一時保管(いちじほかん)

引越し見積もり用語集

一時保管(いちじほかん)

リフォームや海外転勤などで一時的に家具を預けたいときに最適

引越しをする上で、様々な事情から家財や荷物を住居とは別の場所に保管しなければいけない状況があります。 一時保管が必要になる状況は様々ですが、下記のような例が挙げられます。

・急な引越しのために次の住居が決まらず、一時的に荷物を保管しなければいけない場合
・転居先の住人が退室するまで仮住まいで過ごさなければいけない時、仮住まいの広さが十分ではないために家財や荷物を置くことができない場合
・住居のリフォームや建て替えなどで家財や荷物を一時的に別の場所で保管しなければならない場合
・海外出張や留学などで、家財や荷物を持っていくことができず、保管できる場所がない場合

このようなケースに対応するために引越し業者によっては、利用料金を支払うことで家財や荷物を一時保管できるオプションサービスを提供しています。業者によってそのシステム内容は様々ですが、引越しする際に家財や荷物を引越し先の住居に置けない場合や、就職による会社の研修期間で短期的な引越しをされる場合などに役立つサービスです。

お役立ち情報

トランクルームや専用倉庫を用いた引越し業者の一時保管サービス

引越し業者によって、家財や荷物の一時保管のサービス内容に違いがあります。ただし、すべての引越し業者が荷物の保管を取り扱っているとは限らないので、引越しと一緒に一時保管を希望する場合は業者がそれを取り扱っているか確認する必要があります。

荷物の保管を取り扱っている業者によってはインターネットからの見積もりから直接申し込むことができない場合があるので、希望するのであれば見積もりの確認の電話の際にその旨を問い合わせる必要があります。

一時保管サービスの料金相場

一時保管サービスの料金の設定も、引越し業者によって様々です。預ける荷物のサイズ、荷物量、預ける期間、運搬する距離などといった要素が料金変動の基準になっており、基本的な相場は1万円前後から2万円前後です。 中には利用料金が1ヶ月無料だったり半年間無料だったりする引越し業者もあるため、一時保管サービスを有効的に使いたい場合はあらかじめ情報収集しておくことがベストです。

また、引越し業者の保管設備の規模によっては頻繁に荷物を出し入れするケースには適していない場合もあるため、サービスを利用する上での注意点も確認しておく必要もあります。

最終更新日:2016/12/20

引越し見積もり用語集へ戻る

引っ越しの見積もり相場と料金比較や準備と手順やることリストを紹介!

引越し侍は引越しの一括見積もりと予約サービスを提供している引越し料金比較サイトです。ご利用はどちらも無料。一括見積りは全国276社から最大10社の引越し会社へ、メールや電話での見積もりや訪問見積もりの依頼ができるサービスです。また、予約サービスはWeb上で複数者の見積もり価格や口コミ・評価を比較して、条件にピッタリの引越し業者を選ぶことができるWeb完結のサービスです。 「 一時保管(いちじほかん)」の説明の他にも、引越しの相場や準備・手続きなどお役立ち情報を紹介していますので、引越しの見積もりをお考えの方はぜひご覧下さい。

引っ越しの見積もりをする
引越しの見積もりをまとめて依頼
複数(最大10社)の引越し業者に対して一括で見積もりの依頼ができるサービスです。各社よりお電話もしくはメールにて料金をお知らせいたします。
引越しの一括見積もり依頼

QRコード

外出先でも、引越し侍!
スマートフォンや携帯電話から、24時間いつでもどこでも引越し見積もり!

Pマーク

当社は、一般財団法人日本情報経済社会推進協会(JIPDEC)(旧: 財団法人日本情報処理開発協会)より「プライバシーマーク」の付与認定を受けています。

東証一部上場

株式会社エイチーム引越し侍は、株式会社エイチーム(東証一部上場)のグループ企業です。
証券コード:3662

  • 引越し希望日

  • 現住所の郵便番号

  • 引越し先の都道府県

複数社の見積もりを比較