Menu

E-! WiFiの評判や口コミは悪い?|料金プランから速度、解約金まで徹底解説

E-! WiFiの評判や口コミは悪い?|料金プランから速度、解約金まで徹底解説

「E-!WiFiってどんなサービス内容?」
「在宅勤務やオンラインでの会議が増えたから、E-!WiFiが使いやすいのか気になる!」

などと思って、E-!WiFiの評判を調べていませんか?

E-!WiFiは「AiR-WiFi」「Mugen WiFi」を運営している株式会社FREEDiVEが新たに打ち出した、モバイルWi-Fiルーターサービスです。

独自の料金設定が特徴的で、端末補償と契約縛りなしのモバイルWi-Fiルーターを月額3,000円台で使うことができます。

一方で初心者にはやや難しい料金体系となっているなど、契約前によく確認しておくべき点もあります。

使用者の評判や口コミが気になるところですが、2021年10月に提供開始されたばかりのため、評判や口コミはまだ数少ないです。
そのため、確認ができ次第、当記事でご紹介いたします。

今回は、E-!WiFiついて詳しく知りたい人のために、E-!WiFiの料金プランやメリット・デメリット、他社との比較、注意点、キャンペーンも含めて解説していきます。

ぜひ、参考にしてください。

E-WiFiの申込みはこちら

E-!WiFiの料金プランや特徴

E-!WiFiは、オプションに加入すればするほど月額料金が安くなるという、独自のプランが特徴的なモバイルWi-Fiルーターです。

国内では大手3大キャリアの提供エリアで利用することができ、加えて海外での利用にも対応しているなど、使い勝手の良さも目を引く内容です。

それでは、次項より詳しく確認していきましょう。

料金プランと初期費用

E-!WiFi の料金プランと初期費用は、シンプルなワンプランのみに設定されています。

月額料金は3,718円を支払うことで、月間100GBまで通信をすることができます。

E-!WiFiの料金と初期費用
通信容量100GB/月
月額料金3,718円/月
初期費用3,300円
端末代金0円
※税込
※参考:【公式】E-!WiFi (イーワイファイ) 3ヶ月おまとめ払いで毎月330円引き!オプション加入でオトクに使える業界最安級モバイルWiFi

初期費用は、契約事務手数料として3,300円がかかるのみです。

E-!WiFi で利用するモバイルルーターはレンタル品であって購入品ではありません。
そのため、端末の購入代金はかからず、レンタル代もかかりません。

端末購入代金が20,000円を上回ることも多いWiMAX等と比べると、初期費用を抑えることができるメリットがあります。

取り扱いモバイルルーター機種と通信速度

E-!WiFi で取り扱われているモバイルルーター端末(機種)は、1種類のみとなっています。

E-! WiFiの端末

(画像引用:E-!WiFi

スペック等は以下の表の通りです。

E-!WiFiの対応端末
端末名GlocalMe U3
端末代金0円
通信速度下り最大: 150Mbps
上り最大: 50Mbps
同時接続台数10台
WLAN基準IEEE802.11b/g/n
連続通信時間最大13時間
※税込
※参考:【公式】E-!WiFi (イーワイファイ) 3ヶ月おまとめ払いで毎月330円引き!オプション加入でオトクに使える業界最安級モバイルWiF

弟リスのイラスト
このルーターはどういうルーターなの?

兄リスのイラスト
業界標準の最新機種だよ。

E-!WiFiでレンタルされるモバイルルーター端末は、クラウドSIM型(後述)のWi-Fiサービスでは定番とも言える機種が採用されています。

通信速度が下り最大150Mbpsと申し分ないうえに、連続通信時間が最大13時間であるため日中ずっと使い続けることも可能です。
競合他社と同じ最新機種を利用できることから、E-!WiFi のモバイルルーター端末は問題なく利用できると言えます。

提供エリア

E-!WiFiの提供エリアは、NTTドコモとau、ソフトバンクの提供エリアを足したエリアです。

というのも、E-!WiFiは大手3大キャリアの回線を活用した「クラウドSIM」型のモバイルWi-Fiサービスだからです。

「クラウドSIM」型のWi-Fiサービスとは?

接続場所に応じて、自動で適したキャリアの電波を受信してインターネットに接続するタイプのサービスのこと。

E-!WiFiをはじめとして、多くのクラウドSIM型サービスでは「NTTドコモ回線」「au回線」「ソフトバンク回線」の3つから、その場で最適な電波を自動で選択してくれる。

E-!WiFiは、NTTドコモとau、ソフトバンクの提供エリアを足したエリアで使うことができるので、電波に繋がりやすいと言えます。
万が一、どこかの通信キャリアの電波に繋がりにくいエリアであっても、他の通信キャリアの電波を拾ってネット接続してくれるからです。

たとえば、利用する地域によっては「auは繋がりにくいけれどNTTドコモなら繋がりやすい」等の事情があるかもしれません。
ですが、E-!WiFiならエリアでの繋がりにくさに対してストレスを感じることはほぼありません。

さらに、E-!WiFiは国内だけでなく海外でも利用可能です。
海外でも、自動で現地の通信キャリア回線を選択して通信を行います。

海外利用料金

E-!WiFiの海外用の料金プランは、国内用の料金プランとは異なる設定がされています。

具体的には、1日1GBまでの通信を1,200円で利用できる「AREA-A」と、1日1GBまでの通信を1,600円で利用できる「AREA-B」の2つです。

エリア地域名称
AREA-Aアジアベトナム、タイ、台湾、スリランカ、シンガポール、フィリピン、ネパール、モンゴル、ミャンマー、マカオ、ラオス、大韓民国、日本、インドネシア、インド、香港、中華人民共和国、カンボジア、ブルネイ、バングラデシュ
オセアニア北マリアナ諸島、ニュージーランド、グアム、フィジー、オーストラリア
ヨーロッパバチカン、イギリス、ウクライナ、トルコ、スイス、スウェーデン、スペイン、スロベニア、スロバキア、セルビア、サンマリノ、ロシア連邦、ルーマニア、ポルトガル、ポーランド、ノルウェー、オランダ、モンテネグロ、モナコ、マルタ、マケドニア、ルクセンブルク、リトアニア、リヒテンシュタイン、ラトビア、ジャージー、イタリア、マン島、アイルランド、アイスランド、ハンガリー、ガーンジー、ギリシャ、ジブラルタル、ドイツ、フランス、フィンランド、エストニア、デンマーク、チェコ共和国、キプロス、クロアチア、ブルガリア、ボスニアヘルツェゴビナ、ベルギー、オーストリア、アルバニア、アランド島
北アメリカアメリカ合衆国、タークス・カイコス諸島、トリニダード・トバゴ、セントビンセント・グレナディーン、サン・マルタン、プエルトリコ、メキシコ、マルティニーク、ジャマイカ、ハイチ、グアドループ、グレナダ、キュラソー島、ケイマン諸島、カナダ、イギリス領ヴァージン諸島、アルバ、アンティグア・バーブーダ、アンギラ
AREA-Bアフリカアルジェリア、エジプト、ガーナ、ケニア、モロッコ、モーリシャス、ナイジェリア、チュニジア、タンザニア、南アフリカ共和国、ザンビア、アンゴラ、マダガスカル、西サハラ
南アメリカアルゼンチン、ブラジル、チリ、コロンビア、パナマ、ペルー、ウルグアイ、ベネズエラ、ボリビア、エクアドル、コスタリカ、ドミニカ共和国、グアテマラ、ニカラグア、エルサルバドル、ガイアナ、スリナム
中東アラブ首長国連邦、バーレーン、イスラエル、ヨルダン、カザフスタン、パキスタン、カタール、サウジアラビア、クウェート、タジキスタン、オマーン
※2022年1月現在
※参考:対応エリア・国名の一覧

E-!WiFiでは、レンタルされているモバイルルーターをそのまま海外に持っていくだけで、特別な手続きなくそのまま使えます。
料金体系にやや違いはありますが、海外でも気軽に利用できるのがE-!WiFiの便利な点と言えます。

オプション一覧

E-!WiFiには、3種類のオプションがあります。
内容と月額料金は以下のとおりです。

E-!WiFiのオプション一覧
オプション名オプション概要月額料金
故障/紛失補償オプション端末の故障や紛失時に新古品端末と交換できるようになる660円
故障/紛失補償オプション契約期間の縛りがなくなることで解約金が0円となる330円
3ヶ月おまとめシステム3ヶ月分の料金をまとめて支払うことで月額料金が値引きとなる0円
※税込
※2022年1月現在
※参考:【公式】E-!WiFi (イーワイファイ) 3ヶ月おまとめ払いで毎月330円引き!オプション加入でオトクに使える業界最安級モバイルWiFi

最も特徴的なオプションは「3ヶ月おまとめシステム」です。

こちらのオプションを選択することで、月額料金の割引が適用されるからです。

具体的な内容としては、3ヶ月分の料金をまとめて一度に支払うことによって、月額料金が330円値引きとなります。
その分1回あたりの請求金額が大きくなってしまいますが、3か月確実に利用する方にはおすすめと言えます。

オプション加入時の注意点

「故障/紛失補償オプション」「期間縛りなしオプション」の2つについては、途中加入と途中解約ができません。
申し込み前によく検討する必要があります。

E-WiFiの申込みはこちら

E-!WiFiの悪い評判・デメリット

E-!WiFiは2021年にリリースされたばかりであり、サービス開始直後のためユーザーによる評判等の投稿はほとんど見つかりません。

そこで、ここでは他社サービスと比較したE-!WiFiのデメリットを紹介します。

E-!WiFiのデメリット

  • 実際の請求料金に注意が必要
  • 返却時に追加料金が発生する可能性がある
  • 解約時、前払い料金が返金されない

3つのデメリットについて1つずつ解説します。

実際の請求料金に注意が必要

E-!WiFiの公式サイトに記載されている料金を見ると安く見えますが、実際には請求料金には注意が必要です。

というのも、公式サイトにも小さな文字で表記されている追加料金がいくつかあるからです。
具体的には以下の3つには特に注意が必要です。

E-!WiFi で発生する追加料金の例

  • 「初月550円」でも、2か月目の請求額は7,018円である
  • 「期間縛りなしオプション」でも解約時に1,100円が必要である
  • オプション加入時に、実際の請求額がいくらになるかわかりづらい

E-!WiFiの公式サイトの表記では確かに料金が安く見えるものの、よく読まないとトラブルになりかねない点があるため、1つずつ解説します。

「初月550円」キャンペーンの注意点

それでは、初月550円の注意点について確認していきましょう。

キャンペーン料金通常料金
1か月目550円7,018円(月額料金3,718円+事務手数料3,300円)
2か月目7,018円(月額料金3,718円+事務手数料3,300円)3,718円
3か月目以降3,718円3,718円
※税込
※2022年1月現在

E-!WiFiでは、一見するとキャンペーンで初期費用を抑えられるためお得に見えます。

確かに、月額料金3,718円が1か月分だけ550円になるのはお得です。
しかし、キャンペーン中であっても2か月目には契約事務手数料3,300円を結局は支払うことになります。

事務手数料の支払いが後回しになっただけで、支払い自体がなくなるわけではありません。
この点には注意が必要です。

E-WiFiの申込みはこちら

「期間縛りなしオプション」の注意点

E-!WiFiでは、2年以内に解約すると通常解約費用(解約金)がかかります。

解約時期通常解約費用
1~12か月目9,900円
13~24か月目5,500円
25か月目以降0円

330円の「契約期間なしオプション」に加入すると、E-!WiFiの通常解約費用は適用されません。

ただし「端末返却処理手数料」という費用が別途発生します。

>⑤本オプション適用下の解約につきましては、端末返却処理手数料1,100円(税込)が発生いたします。
(引用:【公式】E-!WiFi (イーワイファイ) 3ヶ月おまとめ払いで毎月330円引き!オプション加入でオトクに使える業界最安級モバイルWiFi

「端末返却処理手数料」がかかるため、「契約期間なしオプション」に加入したとしても無料では解約できません。
この点には注意してください。

「オプション利用割引」の注意点

E-!WiFiでは、オプションに加入すればするほど月額料金が割引となります。

この点は他にはない大きな特徴となっていますが、オプション自体が有料のものもありますので「月々の請求額がいくらになるか?」を見定めることが重要です。

確かに一見すると、オプションに加入すればするほど「月額料金」は安くなります。

しかし、それは必ずしも「請求総額」が安くなることを意味するわけではありません。

各オプション料金と月額料金(3,718円)を足し合わせ、かつ、割引額を加味すると、月々の請求額は以下の表のようになります。

加入するオプションオプション加入による割引額割引後の月額料金(A)オプション料金(B)実際の請求総額(A+B)
期間縛りなし110円3,608円330円3,938円
故障/紛失補償220円3,498円660円4,158円
3ヶ月おまとめ330円3,388円0円3,388円
期間縛りなし
+故障/紛失補償
440円3,278円990円4,268円
期間縛りなし
+3ヶ月おまとめ
550円3,168円330円3,498円
故障/紛失補償
+3ヶ月おまとめ
550円3,168円660円3,828円
全オプション加入770円2,948円990円3,938円
※税込
※2022年1月現在

例えば、全オプションに加入すると月額料金は2,948円になります。
しかし、月額料金に加えて有料オプションの料金990円が上乗せされるので、実際の請求額は3,938円となります。

公式サイトの表記を見るとこの点を誤認する可能性があるので、注意してください。

返却時に追加料金が発生する可能性がある

E-!WiFi 返却時には、追加料金として「端末損害金」が発生する可能性があります。

E-!WiFi で利用するモバイルWi-Fiルーターはレンタル品であるため、状態を良好に保ったまま返却しなければなりません。
紛失や過度な破損等があった場合の「端末損害金」は以下のとおりとなっています。

項目端末損害金
SIMピンの汚破損3,850円
ケーブルの汚破損3,850円
説明書類の汚破損5,500円
端末外箱の汚破損8,800円
端末本体の汚破損22,000円
※税込
※2022年1月現在

この「端末損害金」を払わないためには、新品同様の状態で返却する工夫が必要です。
端末本体について言えば、カバーやケースを使うなど、本体が汚れたり破損したりするリスクを軽減する使い方があるといいでしょう。
また、端末本体以外について言えば、付属品を一切使わずに保管しておくなどの使い方が望ましいと言えます。

解約時、前払い料金が返金されない

E-!WiFiには「3ヶ月おまとめシステム」というオプションがありますが、解約時にその前払金は返金されません。

「3ヶ月おまとめシステム」適用時の解約例

たとえば、2月, 3月, 4月の料金をまとめて支払った状態で2月に解約申請をしても、前もって支払った3月~4月分の料金は返金されないということです。

※弊社決済システムの仕様上、途中解約を希望される場合でも、既に発生した金額のご返金はできかねます。
(引用:【公式】E-!WiFi (イーワイファイ) 3ヶ月おまとめ払いで毎月330円引き!オプション加入でオトクに使える業界最安級モバイルWiFi)

兄リスのイラスト
つまり、実質的に3か月ごとの契約縛りとなってしまいます。

この点を不自由だと感じる場合は「3ヶ月おまとめシステム」の適用を見合わせた方がいいでしょう。

E-!WiFiの良い評判・メリット

ここまで、E-!WiFiのデメリットを紹介してきました。

メリットも、ユーザーによる評判等の投稿はほとんど見つかりません。
そこで他社サービスと比較したE-!WiFiのメリットを紹介します。

E-!WiFiのメリット

  • フルオプション時に最安値クラスとなる
  • 2年経過で最新端末と引き換え可能
  • 最短即日発送

それぞれのメリットについて1つずつ解説します。

フルオプション時に最安値クラスとなる

E-!WiFiのオプション3つすべてをつけた場合、競合他社と比較して月々の請求額が最安値となることがわかります。

実際に「端末補償あり」「契約縛りなし」という条件で、100GB使えるモバイルWi-Fiサービス内で比較してみると以下のようになります。

サービス名毎月の請求額内訳
E-!WiFi3,938円月額料金: 3,718円
端末補償: 660円
期間縛りなし: 330円
オプション割引: ▲770円
AiR-WiFi3,938円月額料金: 3,278円
端末補償: 660円
期間縛りなし: 330円
オプション割引: ▲330円
どこよりもWiFi4,340円月額料金: 3,900円
端末補償: 440円
バナナWiFi4,400円月額料金: 3,300円
端末補償: 660円 期間縛りなし: 440円
Nomad WiFi4,510円月額料金: 4,180円
端末補償: 330円
Mugen WiFi4,928円月額料金: 3,718円
端末補償: 660円
期間縛りなし: 550円
※税込
※2022年1月現在

条件を揃えた場合、E-!WiFiの毎月の請求額は AiR-WiFiと同額の3,938円です。

AiR-WiFi以外のモバイルWi-Fiルーターサービスと比べると、毎月400~1,000円程度ほど安く使える点は注目に値します。
もしも「端末補償あり」「契約縛りなし」という使い方をしたい場合は、E-!WiFi が最安値の一角であることは知っておいて損がないでしょう。

E-WiFiの申込みはこちら

最短即日発送

E-!WiFiでは、契約の申し込み後すぐに商品を発送してくれます(「E-! 即日」といいます)。

具体的には、以下のような発送スケジュールとなっています。

E-!WiFiの発送日

  • 正午までの注文: 即日発送
  • 正午以降の注文: 翌日発送

また、この最短即日発送(E-! 即日)は、土日祝日の申し込みであっても適用される点は注目に値します。

お住いの地域が配送拠点から近ければ、申し込んだ翌日に届く場合もあるなど、迅速な対応はメリットと言えます。

主なモバイルルーターのサービス比較表

E-!WiFiと、その他のモバイルルーターサービスの代表的なプランを比較してみます。

サービス名通信容量月額料金端末代金通信速度(下り)通信回線
E-!WiFi100GB/月3,718円無料最大150MbpsNTTドコモ
ソフトバンク
au
UQ WiMAX月間無制限 (15GB/3日)4,268円~4,818円21,780円最大2.7GbpsWiMAX2+
au
カシモWiMAX月間無制限 (15GB/3日)1,408円~4,455円無料最大2.7GbpsWiMAX2+
au
Broad WiMAX月間無制限 (15GB/3日)2,090円~5,313円21,780円最大2.7GbpsWiMAX2+
au
どこよりもWiFi月間無制限 (4GB/日)3,400円無料最大150MbpsNTTドコモ
それがだいじWiFi100GB/月3,718円2年利用で無料 (2年以内に解約の場合は残債請求あり)最大150MbpsNTTドコモ
ソフトバンク
au
THE WiFi100GB0~3,828円無料最大150MbpsNTTドコモ
ソフトバンク
au
Mugen WiFi100GB3,718円無料最大150MbpsNTTドコモ
ソフトバンク
au
※税込
※2022年1月現在

この表を「通信品質」「月額料金」「データ容量」という3つの着眼点から解説します。

先に言ってしまうと「E-! Wi-Fiは月額料金とデータ容量が優秀な一方で、通信品質は使ってみないとわからない」という結論です。

通信品質の比較

まず通信速度では、WiMAXに軍配が上がります。

WiMAXの下り最大2.7Gbpsという通信速度は、他社の類似サービスを圧倒していると言えます。
というのも、WiMAXはauの5G回線に繋がるようになったからです。

それに対して、E-!WiFiをはじめとする大手キャリアのLTE回線を利用したサービスでは、最大150Mbps程度と控えめな通信速度である点が気がかりです。

一方、電波の繋がりやすさでは、LTE回線を利用したサービスがWiMAXを上回ります。
なぜなら、ドコモ, au, ソフトバンクなど大手キャリアの回線を使えるからです。

通信速度繋がりやすさ
WiMAX◎ 速い○ 山間部や遮蔽物にやや弱い
LTE系○ 実用レベル◎ とても繋がりやすい

弟リスのイラスト
じゃあ、LTE系のサービス内で比較するとどうなの?

LTE系のモバイルWi-Fiサービスで比較すると、E-!WiFi, どこよりもWiFi, それがだいじWiFi, THE WiFi, Mugen WiFiは、最大通信速度でほぼ差がありません。

しかし、実測値を参照してみると差があることがわかります。

サービス名Ping値下り平均速度上り平均速度
E-!WiFiデータなしデータなしデータなし
どこよりもWiFi62.93 ms18.85 Mbps12.05 Mbps
それがだいじWiFi36.0 ms47.52 Mbps30.4 Mbps
THE WiFi69.69 ms17.96 Mbps7.78 Mbps
Mugen WiFi59.4 ms9.48 Mbps6.4 Mbps
※2022年1月24日現在
※参考:みんなのネット回線速度

それがだいじWiFiとMugen WiFiの下り平均速度を比較すると、5倍以上の差があります。

E-!WiFiについては「みんそく」内にデータがありません。新しいサービスであるため、ユーザー投稿がまだないということです。

残念ながら執筆時点では「実際に使ってみないと通信速度がわからない」と言わざるをえません。

Twitter上で見つかった実測データを1つ掲載します。
1サンプルだけで全体を判断すべきではありませんが、参考としてご活用ください。

目安としては、多くの競合他社がそうであるように概ね下り10~30Mbps程度、上り5~15Mbps程度だと考えておくといいでしょう。

月額料金の比較

料金面で比較すると、E-!WiFiは優秀だと言えます。

WiMAXは4,000円~5,000円が標準であるのに対して、LTE系のサービスは軒並み3,000~4,000円台です。

割引等が終了したあとの月額料金を比較すると、以下のとおりとなっています。

サービス名月額料金
E-!WiFi3,718円
UQ WiMAX4,818円
カシモWiMAX4,455円
Broad WiMAX4,708円
どこよりもWiFi3,400円
それがだいじWiFii3,718円
THE WiFi3,828円
Mugen WiFi3,718円
※税込
※2022年1月現在

実際には、WiMAXにはキャンペーンがあったり、他社のTHE WiFiでは最初に4か月間の割引期間があったりする影響で、トータル費用でE-!WiFiが最安値とまでは言えません。

しかし、単純に月額料金だけで比較すると、E-!WiFiの料金設定は比較的安い位置にあるということがわかります。

E-WiFiの申込みはこちら

データ容量の比較

データ容量を比較してみましょう。

サービス名月間の通信容量
E-!WiFi100GB
UQ WiMAX月間無制限 (3日で15GB)
カシモWiMAXX月間無制限 (3日で15GB)
Broad WiMAX月間無制限 (3日で15GB)
どこよりもWiFi月間無制限 (1日4GB)
それがだいじWiFi100GB
THE WiFi100GB
Mugen WiFi100GB
※2022年1月現在

一覧表を見てわかる通り、E-!WiFiのデータ容量は競合他社と同等のデータ容量が用意されています。

WiMAX(15GB/3日)や、どこよりもWiFi(4GB/日)のように、1日単位での制限がかかるわけではありません。
極端な話ですが、1日で90GB使ったとしても、月間で100GB使ってさえいなければ通信制限にかからず翌日以降も使うことができます。

それがだいじWiFi、THE WiFi、Mugen WiFiと並んで、E-!WiFiは自由度の高い使い方ができます。

E-!WiFiのお得なキャッシュバック・乗り換えキャンペーン一覧

現在実施中の、E-!WiFi のキャンペーンについて紹介します。

E-!WiFiで実施中のキャンペーン

  • 初回決済 550円(100台限定)

初回決済 550円(100台限定)

E-!WiFiでは、100台限定で「初回決済550円」というキャンペーンを実施中です。

キャンペーン内容

  • 1か月目の月額料金: 3,718円→550円
  • 契約事務手数料: 2か月目に発生

ただし、契約事務手数料は0円になるわけではなく、2か月目に後回しになっている点には注意が必要です。

再掲となりますが、実際の支払いを比較してみると以下の表のようになります。

キャンペーン料金通常料金
1か月目550円7,018円
2か月目7,018円3,718円
3か月目以降3,718円3,718円
※税込
※2022年2月現在

初回の請求額が安いため、スモールスタートをすることができます。

E-WiFiの申込みはこちら

E-!WiFiの契約方法

E-!WiFiの申し込みから利用開始までの流れは以下のとおりです。

E-!WiFiの契約方法

  1. 公式サイトへアクセスする
  2. 必要情報を入力する
  3. 端末を受け取る
  4. 電源を入れて利用開始

申し込み時には、契約に必要な情報をチャット欄で入力していきます。

問い合わせフォームの形式に従って、名前、生年月日、連絡先、住所、決済情報の順に、入力していきます。

E-! WiFiの問い合わせチャット

(画像引用:chat | E-Wifi!

自動案内の質問に答える形で進みますので、スムーズに入力することができます。

E-!WiFiでは、土日祝日であっても最短即日発送に対応しているため、早ければ申し込みの翌日に届くこともあります。

日本郵政、ヤマト運輸、佐川急便など、どこの事業者であるかは公式サイト内に書かれていませんが、申し込みから数日中に届くと考えておくべきでしょう。

そして、端末が到着したら開通作業を行うことを忘れないようにしましょう。

電源を入れて、インターネットに接続できるかどうかをその日のうちに確認しておくことをおすすめします。

E-!WiFiの解約方法

E-!WiFiの解約方法について説明します。

解約時にはレンタル品をすべて返却する必要があり、また、場合によっては解約費用がかかることもあります。

E-!WiFiの解約金

E-!WiFiでは、24か月以内に解約した場合解約費用が発生します。

通常の解約費用は以下のとおりとなっています。

解約時期通常解約費用
1~12か月目9,900円
13~24か月目5,500円
25か月目以降0円
※税込
※2022年1月現在

月額330円の「期間縛りなしオプション」に加入していれば、上記解約費用を支払う必要はありません。

ただし「期間縛りなしオプション」加入時でも、解約処理手数料1,100円が発生します。

E-!WiFiの返却手順

E-!WiFiの解約から返却の流れは以下のとおりです。

E-!WiFiの解約方法

  1. カスタマーセンターへ解約申請の連絡をする
  2. 返却する端末と付属品を揃える
  3. 期限までに返却を済ませる

順に確認していきましょう。

カスタマーセンターへ解約申請の連絡をする

まず、カスタマーセンターへ解約申請の連絡をします。

>サービスの契約を解除する際は、弊社カスタマーセンター(customer@freedive.co.jp)へ ご契約番号と解約理由を加え解約の旨をご連絡下さい。
(引用:E-!WiFi 重要事項説明書

返却する端末と付属品を揃える

続いて、返却する端末と付属品を揃えます。

ルーター本体だけでなく、箱、説明書、ケーブル、SIMピンといった付属品も含めて、E-!WiFiからレンタルされたものをすべて返却する必要があります。 返却用の箱、梱包用の資材、送料など、返送にかかる費用はすべて負担しなければなりません。

>契約解除・端末解約による端末返送送料 お客様負担
>(引用:E-!WiFi 重要事項説明書 10頁

解約・返却時の送料を着払いにしないように注意が必要です。

期限までに返却を済ませる

返却する端末と付属品を揃えたら、返却期限までに返却を済ませる必要があります。

「期間縛りなしオプション」適用下においては、解約申請の翌月が解約月となり、解約月の翌月7日までに返却しなければなりません。
たとえば9月に返却申請をした場合は以下のスケジュールで解約手続きを済ませることになります。

返却期限の例

  • 9月に返却申請
  • 10月末をもって解約(10月が解約月)
  • 11月7日までに返却を済ませる

それ以外の契約形態においては、異なる返却期限が設定されている可能性があります。

というのも、公式サイト上にも、利用規約内にも、重要事項説明書内にも、返却期限について一切説明されていないからです。
返却期限については、解約申請時にカスタマーセンターから案内を受ける必要があると言えます。

返却時の注意点

返却時に注意すべきこととしては、レンタルされたものをすべて返却する必要があるということです。

付属品に不足があったり、レンタルされたものに破損や汚れがあると、最大22,000円の「端末損害金」が発生する場合があります。

付属品、外箱、説明書などで使わないものは、解約まで保管に気を配る必要があります。

項目端末損害金
SIMピンの汚破損3,850円
ケーブルの汚破損3,850円
説明書類の汚破損5,500円
端末外箱の汚破損8,800円
端末本体の汚破損22,000円

なお、これらの端末損害金は、解約時(返却時)にも同様に適用されます。

解約時(返却時)に付属品に不足があったり、端末本体に汚破損があったり、外箱がへこんでいたりすると、端末損害金の対象となります。

たとえば外箱に何かを書き込んだり、捨てたりした場合はもちろんのこと、外箱に配送伝票を直接貼り付けた場合でも外箱の汚破損とみなされます。

レンタルされたものは、なるべく送られてきたときの状態そのままで返却できるように心がけるといいでしょう。

返却時の注意点まとめ

  • 定められた期限内に返却する
  • レンタル品をすべて返却する
  • 端末損害金がかからないようにする

解約申請後に、端末を返却しなければ損害金が別途発生します。
レンタル品はすべて返す必要があることは覚えておいてください。

>※解約時、3ヶ月以上にわたり端末の返却がいただけない場合には、契約期間(24ヶ月)の残月数×1,760円(税込)/台の損害金が発生いたします。
(引用:E-!WiFi 重要事項説明書

E-!WiFiのよくある質問

E-!WiFiのよくある質問についてまとめました。

E-!WiFiのよくある質問

  • E-!WiFiの支払い方法は?
  • 申し込み後端末はいつ発送される?

それぞれ解説していきます。

E-!WiFiの支払い方法は?

E-!WiFiの支払い方法は、クレジットカードのみです。

口座振替、コンビニ払い、請求書払い、デビットカード払いなどには対応していません。

参考:【公式】E-!WiFi (イーワイファイ) 3ヶ月おまとめ払いで毎月330円引き!オプション加入でオトクに使える業界最安級モバイルWiFi

クレジットカード以外の方法で支払いたい場合は、他のモバイルWi-Fiルーターサービスを探す必要があります。

申し込み後端末はいつ発送される?

正午までに申し込みが完了すれば、当日中に発送されます。

申し込みが土日祝日であっても当日発送に対応してくれるので、とにかくすぐに入手して使いたい人にはおすすめと言えます。

参考:【公式】E-!WiFi (イーワイファイ) 3ヶ月おまとめ払いで毎月330円引き!オプション加入でオトクに使える業界最安級モバイルWiFi

まとめ

E-!WiFiの料金や評判について解説しました。

オプションに加入すればするほど月額料金が値引きとなる点には、新しさを感じるサービスだと言えるでしょう。

月額料金に加えて、端末補償と契約縛りのないオプションをつけても、なお月額3,000円台で使うことができる点は注目に値します。

他方、3,000円台で使うためには「3ヶ月おまとめシステム」のような前払いを使いこなす必要があるなど、初心者にはやや難しい料金体系となっています。

オプションを駆使してとにかく安さを追求したいかどうかで、E-!WiFiの評価はハッキリ分かれると言えそうですが、提供されたばかりのサービスのため、使用者の口コミ・評判は調査でき次第掲載いたします。

E-WiFiの申込みはこちら

家計の見直しは「固定費」の削減から始めよう!支出の見直しポイントとプロが教えるおすすめの方法はコレ!

この記事の著者

編集

Soldi編集部

Soldi編集部は「おうちのお金をスマートに」をコンセプトにコンテンツの配信を行っています。

※当サイトに掲載している情報は、万全の保証をいたしかねます。
機器、サービスの価格、スペック等の詳細情報は、必ず各公式サイトでご確認ください。

【完全版】自分に合った格安SIMが見つかる!

【完全版】自分に合った格安SIMが見つかる!

【28社比較】おすすめのWiMAXプロバイダはこれ!

【28社比較】WiMAXを契約するなら! おすすめプロバイダ厳選5社!