目 1,100円
12ヶ月目〜 0円

最低利用期間が利用開始月から12ヶ月間となっており、そこから月を追う毎に解約金が安くなっていく仕組みです。

現在のNUROモバイルはワイモバイル同様、最低利用期間や解約金はありませんので安心して下さい。

兄リスのイラスト
ワイモバイルもNUROモバイルも最低利用期間や解約金の心配をしなくていいから契約しやすいね♪

Y!mobileの申込みはこちら

ワイモバイルとNUROモバイルのメリット・デメリット比較

この項目では、ここまでの情報を踏まえ、ワイモバイルとNUROモバイルモバイルのメリット・デメリットを比較していきます。

ワイモバイルとNUROモバイルのメリット・デメリット
ワイモバイル NUROモバイル
メリット
  • 通信速度が速い
  • 大容量データのプランがある
  • 家族割で2回線目以降が安くなる
  • データ増量オプションが1年間無料
  • 取扱機種が多い
  • iPhoneの取り扱いがある
  • 充実したサポート体制
  • 最低利用期間や解約金がかからない
  • 月額料金が安い
  • お試しプランがある
  • まずまずの通信速度
  • データ前借りやGigaプラスが無料
デメリット
  • 月額料金が高い
  • 10GB以下の料金プランが少ない
  • 昼の時間帯に通信速度が遅くなる
  • 電話やメール中心のサポート体制
  • iPhoneの取り扱いがない
  • 旧プラン利用者は解約金がかかる

弟リスのイラスト
ワイモバイルとNUROモバイルは、一長一短なので、それぞれのメリットとデメリットをまとめて解説して行くよ!

ワイモバイルのメリット・デメリット

ワイモバイルはどの時間帯も通信速度が安定して早く、ヘビーユーザーの方も満足の最大25GBまでカバーしているのがメリットです。

また、取り扱い機種が多くiPhoneシリーズの取り扱いもあるので機種の選択肢が多く、実店舗でアフターサポートを受けることが出来るのもワイモバイルの特徴の一つと言えます。

弟リスのイラスト
ワイモバイルは数多く存在する格安SIMの中でもキャリアに近いサービスなんだ!

デメリットは、月額料金が高いことと10GB以下の料金プランが少ないことです。

月額料金に関しては家族割を使えば安くすることは出来ますが、あくまでも2回線以降の割引になるので、1台のみ契約する場合は恩恵を受けることが出来ません。

また、NUROモバイルと違って10GB以下の料金プランが充実していない点は注意が必要です。

兄リスのイラスト
どの格安SIMを選んでも月額料金とデータ容量は比例して大きくなるので、ワイモバイル特有のデメリットという訳ではないよ。

NUROモバイルのメリット・デメリット

NUROモバイルは10GB以下のプランが充実していて、データ前借りやGigaプラスといったお得なオプションが無料で利用できるのがメリットです。

NUROモバイルを試してみたいという方は、月額330円でお試しプランを契約してみて問題がなければVS・VM・VLプランに乗り越えることが出来ます。

また、データ容量が足りなくなってしまった時に便利なデータ前借りや、3か月ごとにデータ容量がプレゼントされるGigaプラスなどお得なオプションが無料です。

弟リスのイラスト
激安のお試しプランで予めNUEOモバイルの通信速度を気軽に体感することが出来るのは大きなメリットですね。

デメリットはワイモバイルと違い、10GB以上の大容量プランが無いことや実店舗で購入後のサポートを受けられないことです。

毎月のデータ容量が8GBでは足りないという方は、ワイモバイルなど大容量プランのある格安SIMを契約するしかありません。
また、NUROモバイルは実店舗で対面サポートを受けることが出来ないので、スマホ初心者の方にはあまり向いていないサービスで>す。

兄リスのイラスト
NUROモバイルではiPhoneの取り扱いが無いので、SIMと同時にiPhoneを購入したいという方は注意しましょう!

こんな人はどっちを選べばいいの?

ここまで、NUROモバイルとワイモバイルの特徴やメリット・デメリットを総合的に比較してきました。

結論から述べると、NUROモバイルとワイモバイルではそれぞれおすすめする人が異なります。

ワイモバイルがおすすめな人

  • 家族そろって乗り換えを検討している人
  • 安定したサブブランド回線で格安SIMを利用したい人
  • YouTubeやゲームなど毎月大量にギガを使う人

NUROモバイルがおすすめな人

  • 月額料金を安く抑えたい人
  • ドコモ、au、ソフトバンク回線から好きな回線を選んで使いたい人
  • 2台目、3台目のスマホを持ちたい人

この項目では実際にどんな人がワイモバイル・NUROモバイルがおすすめなのか詳しく紹介します。

ワイモバイルは料金が高くても速度重視な人におすすめ

ワイモバイルは最安のプランでも月額2,178円からと料金は高いですが、通信速度が安定して速いです。
また、家族割やデータ容量が25GBのプランなど、大手キャリアと同じ様に格安SIMを使いたい方に向いています。

ワイモバイルは具体的に、以下のような人におすすめです。

ワイモバイルがおすすめな人

  • 家族そろって乗り換えを検討している人
  • 安定したサブブランド回線で格安SIMを利用したい人
  • YouTubeやゲームなど毎月大量にギガを使う人

毎日スマホをよく使うヘビーユーザーの方で、サポートや通信速度に妥協したくない方はワイモバイルを契約しましょう。

NUROモバイルはデータ容量少なめで安さ重視な人におすすめ

NUROモバイルはデータ容量が最大8GBまでのプランしかありませんが、毎月の月額料金が330円〜なのでとにかく安いのが特徴です。

また、ワイモバイルはソフトバンク回線しか選べませんが、NUROモバイルはドコモ、au、ソフトバンクの中から好きな回線を選んで契約することが出来ます。

NUROモバイルは具体的に、以下のような人におすすめです。

NUROモバイルがおすすめな人

  • 月額料金を安くしたい人
  • ドコモ、au、ソフトバンク回線から好きな回線を選んで使いたい人
  • 2台目、3台目のスマホを持ちたい人

毎月のデータ容量が3GB〜8GBで収まっている方で、月額料金を抑えたい方はNUROモバイを契約しましょう。
また、サブ機として使用したい方にもおすすめです。

まとめ

ここまでワイモバイルとNUROモバイルの特徴や総合比較、メリット・デメリット、それぞれどんな人におすすめか解説してきました。

本記事の内容をまとめると以下のとおりです。

  • ワイモバイルは通信速度が安定して速い
  • NUROモバイルは月額料金が安い
  • 取り扱い端末はワイモバイルの方が多い(iPhoneの取扱あり)
  • ワイモバイルは実店舗でサポートを受けることが出来る
  • どちらも最低利用期間なし、解約金もかからない

ワイモバイルは月額料金が高くても通信速度は速い方がいい人、NUROモバイルはデータ容量はそこまで必要なく月額料金は安い方がいい人に向いています。

本記事を参考に、ワイモバイルもしくはNUROモバイルを契約してみてはいかがでしょうか。

弟リスのイラスト
最後までご覧いただきありがとうございました!

兄リスのイラスト
他の記事も読んでいってね♪

Y!mobileの申込みはこちら

家計の見直しは「固定費」の削減から始めよう!支出の見直しポイントとプロが教えるおすすめの方法はコレ!

この記事の著者

編集

Soldi編集部

Soldi編集部は「おうちのお金をスマートに」をコンセプトにコンテンツの配信を行っています。

※当サイトに掲載している情報は、万全の保証をいたしかねます。
機器、サービスの価格、スペック等の詳細情報は、必ず各公式サイトでご確認ください。

【完全版】自分に合った格安SIMが見つかる!

【完全版】自分に合った格安SIMが見つかる!

【28社比較】おすすめのWiMAXプロバイダはこれ!

【28社比較】WiMAXを契約するなら! おすすめプロバイダ厳選5社!



ナビナビ保険