Menu

【新料金プラン対応】ワイモバイル VS povo2.0徹底比較!安くて使いやすいのはどっち?

ワイモバイル VS povo 徹底比較!のアイキャッチ画像

【 重要 】

ワイモバイルで実施していた
「5の付く日・日曜日」キャンペーンが10月に変更になり、
いつ申し込んでも同じ特典を受けられるようになりました!!

一方で端末も同時購入の場合は、最大21,600円の割引が効くため、
公式ストアが断然お得です!

< SIM契約⇒オンラインストア(ヤフー店)>
毎日:最大7,000円分PayPay
+
新どこでももらえる特典:最大3,000円分PayPay
+
事務手数料▲3,300円無料

< iPhone/Android⇒オンラインストア(本店)>
OPPO Reno5 A等

本体価格最大21,600円割引

新規・乗り換え:5,000円分PayPay
(シンプルS除く)
+
事務手数料▲3,300円無料

 コレがベスト

決めてOKです

今ご覧のこのページと
【ワイモバイルキャンペーン最新情報】
で詳しく解説!

SIMのみの場合はオンラインストアヤフー店

Y!オンラインストア(ヤフー店)の申込みはこちら

端末セットの場合は本店で契約!

Y!mobileの申込みはこちら

MNP手続きの流れは
【ワイモバイルにMNP!】
で詳しく解説!


弟リスのイラスト
povo2.0が安いんでしょ?話題になってるね!

兄リスのイラスト
povo2.0良さげですよね!
でもぼくはやっぱりワイモバイルをおすすめします

auのオンライン専用プラン
"povo2.0"
始まりました!

注目の新プラン"ポヴォ"は従来のオプションをより自由にした"トッピング"が特徴。
さらに9月にサービスが大幅に変更になり、トッピングを基調とした”基本料金0円”のサービスに生まれ変わりました。

そしてソフトバンク直営の格安ブランド、ワイモバイル。

新プランが続々と登場する中、スポットライトを浴びる機会は少なくなっています。

ですが今、ワイモバイルこそが別格です。

  • メインブランドと同じ品質
  • はるかに安い月額
  • 全国展開の店舗サポート

今、この3つの特長が
もっとも高い次元でそろっているのが

ワイモバイルです

そして各社が新プランで捨ててしまった
家族割と光割を残しました。

家族割のY!mobileは
大手主力プラン中で最強格です。

光割のY!mobileは
異次元の存在となります。

家計節約を徹底するのなら
そのポテンシャルは他を圧倒します

このページでは
Y!mobileとpovo2.0を徹底比較。

ややこしすぎるスマホMNP問題、
あなたに代わって調べます!

公式サイトをチェック!

Y!mobileの申込みはこちら povoの申込みはこちら

ワイモバイルとpovo2.0 どっちがどう?

ワイモバイル VS povo 徹底比較!のインサート画像

兄リスのイラスト
細かい話に入る前に、大枠のところで考えていきますね。

弟リスのイラスト
うんうん。
スマホ関係ってめちゃくちゃ変わったもんね。全体を見ないとだめか。

povo2.0のプラン内容

ワイモバイル VS povo 徹底比較!のインサート画像

9月29日からまた新たにサービスが変更になったpovo2.0。
プラン内容の主だった部分はこちら。

 基本情報 povo2.0
基本料金 0円
データ容量 0GB
通話料金 22円/30秒
国内SMS送信 3.3円/1通(70字まで)
残りデータ容量0GB時の通信速度 最大128kbps
eSIM 対応
5G

「通信量0GB?」と疑問に思った方も多いかと思いますが、povo2.0はそのままでは月額0円ですが、ほとんどデータ通信ができません。
追加のデータ容量はオプション扱いとなり、データ通信を行う際はデータ容量などを”トッピング”して使用するイメージとなります。

povo2.0のトッピングの種類
トッピングの種類 トッピング内容 料金
データトッピング データ追加1GB(7日間) 390円/回
データ追加3GB(30日間) 990円/回
データ追加20GB(30日間) 2,700円/回
データ追加60GB(90日間) 6,490円/回
データ追加150GB(180日間) 12,980円/回
24時間データ使い放題 330円/回
コンテンツトッピング DAZN使い放題パック(7日間) 760円/回
smash使い放題パック 220円/回
通話トッピング 5分以内かけ放題 550円/月
通話かけ放題 1,650円/月
サポートトッピング スマホ故障サポート 830円/月

兄リスのイラスト
少しわかりにくいですが、月3GBの通信料なら月額900円で利用できてしまいます!

弟リスのイラスト
いままでだと考えられない料金だね…!

兄リスのイラスト
そしてワイモバイルがこちらです

ワイモバイルのプラン内容

ワイモバイル VS povo 徹底比較!のインサート画像

ワイモバイルの料金形態
シンプルSプラン シンプルMプラン シンプルLプラン
シンプルSプラン 2,178円 3,278円 4,158円
通信容量 3GB 15GB 25GB
データ増量オプション(1年目無料) +2GB ∔5GB ∔5GB
データ繰り越し
通話料金 22円/30秒
国内SMS送信 3.3円/1回
データ容量超過後の通信速度 最大300kbps 最大1Mbps 最大1Mbps
eSIM 対応
5G
(参考:【公式】ワイモバイル(Y!mobile)- 格安SIM・スマホはワイモバイルで
ワイモバイルは2021年2月に新料金プランをスタートさせ、大幅に料金が割引になりました。

ワイモバイルとpovo2.0 付加価値の違い

ワイモバイルとpovo2.0を比較した場合、料金面ではpovo2.0の方が上回るようになりました。

ただし、比較する際は携帯電話を契約する際は料金以外も十分に比較する必要があります。

  Y!mobile povo2.0 MVNO
通信品質 ×
月額
サポート × ×

品質に関してはワイモバイルもpovo2.0も心配はありません。
Y!mobileはSoftBankと同じ、お昼の速さも変わらないと思って大丈夫です。
povo2.0はauのサブブランドなので、auに近い速度を出すことができます。

そして重要なのがサポート。
災害対応も含めた、
広い意味でのサポートです。

各社の格安プランのうち、全国に店舗を展開しているのはワイモバイルだけです。
災害時の対応もSoftBankと同等。何かあるたびにSoftBankと同じタイミングで同等の支援策を出してきた実績があります。

povo2.0は店頭だけでなく、電話でのサポートも実施しないことを明言しています。
災害時には特別な対応が欲しい所。さすがにauと同じ対応になると思われますが始まってみないとわかりません。

格安SIM(MVNO)はそもそも店舗を持たないことで安くしており、災害時の対応に関しては大手と同じレベルを期待することは困難です。

スマホはもはやライフラインです。
万が一の備えは決して軽く考えるべきではありません。

弟リスのイラスト
なるほど、ライフラインか。
確かにその通りだね。

兄リスのイラスト
水道や電気と同じでいつでも安心して使えることが絶対条件です。
それをクリアしたうえで、次に安さを考えるべきかなと。
もう、この時点でY!mobileは他よりずっとリードしてるってことになります

ワイモバイルの付加価値

1人で使う場合、
povo2.0は20GBで2,700円、
Y!mobileは15GBで3,278円、1年目は20GB使えます。

その差額は578円。

ですが、Y!mobileにあってpovo2.0にはない付加価値が多くあります。

  • 実店舗サポート
  • 10分カケホのオプション
  • キャリアメール
  • 留守番電話
  • 家族割
  • 光割
  • Yahooプレミアム無料
  • PayPayでの優遇

これだけの内容が
差額の578円でついてきます。

▲1,188円の家族割や光割が使えれば、
価格面でもY!mobileが逆転します。

兄リスのイラスト
Y!mobileは578円を足せば、povo2.0の気になる点が全部解消されるんですよね。

弟リスのイラスト
ふうむ。povo2.0は?

povo2.0の付加価値

一方でpovo2.0に期待されるのがトッピング。
ご自身の使い方に応じてデータ容量やかけ放題トッピングを自由につけることができるのが特徴です。

povo2.0にしかないサービスは下記の通りです。

  • 24時間データ使い放題
  • データ追加
  • 5分カケホ
  • 完全カケホ
  • DAZN・smash使い放題プラン

店舗・電話サポート、キャリアメール、留守番電話、家族割、光割、学割、こういったメインプランではよくあるサービスが提供されません。

povo2.0に限らず、オンライン専用プランは既存のサービスを削ぎ落とすことでその価格を実現しています。

弟リスのイラスト
ふむー。そんな見方もできるわけか。
でもさ、povo2.0の1日データ使い放題は良くない?
映画好きなだけ見れるし。

兄リスのイラスト
でもスマホの小さい画面じゃなーって思いません?自宅のテレビでアマゾンプライムで見ればよくないですかね?

弟リスのイラスト
たしかに…それに自宅のWi-Fiはずーーっと無制限だわ(苦笑)

公式サイトをチェック!

Y!mobileの申込みはこちら povoの申込みはこちら

20GBも使わない?

料金プランの話になると20GBという数字ありきになりがちです。
「20GBもあれば安心」と感じる方は多いかもしれませんが、

実際のところ、
大手3社+楽天のスマホユーザーの8割は

月10GBまでしかデータを使っていません。

それどころか
5割のユーザーが
2GB以内におさまっています。
(総務省HP)

弟リスのイラスト
そうなんだよ!
使わないんだよ、そんなに。

兄リスのイラスト
2GB以内の人が5割っていうのも大事ですね。
だらだらスマホをやめるだけで、そうとう抑えられるはずです。

3GBならお金と時間を奪い返せる

月の料金と合わせて見直したいのは
スマホの使い方そのもの。

お金よりはるかに問題なのは、
スマホに奪われている
莫大な時間です。

格安SIM(MVNO)ユーザーに人気のデータ容量は実は3GBです。

「スマホ依存をなんとかしたい」と考える方にとっては、Y!mobileの3GBプランは時間とお金をスマホから奪い返す絶妙の選択肢になるかもしれません。

家のWi-Fi環境をSoftBank光やAirに切り替えれば、光割を活用しての爆発的な節約も可能となります。

弟リスのイラスト
心に突き刺さる(苦笑)
暇つぶしにスマホ使っちゃうクセをなんとかしたいってずっと思ってるんだよね。
代わりに本読む方がいいよなって。

兄リスのイラスト
悩んでる人きっと多いですよね(苦笑)
外でのスマホをやめたら3GBで足りる人、多いと思います

20GBと15GBでは大差ない

総務省のデータによると、スマホユーザーの8割が10GBで十分。

povo2.0は20GBです。
Y!mobileには15GBのプランがあります。1年目は18GB。

10GBで十分だというなら、20GBと15GBは多くの人にとって大した違いにはならないはずです。

兄リスのイラスト
「15GBと20GBは違う!」って感じる人は、むしろ20GBでも足りないんじゃないかと思うんです。

弟リスのイラスト
そういう人は無制限でじゃんじゃん使ってる人かもしれないもんな。
そんな人なら20GBじゃ足りなくて、結局自宅にWi-Fi環境が必須になるのか。

兄リスのイラスト
となると、光割で劇的に安くなるワイモバイルが輝いてくると思うんです。

弟リスのイラスト
ぐぬぬぬ。ワイモバイル推しだね(苦笑)

はじめてのオンライン手続きにワイモバイルはおすすめ

ワイモバイルは実店舗での受付、サポートがあることが大きな強み。

ですが、Y!mobileであってもオンライン手続き自体にはチャレンジするのがおすすめです。

一度でもオンライン手続きを経験しておけば、
心理的なハードルが一気に下がります。

その時々に応じて自由に
スマホブランドを選べるようになれます。

密を避けられ人件費や販促費も抑えられることから、大手キャリアは実店舗よりもオンライン手続きを重視するようになっています。

メインブランドの場合であっても、オンラインストアの方が特典や割引が強化される傾向にあります。

時代の流れとして、
スマホ手続きのオンライン化は
どんどん進みます。

オンライン手続きを避けていては
大きな通信費削減は困難となります。
スマホを使い続ける以上、
いつかはチャレンジする必要に迫られます。

そこで初めてのオンライン契約に
ちょうどいいのがY!mobile
です。

Y!mobileであれば、
万が一のトラブルがあっても
実店舗に頼ることができます。

弟リスのイラスト
ふむー。。。頭冷やして考えた方が良さそうだね、確かにワイモバイルは良さそうな気がする。

兄リスのイラスト
それじゃあ細かいところに入っていきますね、項目別でみていきます!

弟リスのイラスト
うん、よろしく!

公式サイトをチェック!

Y!mobileの申込みはこちら povoの申込みはこちら

ワイモバイルとpovo2.0 項目別比較!

ワイモバイル VS povo 徹底比較!のインサート画像

左がY!mobile、右がpovo2.0です。

Y!mobile povo2.0
1.月額

3GB 2,178円
15GB 3,278円
25GB 4,158円


3GB:990円
20GB:2,700円
60GB:6,490円(一か月換算で20GB:2163円)
150GB:12,980円(一か月換算で25GB:2163円)

2.音声通話

10分カケホ:770円/月
完全カケホ:1,870円

5分カケホ:550円/月
完全カケホ:1,650円/月
3.店舗サポート

約4,000の取扱店
修理受付は約900店
×
サポートなし
4.キャリアメール、留守番電話

無料でコミコミ
×
キャリアメールなし
留守電 なし
5.独自機能、サービス!

1年間データ増量
Yahooプレミアム無料

タブレット用データSIM

24時間トッピングなど
6.家族割

▲1,188円/月
2回線目以降
×
なし
7.光割

▲1,188円/月
×
なし
8.経済圏!

PayPay経済圏!
Yahooショッピング

au PAY経済圏?

左がY!mobile、右がpovo2.0です。

1.月額、2年総額

ワイモバイル VS povo 徹底比較!のインサート画像

月額と2年総額をあらためて計算してみます。

  • 1人分
  • 1人分 光割
  • 2人分 家族割
  • 2人分 光割

この4パターンを考えます。

光割、家族割はワイモバイルのみ。
povo2.0には光割、家族割はありません。

兄リスのイラスト
先にいっちゃうと、povo2.0が勝つのは1人で使う時だけです。
あとは全部ワイモバイルの方が安くなります

弟リスのイラスト
家族割と光割ね。
ちょっと計算してみてくれる?

兄リスのイラスト
わかりました、見える化してみますねっ
ちなみにY!mobileの25GBは割愛します。メインは3GBと15GBなので。

1人分

大手のiPhone11とワイモバイルを比較!のインサート画像

  月額 2年総額
Y!mobile-3GB 2,178円 52,272円
Y!mobile-15GB 3,278円 78,672円
povo2.0-3GB 990円 23,760円
povo2.0-20GB 2,700円 64,800円

3GB、20GBのプランどちらともワイモバイルよりもpovo2.0の方が安いです。

弟リスのイラスト
povo2.0の安さが目立つね!

兄リスのイラスト
ええ、カタログ通りですね。
次、1人で光割です。
ガラッと変わりますよ

1人分 光割

大手のiPhone11とワイモバイルを比較!のインサート画像

  月額 2年総額
Y!mobile-3GB 990円
(2178円
-1188円)
23,760円
Y!mobile-15GB 2,090円
(3278円
-1188円)
50,160円
povo2.0-3GB 990円 23,760円
povo2.0-20GB 2,700円 64,800円

3GBではpovo2.0と同じ金額になります。
15GBのプランではpovo2.0よりも2年総額で14,000円も安くなりました。

このうえ留守電サービスや店舗対応などのサービスを受けられるワイモバイルはpovo2.0よりもメリットが大きくなります。

3GBで990円は大手主力プランで
まぎれもなく最安水準です。

楽天モバイルですら、3GBで1,078円です

ワイモバイルの光割は▲1,188円の割引。
povo2.0には割引はありません。

弟リスのイラスト
2年でこの値段?!
ぼく今1ヶ月で8,000円よ?

兄リスのイラスト
今使ってる端末をY!mobileに持ち込めばこの金額ですみますよっ
続いて2人分行きますね

2人分 家族割

大手のiPhone11とワイモバイルを比較!のインサート画像

ワイモバイルの家族割は2回線目以降に適用されます。1回線目は割引はされません。

光割との併用はできないため、光回線は今のままでもこの金額になります。

  月額 2年総額
Y!mobile
3GB
+3GB
3,168円
(2178円
+990円)
76,032円
Y!mobile
15GB
+3GB
4,268円
(3278円
+990円)
102,432円
Y!mobile
15GB
+15GB
 
5,368円
(3278円
+2090円)
128,832円
povo2.0
3GB
+3GB
1,980円
(990円
+990円)
47,520円
povo2.0
3GB
+20GB
3,690円
(990円
+2,700円)
88,560円
povo2.0
20GB
+20GB
5,400円
(2,700円
+2,700円)
129,600円

ワイモバイルは家族割を利用できますが、家族割のないpovo2.0の方がお得になっています。

ワイモバイルは家族割の1回線目は割引が適用できないため、基本料金が安いpovo2.0に負けてしまうようです。

弟リスのイラスト
家族そろって乗り換えるならpovo2.0の方が安いのかな

兄リスのイラスト
それじゃあ最後に2人分の光割です

2人分 光割

大手のiPhone11とワイモバイルを比較!のインサート画像

ワイモバイルの光割は▲1,188円/月。
家族割とは違い、全回線に適用されます。
家族割との併用はできません。

povo2.0は光割はありません。

  月額 2年総額
Y!mobile
3GB
+3GB
1,980円
(990円
+990円)
47,520円
Y!mobile
15GB
+3GB
3,080円
(2090円
+990円)
73,920円
Y!mobile
15GB
+15GB
 
4,180円
(2090円
+2090円)
100,320円
povo2.0
3GB
+3GB
1,980円
(990円
+990円)
47,520円
povo2.0
3GB
+20GB
3,690円
(990円
+2,700円)
88,560円
povo2.0
20GB
+20GB
5,400円
(2,700円
+2,700円)
129,600円

光回線のセット割を利用すると完全にY!mobileが安くなります

15GBが2人でも2年で約3万円も違います。
そして金額以外の付加価値、サポート。

光割のワイモバイルは無敵です

もちろん、3人、4人と増えるに従って差はどんどん広がります。

この機会に光回線の見直しまで考えるのなら、Y!mobileのポテンシャルは他の追随を許しません。

povo2.0を選ぶ理由はなくなると言っても言い過ぎではありません。

弟リスのイラスト
これって本当に2人分?信じがたいなワイモバイル。
povo2.0、突き放されてるじゃない。

兄リスのイラスト
光のワイモバイル、本当に異常なんですよ。
光でなくても家族割の時点でワイモバイルは最強格です。
頭の片隅に置いておいてくださいね。

公式サイトをチェック!

Y!mobileの申込みはこちら povoの申込みはこちら

2.音声通話

ワイモバイル VS povo 徹底比較!のインサート画像

どちらも通常通話は20円/30秒。
無料通話はワイモバイルではオプション、povo2.0ではトッピングと呼ばれます。

  Y!mobile povo2.0
5分カケホ なし 550円
10分カケホ 770円 なし
完全カケホ 1,870円 1,650円

微妙に違っています。

5分か10分、どっちがいいかがポイント。

povo2.0に関しては今後新トッピングで24時間かけ放題などが出てくるかもしれません。

兄リスのイラスト
これ完全に私見ですけど、電話するのって美容室の予約とか何かの問い合わせになりがちですけど、それって5分じゃ足りなくないですか?
「ああ、ちょっと過ぎちゃった」って感じになりません?(笑)

弟リスのイラスト
「ワイモバイルの10分がいいですよ」って誘導してるでしょ(笑)
でもわかる。ぼくもそう(苦笑)

3.店舗サポート

ワイモバイル VS povo 徹底比較!のインサート画像

店舗サポートの有無は大きな違い。

ワイモバイルは全国の店舗でのサポートがあります。

povo2.0はオンラインサポートのみ。
店頭や電話でのサポートはありません。

  Y!mobile povo2.0
取扱店 約4000 なし
うち修理受付
店舗数
約900 なし

弟リスのイラスト
povo2.0でさ、スマホが壊れて完全に使えなくなったらどうなんの?

兄リスのイラスト
'なんとか頑張る'しかないですね(苦笑)
自宅のPCからサポートを頼るか、家族にスマホを借りるか、一人暮らしでパソコンもないならネットカフェ行く、みたいな次元です。

弟リスのイラスト
まじか…

4.留守電、キャリアメール

ワイモバイル VS povo 徹底比較!のインサート画像

  Y!mobile povo2.0
留守電 無料 なし
キャリアメール 無料 なし

ワイモバイルはどちらもプランにコミコミ。
申し込みの必要もありません。

povo2.0はどちらも提供されません。

弟リスのイラスト
キャリアメールもあれだけど、留守電が使えないのはつらいなぁ。こどもの保育園とか学童とかの事考えると必要なんだよ。

兄リスのイラスト
知らない番号からかかってきた時に一度留守電で様子を見るなんてこともできませんね。
キャリアメールと留守電、どっちもちゃんとあってしかも無料っていうワイモバイルだけです。ちなみにUQも留守電は有料ですよ。

公式サイトをチェック!

Y!mobileの申込みはこちら povoの申込みはこちら

5.独自機能・サービス

ワイモバイル VS povo 徹底比較!のインサート画像

ワイモバイル

1年間データ増量

データ増量オプションが1年間無料。
シンプルS 3GB→4GB
シンプルM 15GB→18GB
シンプルL 25GB→28GB

Y!mobile Yahooプレミアムが無料!

ワイモバイルユーザーは月508円のYahooプレミアムが無料で利用可能。
雑誌や漫画の読み放題など、多数の特典が利用できます。

データ用SIMカードが格安

またデータ専用SIMカードを格安で発行可能。
プランMの場合、月539円でデータSIMを1枚追加できます。

povo2.0 トッピング

povo2.0注目のトッピング。

  • 24時間データ使い放題
  • データ追加
  • 5分カケホ
  • 完全カケホ
  • DAZN・smash使い放題パック

povo2.0になってトッピングのバリエーションが豊富になりました。

弟リスのイラスト
しかしワイモバイルは地味に強いね、データ増量にヤフープレミアム無料?

兄リスのイラスト
データ増量のおかげで、節約モードとかデータ繰越が必要ないってことになります。2年目から元に戻りますけどそれでも3GB、15GBですからね、十分です。

6.家族割

ワイモバイル VS povo 徹底比較!のインサート画像

  Y!mobile povo2.0
家族割 ▲1,188円 なし

ワイモバイルの家族割は▲1,188円。
家族割は2回線目以降が対象です。

povo2.0は家族割はなし。
先行申し込み特典として、21年夏までに申し込めばauの家族割りプラスの台数にカウントされ流ことになりました。ですが、povo2.0回線は割引されません。

兄リスのイラスト
2人以上ならY!mobileがめちゃ強です!

7.光割

ワイモバイル VS povo 徹底比較!のインサート画像

ワイモバイルが全社全プランに対して
最強となるのが
光割を使ったときです。

  Y!mobile povo2.0
光割 ▲1,188円 なし

ワイモバイルの光割は▲1,188円。
1回線からでも対象となります。

povo2.0は光割はなし。auスマートバリューの対象外です。

「光回線は不要」と考えるなら20GBでは心もとありません。

いまではパソコンはもちろん、家電やゲーム機、アマゾンプライムやNetflixなどのサブスクサービスで光回線の必要性はますます高まっています。

公式サイトをチェック!

Y!mobileの申込みはこちら povoの申込みはこちら

8.経済圏!

ワイモバイル VS povo 徹底比較!のインサート画像

スマホ会社選びは変動費の節約にも影響してきます。

ワイモバイルはPayPayで優遇されます。

Y!mobile PayPay経済圏!Yahooショッピング!

ワイモバイルユーザーはPayPayで優遇されます。

他キャリアユーザーなら10%付与のところ、SB/Y!mobileユーザーなら20%付与といったことは珍しくありません。

また、Y!mobileユーザーはYahooショッピング/ペイペイモールでの買い物でもらえるPayPay付与も優遇されます。

兄リスのイラスト
いっとき落ち着いてたY!mobileユーザーへの優遇がまた強化されてるんです。
PayPay銀行も始まりましたし、PayPay経済圏としてグイッといきたいんでしょうね。

弟リスのイラスト
そっかー変動費の節約にも関わってくるもんな。

povo2.0 auPAYとの連携は?

povo2.0ユーザーのauPAYでの優遇はまだ不明です。

そもそもauPAYはauユーザーをそれほど優遇していません。

兄リスのイラスト
PayPayもauPAYも、スマホキャリアにかかわらず使えます。
でもまぁ、スマホのブランドに合わせたいってのが人情ですよね。

弟リスのイラスト
ここはPayPayの戦略がうますぎる印象があるよ。

そのほかの項目

ワイモバイル VS povo 徹底比較!のインサート画像

基本的な項目をいくつか確認していきます。

5G通信

ワイモバイルは5Gに対応済み。
povo2.0も9月から対応を開始しました。

SIMロック解除

Y!mobileで今のスマホを持ち込んで使う場合はSIMロック解除が必要になります。

povo2.0は200近い機種が対応。
auで対応機種を使っているならSIMカードの交換なしで利用可能です。

契約期間の縛り、違約金

2者ともに縛りや違約金はありません。

eSIM

ワイモバイルは3月17日からeSIMに対応。

povo2.0も対応を開始しました。

公式サイトをチェック!

Y!mobileの申込みはこちら povoの申込みはこちら

最新オトク情報

ワイモバイル VS povo 徹底比較!のインサート画像

ワイモバイル 高額PayPay特典!

SIM契約のMNPで最大10,000円分のPayPayが狙えます!

詳しくは【ワイモバイルキャンペーン最新情報!】で解説しています。

兄リスのイラスト
これ、すごいですからね。他にはない金額ですからね。

povo2.0 「au Pay残高10,000円相当キャッシュバック」は終了

povo2.0では、MNPによる乗り換えでau Pay10,000円相当がキャッシュバックされるキャンペーンを実施していましたが、8月31日で終了してしまいました。

弟リスのイラスト
受付も終わってるのかー。

兄リスのイラスト
Y!mobileがおかしいだけなんですけど、物足りないですよね。

公式サイトをチェック!

Y!mobileの申込みはこちら povoの申込みはこちら

総まとめ 総合力でワイモバイルの圧勝、povo2.0は限定的

ワイモバイル VS povo 徹底比較!のアイキャッチ画像

兄リスのイラスト
以上で比較を終わりました!
全体をもう一度みてみますねっ

あらためて比較一覧表を確認します。

左がY!mobile、右がpovo2.0です。

Y!mobile povo2.0
1.月額

3GB 2,178円
15GB 3,278円
25GB 4,158円


3GB:990円
20GB:2,700円
60GB:6,490円(一か月換算で20GB:2163円)
150GB:12,980円(一か月換算で25GB:2163円)

2.音声通話

10分カケホ:770円/月
完全カケホ:1,870円

5分カケホ:550円/月
完全カケホ:1,650円/月
3.店舗サポート

約4,000の取扱店
修理受付は約900店
×
サポートなし
4.キャリアメール、留守番電話

無料でコミコミ
×
キャリアメールなし
留守電 なし
5.独自機能、サービス!

1年間データ増量
Yahooプレミアム無料
タブレット用データSIM

24時間トッピングなど
6.家族割

▲1,188円/月
2回線目以降
×
なし
7.光割

▲1,188円/月
×
なし
8.経済圏!

PayPay経済圏!
Yahooショッピング

au PAY経済圏?

左がY!mobile、右がpovo2.0です。

ソフトバンクの光回線で使うならY!mobileがお得です。

スマホの乗り換えのタイミングで光回線を切り替える人が多いです。
ワイモバイルかpovo2.0かで迷っている場合は、光回線もソフトバンク光にしてワイモバイルにするのが大正解です。

弟リスのイラスト
ありがと、よくわかった。
イメージと全然違うな。

兄リスのイラスト
でしょ?ぼくもちゃんと比べてみてあれれってなりました(笑)
なんたってライフラインですしね、もう何年もやってるワイモバイルの安心感はおおきいですよ

弟リスのイラスト
納得感あった!ワイモバイルいいね!

Y!mobileは「大手キャリアへの不満」と「格安SIM(MVNO)への不安」を解消するベストな選択肢です。

当サイトではY!mobileへのオンライン契約の具体的な手順や、初期設定の方法までしっかり解説しています。

また、当サイトでご案内しているもの以上にオトクな公式キャッシュバックや特典は存在しないので安心してください。

少しだけその気になってY!mobileに乗り換えれば、大手キャリアでの余計な出費を終わりにできます。

当サイトはスマホ代を安くしたいあなたのお役に立てるように頑張ります!

公式サイトをチェック!

Y!mobileの申込みはこちら

家計の見直しは「固定費」の削減から始めよう!支出の見直しポイントとプロが教えるおすすめの方法はコレ!

この記事の著者

編集

Soldi編集部

Soldi編集部は「おうちのお金をスマートに」をコンセプトにコンテンツの配信を行っています。

※当サイトに掲載している情報は、万全の保証をいたしかねます。
機器、サービスの価格、スペック等の詳細情報は、必ず各公式サイトでご確認ください。

【完全版】自分に合った格安SIMが見つかる!

【完全版】自分に合った格安SIMが見つかる!

【28社比較】おすすめのWiMAXプロバイダはこれ!

【28社比較】WiMAXを契約するなら! おすすめプロバイダ厳選5社!



ナビナビ保険