auひかりの引越しをキャッシュバックでお得にする方法

 

引越しでキャッシュバックを利用するイメージ

引越しはなにかとやることが多く大変な作業ですが、忘れてはいけないのがインターネットの引越し作業です。
インターネットの引越しを行わないと、引っ越し先でネットに接続できず、不便な期間を過ごすことになります。

このインターネットの引越しですが、もちろんタダではできません。
auひかりの場合、インターネットの引越しには下記の費用が必要になります。

  • 移転先での工事費用
  • 登録料
  • 移転元の工事費の残債
  • 契約解除料(プラン変更の場合)
  • 撤去工事費用
  • 土日祝日などの場合の作業料

項目だけ洗い出してみるだけでも非常に多くの種類の費用が必要になることがわかります。
全て支払うことになると、実は数万円もの出費となってしまいます。
他にも引越しでいろんなお金がかかってしまう中、インターネットの引越し費用はとても痛い出費となってしまいますよね。

しかし、auひかりはキャッシュバックなどを活用することで、引越し費用を限りなく抑えることもできます。

auひかりをお得に引っ越す方法は下記の2種類です。

  • プランを変えずに移転手続きをする
  • 他社のインターネット回線に乗り換える

どの場合でも、移転費用は数百円~数千円ほどまで抑えることができます。
数万円必要だった移転費用が安く抑えられるのであれば利用しない手はないですよね。

この記事では、auひかりを引越しする際に、受け取ることが出来るキャッシュバックについて紹介します。
お得な方法ですが、それぞれ注意点もあります。
ぜひ参考にして、引越し費用を安く抑えましょう。

auひかりの引越し手続きで必要な費用

まず、auひかりを引っ越し先で利用する際に、通常必要になる費用について紹介します。
auひかりの引越しを行う際、下記の費用が必要になります。

戸建て マンション
初期工事費用 37,500円 30,000円
登録料 800円 800円
工事費の残債 ~37,500円 ~30,000円
契約解除料 9,500円 9,500円
撤去工事費用 28,800円 任意
(※2019年4月現在)

auひかりの引越しは、一度引越し元の契約を清算した後、再度引越し先の契約を結ぶ流れとなっています。
このため、引越元の工事費の残債や撤去工事費用が必要になるほか、引っ越し先でも初期工事費用が必要になってしまいます。

auひかりの引越し費用をキャッシュバックなどでお得にする2つの方法

さきほどauひかりの引越しには多額の費用が必要になると解説しました。
しかし、これらの費用を安く抑える方法もあります。

下記の2種類の方法があります。

  • 引越し前と契約プランやプロバイダを変えずに引越しする
  • auひかり以外の光回線に乗り換え、キャッシュバックを受け取る

次項以降で詳しく解説していくので、参考にしてください。

引越し前と契約プランやプロバイダを変えずに引越しする

引越し前と引越し後で、auひかりの契約プランやプロバイダを変えずに引越しすると、移転費用を抑えて引越しができます。

契約内容やプロバイダを変えずに引っ越し手続きを行うと、退去時に必要な下記の費用が不要になるためです。

  • 契約解除料
  • 工事費の残債
  • 撤去工事費用

加えて移転先の初期工事費用は、固定電話のプランを組むことで実質無料にできるキャッシュバックキャンペーンを適用できます。

上記のキャッシュバックを利用すれば、移転に関する必要は「登録料」の800円だけで移転することができます。
プロバイダがau one netの場合について詳細を次項で解説します。

auひかりの契約解除料を免除する方法

同じ契約プランを引っ越し先と引越し元で引き継いで契約する場合に限り、契約解除料9,500円を免除することができます。

対象となる契約プランは下記の通りです。

引越し元 引越し先
ホーム ギガ得プラン(2年) ホーム ギガ得プラン(2年)
ホーム ずっとギガ得プラン(3年) ホーム ずっとギガ得プラン(3年)
マンションお得プラン マンションお得プラン
マンションお得プランA マンションお得プランA
マンションミニギガ
マンション(一括型を除く)

同じ契約を引き継がなくても、契約解除料は免除できます。
例えば、マンションから戸建ての引越しでも契約解除料を免除できる場合があります。
引越し元で「マンションお得プラン/お得プランA」を契約していた場合、引越先で「ホームギガ得プラン/ホームずっとギガ得プラン」を選択すれば契約解除料は免除できます。

上記以外の契約プランへ変更する場合は契約解除料が発生してしまいます。
事前に自身がどの契約タイプか、引っ越し先で上記の契約プランを契約できるかどうか、確認しておくことをお勧めします。

auひかりの工事費用の残債を免除する方法

引越し先でも同じプロバイダでauひかりを契約する場合、退去時に支払った工事費用の残債分がキャッシュバックされます。

工事費用の残債とは、分割で支払っていた工事費用の残り金額のことを指します。
auひかりは新規契約時、戸建てで37,500円、マンションで30,000円の工事費用を月々の分割で支払いを行っています。
戸建ての場合は60ヶ月、マンションの場合は24ヶ月の分割で支払いを行っています。
上記期間を満たずに解約した場合、支払う予定だった残りの工事費用を一括で支払う必要があります。

例えば、戸建てを契約後24ヶ月で引越しする場合、残りの36ヶ月分の工事費の残債を、退去時に一括で支払いする必要が生じます。
この場合635円×36ヶ月=22,500円を支払わなければいけません。

しかし、引越し元と引越し先でプロバイダを変えずに、auひかりを契約すれば、支払った工事費の残債と同額が翌月以降の料金に割引、もしくは還元されます。
auひかりの引越しを行う際はプロバイダを変えずに引越しすることをお勧めします。

ここではプロバイダがau one netの場合を紹介していますが、プロバイダによっては適用外の場合もあります。
事前にプロバイダに条件を確認しておくことをお勧めします。

auひかりの撤去工事費を免除する方法

撤去工事に関しては、引っ越し先でもauひかりを引き続き利用する場合に限り、免除となります。

auひかりの解約、引越時には、撤去工事が必要ですが、以前は任意のもので、工事しなくても良い場合がほとんどでした。
しかしauひかりの制度が変わり、2018年3月1日以降に契約した人から、戸建てプランに限り退去時の撤去工事が必須となってしまいました。
これまでは任意で、かつ工事を行う場合でも費用は10,000円で済みましたが、撤去工事が必須となったうえ、費用も28,800円と高額になりました。

しかし、引っ越し先でもauひかりを契約すれば、撤去工事費用は免除となります。

なお、マンションタイプについては従来通り、任意のものとしており、撤去工事を無理に行う必要はありません。
見方を変えれば解約しにくい制度になってしまったのですが、撤去工事費用を支払いたくない方は引越し先でもauひかりを契約するだけで、撤去工事費用は不要となります。

移転時でも、新規契約時と同じ初期費用相当額のキャッシュバックキャンペーンが利用可能

引っ越し先でもインターネットを開通するために、初期工事費用が必要になります。
ただ初期工事費用も実質無料にすることが可能です。

移転時でも、auひかりは新規契約時と同じキャッシュバックキャンペーンを利用できるからです。
auひかりの新規契約時の工事費無料キャンペーンは以下のものがあります。

auひかりホーム初期費用相当額割引キャンペーン
ネットに加えて、固定電話を申込むと、月額利用料金から初期費用相当額を割引できます。
625円×60か月間の割引で、初期費用相当額最大37,500円の割引を受けることができます。
auひかりマンション初期費用相当額割引キャンペーン
auひかりマンションに申し込むと、月額利用料金から初期費用相当額が割引されます。
1,250円×24か月の割引で、初期費用相当額最大30,000円の割引を受けることができます。
ホームタイプとは異なり、固定電話のプランを契約する必要はありません。

初期費用相当額割引キャンペーンを利用すれば、30,000円以上の工事費用を無料にできます。
ただ、戸建ては60ヶ月、マンションは24ヶ月の継続契約が必要になってしまいます。
途中解約の場合は、上述した工事費の残債の支払い義務が生じるので注意しましょう。

ここまで解説した通り、引っ越し先でも引越し前と同じプロバイダ、同等のプランでauひかりを契約すれば、移転費用は登録料の800円だけで済ませることができます。
引越し先でもauひかりを利用できる場合は、上述したキャッシュバックを適用させて引越しを行いましょう。

その他プロバイダの引越し割引キャッシュバック

上記はプロバイダがau one netの場合のキャンペーンを紹介しました。

しかしauひかりはプロバイダによって受けられる引越しキャッシュバックが異なります。
次項で主なauひかり対応プロバイダの引越し割引について紹介するので参考にしてください。

auひかりのプロバイダがSo-netの場合

auひかりのプロバイダがSo-netの場合、主に下記の料金が免除、キャッシュバックされます。

  • 工事費残債相当のキャッシュバック
  • 契約解除料無料
  • ホーム回線撤去工事費用免除

また下記の通り月額料金の割引も利用することができます。

戸建て
125円×60ヶ月=7,000円
マンション
1,250円×24か月30,000円

ただご覧の通り、戸建てプランに関しては割引率が低くなっています。
ホームの工事費用は37,500円必要なのに対し、キャッシュバックは7,000円とau one netに比べ低くなっています。
詳しくは下記ページを参考にしてください。

auひかり 引越し (回線移転) | So-net (ソネット)

auひかり×BIGLOBEの引越し特典

auひかりのプロバイダがBIGLOBEの場合、下記の4点の引越し特典を受けることができます。

30,000円キャッシュバック
引越しをして期日までにサービスを再開すると、30,000円のキャッシュバックをうけとることができます。
2019年5月6日までの期間限定です。
30,000円キャッシュバック月額料金値引き特典
ホームタイプの場合、125円×60ヶ月、マンションタイプの場合1,250円×24か月の割引特典を受けることができます。
契約解除料、違約金、回線撤去費免除
au one net同様、指定のプランへの引越しの場合、契約解除料や違約金、戸建ての場合は回線撤去工事費用が免除となります。
工事費残債分値引き
工事費の残債がある場合は、翌月以降残債と同額になるまで、利用料金から割引がされます。

BIGLOBEの場合、So-netと比較して30,000円のキャッシュバックが加わっています。
これにより、初期工事費用と同等のキャッシュバックをうけることができるため、au one netと同等のキャッシュバックを受けることができます。

@niftyの「auひかりお引っ越し割」

auひかりのプロバイダが@niftyの場合、下記の「@nifty auひかり お引っ越し割」を利用することができます。

初期費用残債相当額の@nifty使用権プレゼント
初期費用相当額がniftyの請求分から減額されます。
契約解除料無料
回線撤去工事費用28,800円減免

上記のキャンペーン適用で、退去時に必要な費用は実質無料で引越しが可能です。
しかし引っ越し先での初期費用に関しては別途必要になるので注意しましょう。

エリア外の場合など引越し先でauひかりが使えない場合は他社回線に乗り換えがおすすめ

もう一つの方法が「他社の光回線会社に乗り換える」方法です。

乗り換え先のキャッシュバックを利用することで、解約時の負担金や新規工事費用をほぼ無料で契約できる回線があります。

光回線によっては、他社回線の違約金や撤去工事費用等まで負担して、乗り換えキャッシュバックを行っているところもあります。
また、auひかり以外にも、実はauの携帯電話とのセット割引を行っている光回線があります。

これらの光回線を選んで契約することで、auひかりを解約しても実質負担がゼロ円で引越し先にインターネットを引くことができます。

とくに引越し先がauひかりの提供エリア外である場合にこの方法が有効です。
auひかりの場合、引越先が提供エリア外でも解約時と同じ解約金や撤去工事費用が必要になります。
auひかりは他社と比べて提供エリアが狭いので、提供エリア外のリスクが高いです。
auひかりの提供エリアは下記サイトで確認できるので、事前に引越し先が提供エリア内かどうか調べておきましょう。
提供エリア検索 | インターネット回線 | KDDI株式会社

auひかりがエリア外の時の対処法や解約方法については下記ページで解説しているので参考にしてください。
引越し先がauひかり提供エリア外の場合の対処法
auひかりを引越しのときに解約したい!解約金や手続き方法についても解説

次項以降でおすすめの乗り換え先を紹介します。

auひかり以外のauスマートバリューを適用できる回線に乗り換える

So-net光やビッグローブ光、@nifty光などの回線へ乗り換えると、auひかり同様にau携帯電話とのセット割引を適用できます。

auのスマートフォンなどと光回線をセットにした「auスマートバリュー」を適用できるからです。

auひかり以外で、auスマートバリューを適用できる光回線は主に下記の回線会社があります。

月額基本料金 工事費 スマートバリュー適応条件 主なキャッシュバック
戸建て マンション 戸建て マンション
So-net光プラス 5,580円 4,480円 24,000円 24,000円 So-net光電話加入 2,200円x36ヶ月割引
BIGLOBE光 4,980円 3,980円 30,000円
(実質無料)
27,000円
(実質無料)
固定電話加入 25,000円
@nifty光(2年プラン) 5,200円 3,980円 18,000円 15,000円 @nifty光電話加入 30,000円
@TCOM光(2年プラン) 5,100円 3,800円 18,000円 15,000円 光電話加入 工事費最大9,000円割引
(※2019年4月現在)

この中では、So-net光プラスのプランが最もキャッシュバックが大きく、おすすめです。

また上記以外にも下記の電力会社系回線もauスマートバリューに対応しています。

東海エリア コミュファ光
関西エリア eo光
中国エリア メガ・エッグ光
四国エリア ピカラ光
九州エリア BBIQ光

auスマートバリューを適用することで、auの携帯電話が500円~2,000円割引になります。
au携帯をお使いの方は、お得な回線となるので、セット割を利用したい方は上記回線で契約すると良いでしょう。

ソフトバンク光は工事費の残債や違約金も全額負担してくれる

auひかり解約時の工事費の残債や撤去工事費用が気になる方はソフトバンク光がおススメです。

ソフトバンク光は新規契約者特典として、他社回線の違約金や撤去工事費用の全額負担キャンペーンを実施しているからです。
ソフトバンク光の新規契約特典は主に下記のものがあります。

あんしん乗り換えキャンペーン
乗り換え時の他社の違約金・撤去工事費最大10万円を全額キャッシュバック
乗り換え新規キャッシュバックキャンペーン
回線工事費最大24,000円キャッシュバック

これにより、auひかり解約時の違約金などが全額戻ってくるほか、新規契約時の工事費用も無料にできます。
auスマートバリューが適用できないので、月々の料金は戸建てで5,200円、マンションで3,800円と少し高くなってしまいますが、初期費用を大幅に安くできるのは大きな魅力です。
違約金や工事費の残債が多く発生してしまいそうな方はソフトバンク光へ乗り換えを検討しましょう。

「解約新規」の方法もあるがauひかりの場合はおすすめできない

インターネットの引越し方法として、一度契約を解除して引越し先で名義人を変えて新たに契約を結ぶ「解約新規」という方法もあります。
新規契約とみなされるようにし、新規契約時のキャッシュバックを改めて受ける方法です。
しかし、この方法はauひかりの引越しの場合はあまりおすすめできません。

再契約時に新規契約とみなされず、キャッシュバックを受けられない可能性があるからです。
さらに、auひかりの場合は解約時に費用が多く必要で、新規契約時のキャッシュバックでは相殺できないことが多いです。

auひかりの場合は、解約時に契約解除料や撤去工事費用など多額の費用が必要になります。
auひかりの新規契約特典では工事費の残債や違約金をまかない切れず、乗り換えよりも、解約新規の方が結果的に多くの費用が必要になってしまいます。

解約時に発生する費用が少ないドコモ光などの場合、解約新規もお得な方法となりますが、auひかりの場合はあまりメリットがありません。
auひかりの引越しは解約新規ではなく、移転手続きか、乗り換えを検討しましょう。

まとめ

ここまでauひかりの引越し時のキャッシュバックキャンペーンなどについて解説しました。

auひかりは引越し先が提供エリア内である場合は、プロバイダや契約を変更せずに移転手続きがおススメです。
提供エリア外の場合は、auスマートバリューを利用できる回線か、ソフトバンク光への乗り換えがおすすめです。

auひかりは違約金や工事費の残債が引越し時のネックになります。
上記の方法でキャッシュバックを利用してお得に引っ越し手続きを行いましょう。

フレッツ光やインターネットの引っ越し手続きの方法も紹介!

もしあなたがフレッツ光を現在利用しているのであれば、引っ越しをする前に移転手続きをしなければなりません。
フレッツ光の移転手続きを行わないと引っ越し先でインターネットが利用できなくなってしまうからです。
手続き忘れがないように気を付けましょう!

フレッツ光の移転手続き方法

このページをシェアする

引越し侍は引越しの一括見積りと予約サービスを提供している引越し料金比較サイトです。 ご利用はどちらも無料。一括見積りは全国275社から最大10社の引越し会社へ、メールや電話での見積りや訪問見積りの依頼ができるサービスです。 また、予約サービスはWeb上で複数社の見積り金額や口コミ・評価を比較して、条件にピッタリの引越し業者を選ぶことができるWeb完結のサービスです。 「 auひかりの引っ越し!継続手続きと工事費用を安くする方法」の他にも、引越しの相場や手続きなどお役立ち情報を紹介していますので、引越しの見積りをお考えの方はぜひご覧下さい。

Pマーク

当社は、一般財団法人日本情報経済社会推進協会(JIPDEC)(旧: 財団法人日本情報処理開発協会)より「プライバシーマーク」の付与認定を受けています。

東証一部上場

株式会社エイチーム引越し侍は、株式会社エイチーム(東証一部上場)のグループ企業です。
証券コード:3662

ATEAM 引越し侍

運営会社:株式会社エイチーム引越し侍
〒450-6432 名古屋市中村区名駅三丁目28番12号大名古屋ビルヂング32F