コロナ禍で地方移住への関心高まる?住んでみたい地域ランキング!

2020/08/17公開

コロナ禍で地方移住への関心広がる?住んでみたい地域ランキング!

新型コロナ感染症の流行により、私たちの生活様式は以前と比べて大きく様変わりしました。
街を歩くにはマスクが必須で、学校からは笑い声が消え、繁華街は静まり返っています。
中でも、世の中の会社員を大きく変えたのが、在宅勤務やリモートワーク・テレワークの普及です。

在宅勤務が広がったことで、今や「仕事は会社でするもの」から、「仕事はどこでもできるもの」という時代に突入しつつあります。
仕事がどこでもできるようになったことで、関心が高まったのが「地方への移住」です。

そこで今回は、引越し侍を利用した人を対象に、移住への関心度や、移住してみたい地域などについて調査を行いました。

※記事中では、ランキング上位の地域について特に紹介していますが、ランク外の地域の調査結果も、記事の下部で紹介していますので、ぜひご覧ください。

地方移住への関心度はどれくらいあるの?

地方移住への関心度はどれくらいあるの?

引越し侍の利用者に、「地方への移住に興味があるか」というアンケートをとってみました。
すると、「興味がある」と答えたのは22%、「今回の引越しで移住する」と答えた人は、なんと5%でした。
「興味がある」「今回の引越しで移住する」など、移住に対して前向きに答えた人は全体の4分の1以上という結果になりました。

特に、「今回の引越しで移住する」と答えた人は、人数にすると約200人という人数でした。
想像よりも、移住が身近になっていたのだということを感じます。

移住は、「どこへ移住するか」も大きなポイントなのではないでしょうか? ここからは、移住してみたい地域についての調査結果を紹介していきます。

移住するならどこがいい?46道府県ランキング!

移住するならどこがいい?46道府県ランキング!

東京都を除く46道府県で、「移住するとしたらどこに住みたいか」というアンケートを行いました。
その結果、上位2位は観光地としても人気の沖縄県・北海道でした。
特に、沖縄県の人気は絶大で、何と有効回答数のうち5人に1人は沖縄県を選んでいるほどです。
沖縄県や北海道は、日本の南端と北端ということで「地方」というイメージが強い割には、観光などで知名度も高く、人気の理由がうかがえます。

3位には、意外にも神奈川県がランクインしています。
4位にランクインした福岡県は、「転勤者がおすすめする街」系のランキングで上位率の高い街として有名です。
そして、日本第2の都市である大阪府が5位にランクインしました。

「住んでみたい移住先」を選んだ理由は?

住んでみたい地域ランキングの上位は沖縄県・北海道でした。 では、なぜ沖縄県や北海道が人気なのでしょうか?

ここでは、前述のアンケートで答えた地域を選んだ理由について、調査した結果をランキング形式で紹介します。

「住んでみたい移住先」を選んだ理由は?

1位には、「自然が豊かでのびのびと暮らせそうだから」という理由がランクイン。
地方移住の最大のメリットは、やはり自然環境豊かな田舎で暮らせるというポイントですね。

2位には、「都市部に近く不便がなさそうだから」という理由がランクインしています。
移住をするとはいえ、便利な生活は手放したくない人も多いということがわかりますね。
田舎と都会のバランスがいい場所に住みたい、という意見も多くみられました。

3位にランクインしたのは、「観光地などが多く楽しそうだから」という理由でした。
せっかく移住するのだから、楽しみはたくさんあったほうがよいと考える人は多いようです。

そのほか、「食べ物が美味しそう」「地元だから」などの理由もランクインしています。
長く暮らすのであれば、土地の食べ物が美味しいかどうかは重要ですよね。
また、出身地にUターン移住がしたい、という人も多くいました。

「移住したい地域」ごとの「選んだ理由」ランキング

ここからは、「移住してみたい地域」ごとに、「なぜその地域を選んだか?」をランキング形式で紹介していきます。
地域ごとに調査をすることで、どの地域のどんなところに魅力を感じる人が多いのか、ということがわかります。

沖縄県を選んだ理由のランキング

沖縄県では、全体のランキングと同じく、「自然が豊か」という理由が圧倒的1位でした。
2位には、「海がある」という沖縄ならではの理由がランクインしています。

北海道を選んだ理由のランキング

北海道も、沖縄県と同じく「自然が豊か」だという理由が1位でした。
2位には僅差で「食べ物が美味しそう」という理由がランクイン。
北海道は、平成30年度の食料自給率が196%と、食の宝庫ともいえる土地柄のため、納得の結果となりました。

※参考:都道府県別食料自給率について:農林水産省

神奈川県を選んだ理由のランキング

神奈川県では、「都会に近い」という理由が圧倒的な1位になりました。
やはり、リモートワークや在宅勤務が広がったとはいえ、「職場から離れすぎるわけにはいかない」という人も多そうです。

福岡県と大阪府も、1位には「都会に近い」という理由がランクインしていました。
移住をするときに重要なポイントとなるのは、「自然が豊かな場所かどうか」「住むうえで不便がないかどうか」という2点であるといえそうです。

出身者が選ぶ「住みたい街」のおすすめ地域

ここまでの調査のご紹介で、「移住してみたい」という気持ちが芽生えた人もいるのではないでしょうか?
そこでここからは、出身者に、「移住してみたい地域を選んだ理由」に当てはまる街を紹介してもらった結果をご紹介していきます!

沖縄県出身者が選ぶおすすめ地域

沖縄県の「移住してみたい理由」1位は「自然が豊かでのびのびと暮らせそうだから」でした。
そこで、沖縄県出身者に、「自然が豊かな街といえばどこ?」と聞いてみた結果、1位は「国頭郡国頭村」でした!

■自然が豊かな街

1位 国頭郡国頭村
2位 国頭郡大宜味村
3位 国頭郡本部町

沖縄県に移住してみたい人で、自然が豊かな街に住みたいと考えている人は、「国頭群国頭村」がおすすめです!
ちなみに、「国頭郡国頭村」の読み方は、「くにがみぐんくにがみそん」ですよ。
国頭村では、移住体験住宅を用意しているため、「いきなり移住は勇気がいるから、まずは試してみたい」と考えている人にもおすすめです。

国頭村移住体験住宅 | 国頭村

沖縄県「移住してみたい理由」2位は、「海が近くマリンレジャーが楽しめそうだから」でした。
沖縄県は周りがほとんど海なので、ほぼ全ての街が海に近いといえるかもしれません。
しかし、そんな中でも、沖縄県民が選ぶ「特に海が近い街」はこちらです。

■気候がいい海辺の街

1位 宮古島市
2位 国頭郡本部町
2位 国頭郡恩納村
2位 沖縄市

1位は、観光地としても知名度の高い、沖縄県の離島である宮古島市でした。
出身者が選ぶ街ということで、海の綺麗さやマリンレジャーの楽しみやすさでは、沖縄の中でも特におすすめといえそうです。
宮古島市への移住に関する情報 – 沖縄県公式移住応援サイト おきなわ島ぐらし

沖縄県出身者が選ぶ観光地が多い街ランキング1位は「中頭郡北谷町」でした。

■観光地やレジャースポットが多い街

1位 中頭郡北谷町
2位 那覇
3位 国頭郡恩納村
3位 名護市

「中頭郡北谷町」は、「なかがみぐんちゃたんちょう」と読みます。
北谷町には、「美浜タウンリゾート・アメリカンビレッジ」や「サンセットビーチ」、「安良波公園」など、おすすめの観光スポットがたくさんあります。
北谷町 移住|移住ナビ|いえらぶ沖縄不動産

北海道出身者が選ぶおすすめ地域

「北海道に移住してみたい理由」1位は、沖縄県と同じく「自然が豊かでのびのびと暮らせそうだから」でした。 北海道出身者に聞いた、「自然が豊かでのびのびとくらせそうな街」のランキングをご紹介します。

■自然が豊かな街

1位 富良野市
2位 虻田郡ニセコ町
3位 標津郡中標津町
3位 帯広市
3位 上川郡美瑛町
3位 久遠郡せたな町
3位 河東郡上士幌町

北海道はどの街も基本的に自然が豊かなため、上位3位だけでもたくさんの街がランクインしました。
そんな中で、1位に輝いたのはラベンダー畑などで有名な「富良野(ふらの)町」でした。
富良野町は、オシャレな移住支援サイトが作られているなど移住への関心が高いという点も、移住者へおすすめできるポイントといえます。
The Living Furano

北海道の「移住してみたい理由」2位は、「食べ物が美味しそう」ということでした。
北海道はどこでも食べ物が美味しいというイメージはありますが、中でも特に食べ物が美味しい街について、北海道出身者に聞いてみました。

■特産品が多く食べ物が美味しい街

1位 函館市
2位 小樽市
3位 帯広市

1位は、「百万ドルの夜景」で有名な函館市でした。
開港以来、海外との交流も盛んになり、海の幸・山の幸が集まる街として知られています。
異国情緒あふれる独特な街並みも魅力です。
函館市 移住・定住情報 | 函館市

神奈川県民が選ぶおすすめ地域

「移住してみたい場所」で神奈川県を選んだ人の中では、「海が近くマリンレジャーが楽しめそう」という理由が人気でした。
神奈川県内で、海が近い街といえば、有名なこの場所ですよね。

■気候がいい海辺の街

1位 茅ヶ崎市
2位 鎌倉市
3位 逗子市

茅ヶ崎市・鎌倉市・逗子市は、いずれも「湘南」と呼ばれるエリアです。
湘南といえば、海やサーファーが多くオシャレな地域としてのイメージがあるため、「憧れ」の土地ともいえるかもしれません。
茅ヶ崎市|海と太陽とみどりの中で ひとが輝きまちが輝く湘南・茅ヶ崎

福岡県民が選ぶおすすめ地域

福岡県といえば、「食べ物が美味しい」というイメージが強いですよね。
福岡県出身者に聞いた、「福岡県内で食べ物が美味しい街」のランキングはこちらです。

■特産品が多く食べ物が美味しい街

1位 糸島市
2位 福岡市博多区
3位 福岡市中央区

福岡県といえば「博多」のイメージがありますが、食べ物が美味しい街No1は、糸島市でした。
糸島市では、就職支援サイトや移住支援サイトを開設しており、移住者に優しそうな街であることがわかります。
きっとみつかる 糸島しごとさがし
きっと満足 糸島生活

美味しい食べ物に囲まれた移住生活を送りたいと思っている人にはおすすめの街です。
福岡県糸島市公式ホームページ

まとめ

在宅勤務やリモートワークが広まるコロナ禍において、移住に関心がある人は全体の4分の1以上もいることがわかりました。

「移住するとしたらどこがいいか」というアンケートでは、「自然が豊かだから」、「海が近いから」、などの理由で、沖縄県が1位にランクイン。
2位には、「自然が豊かだから」「食べ物が美味しいから」などの理由で北海道が選ばれました。
3位は、「都会にもアクセスしやすい」便利な街である神奈川県、4位は「食べ物が美味しい」イメージのある福岡県でした。

どの地域にもそれぞれの魅力があり、「住んでみたい」と思えるような場所でした。

47都道府県それぞれの調査結果は、下記にまとめてありますので、ぜひ出身地の調査結果などもご覧ください。

調査概要

調査対象:全国
調査方法:当サイトを利用して引越しをした方を対象に、インターネットアンケートを実施
調査期間:2020年6月~7月
サンプル数:4084件

引越し見積もり費用の相場と引越し業者の料金を比較!

引越し侍では、引っ越し見積もり費用の相場と料金を比較できる2つのWebサービスを提供しています。

一括見積もり
複数の引越し業者から電話・メールで料金をお知らせ
予約サービス
ネットから引越し業者の見積もり料金と相場を確認

単身の小さな引っ越しから・家族やオフィスの移転まで24時間無料で簡単に見積もりの依頼ができます。

引っ越しの準備・手続きチェックリスト

今ならサービスをご利用いただくと「引っ越しの準備・手続きチェックリスト」「引っ越し料金キャッシュバック(抽選)」特典をご用意しています!

引っ越しまでのやることがわからない人や、引っ越しに伴う手続きをチェックリストで段取りを確認できます。

また、引越し業者の選び方は「料金」「口コミ・評判」「サービス内容」「ランキング」が確認するポイントです。
引っ越しは時期によって相場が変わるため、引っ越しの日程が決まったらまずは見積もりを依頼しましょう!

【無料】引越し見積もりの比較スタート
引越しの見積もりをまとめて依頼
複数の引越し業者に対してネットから一括で見積もりの依頼ができるサービスです。ご利用は完全無料。安い費用で引越ししたい方に、各社よりお電話かメールにて料金をお知らせいたします。
無料 最安値の業者を探すなら 引越し一括見積もり依頼
Pマーク

当社は、一般財団法人日本情報経済社会推進協会(JIPDEC)(旧: 財団法人日本情報処理開発協会)より「プライバシーマーク」の付与認定を受けています。

東証一部上場

株式会社エイチーム引越し侍は、株式会社エイチーム(東証一部上場)のグループ企業です。
証券コード:3662

エイチーム引越し侍

運営会社:株式会社エイチーム引越し侍
〒450-6432 名古屋市中村区名駅三丁目28番12号 大名古屋ビルヂング32F