ハート引越センター

ハート引越センターへのインタビュー

対応地域

全国

カンタン1分 ハート引越センターにネットで申し込み

希望日
  • カレンダー

人数

現住所の郵便番号

郵便番号検索

引越先の都道府県

限定価格をチェック

ハート引越センターのインタビュー

全国自社運営で目指すのは、高いコストパフォーマンス!

全国展開している業者の中でも、全てのセンターを自社運営としている引越し業者は数社しかありません。ハート引越センターはそのひとつ。ハート引越センターでは『ハート』という言葉に負けないよう、全てのスタッフが心のこもったサービスを提供されています。その思いや気遣いに、価格以上の価値を感じられるお客様がたくさんいらっしゃるようです。そんなハート引越センターについて、広報企画部係長の遠藤さんにお話を伺いました。

自社について インタビュー#1

「利用してよかった!」と感じていただくには、お見積もり価格以上の価値を、実際のサービスでご提供することが重要。

他社に負けないよう心がけていることがござるとか。
はい。当社が心がけていることは、コストパフォーマンスの高さです。
引越しというライフイベントは、一生に数回しか訪れません。新生活に向けて、新たなスタートを迎えるお客様にとって、「ハート引越センターを利用してよかった!」と感じていただくには、お見積もり価格以上の価値を、実際のサービスでご提供することが重要だと思っております。
ただ、価格以上の価値と言っても、引越し作業の丁寧さやスピードを重視される方もいらっしゃれば、お客様に対する気遣いなどを重視される方もいらっしゃって、価値を感じていただける要素はそれぞれ異なります。だからこそ、全てのセンターを自社運営とし、組織づくりに力を注いできました。全てのスタッフがお客様に対してきめ細やかな対応ができるよう、コールセンターを始め、営業スタッフ、作業スタッフ一丸となって、日々実践中です。

お客様の反応はいかがでござるか?
おかげさまで、当社で実施しているアンケート結果から、ご利用いただいた7割強のお客様に、価格と作業内容の両方で好評価をいただいております。
ですが、現状に甘んじることなく、『ハート』という言葉に負けないようなサービスのご提供を今後も目指していきたいと思います。

引越し業者としての経験を生かして、引越し以外にも活動していることがあると聞いたでござるが?
昨年の震災直後にNPO団体の要請で、救援物資の輸送を、宮城県の南三陸町を中心に、約3ヶ月間に渡り支援させていただきました。当社ではグループ会社を含め、計10台の4トントラックを、ドライバーも合わせて定期的に派遣していました。震災直後は、国の要請で各物流会社のトラックを確保され、NPO支援までは手が回らず断られていたようです。そんな中で当社にも要請がありまして、2つ返事で協力をさせていただきました。
当社も仙台営業所があり、3.11の出来事はすごく身近な出来事でした。ですから今もなお、『支援』というキーワードの中で会社として何かできることがないかと、模索しております。

もくじに戻る

引越しエピソード インタビュー#2

笑顔で「ありがとう、ハートさんに頼んでよかったよ」と言われると、今までの疲れが全て消えていってしまいます(笑)

どんな時に仕事のやりがいを感じるでござるか?
当社はサービス業ですから、やはりお客様からの『ありがとう』や『感謝の気持ち』を頂戴する瞬間です。
当然、引越しのプロとしてお客様よりご依頼をいただいておりますので、ご家財をお運びさせていただくことはもとより、その先にある新生活を少しでも安心して始められるようにと、心を込めて作業を行なっております。
ただし、引越し作業を行うスタッフはプロである一方で、人間でもありますので、肉体的に疲労が積み重なるときもあります。そんな時、お客様より笑顔で「ありがとう、ハートさんに頼んでよかったよ」と言われると、今までの疲れが全て消えていってしまいます(笑)

その気持ち、拙者もわかるでござるよ!やはり感謝の気持ちは力の源でござるな〜。
はい。先日もとある引越しでご新居に着くや否や、小さなお子様におもちゃを出して欲しいとせがまれました。その際、先におもちゃが入ったダンボールを出したところ、「お兄ちゃん、ありがとう!」と笑顔で言われたんです。その時はこちらも心が温かくなりました。
人はありがとうって言われると、知らぬ間に力が湧くんですよね。そういった、人と人との温かなコミュニケーションがあるところが、この仕事の魅力でもあり、さらなる向上心へつながります!

今まで引越しをお手伝いしてきて、心に残っている引越しをひとつ教えて欲しいでござる!
違う意味で、神奈川から岐阜(飛騨)への引越しは、今でも心に残っています。やはりサービス業はお客様から学ぶことが多いです。

その引越しは朝一からの作業、遠方で山の中ということもあり、スタッフは念には念を入れて、前日の夜中に到着するようにしていました。この辺りだろうという民家の近くで駐車可能な場所を探し、朝まで仮眠をとっていたところ、早朝に、近所のおじいさんやおばあさんたちに起こされてしまったそうです。スタッフも相当びっくりしたみたいで。もちろん、寝坊したわけではないですよ(笑)。おじいさんたちに事情を説明すると、みなさんお客様のことをご存知だったそうで、お宅まで道案内をしてくださいました。

ほう、とっても優しい人たちでござる。
ここから、さらに驚きの心温まるエピソードがありまして。

スタッフが早速作業を始めようとすると、なんとお客様のおばあさまが、朝早くから大変だろうと朝食を準備してくださっていたのです。このようなおもてなしを受けることはほとんどありませんから、これには相当驚きました。お断りするのは失礼だろうと、その時はお言葉に甘えて、温かいご飯とお味噌汁をご馳走になったようですが、食後にスタッフが食器を洗おうとした際も「いいのよ」といって、準備から後片付けまで、すべてお世話になったようです。その日お伺いしたスタッフ全員が体も心も感謝の気持ちでいっぱいになり、ご馳走になった分はスタッフ全員で、サービスでお返しさせていただきました。
さらに食事を済ませ、作業を再開すると、道案内してくださった方々が自然と「あれはここ、それはここ」と指示をいただいたり、お引越しに協力してくださったそうです。

私はこのエピソードを聞いて、サービスの本質を再確認しました。

地方ならではのエピソードでござるな〜。
都心部ですと、お客様のお仕事の都合などで引越しのお時間に対して制約がでやすく、作業に集中するあまりコミュニケーションが減りがちです。
しかし、先ほどの小さなお子様がいらっしゃるお客様の引越しや、飛騨のお客様のようなやり取りから、サービスの価値が価格以上に変わる場合があります。

引越しはさまざま理由からご新居に移られます。ご家財を運ぶだけでなく、状況を理解し、相手の立場で考え行動する。当社をご利用される一人でも多くのお客様に、気持ちのいい新生活のスタートを迎えていただきたいと思っております。

もくじに戻る

引越しアドバイス インタビュー#3

すぐ使うものと、そうでないものとを分けて荷造りしておくと、お引越し当日からの新生活がスムーズに開始できます。

引越し時の注意点は何があるでござるか?
お客様ご自身で梱包をされる際、食器など破損しやすいご家財の梱包にご注意いただければと思います。
お客様にとって、ご使用されているご家財にはたくさんの思い出があり、分身のような存在でしょう。当社もご家財の扱いには細心の注意を払っておりますが、輸送の際、路面状況などによりご家財への負担がさけられない場合がございます。万が一の場合には、精神誠意対応させていただく心構えですが、「何かあったら」では遅いと考えています。そのためにも、食器など破損しやすいご家財は、緩衝材として新聞紙などを間に多く挟むなど心がけていただけますと幸いです。
思い入れなどが強いご家財、梱包方法等で疑問がある場合は、当社へお気軽にご連絡ください。

大切な家財の梱包は、プロに頼むのが一番でござるな。
そのほかにも、引越し準備のコツなどがあれば教えて欲しいでござる!
みなさまお引越し後のご新居ですぐ必要になるご家財があるはずです。その場合は、すぐ使うものと、そうでないものとを分けて荷造りしておくと、お引越し当日からの新生活がスムーズに開始できるかと思います。

なぜこれがコツなのかと言いますと、実はお客様自身で荷造りされる際、お部屋ごとにまとめられる方が多いんです。すぐに使いたいものがバラバラの箱に入っていたら、引越し直後にたくさん箱を開かないといけないので、スペースもとられてしまいますよね。すぐ使うものと、そうでないものとを分けて荷造りする。これを是非心がけてみてください。

なお、当社で荷造りをさせていただく際には、できる限りお声がけさせていただきますが、お引越し直後すぐ必要なものはお客様によって異なりますので、リクエストがございましたら当日の梱包スタッフにお申し付けください。

最後に、御社にとって『引越し』とは何でござるか?
当社にとって、引越しとは『始まり』だと思っております。進学、結婚、住まいの購入や住み替えなど、どんな形であれ、引越しは次の未来への新しい準備です。つまり、それは人生の中で数少ないライフイベントに、当社が立ち合わせていただくということです。新生活には、希望もあれば同時に不安もあると思いますが、みなさまの不安が少しでもやわらぐよう、できる限りのサポートが出来ればと考えております。
お客様の未来が笑顔であふれることを願いつつ、そのはじめの一歩として、ぜひハート引越センターをご指名いただけると幸いです。

もくじに戻る

ハート引越センターのおすすめスタッフ紹介

クールな顔でも力持ち

サービススタッフリーダー

大江 秀治 (29)  サービススタッフ/ドライバー

何より大切なのは迅速な作業と心遣い。現場のまとめ、指示出し、作業まで何でもおまかせください!

女性目線で引越しをお手伝い

岸 由美子 (20)  サービススタッフ

引越しも接客業のひとつと考えています。お客様とのコミュニケーションを大切に、明るく楽しく引越しをしていきたいです。

いつも笑顔で丁寧な対応

高田 玲奈 (25)  受付

明るい性格を生かし、お客様にリラックスしていただけるような受付業務を心がけています!不安なことは何でも聞いてください。

もくじに戻る

おまけ スペシャル

引越しワザ自慢!

  • 1コマ目

    『梱包の貴公子』と呼ばれている大江さんに、その高い梱包技術を披露していただきました。
    梱包する家財は天井の照明器具です。
  • 2コマ目

    梱包資材は普通のダンボール。普通に組み立てては入りません。
    それを、大江さんはカッターとガムテープで照明器具用の形に作り変えていきます。
  • 3コマ目

    照明器具がすっと入ります。
  • 4コマ目

    同じ形のフタをかぶせて、梱包完了。
    スピード感もあり、見事な梱包でした!!!

アシスタントやま&こまのユニフォーム勝手にコーディネート

どんなユニフォームでくるのかな?

Coordinate

ハート引越センターのユニフォームは、ピンクのアクセントがかわいいポロシャツにグレーの作業ズボンです。ハートのカラーである鮮やかなピンク色がポイントになっていますね。
ちょっとお借りして、アシスタントのやまかわが昼下がりの奥様風(?)に着こなしてみました。
※実際はこんな格好の方はいません。みなさん、きちんとされているのでご安心ください。

もくじに戻る

インタビューを終えて・・・

『ハート』という社名の通り、スタッフのみなさん、本当に温かい方々ばかりだったでござる。取材中も、とにかくお客様のことを第一に考えられているのが伝わってきて、拙者も心が温かくなったでござるよ。
また、ハート引越センターさんのカラーはピンク。トラックやユニフォームなど、さまざまなところで取り入れられていたのでござるが、これがとても可愛らしく、アットホームな雰囲気なのでござるよ!引越しはサービス業でござるから、お客様に安心して、笑顔で引越しをしていただくために、こういったイメージ作りも大切なんでござるなぁ、と勉強になったでござる。
ハート引越センターのみなさん、ありがとうでござる!

※本インタビュー記事は2012年11月15日に取材したものを基に構成しております。掲載内容につきましては取材時点の内容となりますので、最新の情報は各引越し業者へご確認ください。

引っ越し見積もり費用の相場と引越し業者の料金を比較!

引越し侍では、引っ越し見積もり費用の相場と料金を比較できる2つのWebサービスを提供しています。

一括見積もり
複数の引越し業者から電話・メールで料金をお知らせ
予約サービス
ネットから引越し業者の見積もり料金と相場を確認

単身の小さな引っ越しから・家族やオフィスの移転まで24時間無料で簡単に見積もりの依頼ができます。

引っ越しの準備・手続きチェックリスト

今ならサービスをご利用いただくと「引っ越しの準備・手続きチェックリスト」「引っ越し料金キャッシュバック(抽選)」特典をご用意しています!

引っ越しまでのやることがわからない人や、引っ越しに伴う手続きをチェックリストで段取りを確認できます。

また、引越し業者の選び方は「料金」「口コミ・評判」「サービス内容」「ランキング」が確認するポイントです。
引っ越しは時期によって相場が変わるため、引っ越しの日程が決まったらまずは見積もりを依頼しましょう!

引っ越しの見積もりを比較する

ネットでかんたん・無料!引越し見積もり&シミュレーション

各社の見積もり金額を一覧で表示。料金が安い業者や評判が良い業者を見つけることができます。気に入った業者に依頼ができるほか、料金の目安を立てるためのシミュレーションとしてもご利用頂けます。

見積もり比較&ネットで引越し依頼

その他の見積もりサービス

引越しの見積もりをまとめて依頼
複数(最大10社)の引越し業者に対して一括で見積もりの依頼ができるサービスです。各社よりお電話もしくはメールにて料金をお知らせいたします。
引越しの一括見積もり依頼
オフィス・事務所の移転費用を比較
オフィスの引越しを専門とする会社に対して一括で見積もりが依頼できます。
オフィス引越しの一括見積もり依頼

QRコード

外出先でも、引越し侍!
スマートフォンや携帯電話から、24時間いつでもどこでも引越し見積もり!

Pマーク

当社は、一般財団法人日本情報経済社会推進協会(JIPDEC)(旧: 財団法人日本情報処理開発協会)より「プライバシーマーク」の付与認定を受けています。

東証一部上場

株式会社エイチーム引越し侍は、株式会社エイチーム(東証一部上場)のグループ企業です。
証券コード:3662

  • 引越し希望日

  • 現住所の郵便番号

  • 引越し先の都道府県

複数社の見積もりを比較